千鳥足こと博多のおいしゃんの独り言

中洲祭りと女みこし

金、土と仕事のお付き合いで中洲祭りのお手伝いに行ってきました。

師匠の「女みこし」初参加も同時進行しとります。

おいしゃんな夕方からリソルのステージ(中洲流の山が建つ処)でお手伝い。

JAZZや演歌歌手のステージが繰り広げられる中、
蛇踊りやらエイサー、やらが中洲の街ば練り歩きます。

中洲JAZZもそうやばってん今は中洲の催しごとは
中洲流の山笠の手で支えられとります。
中洲流の団結心ば垣間見られます。

メインは國廣稲荷の「女みこし」
この夏、下心見え見えの邪心から話はは始まりました。

暑い夏の山大工作業の直会の席で女神輿の担ぎ手が足らんで
男が手助けしよることば聞いた師匠が・・

今年、女神輿の舁き棒ば手直しの依頼があった縁で
舁き棒の手直しば自ら確認するて言う名目で女みこしに「参加させれ」てなったとです。

山笠の舁き手以上に密着した女みこしの舁き手に加わり
女むんむんの汗の中に入り体密着ば期待する魂胆です。

あくまで調整した「舁き棒」の確認のため、て言う名目ですばってんが・・

ステージでは心地良かステージが繰り広げられます。





こげなアトラクションも「黒田武将隊

そんな中、やってきました「女みこし」・・

ソイヤ、ソイヤ、ソイヤの掛け声とともに・・・



担いどらんや無いですか?

ばってんが後で聞いたら女みこし責任者のH君の計らいで
より女性と密着度の多い「右肩棒鼻持ち上げ係」になったゲナです。



この持ち上げる時、肘が舁き手の胸に当たりこれ以上ない程、顔が間近に接近する
「師匠」て言うよりただのスケベ親父です。



ドヤ顔で戻ってきました。・・・



ブログ用に写真撮ってます。

普段は8~9時に床に付く師匠ばってんみこし終了は10:00ば廻っておりました。
三軒はしごしてタクシーで帰社・・

今日土曜日は生憎の雨で女みこしは中止・・・・・

再びの女密着度ば期待した師匠、不完全燃焼で今年の中洲祭は終了・・・

各種イベントは中止やったばってんが
おいしゃんの担当のステージは予定通りでカッパ来てお勤めしてきましたやね。
祭りて言うても最近はスタッフのお酒は御法度

すべて行事が終了後「博多荘」でニラレバと生で疲れば癒し帰ってきました。


ランキングに参加中です。
見るたびにクリックしてつかあさい!

コメント一覧

キモサベ
正確な取材&発信、ありがとう。
本当!不完全燃焼!
今日は秋晴れか、恨めしい。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「山笠・博多の事」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事