がちょうのうたがきこえてくるよ

最初に言っておく。私は、今、仮面ライダー沼にハマっている!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DEAD STAR

2007-10-30 | いろいろ
DEAD STAR

Shame on you
For thinking you'er an exception
We'er all to blame
Crashing down to earth
Wasted and burning out, yeah
Fading like dead star, Woah
Harm is coming your way
Yeah it's coming your way

You used to be everything to me
Now you'er tired of fighting
Tired of fighting
Fighting yourself

Shame on you
For thinking you'er all alone
if you want I'll make you wish you were
Failing to impress
Why can't you sleep with
Someone who 'll protect you, yeah
harm is coming your way
It's coming your way

恥を知れよ
自分が特別だって思ってるなんて
僕たち皆に責任がある
地に落ち、燃え尽きる
死にゆく星の様に消えていくこと
君のやり方は危機に瀕している
君のやり方はもう限界だ

かつて、君はぼくにとってすべてだった。
今、君は戦うことに飽きている
戦いに疲れている
自分自身と戦うことに

恥を知れよ
自分が独りぼっちだって思ってるなんて
もし君が望むなら、君は君であればよかったんだって思わせてあげよう
なにかをなす力がないんだったら
どうして君は君を守ってくれるようなヤツと一緒に眠りにつくことができないのか?
君のやり方は危機に瀕している
君のやり方はもう限界だ

*誤訳もあるかもしれませんが、CDに付いてる訳よりかはマシなはず。

mumeさんがDEAD STARをブログで引用していたので、思わず、全文掲載。
今のミランに捧げます。

かつて、君はぼくにとってすべてだった。
今、君は戦うことに飽きている
自分自身と戦うことに

そうやって、自分にとってのアイドルやスターがダメになっていくのを見ながら大人になるんだよな。
まぁ、ずっと戦い続けてくれる人も時々いますが。

この曲はヘドバンすると、とても気持ちがいい曲です。
若い頃は、ライブに行っては頭をぶんぶん振ってました。翌朝起きると首が硬直してることもよくありました。
今でもやろうと思えばやれますが、回復の遅さを考えるとムリは出来ません。
なので、最近はおとなしく後ろの方でライブを観ます。(でも、血が騒いで頭振っちゃう時もある。飛び跳ねてることもある。)
昔は、ゴー!ゴー!最前列!!鼻血が出るほど前で観たい!
だったのに。(整理番号が3桁でも最前に行く術を心得ていた。そして、実際に、どっかに頭ぶつけて軽く流血したこともある。)

しかし。
追っかけなんてやらなきゃ良かったなぁ
女として一番の「モテ期」を無駄にしたもんなぁ。
で、婚期逃したもんなぁ。
この年になると、もう、恋愛が打算抜きには出来ないからつまらないね。
もっと、普通に「愛し愛され生きるのさ@オザケン」をやりたかったな。なんて、時々淋しくなったりするですよ。
まぁ、己の性格やらを鑑みるに、どう転んでも無理な話だったとは思うのですが。だいたい、今に至っても、追っかけやっちゃってるしね。
ああ、やっぱ終わってるなぁ。
でもさ。
友達には恵まれてるんだよね。もう、恵まれ過ぎなんじゃね??って、思うくらい。
ありがとうございます!!
です。

Comments (3)

ニール-バレット

2007-10-30 | MotoGP
シロトリは洋服を見るのが大好きです。
名前とか覚えるのは苦手ですが、大好きなのは覚えます。
ニール-バレットも名前を覚えてるので、好きなんだと思います。
イタリア代表のユニをプーマとコラボで作った人ね。
ホームページにユアン-マクレガーの写真があって、乗ってるバイクがスズキだったのはポイント高かったです。

ということで、二人に着せたのはニールバレットな感じのコート。
ああ。ホッパーがいなくなったら、こうゆうのは描けないじゃん。
でも、クリスはバーバリーとか似合いそうなので、いつか着せてみよう。本人は屈強だから、実際は着られないと思うけどね。

今週末が今年最後のGPです。
ということで、ヴァレンシア入りしたスズキ陣営のコメントがHPにアップされてました。
やっぱり、話題はホッパーがスズキ最後、ってことと、打倒!マルコ-メランドリ!!
クリスは去年、リタイヤしてるんですよね。
あんまり結果は望まない方がいいのか??
でも、シーズン前テストでは、いい結果の出てるサーキットなので、少しは期待してもいいのかな。
とにかく、マルコの前でフィニッシュだ!!
Comment

いいんじゃない。

2007-10-29 | Football
言い方でずいぶん雰囲気の変わる言葉ですが、トッちゃんの場合は轟天で。

いっそ、ミランを応援するのが嫌になるというか、いい加減にしろよな、というか。
もう少し、懸命に走ってもいいんじゃない?
終盤になって焦りだす姿も、見苦しい...。

ま、いいんですけどね。
今季は徹底的に打ちのめされりゃいい、って思ってますから。

平家物語ですね。
諸行は無常なのです。

しばらく、ミランに関しては隠居しようかな。
Comments (6)

モトのない週末

2007-10-28 | いろいろ
最近ガッシュでばかり絵を描いておったので、久々に水彩で。
聴いてる音楽はラムシュタイン。

昨日はイタリアの語学学校で知り合った友達に会ってきました。
彼女はインテリスタです。サッカー以外でなんら共通点があったわけでもないのですが、なぜか仲良くなって今に至ります。
いつもは都内で会うのですが、今回はウチの地元まで出てきてもらいました。
最近、精神力が低下してるんで、都会に出ることが億劫なのですよ。人ごみとか、確実に打撃を受けそうです。
ただ、すごい雨風でして。本当は川沿いを歩いてお散歩する予定だったんですが、寿司屋、イタリアンレストラン、蕎麦屋をはしごして、しゃべりまくってただけでした。おしゃべりは、お散歩しながらのほうが楽しいんだけどな。
残念でした。
そして。
無職の私は、その食事の大方をおごってもらうという情けない事態に。
う~む。
出世払いでお願いします。
いつか、大物になって、豪遊!ですよ!!ビバッ!!

まぁ、でも、外に出ると面白いこともあるもんで、イタリアンレストランで、小中が一緒だった古い友達にばったり遭遇!しかも、彼女はぱりぱりのキャリアウーマンさんなので、なかなか会えない人だったりするんですよ。
わお、びっくり。
でした。
これでもか、っつーくらいに性格が正反対で、でも、私が一方的にじゃれて遊んでもらってた人です。中学の頃、私は自分が極度のさみしがりであることを理解していなかったので、友達と同じ高校に行くという思考回路がなかったのですが、今思うと、本当は彼女と同じ学校に行きたかったんじゃないかと。うん。まぁ、彼女の方が嫌がったかもですが。
子供の頃の友達というのは、会うとその頃に戻っちゃうんですね。あの頃と同じ力関係がよみがえります。とてもとても懐かしくて、涙が出そうなくらい嬉しかったです。
そのとき、ちょうどお仕事で描いた絵を持ってて、「ほら、おいら、こんなに頑張ったんだよ!」って、見せたりしたのですが、出版とかそうゆうお仕事をしてるらしく(よく知らないのね。)、ポートレートを持ってきてくれたら、とりあえず見せといてあげると言われました。
ありがたいなぁ、って思いつつ、複雑な気持ちも。本当は自分でやらなきゃならんことではあるしね。
まぁ、うまくいくことはないだろうし、ダメもとで手渡してみたいと思います。
ただ。
いそがしいから自宅の受け箱に突っ込んでおいてくれればいいから。
...淋しい。
いつか、ゆっくり会ってお話ししたいです。
本当に大好きな友達なのでした。

色々楽しかったな。

そして今日は今日とて、リズラスズキのHPで気長に画像をダウンロード。
画像に関して、センスの良さと気前の良さはインテル並み。
しかし、片方が表彰台乗ると、極端に画像の量が偏るんですよね。
なにげにクリスのほうが多い気がするのは気のせいか?
そして、デニング...2年前はお腹出てなかったのね。ライダーじゃないくせに無駄にいい男だよ。ライダーより目立ってどうする?!

さぁ、これからローマ戦だ。
Comment

罰ゲームとして...

2007-10-28 | いろいろ
mumeさんのバトンを受けたいと思います。
なんの罰ゲームかって?
クリスの絵を中途半端に描いてアップしたから、クリスに対してごめんなさいってことですよ...。
もう、ちゃんと手直し入れてアップし直したけどね。ああ。眠い時に絵を描くもんじゃないな。
しかし、最初にアップした絵はひどかった。
本当にひどかった。
ごめんね、クリス。

では、もらったバトンのルール。

ルール:【】内に指定された名前を入れて答える
 最近思う【】
 こんな【】には感動!
 直感的な【】
 好きな【】
 こんな【】は嫌だ!
 この世に【】がなかったら…

もちろん、クリスでいいですね?mumeさん!!

最近思う【クリス-ヴァーミューレン】
前頭部がヤバい。
前髪で隠れているが、どこまでM字のエッジが深いのか、とても気になる。近い将来、カンビアッソになりそうなのでドキドキしてる。

こんな【クリス-ヴァーミューレン】には感動!
茂木で見た、ウエットな路面でのコーナリング。
うまくタイヤを滑らせ、誰よりも深いバンク角でみごとなラインを取る。立ち上がりもスムーズで力強い。(なんてな。とにかく素晴らしいライディングでした。)
雨は嫌い、と言いながら、朝のフリー走行では、真っ先に飛び出してきた。予選は17位だったのに、雨の中では7位にジャンプアップ。

直感的な【クリス-ヴァーミューレン】
ワールドチャンピオンにはなれないような気がする。でも、そこそこの成績は残しそう。

好きな【クリス-ヴァーミューレン】
ドピュニエにミサイルかまされても(アッセン)、食中毒になっても(ミサノ)、スタートでエンストして気がついてもらえなくても(茂木)、予選結果が最悪でも(フィリップアイランドなど多数)、とにかく完走。そして、たいていは、なんとか13位以内に入って、こつこつポイントをゲットしているところ。
雨は嫌い、と言いながら、笑顔でレインスーツを着込む姿がばっちり公式HPに出ているところ。

今季のGSV-Rは速いし青い。WGPで優勝するなんて、毎日パンを焼くよりいいことだね。と、幼稚園児並みのまんまな迷言を残すところ。
ミサノが冠水したとき、本気でシュノーケルを探したりするところ。
オーストラリア大陸をそのまま人間にしたような、明るさとおおらかさ。
屈強な腕。

こんな【クリス-ヴァーミューレン】は嫌だ!(鉄拳風味)
雨なのに成績がふるわないクリス-ヴァーミューレン。
蹴ったら直る!と、ホッパーばりのライダーキックをカピ先生にかますクリス-ヴァーミューレン。
普通のパン屋に戻ります。と言って、ファンの前でメットを置いて引退宣言するクリス-ヴァーミューレン。
スズキ最高!と言った、その年にホンダに移籍するクリス-ヴァーミューレン。
所属事務所が松竹芸能だったりするクリス-ヴァーミューレン。
実はバリー-シーンの幽霊が見えているクリス-ヴァーミューレン。
時々、バリーがのりうつってるクリス-ヴァーミューレン。

この世に【クリス-ヴァーミューレン】がなかったら…
スズキをここまで好きにはなれなかった。「変態」呼ばわりで面白がってるだけで終わったかもしれない。
水色のワンピースを着たりすることもなかったはず。

以上。

これって、ある意味ラヴレターじゃないっすか。
Comments (4)

どうでもいいような話

2007-10-27 | いろいろ
どうでもいいことですが。
クリスの画像で一番好きなのが、これの元写真です。
なんというか、たまらんですね。
まず、安心してしまうんですね。そして、思わずこっちも笑っちゃうし、幸せな気持ちになるし、ちょっとくらいの悩み事や悲しいことなら、軽く吹っ飛ばしてくれる。
Get your rocks off, Get your rocks off, Honey! 「Rocks」by プライマルスクリーム
な感じでもあり、また、
「I'll be there for you」by プライマルスクリーム
な感じでもあり。
大切な1枚です。

で。
どうでもいいことを少し。

今週はTVが楽しかったのですよ。
普段はあまりTVを観ないほうなんですが、ずいぶん頑張ってTVを観ていました。

まず、これは先週からだったんですが、竹中直人さんが主演だったNHKのドラマ「海図のない船」の再放送をずっと、今週の火曜日まで観ていたんでした。
竹中直人の声は最強です。声だけなら日本一男前だと信じています。
ふと見た初回放送で、その声聞きたさにハマって、ドラマの質の良さにやられて、もう、グッときてました。
家族は、子供や親が年を重ねていく中で、他者がどんどん介在していく。進学や昇進、結婚や親族のトラブル、親の死。その過程で家族はバラバラになってしまうのだけど、でも、形を変えて家族は家族であり続ける。そんな人と人とのつながりをうまくドラマにしていました。

そして、これもNHKなんですが、BSハイビジョンのほうの特集でファーブルをやっていたんですよ。
実は小さい頃、動物行動学の学者になりたかったのですね。草むらや水辺で生き物を見るのが大好きだったし、図書館にある子供向けの生物の生態を紹介した本もよく読んでいました。TVも好んでそうゆうものを見てましたね。クラスでもずっと生き物係だったし、飼育委員会の会長もやりました。もちろん、ファーブル昆虫記やシートン動物記が大好きでした。
美しい虫たちの映像、ファーブルの生涯の物語、美しい南フランスの風景。
1時間半があっという間に過ぎる3夜連続の番組は、小さい頃の興奮や感動をキラキラしくよみがえらせ、そして、「ああ、やっぱり動物行動学やりたかったな....。」と、後悔の涙を誘い、それでも、最後は虫たちやファーブルのように、やるべきことをやって生きなければならない、という決意にも似た感慨を覚えました。

あと、モップガールか。
これは、今回のクルーの連ドラで唯一ちゃんと観てるんですよ。海外ドラマのパクリだとか、マンガ原作と全く違うとか色々言われてますが、なんも知らない人間の目から見ると、フツーに面白いです。もうちょっとブラックでもいいかな?って、思ったりするので、マンガは読んでみたいような気が。とまれ。北川景子、最高にかわいい。
そして。
蛇足ですが、ここから「タモリ倶楽部」>「検索ちゃん」の流れは最強なんですよ!!
特に今日の「タモくら」はよかった。でも、なにが良かったって、説明するのも忍びないくらいくだらないのが、また最高です。安斎さん、今日は遅刻し過ぎで出てないし。
そういや、イタリアに滞在してたとき、何が恋しかったって、タモリとソースだったのは衝撃でした。
タモリのいない生活がいかに侘しいものかを思い知ったイタリア滞在。
あの、肩の力が全然入ってないクセに、わけの分からない情熱は持ってる、めっちゃ常識人なのに、どこかずれてる、そんなタモさんにしか出せない空気こそが日本なのだと痛感したんですよね。
ちなみに、ソースのニオイって、ある意味、醤油以上に日本的なのかもしれないです。庶民のニオイというか、醤油以上に「無性に食べたくなる」度が高いような気がします。ま、醤油は海外でも簡単に手に入るようになったせいもあるとは思うんですけどね。

まとまりつかなくなってきたなぁ。

じゃあ、最後にスズキの湯のみをお見せしましょう。

...変態っつーか、芸人メーカー☆スズキ。

東京モーターショー行きたいよー!!
スズキのコノハムシみたいなバイク見たいよー!!
とかなんとか、毎年言いつつ、一緒に行く人が見つからないまま会期を逃すシロトリさん。
今年も例年通りなのか?!
Comments (2)

なんだよ、4-1って...

2007-10-25 | Football
ということで、勢いでセーちゃんを記憶スケッチ。

まぁ、なんというか、シャフタールが甘かった、プラス、ジラとセーちゃんの個人の能力が閃いただけって気もしますが...。勝ったとはいえ、チーム全体の重さは相変わらずだったしね。リッキー頼みも相変わらず。他のトップチームに見られるスピード感や圧力は感じられなかったです。
下手したら、今のミランなら今のシャルケでも勝てるんじゃね?って、思ったですよ。ラフィニャのサイド攻撃とかに簡単にやられそう。クーラニーさえ万全なら、完敗??やっぱ、入ったグループが良かった、って話ですね。
でも、こうゆうゴールでも積み重なってジラが自信を持ってくれるなら、それはそれでいいかなぁって思ったりも。
そして、セーちゃんのゴールは2発とも、もう、芸術!!としかいいようがなかった...ため息。
ミラクル炸裂!!!
時々こうゆうのがあるから、タマランですね、この人。(そうゆうトコはペセックと似てますよね。時たま猛烈に凄まじい走りで表彰台に乗りますもんね、彼奴も。)
とりあえず。
今度のローマ戦、体裁だけは保った試合をしてくれ...。勝利なんて高望みはしないから。
ああ。本当、ヤマハM1だよな、ミラン。
そのうち、リッキーがヴァレみたく脅しめいた発言しだすかも。
「いいFW獲らないんだったら、白いチームに行っちゃおうかなぁ~。」
つか、いっそ、脅してやってくれ。

とまれ。
シェバですわ...。
残り5分で出されてもなぁ...。
もう、いい加減、そんな使われ方されるなら、いっそディナモキエフに帰った方がいいんじゃ??って、切実に思うですよ。
シェバって、心情なんかが如実に顔に出るから、見てて不憫です。







Comments (10)

サンプルなので、まぁ、いいか。

2007-10-22 | いろいろ
やっと、終わったですよ。
って、実は女の子ヴァージョンを送った時点で「いつでもいいよ」宣言が出てしまったため、今の今まで引っ張りました。ミツユビナマケモノにも負けない自信があります。
何に使うんだろうね?
って、いつも思って絵を描いてます。
実際に使用されたものをあまり見たことがないので、だまされてるに違いないと、いつも思ってます。

ちなみに、こちらが女の子ヴァージョン。


バイクの絵を描くのは好きです。難しいですけど。
機械として美しい。

どうでもいいようなエントリなので、どうでもいいことを喋ろう。

あのね。
クリスのWSB時代の画像をゲット!!なのですよ!!
某バイクレース雑誌でWSBの画像を保持しているらしい方を見つけてコンタクトをとっていたのですが、このたび、めでたくDVDが出来上がったとの報告が!!
嬉しすぎる。
多分、ちゃんと観られるのは、イタリアから帰ってきてからだとは思うのですが、ゆっくり少しづつ過去を振り返りますよ!
きっと、可愛かったんだろうなぁ~。まぶしくて観られないかもなぁ~。へへ。
なんて、胸も膨らむ風船ガムです。バブリシャス!!(分かる人は同年代ですね!)

はやくクリスの応援サイト作らなきゃだな。
なんか、コメントとか、読んでて面白いんですよね。
「...そんなマシンでもなんとか出来るだけ速く走ろうとがんばってたんだよね。そしたらさ、ビットボードで「クリス、うしろ!(意訳)」って、ホッパーとの差がほとんどないって知らされてね、もう、それからは何回も抜いたり抜かれたり...」
とかなんとか。手振り付きで話す姿が目に浮かびます。
つか、今回のリズラスズキの二人のコメント、残念だったというわりに、なんか楽しげなんですよね。
やっぱ、仲良くランランラーンってバトルだったのか?!妄想でもなんでもなく!!
なんで、こんなにステキなコンビが解消されなきゃならんのだ!!
今からでも遅くない!!ホッパー、スズキに戻ってくるんだ!!
カワサキに行って、二人揃って「アンソニー-ホプキンス」なんてネタをやってる場合じゃねーだろ?!
つか、今度の相方、スタートグリット位置を間違えるような天然ボケだぞ??
もう、クリスの後ろにぴたっとせまって「クリス、うしろ!」のコントはできないんだぞ!!

脱力。

今度のヴァレンシアがこのコンビの最後の舞台か。
なんか、すごい淋しくなってきた...。

Comments (9)

今日はマジ疲れきった...。

2007-10-22 | Football
クリスの開口一番のこのコメントに共感の一日だった日曜日。
青山兄ちゃん、ヒロシが優勝!まではいい感じで楽しかったのになぁ。
市原で青山兄弟が表彰台に登った翌日はセール!とかやってないのかな? なんて、楽しい妄想を繰り広げたり。つか、千葉をあげて応援するべきだ!!まずは、いなげやから!ヒロシが勝った翌日は冷凍食品が「4」割引だ!
その後ね。モトGPクラスのつまらなさといったら...。もうさ、等間隔でバトルのないトップ集団なんか放って、いっそ今日はリズラスズキのバトルを中継するべきだったんじゃない? と、自虐的に希望してみたり。同じ7、8位フィニッシュでも、今回は期待度が高かったから、ガックリきた。いや、シングルフィニッシュだから、どん底に落ち込んだわけじゃないんですけどね。

でもね、そのあとですよ、問題は。
ミラン対エンポリ。
バンヌッキが風邪でお休みだっつー時点で、まず落胆。
ああ、おいらにとってのエンポリの楽しみがぁ!!号泣!!
バンヌッキ、ね、好きなの、実は。プレーも顔もちょっと地味目の男前。まぁ、逆に取れば、ミランにとってはラッキーか?と思い直し、試合開始。
あは。
ラツィオ相手に5点取ったというチームはどこのチームだったんですかね??
リッキーがいないとはいえ、仮にも昨シーズンの欧州王者ですよ??
なんか、この、どんどんドツボにはまって身動きの取れなくなる感じが、本日のリズラスズキにかぶって辛くなってきました。まぁ、このままスコアレスドローで上等じゃん?
そう思いかけた瞬間に、エンポリ、ゴールゲット...。
スズキどころかニッキーじゃんよ。(*本日のニッキーはエリアスに仕掛けて勝負したあげくにコースアウト。復帰したものの9位。)
得点できない空気を変えることができないまま、タイムアップ。

今日はマジ疲れきったよ...。
コブシの行き場がみつからないような、何とも言えない疲労感。

ま、ミランに関しては、もう期待はしていません。
けっこう本気で、ここらで一度、地の底に落ちてみてもいいんでは?って、思ってます。
インテルだってローマだって、どうしょうもない時期があったわけで、そうでもしないとチームって変わらないと思うんですよね。
どだい、ミランのなにが悪いのか、って、あまりにも変わらなさ過ぎるチームのメンバーやシステムであって、ここは一度解体されるべきなんではないかと、切実に思いますね。...やっぱり、監督の解任か。ファーガソンやベンゲルみたいに若手の扱いがうまくないと長期政権っていうのは難しいのかも。
時代は変わる、ですよ。
ピルロがアルベルティーニを追いやって、リッキーがルイを追いやったように。
いつかは誰かにとって変わられる。
ピルロやガッちゃんも、そろそろ、そうゆうことを考えなきゃいけない時期が迫ってるんだよな。

時の流れを感じて、切なくなってきました。
でもね、賭けと一緒で、ずっと同じところに賭け続けるのも、ある種の勝ちパターンだから。
一度信じたものは、容易に裏切らんよ。
時代は変わる。
またいつか、ミランにいい時も来ると思うし。しばらくは静観か。



Comments (7)

マレーシアGP~決勝~

2007-10-21 | MotoGP
MotoGP

1 27 C.ストーナー ドゥカティ B 43:04.405
2 33 M・メランドリ Honda B +1.701
3 26 D・ペドロサ  Honda M +2.326
4 14 R.ド・ピュニエ  カワサキ B +3.765
5 46 V.ロッシ ヤマハ M +4.773
6 24 T・エリアス  Honda B +17.667
7 71 C.バーミューレン スズキ B +20.950
8 21 J.ホプキンス スズキ B +22.198
9 1 N・ヘイデン Honda M +22.450
10 5 C.エドワーズ ヤマハ M +29.746
11 65 L.カピロッシ ドゥカティ B +34.923
12 4 A.バロス ドゥカティ B +35.667
13 9 青木宣篤 スズキ B +44.113
14 7 C・チェカ Honda M +44.486
15 13 A.ウェスト カワサキ B +49.658
16 56 中野真矢 Honda M +51.726
17 57 C.デイビス ドゥカティ B +58.905
18 6 玉田誠 ヤマハ D +59.596
19 50 S.ギュントーリ ヤマハ D +1:23.119
20 80 K・ロバーツ KR212V M +1:50.960

*とりあえず、予選順位と変わらず7位でフィニッシュのクリス。朝のウォームアップが9位だったので、それを考えれば妥当な順位だったのかも。色々うまくいってなかったのか、レース前の表情も硬かったしなぁ...。結局、ホッパーと3戦連続でスズキ内下等争い...笑。毎回仲良く微妙な順位で争ってんじゃねーよ!!と、苦笑いです。今回2位だったマルコに、とうとう二人揃って年間ランクで抜かれてるし、チームランクでもレプソルに抜かれてしまいそうな勢い。でも、希望は捨てないよ!次のヴァレンシアで有終の美を飾ってほしいです。
にしても、オーストラリアに続き、スズキのランクアップに貢献してしまったニッキーとウエスト。いや、スズキ的にはありがたいのですが、なんか、申し訳ないような残念な気分です。
ああ、しかし。カワサキの躍進がまぶしいよ!!
ともあれ、レースがつまらない。トップ集団はほぼバトルなし状態だったし。バトルしてたのって、もしやスズキの2台だけだったんじゃ?? あと、つぶれちゃったけど、ニッキーとエリアスのトコとか。どうにかならんもんかね?

250cc

1 4 青山博一 KTM  43:09.316
2 80 H.バルベラ アプリリア +2.251
3 1 J.ロレンゾ アプリリア +2.957
4 36 M.カリオ KTM  +2.965
5 12 T.ルティ アプリリア +7.305
6 60 フリアン・シモン Honda +8.747
7 15 R.ロカテッリ ジレラ +16.105
8 58 M.シモンチェリ  ジレラ +26.101
9 55 高橋裕紀 Honda +28.032
10 41 A.エスパルガロ  アプリリア +34.754
11 34 アンドレア・ドヴィツィオーゾ  Honda +35.888



*やったよ!!ヒロシ!! もう、その頭の良さ爆発なレース運びに感動です。順位がめまぐるしく入れ替わるスリリングな展開の中、一時はトップ集団から離されたKTMのふたりでしたが、タイムが伸びないせいもあって、中盤からするすると追いつき、終盤でしっかりトップ集団に。最終ラップでドヴィとカリオが自滅してくれたこともあって、ヒロシがそのままトップを突っ走りました。ヒロシ、カッコ良すぎです。もっともっと注目されてもいいと思うんだけどなぁ。フツーに女の子に囲まれて「きゃーっ!」って言われてもいいでしょ?!...私は言わないけどね。
そして、とうとうロレンツォの年間チャンピオンが決定しました。ボクサーの格好で「チャンピオン防衛」を宣言するロレンツォ。一部、パフォーマンスの幼稚さに非難があるようですが、こうゆうバカができるのも若いうちだし強い時にしかできないしね、私は温かく見守っていたいと思います。ただ、ロレンツォが最高峰クラスでどうなるかは、ちょっと不安も。
あと。一言いいっすか?
私、バルベラ好きになれない...。あらゆる面で好きになれないのね。

125cc

1 14 G.タルマクシ アプリリア 42:50.831
2 71 小山知良 KTM +6.753
3 55 H.ファウベル アプリリア +7.793
4 6 J.オリベ アプリリア +8.180
5 33 S.ガデア アプリリア +8.947
6 52 L.ペセック デルビ +9.935
7 24 S.コルシ アプリリア +10.132
8 75 M.パシーニ アプリリア +10.335
9 38 B.スミス Honda +23.426
10 7 A.マスボー Honda +24.808

*コヤマックスがやりましたね。タルマクシが一人旅をする後ろで、表彰台争いが熾烈だったわけですが、その2位争い集団に食らいついて、ファウベルやオリベと共に抜け出し、最後はこの集団のトップでフィニッシュ。お見事でした。
Comments (4)