がちょうのうたがきこえてくるよ

最初に言っておく。私は、今、仮面ライダー沼にハマっている!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

KAWASAKI DAYS 28.02.2010 2010・Rd.1フィリップアイランド/決勝

2010-02-28 | Chris Vermeulen(KRT)
サイクス2010年最初のレースで得点(28.02.2010)

カワサキレーシングチームのライダー、トム・サイクスとクリス・ヴァーミューレンにとって開幕戦の週末は難題となったが、サイクスは予選で3列目になって1st-legでポイントを稼いだ。

レース1でサイクスは22周のレースで13位と健闘したが、ヴァーミューレンは7位から上にあがろうとして転倒、4周目でダメになってしまった。トムは、レース2で小さな技術的な問題からピットに入らなければならなくなり、最終的にリタイヤした。
レース2、クリスは4位にいるところで転倒。6周目のHayshedコーナーに高速で滑り込んだ。
クリスは医務でチェックを受け、右足にひどい打撲傷と指の損傷を負っていることが分かった。

チームは、次のラウンドでの変化を期待し、実践で大きな進歩を遂げたことが分かっていてるポルティマオへ向かう。チームは先立ってポルティマオでテストを行い、それはレース前の準備に大いに役立つだろう。

トム・サイクス>
レース1でセットアップをいくらか変えてみたんだけどタイヤに合わなかった。レース2ではうまく発進したけど、囲まれて、何人かのライダーと一緒に汚れた場所に押し出された。6位になれるだろうと思ってたとこから15位になっちゃったんだ。バイクは調子よかったけど、最後のふたつのコーナーに差しかかったとき、バイクが後ろから何かに押されているような感じだった。戻ってバイクをチェックしてまたコースに戻ったけどリタイヤした。操縦するのにヘンな感じを引き起こしていたのはステアリングダンパーのOリングだったんだ。とはいえ、バイクはとても良かったし、レース2ではしっかりとしたペースを掴めてた。このオーストラリアでの経験は僕らにとっていいテスト期間になったし、多くを学習してるポルティマオにいく。多大な尽力をしてくれたカワサキとチームには感謝したい。

クリス・ヴァーミューレン>
二日間のテストと予選を経てのレースには前向きな気分だった。両レースで本当にいいスタートが切れたんだけど、最初のレースでは7位にいたときに序盤でフロントを失っちゃったし、レース2では問題を抱えてて結果的に高速でクラッシュしてしまった。高速クラッシュで打撲して傷んだけど大丈夫。右下肢にひどい打撃を受けて指はめちゃめちゃになっちゃたけどね。簡単なX線では骨折はないってことだけど、念のため、メルボルンに行って精密なMRI検査を受けるよ。ポルティマオまで1ヶ月あるから嬉しいよ。万全の状態で復帰できるだろうからね。

原文>

Sykes Scores In First Race Of 2010 Season
WSBK, Phillip Island, Australia, 28 February 2010

Kawasaki Racing Team riders Tom Sykes and Chris Vermeulen found the opening race weekend a challenging one, but Sykes got into the points in the first leg after qualifying on row three.

Sykes was a fighting 13th in the 22-lap race, but Vermeulen fell while trying to move forward from seventh, crashing out on lap four. Tom was forced out of the second race when a small technical issue caused him to enter the pits, restart, and finally retire.
Chris fell in race two after being in fourth for a period of time, sliding off at high speed at the Hayshed corner on lap eight.
Chris was checked over by the track medics, and was found to have suffered heavy bruising to his right leg and had also damaged a finger.

The team now goes to Portimao for the next round knowing that it has made great progress in real terms on track, and hoping for a change in raceday fortunes. The team has previously tested at Portimao, which will help their pre-race preparations greatly.

Tom Sykes: “In race one we made some changes to the set-up and but it didn’t suit the tyre we used. In race two we got a good launch, but got boxed in and pushed out on to the dirty stuff, along with another couple of riders. So I went from thinking I would be sixth to being 15th. The bike was feeling good but when I went into the final two corners it felt like someone was pushing me from behind. I came back in and checked the bike, then went back out again before retiring. It was just a ten cent o-ring for the steering damper, causing the steering to feel strange sometimes. Otherwise, the bike was very good and giving me a strong race pace in race two. This whole Australian experience has been a good test period for us and I know that we go to Portimao having learned a lot. I would like to thank Kawasaki and the team for the amount of effort they have put in.”

Chris Vermeulen: “I was feeling positive for the race after our two-day test and qualifying sessions. In both races I had really good starts but in the first race I lost the front early on when lying 7th and in race two I had a problem that resulted in a high-speed crash. I’m bruised and battered but am feeling OK, considering the speed of the crash. I had heavy impact on my lower right leg and my finger is pretty smashed up. The preliminary X-rays have shown no breaks but for a precaution I am heading to Melbourne for a more detailed MRI scan. I’m glad we have a month before Portimao, so I can ensure that I am back to full fitness.”


クリス、骨折はしてないみたいだし気丈な感じですが、多分相当に傷んでると思います。
でも良かった。なんとか無事だった。
もう、クラッシュしてから気が気じゃなかったので...。
スズキの活躍に喜びつつも、フィギュアスケートのエキシビジョン(録画)を観つつも、どこか上の空でした。

本当にね、ケガが一番嫌なんですよ。それを覚悟で走らなきゃ上には行けないのかもしれませんが、そこは母心みたいなもので見守ってるもんで、常に心配しています。
そして、とにかく完走してほしい。
「優勝したけりゃ、まずゴールすることだ。」
そう、クリスの恩師、バリー・シーンが言ってたそうです。
確かに、スタートして前で戦う姿はカッコ良かった。でも、まずは完走して結果を出さなきゃ、なにも残らないんです。
観てる方だって、序盤で終わられてちゃ、単純につまらないですしね。
とまれ。
身体を治して、次こそは最後まで走りきってほしいです。
そして、いつかは、いまだに「なんでカワサキに?」って思っている私の度肝を抜くようなことをしてほしいです。
Comment

KAWASAKI DAYS 28.02.2010 2010・Rd.1フィリップアイランド/決勝(とりあえず)

2010-02-28 | Chris Vermeulen(KRT)
LA CLASSIFICA DI GARA 1

1 91 Haslam L. (GBR) Suzuki GSX-R1000 34'13.435 (171,442 kph)
2 84 Fabrizio M. (ITA) Ducati 1098R 0.004
3 41 Haga N. (JPN) Ducati 1098R 0.769
4 65 Rea J. (GBR) Honda CBR1000RR 10.201
5 3 Biaggi M. (ITA) Aprilia RSV4 1000 F. 10.782
6 50 Guintoli S. (FRA) Suzuki GSX-R1000 11.079
7 7 Checa C. (ESP) Ducati 1098R 11.208
8 96 Smrz J. (CZE) Ducati 1098R 16.522
9 11 Corser T. (AUS) BMW S1000 RR 20.291
10 57 Lanzi L. (ITA) Ducati 1098R 26.352
11 2 Camier L. (GBR) Aprilia RSV4 1000 F. 29.775
12 76 Neukirchner M. (GER) Honda CBR1000RR 30.155
13 66 Sykes T. (GBR) Kawasaki ZX 10R 31.951
14 67 Byrne S. (GBR) Ducati 1098R 31.957
15 88 Pitt A. (AUS) BMW S1000 RR 55.082
16 31 Iannuzzo V. (ITA) Honda CBR1000RR 1'10.932
17 15 Baiocco M. (ITA) Kawasaki ZX 10R 1'11.237
18 95 Hayden R. (USA) Kawasaki ZX 10R 1'17.357
19 25 Brookes J. (AUS) Honda CBR1000RR
RET 35 Crutchlow C. (GBR) Yamaha YZF R1
RET 77 Vermeulen C. (AUS) Kawasaki ZX 10R
RET 52 Toseland J. (GBR) Yamaha YZF R1

IL RISULTATO DI GARA 2:
1 7 Checa C. (ESP) Ducati 1098R 34'16.428 (171,192 kph)
2 91 Haslam L. (GBR) Suzuki GSX-R1000 0.307
3 84 Fabrizio M. (ITA) Ducati 1098R 0.434
4 50 Guintoli S. (FRA) Suzuki GSX-R1000 0.837
5 41 Haga N. (JPN) Ducati 1098R 3.453
6 65 Rea J. (GBR) Honda CBR1000RR 11.530
7 11 Corser T. (AUS) BMW S1000 RR 12.026
8 3 Biaggi M. (ITA) Aprilia RSV4 1000 F. 13.068
9 35 Crutchlow C. (GBR) Yamaha YZF R1 14.401
10 52 Toseland J. (GBR) Yamaha YZF R1 14.707
11 2 Camier L. (GBR) Aprilia RSV4 1000 F. 14.743
12 67 Byrne S. (GBR) Ducati 1098R 14.851
13 57 Lanzi L. (ITA) Ducati 1098R 15.143
14 25 Brookes J. (AUS) Honda CBR1000RR 30.947
15 88 Pitt A. (AUS) BMW S1000 RR 41.855
16 76 Neukirchner M. (GER) Honda CBR1000RR 48.844
17 31 Iannuzzo V. (ITA) Honda CBR1000RR 1'06.866
18 95 Hayden R. (USA) Kawasaki ZX 10R 1'07.751


寝過ごしてレース1は見逃しました...。
でも、なんとかJustin tv.でレースを観ることは出来ましたね。
スズキの活躍にきゃいきゃい言ってるうちに、両レースともクリスはクラッシュ。特にレース2のクラッシュは心配です。レース後、サファリの調子がおかしくなり、その後が確認できてません。
いや...最初だけ、短い間ながら先頭集団で走る姿がなんともね。
正直な話、スズキの好調をみるだに、どうしてカワサキだったんだよ?スズキじゃダメだったのかよ?という思いが募りました。スズキが好きなので、ごく個人的には、WSBK移籍の話が出てきた時から、舞台が変わってもスズキで活躍するクリスを観たかったし...。
でもね。
クリスはカワサキを選んだんだし、選んだからにはそこでやれるだけのことをやるだけです。
まだ始まったばかりで、悲観するには早過ぎますね。
サイクスはレース1は完走して13位でした。
とにかく、まずは完走しないと話になりません。

詳細は、また後ほど。
Comment

KAWASAKI DAYS 27.02.2010・Rd.1フィリップアイランド/予選スーパーポール

2010-02-27 | Chris Vermeulen(KRT)
サイクスとヴァーミューレン、快心のスーパーポール(27.02.2010)

カワサキレーシングチームのトム・サイクスとクリス・ヴァーミューレンは、日曜に22周で争われるオーストラリアでのWSBKレースで、それぞれ3列目と4列目からスタートする。

金曜日、12位と15位で最初の予選を終えた後、今日の二回目の予選ではヴァーミューレンが7位サイクスが13位であった。
予選のタイムの総合ではクリスは8位でトムは15位になり、双方共に容易にスーパーポールに進むことになった。プレ・スーパーポールでクリスが最速タイムから0.345秒差、トムが0.651秒差であったことからも、驚くほどにタイムシートでは僅差であったことがわかる。
トムとクリスは最終組ではなく、スーパーポール2に挑戦。トムが12番グリット、クリスがその後列で14番手であった。

トム・サイクス
バイクは予選でもスーパーポールでも1'32秒台で安定した感じだったからいいよね。2つくらいの事を変えてみて、ソフトタイヤでのパッケージであともう一息を絞り出すことができたんだ。3列目からのスタートで、去年と比べたら、確実にいい方向で仕事をしていると思うよ。今日、新しい情報をたくさん得られたから、今夜やるべきことをいくらか考えている。天候次第だけど、明日の方向性でいいものが見えてくるだろうね。
クリス・ヴァーミューレン>
長い道のりをやってきて、今日は初めて予選のチャンスを得た。最初のスーパーポールで走った一回目は理想的に良かった。また出ていって、次はふたつのミスをして、そのあとソフトタイヤを使った。序盤のスプリットタイムは更新したけど、バイクにいくらか問題があって、速く周回することが出来なかったんだ。明日、トップ7、8は可能だね。でも、だれがどんなタイヤで走っているかは分からないし、その辺りの順位にはいっぱいの選手がいる。タイヤの最終決定はまだこれからやらなきゃいけない。まぁ、天気次第ではあるんだけど。

Sykes and Vermeulen Strike Positive Superpole Blows
WSBK, Phillip Island, Australia, 27 February 2010

Kawasaki Racing Team riders Tom Sykes and Chris Vermeulen will start of the third and fourth row respectively for Sunday’s 22-lap World Superbike Championship races in Australia.

After finishing 12th and 15th fastest in the first qualifying session on Friday, today’s second qualifying saw Vermeulen seventh fastest, and Sykes 13th.

Combined qualifying times placed Chris eighth and Tom 15th, each easily inside Superpole qualification. It was an astoundingly close combined qualifying timesheet, however, as Chris’s pre-Superpole performance saw him only 0.345 seconds from the quickest of all, and Tom only 0.651 away from top ranking.

Both Tom and Chris made it through two periods of Superpole, only missing out on the final part. After Superpole was completed Tom was placed 12th on the grid; Chris one row behind after ending up 14th quickest.

Tom Sykes: “The bike has felt consistent doing those 1’32s in qualifying and Superpole, which is nice. We changed a couple of things and certainly we could have squeezed a little more out of the package on the softer tyres. We are starting on the third row of the grid, which I think compared to where things were at last year, we are certainly working in a good direction. We have some thinking to do tonight because we got a lot of new information today. That is certainly going to give us a better indication of which direction to go in tomorrow, depending on the weather conditions.”

Chris Vermeulen: “We have come forward a long way, and today was the first time I had ever had the chance to use a qualifier. We ran one in the first of the Superpole sessions and it worked reasonably well. We went out again and made a couple of mistakes on the other qualifier, then used a soft race tyre after that. My early split times were improved, but we had a small problem with the bike and we couldn’t complete that quick lap. Top seven or eight is possible tomorrow, but I do not know who is doing what with their tyres, and there will be a lot of guys in there. We still have to decide on a final tyre choice, it just depends on the weather.”


相変わらず予選が下手ですな、クリス。チームメイトに負けました。
タイヤの選択も下手なので心配です。
でも、後ろから追い上げるのは得意なライダーだと思うので、少しでも順位を上げられるといいと思います。

みうらじゅんのおかんのように赤塚不二夫の母ちゃんのように、私はクリスを見守っていきます。
根拠らしい根拠は言えませんが、ステキな才能をもった子なんだと信じています。

明日はネット観戦がうまくいくことを祈りますよ~...リンゴちゃんじゃ無理なので、父ちゃんの窓くんを借ります。
ダメならとりあえず結果だけ見て来週Jスポーツで観ます。つか、全戦ライブ放送してよね!
Comment

KAWASAKI DAYS 22.02.2010・フィリップアイランド・テスト(カワサキ公式)

2010-02-22 | Chris Vermeulen(KRT)
最後のプレシーズンテストでヴァーミューレンがカワサキのトップに(22.02.2010)

フィリップアイランドでの2日間の公式テストにおいて、クリス・ヴァーミューレンは一番手のライダーから1.220秒遅れとなり、来週に始まる2010年シーズン前のシェイクダウンを終えた。

トム・サイクスはテストでほんのわずかでチームメイトの後塵を拝し、ヴァーミューレンの1’32.870に対し1’33.202で周回した。両ライダーはフィリップアイランドのSBKレースに備え、様々なセットアップの改良をやった。クリスがたった1.220秒差ながらも、まだ、16位であり、サイクスが18位であることからも、2010年のWSBが接戦となる状態であることが分かった。
カワサキNinja ZX10Rに正式に導入された新しいサスペンションのパーツ、そしてその他のおおくの改良パーツで、クリスとトム、両者はテスト全体を通して良くなることが出来た。最終日、朝にはなかった強風にもかかわらず、どのライダーもベストタイムは最後の最後のセッションで出してきた。
大規模なカワサキレーシング・チームの冬のテストスケジュールは終わり、フィリップアイランドで2010年シーズンが始まる。最初のプラクティスは26日の金曜日、スーパーポールは27日、そして日曜日の28日に2レースがある。

クリス・ヴァーミューレン>
ここではセッション毎に良くなって、よく知ってるコースで乗れたのは良かったよ。リンケージとショックの新しい部品をいくつか試してみて体重移動で役に立った。僕たちは今、バイクの調整したりレースタイヤやの違いを理解する段階にいる。レースの週末にはまだやることがあるし、このテストではタイムは接近している。あと0.2秒、そして6ツくらいは順位を上げたいね。
トム・サイクス>
たくさんのことを試してみて、一番よく機能するのかが分かるものに立ち返った。チームはよく頑張ってくれて、試さなきゃいけないものは全部やり通した。これはすごく必要なことで、来週のレースでのセットアップの行き方でより良いアイデアが得られたんだ。それが一番重要で、このテストはレースの手助けになるためのものだった。もう少し差を詰められる気がするし、レースを楽しみにしているよ。


原文>

Vermeulen Top Kawasaki Rider At Final Pre-Season Tests
Newsflash, 22 February 2010

Chris Vermeulen ended up only 1.220 seconds from the fastest rider after an official two-day test at Phillip Island, the last shakedowns before the 2010 season starts for real next weekend.

Tom Sykes was just a little behind his team-mate in testing, setting a 1’33.202 second lap compared to Vermeulen’s 1’32.870, as both riders made valuable set-up improvements in readiness for the Phillip Island SBK races.

The highly competitive nature of World Superbike in 2010 was demonstrated by the fact that Chris was only 1.220 seconds from the lead, yet was ranked 16th, with Sykes 18th.

New suspension parts for the officially-entered Kawasaki Ninja ZX10R, plus many other smaller refinements, allowed both Chris and Tom to improve all through the tests. Each rider posted their best times in the very last session, despite high winds that were not present on the morning of the last day.

The extensive Kawasaki Racing Team winter test schedule has now been completed and the 2010 season gets underway at PI with first practice on 26th February, Superpole on Saturday 27th and two races on Sunday 28th.

Chris Vermeulen “We improved in every session around here, and it was good to be riding at a track I really knew. We tried out some new linkage and shock components and they really helped with weight transfer. Now we are at the stage of trying to dial the bike in and understand the different race tyres. We still have work to do on race weekend and the times were so close at this test. Another two-tenths and I would have moved up about six places.”

Tom Sykes: “We tried a lot of things and went back to what we knew worked best. The team were very patient with me going through all the stuff that we had to try. It was very crucial that we did this, because we have a much better idea of where to go with set-up for the race next week. That is the most important thing, and this test was just to help us in the races. I feel we can close the gap a bit and I am looking forward to the races.”


まぁ、狙うはシングルフィニッシュというところでしょうか。
そして、なにはなくとも完走が第一命題なのでしょう。
とりあえず、レースを楽しめるといいですね。
WSBKは、もうすぐ開幕です。
Comment

KAWASAKI DAYS 22.02.2010・フィリップアイランド・テスト/2日目

2010-02-22 | Chris Vermeulen(KRT)
Phillip Island Official Test - Day 2 - SBK Aggregate
Monday, 22 February 2010 07:53


1 84 Fabrizio M. (ITA) Ducati 1098R 1'31.650
2 67 Byrne S. (GBR) Ducati 1098R 1'31.662
3 96 Smrz J. (CZE) Ducati 1098R 1'31.680
4 7 Checa C. (ESP) Ducati 1098R 1'31.959
5 65 Rea J. (GBR) Honda CBR1000RR 1'32.175
6 41 Haga N. (JPN) Ducati 1098R 1'32.247
7 91 Haslam L. (GBR) Suzuki GSX-R1000 1'32.279
8 3 Biaggi M. (ITA) Aprilia RSV4 1000 F. 1'32.474
9 2 Camier L. (GBR) Aprilia RSV4 1000 F. 1'32.621
10 76 Neukirchner M. (GER) Honda CBR1000RR 1'32.691
11 111 Xaus R. (ESP) BMW S1000 RR 1'32.714
12 52 Toseland J. (GBR) Yamaha YZF R1 1'32.781
13 11 Corser T. (AUS) BMW S1000 RR 1'32.819
14 57 Lanzi L. (ITA) Ducati 1098R 1'32.830
15 50 Guintoli S. (FRA) Suzuki GSX-R1000 1'32.869
16 77 Vermeulen C. (AUS) Kawasaki ZX 10R 1'32.870
17 35 Crutchlow C. (GBR) Yamaha YZF R1 1'32.880
18 66 Sykes T. (GBR) Kawasaki ZX 10R 1'33.202
19 88 Pitt A. (AUS) BMW S1000 RR 1'33.699
20 25 Brookes J. (AUS) Honda CBR1000RR 1'33.710
21 123 Resch R. (AUT) BMW S1000 RR 1'33.943
22 31 Iannuzzo V. (ITA) Honda CBR1000RR 1'34.945
23 15 Baiocco M. (ITA) Kawasaki ZX 10R 1'35.663
24 95 Hayden R. (USA) Kawasaki ZX 10R 1'35.763


一応、チームメイトには勝ったようです。
とりあえず結果だけ。
今日のうちにライダーのコメントなどが出るといいのですが、26日にカワサキ公式はリニューアルだそうなので分からんです。

ちなみに、クリスの公式ではオフの自転車自主トレ映像がアップされています。
こちらはリニューアルしなさそうですね。
Comment

たけこが街にやってきた

2010-02-21 | いろいろ
去年から安斎肇おっかけをやっているワケですが...
安斎先生の本業はデザインとイラスト。そしてやっぱり、私が一番好きなのもそこだったりします。

松たか子さんのコンサートツアーのグッツでキャラデザを担当したと知り、松さんのHPを見に行ってみれば、もう、そのグッツの可愛さに一目惚れ。松たか子、ならぬ「まつたけこ」に会いたくて、松さんのコンサートに行くことを決意したのでした。でも、ビックリしたのが、そのツアーで自分の街に来るってこと!!!
運命!!
チョイノリで10分もかからないコンサートホールにたけこがやってくる♪
ま、ね。
松たか子さん、嫌いじゃないし、むしろ好きだし。一石二鳥。
正直、すごく楽しみにしていました。

そして、当日。
迎えてくれたのは、可愛い可愛い、大たけこと小たけこ。テンション上がりましたね~。そして、グッツ売り場へ!「あれとこれとそれと...」1万円を超える散財をしましたですよ。
もうここで私は八割方満足。あとはオマケのつもりで松さんの可愛らしい歌を聴いてきました。
松さんもステキでしたね。
客席から「松さーん」って呼ばれて、「呼んだ?」って微笑む姿にときめきました。
松たか子といえば、最近、時代劇チャンネルでやってた「ああ忠臣蔵」で若かりし頃の森光子を見たのですが、これが松たか子に似ててね....。そうか、松さんは森光子になるのか!と思ったりしました。

ああ、しかし。
安斎さんのイラストはなんて可愛いんだ!!
私は、もうかれこれ20年近く、この人のイラストやデザインの虜なのです。
私が着るTシャツのほとんどは安斎さんの作ったもので、着ているだけで心が嬉しくなります。
こんなにステキなものを作る人が、世界一好きな人が、言葉の通じる同じ日本人であることは喜びです。

3月には安斎さんの今年の個展、フーレンズ展があって、それにあわせて、安斎さんのバンド、フーレンズのライヴツアーがあります。
東京、大阪、神戸。
もちろん、おっかけしますよ♪
そして、新作Tシャツなど、グッツにも期待!物欲ばんざい!


たけこ、可愛いなぁ、本当!
Comment

KAWASAKI DAYS 21.02.2010・フィリップアイランド・テスト/1日目

2010-02-21 | Chris Vermeulen(KRT)
Phillip Island Official Test - Superbike 1st Day Aggregate
Sunday, 21 February 2010 09:05


1 7 Checa C. (ESP) Ducati 1098R 1'31.959
2 84 Fabrizio M. (ITA) Ducati 1098R 1'32.349
3 91 Haslam L. (GBR) Suzuki GSX-R1000 1'32.484
4 41 Haga N. (JPN) Ducati 1098R 1'32.518
5 65 Rea J. (GBR) Honda CBR1000RR 1'32.544
6 67 Byrne S. (GBR) Ducati 1098R 1'32.671
7 76 Neukirchner M. (GER) Honda CBR1000RR 1'32.735
8 3 Biaggi M. (ITA) Aprilia RSV4 1000 F. 1'32.832
9 96 Smrz J. (CZE) Ducati 1098R 1'32.912
10 57 Lanzi L. (ITA) Ducati 1098R 1'32.979
11 52 Toseland J. (GBR) Yamaha YZF R1 1'33.135
12 50 Guintoli S. (FRA) Suzuki GSX-R1000 1'33.190
13 66 Sykes T. (GBR) Kawasaki ZX 10R 1'33.222
14 11 Corser T. (AUS) BMW S1000 RR 1'33.299
15 35 Crutchlow C. (GBR) Yamaha YZF R1 1'33.444
16 111 Xaus R. (ESP) BMW S1000 RR 1'33.498
17 77 Vermeulen C. (AUS) Kawasaki ZX 10R 1'33.648
18 88 Pitt A. (AUS) BMW S1000 RR 1'33.699
19 25 Brookes J. (AUS) Honda CBR1000RR 1'33.710
20 2 Camier L. (GBR) Aprilia RSV4 1000 F. 1'33.852
21 123 Resch R. (AUT) BMW S1000 RR 1'34.361
22 31 Iannuzzo V. (ITA) Honda CBR1000RR 1'35.260
23 15 Baiocco M. (ITA) Kawasaki ZX 10R 1'36.087
24 95 Hayden R. (USA) Kawasaki ZX 10R 1'36.155


なんというか、何も言うまいというか。
とりあえず、チームメイトには勝とうな、クリス!

いや、サイクスはいいライダーだと思うんですよ。2008年にワイルドカードでブランズハッチを走って健闘し、ヤマハでレギュラーライダーになってからはスピーズの影に隠れつつも、しっかりトップ10入りしていますしね。現実的に、クリスはまずなによりもチームメイトに勝たないといけないような気がします。
ポルティマオでは総合でクリスの方がタイムで上回りましたが、明日はどうなるか...。

Comment

kAWASAKI DAYS 18.02.2010・WSBK公式:クリスのちょっとした強気発言/其の二

2010-02-19 | Chris Vermeulen(KRT)
ヴァーミューレン、カワサキの難題に向き合う(18.02.2010)

今年、オーストラリア人のクリス・ヴァーミューレンはWSBKにおいてカワサキの将来を好転させるという大きな挑戦に着手した。しかし、それは彼が望んだ道であり、2010年に優勝できるライダーのリストに自分の名を連ねたい構えだ。
「やってみせるさ!いままで10回もWSBKで優勝してるし、チャンピオンシップを争ってきたし、1ツかそれ以上のステージで、ほとんどの人に勝ってるんだから!団結した新しいチームになったし、開発しようとしているバイクもある。前に出ていくためにパズルのピースを並べてるところなんだ。実際、今年優勝する可能性があるライダーは15、6人はいるね、うん。全然簡単なことじゃないだろうし、長いこと経験したことがないような難題だよ。」
ヴァーミューレンのカワサキでの最初の実走は先月のポルトガルだ。そこで彼はチャンピオンシップが始まる前に取り組まなければならないセットアップの問題で何が主なものなのかという優先順位をつける機会を得た。
「ポルティマオは、バイクについて多くのことを学べたということで、僕らにとって素晴らしいテストだった。天気のことでちょっと不運なとこもあったけどね。カワサキとショーワはポルティマオで僕らが提供したデータを基に新しいパーツを開発してるところだし、ブレーキングから加速するところでの体重移動みたいなことに取り組みながら、フィリップアイランドでそれらをテストするつもりなんだ。それがまず優先事項になるだろうね、そして、レースの週末になったら、とにかくできるだけ速く走るんだ! 2010年については、チームは僕にプレッシャーをかけたりしなくって、トップ10でいいだろうって言ってるんだ。いままで、そんな成績は多くないからってね。でも、個人的にはシーズンのスタートから常にトップ5にいたいよ。僕はレーサーだから我慢できないね。でも、それが普通だ。フィリップアイランドで戦えるようだといいね。そして、先頭集団に挑んでいけるといいな。」


原文>

Vermeulen faces tough task for Kawasaki
Thursday, 18 February 2010 13:30

This year Australian Chris Vermeulen has taken on the massive challenge of turning Kawasaki's fortunes around in World Superbikes, but it's a role he has embraced, and he expectantly counts himself in the list of riders capable of winning races in 2010.

"I can do it! I've won 10 WSBK races before, been runner-up in the championship, and beaten most of those guys at one stage or another," said Vermeulen. "We've got a new team that's got to gel together and we've got a motorcycle we're trying to develop, so it's about putting every piece of the puzzle together to get up the front. Realistically there are 15 or 16 riders who could win a WSBK race this year - honestly. It's not going to be easy at all, and the depth is the strongest I've seen in a long time."

Vermeulen's first serious run on the Kawasaki ZX-10R was in Portugal last month, which gave him a chance to prioritize what major set-up issues had to be addressed before the start of the championship.

"Portimao was a great test for us in that we learnt a lot about the bike, even though we got a little bit unlucky with some weather. Kawasaki and Showa have developed some new parts from the information we came up with at Portimao and we are going to be testing them at Phillip Island, concentrating on things like weight transfer on the bike from braking to accelerating. They will be our priorities, and when we go into the race weekend it will be all about going as fast as we can! As for 2010, the team is not putting any pressure on me and is saying top 10 results would be great, because they haven't had a lot of them. But personally I want to be in top five consistently starting the season - I'm a racer with no patience, but that's normal. I hope we are going to be competitive at Phillip Island and in the front group challenging."


あ~あ~...また、この人は!!
と、笑ってしまったですよ。
必死に人差し指をピンと立てた拳を天高くあげてますよ!!
うん。花井カヲル@バタアシ金魚並みのバカです。
まったく、これだから好きだよ、クリス!!
やってやりなよ。みせてやりなよ、最高にカッコいいところ。
今年も、この極東の島国で精一杯に最後まで信じて応援するから。
...なんか、泣けてきたわ。
Comment

主水、死す。

2010-02-19 | いろいろ
藤田まことさんが亡くなられました。
76歳。
大往生、ではないですが、だいたい75くらいが人生ちょうどいいような気もしますし、食道がんを患ったりして、ちょっと前から病がちだったので、仕方ないかな、と。とうとうきたか...という感じでした。
考えてみたら、ちょうど20年前に亡くなられた成田三樹夫さんとだいたい同い年くらいだったですね。それを思えば、長生きです。
時代劇好きなものですから、ここは中村主水のイラストで追悼。いや、ちょうど時代劇チャンネルで必殺見てるし、描きやすかったんですがね。

時代劇はもちろん、父ちゃんが刑事ものドラマがすきなので、はぐれ刑事シリーズとかもよく見てたし、なんというか、熱狂的にというわけではないですが、かなり好きなほうの俳優さんでした。

もちろん、「てなもんや三度笠」はリアルタイムで見ているわけではないのですが、「俺がこんなに強いのも、あたり前田クラッカー」という台詞は大好きで、同人誌なんかで小ネタとしてよく使ってました。
ちなみに、前田のクラッカーは関東にはあまりなくて、関西方面に行く時は必ず買ってきてましたね。今は時々置いてくれるお店ができたので、見かけたら買ってます。美味しいのですよ、ランチクラッカー。

見かけは普通のおっさん、でも実はかなりの凄腕。そして、しなやかに構えながらも筋は一本通っている。藤田まことのやる役は、たいていそんな役だったと思います。そして、実像もそんな方だったということです。
ああ、ステキな日本人が、また一人亡くなったなと思うとせつないです。

ともあれ、ご冥福をお祈りします。
Comment

カカオが旬

2010-02-13 | いろいろ
まぁ、ヴァレンタインデーってヤツですね。
いつもは自分でおいしいチョコを買って食べることになってるんですが、今年は17日のフーレンズのライヴ@横浜FRIDAYで安斎先生にあげることになっています。人生でほぼ初めてヴァレンタインデーにかこつけたプレゼントをすることになります♪どうせなので、お世話になってる人にチョコを買おうかと。これも初めてのことだな。でも、都合上14日にはあげられないんですけどね。
チョコってことで、チョコベビーズを聴きながら絵を描いてみました。
チョコベビーズ、カッコいいっすよ。「ヒョンマル」という曲で出てくる安斎先生のセリフ「ぜぇ~たい、がんばらないぞぉ~」というのが好きです。代表曲(?)の「地下鉄ゴーゴー」や「道路マン」「ハル」以外にもカッパシリーズや「ストリートソング」「ぼー」「アバウト」も名曲。

さておき。
「カカオが旬@聖☆おにいさん」ということで。
日本の誇る市販メーカー板チョコを見くらべ食べくらべ!です!
その昔、メーカー菓子を題材に同人誌を作ったことのあるくらい、市販メーカーのお菓子には造詣があります。
今や、ちょっと出掛ければ、世界各国の美味しいチョコが食べられる日本。洋菓子屋のレベルも格段に上がり、食べた瞬間に幸せになるようなチョコもいっぱいあります。でも、依然として、この日本の板チョコのレベルはバカにできるものではなく、他の国の市販メーカーの同レベル商品と比べた時、バランスや舌触りの良さは群を抜いてると思うのです。
その日本の板チョコを改めて食べくらべてみようと思ったのは、お菓子同人誌を一緒に作った京都の友人のメールでした。「森永のビターチョコ、廃盤になったと思ったらキャンドゥにあった。」という内容で、そこから板チョコの話で盛り上がったのをきっかけに、食べくらべたい欲求が。頃もヴァレンタインだし、カカオの旬だし、やってみるか!と。まぁ、バカは死んでも、という話です。

ひとまず、
明治、森永、ロッテのミルクとビター、6枚のチョコを買ってきました!


むいてみます。
ロッテだけが銀紙にもメーカー名を入れています。


さらにむいてみます。
こうしてみると、各メーカー外見にかなりの差が。


まず、明治。
テカテカ。つやがあって、見た目にキレイ。でも、折ろうとすると、絶対にきれいにまっすぐ折れない。ナナメになる。
カカオ感、舌触り、香り、バランスはミルク、ビター共に一番。ただ、ビターチョコはビター感が弱いです。
しかし...明治、なんでロゴ変えたんだよー!!と、ここで話題に関係ないことですが声を大にして言いたいと。私は前のクルリンとしたロゴの方が好きでした。明治製菓がチェルシー(イングランドのサッカーチーム)のメインスポンサーになって、ユニの胸にあのロゴがつくことを夢見たこともありました。ま、でも、チョコはあいかわらず美味いね。最強です。

原材料名:(ミルク)砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、レシチン(大豆由来)、香料 (ビター)砂糖、カカオマス、植物油脂、ココアバター、全粉乳、レシチン(大豆由来)、香料

森永。
硬い。マットな質感。きちんとパリッと真っすぐ折れる。
粉っぽくてガシガシしてる。舌触りはともかく歯触りがいい。あっさりとパリパリいける。ビターチョコのビター感はピカイチ。

原材料名:(ミルク)砂糖、カカオマス、ココアバター、全粉乳、乳化剤(大豆由来)、香料 (ビター)砂糖、ココアバター、ココアパウダー、乳化剤(大豆由来)、香料(原材料の一部に乳成分を含む)

ロッテ。
ヌメッとしてます。フニャンと折れます。
舌と喉に絡み付く粘着質。ねっとりです。これで濃厚な錯覚を起こしますが、実際はカカオ感もミルク感も薄い。ビターの方はいくぶん食べれる感じ。植物性油脂の存在感がありすぎです。

原材料名:(ミルク)砂糖、カカオマス、ココアバター、植物油脂、全粉乳、香料、乳化剤(大豆由来) (ビター)砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、植物油脂、乳化剤(大豆由来)、香料

ビターには色の差があります。明治は色が薄い。


ミルクはあんまり変わらない。



まぁ、好みもありますが、個人的には明治ですね。でも、森永のガシガシした触感もカカオ喰ってます!みたいな感じでいいです。ただ、ロッテだけはダメだぁ....。明治もビターには植物性油脂使っていますが、使い方の差なんだろうな。
ちなみに、ヨーロッパの市販メーカー板チョコは概して森永に一番近いです。ガシガシ系。砂糖の量が日本のものより多いような気もします。
そういえば、グリコが昔出してた板チョコ、あれ復活しませんかね? あと、アーモンドチョコバー。粒チョコじゃない、バータイプのアーモンドチョコ。あれもグリコが出してたような。
でも、グリコはね、ポッキーを基準に考えてチョコを作っているんだと思うんですよ。コーティングしやすいチョコ。軸の部分となじみやすいチョコ。なにかにつけて美味しいタイプ。だから、チョコ単体で考えちゃいけないのかもしれません。

カカオが旬。
日本で一番チョコが売れるこの時期。
まぁ、一番寒くてチョコレートにやさしい季節ですしね。あたたかい飲み物にあうお菓子だし。
ヴァレンタインデーって、実は理にかなったチョコレートの売り方なのかな?って思ったりします。

ヴァレンタイン定番のボンボンショコラや生チョコはあんまり好きじゃなくて、普通のチョコがいいです。ただの板チョコ、ドライフルーツやナッツにチョコがかかってるのとか、もしくはチョコレートケーキやチョコの焼き菓子。
うん。でも、まぁ、美味しいチョコなら、なんでもいいか。

てなことで。ハッピィ・ヴァレンタインなのであります。
チョコ万歳。



Comments (3)