ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

亀井静香が語る消費税増税の反対理由

2012-03-31 21:17:07 | 日記



□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

亀井静香が語る消費税増税の反対理由
http://youtu.be/mEkhaaTVc2A

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】こんにちは。亀井亜紀子です。
亀井亜紀子のホームページ
http://akiko-kamei.home-p.info/

 国民新党について、代表と幹事長の会見内容があまりにも食い違い、世間を混乱させているので事実のみお伝えしたいと思います。

 3月29日(木)夜、党本部で議員総会が行われ、松下副大臣以外は全員が出席しました。代表は連立解消の考えを伝え、一人一人がその場で意見を述べました。連立を解消してほしくないという考えが大勢でしたが、皆に理解を求め、代表は党首会談に出かけました。党首会談において代表は連立解消の考えを伝えた上で、政権に残りたい党員、つまり大臣、副大臣、政務官をどうしても続けたいと主張している3人(自見、松下、森田)について、連立を解消しても無所属で使ってもらえるかどうかを打診し、総理は一晩考えたいということで翌朝、7時半に党首会談が再度開催されました。ここまでは前夜の会見で明らかになっています。

 さて、3月30日(金)朝の党首会談で野田総理から無所属では使えないという考えが伝えられ、それでは引き上げるということで官邸から出た直後に会見を行い、連立解消したことを報道陣に伝えました。

 一方、下地幹事長は昨晩、党首会談が行われている最中に官房長官に電話し、連立は解消せずに自見大臣が署名することを議員総会で決めたと伝えました。私は議員総会終了と共に部屋を出たので後で何が話し合われたか知りませんが、森田政務官はすぐに部屋を出たので加わらなかったそうです。また浜田政務官は代表の決定に従うと議員総会で発言していました。

 この日、代表が連立を解消した後、自見大臣に連絡しようと携帯に電話しましたが、自見大臣は電話に出ずに署名し、国民新党として署名したと現在も主張しています。また下地幹事長が連立は解消していないと官房長官に伝え、官房長官が連立を解消していないと会見したことが混乱に更に拍車をかけています。

 さて、野田総理ですが、党首会談で自ら連立解消したにも関わらず、その後、官房長官に解消していないらしいと言われ、そちらを信じようとしているそうです。今回の混乱の原因は、もちろん代表と全く違う考えや嘘を官邸に伝える下地幹事長にあり、国民新党側の問題ではありますが、これまで民主党政権と接してきて思うことは、情報の信頼性よりも自分達が信じたい情報に飛びつき、好ましくない情報については思考停止することです。

 現在、財務省が今朝の閣議決定の効力について(有効か無効か)精査中です。というのは総理が今朝の会見で無所属議員としての閣議決定は認めないと発言しているので、連立解消後に自見大臣が無所属として署名したのであれば、閣議決定が無効になるからです。国民新党の党則4条2項には、「代表は、党の最高責任者であって、党を代表し、党務を総理する。」とあるので、ここが影響してくるだろうと私は思います。

 ポストや権力にしがみつく人間の姿というのは本当に醜いものです。国民新党として国民にこういう状態をお見せするのは残念なことですが、今はこれが現実です。

★詳細はURLをクリックして下さい。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】連立解消の理由について。
亀井亜紀子のホームページ
http://akiko-kamei.home-p.info/archives/1598

(その他のお知らせ) by akiko on 2012年3月30日(金) |

 昨晩の議員総会において、亀井静香代表から連立を解消する理由について説明がありました。

 消費税増税法案の閣議決定を了承するということは、この法案の成立に与党として責任を持つという意味なので、社会保障・税の一体改革大綱の閣議決定とは意味が違うこと、未来永劫消費税を上げるなとは言わないが、この任期中に消費税は上げないという国民との約束を裏切ることになるし、法案の中身についても問題がある、今は復興に専念すべき時であって、国民が苦しんでいる時に増税するわけにはいかないので閣議決定は了承できないということでした。どんなに言い訳をしても、また採決には反対だと言ってみたところで、嘘つきと言われることになるし、消費税増税法案を了承したという責任からは逃れられないので、ここはブレずに政党として恥ずかしくない行動をとりたいとの思いが伝えられました。

 また郵政改革法については、代表自らが大臣時代に提出した閣法は取り下げとなり、自公民が提出する議員立法が対案として提出されること、この法律については引き続き成立に向けて政党として努力すること、また議員立法なので政府は参考意見を述べるだけで直接的に関われない、よって連立に残っても残らなくても成立への影響はないし、目途は立ったので連立は解消したいとのことでした。

 私にとっては国民新党らしい明快な理由でした。綿貫民輔代表時代からの「ブレず、媚びず、奢らず」というスローガンそのままだと思っています。

 代表の決定理由は上記の通りであり、党首会談に則って連立解消をしたはずなのですが、現在所属する議員が政権にしがみついてしまった為、みっともないことになっています。結党時を知る者として、私は亀井静香代表の気持ちはよくわかるので、引き続き代表の立場をサポートしたいと思います。

★詳細はURLをクリックして下さい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】大阪地検犯罪を超絶する東京地検超巨大犯罪の闇
植草一秀の『知られざる真実』2012年3月31日 (土)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-be0e.html

大阪地検特捜部の元部長の大坪弘道(ひろみち)被告(58)と元副部長の佐賀元明(もとあき)被告(51)が、大阪地検特捜部元検事の前田恒彦氏(44)によるフロッピーディスク(FD)改ざんを隠蔽(いんぺい)したとされる事件で、犯人隠避罪に問われた元特捜部長らを懲役1年6カ月執行猶予3年とする有罪判決が3月30日、大阪地裁によって示された。
 
 判決は「組織や自らの地位を守るために部下の不正を隠した」と指摘した。判決はさらに、事件の背景に特捜部の「病弊」があったとして検察の体質を批判した。
 
 この判決に対して、無罪を主張した元部長らは判決を不服だとして即日控訴した。
 
 最大の争点は、元部長らが、厚生労働省元局長の村木厚子氏(無罪確定)に対する捜査を担当した前田恒彦受刑者(44)=証拠隠滅罪で実刑=の改ざん行為を認識していたかどうかだった。
 
東京地裁の岩倉広修(ひろみち)裁判長は、佐賀被告が2010年1月末に当時の部下の携帯電話で前田元検事と会話をした際に改ざんの報告を受けたことを事実認定した。
 
 佐賀被告は公判で電話の相手は別の検事だったと主張したが、別の検事が公判で「佐賀副部長が改ざんを知らされたのをそばで聞いた」と説明したと証言した。東京地裁はこの証言について「虚偽を述べる利害関係はない」と指摘し、現職検事たちの証言を信用できるとして、元部長らが証拠改ざんの事実を認識していたと判断した。

順当な判決だと言える。
 
 問題は、こうした証拠改ざんや犯人隠避などの犯罪が、偶発的、あるいは例外として発生したのかである。
 
 この問題を考えるのに最適な事例が、足元で露見している。
 
 関係者による証拠隠滅や口裏合わせなどを防ぐために、一刻も早い犯罪の摘発と強制捜査が求められているが、東京地検の行動はあまりにも遅い。
 
 元東京地検特捜部検事の田代政弘検事が、うその捜査報告書を作成し、これを東京第五検察審査会などに提出していたことが判明している。
 
 東京第五検察審査会はこのうその捜査報告書を基に、小沢一郎民主党元代表に対して起訴相当の議決を示し、その結果小沢一郎氏が起訴されるという事態が発生している。
 
 デュープロセスを欠いた刑事訴訟手続きが明らかになった場合には、当該刑事訴訟手続き全体が効力を失う。これが、デュープロセス理論の基本である
 
 うその捜査報告書が東京第五検察審査会に報告され、その結果として、小沢一郎氏が起訴されたことから、デュープロセスの基本理論により、小沢氏の起訴は無効になる。
 
 裁判所はまず、公訴棄却の判断を示すべきである。

日本の再生
著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する http://amzn.to/rVhoLp


問題の虚偽記載は、2010年5月17日に東京地検特捜部の田代政弘検事が、虚偽記載で逮捕、起訴された石川知裕衆議院議員に任意の事情聴取をした際に、石川氏が発言した内容を捜査報告書に記載したものである。
 
 この事情聴取は、東京地検特捜部が小沢一郎氏に対して2010年2月4日に不起訴の決定を示したことに対して、市民団体が2月12日に検察審査会に審査申し立てをしたことを受けて、東京第五検察審査会が4月27日に小沢氏に対して起訴相当の議決を示したことを受けて、東京地検が再捜査した際に行われたものである。



田代検事は石川議員に、「小沢氏に報告し了承を得た」との記述がある石川氏が署名し捺印した供述調書について質問し、その回答として石川氏が発言した内容として、捜査報告書に次の記載をした。
 
「私が『小沢先生は一切関係ありません』と言い張ったら、検事から、『あなたは11万人以上の選挙民に指示されて国会議員になったんでしょ。小沢一郎の秘書という理由ではなく、石川知裕に期待して国政に送り出したはずです。それなのに、ヤクザの手下が親分を守るためにウソをつくのと同じようなことをしたら、選挙民を裏切ることになりますよ。』と言われたんですよね。これは結構効いたんですよ。堪えきれなくなって、小沢先生に報告し、了承も得ましたって話したんですよね。」
 
 石川氏が田代検事による事情聴取の際に、上記のように発言して、供述調書に記載がある「小沢氏に報告し了承を得た」とする供述調書の内容を肯定したと、田代検事は捜査報告書に記載したのである。
 
 東京地検が捜査し、不起訴決定を示し、市民団体がこれを不服として審査申し立てをして起訴相当の議決をしたのは、秘書による虚偽記載事件について、小沢氏の共謀共同正犯を問えるのかどうかという問題である。
 
 検察は1年にわたる捜査の末に、小沢氏に共謀の罪は問えないとの結論を示した。これに対して東京第五検察審査会は4月27日に共謀の罪を問うべきとの結論を示した。
 
 そこで、東京地検が再捜査して、その捜査報告書を検察審査会に提出したのだ。
 
 検察の役割は、検察が不起訴としたものを検察審査会が起訴相当と議決したために再捜査して不起訴の理由を説明するものであるのが通常の対応である。
 
 ところが、上記の捜査報告書記載内容を見ると、明確に、小沢氏の共謀の罪を問える内容になっている。
 
 事情聴取を行い、石川氏が上記の内容を供述したことが事実なら、過去の経緯とは異なっても、上記内容を捜査報告書に記載することは間違いではない。
 
 しかし、石川氏が上記のような発言をしていなかったのに、上記の内容を捜査報告書に記載したのではまずい。

★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
『郵貯かんぽのカネが狙われてるのに何ねぼけたこと言ってんですか
http://www.youtube.com/watch?v=2VkpBPgBTvw&feature=player_embedded
TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
http://www.youtube.com/watch?v=G_mRJcdJpRg&feature=related
西部邁ゼミナール 2010年12月18日放送
http://www.youtube.com/watch?v=JcQnZ4ioiGo&feature=player_embedded
中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!
http://www.youtube.com/watch?v=nRmNJpUj5sI&feature=related
降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY
**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
**********************************************************
コメント

野田総理働きアリ を退治してシロアリの政治を実現???

2012-03-30 10:49:20 | 日記



□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

野田総理 シロアリを退治して働きアリの政治を実現
http://youtu.be/xhs-oAbukjg
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】「なぜ総理の言葉(シロアリ退治)に従って処分?:三宅雪子代議士
   晴耕雨読 2012/3/30 税制・年金
http://sun.ap.teacup.com/souun/7114.html

https://twitter.com/#!/miyake_yukiko35

> 消費税増税はデフレを加速化させるのでは? 格差是正に向け消費税増税の前に所得税等の見直し議論をすべきと思いました。また前提の社会保障改革の中身のしょぼいこと。制度維持だけでもお金がかかるのは~

加速させますから反対しています

くらます、会場から脱出という表現はすごく当たっている。 http://t.co/IO8SBvna

減税なきデフレ下の平成の大増税が国民生活にどんな影響を与えるかわかっております。

これから先10年・・・というインチキ目標(その10年の前に増税が来るし)に参加議員(反対派慎重派中間派100名以上)は騙されませんでしたが。

与党内強行採決は久しぶりらしい。

さすがに取り残された前原さんを見て民主党(執行部)は冷たいと思った次第。

8日間苦楽?を共にした政務官、事務局長、司会者にさえ置いていかれたんですから。

戻ってくるでしょ、フツ―

総理SPが会場の様子を探っていたので総理が前原さんがまとめられないと不安を抱いているとの話は途中からあった。

そんなことも前原さんを焦らせたのかもしれない。

石井さんが最後とはわかっていた。

それでも川内さんが質問機会をなんとか得て頑張った。http://t.co/XmYN8eWU

党議拘束と言っても。

野田さんは有名な『シロアリ演説』でやらないといったものは絶対にやらないんですとおっしゃっていました。

私は野田さんを尊敬申し上げているので野田総理に従いたいと思っています。

やらないといったらやらない、だそうですから。http://t.co/bAWBmQOs

> 前原議員は一任して、他の議員に置いてきぼりにされて、行方をくらまそうとしたら、武闘派?議員に襲われたって事ですか?不憫ですね;

一任してではなく一任されたと言い放ったが、会場の雰囲気を察知した役員らに見捨てられ側近3人組らの力を借りなんとか脱出

> 三宅さんはじめ大阪選出の辻さんもがんばっていたようですが

月曜日に一任の定義で何時間ももめたとき、辻さんが弁護士らしく論理的な説明反論で逆襲。

ああいえばフルモト(私が勝手に名づけました、古本さんすみません。

フルモト語録もあり)も言い返せず。

さすが辻さん。

> 三宅さん残念ながら違います。日銀出身の津村議員は財務省と同じ思考回路の持ち主です。彼はシロアリ退治は先送りし増税だけする事でシロアリを増殖させ公務員制度改革に手がつけられない状態の官僚国家にしたいのです

そうなの?津村さん

> 総理大臣閣下は「政治生命を賭けてやる」ともおっしゃってます。

川柳『ねじれ国会、いつまでもあると思うな、政治生命』お粗末でした。

> 景気条項について、推進派が「景気が好転したら増税」と抽象的な表現で切り抜けようとしているのに対し、反対派は「名目GDP3%成長という数値を入れろ」と主張しています。問題解決という点では、間違いなく反対派が正しいです。三橋貴明

(大)増税反対派の私でさえこうなのですから、賛成派の福山さんや津村さんの厳しい状況は想像できます。

強行打ち切りは総理にとっても皆さんにとっても印象が悪くまことに残念。

強行打ち切りに対する批判は思った以上に多い。

繰り返すがあと一歩だったので残念。

会議終盤どこかから大串政務官周辺に連絡が入り(前列の人が聞いていたので確実な話)石井一委員長が指名された(実際は川内さんが頑張り発言の機会を得た)石井さんで終わりというのはあらかじめ決まっていたよう。

> もう「自民党がダメだから民主党」とか「民主党がダメだから維新の会」とかの選択ではなく、自民党なら河野太郎、民主党なら川内博史、というように政党を超えて「国民のために活動している政治家」を個別に支持すべき。こうした議員に支持が集まれば、こうした議員が超党派で立ち上がってくれるはず。

> 最大の考え違いは国民との約束は神聖だという自覚がないこと。当選したら後は好き勝手やっていいのだと白紙委任状を貰った気になっている。詐欺フェストの裏切り者は地獄へ堕ちる

私は国民との約束は神聖だと思っています!

> 「税率増ではなく、税収増こそ必要」という議論は、「原子力ムラ」ならぬ「消費税ムラ」に取り込まれたマスコミは、決して取り上げないでしょう。しかし、今はネットがあります。「ニコ動等のネット放送」を使って堂々と主張してください。拡散します。

> 政治とは、そもそも論が大事。消費税増税にしても、TPPにしても、そもそも論がない。民主党がそもそも政権を取れたのは「国民の生活が第一」だったはず。そもそも消費税増税の前にやらなければならないことがあったはずではなかったか。

> 宮崎タケシ みのもんた氏が増税慎重派の主張に対し、「名目成長率というけど名目って言葉がいかがわしい。世の中、大切なのは実質でしょ」との趣旨の発言をしていたが、誤解を招きかねない。「より生活実感に近いのは名目」が、自民党時代から政府の見解だし、経済学的常識でもある

> 午前2時半。議論打ちきり。退出する前原政調会長につめよる議員たち t.co/uvrSOZxT

有田さんの写真の通り、私の認識は『詰め寄った』『もみあいになった』で乱闘ではありません。

残念なのは議論のみならず退出までもが強行退出だったこと

> 有田芳生「社会保障と税の一体改革」の議論。前原政調会長が官邸に呼ばれたので30分の休憩。内容についてここでは触れないが、ことは国民生活全般に影響する問題だ。「政治生命」どころか「いのちをかける」とまで豪語した野田総理は、このまま数多の疑問を封殺して正面突破をするつもりなのだろうか。

> 大串さんは元財務省ですよね。やはり省益のためにデフレで国民経済を破壊しても増税させたいのか?!

(再送)出身が抜けていました。

→ 某首相補佐官(長島昭久さんではない)は嘘つきだ。

(強行打ち切りのみならず強行退出は)よくない、戻るべきと言ったら、『わかってます。戻って話をさせます。大丈夫です』と言った。

信用したら、戻るふりして出た。

詐欺師だ。

私は同じ県出身の人間として悲しいみのさん、本当に知らないのかな。

まさか。

そうだとしたらちょっとこわい。

だってテレビを見ている人は『そうかな~』と思ってしまうよね。

強行打ち切りも悪いが、強行退出も悪かった。

前原さんが官邸で頑張ったのはわかっている。

あと5分辛抱して一度戻り、皆と話せばよかった。

こうした知恵がなぜ我が党にないのか。

> 本多平直代議士ですね。よく覚えておきます。

違います、って言ったらだんだん絞られるではないですか。

もうこれ以上答えません。

最近なぜかツイートの多くが私、津村さん、福山さん宛になっている。

消費大増税のご批判、私は甘んじて受けますがパイプなく総理には伝わりません。

福山さんと津村さんは側近なので伝わるかもしれません。

> 「【これは酷い】前原政調会長、増税会議を突然打ち切り逃亡」の記事を「Vote」しました http://t.co/t68PwMDa> 民主党の中にも川内博史さんや三宅雪子さんたちのように「国民の声を国会に届けよう」とがんばってくれている議員がたくさんいる。しかし完全に官僚に牛耳られてしまっている現在の民主党の中枢はそうした国民の声を封殺~

う、感激です。

でも力不足でごめんなさい。

> 先生みたいな方たちしか いないと思ってたから民主党に 投票したのに 平気な顔して お金もらってダム事業やらないと言ってた人がダム事業再開したり党内の話も聞かないで消費税通そうとしたりする人が 党内にいたら党内分離しちゃうですよね?

> 民主党敗れて三宅雪子あり。元の自由党に戻ってはどうでしょう

(? ?)あの~有難うございますと言ったらいいのでしょうか?

絶対数が多いので反対派に小沢グループが多いのは確かです。

マニフェスト堅堅派が多いからです。

しかし今回の消費大増税の賛否は個人個人で判断しています。

国民から選ばれたものとしてデフレ下の大増税(減税とセットではないのは初)に明確な景気条項などがないまま賛成できるわけがありません。

> 選出したのは皆さんだから誰にも信用されないですよ。避難民は被災先でたくさんの人に官邸のホロコースト的仕業を目の当たりにし~

もちろん投票していなくとも責任はあると思っています

> (略)経済好転の数値目標を条件とすると増税できなくなると言ったそうだが政府が新成長戦略で掲げているのが2020年までの平均で名目3%成長。政府が掲げる目標を達成不能と公言しているに等しい(略)名目3%成長を実現できていない国の方が少数派だ。

そうです

> まだまだ抵抗しろよ、消費税増税反対派。党派を超えて連帯して大不況突入を防げ。デフレ下で消費税増税して財政再建した国はない。財務省がいう増税で再建の例も一時減税をしている。

成長せずに増税は愚策中の愚策。

これからが勝負。

> 増税論議は民主内では予定調和で終わらせようという空気もあったようだね、予定調和や段取りの意味がわかっていない人が執行部やっちゃあいけないよ。

> 玉城デニー その会議に出てみれば、財務省からまともな返答なんかほとんどないことが分かります。庶民の今の生活を頭に入れず、国際社会が見ているぞとうそぶく議員がどれだけはびこっているかが分かります。そもそも会議に出なくても「上げられる景気状況じゃない」はずです。

前回3%から5%に上げた時に税収は大幅に落ち込み景気がそれから低迷した。

岡田副総理は、平成10年の予算委員会で当時の宮沢大蔵(当時は大蔵だった)大臣を追及し誤りだったと認めさせている。

私はそもそも反対だ。

私たちの代表がそもそもマニフェストに書いてないことは絶対にやらないと、言っている。

映像も残っている。

国のナンバー1と2がそうはっきり言っていることを鑑みても、仮に採決で反対しても造反にならない。

処分をされるとしたらお二人だ。

しっかりと映像が残っている。

代表選挙の演説ではすべてをやりつくしたあとに国民の皆さんに負担をお願い、続く続き、するかもしれないと言っていた。

すべてをやりつくしてないのでまだ消費大増税はするべきではないということだ。

議論に参加していたのは、最悪のケース(消費大増税になった時)の国民の皆さまのリスクを少なくするため。

しかし歳入庁の時期も外税内税問題も食料品の軽減税率もうやむやになった。

広報委員会の副委員長及び広報委員の辞任願いをさきほど高橋千秋広報委員長にお伝えしました。

消費大増税やTPP(シンポジウム)車座集会などの動きがこれから進みます。

辞任理由はそれらに反対の立場の者として、国民に対して広報するということは、有権者に対する背任行為だと思うためです。

> 民主党 山崎まや 消費税増税の前に議員定数削減法案の実現を。1期生議員有志87名で幹事長代行に申し入れ。総理を推す議員からもこのままでは法案採決で賛成できないとの意見も。

> 消費増税は、輸血の必要な患者からも血液を抜く行為である。

> 「平成22年度租税滞納状況」をマスコミは報道しない。コンセプトとはかけ離れた納税の実態がばれると困るからだ。全滞納額のうち消費税は約半分で、他の税目に比べて不自然に多い。元々貰っていない消費税を自腹を切って支払うのは「納税の仕組みに元々無理がある」事を如実に示す結果に他ならない。

広報委員会は4月が私のプレス民主の担当でした。

子ども手当もとい児童手当のPR。

委員会採決、本会議採決さえ賛成か否かで周囲ともめた経緯もあり、子どもを社会全体で育てるという概念から外れてしまったものを、私には『名前は譲ったが実を取りました』などと稀弁を弄することは到底できません。

> 「東京新聞筆洗」2005年1月の衆院本会議で小泉首相に野党だった野田氏が「消費税を上げ、医療費を引上げ、定率減税を引き下げ、風邪からか治りかけていた日本経済を肺炎にした。同じことを繰り返すのか」と、消費税増税に反対演説をした。

報道によると、執行部が早くも党議拘束をかけるとか、採決に造反すれば処分と言いだしたらしい。

こういところが幼稚だと思う。

マニフェスト案件であり、総理シロアリ演説もあり、岡田総理の平成10年の予算委員会での質問もあり、消費大増税に反対することは少なくとも『造反』ではないはず。

あと1時間でかとまるはずだった消費大増税案。

強行打ち切り、その後の強行退出。

私は、この法案に反対することは造反ではないと考えています。

ですから、私は今後大きな法案の譲歩がない限り、この法案には反対をしますが、処分は断固として拒否します。

総理はまだ政治生命をかけると言っている、もう瀕死の内閣なのに。

それにしても復興・復興が第一だたはず。

会議でも、被災地の太田和美議員から厳しくから言われて慌てて足された被災地に対する配慮。

きわめて不誠実なものだったので何回か修正が入った。

なぜ総理の言葉(シロアリ退治)に従って処分?

> 消費増税法案、一任で審査決着…三役会議へ : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) t.co/R7xsra6X民主党は名前と異なり民主的な政党ではない事を、国民に再認識させた顛末。

反対派ガ正論で賛成派の前原氏に一任などするわけがない。

多数決で決めるべき再送)消費税増税法案に反対する議員が処分に値するかどうか、私の事務所にFAXください。

03ー3508ー3613です。

イタズラはやめてね。

今回は真剣なもの。

私は消費税増税こそマニフェスト違反と考えています。

皆さんの意見は幹事長、政調会長に届けます。

マニフェストを守って、総理の白いアリ発言を守って、岡田さんの予算委員会での追求に忠実で、なぜ処分?> 処分されるべきはマニフェストも守らず、増税のみにひた走る増税賛成派や、いっこうに説明のないTPPを推進する議員です。

> 憲法51条にある。どんな表決をするのも認められなければいけない。

党の方針を言うなら、国民の信を受けているのは反対派の方です。

閣議決定したら、財務省は万歳三唱でしょう。

(再)消費大増税は誰も得をしない。

国民には大変な負担をお願いする。

党は強行打ち切り、強行退出で分裂の危機(あと1時間でまとまったのに)総理は不信任案を出されるかもしれない、国民新党は怒っている。

法案が通る可能性は少ない。

税収は100%と上がらない。

あ、財務省だけは得をする。

> 谷垣さんは、なぜ小沢グループ除名などというのか?内政干渉だ。反対議員をと言うなら100歩譲ってまだわかる。反対派の中から小沢グループだけ除名?総裁再任絶望とマスコミにいわれるからって無理がある。

谷垣総裁の記述に誤解が生じましたので修正いたしました

> 報道されてますよ。GJ!→http://t.co/VfPockFw

いつもお願いしていますが取材なしの報道は止めて頂きたい。

1本電話できないかなあ。

記者はどなただろう。

ご連絡ください。

しかも、無断引用はお断りしています。

写真もひどい(笑)(誤字再送)国民新党には申し訳ない。

郵政改革法案は私たちが最初に守らなくてはいけない約束だった。

一体何国会またいんだんだろう。

こんな嘘つき政党、誰も信頼しなくなる!! ああ、疲れているのか誤字が多く恐縮です・・・・。

今、民主党議員は皆消耗しきっています。

> > 広報副委員長辞任を伝達 反増税の三宅雪子氏 t.co/NLQ2uhUb> @miyake_yukiko35 議員はそこらの柔な議員とは違うのだ!なんたって我が石田博英先生の血が流れてるんだ!

小沢・・・の枕言葉がなくなり嬉しい 今回は私が正しい内容をツイッターで書いているので間違いはありません。

いつもお願いしているのは①かならず本人に取材をしてほしい。

②ツィッター、ブログの無断引用をやめて欲しい。

この2点。

ちなみに、小沢元代表には報告していません> ソクラテスやキリストもそう。

すごい勇気。

きっとこの後はうまくいきます。

本来、国民のための政治家のはずだもの。

ありがとうございました。

悪は自分の重さで落ちていく。

はい。

誤字直しました(笑)まあ、普段から粗忽なのでお許しください。

まだくたくたです。

8日間で44時間、私はすべて始めから終わりまで出ました。

予定はすべてキャンセル。

しかし、政治とは税だと勉強になりました。

時事にも報道が。

取材があったのは日経新聞サカグチ氏だけ。

TBSは事務所に問い合わせ。

ツィッタでいいことは正確にニュースが伝わること。

小沢氏に近いぐらいだったらまあ、いいかなと。

ちなみにこの件は単独行動。

時事さん!!電話ぐらいしてね。 t.co/8dTr8AK0

> 広報やめるんじゃなくて、党を離れるのが筋じゃないんですか? 党首が増税って言ってて、それを支持しないのに同じ党に居続ける方がおかしい。 反増税、言うのは簡単。やってみせてください。 期待してるんですが、ムリか...

違いますよ。

党をやめると党の全ての会議にでれなくなり、歳入庁外税内税問題も議論さえできなくなる、また情報もなくなる。

最近は、恩さん、わかって99%は離党するなですよ(笑)

★詳細はURLをクリックして下さい。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】「議事録全て公表すれば、「執行部が第一の議員」と「国民の生活が第一の議員」がわかる   :三宅雪子代議士」晴耕雨読 2012/3/30 税制・年金
   http://sun.ap.teacup.com/souun/7108.html 

https://twitter.com/#!/miyake_yukiko35

残念。

あと1時間あったら・・・。

今日、強く強く司会者に忠告したのだが、だめだった。

> もう民主党の増税反対派は増税反対党でも作っちゃえばよか。

> 宮崎タケシ代議士 むしろあの方々が増税日本を作れば良いと

> 馬淵澄夫 最悪の終わり方になってしまった。残念。

> 衆議院議員 京野きみこ 深夜2時過ぎ、突然議論の打切り宣言、同時に雛壇の幹部たちが一斉に席を立った。前原政調会長に、こんな終わり方は納得出来ない、と大勢の議員が詰め寄って大混乱の中、政調会長は武闘派に守られて、逃げ切り!増税反対派は無論のこと、推進派と中間派の中で、民主的な手続きを大事に考える方々は、政調会長の打切りに呆然として会場に残ってくれた。幹事長の元に代表して数人の方が、深夜に起きた事を報告に伺う。その帰りを待ってから帰宅。午前4時40分。こんな時間でも、町では多くの方々が働いている。

> 金子洋一・民主党参議院 消費税増税税調、26時20分ころ不可解なやり方で一方的にうちきられました。約半数、百名ほどの議員の猛反対を振り切って一任を取り付けたとしています。議論の途中でした。極めて残念です。

> 橘秀徳 衆議院議員   社会保障と税の一体改革合同会議は、前原政調会長が総理官邸に呼ばれ、一旦休憩。その前の執行部からの説明は、詳細に明らかに出来ませんが、ひどすぎ。これでは増税に賛成側の議員も、納得出来ないことでしょう。いくら何でも…。

> 民主党bot 党内強行採決: 本日午前2時40分頃、民主党政調会議において、とんでもない強行採決が行われました。非常に良い議論が出来つつあったのに、途中から、司会者が一切、政府や政調会長に答弁を促さず、勝手に意見表明をさせて置けみたいな進http://t.co/gqBprv0S

> 阿部雅彦 植草一秀「知られざる真実」多数決採決なき意見集約を民主的決定と言わない http://t.co/X9WGj13a

> 増税先行官僚寄生虫、選挙公約破り菅直人、野田一派議員を断じて許さない。不誠実議員の落選を!

本当にいい話を川内さんがしたのに、あと1時間我慢しまとめることができなかったのが残念およそ半分が(会議の強硬打ち切りに)反対。

その半分を『まとまらなかった人一部の人』と表現したのは残念。

とにかくこの事態の責任は半分は司会者の未熟さに尽きる(一生懸命やっていたので本当は言いたくないが・・・)

そして、雛壇の方々に置いていかれた(普通は守って出ると思う)前原さん・・・

> 岸本周平 社会保障と税の一体改革合同会議は、野田総理、岡田副総理、輿石幹事長、前原政調会長の4人で決定した経済好転を条件にする附則18条の修正案を提示し、本日午前2時15分に、政調会長一任を取り付けて終了しました。石井一参議院予算委員長の発言の後、前原政調会長が締めくくりました。

絶句・・・

> 日刊ゲンダイ 【消費増税法案】 大増税 強引幕引き 未明に「議論打ち切り」「増税強行」大混乱 慎重派の猛反発に前原政調会長トンズラ、輿石幹事長は形だけ調整 民主党は完全に終わった

> 日刊ゲンダイさんは唯一のまともな報道機関だな

岸本周平 代議士へ:今回あと一歩まで来てそれを壊してしまった司会の罪の重さは大きいです。

私は昨日朝注意したはずです。

もし、党が割れたら、割った歴史的な司会者になってしまいます。

ご苦労され大変な疲労の中頑張っておられらたのに本当に残念です、前原さんを見捨てたのは何故?

昨日の会議で残念だったこと。

マーケットが、総理がという話に何回も『国民のことを考えよう』という意見がでたのに黙殺されたこと。

側近の方々の『政調会長がここまでご努力されたから』(いつも同じ女性議員がまとめに入る→当然ブーイング)、で政治が決められていいのだろうか・・・。

昨日の会議の終わり方は最悪だった。

まずこれは全員が認め猛省をしなければいけない。

そして『自画自賛政治』から脱却しなければいけない。

昨日はいい議論を台なしにする終わり方だった。

前原さんの足りないところ、(僭越だが)をフォローしなかった(できなかった?しなかった?)雛壇の先輩達。

いい話し合いだった。

打ち切りは残念だった。

最悪の終わり方だった。

それだけです

やはり、会議フルオープンにすべき。

8日間で44時間。

確かに議論は尽くされたと思う方もいるだろう。

私も報道だけ見ていたらそう思うだろう。

しかし、だらだらと経済論を話す人(民主党は自称金融・財政通が多い)

「総理や政調会長のご努力」に敬意を延々と述べる人→私に言わせたら仕事なので当たり前。

この2つが民主党の会議を長引かせる要因。

あげた目標数値の前に消費税増税があるのだから笑い話のような譲歩案なのである。

議事録は何人か持っている。

全て公表すれば、「執行部が第一の議員」と「国民の生活が第一の議員」がわかる。

私は前原さんの考えに一定の理解を示したい。

厳密に言うと参加議員の半分は一任していない。

とはいえ党の最高責任者が決めたことが最終的なものになるのはルール。

まとまらなかったから、引き取らせてたぐらいの言葉ですませ、一任にこだわるからもめる。

報道で明らかに間違っている部分だけ指摘したい

時事通信の写真が一番あの場の雰囲気を表している。

(写っている議員含め)乱闘ではなく、もみあい。

一任は半分の議員からしかされていない。

会議は強引に打ちきられた。

賛成派、中間派の議員さえ司会に怒っていた。

役所出身、証券会社出身、銀行マン、が多いので演説大会になるんです。

経済に答があれば今日はありません。

前回の消費税増税では税収は上がらなかった。

デフレ下の減税なしの増税は未知の世界。

政調会長は権限があるということです。

どんな理不尽で横暴なこともできるんです。

その政調会長を任命したのは総理。

その総理を選んだのは私達国会議員。

(私は入れていませんが)一任を取り付けた、付けないというから混乱するんです。

一任なくてもいい立場という意味です。

> ということは、三宅さんは消費増税関連法案に最終的には賛成するわけですね。政治は最後は何を実現するかということですが、消費増税をすることに同意するということですよね。私はそう理解します。

意味がわかりません。

私は、TPP、消費増税反対派です。

消費税増税に関しては一言で言うと、税収が上がらないと思うからです。

> 増税より被災地復旧・復興の意見には同意です。しかし、国民の声を無視して、「命懸け」で増税を推し進める民主党には呆れます。これは、いわば自己満足でしかありませんよね。最近の情勢、失望する事が多すぎる。でも、三宅先生の情報横流し?は大変有り難いです。

与党内強行採決は久しぶりらしいですね。

取り残された前原さんを見て民主党(執行部)は冷たいと思いました。

何しろ、8日間苦楽?を共にした政務官、事務局長、司会者にさえ置いていかれたんですから??

> 津村啓介 ①責任与党として法律(附則104条)を守る義務がある、②現職総理の施政方針演説は重い、という主張です。今日も議論しましょう。

津村さんが言っているのは、当然、マニフェストを守り「国民の生活が第一」の前提にたった上でのことです。

これは全民主党議員共通です。

ただ、会議では立場もあるため発言が違ってきてしまうのです。

> 私も同感です。議事録は全て公表した方がいいと思います。国民にも知らせた方がいいです。

議事録と言っても、党のもの、まめな議員が録音、記録したもの、様々あります。

フルオープンにするのがフェアでしょうね。

帰宅。

今日、私の目の前で同期議員が『三宅さんのツイッター楽しみなんだよね』と言いながら読んでいてヘンな気持ちになった(笑)いいけど。

大物議員の秘書、大体どうして大物議員秘書が自分だと思うのか私には不思議なのだが、絶対に自分のことは書くなという。

そんなこと言ったらもっと書くもんね。

>> 昨日の強引な議事進行を司会に抗議。司会いわく、自分は司会、議長は前原さん。前原さんが終わるといった瞬間会議は終わらせるとのこと。「小学校のホームルームでも、株主総会でも同じだ」

> 民主党、小学校レベル“

司会者が、です

> 結局、消費税増税の方向に行くんですかね

行く人は行く。私は行きません。行く人を止めるのみです。平成の大増税反対。

> デフレで不景気の時代に消費税という構造的問題は話しあわず,単に税率だけで話し合って結局増税決定というのは歴史の教科書に載りそうですね.残念です.不眠不休お疲れ様

構造的問題、何回もでました。聞く耳持たず。言うだけ言わせて疲れさせろ、だったのかなと

★詳細はURLをクリックして下さい。
□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】大義も正義もない消費増税提案は国民が否定する   植草一秀の『知られざる真実』2012年3月30日 (金)
   http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-6b4c.html


 いよいよ政局が動き出す。

 焦点は消費増税である。
 
 メディアは財務省TPR(TAXのPR活動の名目で財務省が展開する大掛かりな言論統制活動)の影響を受けて、増税推進だが、世論は明らかに野田消費増税に批判的である。
 
 増税そのものには理解を示すが、野田佳彦氏の国民裏切り、ペテン増税には強い憤りを感じている。
 
 民主党内の状況は2対1で増税反対が多いと思われる。
 
 最大の理由は、民主党議員で消費増税賛成者は、次の選挙で強烈な「落選運動」を展開される可能性が極めて高いからだ。
 
 可能性というよりも、少なくとも本ブログは落選運動を展開する。
 
 ネットの情報伝播力は極めて大きくなりつつある。
 
 うそつき代議士、二枚舌代議士、ペテン師代議士、と宣伝されまくれば、当選の見通しはまるで立たなくなる。

 谷垣首相での連立を野田民主党が打診して谷垣が受ければ、谷垣がその瞬間に終わってしまう。
 
 したがって、自民が消費増税賛成に回ることができるのは、話し合い解散の場合だけだろう。
 
 結局、話し合い解散になる。
 
 最大の敗北は野田民主になる。国会過半数を占めるのは、消費増税反対勢力になるだろう。
 
 そうなると、消費増税反対勢力による連立政権が編成される可能性が高い。

 誰がどう見ても、野田消費増税に正統性はない。
 
 民主党は党議拘束だなどと言っているが、少数意見を党の決定にした「非民主的」意思決定で決められた消費増税に反対しての処分はあり得ない。
 
 国際アムネスティに提訴するべきだ。
 
 正義は明らかに消費増税反対論にある。
 
 主権者国民は正義を支えなければならない。 
 
 
 閣議決定で国民新党は政権離脱の構えだが、利権派議員は与党残留を希望する。事務的にどのような手続きになるのか、現段階では判明しがたい。
 
 民主党内の小沢氏グループは内閣および党の役職から離れる方針を固めた模様である。
 
 民主党内の勢力分布では、恐らく反対多数になるだろう。
 
 したがって、法案成立は難しい。
 
 そうなると、裁判所カードを利用するリスクが生まれる。
 
 小沢氏無罪の判決が小沢氏有罪に書き換えることだ。
 
 しかし、実体上の無罪はすでに皆が知っている。
 
 そのなかで有罪が示されれば、批判の向かう先は、裁判所ということになる。大善文男裁判長が弾劾されるだろう。


★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
『郵貯かんぽのカネが狙われてるのに何ねぼけたこと言ってんですか
http://www.youtube.com/watch?v=2VkpBPgBTvw&feature=player_embedded
TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
http://www.youtube.com/watch?v=G_mRJcdJpRg&feature=related
西部邁ゼミナール 2010年12月18日放送
http://www.youtube.com/watch?v=JcQnZ4ioiGo&feature=player_embedded
中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!
http://www.youtube.com/watch?v=nRmNJpUj5sI&feature=related
降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY
**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
**********************************************************
コメント

TPP : アニメで見るNAFTA10年早わかり 多国籍企業による世界奴隷化計画

2012-03-29 11:21:11 | 日記

□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou
TPP : アニメで見るNAFTA10年早わかり 多国籍企業による世界奴隷化計画http://youtu.be/wdwwePJQvYc



「農業関連大手モンサント社の恐怖の収穫」(1)
http://www.youtube.com/watch?v=V-ESDpUrKck
「農業関連大手モンサント社の恐怖の収穫」(2)
http://www.youtube.com/watch?v=f58-ToNpdNo&feature=related
「アグリビジネスの巨人"モンサント"の世界戦略」の紹介
http://www.youtube.com/watch?v=kmwczeLR2Uw&feature=related

モンサントと農民自殺
http://www.youtube.com/watch?v=246VHBgsXHo&feature=related

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】総選挙で大量落選するのは「非民主」党議員だ 植草一秀の『知られざる真実』2012年3月29日 (木)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-52a1.html

財務省のTPR(TAXのPR活動の名目で財務省が展開する大掛かりな言論統制活動)にひれ伏す大半のマスメディアは、ジャーナリズムの本来の役割を顧みることもなく、ひたすら、「シロアリ退治なき消費増税」の強行実施に向けての世論誘導を図っている。

 
 3月以降の世論調査は明らかに人為的な手が加えられたものである。
 
 野田内閣の支持率は一段と低下しているはずだ。
 
 それを、各報道機関が人為的に操作して数値を発表している。
 
 メディアの世論調査を取り締まる法律がないことから、基本的にはやりたい放題のことが行われている。
 
 それでも、野田内閣がいま進めている「シロアリ退治なき消費増税」についての数値では、反対が過半数を超えている。
 
 人為的な操作では追いつかない数値なのだ。

国民は、見るべき点をきちんと見ている。

 
 野田内閣の消費増税に国民がなぜ反対なのかと言えば、野田内閣の消費税増税提案には、正統性がかけらも存在しないからである。
 
 国民のすべてが消費増税に反対というわけではない。消費増税が将来的には必要であると考えている国民は決して少なくない。
 
 また、いま、谷垣自民党が消費増税を提案するなら、賛成する者はもっと多いはずだ。
 
 しかし、野田佳彦氏が提案する消費増税にはどうしても賛同できない。
 
 そう考える国民が圧倒的に多い。

理由は単純である。野田佳彦氏のものごとの進め方が、民主主義の基本ルールに反しているからだ。
 
 第一に、野田佳彦氏は2009年8月15日の街頭で、「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」と明言した。
 
 これが民主党の政権公約である。この方針を前面に掲げて民主党は選挙を戦った。国民はこの公約を踏まえて民主党に大量の票を投じた。
 
 この約束を民主党が守ることは、基本の基本である。
 
 第二に、野田氏は「社会保障と税の一体改革」と言っているが、民主党提案に社会保障改革の具体的提案は盛り込まれていない。
 
 単なる増税の提案が示されているだけなのだ。
 
 第三に、日本経済、世界経済が極めて不安定であるのに、景気悪化への配慮が示されていないことだ。
 
 景気条項でもめたが、数値基準を設けないということは、景気が悪くても増税を実施することを宣言していのに等しい。

決定的かつ致命的な間違いは、民主党内の事前審査で、多数決採決を採らなかったことだ。多数決を採れば、おそらく反対多数で否決されていただろう。

 
 しかし、だからと言って多数決を採らずに、少数意見で党の結論としてしまったことは、民主党が民主主義を採らないことを決定したことを意味する。
 
 この瞬間に民主党は終わった。
 
 誰もこの「非民主」党を支持しない。
 
 
 連立与党の亀井静香氏が国民新党のなかで孤立していると新聞が騒ぎ立てている。しかし、亀井氏に心配はいらない。亀井氏が間違っているのではなく、下地氏が間違っているのだ。
 
 連立政権の利権に浸かって痛いために、消費増税賛成に回る下地氏を、国民新党の支持者がきわめて厳しい目で見つめていることに下地氏は気付かないようだ。
 
 亀井亜紀子政調会長はテレビの討論番組でも、堂々と正論を述べている。誰も反論できない。
 
 
 選挙を実施すれば、主権者国民は必ず、正論を堂々と述べる人間を支える。
 
 目先の欲得に目がくらみ一番大切な主権者国民との約束を忘れる、踏みにじる者には、厳しい鉄槌が食らわされるだろう。  
 
 だから、亀井静香氏は何も心配する必要がない。
 
 新党結成が亀井静香氏抜きで行われることになれば、この新党は、必ずこけるだろう。新党ができても、単なる古い自民党ができるだけであるのは明白だからだ。
 
 亀井氏を中核に取り込んで、「シロアリ退治なき消費増税」を阻止して、初めて新党は国民から評価されるのだ。

★詳細はURLをクリックして下さい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】◎ 政 治 ◎ 国民新党の分裂?
ブログ « 城内実のとことん信念ブログ 2012年3月29日
http://www.m-kiuchi.com/2012/03/29/peoplesnewpart/

 国民新党の自見大臣は明日の閣議で署名をするのだろうか。郵政改革と同時に消費税引き上げ反対の党是の国民新党は今またさき状態にある。
 郵政改革を優先すべきだから消費税引き上げに反対だけれども与党に残るべしというグループとこんなに景気が悪いのに消費税を引き上げを云々したら日本経済はめちゃくちゃになるから連立離脱すべしというグループとに二分されているようだ。
 どちらの立場も分からないではないが、民主党内の小沢派の動きといい、ますます政局となってきている。

★詳細はURLをクリックして下さい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】「[民主党] 未明の大混乱 武闘派議員がつかみ合い 党職員はマスコミ排除 (日刊ゲンダイ) 」  晴耕雨読 2012/3/29 税制・年金
http://sun.ap.teacup.com/souun/7105.html

[民主党] 未明の大混乱 武闘派議員がつかみ合い 党職員はマスコミ排除 (日刊ゲンダイ)  投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 28 日 から転載します。

[民主党] 未明の大混乱 武闘派議員がつかみ合い 党職員はマスコミ排除 2012/3/28 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ

 反対派は緊急声明

大紛糾した増税法案の事前審査会議。執行部側の強引な打ち切りを予測していた小沢グループは、前原政調会長が「一任を得た」と部屋から出ていくのを阻止すべく待機していた。出入り口付近に極真空手の経験者など「腕に覚えアリ」の武闘派議員を配置していたのだ。

一方の執行部側も、体育会系の議員を会議に派遣。会議打ち切りを宣言した前原が、野田側近に守られながら脱出を試みると、双方つかみ合いの乱闘騒ぎになった。

人気blogランキング www3.nhk.or.jp/news/html/20120328/t10014015751000.html
 
 「民主党の消費税率を引き上げるための法案の事前審査で、前原政策調査会長は、新たな修正案を示したうえで、今後の対応について一任を求め、抗議の声も上がる中、28日未明、議論を打ち切りました。
 これに対し、消費税率の引き上げに慎重な議員らは『議論は尽くされていない』などとして強く反発しています。」
 「焦点となっている『景気弾力条項』について、『消費税率の引き上げにあたっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、平成23年度から10年間の平均で、名目で3%程度、実質で2%程度の経済成長率を目指した望ましい経済成長のあり方に早期に近づけるための必要な措置を講じる』などとして、数値は盛り込んだものの、引き上げの直接の条件とはしない形としています」等々。

 つまり、この段階のNHKのニュースでは、民主主義の基本である多数決で決めたのでなく、一方的に議論を打ち切り、今後の対応について「一任」を求めたことが、そして、景気弾力条項についても歯止めになる保障がないことも、明白です。

 しかし、その後、遅くとも夜に入って以降のラジオ放送では、冒頭に触れた朝日新聞の報道と大差ない内容となっている。昼間に、非民主的やり方で決められたことを知らせないようにするため、民主党執行部あたりからNHKに対して、何らかの申し入れ(圧力)があったと推察せざるを得ない。このこと事態、由々しきことである。

 ところで、なぜ、前原らは、怒号の中、敢えて「一任取り付け」という非民主的方法を断行し、強引に閉会したのか?

 答えは単純明快! 多数決では執行部提案が否決されるからだ。
これまで、国会の答弁も含めて、野田や岡田らは、民主党議員の過半が消費税増税に賛同していると強弁していた。であれば、臆することなく、多数決で決めれば済むことだったのだ。しかし、多数決で決めなかったことは、国会の答弁も含めて野田や岡田らの発言が実態と異なる強がりに過ぎなかったことを示している。

 そのことはまた、事前審査の閉会後に残った議員数が100名を超えていたことからもうかがえる。ちなみに、最後の会合への参加者は200余名と伝えられている。

 「一任取り付け」を強行した後の、輿石幹事長や馬渕国交大臣らの言動も腑に落ちない。

 問題は深刻である。民主党内のことに過ぎないと思えないからだ。

 「一任取り付け」という非民主的やり方は、菅前政権以来の民主党執行部の常套手段であることだ。
 加えて、野田政権の下で、国民の「知る権利」を侵害する恐れのある「秘密保全法案(仮称)」の検討が議事録も作成せずに進められていることである。野田総理らの所業を看過・座視していると、民主主義と相容れない、独裁・ファッショ化の途を突き進み、将来に禍根を残すことになろう。

★詳細はURLをクリックして下さい。


中森明菜 「別れの予感」
http://youtu.be/HXa-HoItAlo
********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
『郵貯かんぽのカネが狙われてるのに何ねぼけたこと言ってんですか
http://www.youtube.com/watch?v=2VkpBPgBTvw&feature=player_embedded
TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
http://www.youtube.com/watch?v=G_mRJcdJpRg&feature=related
西部邁ゼミナール 2010年12月18日放送
http://www.youtube.com/watch?v=JcQnZ4ioiGo&feature=player_embedded
中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!
http://www.youtube.com/watch?v=nRmNJpUj5sI&feature=related
降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY
**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
***********************************************************

コメント

小沢氏と陸山会の、土地取引をめぐる Q & Aほか

2012-03-28 20:24:51 | 日記

□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou


小沢氏と陸山会の、土地取引をめぐる Q & A
http://www.youtube.com/watch?v=DrhpefW0g-U&feature=player_embedded
完全なる冤罪 「小沢氏とカネの問題」を斬る
http://www.youtube.com/watch?v=VrA9ajh3eK8&feature=player_embedded

小沢氏側の起訴議決無効の提訴について。- 2010.10.14
http://www.youtube.com/watch?v=UDEhhnPR5m8

西松事件初公判は誰を裁く裁判なのか
http://www.youtube.com/watch?v=yt7erl-lzrI&NR=1


□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】審議打ち切りを了承と書く痛い朝日の大本営ぶり
植草一秀の『知られざる真実』2012年3月28日 (水)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-c9ea.html

非民主党が非民主的に消費増税論議を打ち切った。

 野田佳彦体制が素性を表した。

 野田佳彦氏は必ず、この夏までに退陣に追い込まれることになるだろう。本ブログ・メルマガ予言の的中率は極めて高い。

 民主主義政党である条件は、民主的プロセスを踏んで意思決定をすることである。
 
 議論に何時間をかけたのかはまったく関係ない。
 
 議論が出尽くして、なお、決着を付けられないときに、多数決で決定するのが民主主義。
 
 多数決によらずに決定するのが非民主主義である。
 
 TPPも消費税も、いずれも非民主的決定を行った。
 
 今後、党名を民主党とするのは詐称になる。
 
 非民主党が正式名称になる。

朝日新聞が誤報を流している。
 
「民主、消費増税修正案を承認」
 
の見出しを付けている。
 
 完全な誤報だ。
 
 素案も大綱も事前審査も、すべて同じ。
 
 多数決採決を行っていない。
 
 なぜ行わないか。
 
 反対多数だからである。
 
 反対多数のことがらを決定するのは民主主義でない。
 
 独裁制である。


閣議決定では国民新党が連立を離脱する。
 
 野田佳彦氏は自民党の賛成で衆議院可決を実現できると考えているが、考えが甘い。衆議院で可決できない。
 
 なぜなら、非民主党のなかの民主党議員は全員反対に回るからだ。
 
 非民主党内の非民主党議員だけが賛成に回る。
 
 自民党も一枚岩でない。
 
 解散総選挙が確約されないのに、消費増税賛成に回る議員は少数だ。


日本の再生
著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


消費増税が可決される唯一の可能性は、「話し合い解散」だけだ。
 
 これなら自民が乗る。
 
 しかし、総選挙後、消費増税反対勢力が衆議院過半数を握る。したがって、消費増税法は凍結される。
 
 増税は白紙に戻される。

解散総選挙になる場合、民主党は二つに割れる。消費増税反対派は、民主党正統、社会民主党、国民新党、新党きづな、新党日本、新党大地、日本共産党、みんなの党、大阪維新の会、自民党上げ潮派による連合軍
 
 消費増税賛成派は、非民主党、旧自民党、公明党
 
になる。しかし、公明党は流動的。
 
 この対立で考えると、消費増税は白紙に戻される。
 
 民主党は多数の民主党正統とごく少数の非民主党に分裂する。
 
 民主党議員で消費増税に賛成する議員は次の選挙で全員落選する。したがって、多数の民主党議員は民主党正統に雪崩を打つ。
 
 非民主党で消費増税に賛成するのは、次の選挙落選覚悟の現非民主党執行部に限定される。


【送料無料】日本の独立
販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 場合によっては、消費増税法案が否決されて、解散総選挙または、野田内閣総辞職になる可能性もある。
 
 野田首相の辞任が秒読み体制に入った。
 
 野田氏が延命する可能性はゼロであると思われる。
 
 民主主義の世の中で、民主主義を否定したら終わりだ。
 
 そんなこともわからない人物は早く首相を辞任してもらいたい。これが、国民の切実な声だ。
 
 藤井裕久氏は完全に老害の領域に入ってしまった。晩節を汚すとはまさにこのことを言う。



「なにわ市民セミナー団」、
「市民が訴える「大阪宣言」の会」共催シンポジウムの概要
 
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002073489P0050001P006001P0030001
 

●題 名:The Symposium in Naniwa 
検察・司法、マスコミを改革せよ!

  
●期 日:平成24年3月28日(水)

 
●時 間:午後6時30分~(午後6時開場)

 
●会 場:浪速区民センターホール 
〒556-0023 大阪市浪速区稲荷2丁目4番3号

 
●入場料:お一人1.500円
     前売り1.400円(但しファミマ、セブンのみ)

 
●出演者:生田 暉雄氏/弁護士(元・大阪高裁判事)
     平野 貞夫氏/日本一新の会・代表(元・参議院議員)
     植草 一秀氏/政治・経済学者(元・早稲田大学教授)
     八木 啓代氏/健全な法治国家のために声を
             あげる市民の会・代表(歌手・作家)

 
●主 催:なにわ市民セミナー団

 
●共 催:市民が訴える「大阪宣言」の会

 
●後 援:日本一新の会
     健全な法治国家のために声をあげる市民の会

 
●協 賛:志 信 会・都一新の会・日本一新の会なにわ
     小沢一郎衆議院議員を支援する会
     ネットメディアと主権在民を考える会

 
●協 力:討論Bar“シチズン”・ 街カフェTV・ツイートTV

★詳細はURLをクリックして下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】「「小学校のホームルームでも、株主総会でも同じだ」え!党の会議の重さは違うと思うけど:三宅雪子代議士」 晴耕雨読 2012/3/28 税制・年金
http://sun.ap.teacup.com/souun/7100.html

https://twitter.com/#!/miyake_yukiko35

> 党内ルールと民主主義がない未熟な党ですね。ただ、他の政党も同じですが。

いや、ある意味あります。

常に主流派、偉い人に従う。

(私は従いませんが)

> 「条件」闘争ではなく、原則論の戦いだったはず。そこが原点。国民(の一部)はじっと見ている。

ご承知おきの通り私は原則論者なので、(そもそも、が口癖)条件闘争には加わりますがそれはセーフガードとしてです。


> 増税反対派の 発信力が弱いのでは。→消費増税 小沢系反発に国民嫌気 合同世論調査 民主支持ワースト - MSN産経ニュースhttp://t.co/gENTV92f

まさに世論操作だと感じますが、会議をフルオープンにすべきと思うのはまさにこういうことが起きるからです。

発言している人は多種多様な人ですし、グループも様々です。

これは党内抗争ではなく国民的議論です。

昨日の強引な議事進行を司会に抗議。

司会いわく、自分は司会、議長は前原さん。

議長たる前原さんが終わるといった瞬間会議は終わらせるとのこと。

「小学校のホームルームでも、株主総会でも同じだ」え!国会の党の会議の重さは違うと思うけど。

岸本周平代議士宛て:

に司会という大変な激務、お疲れさまです。

ただ、この会議の運営が民主党の運命を左右します。

何とか、昨日(今日)のようなことのないよう、丁寧で公平な議事進行をお願い致します。

> 常々、小中学生に見せられない国会放送と思っていましたが、その他の会議も同様ですか?

そうですね。

私から見たら。

> 津村啓介①責任与党として法律(附則104条)を守る義務がある、②現職総理の施政方針演説は重い、という主張です。今日も議論しましょう。

附則104条にはしばられないと判断しています。

終わってないなら法制局呼んでやりましょう!

総理の決断は重い、しかし、国民の皆さんの命はそれ以上に重い。

国民を第一に考えましょう。

追加、重要な法律という認識に違いはないのですから3月末には拘らずいい法律を作ることに時間をかけましょうよ。

津村さんも福山さんも総理の言葉より国民の命が大切なことには異論はないですよね?

間違った判断を正すのも私達の役目です。

歳入庁の時期や外税内税問題は繰り返し山田さんらが主張されていますが明確な答がない。

これなくして一任は断じてできません。

また、なぜ3月末までなのか?

104条にも景気が好転したらと書いてあります

> もしここで消費税増税だけやったら民主党は旧社会党と同じ道をたどるでしょう。公務員制度改革や歳入庁の創設は必須です。今ならぎりぎり方針転換できます。お願いしますよ。

その通り。

命懸けで取り組むべきは、増税ではなく、復興・復旧。

今日の会議は19時半から。

ということは、朝方までは覚悟しておこう。



★詳細はURLをクリックして下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】「世界に伝える 「陸山会事件は冤罪 地検特捜部を刑事告発
(田中龍作ジャーナル) 」 
晴耕雨読 2012/3/26 検察・司法・検察審査会
http://sun.ap.teacup.com/souun/7081.html

世界に伝える 「陸山会事件は冤罪 地検特捜部を刑事告発」(田中龍作ジャーナル)  投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 25 日 から転載します。

世界に伝える 「陸山会事件は冤罪 地検特捜部を刑事告発」 2012年3月25日 08:34 田中龍作ジャーナル

 東京地検特捜部が陸山会事件の取り調べをめぐって仇敵小沢一郎・元民主党代表を強制起訴するために『検察審査会を悪用して違法な画策』をしたとして市民団体が去る1月12日、最高検に刑事告発した。

 日本の司法が暗黒化しつつあることを国際社会に報せなくてはならない。冤罪事件に対する抗議活動を続ける別の市民団体が、この刑事告発を英訳し世界に発信した。


 Citizens Group Accuses The Prosecutors Over The Rikuzankai Case

 Ryusaku Tanaka’s Journal, January 12th of 2012

 On January 12th, a citizens group known as the Citizens Group Raising
Voices To Defend The Constitution (representative: Nobuyo Yagi),
consisting of lawyers, writers and scholars, brought charges against
the Tokyo District Public Prosecutors Office Special Investigation
Division to the Supreme Public Prosecutors Office for misguiding the
Prosecution Inquest Committee.

 The charges are as follows:

(1). Construction company officials testified to the prosecutors that
they did not make any illegal donations to Congressman Ichiro Ozawa,
indicating his possible innocence. However, the prosecutors did not
submit written statements of these hearings to the Prosecution Inquest
Committee although they had to. This act is considered a fraudulent
obstruction of business
(Penal Code 233).

(2). The written statement taken from Congressman Tomohiro Ishikawa, a
former secretary of Mr. Ozawa, states that after hearing the
prosecuter preach on how lying on the behalf of a superior is
yakuza-like and a betrayal to the supporters, Mr. Ishikawa finally
admitted falsifying political fund reports under Mr. Ozawa’s approval.
However, it turned out that this written statement was fabricated by
Prosecutor Masahiro Tashiro, after Mr. Ishikawa’s secret recording of
his conversation with Mr. Tashiro was presented at the court. Mr.
Tashiro’s act is against Penal Code 156 and 158.

 Deliberately or not, the Tokyo District Public Prosecutors Office
Special Investigation Division did not submit written statements
indicating Mr. Ozawa’s possible innocence to the Prosecution Inquest
Committee. Instead, they submitted the aforementioned fabricated
statement written by Mr. Tashiro, and it is believed that, as a result, Mr. Ozawa wasindicted by the Prosecution Inquest Committee.

 Moreover, there is a suggestion that the members of the Prosecution
Inquest Committee were selected using an intentionally glitched voting
machine which is designed only to select socially inexperienced young
people.

 What’s even more surprising is that the Prosecution Inquest
Committee’s hired lawyer, in the position of giving advices to the
committee members on whether to indict or not, was replaced by another
lawyer who is said to be affiliated with opponent politicians of Mr.
Ozawa.

 The Citizens Group Raising Voices To Defend The Constitution has
conducted a tremendous amount of research, proving how desperately the
people behind the Prosecution Inquest Committee were trying to indict Mr. Ozawa.

 One of the prosecutors evensaid that even if the prosecutors can’t indict Mr.Ozawa, theProsecution Inquest Committee surely will.

 It seems that the judicial and the administrative powers these days
don’t even hesitate to bend rules and laws if that’s what it takes to
get rid of political figures they target.

 Well, let’s see if the Supreme Public Prosecutors Office has the
courage to press charges against it’s subsidiary organization. Nobuyo
Yagi, the representative of the Citizens Group Raising Voices To
Defend The Constitution, stated that she hopes that the Prosecutors
Office is functional enough to clean up it’s own act, and live under
rules and laws.


      ◇

「陸山会事件の強制起訴はデッチあげ」 市民団体が特捜部を刑事告発
2012年1月12日 18:53 

 検察が目論んだ完全犯罪が音を立てて崩れ始めた。東京地検特捜部が陸山会事件の取り調べをめぐって仇敵小沢一郎・元民主党代表を強制起訴するために『検察審査会を悪用して違法な画策』をしたとして市民団体が12日、最高検に告発したのである。

 告発したのは弁護士、作家、学者・研究者などで組織する「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」(代表:八木啓代さん)。告発状によると特捜部の罪状は――

 1)検察官がゼネコン関係者を取り調べた結果「小沢議員に対して裏献金をしたことはない」という供述内容であった。検察当局はそうした供述調書を捜査記録(不起訴記録)として検察審査会に送付する必要があったのにもかかわらず、除外して送付した。これは偽計業務妨害罪(刑法第233条)にあたる。被告発人は未詳=特捜部の某氏ら。

 2)石川知裕衆院議員は「検事から『ヤクザの手下が親分を守るためウソをつくのと同じようなことをしたら選挙民を裏切ることになる』と言われて『小沢先生に虚偽記載を報告し了承を得た』」と供述したとされるが、その捜査報告書は田代政弘検事が捏造したもの。虚偽有印公文書作成罪(刑法第156条)、同行使罪(刑法第158条)にあたる。被告発人は田代政弘検事。

 何が何でも小沢氏を強制起訴に持ち込みたかった東京地検特捜部は、小沢氏に有利となるような供述調書は検察審査会に送付せず、有罪の心証を色濃くするような捜査報告書を捏造して送付したのである。

 検察審査会の審査員選定をめぐっては、インチキソフトの存在が指摘されている。審査員は社会経験の乏しい30歳台(平均年齢)になるようソフトに仕掛けがされていたというのである。

 さらに驚くべき事実がある。起訴すべきかどうかを議決する素人審査員に助言を与える審査補助員(弁護士)リストのトップは、検察審査会のあり方に疑問を呈していた弁護士だった。ところがこの弁護士は外され、小沢氏と敵対する政治家とのつながりが指摘される弁護士が審査補助員となったのである。

 要するに陸山会事件をめぐる検察審査会の強制起訴とは次のようものだったのである――

 ▲検察にとって目の敵である小沢元民主党代表に有利となるような供述調書は「検察審査会」に送付せず、▲有罪心証を刷り込めるような供述は捏造して「検察審査会」に送付する。▲「検察審査会」の審査員は社会的経験が乏しい若者が選ばれるよう選定ソフトに仕掛けが施されていて、▲素人審査員に助言を与える審査補助員(弁護士)は、強制起訴のあり方に疑問を呈する弁護士を外し、▲小沢氏と敵対関係にある政治家とのつながりを指摘される弁護士をあてる。

 今回の告発は弁護士グループが中心になって丹念に事件を調べあげた。それだけに検察審査会が、何が何でも小沢氏を強制起訴するような仕組みを作っていたことが手に取るように分かる。「検察が起訴できなくても、検察審査会が強制起訴する」―こう嘯(うそぶ)いた検察の捜査関係者もいたというから呆れる他ない。

 目障りな政治家は葬る。そのためにはデッチあげでも何でも手段を選ばない。法治国家の土台を検察・司法自らが崩しているのである。

 お身内の犯罪を最高検察庁が果たして処理できるだろうか?東京地検特捜部と田代政弘検事を最高検に刑事告発した「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」代表の八木啓代さんは「検察の自浄能力に期待したい。これが正念場」と一縷の望みを託した。
 

コメント
01. 2012年3月25日 11:07:47 : Auf57GphYk

 快哉!

 国民主権を・代議制民主主義を標榜しながら、陸山会事件・小沢裁判に係る検察の組織的違法行為に関する告発、司法の検察審査会等への異常対応や政権与党幹部の謀略疑惑、極度に達した大手報道機関の偏向報道等が繰り広げられる異様な政治・行政状況を、国内への周知だけでなく、海外へも周知すべきと考えてきましたが、海外への周知については、能力的な限界もあって、思うに任せませんでした。

 この投稿のように、海外への発信が続出することを期待します。

02. 2012年3月25日 11:11:59 : OTOSIyOeKE
>世界に伝える 「陸山会事件は冤罪 地検特捜部を刑事告発」

 こういう方法も有るのですね、素晴らしい!

03. 2012年3月25日 11:18:31 : h21cmJnBOw
有罪なら国連の人権委員会へ提訴だね。

04. 2012年3月25日 11:36:58 : T306ySFwbI
どんどんいきましょう。

アメリカだけでなく、ヨーロッパ、アジアもいきましょう。

留学生に翻訳してもらえばいいのです。

円高のご時勢、広告投稿もそれほど費用はかからないのでは?

それから、特に法律関係の世界の雑誌なども効果的と思います。

★詳細はURLをクリックして下さい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】今朝の「東京新聞」に「最高裁事務総局スキャンダル」が取り上げられた。検察審査員を選ぶ「イカサマ・ソフト」をめぐる最高裁事務総局を舞台にした組織的犯罪の全貌が明らかになる日も近い。日本国民なら、是非、読むべし。いよいよ、「検察スキャンダル」「最高裁スキャンダル」は大手マスコミにまで広がろうとしている。むろん、朝日、読売、毎日、産経も、後を追わないわけにはいかないだろう。今までのように、「検察スキャンダル」「最高裁スキャンダル」を無視・黙殺し続ければ、共犯関係や背後関係を疑われるのは必至だろう。ところで、テレビ朝日の「ワイドスクランブル」で、元通産官僚で現在大阪市顧問、そして「ワイドスクランブル」のレギュラーコメンテーターも務めているらしい古賀某が、「消費税増税」「TPP」「原発再稼働」等をめぐる反政府的(反野田的、反財務相的・・・)発言が原因かと思われるが、突然、番組降板を宣告されたらしい。それに対して、古賀が、ツィッターでその「コメンテーター首切り宣告」を暴露したところ、反響が大きく、テレビ朝日は、急遽、その決定を「取消し」たらしい。この「コメンテーター降板騒動」によって、日頃から指摘されていたことだが、某筋からのテレビに対する情報工作、情報操作、情報弾圧の実体が暴露されたと言っていい。やはり、そうだったのだ。テレビのコメンテーターなどというものは、テレビ局側の言いなりにしゃべらされている「ロボット」であるということは、単なる噂やガセネタではなかったのだ。
文藝評論家 山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』2012-03-26
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20120326


★最高裁のシステム 落札率高止まりのワケ

2012年3月26日


 最高裁判所発注のコンピューターシステム関連の一般競争入札で「一社応札」が続出し、100%を含む高い落札率が大半を占めていたことが明らかになった。最高裁は談合や予定価格の漏えいを否定し、「システムが特殊なため参加業者が少なくなる。現状ではやむを得ない」と主張する。しかし、予算の原資は国民一人一人の税金。落札率高止まりに本当に改善の余地はないのか。 (上田千秋)
★詳細はURLをクリックして下さい。


********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
『郵貯かんぽのカネが狙われてるのに何ねぼけたこと言ってんですか
http://www.youtube.com/watch?v=2VkpBPgBTvw&feature=player_embedded
TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
http://www.youtube.com/watch?v=G_mRJcdJpRg&feature=related
西部邁ゼミナール 2010年12月18日放送
http://www.youtube.com/watch?v=JcQnZ4ioiGo&feature=player_embedded
中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!
http://www.youtube.com/watch?v=nRmNJpUj5sI&feature=related
降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY
**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
***********************************************************
コメント

嘘の捜査報告書作成か小沢事件取調べ検事を聴取

2012-03-27 21:40:47 | 日記

□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

嘘の捜査報告書作成か小沢事件取調べ検事を聴取(12/02/24)
http://youtu.be/GawKtTkcF7o 


■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
【●】東京地検特捜部組織ぐるみ犯罪を直ちに立件せよ
植草一秀の『知られざる真実』2012年3月26日 (月)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-e310.html

4月26日に小沢一郎氏に対する公判の判決が示される。

 小沢一郎氏は東京第五検察審査会の二度にわたる起訴相当議決によって起訴され、現在公判審理の対象になっている。
 
 しかし、この東京第五検察審査会の審査に重大な影響を与えた公的文書の一部に不正なものが含まれていることが判明した。
 
 東京地検特捜部が作成した捜査報告書に重大な虚偽記載があり、この虚偽記載された捜査報告書が大きな誘因となって、小沢氏に対する二度目の起訴相当議決が行われたことが判明している。
 
 したがって、東京第五検察審査会による起訴相当議決は、その決定の正統性を失うことになり、この検察審査会議決に基づく公判は、公判請求の根拠を失うことになる。
 
 その結果、公訴は棄却されねばならないだろう。
 
 その場合、検察審査会への審査申し立てが再び行われる可能性があるが、検察審査会が適正な審査を行う限り、再び起訴相当の議決を示す可能性はないと思われる。

焦点は検察の犯罪である。
 
 村木厚子さんの冤罪事案では、大阪地検特捜部の検事前田恒彦氏が証拠品のフロッピーディスクを改竄するという犯罪を行ったことが判明し、前田氏は現在、刑に服している。
 
 前田氏は証拠改竄の事実を上司である大坪弘道前特捜部長と佐賀元明前副部長に報告したが、この二名の上司は、改竄の事実を聞きながら、この事実を隠蔽した罪を問われ、現在、公判係争中である。判決は3月30日に示される予定である。
 
 村木さん事件では、改竄された証拠は、結局、公判に提出されなかった。したがって、直接的には公判には影響していない。それでも、検事が証拠品を改竄したことは重大な犯罪であり、実刑という重い判決が示されることになった。
 
 今回の捜査報告書のねつ造は、検察審査会が小沢氏に起訴相当議決を行う決め手になった書類のねつ造である点で、村木厚子さん事件とは比較にならないほど重大なものである。
 
 事案の内容を十分に認知していない人も多いと思うので、その概要を簡単に記述する。
 
 この事案は、いわゆる「陸山会事件」と呼ばれている事案に関するものである。
 
 2004年10月に小沢氏の資金管理団体が世田谷の不動産を購入した。代金決済は10月に行われたが、不動産の移転登記が完了したのは2005年1月だった。
 
 小沢氏の資金管理団体では、この不動産取得を2005年として届出をした。不動産購入資金は小沢氏が銀行から借り入れた資金であり、これも収支報告書に事実通り記載された。
 
 このなかで、検察が問題にしたのは、次の二点だ。
 
 ひとつは、不動産取得の届け出を2004年にするべきだった。
 
 もうひとつは、4億円の銀行融資を受けるにあたって担保として差し出された小沢氏提供の4億円の授受を収支報告書に記載すべきだった。
 
 詳細を知らない国民は、事実を知ると唖然とすると思われる。

テレビや新聞の報道などを聞いていると、小沢氏の事務所がとてつもない犯罪行為を行い、それが摘発されたかのような錯覚に陥るが、事実を聞いてみると、どの行為のどの部分が犯罪とされるのか、見当すらつかない。
 
 その通りである。裁判には会計学の専門家が証言したが、上記のケースで、不動産取得の届け出を2005年とするのは、常識的な対応であることが示された。犯罪どころか、常識的な対応であると指摘されたのだ。
 
 また、不動産の取得資金は銀行借り入れであり、担保として提供された資金は、預り金であって、収支報告書に記載する必要のないものとの主張には合理性があり、これを「犯罪」だとするには無理がありすぎる。
 
 収支報告書への記載について、当局の解釈と会計責任者の解釈が異なる場合は、過去にもいくらでもあった。また、閣僚が選挙区の公共事業事業者から政治献金を受け取った事実が判明したことも枚挙に暇がない。
 
 こうした事案でさえ、過去のケースではすべて、献金を返納したうえで、収支報告書の修正で問題は処理されてきた。これを、小沢一郎氏のケースに限って、「犯罪」として取り扱うのは、誰がどう見ても「法の下の平等」に反すると言ってよいだろう。
 
 だが、これらの形式的な問題であっても、その裏側に、裏金受領とか、賄賂の授受などという、実質的な犯罪が存在する場合には、話が変わってくる。
 
 検察は、その「実質的犯罪」を発掘しようと、1年がかりで、違法と言える強制捜査を繰り返し、「小沢と検察の全面戦争だ」との認識の下で捜査を尽くした。
 
 しかしながら、実質的犯罪を発掘できず、また、虚偽記載の共謀も立証できないとして、小沢氏に「不起訴」の決定をしたのである。これは、検察審査会が「起訴相当」の議決をした後でも変わらなかった。

そのなかで、2010年2月から9月にかけて、東京地検特捜部が、組織ぐるみで巨大犯罪に手を染めていった。東京第五検察審査会を用いて、小沢氏を強制起訴に持ち込むとの方針が定められ、重大な犯罪が実行されていったのである。
 
 すでに、一部の事実関係は明らかになっており、市民団体による刑事告発も行われている。証拠書類の保全などを図る意味でも、迅速な捜査、迅速な犯人逮捕などの措置が取られなければならない。
 
 事件のマグニチュードは、村木事件の比較にならない。村木事件がマグニチュード7だとすれば、今回の事件はマグニチュード10に匹敵すると言ってよいだろう。
 
 当局の動きが遅ければ、メディアが独自に情報を収集して、連日、一面トップで報道するべき事案である。
 
 また、国会議員が、連日、国会でこの問題を追及して当然のことである。
 
 強制捜査が遅れれば、証拠の重要書類が隠滅される恐れが極めて大きくなる。
 
 検察の巨大犯罪摘発の世論をネットから一気に高めてゆく必要がある。



「なにわ市民セミナー団」、「市民が訴える「大阪宣言」の会」共催シンポジウムの概要。
 
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002073489P0050001P006001P0030001 

●題 名:The Symposium in Naniwa 
検察・司法、マスコミを改革せよ!

  
●期 日:平成24年3月28日(水)

 
●時 間:午後6時30分~(午後6時開場)

 
●会 場:浪速区民センターホール 
〒556-0023 大阪市浪速区稲荷2丁目4番3号

 
●入場料:お一人1.500円
     前売り1.400円(但しファミマ、セブンのみ)

 
●出演者:生田 暉雄氏/弁護士(元・大阪高裁判事)
     平野 貞夫氏/日本一新の会・代表(元・参議院議員)
     植草 一秀氏/政治・経済学者(元・早稲田大学教授)
     八木 啓代氏/健全な法治国家のために声を
             あげる市民の会・代表(歌手・作家)

 
●主 催:なにわ市民セミナー団

 
●共 催:市民が訴える「大阪宣言」の会

 
●後 援:日本一新の会
     健全な法治国家のために声をあげる市民の会

 
●協 賛:志 信 会・都一新の会・日本一新の会なにわ
     小沢一郎衆議院議員を支援する会
     ネットメディアと主権在民を考える会

 
●協 力:討論Bar“シチズン”・ 街カフェTV・ツイートTV

★詳細はURLをクリックして下さい.

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】 小沢一郎排除の理由はずばり・・・・。 (No.19678 への返信) - 世直し大工
平成海援隊Discussion BBS政治議論室
http://www3.rocketbbs.com/731/bbs.cgi?id=liberal7&mode=res&no=19680


小沢一郎排除の理由は、小沢一郎が民主党代表で居座られると困る人間である。
 答えは簡単で、民主党の現執行部である。

 考えても見て欲しい。
 小沢一郎を訴えているのは誰か? 検察当局ではない。検察は「小沢一郎」を起訴できないとして訴訟を取り下げた。既に検察が起こした裁判では無罪が確定したがその判決を不服とした警察審議会が「小沢一郎」を最起訴した。検察審議会は名前こそ「検察」としているが検察とは一切関係が無い一般市民の弁護士集団である。
この裁判は小沢一郎弁護団と小沢一郎を憎む弁護士集団の戦いである。
 この裁判の本当の狙いは小沢一郎の動きを封じることである。
小沢一郎の活動を封じてメリットが有るのは誰か?
自民党などの野党勢力ではない。

 党員資格停止処分にしたのは誰か?

 検察審議会の指定弁護士を選んだのは誰か?

犯人は「民主党内」にいる!!

★詳細はURLをクリックして下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】民主党 世論調査第2弾で「落ちる」と出た人
【政治・経済】ゲンダイネットShare 2012年3月23日 掲載
  http://gendai.net/articles/view/syakai/135804

2~6回生も総崩れ

<小宮山厚労相も真紀子議員もピンチ>

 これでは野田ドジョウ首相は絶対、解散などできないだろう。
 民主党は昨年末、衆院小選挙区支部長の1年生議員104人について選挙情勢を世論調査したが、先月末から今月にかけて、当選2~6回の小選挙区支部長約130人について同様の調査を実施した。対象議員に22日、結果データが手渡されたが、予想以上の厳しい結果に、党内に動揺が走っている。政権交代の突風で勝っただけの1年生と比べ、中堅・ベテランの2~6回生は底力があるとみられていたが、とんでもなかった。現状で相手陣営を上回っているのは全体の半分程度にすぎなかったようなのだ。
 例えば、大臣経験者では国家公安委員長を問責された山岡賢次副代表(68・栃木4区)は大差で引き離されているというし、田中慶秋副代表(74・神奈川5区)、池田元久前経産副大臣(71・神奈川6区)、首藤信彦テロ特委員長(66・神奈川7区)のベテラン勢も総崩れ。民主党が強いはずの都市部でこれじゃあ、世話はない。
 有名どころも盤石ではない。
「これまで圧倒的大差で敵を寄せ付けなかった田中真紀子元外相(68・新潟5区)が、今回の調査では大きく差を縮められていたそうです。さすがに負けることはないでしょうが驚きです」(民主党中堅)
 東京では海江田万里前経産相(63・東京1区)がほぼ横一線。小宮山洋子厚労相(63・東京6区)もリードはわずかだという。小宮山といえば、東京で菅前首相、長妻元厚労相に次いで選挙に強いといわれてきた。しかも現職大臣なのに、このテイタラク――。小宮山でこうなのだから、あとは推して知るべしだ。
「1年生議員の厳しい情勢を聞いていたので覚悟はしていましたが、実際に自分の選挙区の状況を見せられると愕然としますね。完全に政権交代以前に戻ってしまっている。ただ、あの時は民主党は上り調子だったので、負けていても挽回は難しくなかった。今の民主党には上がり目がない。今後ますます厳しくなっていくのでしょう」(当選2回の議員)
 景気対策や震災復興を後回しにして、国民の5割以上が反対している消費税増税だけに血道を上げる党首では、民主党議員はお先真っ暗だ。

★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
『郵貯かんぽのカネが狙われてるのに何ねぼけたこと言ってんですか
http://www.youtube.com/watch?v=2VkpBPgBTvw&feature=player_embedded
TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
http://www.youtube.com/watch?v=G_mRJcdJpRg&feature=related
西部邁ゼミナール 2010年12月18日放送
http://www.youtube.com/watch?v=JcQnZ4ioiGo&feature=player_embedded
中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!
http://www.youtube.com/watch?v=nRmNJpUj5sI&feature=related
降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY
**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
***********************************************************
コメント

独裁気取りは狂っている

2012-03-27 21:12:12 | 日記

□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou
吉田拓郎 私は狂っている
http://youtu.be/fIiZSBSeBsk



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】閣議決定 先送り もう野田首相の負けだ【政治・経済】ゲンダイネットShare3 2012年3月23日 掲載
  http://gendai.net/articles/view/syakai/135806

消費税引き上げ 党内攻防

<小沢周辺は「詰んだ」と自信>

 これはもう「勝負あった」のではないか。
 増税に“政治生命”をかけている野田首相が23日の閣議決定を断念した。増税法案の党内事前審査は連日、議論が紛糾。何ひとつマトモに決まらない状態が続いているからだ。
「増税推進派と反対派の意見は平行線で、党内の全員が納得できる結論など出しようがありません。こうなると、決着のつけ方は2つしかない。『十分に議論は尽くした』と、どこかで打ち切って閣議決定してしまうか、野田首相が増税法案を引っ込めるかです」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)
 野田はかねて「3月中に増税法案を提出する」と宣言していた。「不退転の決意」とも言った。それで当初は今月13日の閣議決定を目指していたのだが、反対意見が多いのでズルズル延び、党内の事前審査が始まったのが14日。この時点では、3日間で議論を終え、23日に閣議決定する青写真を描いていた。「逆算すると、年度内に法案を提出するリミットが23日」(民主党執行部)だったからだ。
 ここへきて、執行部は「年度内に閣議決定」と微妙に表現を変え、こっそりハードルを下げているが、それにしても残された時間は少ない。
 不思議なのは、あれほど今月中の法案提出にこだわっていた野田に、焦るそぶりが見えないことだ。
 26~27日には、核安全保障サミットに出席するため訪韓する。何より大事な増税法案が大詰めを迎えるというのに、ノンキなものだ。
「官邸は方針転換したのです。輿石幹事長をはじめとする党幹部が、期限を区切らずに徹底的に議論をすればいいというスタンスを取っていることもあり、持久戦でいくことにした。だから、前原政調会長も急いで取りまとめようとしない。官邸は、とにかく党内で議論を尽くしてガス抜きすることが大切で、場合によっては年度をまたいでもかまわないと考えているようです」(政治ジャーナリスト・角谷浩一氏)
 連日連夜の会議を続けて、反対派が根負けするのを待つ作戦のようだが、野田はやっぱりアホだ。自分で自分の首を絞めている。
 野田が年度内に法案を提出する根拠にしてきたのは、麻生政権時代に成立した「改正所得税法」の付則104条だ。〈遅滞なく、かつ、段階的に消費税を含む税制の抜本的な改革を行うため、11年度までに必要な法制上の措置を講ずる〉とある。
 この付則に「縛られている」と言って、増税法案の提出を急いできたのではなかったか。
 年度をまたげば、いま増税を議論する大義名分がなくなる。増税法案提出のためだけに存在していたような野田はレゾンデートルを失うし、自民党時代に作られた付則を盾に、野党に賛成を迫る戦法も取れなくなる。
 かといって、党内議論を打ち切って年度内に強行突破すれば、小沢グループは猛反発。執行部はそれを非難しようにも、自分たちに瑕疵(かし)があれば、身動きが取れない。小沢周辺は「詰んだ」と言っているが、その通りなのだろう。
 頼みの自民党にも足元を見られ、党内をまとめることもできず、袋小路に迷い込む――。財務省に操られた小物首相の限界がハッキリ見えた。
.
★詳細はURLをクリックして下さい。

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
【●】多数決採決なき意見集約を民主的決定と言わない
植草一秀の『知られざる真実』2012年3月27日 (火)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-77a2.html

消費増税を論議している民主党の党内事前審査が大詰めを迎えている。

 野田佳彦氏、岡田克也氏が、党内の民主的なプロセスを踏んで熟議を重ねて決定すると言うなら、最後は、誰にでも「民主的なプロセスを踏んだ」と公言できる、無記名の多数決採決を行う必要がある。
 
 無記名である理由は、民主党の執行部が党費を使って買収工作を進める動きが表面化したからである。
 
 党費といっても、政党助成金であるから、国民が拠出したお金である。
 
 このお金を、国民生活を苦しめる消費増税に賛成するなら提供するなどというのは、言語道断の卑劣な行為である。
 
 これが、「政治とカネ」問題の本質だ。
 
 カネの力で正義を歪め、政策を歪めるのである。
 
 現在の民主党執行部の大半は、この世の屑である。
 
 存在しない方がよいレベルのものだ。
 
 消費増税に賛成するなら300万をやるが、反対するならやらないなどの対応を取るどこに、清潔な政治、自由を尊重する政治があるというのだ。


そもそも、消費増税は国民との契約に反する施策である。野田佳彦氏自身が「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしいんです」と声を張り上げたのではないか。
 
「社会保障・税一体改革」と言いながら、社会保障改革はもぬけの殻ではないか。
  
 経済情勢を無視して巨大増税を強行実施すれば、間違いなく経済が崩壊する。そうなると税収が激減する。増税したのに税収が減って財政赤字が増えるという経験を何度繰り返すのか。
 
 2011年度中に税制上の措置を講じると法律に定めたのは、2012年度に増税を実施することを念頭に置いたからである。
 
 いま論議しているのは2014年度以降の増税についてであり、いま消費増税の法律を成立させる理由は皆無である。

あの菅直人氏でさえこう言っていたではないか。大きな税制改革を実施する場合には、必ず、その前に総選挙で国民の判断を仰ぐと。
 
 2014年度以降の消費増税。その前に必ず総選挙がある。
 
 主権者国民は2009年8月総選挙でも、2010年7月参院選でも消費増税反対の意思を明確に示している。
 
 民主党と主権者国民の契約、約束、マニフェストは、「シロアリ退治なき消費増税阻止」というものだ。
 
 野田佳彦氏がどうしても、「シロアリ退治なき消費増税」を実施しようというなら、まず、マニフェストの偏向を主権者国民に通告する必要がある。
 
 そのうえで、総選挙で、主権者国民の判断を仰ぐ必要がある。

野田佳彦氏も岡田克也氏も勘違いをしてはいけない。国民の誰一人として、野田氏や岡田氏の独裁政治を認めてはいないのだ。
 
 主権者である国民は、マニフェストという契約書に基いて、いま、民主党を政権与党として採用している、雇っているのだ。雇用条件は、ただひとつ。契約内容を責任を持って実行すること。
 
 契約に反する行動を示すなら、総理であろうが、副総理であろうが、解雇、くびだ。総理も副総理も主権者である国民から見れば、吹けば飛ぶ存在であることをよく自覚するべきだ。


日本の再生
著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


王様は国民。国会議員は王様のために働く僕(しもべ)であることを忘れてはならない。
 
 そして、もうひとつ、忘れてならないことがある。
 
 私たちは、ものごとを決めるためのルールを持っている。
 
 皆が異なる多様な意見を持っている。
 
 しかし、ものごとを決定して前に進めてゆくには、どこかで決定しなければならない。
 
 決定できる政治が必要だ。
 
 私たちが採用している民主主義では、最後は、一人一票の権限を定めて、多数決で決定することを根本ルールに置いている。
 
 新人議員も一人一票、党の代表も一人一票。民主主義のルールで重要なことはこの部分だ。人の間に格差を設けないこと。誰もが等しく一人一票の決定権を持つことを根本ルールに置いている。
 
 この一人一票のルールで多数決採決し、多数意見を最終決定にする。
 
 これが民主主義のルールである。

【送料無料】日本の独立
販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する


 したがって、民主党が消費増税問題について、民主的なプロセスを経て決定するためには、最後は、公正な無記名投票による多数決採決を行うことが必須の条件である。
 
 このプロセスを経ないで決定した結論は、「民主的なプロセスを経ずに決定した結論」であり、正統性の根拠を持たない非民主的な結論でしかない。

★詳細はURLをクリックして下さい.

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
【●】この増税は国民のためではない まるで独裁気取り野田政権 (日刊ゲンダイ) ★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 27 日
http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/173.html

この増税は国民のためではない まるで独裁気取り野田政権
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5364.html
2012/3/26 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ

国のためと偽って政治家と役人の利権維持と都合のために強行されるファッショ政治

野田首相がホントにヤバくなってきた。尋常ではない。24日の講演で消費税増税法案について、「政治生命をかけて、命をかけて、今国会中に成立させる」と明言したのである。

消費税増税は、国民がお願いしていない天下の悪法だ。われわれの暮らしも国の行く末もおかしくなる。トチ狂ったドジョウは、そんなものに勝手に命をかけるという。身を投げ出して禁忌を犯す気なのだから正気の沙汰ではない。

この日は「年度内に法案を提出しなければ、国会審議で与野党で向き合う決勝の前に、準決勝敗退だ。そんなことはあってはならない」とも強調。承認手続きが長引いている民主党の合同総会を刺激するのだから、さすがに党内でも浮いてきた。仕切り役の前原政調会長でさえ、「デフレから脱却しない限り、増税できないのは当然だ」と前のめりの増税断行と距離を置く。反対派との妥協点も探りながら進めているが、野田は「ちゃぶ台返しをして後退させる議論はない」と問答無用である。

まるで独裁気取り。TPPについても「日本はポール・マッカートニーだ。アメリカはジョン・レノンで2人がきちっとハーモニーしなければならない」と、ワケの分からない説明でニヤリとする。大麻所持の現行犯逮捕で国外退去処分にした人物に例えるセンスのなさ。しかも、TPP議論に参加している国は4つではない。ビートルズを持ち出す必然性はゼロだ。とてもじゃないが、理解を得ようという姿勢ではない。
これが野田の正体だ。違う意見は何だかんだとすべて蹴散らす考えである。

【増税だけが目的の税と社会保障の一体改革を問答無用と一方的に押しつけ国民をバカにしナメ切っている】

【年金の全体像も低所得層の救済措置も何ひとつ明確にせずに危機の最中になぜ増税ばかりに熱中しているのか】

◆消費税増税のツケ回される弱者

今増税を強行するとどうなるのか、結果は明らかだ。経済ジャーナリストの荻原博子氏が言う。
「消費税増税の断行は、中小・零細企業を潰しますよ、ということ。消費税はみんなが負担するわけではありません。弱者が払うのです。消費税分を転嫁したくても、客相手の小売業は難しい。下請けも、取引先に拒否されるでしょう。大手企業は、増税分は中小・零細に押しつけて知らんぷり。ただでさえ電気代が大幅に引き上げられようとしているのだから、税率アップは死活問題になります。いったい政府は何を考えているのか。最優先で取り組むべきは、日本の稼ぐ力を回復させることです。米国のクリントン元大統領は、減税をやって大赤字から脱出しました。それなのに野田首相は、まったくアベコベのことをやろうとしているのだから、呆れてしまいます」

先週、みんなの党の松田公太参院議員は国会で、「たった2%の増税でも非常につらかった」と97年の税率アップを振り返り、「1日300人のお客さまが1割減る。それだけで損益分岐点を割る会社がたくさんある」と主張した。タリーズコーヒージャパンを設立した創業者。ナマの経済を肌で知っているだけに説得力があるが、ドジョウの耳に念仏だった。

その先に光が差すのなら、負担も我慢できるかもしれない。しかし、負担増のあとの景気減速は15年前に経験済みだ。しかも、「税」と「社会保障」の一体改革といいながら、後者は自公政権がやろうとした愚策を踏襲するだけ。前者の低所得者の救済措置も「将来やる」とお茶を濁す。マニフェスト破りのウソつき政党の約束を、いまさらだれが信じるというのか。国民をバカにし、ナメきっている。まったくふざけた政権だ。

◆日本人だけが騒ぐ日本の財政危機

野田は、国民の将来のためとか何とか言って、増税を正当化している。兄貴分の藤井裕久党税調会長も24日の別の講演で、「財政規律がこれ以上崩れるとギリシャになる」と危機をあおった。
冗談ではない。「危ない、危ない」と騒いでいるのは、一部の日本人だけだ。日銀の資金循環統計によると、海外投資家が保有する日本国債の残高は、11年末で78兆円で、1年前から4割近く増えている。日本国債は安全安心。借金なんて心配ない。これが正当な評価である。

株式評論家の倉多慎之助氏が言う。
「金利を考えれば、日本国債にうまみはありません。しかし、価値は下がらない。天井に張り付くとみているのです。ギリシャは金利が高かったが、国債を買うのはバクチみたいなものでした。日本のそれとは全然違います。日本が危ないと騒いでいるのは日本人だけ。先行き不安な欧米先進国に比べて、安心できる投資先になっているのです。中国も、米国債から日本国債にシフトを始めている。海外投資家はフェアで冷静な判断を下しています」

政府は借金の金額ばかりを強調するが、半面、金融資産も510兆円ある。純債務は400兆円を超える程度だ。大した資産もないギリシャとの比較はムリがある。
「日本国債は円建てだから、もし崖っぷちに追い込まれるようなことがあったとしても、日銀がせっせと円を刷れば返せるのです。一方のギリシャは旧通貨のドラクマではなく、ユーロ建てで発行している。だから、ニッチもサッチもいかなくなったのです」(荻原博子氏=前出)
大騒ぎする方がおかしい。

◆「不況上等」の増税で得するのはだれか

やはり、この増税は国民のためではない。野田政権は「つらいことだが、国のためにやらなければならない」というポーズを取っているが、真っ赤なウソだ。
「不況上等」で増税して、いったいだれが得をするのか。答えは明らかである。
経済ジャーナリストの松崎隆司氏が言う。

「増税は財務省の悲願です。橋本政権で5%にアップした後も、繰り返し増税にトライしてきました。ただ、本腰を入れてくれる政権がなかったり、あっても短命で断念続きです。カネは、彼らの力の源泉。税収が増えれば、それだけ力も増す。省内には景気優先の“上げ潮派”もいますが、“財政規律派”の陰に隠れて息を潜めているのが現状です」

ほかの省庁も増税は大歓迎だ。歳入が増えて予算も増えれば、あれこれ理由をつけて天下り団体にカネを回せる。もっともらしい口実で事業をでっち上げ、新たな天下り先の確保も可能だ。

な~んにもしなくても、歳費や諸手当でフトコロが潤う政治家も同じ。定数削減だとか歳費削減だとか、口ではエラソーに言っているが、だれも本気ではない。庶民からカネを吸い上げて、おいしい汁をすするのである。
なにしろ、復興増税が決まるまで半年間も本格的な復興予算を組まなかった連中だ。虫の息で助けを求めている人に、「返済方法は? それが決まらなければカネは出さないよ」と突っぱねたのである。血も涙もないとは、このことだ。彼らは国のためとか、国民のためとか、これっぽっちも思っていない。

野田政権の増税強行は自分たちのため。国や国民のためというのは偽りだ。こんなファッショ政治、許してはいけない。

★詳細はURLをクリックして下さい.

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
『郵貯かんぽのカネが狙われてるのに何ねぼけたこと言ってんですか
http://www.youtube.com/watch?v=2VkpBPgBTvw&feature=player_embedded
TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
http://www.youtube.com/watch?v=G_mRJcdJpRg&feature=related
西部邁ゼミナール 2010年12月18日放送
http://www.youtube.com/watch?v=JcQnZ4ioiGo&feature=player_embedded
中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!
http://www.youtube.com/watch?v=nRmNJpUj5sI&feature=related
降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY
**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
***********************************************************

コメント

Cocco / ジュゴンの見える丘 【VIDEO CLIP SHORT】

2012-03-25 19:59:03 | 日記


□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

Cocco / ジュゴンの見える丘 【VIDEO CLIP SHORT】

http://youtu.be/RSyNqcrsTi4

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】防衛局がジュゴン確認、昨年5月 普天間移設で生息影響も
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/03/2012032401000898.htm

環境省のレッドリストで最も絶滅のおそれがある種に分類されたジュゴン=2005年7月、沖縄本島北西部沿岸(環境省提供)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設予定地に隣接する海域で、沖縄防衛局が昨年5月に絶滅危惧種のジュゴンが泳ぐのを確認したほか、さまざまな場所に現れる可能性を示し「今後の行動範囲を注視する必要がある」とする調査報告書を作成していたことが24日、共同通信の情報公開請求で分かった。
 移設に向け防衛局が沖縄県に提出した環境影響評価(アセスメント)評価書は、ジュゴンの生息域を限定的に捉え、影響は「ほとんどない」としていたが、あらためて懸念が示された形だ。
 調査はアセスの対象期間(2007年度~10年度)より後で、評価書には反映されていない。


2012年03月24日土曜日

★詳細はURLをクリックして下さい

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】ムネオの日記*2012年3月24日(土)鈴木宗男
http://www.muneo.gr.jp/diary/diary_top.html

 23日、大阪地裁は内閣官房報償費(官房機密費)を一部情報開示する判決を出した。国民の税金である以上、官房機密費も国民に対して説明責任、情報の透明性は当然である。判決の中で支払先の氏名や名称、資金提供の具体的な目的については「非開示対称」としたのも外交、安全保障の観点から秘密保持に配慮している。
 官房機密費が本来の国益のために使われているのであれば問題ないが、沖縄知事選挙や国政選挙に使われてきたのはとんでもない事である。
 民主党は野党時代「機密費流用防止法案」を出し、鳩山代表(当時)は情報の公開を徹底的に求めるといっておきながら政権交代後、平野官房長官(当時)は「そんなものがあるんですか」と、開き直っていた。
 自民党政権時代、官房機密費が外務省から官邸への上納はないと言ってきたが、2010年、私の出した質問主意書に対し「上納があった」と、初めて認めた。画期的な答弁書が出て国民は政権交代をした結果として評価したがそれまでだった。
 今回の判決を期に民主党政権は国民目線で、機密費の一部開示命令を真摯に受け止め「国民の知る権利」に応えるべきである。そうする事が政治の信頼回復、政権交代の大きな意義として歴史に残るのである。
 自民党政権時代、真実でない国民に隠していた事を明らかにする事により国民は民主党政権への評価、価値が高まるのである。難しい、困難な事をすれと言っているのではない。真実をきちんと国民に示せと言っているのである。藤村官房長官の英断が野田政権を強くし安定政権となる。この重みを考えるべきである。
 8時から民主党北海道の岡田幹事長と2回目の選挙協力についての協議。道内選挙区ごとに候補者予定者の確認現状分析等話し合う。新党大地としての考え、要望も伝えながら次は5月連休後に3回目の協議を行うことにする。北海道内における圧倒的第3党である新党大地は、しっかり主張すべきは主張し、お互い良かったと言える方向にもって行きたい。同時に軽く見て選挙協力も必要ないと言うなら、新党大地としての独自の考え、判断をして行けば良いことである。今後とも自然体で臨んで参りたい。
 午後から十勝管内新得町・清水町・鹿追町・士幌町・上士幌町・糠平後援会廻り。鈴木宗男後援会の絆は盤石である。
 昭和58年から支えてくれた心ある皆さんはもちろんその後、私の下に馳せ参じてくれた人達の思いも皆一緒である。人間関係に感謝しながらの十勝管内廻りで、ただただ有難いと思う。

★詳細はURLをクリックして下さい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】野田佳彦首相が消費増税案撤回で引責辞任へ
植草一秀の『知られざる真実』2012年3月25日 (日)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-76b4.html

国民にとって重大な問題が山積している。

 当面の最重要課題は拙速な原発再稼働を許さないことと、正義も大義もない消費増税を絶対に許さないことだ。
 
 野田佳彦氏は消費増税論議について、「ちゃぶ台返しを許さない」と述べたそうだが、ちゃぶ台を返したのは野田佳彦氏である。
 
「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」
 
と声を張り上げたことを忘れたとは言わせない。
 
 シロアリ退治など、何も進んでいないではないか。「シロアリを退治しないまま消費増税に進まない」というちゃぶ台をひっくり返したのは野田佳彦氏なのだ。
 
 所得税法附則104条に「2011年度中に税制上の必要な措置を講ずる」と記述されているのは、麻生政権が2009年8月総選挙に勝利した場合、2012年度に増税を実施することを前提とした日程設定である。
 
 2009年8月総選挙で自民党が敗北した瞬間に、この法律条文は意味を失った。
 
 民主党が国民に約束したのは、「シロアリ退治なき消費増税阻止」であり、シロアリ退治もしないで消費増税に突き進むのは「サギ」である。
 
 野田山のサギ首相だ。

原発再稼働について、関西電力大飯原発3、4号機の安全評価(ストレステスト)の1次評価が内閣府原子力安全委員会で正式に了承されたが、原発の再稼働を認めるのに十分な条件が示されたわけではない。
 
 福島原発事故後の混乱のなかで、原発に対する不十分な知見しか持っていないことが暴露されてしまった、デタラメならぬ、斑目(まだらめ)春樹原子力安全委員会委員長ですら、「1次評価は安全評価として不十分」だとする1次評価だけで原発再稼働を認める行為は、未必の殺意がある行動と認定されなければならない。
 
 3月25日のNHK「日曜討論」で、原発再稼働問題について、社会民主党の阿部知子議員が、
 
「一次評価だけでは安全評価は不十分で、その不十分な段階で、専門家でない政治家が政治判断で原発再稼働を認めることなどありえない」
 
との趣旨の発言を示したが、正論そのものだ。
 
 野田政権が、福島原発事故を深刻に受け止めていないことは明白である。
 
「福島の復興なくして日本の復興無し」だとか、「福島で生まれて福島で育って、福島で子供を産み、・・・」などと、調子のよいことだけを並べたてても、福島原発事故の原因も明らかにしていない段階で他の原発再稼働を認めようとすることは、福島事故をまったく重く受け止めていない何よりの証拠だ。
 
 国権の最高機関である国会の事故調が発足し、これから本格的な原因解明に入る。福島事故の全貌が明らかになって初めて、事故を回避するための条件が明らかになる。
 
 この段階で、新たな安全基準が策定されるだろう。
 
 しかし、原発事故が、どの角度から、どのような経緯で発生するのかを、事前に100%の捕捉率で予測することは不可能である。今後も、想定の範囲を超える何らかの事象が発生して、重大な原発事故が起きることを否定することはできない。
 
 万が一の確率で、重大事故が発生しても、その被害が許容範囲内の限定的なものに留まることがはっきりしているのなら、万全の安全対策を取ったうえでゴーサインを出すということはあり得るだろう。
 
 しかし、原発の場合には、ひとたび重大事故を発生させてしまえば、それで、すべてが終わるということになる可能性が十分にある。
 
 現に、野田政権は福島原発事故の直接的な影響にすら、十分対処し得ていないではないか。
 
 福島原発から流出した放射性物質は、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川、静岡、山梨、長野、新潟、宮城、山形などの近隣諸県を汚染してしまったため、これらの地域における農業、漁業、観光業に甚大で深刻な影響を発生させている。
 
 東電による損害賠償措置は遅々として進まず、極めて多くの罪なき国民が、深刻な苦しみに包まれている。
 
 これらの重大な問題に必要十分な対応も示せないのに、新たに原発を再稼働させるなどというのは、血の通った人間にできることではない。
 
 カネのためなら殺人も厭わないという、冷酷無比の殺人鬼、金銭亡者であるとしか考えられない。



国会事故調の最終報告を得て、新しい完全無欠の安全基準を策定し、二度と重大事故が発生しないとの確証を得て、初めて原発再稼働を検討するべきであろう。
 
 しかし、今回の福島原発事故が立証したように、「絶対」は存在しない。
 
 原発絶対安全神話はいとも簡単に崩壊した。
 
 使用済み核燃料の最終処分方法も確立しないまま、原発を稼働するなど、有毒のディーゼル黒煙車の隊列を組んで走行させるようなものだ。
 
 しかも、放射能とディーゼルの有毒排気ガスとでは、有毒のレベルがまったく異なる。

このような政権は一刻も早く退場させるべきである。
 
 消費増税を白紙に戻し、原発再稼働を認めない。これが当然の施策だ。当然の施策すら実行できない政権が居座ることは、国民にとっても不利益以外の何者でもない。



「なにわ市民セミナー団」、「市民が訴える「大阪宣言」の会」共催シンポジウムの概要。
 
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002073489P0050001P006001P0030001
 

●題 名:The Symposium in Naniwa 
検察・司法、マスコミを改革せよ!

  
●期 日:平成24年3月28日(水)

 
●時 間:午後6時30分~(午後6時開場)

 
●会 場:浪速区民センターホール 
〒556-0023 大阪市浪速区稲荷2丁目4番3号

 
●入場料:お一人1.500円
     前売り1.400円(但しファミマ、セブンのみ)

 
●出演者:生田 暉雄氏/弁護士(元・大阪高裁判事)
     平野 貞夫氏/日本一新の会・代表(元・参議院議員)
     植草 一秀氏/政治・経済学者(元・早稲田大学教授)
     八木 啓代氏/健全な法治国家のために声を
             あげる市民の会・代表(歌手・作家)

 
●主 催:なにわ市民セミナー団

 
●共 催:市民が訴える「大阪宣言」の会

 
●後 援:日本一新の会
     健全な法治国家のために声をあげる市民の会

 
●協 賛:志 信 会・都一新の会・日本一新の会なにわ
     小沢一郎衆議院議員を支援する会
     ネットメディアと主権在民を考える会

 
●協 力:討論Bar“シチズン”・ 街カフェTV・ツイートTV

★詳細はURLをクリックして下さい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】風向きは変わったようだ:消費税増税のために自爆?(徳山勝)
コラムと特集記事 > 徳山勝連載・コラム
http://www.olivenews.net/news_30/newsdisp.php?m=0&i=12

23日に閣議決定をすると言っていた消費税増税法案は、26日の週に持ち越した。マスコミ報道によると、27日午後の閣議決定を目指しているそうだ。だが輿石幹事長が「議論を打ち切ると禍根を残す。徹底的にやった上で年度をまたいだか、またがないかは結果の問題だ」と述べたということは、事実上、野田首相に対し月内(=年度内)の閣議決定を諦めろと言ったことになる。

間違っていたらご容赦願うとして筆者の理解では、現在行なわれている合同会議で、増税法案の合意が得られたとしても、閣議決定前に、民主党の全国会議員の賛否を問うのだろう。そうなると、多くの議員は後援会や街の声が消費税増税反対であることを肌で感じているから、増税反対が多数を占めることになる。仮に合同会議の結論後に閣議決定するにしても、幹事長発言から見て、月内は無理である。

マスコミは、増税の前提条件として経済成長率「名目3%、実質2%」の数値を法案に盛り込むことを「増税慎重派」が求めていると報道している。仮に、野田首相が増税慎重派の言う数値を法案に盛り込むことで妥協したとしても、法案検討に入るまでには至らない。次は真正の「消費税反対派」から、別の問題が提起される。どのような問題が提起されるかのヒントは小沢氏の発言にある。

小沢氏は、21日には読売新聞のインタビューに答え、「消費税そのものの論議を否定しているわけではない。その前にやるべきことがある。『改革なくして増税なし』『社会保障の充実なくして増税なし』『経済の再生なくして増税なし』だ」とも述べている。氏の反対理由は、一貫しており「ブレ」がない。当然、これらの理由を根拠にした問題が提起される。その場合、それを無視することはできないだろう。

しかも産経新聞によると、民主党の小沢氏は22日に開いた自らのグループ会合で、党執行部が消費税増税関連法案の閣議決定を急いでいることに対し、「閣議決定した社会保障と税の一体改革大綱に与野党協議を行うなどの前提があったはずだ」と指摘した上で、「その時々の都合でこの間の決定を無視したやり方がまかり通るのは危険で無責任だ」と批判した。まともな議員なら、この正論も無視できないはずだ。

読売や産経が小沢発言を、このように報道するということは、これ以上「小沢クロ」を前提とした「小沢無視」ができなくなったことを意味する。筆者の身近な例だが、「小沢クロ」で固まっていた知人が、「もう小沢氏しかいない」と言いだした。このような風を、マスコミは無視できなくなったのだろう。その風を民主党執行部の中では、輿石幹事長が一番敏感に受け止め、上述のような発言をしたのだと思う。

19日の小沢公判から、弁護側の最終弁論や小沢氏の最終陳述の内容を知った人の多くは、筆者の知人のように「小沢観」を変えることになる。時間の経過と共に、そのような人の数は増える。しかも「小沢クロ」の洗脳から覚醒した者ほど、筆者の知人のように、今度は逆に強烈な「小沢待望論者」に変わるだろう。そのような風を最も懼れているのが、財務官僚をはじめとする霞ヶ関の官僚たちである。

当然、財務官僚たちは、4月26日に予定されている小沢裁判の判決より前に、消費税増税法案への道筋をつけろと、野田内閣の尻を叩くことになる。さて、そこで野田首相はどう動くのだろう。筆者はここで「政局」を語るほどの知識は持っていない。だが誰がどう見ても、税と社会保障の一体改革と言いながら、ただ、「増税をお願いします」と言っているだけの首相に、付いて行く者の数は限られていると思う。

マニフェストを見捨て、消費税増税のために野田首相が自爆する。それは、ご本人の勝手である。だが、自爆するなら他人様(ひとさま)に迷惑をかけるなと言いたい。菅前首相のような見苦しい真似だけはしないことだ。

★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
『郵貯かんぽのカネが狙われてるのに何ねぼけたこと言ってんですか
http://www.youtube.com/watch?v=2VkpBPgBTvw&feature=player_embedded
TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
http://www.youtube.com/watch?v=G_mRJcdJpRg&feature=related
西部邁ゼミナール 2010年12月18日放送
http://www.youtube.com/watch?v=JcQnZ4ioiGo&feature=player_embedded
中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!
http://www.youtube.com/watch?v=nRmNJpUj5sI&feature=related
降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY
**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
***********************************************************
コメント

何が何だかわからないのよ

2012-03-24 20:42:06 | 日記


□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

何が何だかわからないのよ/ハナ肇とクレイジーキャッツ
http://www.youtube.com/watch?v=8N793j7yBh4
□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】現代日本政治史を書き換えた検察の巨大犯罪
植草一秀の『知られざる真実』2012年3月24日 (土)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-c11a.html

3月23日、小沢一郎議員を支援する会が主催する第7回シンポジウム「小沢政治裁判を終わらせよ!—今こそ真の民主主義を取り戻そう—」が開催された。あいにくの冷たい雨が降りしきるなかであったが、400名近い市民が参加して会が盛大に開催された。
 
 川内博史議員、辻恵議員は、民主党の「社会保障・税一体改革」の意見集約会合出席のため欠席となったが、飛び入りで新党きづなの小林正枝議員が出席され、力強い講演をされた。
 
 本ブログ、並びにメルマガ読者の皆様にも多くのご参加をいただいた。この場をお借りして心よりお礼申し上げたい。
 
 冒頭の基調講演の中でもお話しさせていただいたが、いま問われているのは、単に小沢一郎議員の裁判の結果だけではない。日本の民主主義は巨大な力により攻撃を受けているという現実にある。日本の民主主義は危機に直面していると言って過言でない。
 
 その現実に立ち向かうには、市民が天下の正道を願うという、いわば受け身の姿勢から一歩踏み出して、現実を変えるために、自ら行動を始めることが必要である。
 
 4月26日の小沢一郎議員に対する東京地裁判決に向けて、市民の運動を拡大してゆかねばならない。4月20日には東京文京区のシビックセンターで総決起集会が開催される。
 
「権力の暴走を許さない!ストップ!国家権力 大国民集会」 である。

 一人でも多くの市民が権力の不正に声を上げることが求められている。

小沢一郎氏を標的とする一連の謀略、政治裁判が表面化してから3年の時間が経過した。
 
 2009年3月3日、小沢氏の公設第一秘書大久保隆規氏が突然、逮捕起訴された。理由は、西松建設関係者が主体になって組織されている政治団体、新政治問題研究会と未来産業研究会からの献金をその事実通りに記載して報告したことが「虚偽記載」にあたるというものだった。
 
 二つの政治団体に実体がまったくなく、この団体が架空団体ということであれば虚偽記載ということになる。しかし、政治団体に実体がある場合、法の規定は「寄附したもの」を記載することとしており、「虚偽記載」には当たらない。
 
 そもそも、同じ事務処理をした政治家資金管理団体が20ほどもある中で、小沢氏のケースだけが摘発されたことが、「政治謀略」を裏付けている。


2010年1月13日、西松建設元総務部長が法廷証言し、二つの政治団体に実体があり、そのことを大久保氏にも話していたことを証言した。
 
 窮地に追い詰められたのは、実は検察だった。
 
「窮鼠猫をかむ」の言葉通り、検察は次の暴走に進んだ。2010年1月15日に、大久保氏、石川知裕議員、池田光智氏を逮捕した。
 
 2004年10月に代金決済のあった不動産取得の収支報告が2005年になされたこと、この代金決済の際に、一時的な立て替え資金を小沢氏が提供した、その入りと出を記載しなかったことが、「虚偽記載」にあたるというものだった。
 
 しかし、2005年の届け出は、不動産登記が完了したのが2005年1月で、会計学の専門家も2005年の届け出で問題なしと法廷で証言したものである。
 
 銀行融資までの一時的な立て替えを記載しないのは収支報告書記載の通例で、これも「虚偽記載」として刑事責任を問うような問題でない。


問題は、これらの裏側に巨額の裏献金受領であるとか、わいろの授受といったいわゆる実質的な犯罪が存在したのかである。
 
 検察は、文字通り検察の全精力を注いでこれらの「実質的犯罪」の発掘に取り組んだ。

違法といえる強制捜査を繰り返したにもかかわらず、結局、検察は実質的犯罪を発掘できなかった。また、収支報告書の記載の問題について、会計責任者ではない政治団体の代表者である小沢一郎氏の共謀共同正犯を立証することもできないとして、小沢一郎氏に不起訴の決定を示したのである。
 
 秘書3名の裁判で、検察は裏金授受を法廷で立証する姿勢を示したが、このこと自体が矛盾している。検察は裏金などの「実質的犯罪」を発掘しようとしてこれを断念したのである。
 
法廷で水谷建設元社長の川村氏が2004年10月15日の金銭授受を証言したが、検察自身がこの証言を信用していないのである。
 
 検察がこの証言を信じるなら、裏金問題で刑事訴追しているはずなのだ。
 
 この日の社用車運転記録には、川村社長を全日空ホテルに送った記録がない。運転手が法廷で証言したが、川村社長を全日空ホテルに送ったことがあるとすれば2005年以降だと答えた。

一連の政治裁判の問題の中で、とりわけ突出して重要な点を以下に三点あげる。
 
 第一は、このなかで、東京地裁の登石郁郎裁判長が、川村社長による金銭授受を事実だと認定したこと。

 
 この認定なくしては、「虚偽記載」の刑事責任を問うことは難しい。

 
 しかし、川村社長による金銭授受を立証することは、客観証拠からなお難しいが、これを登石郁郎判事が事実認定した。裁判所の巨大不正である。
 
 第二は、2010年5月17日に東京地検特捜部の田代政弘検事が石川知裕議員に事情聴取して捜査報告書を作成したが、このなかに、事実無根の虚偽事実を記載したことが発覚したことだ。
 
「虚偽記載」の刑事責任を追及する検察官が「虚偽記載」の重大犯罪に手を染めた。
 
 この捜査報告書は、東京第五検察審査会が小沢一郎氏を強制起訴することを誘導するためのものである。報告書は田代検事の上司により書き直させられたことも判明している。
 
 第三は、検察が2009年3月に大久保氏逮捕に突き進んだ時期が、政権交代を焦点とする解散・総選挙目前の時期であったことだ。事実、この問題の延長上で、2009年5月11日、小沢一郎民主党代表が代表職辞任の意向を表明した。
 
 この検察の暴走がなければ、2009年9月に小沢一郎政権が誕生していたのである。


「なにわ市民セミナー団」、「市民が訴える「大阪宣言」の会」共催シンポジウムの概要。
 
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002073489P0050001P006001P0030001
 

●題 名:The Symposium in Naniwa 
検察・司法、マスコミを改革せよ!

  
●期 日:平成24年3月28日(水)

 
●時 間:午後6時30分~(午後6時開場)

 
●会 場:浪速区民センターホール 
〒556-0023 大阪市浪速区稲荷2丁目4番3号

 
●入場料:お一人1.500円
     前売り1.400円(但しファミマ、セブンのみ)

 
●出演者:生田 暉雄氏/弁護士(元・大阪高裁判事)
     平野 貞夫氏/日本一新の会・代表(元・参議院議員)
     植草 一秀氏/政治・経済学者(元・早稲田大学教授)
     八木 啓代氏/健全な法治国家のために声を
             あげる市民の会・代表(歌手・作家)

 
●主 催:なにわ市民セミナー団

 
●共 催:市民が訴える「大阪宣言」の会

 
●後 援:日本一新の会
     健全な法治国家のために声をあげる市民の会

 
●協 賛:志 信 会・都一新の会・日本一新の会なにわ
     小沢一郎衆議院議員を支援する会
     ネットメディアと主権在民を考える会

 
●協 力:討論Bar“シチズン”・ 街カフェTV・ツイートTV

★詳細はURLをクリックして下さい。
□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】 「「大阪上回る」不祥事と完全敗北 本丸特捜部「6月解体」[AERA 
’12.3.26号:三橋麻子記者]」 
晴耕雨読 2012/3/24 検察・司法・検察審査会
http://sun.ap.teacup.com/souun/7066.html


「大阪上回る」不祥事と完全敗北 本丸特捜部「6月解体」[AERA ’12.3.26号:三橋麻子記者] 投稿者 一市民 日時 2012 年 3 月 23 日から転載します。

転載者注:内容的に重要性が高いため、あえて全文転載に踏み切った。なお当該文章の著作権は朝日新聞出版にあることをここに明記する。読者各位には、できれば当該号を「購入」して、直に読んで頂きたい(定価380円)。それだけの価値がある、とお勧めする。

注2:とは言え、転載者は別に朝日新聞出版の回し者でも販売拡張員でもないことは、一応明記する。

AERA ’12.3.26号 P22~23

「大阪上回る」不祥事と完全敗北

本丸特捜部「6月解体」

巨悪を暴くはずの検察特捜部に、またも「ねつ造疑惑」が浮かんだ。
しかも、今度は本丸「東京地検特捜部」だ。もはや自らが巨悪。その使命を終える時が来たようだ。

 時代を問わず、組織を問わず、東軍と西軍は仲が悪い。それは法の番人たる検察庁とて同じことだ。しかも今、西軍は「恨み骨髄」という心境にある。東京よりも少し早く春が訪れた大阪の、とあるオフィスビルの一室で、今月初め、元大阪地検幹部は怪気炎をあげた。
「大阪は悪くて東京はええんか。おかしいやないか。はよ、最高検は田代を逮捕せんかい。前田は新聞が書いたその日に逮捕されたやないか」


「何で逮捕されんのや」

「前田」とは一昨年秋、大阪地検特捜部が手がけた郵便制度不正事件の証拠隠滅容疑で逮捕された前田恒彦元検事(実刑判決が確定)。「田代」とは今、渦中にある元東京地検特捜部の田代政弘検事(現在は新潟地裁)だ。
 田代検事は、陸山会事件で小沢一郎元民主党代表の元秘書・石川知裕衆議院議員の取り調べを担当。「政治資金収支報告書への虚偽記載を小沢氏に報告、了承を得た」という供述調書にサインをさせた。一昨年4月に小沢氏が検察審査会から最初の起訴相当の議決を受けた後の再捜査でも、石川氏から同様の調書に署名を得た。

 しかし小沢氏の公判で、東京地裁は2月17日、田代検事の取り調べについて「違法不当」と非難。石川氏の調書を証拠採用せず、不適切な取り調べを「個人的ではなく組織的なもの」とした。さらに田代検事が作成して検察審査会に提出され、小沢氏起訴の判断材料とされた公文書「捜査報告書」には事実に反する内容が書かれていると指摘した。犯罪の可能性さえある行為だ。

 前述の元大阪地検幹部はいう。
「前田がねつ造したフロッピーは、結局、裁判所に提出されておらず、影響度は低い。検察審査会の『素人さん』をだまして、検察が起訴できない小沢さんを刑事被告人にした田代のほうがよっぽど悪いやないか」
 そしてこう憤る。
「大坪や佐賀も逮捕され、徹底的に取り調べられた。なんで、当時の東京地検のかんぶは、逮捕されんのや」

「大坪」「佐賀」は、前田元検事の証拠ねつ造を隠蔽したとして犯人隠避容疑で逮捕された大坪弘道元特捜部長と佐賀元明元特捜副部長(いずれも公判中)だ。大阪地検トップの検事正とナンバー2である次席検事も管理責任を問われ辞職した。次席はその後病気で亡くなった。

「西軍」で怒っているのはこの元幹部だけではない。現役からも「不平等だ」という怒りの声があがっている。それもそのはず、前田元検事の証拠隠滅事件で、検察の西軍=「関西検察」は事件を生んだ背景と名指しされ、解体されたのだ。


小沢捜査の全容調査

 関西検察とは何か。検察庁には、関西、中国、四国など西日本を中心に移動する「関西まわり」の検事が存在した。その中でも選ばれた検事が大阪地検特捜部に配属され、特捜部長、検事正、最後は大阪のトップである大阪高検検事長に上り詰めた。組織的には検事総長、東京高検検事長に次ぐナンバー3だが、「検事総長とはいえ、おいそれといけんがいえない」(総長経験者)という西の「将軍」だった。

「あんなお粗末な事件は東京では起きないよ」
 当時、東京地検特捜部関係者は、そううそぶいていたものだ。
 その東京がどうしたことか。
 怒りを爆発させているのは、服役中の前田元検事本人も同じだ。陸山会事件の捜査に応援検事として加わった前田元検事は、昨年12月、小沢元代表公判の証人として出廷し、ぶちまけた。
「(ゼネコンから金をもらったという)筋立てが違うと思った」
「小沢氏の立件に熱心だたのは、佐久間達哉特捜部長ら数人の幹部だけ」
 その上で、検察は検察審査会に対し、不利な証拠を隠していると指摘した。

 検察は今、小沢捜査の全容を再調査せざるをえない自体に追い込まれている。現在、市民団体から虚偽有印公文書作成などの容疑で田代検事への告発を受けている東京地検に、最高検検事も加わり、一連の経緯の捜査、調査が進められている。小沢氏の公判は3月19日に結審する。今後、田代検事ら関係者への聴取は本格化するという。


市民の検審欺き…

 ポイントは二つある、と検察関係者はいう。
 まず、田代検事は虚偽有印公文書作成容疑という刑法犯にあたるのか。これは複数の関係者が「外形的に容疑にあたるのは避けがたい」と口をそろえる。
「だが、田代が個人的にねつ造したのか、それとも誰か幹部に言われてやったのかは、調べてみないとわからない」
 どこまで上層部が関与していたか。検察内に残るメールやパソコンの文書更新履歴などをどの程度きちんと「捜査」するのか。田代検事がどう説明するのかが注目される。

 一昨年の陸山会事件の強制捜査では、最高検は東京地検特捜部に対し、小沢氏の起訴について「金の出元がゼネコンであるなど不正な金であること」を条件としていた。東京地検はゼネコンを徹底捜査したが、脱税事件で以前立件された建設会社の関係者以外からは調書がとれなかった。別の事件の関係者の供述の場合、裁判で司法取引が疑われ、証拠価値が低くみられることもある。このため、結局小沢氏は立件されなかった。
 「だが、東京地検幹部は小沢氏を逮捕できなかったことを激しく恨んでいた」と検察関係者は証言する。「最高検は保身に走っても検察審査会はわかってくれる」という声もあったという。

 田代検事がつくった虚偽の捜査報告書は何のためのものだったのか。これが二つ目のポイントだ。
 捜査報告書は、調書と違い、被疑者の署名、捺印がいらない。つまり検事がいくらでも作文できる「公文書」だ。通常は部内の記録保存のために使い、外部に見せることはないという。
 田代検事の文書について当時の最高検、東京高検関係者は「見たことがない」と証言している。だが検察審査会には資料として提出されている。つまり、検察審査会に見せるためだけにつくられたものだった可能性が高い。

 当時の検察幹部は怒り心頭だ。
 「裁判官は、被疑者の署名もない、そんな作文をいくら見せても相手にしてくれない。市民が務める検察審査会は、文書の位置づけが正確にわからず、真に受けた。小沢起訴に執着した東京地検の独走だ。自分たちの『正義』こそが正しいというためだけに、検察審査会に起訴してもらおうとした」
「東京地検の独走」は小沢氏本人の調書でもみられたという。
「後で小沢氏の調書を見たところ、延々と『こんな証拠がある』と羅列する内容の質問が続き、小沢氏の答えはごくわずか。裁判所が見れば、印象をつくろうとした『悪質な調書』と思うだろうが、検察審査会は、そんなに証拠があるのに答えない小沢氏は悪いやつだとなったかもしれない」


「今度こそつぶれる」

 いずれにしても、6月に退任予定の笠間治雄検事総長がやめる前に何らかの結論を出し、「笠間氏にすべての責任を抱えていってもらうしかない」(検察関係者)というのが今後の見通しだ。大阪地検特捜部の事件のときは、直接関係がなかった大林宏検事総長が就任半年でやめる羽目になった。悪夢再来は避けたいというのだ。

「それにしても、石川氏が取り調べを隠し録音さえしなければ、捜査報告書が嘘でも証拠はなく、当時の東京地検の歪んだ正義がまかりとおった。皮肉な話だ」
 元検察幹部は嘆く。

 ある元最高首脳は「前田元検事が証拠をねつ造していたのには驚いたが、供述について言えば、無理な調書は今に始まったことではない」という。それでも「国民の支持を受け、社会の腐敗を正す」ことで、特捜部は許されてきたのだという。
 言ってみれば、さまざまな負の歴史が積み重なっての、今回の田代検事の問題なのだ。
 検察内部から再びこんな声があがっている。
「もう特捜部を解体するしかない」
 大阪地検の事件後も、特捜部という名称の廃止が検討された。このときは結局見送られたが、「今度こそ6月に笠間さんがやめるときに、特捜部をつぶしてしまうしかない。どうせ当面、政界捜査なんてできない」

 検察内部には、田代検事に同情的なこえがなおあるが、手加減は許されない。それは、まさに検察審査会があるからだ。
「不起訴にするようなことがあれば申し立てるかもしれません」
 東京地検に田代検事を告発した市民団体の代表、八木啓代さんはいう。
「素人」とあざむかれた格好の「検察審査会」は、そのとき大目に見てくれるだろうか。

編集部 三橋麻子

[阿修羅内関連投稿]
・本丸特捜部「6月解体」「大阪上回る」不祥事と完全敗北(AERA記事に対する郷原氏コメント)
http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/766.html
投稿者 otoppi 日時 2012 年 3 月 19 日 10:39:38: cUHXG0u8x2am6  


コメント
01. 2012年3月23日 06:35:31 : zgTADmEZJo
なんか、検察の「敗北」とかって言い回しには納得いかないな~
今回、検察が捜査でドジ踏んでしまって、、、狐とたぬき化かし合いの勝負みたいな書き方。

おれが思うに、これは検察の政治的思惑がらみの権力を乱用した言いがかかり捜査で
つまり「実現間近だった小沢政権誕生阻止しようとした民主主義に対す大犯罪クーデター
(共犯:使いっ走りのマスコミ)」

もし仮に大キライな小泉が同じように何の証拠も無しに逮捕されたら、
おれは、これはおかしいと声をあげるよ。

02. 2012年3月23日 06:53:11 : Kcj0zZa4O2
本当は当時の上層部が誰から頼まれたのか?という真相がわからんことには納得がいかないね。
まあ、死んでも吐かんだろうし、追求もしないんだろうが。
検察に限ったことじゃないが、ホントにやつらは腐ったみかん。

03. 2012年3月23日 07:05:45 : TEoGUDf1Xs
目くそ鼻くそ。では正義の西軍が東軍をガサ入れすれば。チャコールのロングコートで颯爽とコーナーをまわる馬ヅラをスカウトしてよ。
焦騒劣実。

04. 2012年3月23日 07:11:00 : dnLjxjtLck
松田よ小沢さんに付きまとうなら
小泉飯島を暴露しろよ
儲けた広告代理店は石川県
郵政と厚労は飯島利権なんだろう
以前つぶやいていなかったか
本当はわかりやすい疑獄だが
真犯人を守ろうとすると
まるでわざわざ癌を残して
外科手術するようで変になる

05. 2012年3月23日 08:14:57 : FijhpXM9AU
佐久間達哉特捜部長と田代検事

身の安全をお祈りしています。


06. 2012年3月23日 09:17:51 : BlKMapnszQ
お天道様に背を向けてお歩きになる、検察特捜部。

解体し、悪を成敗する。
日本に、真の日の出が来ますように。
胡散臭い司法は、この際解体しよう。
検察審査会もしかりである。

07. 2012年3月23日 10:02:47 : bLjKpeEbGI

小沢氏の秘書逮捕は森英介法相の指揮権発動だった!平野貞夫氏爆弾告発

http://www.youtube.com/watch?v=XC2XXNBgGT8

08. 2012年3月23日 10:35:20 : GIvSzWlmIT
>07さん
菅政権の閣僚(センゴクのこと)がかかわったと平野氏はアバいているよ。

09. 2012年3月23日 11:12:14 : bvaI0lv90E
要するに東京よりも大阪の方がしっかりしていると言う事。
家康ハンと秀吉ハンの違いやなぁ!
今なら野田ハンと橋下ハンの支持者の違いやなぁ。
がんばれ橋下ハン。

10. 2012年3月23日 11:37:33 : hyDS0PhZiY
だけど、検察審査会があった体の話も注意するべき
幽霊審査員
検察審査会議が開かれたかどうかも怪しい

でもまあ順番にいこうか

>>08
グルだよ

11. 2012年3月23日 12:19:41 : Ah82rS6AR2

国会議員は何をしている!悪がなされているのに立ち上がらない。

◎小沢一郎抹殺裁判を国会の場で、特別究明委員会を設置し、真実を究明せよ!

 1.麻生政権から、NO!豚政権まで

   首相、官房長官、法務大臣がどのように係わり、何を聞いたか?
   
   国会に承認喚問せよ!

 2.民主党で悪辣な行動した連中を国会に承認喚問せよ!

    オカダ、センゴクなど

 3.小沢抹殺にかかわった法務官僚、国会に証人喚問せよ!(以下同じ)

     事務次官、刑事局長、官房長

 4.最高検・検事総長、事務局長、刑事部長、公判部長

 5.東京高検・地検の事局長、公判部長、刑事部長

 6.東京地検・特捜部の小沢デッチ上げに係わった全ての悪党

 7.最高裁事務総局長を初め、小沢抹殺計画立案及び実行に係わった輩

   検察審査会の審査委員、補助弁護士及び指定弁護士の選任に係わった輩

   第五検察委員事務局の全員、審議に係わった審査委員全員

 8.小沢抹殺の謀略に係わり、告発した「市民の会」なる悪党全員。

 9.小沢抹殺の謀略に係わり、抹殺大キャンペーンを行った新聞、テレビ、
   
   雑誌の記者、編集責任者、報道原稿を書いた輩、報道した実行者、

   
  全員、国会に承認喚問せよ!それ位はできるでしょう。臆病者の脳なしでも。

  全員でやれば、怖くない!大丈夫!大丈夫!大丈夫!


   取り敢えずは、これ位にしておこう。


   参考人は駄目だぞ!公開の証人喚問だ。どうせ、悪党どもは
   
   真実を語らない。嘘を付く。それがいい。どのように嘘を付くか?

   どの顔曝して。口裏合わせも良い。やるだろう。それでいい。

   見えて来る。ホツレが。

   ただ、ひとつ嘘をつかないのは、氏名、生年月日、職業、住所だ。

   これだけで十分だろ。
  

12. 2012年3月23日 12:31:26 : c1E9zM7KjA
特捜部も所詮おだてられた使い捨て。

 最高裁事務総局こそ、国家権力を笠に着て悪事の限りを尽くす、日本の中の悪魔の中の大悪魔。

その大悪魔を操るのが、----------。

13. 2012年3月23日 12:42:13 : rrhrFN6JLd
検察の敗北じゃなくて最高裁判所事務総局含めた犯罪

14. 2012年3月23日 12:51:40 : USS0x6DPqs
検察審査会のメンバーがなぜ自ら名乗り出て怒らないのか、なぜ声を上げて検察批判をしないのか、きわめて不自然であり、幽霊審査会だった可能性がきわめて高い。

東京地検特捜部が解体するのは当然として、検察審査会の解明も当然行うべき。

それと、検察審査会の起訴決定の時期が民主党の代表選当日という不自然さもある。
仙谷も一枚からんでいる可能性が高いので、仙谷を事情聴取すべき。

15. 2012年3月23日 13:35:16 : pXdAdUxkYk

> 「今度こそつぶれる」
> 「もう特捜部を解体するしかない」
> 今度こそ6月に笠間さんがやめるときに、特捜部をつぶしてしまうしかない。

全部、内部の声だよねえ。
誰が、どんな権限を発動して、どんな手続きを踏んで、解体までこぎつけるのか。
その道筋が明快にならない限り、ただのガス抜き記事にしか思えない。

このままでは結局、「お上」である検察上層部の「善意」や「良識」に頼るしかないではないか。
そんなもの信用できるか。

「不起訴にするようなことがあれば申し立てるかもしれません」
といくら八木さんなどが頑張っても(彼女らの行動力にはかねがね敬服しているが)

検察審査会はいくらでも恣意的に使われかねない組織だもの
やっぱり信用できない。

最後に、アエラがどんなに良さそうな記事を載せても
養老猛だかの連載がある(とアエラのサイトで分かった)以上、
絶対に買うことはないので
この転載には感謝します。


16. 2012年3月23日 13:57:04 : oDZLjorBrU
検察の組織ぐるみなんて言わないで、インチキ裁判に関与した検察官でも政治家でも片っ端から捕まえて、全部身ぐるみはいで、その金を放射能廃棄費用だの被災者救済費用だの貧困者救済費用だのに使えば良いじゃん。
そいつ等の汚い首を今更もらっても余計な金がかかるだけだし、第一刑務所に入れたら、ただで食べさせなくちゃならないし、鉄筋の安全な家にただで住まわせるようなものだろ。
まして組織ぐるみだなんて事になったら、その為に又国民の血税が使われるだけだ。
そいつ等はみんな罪状を明らかにした後、リンチされても当たり前だろ。
やってきたんだから長年こいつ等、そういう事をやってきたんだから。

って思う食らい今、腹が立って、腹が立って、どうしようもない。



17. 2012年3月23日 16:47:39 : FWOVNL0YZU
この記事は、裏事情の真実を隠そうとする目くらましではないか?

18. 2012年3月23日 17:09:13 : OTOSIyOeKE
>11. 2012年3月23日 12:19:41 : Ah82rS6AR2
国会議員は何をしている!悪がなされているのに立ち上がらない。

 同意です、これしかまっとうな方法が無い!

19. 2012年3月23日 17:49:28 : UPdFbAR04Q
今現在すべての悪は仙谷です。弁護士崩れの此奴を始末しないとどうにもならない。未だに機密費でマスコミ操作をし、指定弁護士には1億から2億の機密費で小沢有罪に向けて出鱈目をやらせている。最高裁事務局とも連携している。政権を小沢グループからの総理にしないと小沢も殺される。

20. 2012年3月23日 17:53:25 : BTfFJ4n7PM
「検察の敗北」ではなく、「検察の悪事が発覚」だろ。

21. 2012年3月23日 18:09:28 : tLL5rmHw5c

>>03さんに、大賛成。

  大阪特捜に根性が有るならやってみろ!


22. 2012年3月23日 19:19:01 : DvWUAiWj36
極悪人は

仙石と菅の悪代官2人だ。
誰かコイツラを成敗してください。

23. 2012年3月23日 19:40:59 : 3qYgRQtslk
阿修羅が見られなかったので、車で家の近くの書店をまわってアエラを探した。大型書店にはなかったが昔ながらの小さな書店にあった。こんな重要な記事なのに表紙にタイトルが書かれていなかった。阿修羅での紹介がなければ見過ごしているところでした。
アエラ編集部の三橋麻子さん頑張っていますね。最近女性の方が張り切っているみたい。


★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
『郵貯かんぽのカネが狙われてるのに何ねぼけたこと言ってんですか
http://www.youtube.com/watch?v=2VkpBPgBTvw&feature=player_embedded
TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
http://www.youtube.com/watch?v=G_mRJcdJpRg&feature=related
西部邁ゼミナール 2010年12月18日放送
http://www.youtube.com/watch?v=JcQnZ4ioiGo&feature=player_embedded
中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!
http://www.youtube.com/watch?v=nRmNJpUj5sI&feature=related
降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY
**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
***********************************************************
コメント

平和に生きる権利まで失われる前に。

2012-03-23 15:46:38 | 日記

□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou
平和に生きる権利 / cicala-mvta (chin-dong-punk-jazz!!)
http://www.youtube.com/watch?v=-DaBbhLvvQI

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】「消費税増税「小沢切り」で共闘--反小沢派の狙いが財務省支配の維持継続にあることをついに自白 :山口一臣氏」晴耕雨読 2012/3/22  税制・年金
http://sun.ap.teacup.com/souun/7048.html


https://twitter.com/#!/kazu1961omi

消費税増税「小沢切り」で共闘----反小沢派の狙いが財務省支配の維持継続にあることをついに自白したということだ。

小沢氏が言っているのは増税反対ではなく、増税前にやるべきことをやるということ。

財務省=谷垣=野田ラインは、それがやりたくない。http://t.co/WI7hfCvm

要するに、財務省=野田=谷垣ラインは小沢氏が優先すべきだと主張する「行財政の改革、景気回復策の実施」に反対ということだ。

増税は、ナベの穴を塞ぎ、白アリを退治してから議論すべきだと思う。

なぜ、野田=谷垣ラインは白アリ退治に反対なのか?http://t.co/Xvs2qyIE 読売


> どうせ両方やるべきなのだからどっちが先とか無意味なのでは? 是が非でも増税を後にしたいのは選挙を気にしているだけという感じで信用できない。


確かに、どっちが先でもやればOK。

でも、先に増税したらやらなくなるから。

> どうせ両方やるべきなのだからどっちが先とか無意味なのでは? 

是が非でも増税を後にしたいのは選挙を気にしているだけという感じで信用できない。

それに、やるべきことをやったら増税の必要もなくなると主張する人たちもいる。

みんなの党とか。

やってみないとわからない。

> 野田総理はともかく、自民党総裁谷垣禎一氏も財務省に同調してどうするの?国民は、「民主党も自民党もだめだね!」となりますね。自民党は政権を取り戻す気がないんですね!驚き桃の木です

ていうか、そもそも本家は谷垣さんの方だから。

> それは、利権構造だから。


利権というより既得権ね。

既得権を取られそうになったら誰でも反発するよ。

私自身も例外じゃない。

それが人間の弱いところ。

でも、既得権壊さないと全体が潰れることもある。

いまその瀬戸際

> どうせ両方やるべきなのだからどっちが先とか無意味なのでは? 是が非でも増税を後にしたいのは選挙を気にしているだけという感じで信用できない。

それからもうひとつ。

選挙を気にするってことは国民の目線を気にするってことで、有権者は歓迎した方がいいと思う。

> 小手先(税金は安いほどいい)で有権者がなびくと思われていると思うと、有権者としては馬鹿にされていると感じる。

有権者は税金が安ければなびく、なんて単純な話ではないですね。

> たぶん反対派批判は、有権者の目先の利益に迎合して射程が短い、射程を長く取れば消費者負担増を言うのが当然!という事では?しかし元々民主党の公約は、射程を長く取った肥大化した非効率な官僚組織改革だった訳で‥

> 人間というものはお金を先取りすれば無駄遣いしてしまうものなのです。

カネを先に貰ったら、辛いことはやらなくなる。

> 入る予定があると無駄遣いする人もいます。

それが官僚。

だから「議論さえしてはいけない」と民主党は言っていたのです。

政治家(特に野党)とメディアが監視する事で国民は税金の流れを知る事になります。

そこが今崩れている事が問題です(悲)

> そこを監視するのが国民とメディアの役割ですね

人間は易きに流れる傾きがあります。

先にいい思いをしたら、辛いことはやらなくなる。

残念ですが。

勉強をしてから遊ぶか、遊んでから勉強するか。

遊んでから勉強するのは、相当な意志の強さが必要かと。

> 河村市長の目指す減税の本質もそこにあるのでしょうが、なかなか理解を得られないのでしょうね。

ですね。

収入減らしたら、努力するしかない。

> 国民は税金をちゃんと使っているのであれば、増税も賛成するのでは。しかし、余りにも酷い使い方をしているので怒っているだけ。年金一つとっても、公務員だけ優遇されており、不平等だ。「国民はもっと怒れ」国民は税金の使い方に無知ですね。

> 増税が先だと、①デフレ悪化で増税効果も失せ、②日本はしぼみ、仮に改革意志があっても実現困難に。

> 増税なしで景気も上向かない場合の財政破綻リスクは無視してよいのでしょうか。国内財政政策だけで経済は制御できないですが。

> 増税は無能な政治家でもできるけど改革は難しい。難しいことを掲げて簡単なことを後回しって危なすぎませんか? せめてバカでもできることくらいはやっておかないと。

>> 増税なしで景気も上向かない場合の財政破綻リスクは無視してよいの…か。国内財政政策だけで経済は制御できない…。

> 財政破綻リスクは短期的に無視可能。今は復興事業に全力投入して景気を刺激し、支出抑制は大胆な地方分権化で考えるべきかと。

-------------------------------
「小沢切り」を首相に注文…谷垣氏http://t.co/WI7hfCvm

 自民党の谷垣総裁は20日、青森市内で講演し、消費税率引き上げ関連法案の閣議決定に関し、民主党の小沢一郎元代表らが法案に反対する場合は離党させるべきだとの考えを強調した。


 谷垣氏は「消費税に政治生命をかけるなら、断固反対派を切ってでも前に進む決断ができるかできないかだ」と、野田首相に「小沢切り」を注文した。

 その上で、「解散権を思い切って行使し、『消費税は必要だ』と堂々と公約して選挙を戦ったらどうか。消費税に関しては公約が一緒だから協力できる。『話し合い解散』とかそんなのは小手先だ」と強調した。
(2012年3月21日08時36分 読売新聞)

-------------------------------

消費増税「急ぐ必要ない」小沢氏、修正でも反対

民主党http://t.co/Xvs2qyIE

 民主党の小沢一郎元代表は読売新聞のインタビューで、野田政権が今国会での成立を目指す消費税率引き上げ関連法案に関し、法案修正の有無にかかわらず反対する考えを表明した。


 自民党との大連立にも否定的な見解を示した。同法案を巡る党内論議に影響を与える可能性もある。

 小沢元代表は、消費増税について「消費税そのものの論議を否定しているわけではない」としたうえで、行財政や社会保障の改革、経済の立て直しを優先させるべきだとの考えを示した。党内の事前審査で、同法案付則の景気弾力条項などが焦点となっていることについては「条項を修正するとか、公務員給与や議員定数を削減するとか、テクニカルな問題ではない。国民が納得しない」と述べ、修正が行われても賛成しない考えを明確にした。

 消費税率を引き上げなければ国債の信認が低下するとの懸念に対しては、国内で国債の90%以上を消化していることを理由に「切羽詰まっている状況ではない」と指摘。野田首相が月内に目指す法案の閣議決定も「急ぐ必要はない」と強調した。首相との会談は「会う立場ではない」と消極姿勢を示した。
(2012年3月21日08時54分 読売新聞)

★詳細はURLをクリックして下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】メディアが伝えない小沢氏裁判の知られざる真実 植草一秀の『知られざる真実』2012年3月23日 (金)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-51b9.html

刑事裁判というのは、犯罪の嫌疑について、被告が罪を犯したかどうかを推理する場ではない。
 
 被告が罪を犯したことを疑いの余地なく立証し、有罪判決を示してその罪を贖わせることを決定するものである。
 
 裁判官が自分の心証で被告が犯人であるかどうかを推理するものではないのだ。
 
 犯人であることが確実であり、疑いの余地のないときだけ、有罪の判決が示され、刑罰が言い渡される。
 
 したがって、罪を犯していないのに、有罪の判決を受けることは100%あり得ない。
 
 罪を犯した場合であっても、犯罪が立証されなければ有罪にならない。したがって、罪を犯した、有実であるが、無罪になることは発生し得る。
 
 これが、「無辜の不処罰」という鉄則である。
 
「無辜の不処罰」というのは、
 
「10人の真犯人を逃しても、1人の無辜を処罰するなかれ」
 
というもので、たとえ10人の真犯人を逃すことがあっても、一人でも無実の人間を犯罪者としてはならない、という考え方だ。
 
 これが、刑事裁判の鉄則なのだ。

しかし、日本では、この鉄則がまったく守られていない。
 
 裁判官自身が大きな勘違いをしている。
 
 あるいは、裁判官が、何らかの特命を帯びて、この原則から外れた行動を意図的に取っている。
 
 自由心証主義という概念を勝手に拡大解釈して、自分がそうだと感じれば、それを事実と認定して構わないと考えてしまっているとも思われる。
 
「無辜の不処罰」を実現するためには、有罪の立証に対して、合理的な疑いを差し挟む余地がある場合には、これを「無罪」としなければならない。
 
 つまり、無罪=無実である可能性が合理的に存在する場合には、「無罪」としなければならないのである。

ところが、現実の裁判では、裁判官の感覚で、「私は有罪だと思う」だけで有罪判決が示される。有罪であることに合理的な疑いが存在するのにも拘らず、裁判官が平気で有罪判決を出すのである。
 
 こうなると、冤罪はいくらでも発生する。
 
 とりわけ、国策捜査とか国策裁判と呼ばれるケースではこの傾向が顕著になる。
 
 政治的理由から特定の人間が選ばれて、被告にされるのだ。
 
 政治的理由で被告にされるのに、犯罪の有無は関係ない。
 
 犯罪者に人為的に仕立て上げられるのだ。
 
 その主体は、警察であったり、検察であったりする。
 
 重要なことは、裁判に際しては、裁判官に権力のコントロールが利く人物が選ばれるということだ。
 
 裁判所を支配しているのは最高裁事務総局である。担当裁判官に特定の人物を選任することなど、朝飯前だ。

このようなケースでは、誰がどう見てもおかしいという判決が平気で示される。メディアは権力の僕であるから、事前に手配すれば、何も批判記事を書かない。御用記事を書く人材はいくらでもいる。
 
 公判という、公然の場で、このようなイカサマが白昼堂々と展開される。
 
 私が受けた裁判もまさにこの範疇に入る。
 
 小沢氏の秘書3名が執行猶予つきの禁錮刑判決を受けた裁判もまったく同じだ。
 
 この裁判では、小沢氏の資金管理団体が購入した世田谷不動産に関する収支報告書の記載が問題になった。
 
 存在していた事実を隠して、まったく報告していなかったということなら、重大な問題かもしれない。しかし、現実には、きちんと収支報告書に記載され、提出されていたのだ。
 
 ただ、資金決済が2004年10月だったが、不動産登記が完了したのが2005年1月だったため、会計責任者が2005年の取得として届け出ただけだ。
 
 裁判では、会計学の専門家が、2005年の届け出でまったく問題ない。どちらかと言えば、2005年の届け出とするのが一般的だと述べた。
 
 検察はこれを2004年に届け出るべきだったと主張した。

ここから先は、妄想というか、単なる推理が始まる。
 
 不動産購入に充てたお金がやましいお金で、その存在を隠したいから、2005年の届け出としたとの推理が行われた。
 
(中略)


日本の再生
著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



これらのことから、仮に公訴棄却にならない場合は、小沢氏が無罪とされることは間違いない。
 
 しかし、登石郁朗判決のような狂気の判決も存在しているため、その可能性までをも排除することができないのが現状である。
 
 これらから導かれる結論は、順当なケースでは、公訴棄却か無罪判決になり、有罪判決が示されるのは、狂気の判決の場合に限られるということになる。
 
(中略)
 

本来は、テレビ番組が特集を組んで、こうした詳細な分析を分かり易く構成するべきだが、メディアは小沢氏攻撃利権複合体の一角を占めており、小沢氏攻撃には総力を結集するが、小沢氏擁護にはいささかの力も提供しない。
 
 だから、ネットを中心に、真実を探求する市民、民主主義を守る市民、権力の暴走を食い止めようとする市民が力を合わせて、国民運動を展開するしかないのだ。
 
 本日3月23日にシンポジウムがある。
 
 3月28日にもシンポジウムが開催される。
 
 そして、4月20日には、国民大行動集会が開催される。
 
 市民が立ち上がり、行動してゆくしかない。
 
 日本の民主主義を守らねばならない。
 
 暗黒社会のまま、子や孫の世代に日本を引き継いではならない。



1.「小沢一郎議員を支援する会」主催の第7回シンポジウムの概要
 
http://minshushugi.net/activity/ 
第7回シンポジウム
 
テーマ  「小沢政治裁判を終わらせよ!」
      —今こそ真の民主主義を取り戻そう—
 
日 時  平成24年3月23日(金) 午後6時〜9時
 
場 所  豊島公会堂
     〒170-0013 東京都豊島区東池袋1−19−1 
     TEL:03−3984−7601
 
講 師  衆議院議員   石川 知裕 氏
     同       川内 博史 氏
     同       辻   惠 氏
     参議院議員   森 ゆうこ 氏
     元衆議院議員  二見 伸明 氏
     評 論 家   植草 一秀 氏
     日本一新の会代表
     元参議院議員  平野 貞夫 氏
     市民連帯の会代表 三井 環 氏
 
参加費  お一人様 1,000円(資料代含む)



【送料無料】日本の独立
販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する



2.「なにわ市民セミナー団」、「市民が訴える「大阪宣言」の会」共催シンポジウムの概要。
 
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002073489P0050001P006001P0030001
 
●題 名:The Symposium in Naniwa 
検察・司法、マスコミを改革せよ!
  
●期 日:平成24年3月28日(水)
 
●時 間:午後6時30分~(午後6時開場)
 
●会 場:浪速区民センターホール 
〒556-0023 大阪市浪速区稲荷2丁目4番3号
 
●入場料:お一人1.500円
     前売り1.400円(但しファミマ、セブンのみ)
 
●出演者:生田 暉雄氏/弁護士(元・大阪高裁判事)
     平野 貞夫氏/日本一新の会・代表(元・参議院議員)
     植草 一秀氏/政治・経済学者(元・早稲田大学教授)
     八木 啓代氏/健全な法治国家のために声を
             あげる市民の会・代表(歌手・作家)
 
●主 催:なにわ市民セミナー団
 
●共 催:市民が訴える「大阪宣言」の会
 
●後 援:日本一新の会
     健全な法治国家のために声をあげる市民の会
 
●協 賛:志 信 会・都一新の会・日本一新の会なにわ
     小沢一郎衆議院議員を支援する会
     ネットメディアと主権在民を考える会
 
●協 力:討論Bar“シチズン”・ 街カフェTV・ツイートTV


★詳細はURLをクリックして下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】次の総選挙でこの国の政治は「カオス」の状態になる
投稿者:山道 投稿日:2012年 3月18日(日)植草事件の真相掲示板
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/10150

新政研の8つの政策テーマは維新の会の八策と比べて、わかりやすく国民生活第一の
理念に即したものである。
本来ならば民主党政権が進めていかなければいけなかった8つのテーマであるといえる。
客観的な目で見てもごちゃ混ぜの維新八策と比べてシンプルでかつわかりやすい。
これから各政策を詳細にしていくというから政策の議論の過程をオープンにして国民に示して
ほしいものである。

東日本大震災は戦後66年のこの国の構造の矛盾や限界を一気に表面化させた災害であったと
いえる。
バブル崩壊後の阪神大震災や地下鉄サリン事件において既に日本の国が制度疲労していることは
明らかであったが、それを正していこうということもなく東日本大震災を迎えてしまったといえる。
東日本震災はこの国を大きく変えるいい機会であったのに関わらず、結局は場当たり的な対応しか
しなかったため1年経っても変わるという期待が大きな失望になってしまったという国民が多い
はずである。

これは既得権益派が必死になって利権を守ろうという強い力の結果であるともいえるが、
変革を望む国民の側の行動力も足りなかったと言わざる終えない。
このことは日本の国が確実に衰退の道を歩んでいることの現れであるといえる。

小沢氏がいつも言っているが、こんな状態で総選挙をすれば単独過半数を取る政党が
現れずに、政治は「カオス」の状態になるという国民にとって最悪の状態になることを意味している。
この状態が長く続けば続くほど日本の混迷により一層拍車をかけることになるだろう。

総選挙が行われれば増税勢力の民主・自民と他党、維新の会・みんなの党勢力、小沢新党が
主な勢力になり、日本の政治勢力が大きく3つに分かれることになる。
おそらくどの勢力が政権を取っても議席が不安定なため、短命政権となりやすく、
1年くいらいで再び解散総選挙となるかもしれない。

このような状況で首都圏に巨大地震や富士山の大噴火が襲来すれば日本はアウトになってしまいかねないだろう。
★詳細はURLをクリックして下さい。
********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
フジTV サキヨミLIVE「アメリカからの指令書!?年次改革要望書とは…」

http://www.youtube.com/watch?v=AoIqkOAGN0w

http://www.youtube.com/watch?v=IsPTYPdkuXs&feature=related
***********************************************************
2005年郵政解散・総選挙
http://ameblo.jp/sunazukinn/entry-10299713563.html
************************************************************
郵政民営化とは、郵政ロックフェラー化の事だったんです。
小泉の構造改革とは、日本をユダヤ資本に売り渡すことだったんです。」

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yuuseiminneika.htm
************************************************************
【●】徹底追及!郵政民営化・かんぽの宿
http://www.youtube.com/watch?v=3XHFbYHeKXg

http://www.youtube.com/watch?v=3IF591HZbjE

http://www.youtube.com/watch?v=eyjtspp8iEk

http://www.youtube.com/watch?v=39FdFZnL2Yk
---------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】1/2
http://www.youtube.com/watch?v=S9cDcxRRtps

-------------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】2/2 http://www.youtube.com/watch?v=y0IbZgUCntk&feature=related
******************************************************************
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
http://www.youtube.com/watch?v=EhGE_ZIadEg&feature=related;

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
http://www.youtube.com/watch?v=wVT3jkx8p98&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
http://www.youtube.com/watch?v=jonZYLtzRts&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
http://www.youtube.com/watch?v=ZvvF7-faq4c&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
http://www.youtube.com/watch?v=SN8cpirvuOE&feature=related

石井紘基議員刺殺の真相 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=XZvKh4J9vig


石井紘基議員刺殺の真相 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=Dz5FIXVXRvk&feature=related

石井紘基議員 暗殺の謎
http://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

http://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

http://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
****************************************************
コメント

【民主党】森ゆうこ「検察にみんなが抹殺されてしまうんですよ」

2012-03-22 17:02:58 | 日記


□同時生中継
USTREAM 独立党TV 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou
【民主党】森ゆうこ「検察にみんなが抹殺されてしまうんですよ」
http://youtu.be/pSgyiFF8oUw
大阪地検の犯罪・前田恒彦主任検事証拠改ざん(事件の流れ1)
http://youtu.be/I4n7urckdts

大阪地検の犯罪・前田恒彦主任検事証拠改ざん(事件の流れ3)
http://youtu.be/5HTcVZyXcaY


新党日本 田中康夫逮捕を画策した神戸地検と地裁
http://youtu.be/LMcrdhM-Hn4

 当然、嘘を信用して真実をねじ伏せることも罪である。
2011/9/30 自由の名の下に世界に広がったマネー資本主義の弊害
http://youtu.be/vwIvdbEPRvc

Slim Whitman It s A Sin To Tell A Lie(嘘は罪)
http://youtu.be/mrnOPNDebTU

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】「健全な食品と農業のためにローカルな食料システムを 米科学者と国連報告官 TPPなど論外:農業情報研究所」 晴耕雨読 2012/3/15 TPP/WTO/グローバリズム
http://sun.ap.teacup.com/souun/6996.html


農業情報研究所2012年月3月12日

健全な食品と農業のためにローカルな食料システムを 米科学者と国連報告官 TPPなど論外

アメリカの”憂慮する科学者同盟”( Union of Concerned Scientists,UCS)が先月29日、今年行われるアメリカ農業法の5年ごとの改訂は、ジャンク・フードを助成し、また有害な農業慣行を奨励する農業政策を健全な食品と農業を優先する政策に置き換える機会とすべきだという政策提言を行った。

 上院農業委員会の開会を前にしてのこの提言によると、 アメリカの農業政策の大部分は、トウモロコシや大豆などを支援し、加工食品の必須成分に大量の補助金を提供し、加えて安価な不健全な食品に不当な競争力を与えるものとなっており、それが大量の有毒化学物質を放出する農業方法を鼓舞することにもなっている。

 2010年に農務省(USDA)が支出した50億ドルの大部分は、加工食品と家畜飼料のために使われるトウモロコシと大豆の補助に充てられた。野菜と果実に充てられたのは、そのたった7%にすぎない。これでは、野菜と果実こそ健全な食事の基礎と言うUSDA自身の栄養ガイドラインを守ることもできない。


 しかし、現在の食料システムは化石燃料、農薬、化学肥料に完全に依存しており、いつまでも続けられない。いまや、ジャンク・フード支援をやめ、環境を保護する農法を利用して健康的な食品を作る農家をこそ助成すべきときだ。

 提言は、栄養に富む多種の食品を作る一方、大衆の健康や環境を害さない農業方法を採用する農家を奨励せねばならない、一番いいやり方は、野菜・果実作りを奨励し、ファーマーズ・マーケット、フードハブ、コミュニティ支援農業プログラムを含むローカルな食料システムへの投資を増やすことだと言う。

 Toward Healthy Food and Farms:How Science-Based Policies can Transform Agriculture,UCS,12.2.29

 オリヴィエ・ドゥ・シュッテル食料への権利に関する国連特別報告官は3月6日、アメリカ農業政策に関するこのUCSの提言とうり二つの世界政策提言を行った。現在の世界食料システムは豊かな国、貧しい国の人びとを不健康な状態に陥れている、富裕国、貧困国問わず、市場に出回る不健全な食品との闘いを強化せねばならないと言う。

 彼は、炭酸飲料など不健全な食品への課税、飽和脂肪酸・塩分・砂糖を多量に含む加工食品の規制の強化、ジャンク・フードの広告や販売の世界的取り締まり、ジャンク・フード の基となる商品作物を安価にする一方、野菜や果実など健康的な食品を高価にする欧米の補助金制度のオーバーホール、そして世界中の農家が人並の稼ぎを得・消費者に栄養豊かな食品を提供することを可能にするローカルな食品生産への助成などを提言する。

 Five ways to tackle disastrous diets ? UN food expert

 どちらの提言にしても、アグリビジネスとこれを支援する政府、とくにアメリカ政府の巨大な抵抗に遭うだろう。ただし、富裕国、貧困国を問わず肥満人口は増え続ける一方、飢餓と栄養不良に悩む人びとも一向に減らない。この問題は、支配力が一握りのアグリビジネスに集中した現在の食料システムの改変によってしか解決できないだろう。タバコ問題同様、世界中の政府が、いずれこの問題に挑戦せねばならなくなるだろう。人びとの健康と、環境と、食料安全保障のための闘いだ。

 日本は無関係?とんでもない。日本はダントツの世界一のトウモロコシ輸入国だ(2009年、1600万トン。第二位が韓国の730万トン)。大豆も、中国の4500万トンに比べれば10分の1ほどでしかないが、世界第二位の輸入国だ。つまり、日本は、いずれ改変が必要になる世界食料システムに最大の貢献をしている国の一つなのである。食の洋風化(肉食、ジャンク・フードの増加)、穀物(トウモロコシ)飼料による畜産の工業化と貿易自由化が、日本をこのような国に仕立てたのである。

 だから、日本は世界のこの闘いにも大きく貢献できるだろう。日本型食生活を取戻し、工業的畜産を改め、貿易自由化の流れをせき止めることによってである。それは、同時に、日本の食料安全保障の 強化にも貢献するだろう(トウモロコシ、大豆、小麦に高率輸入関税をかければ、日本の食料自給率はたちまち50%、60%にもはねあがるだろう)。

 ところが、日本の政府も、学者を含む多くの専門家も、いまなお農業の効率化(大規模化、工業化)と貿易自由化を志向するばかりだ。TPPなど、現在の世界食料システムの一層の強化に役立つだけだ。世界の健康と環境と食料安全保障を求める闘いのためにも、日本のTPP参加は阻まねばならない。

★詳細はURLをクリックして下さい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】野田氏登場追加増税条項撤回三文芝居は通用せず
植草一秀の『知られざる真実』2012年3月22日 (木)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-38ee.html

野田佳彦内閣の消費増税閣議決定が週明けに先送りになった。

 大義も正義も正統性もない消費増税案は撤回するべきだ。
 
 民主党の良識派が野田内閣の暴走に対して、体を張って対抗していることは極めて健全な姿である。
 
 野田・岡田の「天下り決死隊」は、国民を裏切り、国民にうそをついて、巨大な消費増税を強行決定しようとしているが、民主主義を破壊する卑劣な行為を慎むべきである。
 
  民主党内論議では、景気条項と追加増税条項が論議されていると報道されているが、追加景気条項には何の意味もない。
 
当初から撤回することを前提に示されたものである。
 
 描かれている三文芝居のシナリオは、延々と民主党内論議が続く。
 
 閣議決定日程を何度も先送りする。
 
 機が熟した段階で、野田佳彦氏がしゃしゃり出て、追加増税条項を撤回して意見集約を図る。
 
 執行部一任を宣言し、一部の議員が拍手するというものだ。
 
 追加増税条項は、初めから撤回用に提示されているのである。
 
 議論をできるだけ長引かせるのは、「熟議を重ねた」との説明を付けるためである。
 
 追加増税などという話は、直近になって急浮上した話で、こんな条項を盛り込もうというところに、論議全体のいかがわしさが表れている。
 
 財務省はいま、そこまで求めていない。初めから撤回することを織り込んで提示しているのである。反対者に大幅に譲歩したとの演出を凝らすことが狙いである。

景気条項の実質2%成長、名目3%成長というのは、数値としては適正な部類に入るのだろうが、ひとたびこの数値を条件に設定すれば、彼らは何を始めるか、見当がつかない。
 
 経済成長率の統計を人為的に操作することなど、朝飯前のことだと考えられるからだ。彼らは間違いなくそれくらいのことは平気でやる。
 
 しかし、原点に帰って考えるべきだ。
 
 野田佳彦氏が声を張り上げて叫んだのは、
 
「シロアリを退治し、天下り法人をなくし、天下りをなくす。そこから始めなければ消費税をあげるのはおかしい」
 
ということだった。
 
 つまり、民主党のマニフェストとは、
 
「シロアリ退治なき消費増税阻止」
 
だったはずだ。
 
 野田佳彦氏が推進する消費増税案のなかに、シロアリ退治の内容は皆無である。シロアリ退治とは、天下りとわたりの根絶を意味するが、この二つが「社会保障・税一体改革」から完全に姿を消したのだ。
 
 代わりに登場したのが、議員定数削減と公務員総人件費削減である。
 
 霞が関の高級官僚の巨大利権である天下りとわたりにはメスが入らぬよう、財務省が財務省にとって都合の良いように内容を改竄したのだ。
 
 そのような改竄を許さないのが、民意の負託を受けた政治家の役割だが、野田佳彦氏は財務省に籠絡され、シロアリ王国を実家に持つ岡田克也氏を副総理に起用したのだ。
 
 岡田氏の実家であるイオン株式会社はまさに天下り王国、シロアリ王国である。天下りの癒着を利用して日本たばこの工場跡地を獲得する、天下りの癒着を利用して日本振興銀行払い下げ先に選定される、など、官民癒着の標本企業と化しているのだ。
 
 この、野田・岡田の「天下り決死隊」に天下り根絶ができるわけがない。
 
 民主党の党内協議では、「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」と野田佳彦氏が述べた問題について掘り下げた論議を行うべきである。

野田内閣執行部が景気条項に数値を盛り込むことに反対しているのは、彼らが、不況でも消費増税を断行する方針を保持していることを示す証左である。
 
 不況であるなら消費増税の実施を見送るのであれば、数値目標の設定に合意するはずだ。数値目標の設定に反対するというのは、いかなる事態が発生しようとも、消費増税を断行するとの意思の表出と受け止める必要がある。
 
 経済状況を無視した緊縮財政政策が百害あって一利なしであることは、これまでの事実によって確かめられている。
 
 2014、15年に、2年連続で巨大増税を実施するなら、日本経済は間違いなく大不況に押し戻されるだろう。
 
 大不況は税収の大幅な自然減を招く。大規模な景気対策を必要とする。結果として、財政赤字は減少せずに増加する。この過ちをまた繰り返すのか。
 
 消費増税の際に必要不可欠なことは、増税が持つマイナスの経済効果を相殺する景気対策を併用することなのだ。この点についての論議がまったくない。
 
 この点を民主党内で論議する必要がある。

論議を重ねたところに野田佳彦氏がのこのこと出て来て、追加増税条項を撤回して、執行部一任→一部の委員の拍手で幕引きなど、絶対に許してはならない。
 
 ここで消費増税賛成の見解を示す民主党国会議員は、一人残らず、次の総選挙、参院選で落選させられることをしっかり念頭に置くべきだ。
 
 消費増税論議の最後は、必ず多数決採決によって党議を決するべきだ。それが、民主主義政党の正当な意思決定プロセスである。

★詳細はURLをクリックして下さい。


□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□□□
【●】「さっさと公訴棄却で終わらせて、関与した全検事を徹底的に事情聴取して検証しないと大変なことになると思う」 晴耕雨読 2012/3/18 検察・司法・検察審査会
http://sun.ap.teacup.com/souun/7022.html


市川寛氏のツイートより。

陸山会事件って、さっさと公訴棄却で終わらせて、関与した全検事を徹底的に事情聴取して検証しないと大変なことになると思う。

大阪特捜部の事件の報告書を見ればわかるように、検察庁に検証なんかできっこないから、第三者委員会ですか。

陸山会事件は、大袈裟でもなんでもなく、おそらく検察庁始まって以来の「検察庁による組織犯罪」。

これを一部の検事だの上司だのの処分ですませたら、マジで検察庁は潰れる。

私が言うと必ず「自己弁護だ!」との矢が飛んでくるので言いづらいのですが、真摯に執務している検察官、事務官はたくさんいます。

が、そういう人たちの真摯な思いがどこかでねじ曲がる「組織の問題」があるのだと思います。

> 第3者委員会って、そんなのあるんですか?

ないですよ。

臨時に作るべきだと言いたかったのです。

言葉足らずで誤解を招き、失礼いたしました(汗)

> 理想的には国会原発事故調の例で、特別立法による国会調査委では。

私も似たようなイメージですが、政治家をメンバーにするという意味まで含むと、別の方向から検証の客観性が保てなくなりそうですね。

皮肉なことに、陸山会事件の捜査の全容を解明するためには、関与した検事たち全員から自白を得ないといけない。

検事だって人間だ、言いたくても恐ろしくて言えないだろう。

組織犯罪解明のための新しい捜査手法を考える契機になるのかもしれない。


--------------
joseph

市川寛さんの「検事失格」読了。

読むのが遅いので時間がかかったが、内容はスラスラ読めた。

自分が市川さんの立場だったら、悩むとは思うが、子供がいれば養育費も必要、生活を考える。

自分の良心への言い訳を一つでも見つければ、偽証してしまう気がする。

偽証していればどうなったか、実際のところは不明だが、裁判官は検事の証言を信じてくれて、被疑者は有罪、自分は助かると、様々な事例から強く推認されると思う。

周囲が偽証を勧めるのは当然だろう。←納得している訳ではない。

裁判所の問題もあるだろう。

後、印象に残ったところは、新任時代の独自捜査、ガサを刑事部長がマスコミに知らせていたというところ。

まさに検察(警察も同様だろう)とマスコミが一体となって、被疑者を犯人扱いし、場合によっては冤罪を作りあげていく、ことに通ずる。

無罪推定の原則は何処へ行ったのか?

これは官公庁の記者クラブの問題と言っても良いだろう。

というわけで、次の読書は、元日本経済新聞記者でジャーナリストの牧野洋さんの書かれた「官報複合体」。

--------------
Kotaro Takagi

市川寛「検事失格」読了。

野心、不安、立場、配慮、無関心が織りなす情動文法とも呼べる暗黙のシステムが法の正義を飲み込み検察という組織を動かす様子が描かれていた。

批判すべきはこのシステムであり、そこに絡め取られ擦り切れた個人ではない。

個人への外在的な非難も別種の情動文法の行使である。

「検事失格」の個人的な読後感は「切ない不快感」が残るものだった。

ただ市川さんが退職し弁護士になってからも自分を検察の外に位置づけず、「元検事」として内側から語り続けていることには心底圧倒された。

過ちを過去にせず現在として生きるというのは並大抵の覚悟じゃできないことだよ。

--------------
ryu

『検事失格』読了。

読み進めていく中で、検事を目指すの止めようかと思ったり、やっぱり検事を目指そうと思う気持ちが強くなったり、すごく心を揺さぶられた。

今読めて良かった。

この前のエクスターンで指導弁護士に「今の気持ちを持ち続けろ」と言われたのを思い出した。

初心って大事なんだな。

★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
『郵貯かんぽのカネが狙われてるのに何ねぼけたこと言ってんですか
http://www.youtube.com/watch?v=2VkpBPgBTvw&feature=player_embedded
TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
http://www.youtube.com/watch?v=G_mRJcdJpRg&feature=related
西部邁ゼミナール 2010年12月18日放送
http://www.youtube.com/watch?v=JcQnZ4ioiGo&feature=player_embedded
中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!
http://www.youtube.com/watch?v=nRmNJpUj5sI&feature=related
降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY
**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
***********************************************************
http://amzn.to/lOtXmj
コメント

小沢推定無罪 存在無き検察審査会 Newspaper Articles Review

2012-03-21 20:27:11 | 日記

□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou
小沢推定無罪 存在無き検察審査会 Newspaper Articles Review
http://youtu.be/dcIPI5P4uuk


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】「小沢元代表側、改めて無罪主張=「事件は妄想、動機なし」-陸山会事件最終弁論 (時事通信)」
  晴耕雨読 2012/3/19  検察・司法・検察審査会
  http://sun.ap.teacup.com/souun/7032.html

小沢元代表側、改めて無罪主張=「事件は妄想、動機なし」-陸山会事件最終弁論 (時事通信)  投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 19 日 から転載します。

小沢元代表側、改めて無罪主張=「事件は妄想、動機なし」-陸山会事件最終弁論

 資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐり、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪に問われた民主党元代表小沢一郎被告(69)の第16回公判が19日、東京地裁(大善文男裁判長)で開かれた。弁護側が最終弁論を行い、「検察の妄想から始まった事件で、実在しない。小沢被告には提供した4億円を隠す動機がない」と述べ、改めて無罪を主張した。
 最終弁論は午後も続けられ、小沢被告が改めて検察捜査を批判する最終意見陳述を行い、結審する。判決は4月下旬に言い渡される見通し。
 弁護側は最終弁論で、土地購入資金4億円の原資について、小沢被告は明確に説明しているとする一方、検察官役の指定弁護士側は違法な資金であることを立証していないと指摘。「4億円は適法な財産であり、違法な手段を用いてまで隠そうとすることはあり得ない」とした。(2012/03/19-10:37)


コメント
01. 2012年3月19日 11:22:48 : BIgfJMRMNE
>小沢元代表側、改めて無罪主張=「事件は妄想、動機なし」-陸山会事件最終弁論

極めて真っ当な弁論。

02. 2012年3月19日 11:40:54 : 5KpPSA4652
4億円を裏金としてもらったとか、そういう悪事の証拠を突き付けたというのならわかるけれど、結局、そういったことは何も出てこなかったんだよね。
これで、有罪判決をだしたら、大善裁判長も登石郁朗裁判長と同じだってことだ。
司法はまた自殺するのか?何度自殺しても死なないこの日本の司法自体に問題があることを多くの国民が気づいたら、大変なことになるな。

03. 2012年3月19日 12:09:26 : Wfn5BpYNpk
NHKニュース
小沢元代表弁護団 改めて無罪主張
3月19日 11時55分

政治資金を巡って強制的に起訴された民主党の小沢元代表の裁判で、元代表の弁護団の最終弁論が行われ、弁護団は「罪を犯す動機も必要性もなく、事件自体が成立しない」と述べ、改めて無罪を主張しました。
午後には小沢元代表がみずからの意見を述べて、すべての審理が終わる予定です。

民主党の元代表の小沢一郎被告(69)は、資金管理団体が土地を購入する際に提供した4億円を巡り、元秘書らと共謀して収支報告書にうその記載をしたとして、強制的に起訴されました。
裁判では、検察官役を務める指定弁護士が、今月9日、「元代表が元秘書の行為を了承していたのは明らかだ」などと主張して禁錮3年を求刑したのに対し、19日は元代表の弁護団の最終弁論が行われています。
この中で弁護団は「事件は、元代表が違法な金を受け取ったのではないかという東京地検特捜部の根拠のない『妄想』から始まったもので、元代表には罪を犯す動機も必要性もなく、事件自体が成立しない」と述べ、改めて無罪を主張しました。
また「秘書には裁量が与えられており、いちいち元代表に判断を仰ぐことはなかった。報告したりすれば元代表から叱責されることもあった」と述べ、元秘書らにすべて任せていたと主張しました。
最終弁論は午後も続き、最後に小沢元代表がみずからの意見を述べて、5か月間にわたった審理がすべて終わる予定です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120319/t10013817761000.html

04. 2012年3月19日 13:30:14 : 5mLzBGNdZw
大善裁判長も、
自分の子供達が仲間から白い目で見られるような
バカな真似はしないだろう。

人の親としては、法から外れた行為をすべきでない。


05. 2012年3月19日 13:37:42 : FrpXTmA0eo
 
 検察官自身が妄想だったと自ら認め、すでに再確認された 妄想 から始まった事件 であると、全国民は知る必要があります。

06. 2012年3月19日 13:39:33 : Wfn5BpYNpk
陸山会事件:小沢元代表側が改めて無罪主張

 資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、政治資金規正法違反(虚偽記載)で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の第16回公判が19日、東京地裁(大善文男裁判長)であり、弁護側は最終弁論で改めて無罪を主張した。弁護側は「検察の妄想で始まった事件。元代表には(土地購入のために用立てた)4億円を隠す意思も必要性もない。従って虚偽記載の動機はなく、元秘書との共謀も成立しない」と述べた。【和田武士、石川淳一、野口由紀】

 昨年10月からの公判は同日午後、元代表が最終的な意見を述べて結審する。判決は4月下旬の見通し。

 最終弁論で主任弁護人の弘中惇一郎弁護士は、東京地検特捜部の捜査を「元代表がゼネコンから違法な金を受け取ったのではと想定し『特捜部と小沢の全面戦争』の捜査を行ったが裏付けられず敗北した。(事件は)その残りかすで、最後まで実在しない」と批判。禁錮3年を求刑した検察官役の指定弁護士の主張を「不合理極まりない」と指摘した。

 元秘書で衆院議員、石川知裕被告(38)の取り調べを担当した田代政弘検事(45)が実際にはないやりとりを捜査報告書に記載した問題にも言及。報告書は東京第5検察審査会の起訴議決の根拠の一つで、「検察審をあざむいて起訴を確保しようとした」として起訴は無効と強調した。

 土地購入時に提供した4億円については「元代表は由来を法廷で明確に説明した。適法な財産で、違法な手段を使ってまで隠そうとすることはあり得ない」と主張した。

 最大の争点である元秘書らとの共謀を否定した上で、4億円提供と同時期の銀行融資に元代表の署名・押印がある点については「多忙な政治家が信頼する秘書の持参した書類に特段関心を払わず署名することは不自然ではない」と反論。「土地代金の記載を翌年に回したと報告したところ元代表は『ああ、そうか』と応じた」とした元秘書、池田光智被告(34)の供述調書については「元代表の関心の低さを示しているともいえる」と述べた。

 弁護人に挟まれて着席した小沢元代表は、手渡された最終弁論の書面をめくって視線を走らせ、読み上げにじっと耳を傾けた。

毎日新聞 2012年3月19日 12時31分(最終更新 3月19日 13時02分)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120319k0000e040147000c.html   


★詳細はURLをクリックして下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】今度は検察審が邪魔だって 操作報告書「捏造」の皮肉 (日刊ゲンダイ) 
  ★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 19 日
  http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/783.html

 
今度は検察審が邪魔だって 操作報告書「捏造」の皮肉
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5301.html
2012/3/19 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ


小沢裁判で暴露された元東京地検特捜部の田代政弘検事(45)による捜査報告書“捏造”問題は「組織犯罪」の疑いがますます強まっている。
先週、この報告書が上司の指示で書き換えられていた疑いのあることが判明した。検察の「組織ぐるみ」は濃厚なのに、東京地検は田代からアリバイ程度に話を聞いただけ。法務省なんて「行政処分」を検討している段階というから何をチンタラやっているのか。

「検察審査会の存在がネックになっているのでしょう。田代検事は市民団体から、虚偽有印公文書作成などの罪で告発されている。東京地検が不起訴処分や起訴猶予処分で逃げれば、市民団体は間違いなく検察審査会に申し立てる。そうなったら、どんな展開が待ち受けているか分かりません。仮に強制起訴されて裁判になれば、当時の佐久間達哉特捜部長、吉田正喜副部長、木村匡良主任検事が証人として出廷せざるを得なくなる。小沢捜査における検察の組織的な醜聞が明るみになれば、大阪地検特捜部の証拠改ざん事件を上回る大スキャンダルになりかねません」(司法ジャーナリスト)

当時の吉田副部長は小沢の元秘書、石川知裕衆院議員(38)を取り調べた際、「(検察は)小沢は起訴できないけれど、検察審査会で必ずやられるんだ」と脅したというが、まさに自業自得。策士策におぼれるという言葉がピッタリである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント
01. 2012年3月19日 21:29:53 : evO9FMms6M
検察審査会もそうだけど
石川さん達の控訴審で証人として法廷に呼ばれるでしょうね

02. 2012年3月19日 21:48:38 : MGcBX2f4a2
石川さんの控訴審で、担当した検事を全員を証人として証言させましょう。
『どうせ、本当の事は言わないだろうから、検察審査会で起訴しますから』
と脅しておき、偽証罪として検察審査会で起訴させましょう(笑)

共謀罪も含めてね♪

03. 2012年3月19日 21:48:41 : G3DdREoruw
検察審査会では、またくじ引きソフトで操作するのだ。民主党内消費増税意見集約は多数決採決が不可欠
植草一秀の『知られざる真実』2012年3月21日 (水)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-6d26.html


民主党内での消費増税論議が難航している。

 野田佳彦氏は強引に消費増税を実施しようとしているが、党内の反対意見が根強い。
 
 メディアは「慎重派の抵抗」と表現しているが、日本語の正しい使い方を知らないようだ。
 
 消費増税反対は、民主党が2009年8月の総選挙以来、政権公約に掲げてきた政策である。いまもこの主張を貫いているのが慎重派であって、「抵抗」しているわけではない。
 
 慎重派が主張している内容が正論である。
 
 野田佳彦氏自身が
 
「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」
 
「天下りやわたりをなくせという国民の声にまったく応えない政権は不信任に値する」
 
と堂々と述べてきたのである。
 
 シロアリも退治せず、天下りやわたりを放置したまま、消費税を上げようとすることが間違いであることを、すべての国民が知っている。
 
 民主党の国会議員で、消費増税に賛成する者は、次の総選挙、参院選で間違いなく全員落選することになるだろう。
 
 ネットからの情報発信力を軽視することはできなくなっている。
 
 主権者国民を裏切り、霞が関権力の僕となる民主党議員に対しては、強烈な形で「落選運動」が展開されることになる。
 
 彼らは、2009年の総選挙で、「シロアリ退治なき消費増税阻止」の看板を掲げて総選挙を戦った。
 
 主権者である国民は、その主張が正論であると賛意を示し、これらの候補者に清き一票を投じた。
 
 その議員が、主権者国民に対して何の説明もすることなく、シロアリ退治なき消費増税賛成に回るなら、主権者国民がこれらの議員を許すはずがないのだ。
 
 民主党議員でシロアリ退治なき消費増税賛成に回る者は、次の選挙で「落選運動」に見舞われ、落選することを覚悟に賛成することになる。

増税論議は、景気条項、追加条項がカギだとメディアが報じているが、これも間違いである。
 
 消費増税反対派は、シロアリ退治をしない現状で消費増税に突き進むことに反対しているのであって、景気条項を条件にしているわけではない。
 
 まして、追加条項など論外だ。
 
 野田佳彦氏も岡田克也氏も民主的なプロセスを踏んで意思決定すると公言しているのだから、最後は、多数決採決することが不可欠だ。
 
 執行部一任を誰かが叫び、一部の人間が拍手しても、これで民主的なプロセスを踏んだことにはならない。
 
 反対意見が多数で、少数の人間が一任を叫び、拍手をするケースが想定されるからだ。
 
 堂々と、「民主的なプロセスを経て決定した」と言うためには、必ず、多数決採決を取ることが必要である。
 
 その際、党費を用いた買収工作による投票の操作が行われないように、無記名投票の形式を取ることも不可欠だ。
 
 民主党が民主主義を基礎に置く政党であるなら、多数決採決で党の方針を決めるべきことは当然のことである。

繰り返して述べるが、現段階で2年後の、単なる増税を決定する必要性は皆無である。しかも、社会保障との一体改革と言いながら、内実は単なる増税にすぎない。
 
 シロアリ退治も手付かずの状態だ。
 
 大連立で決定しようとするならその方向を模索すればよいが、肝心の自民党は拒絶の姿勢を崩していない。
 
 また、民主党の方針で大連立を決めていない以上、スタンドプレーに動いた議員を処分するべきだ。岡田克也氏のスタンドプレーは目に余るものがある。党員資格停止なり除籍なりの厳しい処分を速やかに決定するべきである。
 
 党の幹事長が何も知らないで、一議員に過ぎない岡田克也氏が大連立を他党に呼びかけるなど、言語道断と言わざるを得ない。



以下に、3月23日および3月28日のシンポジウム概要を再掲させていただくので、ぜひ、一人でも多くの市民のご参加をお願い申し上げたい。 
 
1.「小沢一郎議員を支援する会」主催の第7回シンポジウムの概要
 
http://minshushugi.net/activity/
 

第7回シンポジウム
 
テーマ  「小沢政治裁判を終わらせよ!」
      —今こそ真の民主主義を取り戻そう—
 
日 時  平成24年3月23日(金) 午後6時〜9時
 
場 所  豊島公会堂
     〒170-0013 東京都豊島区東池袋1−19−1 
     TEL:03−3984−7601
 
講 師  衆議院議員   石川 知裕 氏
     同       川内 博史 氏
     同       辻   惠 氏
     参議院議員   森 ゆうこ 氏
     元衆議院議員  二見 伸明 氏
     評 論 家   植草 一秀 氏
     日本一新の会代表
     元参議院議員  平野 貞夫 氏
     市民連帯の会代表 三井 環 氏
 
参加費  お一人様 1,000円(資料代含む)




2.「なにわ市民セミナー団」、「市民が訴える「大阪宣言」の会」共催シンポジウムの概要。
 
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002073489P0050001P006001P0030001 
●題 名:The Symposium in Naniwa 
検察・司法、マスコミを改革せよ!
  
●期 日:平成24年3月28日(水)
 
●時 間:午後6時30分~(午後6時開場)
 
●会 場:浪速区民センターホール 
〒556-0023 大阪市浪速区稲荷2丁目4番3号
 
●入場料:お一人1.500円
     前売り1.400円(但しファミマ、セブンのみ)
 
●出演者:生田 暉雄氏/弁護士(元・大阪高裁判事)
     平野 貞夫氏/日本一新の会・代表(元・参議院議員)
     植草 一秀氏/政治・経済学者(元・早稲田大学教授)
     八木 啓代氏/健全な法治国家のために声を
             あげる市民の会・代表(歌手・作家)
 
●主 催:なにわ市民セミナー団
 
●共 催:市民が訴える「大阪宣言」の会
 
●後 援:日本一新の会
     健全な法治国家のために声をあげる市民の会
 
●協 賛:志 信 会・都一新の会・日本一新の会なにわ
     小沢一郎衆議院議員を支援する会
     ネットメディアと主権在民を考える会
 
●協 力:討論Bar“シチズン”・ 街カフェTV・ツイートTV


★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
フジTV サキヨミLIVE「アメリカからの指令書!?年次改革要望書とは…」

http://www.youtube.com/watch?v=AoIqkOAGN0w

http://www.youtube.com/watch?v=IsPTYPdkuXs&feature=related
***********************************************************
2005年郵政解散・総選挙
http://ameblo.jp/sunazukinn/entry-10299713563.html
************************************************************
郵政民営化とは、郵政ロックフェラー化の事だったんです。
小泉の構造改革とは、日本をユダヤ資本に売り渡すことだったんです。」

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yuuseiminneika.htm
************************************************************
【●】徹底追及!郵政民営化・かんぽの宿
http://www.youtube.com/watch?v=3XHFbYHeKXg

http://www.youtube.com/watch?v=3IF591HZbjE

http://www.youtube.com/watch?v=eyjtspp8iEk

http://www.youtube.com/watch?v=39FdFZnL2Yk
---------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】1/2
http://www.youtube.com/watch?v=S9cDcxRRtps

-------------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】2/2 http://www.youtube.com/watch?v=y0IbZgUCntk&feature=related
******************************************************************
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
http://www.youtube.com/watch?v=EhGE_ZIadEg&feature=related;

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
http://www.youtube.com/watch?v=wVT3jkx8p98&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
http://www.youtube.com/watch?v=jonZYLtzRts&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
http://www.youtube.com/watch?v=ZvvF7-faq4c&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
http://www.youtube.com/watch?v=SN8cpirvuOE&feature=related

石井紘基議員刺殺の真相 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=XZvKh4J9vig


石井紘基議員刺殺の真相 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=Dz5FIXVXRvk&feature=related

石井紘基議員 暗殺の謎
http://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

http://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

http://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
****************************************************
コメント

病院に医師がいない...地域医療の拠点は"崩壊寸前"に

2012-03-21 16:30:33 | 日記

□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou
病院に医師がいない...地域医療の拠点は"崩壊寸前"に
http://youtu.be/YcCQU8xF-hI
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】ムネオの日記>鈴木宗男
   新党大地  2012年3月19日(月)
   http://www.muneo.gr.jp/diary/diary_top.html

 16・17・18日と釧路管内、根室管内を廻ったが、どの市、町でも医師不足問題、働く機会、仕事がないという声が、悲鳴のように聞かされた。
 小泉政権で新しい医師の臨床研修制度の導入によって都会には医師が集中し、地方に行かなくなった。公共事業も毎年1割カットで10年前の3分の1近くまで北海道は減少した。弱肉強食の政治で都会と地方の差が拡がったが、これは地方切り捨ての新自由主義政策の結果である。自民党政権のツケが今になって大きく響いている。
 間違った政策、政治判断が国民のやる気を無くさせている現状を見る時、政治の重さをつくづく感じる。「良い政治とは普通の国民が思っている事を具体化、具現化する事だ」と、改めて思う。日本の最東端を廻っての私の受け止めである。
 午前中、釧路事務所で仕事。11時からマスコミ関係者の集まりで講演と懇談会。約3時間、現下の政局と北方領土・日露関係について話させて戴く。15時半、釧路市阿寒湖畔、阿寒グランドホテル鶴雅で、十勝管内帯広市と近隣町村の鈴木宗男後援会女性の集いに出席。我が後援会最強の女性リーダーと久し振りにゆっくり懇談する。鶴雅さんの素晴らしいもてなしと、集まった皆さんの人間味が一緒になって、何とも言えぬ時間帯だった。

★詳細はURLをクリックして下さい。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】「消費増税は誰が背後で操っているのか 現実から逃避した野田政権
(日刊ゲンダイ)」
   晴耕雨読  2012/3/19  税制・年金
  http://sun.ap.teacup.com/souun/7030.html

消費増税は誰が背後で操っているのか 現実から逃避した野田政権 (日刊ゲンダイ)  投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 18 日 から転載します。

消費増税は誰が背後で操っているのか 現実から逃避した野田政権 2012/3/17 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ

政権交代前は消費税増税は4年間しないと絶叫した野田バカ首相がなぜ突然豹変したのか

消費税アップに突っ走る野田首相について、小沢一郎が「なぜ、このタイミングで野田首相が消費税アップを進めるのか分からない」「国民の気持ちが分かっていない」と漏らしたそうだが、本当にその通りだ。

ただでさえ、日本は深刻なデフレ不況にあえいでいるのに、これ以上、国民負担を強めたらニッチもサッチもいかなくなるのは目に見えている。だから、どんなに大新聞テレビが消費税アップ賛成のキャンペーンを張っても、国民の半数以上は反対のままだ。誰がどう考えても、消費税増税は無理スジなのである。

ドジョウ首相も、ほんの3年前まで消費税アップに反対していたはずだ。09年衆院選の時、〈シロアリ役人を退治して、天下りをなくす。そこから始めなければ消費税を引き上げる話はおかしい〉〈消費税の税収が20兆円になるなら、またシロアリがたかるかもしれません〉と声を張り上げていた。「4年間消費税は上げない」と公約していたものだ。

◆「財務省」「財界」「大新聞」に操られている

なのに、首相に就いた途端「不退転の決意だ」「51対49の党内世論でも手続きを踏んでいく」と消費税アップに血道を上げているのだから、どうかしている。分からないのは、なぜそこまで消費税アップに執着するのかだ。
あれだけ消費税アップに反対していたのに突然、野田首相が豹変した裏に一体なにがあったのか。首相のバックにどんな連中がいるのか。

政権交代後、ドジョウ首相が財務官僚に洗脳されたのは間違いない。
なにしろ、「このままでは日本はギリシャの二の舞いになる」「社会保障が持たない」などと、首相が消費税アップを進める理屈は、財務官僚の説明そのままだ。ズル賢い財務官僚にとって、財務副大臣、財務大臣として2年間、財務省で過ごしたドジョウ首相を洗脳するのは簡単だったに違いない。

首相を背後で操っているもう一方の黒幕が「財界」だ。大企業にとって消費税アップは、決して悪い話じゃないのだ。
「国際競争力が落ち、業績が悪化している大企業が切望してきたのが、法人税率の引き下げです。経団連はこの数年、しつこく法人税率の引き下げを要求してきた。でも、法人税を減税する財源はない。そこで消費税増税を実施し、財源を捻出するつもりでしょう。実際、法人税率の引き下げは決定しています。消費税増税で庶民から広く税金を吸い上げ、経済界に還元させる構図です」(政治評論家・本澤二郎氏)

大新聞が消費税アップに賛成しているのも、同じようなカラクリだ。
消費税が10%になった時点で、新聞は非課税になるとみられている。すでに新聞協会は、野田内閣に対して「新聞購読料の消費税率軽減の適用」を求めている。自分たちは消費税アップの影響を受けず、さらに法人税減税によって経済界に余裕が生まれれば、広告も期待できるという計算だ。
大新聞と財界は「国難だから消費税アップも仕方ない」などとキレイ事を口にしているが、一皮めくれば打算と私利私欲。
「財務官僚」「財界」「大新聞」の黒幕たちが、バカ首相を背後から操り、消費税アップで暴走させているのが真相である。

◆富裕層、支配層がニンマリする消費税アップ

しかし、消費税増税で庶民の暮らしをガタガタにし、その裏側で黒幕たちがニンマリしているなんて許されない。
驚くのは、消費税アップには、もっと隠された狙いまであることだ。消費税アップは、日本の富裕層、支配者たちにとって好都合なのだという。独協大教授の森永卓郎氏が、新刊「庶民は知らないデフレの真実」のなかで鋭い指摘をしている。
富裕層が一番、恐れていることは、〈増税の矛先が金持ちに向かってくることだ〉と、富裕層の立場について、次のように書いている。

〈金融資産課税はもちろんいけないが、法人税の引き上げや相続税の最高税率引き上げ、所得税の最高税率引き上げ、そして金融所得を含めた総合課税は、絶対に避けなければならない。増税のターゲットは、絶対に消費税だ〉〈消費税ほど、金持ちに優しい税制はない〉

たしかに消費税は逆進性が強いから、庶民にはキツイが、富裕層にとっては大した痛みじゃない。消費税をアップしたら、デフレが深刻化してしまうが、富裕層は大歓迎なのだという。
〈金持ちにとってデフレは天国だ。一番基本的な要因は、金持ちの持っているお金の価値がデフレで上がるということだ〉〈また、官僚のように、実際に保有している資産はさほどでもないけど、おいしい既得権を握っている人たちにとってもデフレは好都合だ。庶民は、デフレで転職が難しくなったり、リストラをされたりするが、終身雇用の公務員は、リストラされる可能性がないからだ。いまのデフレは、金持ちと既得権を持つ人たちの暗黙の共謀によって続けられている〉
ドジョウ首相は、野党時代の3年前、「消費税アップ反対」の大演説をしていたが、いまや完全に黒幕たちに取り込まれ、やっていることは富裕層の使用人も同然だ。

◆なぜ震災復興、原発事故処理、景気対策をやらない

これ以上、無能なドジョウ首相に総理をつづけさせてはダメだ。野田首相は、黒幕に操られている自覚さえないのではないか。
そもそも、いま政治が取り組むべき課題は、震災復興であり、原発事故の収束であり、デフレ不況からの脱却のはずだ。野田首相も施政方針演説で「被災地の復興と原発事故の収束が最優先課題だ」と明言していた。

なのに、どれもこれも放棄し、消費税アップしか頭にないのだから、どうしようもない。
「松下政経塾の限界なのでしょうが、野田首相は視野が狭すぎます。一国のトップは、山積する課題から、なにが重要か優先順位をつけなければならないのに、首相はその判断さえつかない。誰が考えたって、いま大急ぎで対処すべきなのは、震災復興、原発処理、景気対策に決まっています。ところが『このままでは日本の財政がもたない』と、自分で危機をあおって、消費税アップに突き進んでいるのだから、どうかしています。たしかに財政再建は必要ですが、日本の財政があす、あさって、パンクするはずがないでしょう。何年も先の危機をあおって、目の前の課題から目をそらしているのだから最悪です。これじゃ、現実から逃避しているのと同じです」(政治評論家・山口朝雄氏)

マインドコントロールされている野田首相は、なにがなんでも「消費税アップ」を強行するつもりだ。このままでは庶民だけが泣かされる。本当にそれでいいのか、民主党議員はよく考えるべきだ。

コメント
01. 2012年3月18日 02:35:08 : dnLjxjtLck
年金基金が破綻しそうなのも
降漏省管理で年金運用は関係ないと
超デフレ政策を自らの省の保身のために
推進した罪務症は彼らの年金を返上するべきだ
また、彼らが我欲のために
小沢冤罪事件を引き起こした真実は
国民全てに知らしめねければならない
JALのように国家公務員は
破綻させた上で再建させないと
腐った土台がまた母屋をつぶすのだ

02. 2012年3月18日 08:07:02 : b6G313uGjE
最高権力の座を維持するためには国民との約束など“二の次、三の次”と平気で考えるインチキ総理。“不退転の決意、苦しいことから逃げない”と格好つけたことを言ってごまかす総理。自らの言葉に溺れ、自己陶酔、自分は苦難に戦っている、そして“自分は格好いい”と勘違いをしている総理。自らの状況ややっていることに気付かない、それが理解できない、能力も中身のない総理。財務官僚と財界の強力な支援が権力維持の必須事項であることだけは良く知っている総理。「国民の生活が第一」と言ってなしえた政権交代から権力をうまく奪い取り、今や「国民の生活はどうでも良い」と言って自らの権力維持とそれを支える連中の利益だけを考える総理。消費税増税にこれだけエネルギーを費やす時間・余裕があるのならば、それをすべて今直面する最大の難題である「原発事故収束」と「震災復興」に向けるべきであるのに、そんな簡単なことがわからない、「国民の生活無視」の総理。民主主義の基本を捨てているのに、「民主党代表」を名乗る総理。何故なのか。国民の生活を見ていないことがすべての根源である。総理の資格なし! 早く辞めてくれないとこの国がダメになる。

03. 2012年3月18日 11:24:04 : imIi1Rs6Lg
変節野田総理、自分の言葉に責任の持てない者が、日本の総理である現状が最大の
悲劇である。
○野田総理の嘘つきペテンぶりがよく分かる動画は、下記のURL
是非拡散希望します。
http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo
自身の権力維持の為なら平気で嘘を並べ立てる、こんな輩には次期総選挙において
国民の鉄槌が下される事に期待する!!!

04. 2012年3月18日 12:27:42 : h21cmJnBOw
“不退転の決意、苦しいことから逃げない"は嘘でしょう。市場に弱い国民には消費税増税を要求するのに、国会議員数の削減、公務員経費の削減からは逃げ、法人税は下げ、社会保障の一体改革と言いながら年金改革はなし。小沢さんと戦うふりをして、小沢さんに責任転嫁。しっかり、逃げ回っているじゃない

05. 2012年3月18日 18:17:39 : ZrMDpsyito
野田豚だから「豚異店」の「血亥」かな。

06. 2012年3月18日 19:20:32 : Q1AShcAlNU
野田キチガイ首相が、不退転の増税推進に固執するには裏がありそうだ。
財務省の催眠術にかかっていることは周知だが、そればかりだろうか。
財務省は,職員が多数出向しているIMFにまで「日本の財政危機を打開するには増税が必要だ」とやらせた。

野田キチガイ首相は、もしかして、アメリカを喜ばすために裏でオバマ大統領に「TPP参加」を約束したように、「消費税増税が国会を通過したら、アメリカの国益に適う使途を約束した」のではないか。
野田キチガイがこれほど増税にこだわるのはどう考えても異常である。

同じ増税でも、オバマ大統領が国民から絶対の支持を受けている累進課税(年収2500万以上に重税)を提案すればいいものを、野田キチガイ首相は貧困者に過重になる消費税値上げを不退転策だと公言する。全くもってキチガイとしか思えない。

消費税を上げるなら:
食料品と日常用品(石鹸、トイレットペーパなど)は消費税ゼロ、
5万円までの商品は現状の5%にするなら、それ以上の商品はいくら上げても
かまわないと思っている。
  又は
消費税値上げに賛同する44%の国民にだけ払ってもらう。

消費税値上げではなく:
所得税の累進課税
遺産相続税の値上げ(小泉政権時に下げたので)
企業には損益をだしても年間一律5万円を課税する(これアメリカで実施。これで
大企業の66%が税金を払っていない現実が解消する)


07. 一番町のボケ爺 2012年3月18日 21:29:06 : f.FP6saV8REc. : 7K5F2zU0vA

ノー豚は、自ら暴露した。消費税増税の意図を!

 3月16日、参議院予算委員会、福島瑞穂氏の質問に対する答弁。


 [瑞穂氏の質問]

  「………社会保障案は厚労省の役員が言ったことをホッチギスで留めただけ…
  
 (消費)税を上げることは、本当に社会保障に使われるのですか?」の質問に、


 [ノー豚の答弁(声を荒らげて)]

  「じゃ、どうしろと言うんでしょ?よろしいですか?

   所得税増やせと言う話ですか?(※瑞穂氏はそうは言ってないが)

   現役時代の負担を増やすだけじゃないですか?(※富裕層のことをゴチャ

   混ぜにした?)それで、いいでしょうか?可笑しいでしょう。

   法人税上げるんですか?

   国際競争力なくなりますよ!雇用、保てませんよ!

   防衛費削るんですか?この厳しい環境の時に!

   その意味から、安定した財源(※即ち、消費税)を、何かと議論して

  いるのです。」 (※ノー豚、憤懣ヤルかたない面持ちで席にもどる。)

 [爺々の感想]

   1.消費税の増税分は、社会保障のために使うのではないことを吐露した。

   2.富裕層の所得増税は考えてないこと。

   3.法人税率の引き上げは考えてないこと。

   4.防衛費(※主に次期戦闘攻撃機、米海兵隊移転費、普天間基地大改修

     費の全額日本負担。アメリカの要求金額通り、査定なしで青天井)に

     アメリカのアジア再編計画の財源は日本が負担することが吐露された。


 [ノー豚答弁で、分からなかったこと] 

  1.消費税を上げなければ、年金、医療保険、その他の社会保障が壊れると

    言いますが、本当ですか?いつ頃、どの程度ずつ、壊れていくのですか?

  2.富裕層が税法上、優遇されていると世界的にデモが起こりました。日本の

    富裕層は、現状、どの程度で、世界に比べて、どうでしょう?
 
  3.法人税を上げると国際競争力が低下し、日本の企業が潰れ、失業者が

    増えるとノー豚は威嚇していますが、本当でしょうか? 

    少し前には、日本企業の国際競争力の低下の要因として、終身雇用、

    円高、デフレ、原発の停止、TPP未加入と切りがありません。

    挙げられた要因の中で、法人税がどの程度の比重を示すのでしょうか?

    また、日本の大企業は連結決算で赤字企業を傘下にするなど、ウマク

    会計操作し、法人税を払わない大企業が多いと聞きます。それからすると

    ノー豚が言うほどの影響はないと思いますが、どうでしょう?

  4.防衛費については、ノー豚はアメリカのパシリ、売国奴であることの

    本心を吐露していると思います。日本の防衛とか、抑止力とか、殆ど、

    お化けが出るぞうと脅されて、入園料をボラレテいるようなものと思って

    います。何でもよろしいですから、意見をお聞かせください

                  3.18  お休み。

※何方か、馬鹿にも分かり易く   

08. 2012年3月19日 00:34:55 : N8S8tM8fLU
今朝フジTVの消費税論議も大概でしたね。
反対派は山田農水相だけ。
残りの5~6人+司会のジジイまで全て推進派。
勿論袋叩きにあう山田農水相。

もうね、、民放いらなくない?
テレビは全てお金払ってチャンネルを買う制度にすれば良いのに。
そうすれば否応にも個々のテレビ局は、存続の為に官僚ベッタリ記者クラブによる偏向報道止めるのではないかな?
まぁお金貰っても情報隠蔽に加担するNHKがある位だから、そう簡単にはいかないか、、、?

★詳細はURLをクリックして下さい。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】権力の暴走・メディアの助長を市民が断固糾弾する
植草一秀の『知られざる真実』2012年3月20日 (火)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-d67f.html

小沢一郎民主党元代表に対する裁判が終盤に差し掛かっている。

 3月19日には、最終弁論が行われた。
 
 小沢氏の弁護側は小沢氏の無罪を主張し、また、小沢元代表も意見陳述を行い、検察の不当で不正な行動を厳しく糾弾した。
 
 事実経過を詳細に追跡している者には、一連の事案の基本構造が明白に認識されている。
 
 小沢氏および小沢氏の秘書3名は、まったくの無実の罪を着せられ、あるいは無実の罪を着せられようとしている。
 
 日本の警察・検察・裁判所が適正に機能しているなら、そもそも今回の裁判そのものが存在していない。
 
 小沢一郎氏が法廷で述べたように、政治資金収支報告書の記載については、実質的な犯罪が存在しない限り、報告書の修正ですべてが処理されてきたのに、小沢氏のケースに限って刑事責任を追及するとの対応が示されている。
 
 裁判所もこの点についての認識があったのだと思われる。
 
 東京地裁の登石郁朗判事は、この事情から、検察自身が立件を断念した根拠のない裏金疑惑を事実認定した。この事実認定が不当であることは、一連の捜査過程を検証するものには明らかなことである。
 
 つまり、一連の刑事事案の最大の根幹は、裏金疑惑の真偽にある。
 
 しかし、検察が公判で演出した裏金疑惑は、裏金を授受したとされる日時が社用車運転日誌の記録と矛盾するとの決定的な事実によって否定されるものであり、これを事実と認定した登石郁朗判事の刑事責任さえ追及され得る事案であると考えられる。
 
 つまり、この裏金疑惑の事実認定がない限り、すべての事案を有罪に持ち込むことは不可能なのであり、裏金疑惑の事実認定が明らかに正当性を欠いていることを踏まえれば、すべての裁判事案が消滅することになる。

とりわけ重大であることは、検察当局が小沢氏を無理やり起訴に持ち込むために、重大な犯罪を実行した事実が明るみに出たことである。
 
 すでに市民団体が刑事告発しており、早急な立件が求められているが、当局の対応はあまりにも遅い。村木厚子氏事案をはるかに上回る悪質、卑劣な犯罪であり、メディアがその全体像を徹底検証するべきものだ。
 
 ところが、日本のメディアは一切、事実関係を解明しようとしない。相変わらず小沢一郎氏に対して、「被告」の呼称を付けて放送を垂れ流し、小沢氏が悪であるとのイメージ放送を繰り返すだけである。

このような現状に対して、怒りの市民行動が計画されている。
 
 以下の行動が計画されているので、一人でも多くの市民の参加をお願い申し上げたい。
 
 
1.3月23日(金)に「小沢一郎議員を支援する会」主催の第7回シンポジウムが開催される。シンポジウムの概要は以下の通り。
 
第7回シンポジウム
 
テーマ  「小沢政治裁判を終わらせよ!」
      —今こそ真の民主主義を取り戻そう—
 
日 時  平成24年3月23日(金) 午後6時〜9時
 
場 所  豊島公会堂
     〒170-0013 東京都豊島区東池袋1−19−1 
     TEL:03−3984−7601
 
講 師  衆議院議員   石川 知裕 氏
     同       川内 博史 氏
     同       辻   惠 氏
     参議院議員   森 ゆうこ 氏
     元衆議院議員  二見 伸明 氏
     評 論 家   植草 一秀 氏
     日本一新の会代表
     元参議院議員  平野 貞夫 氏
     市民連帯の会代表 三井 環 氏
 
参加費  お一人様 1,000円(資料代含む)



2.また、大阪では、3月28日(水)に、「なにわ市民セミナー団」および「市民が訴える「大阪宣言」の会」が共催するシンポジウムが開催される。
 
 このシンポジウムの参加チケットはネットで申し込み、ファミリーマート、セブンイレブンで受け取ることができるとのことである。
 
 詳しくは、
 
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002073489P0050001P006001P0030001
 
をご覧いただきたい。
☆前売りチケットは¥1.400円とのこと。
 
シンポジウムの概要は以下の通り。
 
 
●題 名:The Symposium in Naniwa 
検察・司法、マスコミを改革せよ!
 
              記
 
●期 日:平成24年3月28日(水)
 
●時 間:午後6時30分~(午後6時開場)
 
●会 場:浪速区民センターホール 
〒556-0023 大阪市浪速区稲荷2丁目4番3号
 
●入場料:お一人1.500円
     前売り1.400円(但しファミマ、セブンのみ)
 
●出演者:生田 暉雄氏/弁護士(元・大阪高裁判事)
     平野 貞夫氏/日本一新の会・代表(元・参議院議員)
     植草 一秀氏/政治・経済学者(元・早稲田大学教授)
     八木 啓代氏/健全な法治国家のために声を
             あげる市民の会・代表(歌手・作家)
 
●主 催:なにわ市民セミナー団
 
●共 催:市民が訴える「大阪宣言」の会
 
●後 援:日本一新の会
     健全な法治国家のために声をあげる市民の会
 
●協 賛:志 信 会・都一新の会・日本一新の会なにわ
     小沢一郎衆議院議員を支援する会
     ネットメディアと主権在民を考える会
 
●協 力:討論Bar“シチズン”・ 街カフェTV・ツイートTV
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本の民主主義が危機に直面している。民主政治が検察・裁判所・メディアの複合体により、激しい攻撃を受けている。この現実を正しく認識し、是正しなければ、この国は暗闇に包まれたまま進んでゆくことになる。
 
 日本を暗黒社会にしている巨悪を白日の下に明らかにし、暗黒日本に光を差し込ませねばならない。

★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
フジTV サキヨミLIVE「アメリカからの指令書!?年次改革要望書とは…」

http://www.youtube.com/watch?v=AoIqkOAGN0w

http://www.youtube.com/watch?v=IsPTYPdkuXs&feature=related
***********************************************************
2005年郵政解散・総選挙
http://ameblo.jp/sunazukinn/entry-10299713563.html
************************************************************
郵政民営化とは、郵政ロックフェラー化の事だったんです。
小泉の構造改革とは、日本をユダヤ資本に売り渡すことだったんです。」

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yuuseiminneika.htm
************************************************************
【●】徹底追及!郵政民営化・かんぽの宿
http://www.youtube.com/watch?v=3XHFbYHeKXg

http://www.youtube.com/watch?v=3IF591HZbjE

http://www.youtube.com/watch?v=eyjtspp8iEk

http://www.youtube.com/watch?v=39FdFZnL2Yk
---------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】1/2
http://www.youtube.com/watch?v=S9cDcxRRtps

-------------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】2/2 http://www.youtube.com/watch?v=y0IbZgUCntk&feature=related
******************************************************************
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
http://www.youtube.com/watch?v=EhGE_ZIadEg&feature=related;

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
http://www.youtube.com/watch?v=wVT3jkx8p98&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
http://www.youtube.com/watch?v=jonZYLtzRts&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
http://www.youtube.com/watch?v=ZvvF7-faq4c&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
http://www.youtube.com/watch?v=SN8cpirvuOE&feature=related

石井紘基議員刺殺の真相 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=XZvKh4J9vig


石井紘基議員刺殺の真相 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=Dz5FIXVXRvk&feature=related

石井紘基議員 暗殺の謎
http://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

http://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

http://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
*****************************************************
コメント

大政翼賛行進曲

2012-03-19 12:45:00 | 日記

□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

大政翼賛行進曲
http://youtu.be/1oIiQ_SzA9E
【演説】 永井柳太郎 1938 Japanese famous poritician speech before W.W.?
http://youtu.be/ubshCK9jkPc

昭和初期の日本(その4)
http://youtu.be/yEY0ZMncN7M

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】小沢系反発、了承に影響も=岡田氏の大連立打診―消費増税===別の中堅も「小沢氏に頭を下げるのが先だ」=ごもっとも
★阿修羅♪ > 投稿者 日本一新の夜明け 日時 2012 年 3 月 17 日
http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/704.htm

さすが爺の記事だ!党内政局に風を吹かす。
ナベツネが戦意喪失しつつある昨今、次は田崎・岩見・岸井・橋本五郎・後藤謙次、小奴らはテレビ、新聞を通して善良なる国民に誤った情報を垂れ流している売国奴に他ならない。お天道様は見ているぞ!!!


小沢系反発、了承に影響も=岡田氏の大連立打診―消費増税
時事通信 3月17日(土)18時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120317-00000085-jij-pol
 岡田克也副総理が自民党幹部に、民主党との大連立を打診していたことが17日、判明した。野田政権の最重要課題である消費増税関連法案の成立を狙ったものだが、自民党への接近は、民主党内で消費増税に反対する小沢一郎元代表らの排除にも通じる。元代表を支持する勢力は反発しており、民主党で大詰めを迎えた関連法案の了承手続きにも影響しそうだ。
 複数の自民党関係者によると、岡田氏は3月上旬、同党の谷垣禎一総裁に近い幹部と会談。消費増税法案のほか、2012年度予算案の執行に必要な特例公債法案への協力を求め、大連立にも言及した。しかし、同幹部は「民主党政権に利があるだけだ」と拒否した。
 これについて岡田氏は17日、那覇市での記者会見で「誰といつ会った、どういう話をしたかは言わない」と説明を避けた。ただ、「お互い国民の立場に立って議論し、譲り合って合意に達する必要がある」とも語り、自民党に改めて協力を呼び掛けた。
 新たな民自接近の動きに、小沢グループ若手は「協力を求める相手が間違っている。元代表を枠外に出すことしか考えていない」と激しく反発。別の中堅も「小沢氏に頭を下げるのが先だ」と、岡田氏を厳しく批判した。   
★詳細はURLをクリックして下さい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】反民主主義岡田克也氏暴走に党員資格停止処分か
植草一秀の『知られざる真実』2012年3月19日 (月)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-1ae4.html

民主党は岡田克也氏の処分を検討するべきだろう。 とりあえず、党員資格を停止するべきだ。
 
 理由は権限も手続きもなく、野党第一党の自民党に大連立を呼び掛けたことだ。
 
 民主党の輿石東幹事長が、野田佳彦首相とも岡田克也氏とも大連立の相談をしていないことを明らかにした。
 
 岡田氏が党首であるなら、大連立の可能性を探るという行為があっても許されるだろう。内々に感触を探り、その情報を元に党内で論議をすればよい。
 
 しかし、党の代表でもない、ただの党所属の議員が他党と連立の協議を行うなど、言語道断の振る舞いである。 
 党としてけじめをつける必要がある。
 
 この人物は民主党にとって、百害あって一利のない人物である。
 
 除籍でも構わないだろう。 
 
 民主党マニフェストの政策が嫌いで、自民党の政策がそんなに好きなら、民主党を離れて自民党に入党すればよい。自民党が入れてくれるのかは分からないが、民主党は大歓迎するだろう。
 
 民主党を支持してきた国民も大歓迎だ。
 
 天下りは温存、庶民大増税は強力推進、対米隷属、政治と大資本癒着肯定の岡田克也氏が、民主党に居ることがそもそもおかしい。
 
 実家のイオン株式会社もシロアリ王国、天下り天国の運営をしているのだから、民主党ではなく自民党に移籍するべきだ。 
 
 岡田氏は政党政治そのものをまるで理解していない。
 
 主権者である国民と政党、媒介する選挙の関係をまるで理解していないとしか言いようがない。
 
 いま焦点が当てられている消費増税は、先の総選挙の最大の争点であった。
 
「シロアリ退治なき消費増税」の是非を問う選挙だった。
 
 シロアリ退治を終えた後の消費増税についての見解を国民は示していない。シロアリ退治をしても消費増税は反対だとする人もいれば、シロアリ退治を終えれば消費増税もありだと考える人もいるだろう。
 
 ここまでは、先の選挙で国民の審判を仰いでいない。
 
 争点の設定がそのようにはなっていなかった。
 
 選挙は消費増税を実行するとの主張を示した自民党と、消費増税の検討の前にシロアリ退治を実行するべきとの主張を示した民主党との間で戦われた。
 
 この選挙で、主権者である国民は、「消費増税論議の前にシロアリ退治を行う」とした民主党を大勝させた。
 
 同じ問題が蒸し返された2010年7月参院選でも、主権者国民は「シロアリ退治なき消費増税」に明確なNOの意思を表示した。
 
 現在における直近の民意とは、この二度の国政選挙で示された国民の意思を指す。 
 
 このなかで、民主党は主権者国民に「シロアリ退治なき消費増税を行わない」ことを約束している存在だ。
 
 これが、民主党と主権者国民との間の契約内容である。
 
 ところが、この状況下で野田佳彦氏が消費増税を強硬に推進している。
 
 野田氏は代表選で消費増税を言ったなどと居直っているが、主権者国民に対して説明責任を果たしたのか。
 
 シロアリ退治をまったくしないまま、消費増税にのめり込む政策には、正当性のかけらもない。
 
 主権者国民の意思を踏みにじる行動を正当化する根拠は皆無である。
 
 天下り根絶から一転して天下り完全擁護に転じる野田佳彦氏。天下り王国、シロアリ天国の官民癒着企業を実家に持つ岡田克也氏と「天下り決死隊」を編成したところで、主権者である国民に対して、説明責任をまったく果たさないのでは、国会議員失格である。 
 
 滑稽なのは、岡田氏が権限もなく、民主主義のプロセスも踏まずに、大連立を呼び掛けるとの暴挙に出たうえ、相手方の自民党から、沈没船に助け舟を出す余力はないと、すげなくあしらわれていることだ。
 
 イソップ童話に出てくるコウモリ。
 
 動物が強いときには動物を装って振る舞い、鳥が力を持ち始めると、今度は自分は鳥だと言い張る。やがて、動物からも鳥からも信頼を失って、居場所をなくす。
 
 野田・岡田の天下り決死隊が、まさにこの道を進んでいる。

★詳細はURLをクリックして下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】小沢氏裁判の帰趨は、ネット社会のさらなる攻勢にかかっている。
かっちの言い分<< 作成日時 : 2012/03/17 23:00>>
http://31634308.at.webry.info/201203/article_17.html

19日に、小沢氏裁判における弁護側の最終弁論が行われ、それで結審する。そして、4月26日に大善裁判長によって判決が出される。通常の裁判なら確実に無罪であるが、こと小沢氏の場合は、もともと地検特捜部の捜査も、検察審査会の強制起訴も、座敷牢に入れたのも、全てお小沢氏の政治生命の抹殺を目論んだことから来ているので、どうなるか全くわからない

最近、田代検事の虚偽記載、さらに法廷での偽証発言の処分も、小沢氏の判決の後で行うと言って、大善裁判長が有罪の判決を出しやすいようにしているとしか思えない。小沢氏を支持している三宅雪子氏のツイッターをフォローしているが、田代検事の虚偽記載に関連して、検察審査会の委員の告発を期待する記事が発信されていた。以下がその文である。

三宅雪子‏@miyake_yukiko35
月曜日は小沢元代表の結審。何故、検察審査会のメンバーが沈黙しているのか、私には本当に理解できない。虚偽の証拠で一人の人間を強制起訴してしまったのだからそのことに怒るべきだし、声をあげずにいると共犯と思われてしまう。心ある審査会メンバーは名乗り出て是非すべてを明らかにして欲しい。

民主党の議員の中で、ここまで述べている人はいない。最近は、森裕子議員が文部科学副大臣になって内閣に入ってから、検察審査会の不正の追及が無くなった。虚偽の報告書で、総理大臣になるはずだった小沢氏の強制起訴を決めた審査会メンバーの責任は重大である。名乗り出ることが出来ないのは、正に小沢氏を喜々として強制起訴するために選ばれたメンバーだからだろう。ネット社会の調査によって、ブラックボックスであった闇の世界に大分光が与えられてきたが、まだ奥の闇に蠢く輩を炙り出していない。弁護側の最終弁論で、どこまで大善裁判長の心証を「白」にすることが出来るかが問題であるが、初めから仕組まれていればどうしようもない。今やネット社会が小沢氏を救う最も有力な勢力となっている。

小沢氏は、自分の裁判がどうなるかわからない中、海外報道機関のロイター通信のインタビューを受けて、野田内閣に断固クギを刺している。野田首相が消費税増税を強行すれば、反対に回ると述べている。

インタビュー:消費増税案、強行なら賛成できず=小沢民主元代表


この中で、党を出るのかという問いに、出て行くのはマニュフェストを忘れた人たちだと述べ、野田首相を支持した議員グループと述べている。ただ、民主党であれ、自民党であれ、維新の会であれ、総選挙しても過半数を取れる党はないので、それだけは避ける方策を考えなければならないと述べている。ここに、今後の小沢氏の行動のカギが隠されている。

 小沢氏の動きに対抗するように、岡田副総理大臣が自民党との大連立を目論んだが、自民党から拒否されたと報道されている。この動きに、小沢グループ若手は「協力を求める相手が間違っている。元代表を枠外に出すことしか考えていない」と激しく反発していると言う。岡田副総理が自民党以上に自民党的になってしまった執行部の特命を受けて自民党と組むとしたことは、まさしく小沢氏切り以外には理由が無い。明らかに野田内閣は手詰まり状態である。 

小沢氏は、出て行くのは歌を忘れたカナリヤ集団と述べているが、腐ったリンゴの箱の中にいつまでもいたら、自分たちが腐ってくることを忘れてはならない。民主党内でうだうだ言っているのなら、袂を分かった方がいいと考えている。なぜなら、小沢氏グループとは根本的に違う理念の集団であるからである。

それにしても、もういい加減に日本の復興、将来のため小沢氏を解放した方がいい!!


★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
フジTV サキヨミLIVE「アメリカからの指令書!?年次改革要望書とは…」

http://www.youtube.com/watch?v=AoIqkOAGN0w

http://www.youtube.com/watch?v=IsPTYPdkuXs&feature=related
***********************************************************
2005年郵政解散・総選挙
http://ameblo.jp/sunazukinn/entry-10299713563.html
************************************************************
郵政民営化とは、郵政ロックフェラー化の事だったんです。
小泉の構造改革とは、日本をユダヤ資本に売り渡すことだったんです。」

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yuuseiminneika.htm
************************************************************
【●】徹底追及!郵政民営化・かんぽの宿
http://www.youtube.com/watch?v=3XHFbYHeKXg

http://www.youtube.com/watch?v=3IF591HZbjE

http://www.youtube.com/watch?v=eyjtspp8iEk

http://www.youtube.com/watch?v=39FdFZnL2Yk
---------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】1/2
http://www.youtube.com/watch?v=S9cDcxRRtps

-------------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】2/2 http://www.youtube.com/watch?v=y0IbZgUCntk&feature=related
******************************************************************
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
http://www.youtube.com/watch?v=EhGE_ZIadEg&feature=related;

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
http://www.youtube.com/watch?v=wVT3jkx8p98&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
http://www.youtube.com/watch?v=jonZYLtzRts&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
http://www.youtube.com/watch?v=ZvvF7-faq4c&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
http://www.youtube.com/watch?v=SN8cpirvuOE&feature=related

石井紘基議員刺殺の真相 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=XZvKh4J9vig


石井紘基議員刺殺の真相 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=Dz5FIXVXRvk&feature=related

石井紘基議員 暗殺の謎
http://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

http://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

http://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
*****************************************************
コメント

被災地の雇用問題

2012-03-18 16:20:02 | 日記


□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

被災地の雇用問題
http://youtu.be/azUZ80lqyBE
小野寺五典が語る!機能しなかった津波警報 12/02/18
http://youtu.be/lAT1cdeWnpc

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】笑止千万!「みんなの力で瓦礫処理」
ブロゴス  2012年03月08日 00:00
http://blogos.com/article/33513/


「みんなの力で、がれき処理 災害廃棄物の広域処理をすすめよう 環境省」。数千万円の税金を投じた政府広報が昨日6日付「朝日新聞」に出稿されました。それも見開き2面を丸々用いたカラー全面広告です。

“笑止千万”です。何故って、環境省発表の阪神・淡路大震災の瓦礫は2000万トン。東日本大震災は2300万トン。即ち岩手・宮城・福島3県に及ぶ後者は、被災面積当たりの瓦礫(がれき)分量は相対的に少ないのです。

「静岡や大阪等の遠隔地が受け入れるべきは『フクシマ』から移住を望む被災者。岩手や宮城から公金投入で運送費とCO2を拡散し、瓦礫を遠隔地へ運ぶのは利権に他ならず。良い意味での地産地消で高台造成に用いるべき。高濃度汚染地帯の瓦礫&土壌は『フクシマ』原発周囲を永久処分場とすべき」。

「『広域処理』なる一億総懺悔・大政翼賛の『絆』を国民に強要する面々こそ、地元首長の発言を虚心坦懐に傾聴せよ!」。

ツイッターで数日前に連続投稿した僕は、その中で戸羽太・陸前高田市長、伊達勝身・岩泉町長、両名の“慧眼”発言も紹介しました。

「現行の処理場のキャパシティーを考えれば、全ての瓦礫が片付くまでに3年は掛かる。そこで陸前高田市内に瓦礫処理専門のプラントを作れば、自分達の判断で今の何倍ものスピードで処理が出来る。国と県に相談したら、門前払いで断られました」。

「現場からは納得出来ない事が多々有る。山にしておいて10年、20年掛けて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する。元々、使ってない土地が一杯あり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこに有るのか?」。

阪神・淡路大震災以前から、産業廃棄物も一般廃棄物も「持ち出さない・持ち込ませない」の域内処理を自治体に行政指導してきた政府は何故、豹変したのでしょう? 因(ちな)みに東京都に搬入予定の瓦礫処理を受け入れる元請け企業は、東京電力が95.5%の株式を保有する東京臨海リサイクルパワーです。

これぞ産廃利権! 仙谷由人氏と共に東電から献金を受け(朝日新聞1面既報)、父君が北関東の産廃業界で重鎮の枝野幸男氏、同じく東電が重用する細野豪志氏に「李下に冠を正さず」の警句を捧げねば、と僕が慨嘆する所以です。

「復興を進めるために、乗り越えなければならない『壁』がある。」と件の全面広告には大書きされています。呵々。乗り越えるべき「壁」は、「業界の利権が第一。」と信じて疑わぬ「政治主導」の胡散臭さではありますまいか?!

★詳細はURLをクリックして下さい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】元産廃会社社長市長によるがれきの全国拡散推進
植草一秀の『知られざる真実』2012年3月16日 (金)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-90e2.html

テレビを持っているだけでNHK放送の受信契約を結ばなければならないとの条文を放送法第64条(受信契約および受信料)から削除するべきだ。
 
 なぜ、一般国民が偏向放送を一方的に垂れ流すNHKと強制的に受信契約を締結させられるのか。
 
 相手の同意なしに一方的に契約を押し付ける行為は、明らかに押し売りであり、刑法第223条の強要罪に該当するのであり、NHKの刑事責任を問うべきである。
 
 NHKは放送受信料の取り立てを行う前に放送法第一条の規定をよく理解して出直すべきだ。
 
 放送法第一条に次の条文がある。
 
第一条  この法律は、次に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。
 
一  放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。
 
二  放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、放送による表現の自由を確保すること。
 
三  放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。
 

 NHKが国民と契約を結び、放送受信料を徴収するためには、放送の不偏不党を遵守し、放送に携わる者の職責を適正に果たしていることが、大前提である。
 
 ところが現実には、この大前提がまったく満たされていない。前提条件を満たさずに受信料だけむしり取ろうとしてもそうはいかない。
 
 国会で、放送法を改正し、料金徴収のための条件を新たに定めるべきである。
 
 NHKが傍若無人の振る舞いをして、国民から受信料を強制的にむしり取ることが犯罪であり、刑事罰の対象になることを明確に定める必要がある。国民の財産権の保護は日本国憲法が定める事項でもある。
 
 放送法第四条には次の規定が置かれている。
 
第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
 
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
 
二  政治的に公平であること。
 
三  報道は事実をまげないですること。
 
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
 
 NHKの放送は、これらの大部分に反するものである。NHKが放送法の規定を守っていないのに、国民が受信料を支払う義務を課されることは日本国憲法の規定に反するものである。

このNHKが、いまは、がれきの全国拡散を全面推進している。
 
 がれきの処理が進まないことを繰り返して、日本全国にがれきを運搬して、日本全国でがれきの処理をしようとの大合唱が始まっている。
 
 私はがれきに詳しくないが、なぜ、東北地方のがれきを沖縄にまで運ぶ必要があるのか分からない。
 
 NHKは静岡県島田市長の桜井勝郎氏が、がれきの受け入れを表明したことを、美談風に放送した。被災地が処理に困っているがれきの受け入れを表明した「ヒーロー」として、桜井市長を番組トップで大きく取り上げた。 
 本当に桜井市長はヒーローなのか。

この問題について、新党日本の田中康夫代表が3月8日の日刊ゲンダイ「にっぽん改国」に『笑止千万!「みんなの力で瓦礫処理」』と題するコラム記事を寄稿された。
 
 以下に引用させていただく。
 
「みんなの力で、がれき処理 災害廃棄物の広域処理をすすめよう 環境省」。数千万円の税金を投じた政府広報が昨日6日付「朝日新聞」に出稿されました。それも見開き2面を丸々用いたカラー全面広告です。
 
“笑止千万”です。何故って、環境省発表の阪神・淡路大震災の瓦礫は2000万トン。東日本大震災は2300万トン。即ち岩手・宮城・福島3県に及ぶ後者は、被災面積当たりの瓦礫(がれき)分量は相対的に少ないのです。
 
「静岡や大阪等の遠隔地が受け入れるべきは『フクシマ』から移住を望む被災者。岩手や宮城から公金投入で運送費とCO2を拡散し、瓦礫を遠隔地へ運ぶのは利権に他ならず。良い意味での地産地消で高台造成に用いるべき。高濃度汚染地帯の瓦礫&土壌は『フクシマ』原発周囲を永久処分場とすべき」。
 
「『広域処理』なる一億総懺悔・大政翼賛の『絆』を国民に強要する面々こそ、地元首長の発言を虚心坦懐に傾聴せよ!」。
 
 ツイッターで数日前に連続投稿した僕は、その中で戸羽太・陸前高田市長、伊達勝身・岩泉町長、両名の“慧眼”発言も紹介しました。
 
「現行の処理場のキャパシティーを考えれば、全ての瓦礫が片付くまでに3年は掛かる。そこで陸前高田市内に瓦礫処理専門のプラントを作れば、自分達の判断で今の何倍ものスピードで処理が出来る。国と県に相談したら、門前払いで断られました」。
 
「現場からは納得出来ない事が多々有る。山にしておいて10年、20年掛けて片付けた方が地元に金が落ち、雇用も発生する。元々、使ってない土地が一杯あり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこに有るのか?」。
 
 阪神・淡路大震災以前から、産業廃棄物も一般廃棄物も「持ち出さない・持ち込ませない」の域内処理を自治体に行政指導してきた政府は何故、豹変したのでしょう?因(ちな)みに東京都に搬入予定の瓦礫処理を受け入れる元請け企業は、東京電力が95.5%の株式を保有する東京臨海リサイクルパワーです。
 
 これぞ産廃利権! 仙谷由人氏と共に東電から献金を受け(朝日新聞1面既報)、父君が北関東の産廃業界で重鎮の枝野幸男氏、同じく東電が重用する細野豪志氏に「李下に冠を正さず」の警句を捧げねば、と僕が慨嘆する所以です。
 
「復興を進めるために、乗り越えなければならない『壁』がある。」と件の全面広告には大書きされています。呵々。乗り越えるべき「壁」は、「業界の利権が第一。」と信じて疑わぬ「政治主導」の胡散臭さではありますまいか?!
 
(ここまで転載)
 
 そして、がれき受け入れを表明した桜井勝郎島田市長は、2001年の市長初当選直前まで、産廃事業者である桜井資源株式会社社長を務めており、現在は親族が経営していることが発覚した。


★詳細はURLをクリックして下さい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】がれき処理を進めるために必要なこと
植草一秀の『知られざる真実』2012年3月12日 (月)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-2d3b.html

震災から1年が経過したが、傷は癒えていない。関連死を含め2万人以上の尊い命の犠牲、34万人が依然として避難生活を強いられ、11万7000人が仮設住宅生活を強いられている。  
 昨日出席した祈りの会で、気仙沼の子供5名が素晴らしい八幡太鼓の演技を披露してくれた。言葉には表せぬ思いを乗り越えて今日まで来ただろう。明日に向かって生きる子供らのエネルギーに深く感動した。
 
 この世に理不尽、不条理は絶えることがない。しかし、人は、いかなる理不尽や不条理があろうとも、それを乗り越えて生きてゆくのである。
 
 明日の希望を信じて、しっかり大地に足を踏みつけて、一歩一歩、明日に向かって歩みを進めてゆく。
 
 必ず、新しい未来が開けてゆく。
 
 犠牲になられた多くの御霊の安らかな眠りを祈り、家族と、愛する人と,友との別れを強いられた人々の心が少しでもいやされることを祈り、心や体に傷を負った同朋の一刻も早い回復を願い、被災地の一刻も早い復旧・復刻を願い、天地の神々に畏敬の念を抱き、明日に向かって祈る。そして、明日に向かって進む。これしか、私たちにできることはないだろう。

政府は私たちが私たちのために作るものである。天上にいて、上から慈悲を賜う存在ではない。私たち自身が私たちのために、共同で創設するのが、私たちの政府である。
 
 このような天災地変に襲われた時こそ、政府が政府の本来の役割を迅速に発揮しなければならない。
 
 このようなときに、正しく役割を果たさない政府なら、私たちはその政府を即刻差し替えなければならない。

今回の災害がきわめて特殊であるのは、単なる自然災害ではなく、この自然災害を原因として、原発核暴走事故が発生したことである。
 
 自然災害の傷は、どんなに大きくても、長い時間が少しずつ問題を収束してゆく。もちろん、その傷は果てしなく大きく、人々が受けた悲しみや苦しみを、軽く総括などできないことはその通りだ。
 
 それでも、天災地変は地球の歴史上、何度も繰り返してきたし、人々は、そうした自然の猛威に対して、畏怖と畏敬の念を抱き続け、厳しくとも、自然の中で生き抜いてきたのである。
 
 しかし、今回の災害は、そこに核事故という、特殊な事情が加わることによって、まったく異質の側面を垣間見せている。
 
 
 がれきの処理、農林漁業への影響は、問題の根源に放射能という、特殊性があるからこそ存在している問題である。
 
 私たち日本は、第二次世界大戦で広島、長崎で大きな傷を負った。その傷跡は容易に癒えることなく、いまなお、その後遺症が残されている。この体験を風化させてはならないのだ。
 
 戦後、日本が原子力に手を染めることになったのは、米国が強力に誘導したからである。南太平洋で第五福竜丸が被ばくしたその時期に、日本における原子力利用が強引に推進されていった。
 
 しかし、世界の原子力利用はその後に大きな転換点を迎える。
 
 米国でスリーマイル島事故が発生し、ソ連でチェルノブイリの大事故が発生したことにより、原子力の平和利用の言葉自体に大きな疑問が持たれることになった。

絶対に起こしてはならない事故を引き起こしてしまったのなら、そこでゲームオーバーである。原子力は重大事故を絶対に引き起こさないとの制約条件の下でしか利用できない技術である。その原子力利用が重大な事故を引き起こした。
 
 今回の事故は、半歩誤れば、現状とは比較できない程度の深刻な事態を引き起こしていたものである。
 
 地震の巣の上に立地する日本。その地震活動が活発活動期に入ったと見られる。震度7クラスの地震が原子炉直下で発生するということはいくらでも想定できる。
 
 今回並みの津波が日本国土に襲来することも、合理的に予想できる。
 
 現在の原子力発電所の備えは、震度7の地震、高さ15メートルの津波に耐えうるものでない。

日本の発電能力は原子力発電をまったく利用しなくても、ピーク時電力利用を賄える水準にある。脱原発は直ちに実行できる選択肢なのだ。
 
 短期的にせよ、中期的にせよ、脱原発に進むのかどうかは、国民が判断する問題だ。国民投票を実施して、この重大な選択肢の中から、日本の針路を決定する必要があるだろう。
 
 こうした中で、いま、論議の焦点になっているのは「がれき処理」である。放射能に対する強いアレルギー、拒絶反応は起こるべくして発生している。
 
 政府の説明が一貫しておらず、各種規制に一貫性がないことが、国民の強い不信を生んでいる。この点を無視して、警戒論を述べる国民を罵倒するのは間違っている。

日本は法律で、一般成人の被ばく量上限値などを定めてきた。一般成人で年間被ばく量上限は1ミリシーベルトとされてきたのだ。
 
 それが、福島では子供に対して、突然、年間50ミリシーベルトの上限値が設定された。この新基準に対して心配を感じない親がいるなら、その親の感覚が不自然だ。
 
 低線量被ばくの人体への影響は、科学的に完全には明らかにされていない。影響はないという説と影響はあるという説が併存している状況だ。
 
 その影響は、確率分布として表現されるが、その確率分布がどのレベルであればよいのかどうかは、個人の判断によって大きく分かれるところでもある。

詳しくはメルマガに記述したが、がれき処理を進める前に、原発事故の責任処理を適正に行うことが必要不可欠なのだ。これが、不透明、不公正、不正義に行われているため、すべてのものごとが前に進まなくなっているのだ。

★詳細はURLをクリックして下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【●】浪江町で放射性物質が観測された12日8時台は強い北西風で原発から出た放射性物質は浪江町と反対方向に
   richardkoshimizu's blog<< 作成日時 : 2012/03/17 13:14 >>
   http://richardkoshimizu.at.webry.info/201203/article_91.html


「浪江町で放射性物質が観測された12日8時台は強い北西の風で、原発から出た放射性物質は浪江町と反対方向に」

なるほど、「3月12日の朝から午前にかけて、東電福島第一原発から約7㎞離れた浪江町などで、100ベクレル/m3を超えるテルル132が検出されていた」と原子力不安院が発表したことになぜ専門家が疑問を呈さないのか不思議ですね。

「浪江町で放射性物質が観測された12日8時台は強い北西の風で、原発から出た放射性物質は浪江町と反対方向に吹き流されています。」ということで、テルル132が浪江で検出されたとしたら、それは福島原発由来ではないと考えるべきです。

福島沖の海底核爆発による人工地震・人工津波攻撃は、当然、放射性物質の放出を生みます。浪江にも短時間で到達します。情報感謝。

注:SPEEDIのデータは原発から漏出した放射性物質の量を予測して算出したものであり、実測値ではない。よって、実際の放出量とは一致しない場合がある。特に予め燃料棒が大半抜かれていたならば、実際の量は予測値を大きく下回る。

ただし、風向きは実際値ですから、「テルルが原発から浪江に到達する」ことはありえないとする根拠にはなります。

「次のページで、3月11日16時~12日9時頃までの原発周辺での風向きと放射性物質の拡散予測のSPEEDIデータを見ることができます。

#文部科学省 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)
http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/past.html

これを見ると、11日夕方から12日2時頃までは弱い西風で、その後西北西から北西の風に変わっています。浪江町で放射性物質が観測された12日8時台は強い北西の風で、原発から出た放射性物質は浪江町と反対方向に吹き流されています。」

名無しのゴンベ 2012/03/17 11:51

★詳細はURLをクリックして下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人工地震に関する新聞記事
http://youtu.be/K3_z3i-eNhU

3.11人工地震テロ講演会#抜粋#
http://youtu.be/h94QcV-8CWA

3.11人工地震、東北関東大地震、「3回の大きな地震が起きた」
http://youtu.be/onPwJSZUGOA


2011年07月11日衆議院復興特別委員会で浜田政務官が人工地震に言及
http://youtu.be/_D5oMLFDyXE

3.11"人工地震 発生装置 LWD"~Deep Sea Drilling Vessel CHIKY
http://youtu.be/UFeZfQe6xZk

東南海地震:「地震の次は何をお見舞いしましょうか」とB29がビラ
http://youtu.be/AKeH9lRIG4M


[人工地震] プロジェクト・シール B29ビラ
http://youtu.be/RCgqvcRd9S8

311海底核爆発・人工津波:なぜ、陸前高田の薪からセシウムが検出されたのか?
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201108/article_46.htmlーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 地震の起爆地点での放射能汚染をごまかすために世田谷のように何者かが放射性物質を撒いているのではないか。

 これから起こす第2、第3の人工地震の言い訳に使われるための瓦礫拡散には反対です。


********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
フジTV サキヨミLIVE「アメリカからの指令書!?年次改革要望書とは…」

http://www.youtube.com/watch?v=AoIqkOAGN0w

http://www.youtube.com/watch?v=IsPTYPdkuXs&feature=related
***********************************************************
2005年郵政解散・総選挙
http://ameblo.jp/sunazukinn/entry-10299713563.html
************************************************************
郵政民営化とは、郵政ロックフェラー化の事だったんです。
小泉の構造改革とは、日本をユダヤ資本に売り渡すことだったんです。」

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yuuseiminneika.htm
************************************************************
【●】徹底追及!郵政民営化・かんぽの宿
http://www.youtube.com/watch?v=3XHFbYHeKXg

http://www.youtube.com/watch?v=3IF591HZbjE

http://www.youtube.com/watch?v=eyjtspp8iEk

http://www.youtube.com/watch?v=39FdFZnL2Yk
---------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】1/2
http://www.youtube.com/watch?v=S9cDcxRRtps

-------------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】2/2 http://www.youtube.com/watch?v=y0IbZgUCntk&feature=related
******************************************************************
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
http://www.youtube.com/watch?v=EhGE_ZIadEg&feature=related;

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
http://www.youtube.com/watch?v=wVT3jkx8p98&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
http://www.youtube.com/watch?v=jonZYLtzRts&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
http://www.youtube.com/watch?v=ZvvF7-faq4c&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
http://www.youtube.com/watch?v=SN8cpirvuOE&feature=related

石井紘基議員刺殺の真相 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=XZvKh4J9vig


石井紘基議員刺殺の真相 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=Dz5FIXVXRvk&feature=related

石井紘基議員 暗殺の謎
http://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

http://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

http://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
*****************************************************
コメント

Txoria Txori バスクの鳥の歌 by 八木啓代 and friends @赤坂B Flat

2012-03-17 20:45:43 | 日記


□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

Txoria Txori バスクの鳥の歌 by 八木啓代 and friends @赤坂B Flat
http://youtu.be/cyQXGEyaLIA

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】「どこまで転がり落ちるやら:偽証罪も動かぬ証拠が (八木啓代のひとりごと) 」  晴耕雨読 2012/3/17 検察・司法・検察審査会
http://sun.ap.teacup.com/souun/7007.html

どこまで転がり落ちるやら:偽証罪も動かぬ証拠が (八木啓代のひとりごと)  投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 16 日 から転載します。

どこまで転がり落ちるやら:偽証罪も動かぬ証拠が 2012-03-16 八木啓代のひとりごと

いやもう、いやもう、なにをかいわんやでございます。

検事、法廷証言も矛盾 出版前の「石川氏の著書と混同」
http://www.asahi.com/national/update/0314/TKY201203130829.html

民主党元代表・小沢一郎被告(69)の元秘書・石川知裕衆院議員(38)を取り調べた検事が、実際にはなかったやりとりを捜査報告書に記載した問題で、この検事が小沢氏の公判で述べた弁明の中に、事実と異なる部分があることが分かった。「石川議員の著書で言っていることが記憶にあり、混同した」と検事は述べていたが、捜査報告書を作成した時点でこの出版物は発行されていなかった。

言われてみれば、石川議員の取り調べは、2010年5月17日。

で、石川議員が自分の取り調べについて語っている2冊の書籍のうち、

実録 政治vs.特捜検察 塩野谷晶著」 (文春新書) は、2010年12月10日刊刊


誰が日本を支配するのか!?検察と正義」(マガジンハウス) は2010年8月12日刊

            \\\\\(゜O゜)/////

この両書のどちらにも、混同しそうな記述自体があるというの自体、そもそも苦しい説明なのではありますが、それにしても、うぎゃああ、でございます。
目から鱗といいますか、コロンブスの卵と言いますか.....

別に新事実が明らかになったわけでもなんでもないわけで、私たちこそ、なんでこんな大穴に気づかなかったのでしょう。(^_^;)

(もっとも、告発状を出した段階での新聞報道では、田代検事の法廷証言は「勾留中のやり取りなどと記憶が混同した」とということで、書籍にまではっきり言及していませんでしたので、こちらが気がつかなかったのも無理はないとは言えますが。)

しかし、すでに、この報告書、法廷で「数日かけて作成した」と言っていながら実際にはその日のうちに作成されていたこともわかっています

こうなるともう、田代検事は偽証罪からも逃れられないですね。
そして、なにより、毎日新聞社会部副部長清水さんは、どうお答えになるのでしょう。

------------------------------------------------------
コメント
01. 2012年3月16日 10:15:57 : mO1jfnawtQ
毎日の回答がたのしみだにゃ~

02. 2012年3月16日 12:06:11 : dy5bblmkRU
田代は虚偽報告書を作成したのだが、
毎日は、虚偽記載をしたのではないだろうか。
誤記ではなく、意識を持って、任意に行っているところが
悪質だ、岸井らの意図が働いているのだろうか。


03. 2012年3月16日 13:23:49 : tsQKqZJC8Y
村木裁判のときも検察に有利な証言をした上司の部長も偽証罪に問われていません。告発する権利は検察にありますから、検察に有利な偽証をした人は告発されないのが法治国家である日本の現状です。検察審査会での告発もありますが、資料を準備するのは検察ですから検察有利になっても仕方がないのか。来たれ正義の味方。

04. 2012年3月16日 14:24:11 : aVaG0FHzqk
本当にどこまで落ちるのやらー。ため息が出ます。

05. 2012年3月16日 15:15:58 : eJcwQUA9aU
話がややこしくなってきた.
以下の推察は如何でしょうか.

田代は録音にある通りの正しい報告書を聴取直後に「1日で」作成し、上司に提出した.

上司が、「この報告書では検察審の委員は小沢を不起訴相当としてしまう可能性が大である」から、書き直すように、と言い、田代に差し戻した.

そこで、田代は石川を取り調べた他の検事と相談し、「数日かけて」虚偽の報告書を作成し、上司に提出した.

上司は、この報告書なら検察審の委員は起訴相当とするであろうと判断し、了承した.

06. 2012年3月16日 15:55:19 : BIgfJMRMNE
八木さんのブログコメントで「小沢氏は確かに黒に近いグレー」とか書いている輩がいるけど、そっくりそのまま検察リークのマスゴミ報道を未だに信じているようじゃ思考能力の欠如か半分死んでいるんだろう。
世も末だ。

07. 2012年3月16日 16:41:02 : rWmc8odQao
「「石川議員の著書で言っていることが記憶にあり、混同した」と検事は述べていたが、捜査報告書を作成した時点でこの出版物は発行されていなかった。」

もう、どうしようもないです。ウソが上手につけないウソつきですな。
そういう人は、ウソつかなきゃいいのです。バカ正直に生きてください。損することも多々あるかもしれませんが、人から馬鹿にされることはないでしょう。

08. 2012年3月16日 17:16:53 : K7Z0LZyAEE
サンデー毎日よ、八代啓代さんが折角いいネタを提供して下さっているではないか。
本社の毎日新聞社会部副部長清水さんにインタビューしてその言い分を記事にしたら売れるよ。八代さんと紙上論争を数週間に亘ってやれば良い。毎日グループの倒産を遅らすことができるかも知れない。
なんだかマッチ・ポンプみたいだけど、この陸山会事件は検察とメディアの共犯抜きでは語れない事件だ。
内部告発をしっかりとやって企業の透明度を計るべきだとどうせ毎日新聞は他の会社の不祥事については臆面も無く能書を垂れているでしょう。
先ず魁よりはじめよです。

09. 2012年3月16日 17:26:11 : mp6fw9MOwA
毎日新聞の記者は、田代が石川さんの出版物の内容と混同したとの虚偽報告を真に受けてコメントしてしまった。
田代が虚偽報告の言い訳に事実と異なる言い訳を言う筈が無いと考えていたのだろう。
しかも、裏付け調査無しに、検察擁護だけを考えた記事で有る事がばれてしまった。
陸山会事件に対しては司法関係良擁護するとの観点で考えられたものが多く、検察・裁判所の不正がばれると芋づる式に露呈する報道・記事は後を絶たないだろう。
この様な状況が出始めているのに、最高裁事務総局は大善に有罪判決を出すよう指示できるのだろうか。
出せるとすればKYな低能者集団である事が分かり、過去の間違いが次々と白日の基に晒され続けるだろう。

10. 2012年3月16日 18:00:51 : pEhVX2BJNm
忘れるな
問題の核心は
最高裁事務総局にあり。

11. 2012年3月16日 18:04:53 : 3wzYYwKoSg
05さん、おもしろい!。
きっと、オトボケで書いたとは思いますが、検察捜査への鏡返しですね。これで、裁判所が「推認」を用いたら、お笑いです。
世界史に残る、国際的な恥さらしといったところでしょうか。

12. 2012年3月16日 19:01:47 : ltbJuKbVGw
歴史を顧みて下さい。小沢さんを「政治的殺処分」にするために日本の悪党一味「官僚。大手メデイア11社。既得権益勢力」らが連携して、政治とカネなる「容疑」をデツチあげて迫害の口実にしたが検察不起訴になるや、リンチ的第二幕の幕をあけ、かねて用意していた手はずなのか、11人の幽霊市民?によるイカサマ「検察審査会」に議決させての起訴し邪推と妄想で推認し心証で有罪論告するのだから、ひどい話だ。ただこれは、ナチスがユダヤ人迫害時使つた手口に倣つたものだ。ナチスも「ヤツらはカネの面などが怪しい」と連日メデイアにユダヤ人をあらゆるレトリツクで罵倒させ、市民の憎悪をあふり、市民突撃隊に襲撃させた。日本ではイカサマ「検察審査会」が、ナチスの突撃隊の役割を果たした。日本の司法が反民主主義的で「ナチズムとフアシズム」的存在だから、「証拠もクソも無い。やつてしまえ」と「国民の生活が第一」などと民衆の立場で改革を目指す真の自由と民主主義者の小沢さんへ襲いかかつて居るのだ。「既得権益者の利権と生活が第一で国民の生活など第二だ」という上記悪党一味が「政治的殺処分」に猛り狂つて居る所以だ。

13. 2012年3月16日 20:24:42 : 6z78d6VStY
10さん、賛成です。
司法・検察の癒着を立法府は放置し、与党政治家はその互恵関係を利用さえした。そんな国家を作ったのは日本人。最高裁判所事務総局に巣食う人を「有罪」にするまで、皆さん、歩きましょう。日本国民の責任だから、総力を結集して。

検察が「検挙すれば、99%有罪」の国、日本ジャーナリズムはぬくぬくと生きた。菅谷さん事件の時、念のため最高裁事務所に「検挙した国民の99%の有罪か」と念のため尋ねたところ、事実だと認めた。西欧先進諸国では「70%くらい」と聞く。日本の検察・最高裁の人間は(神様じゃあるまいし!)と怒髪天を衝く思いです。

国民は安心安全な生活を税金を納めている。日本の司法・検察官僚は「人間である自分の仕事は何かも分からない」愚か者ですし、自省できないのですから「罪を問われる」のは当然でしょう、待っていてください!

14. 2012年3月16日 20:31:38 : 2gpc72MbeM
>どこまで転がり落ちるやら:偽証罪も動かぬ証拠が

八木の言ってるの、田代の場合は主観的証拠であり、小沢の場合は
指定弁護士が指摘するように客観的証拠がある。これこそ動かぬ証拠である。


15. 2012年3月16日 20:52:54 : SvX9UYEdGw
八木さん 小沢先生の無罪 勝ち取ろう
今日 私の旦那も小沢ファンと言うご夫人と話した
小沢総理 待望論者だった
菅総理でなければ、と嘆いてるらしい

16. 2012年3月16日 22:02:01 : 7K5F2zU0vA

田代は、「捜査報告書を作成し、内々に上司に報告したが、

上司の指示で書き直した」ではないでしょう。


 当初から、キムラ検事に「ヤクザが云々」の文入れて作るよう指示

されたのだろう。それが自然な気がする。なぜなら、

 石川議員が逮捕中に、キムラ検事とのやり取りの中で「ヤクザが云々」の文言が

あったことを著書で記述しているとのこと。

 「ヤクザ云々」文言を、石川議員釈放後の聴取より前に強く記憶に残しているの

はキムラ検事であり、捜査当初から、オザワでっち上げ事件で具体的シナリリオを

書いたは、少なくとも、佐久間部長、副部長?、キムラ検事辺りであろう。

そのシナリオに沿って捜査を指揮、コントロールしていたのもその辺だろう。

 小学生の作文でもあるまいし、何の指示もなく、ペーペーの田代検事にイキナリ

報告書を書いて持って来いとは言わないだろう。(小学生でも課題は示すか?)

 普通、あり得ない起訴後の聴取、ペーペーの田代検事が自らの判断でやれる訳は

なく、佐久間他から事前に、「ヤクザ云々」を含む聴取後の報告書のアウトライン

を指示された上での聴取だろう。そうするのがマチ場の仕事人の常識?だろう。

 ようするに特捜部ぐるみの企みだということ。田代のみのシッポ斬りは

あり得ない。子供騙しにも、シッポ切りはできないだろう。

 
 本当に、マサカ??可笑しいと思っていたことが、次から、次から明らかになり

呆れるやら、情けないやら。開いた口が塞がらないョ、朝日新聞殿。廃刊にしろ!

毎日新聞殿、誤報だったと謝罪しなさい。早く!早く! 八木さんはコワいよ!


17. 2012年3月16日 22:46:56 : 8XV6wG6Pa6
いまや 検察は支離滅裂。

普通だったら 発言する前に 整合性があるかどうか 一瞬でも考えるだろう。

そもそも検察はそういうような 論理的な整合性の中で生きてきたはずだ。

しかし、いまやボロボロ。

ただ、司法も同じようなレベルなので バカの上にバカが乗っかってる状態。


18. 2012年3月16日 23:25:28 : mUt8U6i0t2
毎日新聞はヒゲの岸井が主筆を務めてる新聞社だ。
新聞社としては、終わってる。
何とかサイドビジネスで生き延びてる会社だ。

その毎日新聞に、「過ちては、改むるにはばかることなかれ」は通用しないだろう。
もっとも、毎日だけでなく他のマスゴミも同様。
本当に情けない連中だ。


19. 2012年3月16日 23:38:00 : ObnzX9gnP6
本当に良いタイミングで、田代検事の偽証が発覚しましたね。間もなく求刑に対する「反対弁論」です。最高に美味しい反論材料じゃないですか。
 これで否応も無くマスゴミも、「田代検事の勘違い」とは言えなくなりましたな。まさに「論より証拠」とはこの事です。
 これからの新聞各誌が書く、欺瞞に満ちた論調が楽しくなりそう。きっと田代の様な、こじ付けに恥を上塗った詭弁以前の「スット呆け」が読めるかもね。
 これで更に中間派が「小沢派」へと流れたら、そうすれば消費増税は閣議決定すら出来なくなりますから、後は予算案否決で野田内閣は総辞職。
 暫定内閣で海江田総理、小沢財務大臣が生まれるかも・・。わくわく・・。

20. 2012年3月16日 23:41:11 : cOwplHfWlU
出発点がウソだから言い訳すればする程ウソを吐くことになる。
ウソにウソを重ね最後は田代は雪隠詰めだ。クソ塗れだ。


★詳細はURLをクリックして下さい。

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
【●】2年も先の単なる増税をいま決める理由は皆無 植草一秀の『知られざる真実』2012年3月17日 (土)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-9c00.html

民主党の消費増税法案の党内意見集約が難航している。

 当然のことだ。
 
 野田佳彦氏は年末の素案決定、年明け後の大綱決定まで、熟議を重ねて民主的な手続きを踏んで対応してきたと述べるが、相変わらずのうそつきだ。
 
 平気でうそをつけることが、この人物をまったく信用できないという事実を端的に物語っている。
 
 素案も大綱も、民主主義の正当な手続きを踏まずに執行部が独裁的に決定してきているからいま紛糾しているのだ。
 
 年末の素案、年明け後の大綱決定の際に、野田執行部は、正当な多数決採決を行ったのか。行っていないではないか。
 
 反対が多数であったから、あえて多数決を採らず、執行部一任を提示し、一部の議員が拍手したことをもって「決定」と呼んできただけにすぎない。

それでも、野田氏が推進する消費増税提案そのものに正当性があるなら政権が政権の命運をかけて取り組むことを理解できないわけではない。
 
 しかし、野田内閣が提示する消費増税提案は、あらゆる角度から見て、まったく正当性のないものである。正義も大義も合理性もない。
 
 重大な瑕疵が三つある。
 
 第一は、野田内閣の消費増税提案が民主主義の根本ルールを踏みにじることだ。
 
 野田氏は国会答弁で、2009年民主党マニフェストに2014年以降の消費増税をやらないと書いていないことを根拠に、マニフェスト違反でないとの強弁を続けている。

 
 しかし、本当の問題は「2014年以降の消費増税」ではなく、「シロアリ退治なき消費増税」なのだ。野田氏は「シロアリ退治しないで消費税を上げるのはおかしいんです」とは言わなかったか。
 
 野田内閣はシロアリ退治をまったくやっていない。やっていないどころか、シロアリ王国の息子を消費増税担当副総理に起用したほどだ。

第二に、社会保障・税一体改革の看板を掲げながら、社会保障改革については、何も具体的に決定していないことだ。「一体改革」ではなく「単なる増税」である。
 
 こんなことで主権者国民が同意すると思ったら大間違いだ。  
 現に各種世論調査は消費増税提案が主権者国民から否定されている現実を示している。

日本の再生
著者:植草 一秀
販売元:青志社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 第三は、野田内閣の消費増税が日本経済を間違いなく破壊することだ。過去の超緊縮財政の歴史を調べれば分かる。経済成長維持なくして財政再建は絶対に実現しない。同時に、経済成長への配慮なき緊縮財政は、経済を破壊して国民を意味なく苦しめる結果をもたらすだけだ。

 
 民主党内の論議では景気条項に関心が集まっているが、これは、消費増税を白紙に戻すための算段である。名目3%、実質2%成長というハードルの設定は妥当だろう。
 
 だが、このハードルだけでは不十分である。
 
 増税実行の場合、必ず、そのデフレ効果を相殺する景気拡大政策の発動を義務付けることが必要だ。景気条項だけでなく、増税と同規模の景気対策を併せて実施することを法案に書き込む必要がある。

要するに、現段階での消費増税提案は時期尚早なのだ。
 
 いまから、2014年の税制改正を決める意味は皆無だ。
 
 2013年が終わるまで2年の時間がある。この時間をフルに活用して、景気回復とシロアリ退治の実績を積み重ね、社会保障制度の抜本改革の具体像を明確に国民の前に示すべきなのだ。
 
 その間に必ず選挙がある。選挙に際して、それまでに積み上げた実績を踏まえて、消費増税なりなんなりの提案をマニフェストに盛り込めばよいのだ。
 
 仮に税制改正を実施する場合でも、2013年年末の税制改正で決めれば時間的に遅れることもない。
 
 その時点の経済情勢を勘案して、2014年からの実施がよいのかどうかを国会が判断すればよい。

【送料無料】日本の独立
販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する


 2年も先のことをいま決める意味がない。民主主義のプロセスも踏んでいない。シロアリも退治せず、社会保障制度の改革案も示していない。
 
 それなのに、消費増税だけいま決める意味が分からない。
 
 今回の意見集約では、必ず、最後に、無記名で多数決採決をとる必要がある。記名投票では、カネで投票を買収されるケースが続出する。無記名投票でなければだめだ。


★詳細はURLをクリックして下さい.

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】会議は大荒れ小沢グループ消費税撃破へ
【政治・経済】ゲンダイネット Share232012年3月15日 掲載
  http://gendai.net/articles/view/syakai/135650 

反対派の猛攻に執行部タジタジ

 案の定、冒頭から大荒れだった。
 14日夕方、民主党内で消費税アップ法案の事前審査手続きが始まった。16日まで3日間の日程で開催される。初日は100人を超える民主党議員が参加した。「公務員給与の削減を実行し、行政改革の作業も進めている」という前原誠司政調会長のオタメゴカシな挨拶で、さっそく法案の説明に入ろうとする執行部に対し、増税反対派がまずはカウンター攻撃。小沢一郎元代表にも近い川内博史議員がこう異議を申し立てた。
「そもそも公務員の給与7.8%削減の話は震災復興財源としてお願いしたもので、一体改革とは別の話だ。行革や政治改革、与野党協議など、増税法案の前提条件はなにひとつ前進していないのに、なぜ手続きが次のステップに進んでしまうのか。まだ法案の説明を聞く段階ではない」
 まったく、その通りだ。法案の説明とは、実質的審議に入ることを意味する。なし崩し的に手続きを進めようとする執行部に会議は紛糾。会議は一時中断を余儀なくされてしまった。初日から中断なんて異例のことだ。
 会議に参加した中間派の若手議員がこう言う。
「今回、財務省は調子に乗りすぎた。素案から大綱、法案という流れの中で、自分たちに都合のいい部分を巧妙にツギハギして、既成事実化しようとしている。付則に5年後のさらなる増税を盛り込んでくるなんて、どこからそんな話が出てきたのか。ほとんど捏造ですよ。こういう姑息なやり方は断じて認められません」
 防戦一方の執行部はタジタジで、ついには前原が「定数80削減が実現しない限り増税は実施できない」と明言するハメに。

<中間派からも異論続出>

 執行部にとって誤算だったのは、対決姿勢を鮮明にする小沢グループだけでなく、中間派といわれる議員からも反対意見が相次いだことだろう。地元有権者の圧倒的多数が“消費増税反対”だから、執行部にニラまれるのが怖くて普段は黙っている中間派議員も安易に賛成できないのだ。
 中間派の中堅議員がこう言った。
「初日の会議の感触では、党内のムードは、野田首相が言う『51対49で賛成』どころか、30対70で反対派が大勢です。多数決を取ったら。反対派が多数になると思う」
 執行部と財務省は当初、「会議はガス抜きの場。反対派に言いたいこと言わせて、最後は拍手で党一任を取り付けシャンシャンだ」と余裕の構えだったが、そうは問屋が卸さない状況になってきた。小沢グループの若手議員がこう言う。
「われわれは徹底的に戦いますよ。政治家として、こんな悪法は決して認めるわけにはいかない。だいたい、党内手続き的にもおかしいでしょう。これだけ反対意見が多いのに、どうやって法案を提出するというのか。われわれの意見を無視して強引に進めるというなら、こちらにも考えがあります」
 小沢グループは、政務三役や党役員を本気で辞任させるつもりだ。
 政治は闘争なのだ。役人風情の甘っちょろい見通しが通用すると思ったら大間違いである。

★詳細はURLをクリックして下さい。
********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html

******************************************************************
フジTV サキヨミLIVE「アメリカからの指令書!?年次改革要望書とは…」

http://www.youtube.com/watch?v=AoIqkOAGN0w

http://www.youtube.com/watch?v=IsPTYPdkuXs&feature=related
***********************************************************
2005年郵政解散・総選挙
http://ameblo.jp/sunazukinn/entry-10299713563.html
************************************************************
郵政民営化とは、郵政ロックフェラー化の事だったんです。
小泉の構造改革とは、日本をユダヤ資本に売り渡すことだったんです。」

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yuuseiminneika.htm
************************************************************
【●】徹底追及!郵政民営化・かんぽの宿
http://www.youtube.com/watch?v=3XHFbYHeKXg

http://www.youtube.com/watch?v=3IF591HZbjE

http://www.youtube.com/watch?v=eyjtspp8iEk

http://www.youtube.com/watch?v=39FdFZnL2Yk
---------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】1/2
http://www.youtube.com/watch?v=S9cDcxRRtps

-------------------------------------------------------------
売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】2/2 http://www.youtube.com/watch?v=y0IbZgUCntk&feature=related
******************************************************************
日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
http://www.youtube.com/watch?v=EhGE_ZIadEg&feature=related;

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
http://www.youtube.com/watch?v=wVT3jkx8p98&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
http://www.youtube.com/watch?v=jonZYLtzRts&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
http://www.youtube.com/watch?v=ZvvF7-faq4c&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
http://www.youtube.com/watch?v=SN8cpirvuOE&feature=related

石井紘基議員刺殺の真相 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=XZvKh4J9vig


石井紘基議員刺殺の真相 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=Dz5FIXVXRvk&feature=related

石井紘基議員 暗殺の謎
http://www.youtube.com/watch?v=-tn1Oq7jA-A

http://www.youtube.com/watch?v=KsB4QE49r9Q

http://www.youtube.com/watch?v=X34iRa7oXFM

**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
***********************************************************
■RK第七作「311同時多発人工地震テロ」好評発売中!
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/propaganda_7saku.htm
*****************************************************


コメント