がちょうのうたがきこえてくるよ

最初に言っておく。私は、今、仮面ライダー沼にハマっている!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2014ブラジルW杯:その1

2014-06-16 | Football
やっぱり、ドログバさんはいかりや長介でした。
全回大会でも、骨折して出れないとか言われつつ、しっかり出てきて威厳を見せたドログバさん。
今回も、後半のグダグダだった試合の流れの中に投入され、日本を圧倒しました。
ドログバさんはコートジボワールの色んなものを背負っています。チームだけでなく、国そのものをひっぱりあげようとしている人です。人間としても大きな大きな人です。
そのドログバさんがベンチにいた時の表情が忘れられません。
キックオフ後の、頬杖をつきチームを見守る、不安んと期待の入り交じった母親のような横顔。
本田のゴールが決まった瞬間の、顔を覆い深くうなだれたその姿。
そして、いざピッチに出るとなった、その時。歓声を一身に受けての威厳に満ちた立ち振る舞いに、後光が射したように感じました。

もちろん、日本には勝ってほしかったです。
でも、浮き足立って夢見がちな日本のメディアに、私は若干引いてしまうのです。
サポーターたる国民がそうであるのは当たり前なのですが、もう少し、真剣に冷静に見る目を与えられるメディアが必要だと思います。
スカパーがそうゆう立場だったりするわけですが、今季は中継ないし、ね。



そして、ブッホンの欠場により、ピルロとジェラードが主将として握手を交わすという事態になったC組初戦。
大好きな選手なわけですよ。二人とも。
特にピルロは追っかけてイタリアに行ってしまったくらいで。
それはさておき。
雨のせいで、ちょっとスピード感は落ちましたが、全体にコンパクトで、攻守のハッキリしたいい試合でした。
ウルグアイが負けてしまったことで、この死のグループはカオスの予感です。
イングランド、ジェラードのコンディションも気になりますが、ウィルシャーが全然なじめてないのが…ああ。
イタリアは大丈夫な気がします。
そーいや。
妹が「あの、イタリアの20番大丈夫なの?!」と訊いてきたので、なんのことかと思ったら、頭のことでした。「ルーニーに(植毛を)紹介してもらったらいいのに!」とか言ってて、可笑しかったです。パレッタ、28歳…。

にしても、スペインの大崩壊があったりもして、序盤からお腹いっぱいな展開に嬉しい悲鳴です。
ということで、漁父の利的なタランスキー優勝でドーフィネも終わったことですし、寝ます。起きたらフランスvsホンジュラス♪
Comment

サー・アレックス・ファーガソン

2013-05-15 | Football
想像できないよなー。
やっぱり、想像できないわ。
最後のホームゲーム。優勝セレモニー、そして、そこでのファーガソン翁のスピーチ。
涙ぐむ人々の姿に、ああ、本当なんだなぁ...と、思いつつも、実感が湧かないです。

欧州のサッカーを観るようになって10年。
とにかくプレミアリーグが一番好きで、好きになったその理由は「監督のキャラが立ってる」ということでした。その中心にいたのは、もちろん、サー・アレックス・ファーガソンで。
チームとして、マンチェスター・Uを好きになったことはありませんが、ファーガソン翁は好きでした。
ボビーさんと同じグラスゴー出身だしね。
とにかく、怒る時も喜ぶ時も感情豊かで子供のような振る舞いが好きでした。

ちょっと寝て、今、アーセナル対ウィガンを観ています。
両チームとも負けられない試合でして、面白い展開になってしまっています。
雨が降っていて、アーセンはハゲタカのヒナ状態です。
と、書いてるうちに、ガナーズの猛攻が!あっという間に2得点。
そして!
ああ、ラムジーが!ラムジーですよ!決めましたよ!
あの残念な子が!!感動!!
4-1です。

で。
いま。試合終了。
ウィガンの降格が決まりました。
ああ、マルティネス!!昨シーズンは散々お世話になったのにー!!ごめんなさい!!

アーセナルは次節のニューカッスル戦ですよ。
勝てば4位ですね。

さて。
また寝るか。


Comments (2)

まっすぐに。

2013-05-03 | Football
京都の寺田祭で知り合った、キレイなお姉さんにリクエストを受け、シュナイダーを。多分、10年ぶりくらいに描きました。
めぼしい資料もなく、テキトーに描いてしまって、申し訳ないです。

その、平らな頭頂部と、まっすぐに伸びることしか知らないような髪の毛で、どうみても板前さんにしか見えなかったシュナイダーです。

「カウンターで寿司を握っていただきたい。ジェラードとサネッティも一緒に並んで。」
とか、よく妄想しておりました。
そして、無理な髪型ばかりにするのを見ては、角刈りを熱望しておりました。

選手としても、職人気質でしたね。
華やかさよりも仕事の質(精度とか読みの鋭さとか)を求めるタイプだったかと。
フリーキックや、するするっと上がっていって上げるクロスがステキだったように記憶します。
基本、右のサイドハーフ(ですよね?)でしたが、ほかの変なポジションにいたりもしたような?ユーティリティーっつーんですかね。
なんというか、褒め言葉としての「空気」みたいな選手だったと思います。
シャルケが好きだったので、「敵」でしたが、シュナイダーは好きでした。

しかし。
当時、自分と年が3つしか変わらないのは衝撃でした。学年なら2コなので、同じ中学にいられたことになります。
今でも衝撃です。

風邪が治ってきて、仕上げに口唇ヘルペスが出来ました。
辛い...。
Comment

ロック、ダスッ、ライッ、スター!

2012-08-29 | Football
先頃来日し、サマソニ大阪では、風邪を理由に、ももクロにステージを譲るという度量の大きさを見せつけ、多くのファンを失望のどん底に陥れた、羽帽子の貴公子、ジャミロクワイのJK。
一瞬、サマソニのチケット獲らなくて良かった!とか思ったんですが、東京には、ちゃっかり出演。さすがです。
床が動いているように見える、不思議PVで有名なヴァーチャル・インサニティ以後、日本ではぱっとしないと言われたりもしてるみたいですが、個人的には、ファンク・オデッセイあたりの、セクシィ全開なのが一番好きですね。PVで一番はコズミック・ガール。近作のダイナマイトも好きです。

さておき。
ピルロのJK化にびっくりした、セリエAの開幕戦。
デ・ロッシ並みの熊さんですね。
ヒゲ、もさもさ。
暑くないのかね?
微妙な判定ながら、FKを決め、かのジュニーニョ大先生を思い出しました。
...そうか、ピルロはジュニーニョ大先生になるのかっ!
PKよりも簡単♪
そう言い放って、バシバシFKを決めていただきたいものです。

今日は夜勤~。
ブエルタはタイムトライアルなのになー。
でも、シフトを見たら、山岳ステージは全部ライブで観られることになってました!やた!


Comment

嫁さんはバレリーナ

2012-07-12 | Football
ツール観ながら描き進め、レースの折々で手を止め、お城で手を止め、最後20kmくらいで描きあげて、ヴォクレールの職人気質なレース展開+渋い勝利を見届けてから、これを書いています。遅れた選手が続々戻ってきています。

筋肉描くのが苦手です。
もうちっと人体の構造を勉強した方がいいのかもしれません。

バルザレッティとか、いい参考になるかもですね。
てなことで。
画像検索したら、嫁さんが年上のバレリーナなことが判明したバルザレッティ。
3人も子供がいて、しかも、うち2人は前妻の子で、色々大変?バルザレッティ。
描いてるうちに、仁王像になってしまったバルザレッティ。

トリノやユベントスにいた頃のイメージが強くて、最近はあんまりセリエAを観てなかったので、この屈強な姿は衝撃でした。
昔は、王子様っつーか、なんか軟弱な感じだったよね?
ちなみに、私が一番はじめに仕事で描けと命じられた選手が、トリノにいた頃のバルザレッティでした。懐かしい。

さても。
日々、6時出勤なわけですが、寝るのは連日1時です。帰ってきてからのお昼寝が習慣化しました。
来週から4連勤と5連勤が続くのですが、1級山岳や超級山岳の連なるステージだと思って、乗り越えたいと思います。
Comment

レーヴ監督の背脂

2012-07-09 | Football
いや、イタリア戦の時の後ろ姿がちょっとした衝撃で、描いたんだった。忘れてた。

男の人は、ヤセヤセよりも、ちょっとずんぐりしてるくらいが好きです。個人的に。そのうえに無精髭とか似合ってたら、最高。< 誰のことだ?
なので、ヤセヤセだったバルザレッティが、立派な熊になっていたのを見た時には、「え?なに?この人カッコいい!!」と、思ったのでした。まぁ、バルザレッティは、脂肪分少なそうですけどね。
女の人でも、ヤセヤセは好きくない。鞠のように柔らかそうな人が好きです。三原葉子とか藤村志保とか、最高。今の女優さんだと、深田恭子とかいいすね。あと、剛力彩芽。彼女の太ももを見たときは、「やったー!!好きー!!」でした。

だからって、自分の脂肪に甘い態度を取るのはよくないな...と、思いつつ、じゃがりこを食べる...ああ。




Comment

ユーロ2012雑感・その8(最終回)

2012-07-07 | Football
最終回です。
ほぼ毎回、サッカーの国際大会がある度に、ブログでこんなことをしています。
この時期だけ、アクセス数が数倍に跳ね上がるのですが、奇特な常連さんから検索などでいらしてくださったお初の方々まで、おつきあいくださり、ありがとうございました。
上のモントリーボみたいな絵を少し描き続けるかもしれませんが、基本、ユーロ祭はおしまいになります。

結局、スペイン、という、昨今のフットボール・トレンドは変わらず、まだしばらくはスペインの時代が続くのだなぁ~、と、痛感させられる結果となりましたね。
イタリアが、決勝にたどり着くまでに、かなりの消耗を強いられ、コンディションの差もあったとは思いますが、そこも含めて、スペインの強さは桁外れでした。なんかね。言葉もないですね。口惜しい、というより、脱力感がハンパなかったです。
もしかしたら、スペインはまだ強くなるかもしれません。
イタリアやドイツがスペインに追いつこうと、スペインと違った方向で面白いチームになり、面白い試合をみせてくれたのは確かですが、スペインは、またそこを上回っていく...。
「打倒!スペイン!」
欧州のフットボールは、そんな方向で面白くなってほしいです。
イングランドやフランス、ポルトガルにも復活の兆しがあり、イタリア、ドイツも、このまま順調に伸びていけば、戦国時代に突入するでしょう。
次のユーロが、そんな、予想が難しい大会になるといいなって思います。

ま、ピルロは次のW杯が最後かな。
ある意味、今回の大会で敗退したことが、2年後へのモチベーションになってるかもしれませんね。これでピルロの引退が先延ばしになるなら、それはそれで嬉しいことです。
そんなことが重なって、下手したら、マルディーニみたいに40過ぎても現役やってるかもだしね。ふふ。

とまれ。
モントリーボをなぜ描いたか?
いや、美人さんだな、と、思って。ゆで卵みたいでしょ?
ミランの選手になるんですね。いや、でも、ミランは応援しないな~。私が熱狂していた頃のミランの選手は、このオフに一掃した感じですね。

エジルの顔もきれいですね。モデルさんにいそうな感じ。野波さんに撮影してほしい!!
次はエジル描くか?
でも、その前にバルザレッティ描きたいかも。
Comment

ユーロ2012雑感・その7

2012-07-01 | Football
時間なくてね。
新しい仕事場に馴染むのに、色々気苦労も多く...。

でも、決勝前にこの間の試合の絵を描いておきたくて...。
ふふ。今回は試合観ながら、ちゃんとスケッチしたもんね。雑だけど、記憶スケッチではないので、まぁ、ある程度試合の中の場面まんまです。
このバロテッリは、きっといろんな人が描いてるでしょうね~。内巻さんもFOOT!で描いてたし!
個人的に、寺田克也・画、で脳内再生されたりしたんですが、もちろん、あんな絵は描けません。
そして、録画しといたダークナイトを見たあとだったせいか、モントリーボがレイチェルに見えて仕方なかった罠...。ブッフォンから妖怪臭さを抜くとクリスチャン・ベールに見えなくもないことから、笑いが止まらなくなったのは内緒です。
モントリーボ、美人すね。

本当は、これの倍くらいのスケッチがあるのですが、後に時間があったら、回顧したいと思います。
ドイツも、やっぱり、好きなので。

とまれ。
せっかくスペインやイタリアの銀行への融資が決まったというのに、ドイツは敗退。
ドイツ国民はもとより、メルケルさんも、さぞガッカリしてるでしょうね。

さて。
イタリアはスペインに勝てるのでしょうか。

対ドイツ戦で、ピルロを中心に、マルキージオ、モントリーボ、デ・ロッシ、カッサーノ、と鮮やかに攻撃の手が重なっていく様に、クイーンのボヘミアン・ラプソディーが私的BGMとして展開。
緩急のメリハリ、美しいメロディー、劇的な展開、確固とした演奏技術、ヴォーカルの強烈な個性。
もし、イタリアが再び、ピッチでボヘミアン・ラプソディー...あるいは、また他のステキな音楽を奏でることが出来れば、スペインに勝てるのかもしれません。

もう、いっそ、シンプルに、ホワイトストライプスでいいよ。
セブン・ネイションズ・アーミーでいい。
オープンでドキドキする、汗臭い、男臭い、ドシドシとバスドラが響く試合を。

もう寝ます。
Comment

ユーロ2012雑感・その6

2012-06-28 | Football
やっぱり、スペインが決勝に進みました。
どっちが勝っても構わない、のんびりした気持ちで観ていたので、点の取り合いになったら面白いのに~!とか思っていたのですが、引き分けでPKでした。しかも、途中で、バルサ対R.マドリーを観ているような錯覚に...両チームのどっちかに所属してる選手が多かったし。
あまのじゃくなんで、ポルトガルが勝ってくれた方が、どちらかといえば嬉しかったんですが、仕方ありません。
あの、中二病的な髪型が多いあたり、若さがはじけてて、これからのチームという気もしますので、今後に期待。
でも、クリロナが現役でいるうちにタイトルは取れるんだろうか?ってのは微妙かな。
クリロナは、陰陽で言ったら、陰のタイプの選手で、負けてもカッコ良く見えるんだから不思議です。イライラしてたり、悔しがってたり、そんな姿ばかり印象に残ります。
メッシとクリロナだったら、私はクリロナのほうが好きです。
メッシがすごいのは分かるし、観てて楽しいですけどね。
それはオアシスとブラーでブラーを選ぶ感覚と似ています。
どっちが自分の性にあうか、なんです。
なんつーか、ちょっとトゲトゲしてる方が好きなんですよね。負けちゃったりする方が。
ちなみに、ブラーはアメリカで失敗したあとに出したアルバムで興味を持ちました。

それは、さておき。
今日はドイツ対イタリアです。
結局、ドイツが勝っちゃう気もしますが、イタリアがどこまでやってくれるのかを見届けたいと...って、明日は6時出勤なんで、途中までしか観られないんですよ!!
ああ...。
でも、途中までは生で観たいので、もう寝ます。



本当に、ピルロのファンでよかった。

Comment

ユーロ2012雑感・その5

2012-06-25 | Football
スコアレスでPKまでいって、でも、長ったらしいところのない、実の詰まったいい試合でした。さすがに延長は若干ダレてましたけどね。

どっちが勝ってもいいような感じで観てたんですが、ピルロが好きなんで、やっぱりイタリア応援でした。今のイタリア代表、好きだしね。南アフリカW杯の時、力不足が否めなかったモントリーボやマルキージオの著しい成長に、おばちゃんは涙です。デ・ロッシやカッサーノなんかは、もう、安定の域ですしね。ああ、時が経つのは早いもんです。
今回、ピルロは人をなめたようなPKを決めましたが、確かにあれで空気が変わりましたね。(ミランでレジスタを始めた頃、あのPKやってGKに「この、若造がぁっ!!」って、怒られたこともあるんですがね。)
モントリーボが外したあとで、かなりプレッシャーのかかるところであれをやっちゃうピルロ。でもね、多分、モントリーボの気持ちが一番分かっていたのはピルロで、なんとかしてやりたいっていう強い気持ちと、泣いてる子供をあやすような心の優しさのなせる業だったんじゃないかって思うんですよ。それは、ルイ・コスタやマルディーニ、コスタクルタ...ミランにいた時に先輩たちが自分にしてくれたことと同じことで、今は自分がその立場になったんだっていう、自覚もあったと思います。
トヨタカップやCLの決勝という大舞台でPKを外して泣いていたのが、遠い昔のようでした。
好きになった時に、こんなに立派な選手になるとは思ってもみず、ミランでの活躍に始まり、代表で、そして、ユーベに移籍してからも、常に期待を大きく上回って驚かせてくれるピルロには、脱帽、感服です。ミランで籠の中を飛び出したブラックバードは、今日も自由に飛び回っている。どこまでも光を目指して飛び上がる。
ちょっとね、個人的に胸に迫るものがあって、涙がこぼれました。

イングランドは、もうちょい、若い選手がにょきにょき伸びてこないとダメかな~。いや、でも、ウェルベックとかチェンバレンとかウォルコットとかいるし、今後に期待か。ハートも、ようやく現れた守護神なので、これから楽しみです。

次はドイツか。
2006年のドイツW杯を思い出します。
ドイツも好きなんですけどね。ピルロが、そしてブッフォンがここまでカッコいいと、イタリア応援かな。
ま、私の期待はたいてい外れます。きっと、スペインとドイツの決勝でしょう。

Comments (2)