サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 06123「村の写真集」★★★★★★★☆☆☆

2006年01月09日 | 座布団シネマ:ま行

古い写真屋の家族を通して、人と人との絆を描く感動作。監督は脚本も手がけた三原光尋。頑固一徹の写真屋・高橋研一に藤竜也。その息子に『海猿』の海東健。映像、ストーリー、心に残る音楽、どれも暖かく描かれた珠玉作。[もっと詳しく]

全国で活発化するフィルムコミッションの記念碑的作品。

日本全国各地で、映画制作のロケ誘致を主たる目的とした、フィルムコミッションが創設されている。
政府や地方自治体も注目しており、全国連絡会議的な機構も整備され始めた。
また、映画制作のファウンデーションに、市民参加を求める試みもある。

歴史的に言えば、「ご当地映画シリーズ」というのは、昔からあった。
日活の「渡り鳥シリーズ」や、「駅前シリーズ」などのコメディ、近くは「寅さんシリーズ」や「釣りバカ日誌シリーズ」もそうだ。
これらは、ロケ地をからめて、主人公たちの物語が展開する。
結局、背景となるロケ地との距離はいつも一定である。
「それなりに」ロケ地のシナリオ的必然、整合性があればいいのであって、住民も、制作費を安く抑えるためのエキストラ動員となる。
つまりは、「群集」があればいいということになる。

また、ある地方を舞台に書かれた小説や歴史物語の映像制作という場合もある。
これは、必ず「物語」の背景となる現実的な場所が必要となる。
「伊豆の踊り子」や「潮騒」など多くの名作が創られてきた。
ここではまず「風土」から生み出された「物語」があり、役者が脚本を現地ロケをまじえながら演じることになる。
ある時期、「地方」を舞台としたドキュメンタリー手法のシネマが多く制作された。
現地に何年も住み込み撮影し続けたルポルタージュをもとに、構成されたりしたが、基本は良心的な「記録映画」という範疇であった。
ほとんど役者を使わず、現地の人たちの出演による作品もいくつかある。
いくつかの作品は、商業的にはともあれ、海外でも多くの賞を獲得した。

1964年生まれの三原光尋監督

現在の、フィルムコミッションが目指しているものは、少しこれらの流れとは異なっているように思える。
ロケ地の提供、エキストラの供給、上映運動への協力、こうしたことは当たり前だとして、作品そのものの質的成立そのものに、現地の市民が、より深くコミットメントしつつあるということだ。
映画のエンドテロップに、協力ありがとうということで、町村や公共施設などが列記されるが、それよりももっと、映画の成立そのものに、かかわっているというべきか。

「村の写真集」というきわめてすぐれた「地方映画」も、徳島フィルムコミッションの尽力なくしてはありえなかったであろう。
もともと、制作者のモチーフは、ダムによって沈んでしまう村がある、そこで役場は、沈む前に全戸の写真記録を残そうとする、喪われいく、いまの記録である。
これは、日本全国どこでもあるお話しである。

スタッフは、このモチーフからはじめて、舞台(ロケ)地を探すことになる。
長野であっても、三重であっても、宮崎であっても、このモチーフは成立する。
ここで、フィルムコミッションが、舞台として名乗りを上げ、そして、この舞台で物語を成立させるべく、プレゼンテーションをする。
現地視察と討議を経て、いくつかの候補地から最終舞台が決定し、そして、脚本にリアリティが付け加えられていく。
まるで、当初から、ここでしかありえなかった唯一の物語のように。

美しく幻想的な村の情景

その舞台として「勝ち残った」のが徳島県の奥深い山地である、池田町、山城町、西祖谷山村。
8ヶ月の赤ちゃんから93歳のおばあちゃんまでが、映画の構成に入り込む。
重要な登場人物のひとりに徳島出身の大杉漣。
また、写真監修に連日参加し、自らスチールも撮影するのが地元出身の写真家立木義浩。
主人公を演じる高橋研一役の藤竜也は、スタッフが入り込む前に、単身現地入りし、地元の方たちと会話し、風土を肌で感じながら、役作りに入っていたという。

頑固な写真館のあるじを演じる藤竜也。
写真集を撮る為に父の要請で村に戻る茶髪の青年孝役に海東健。
写真集づくりに奔走する村役場の担当役に甲本雅裕。
戦争で亡くした息子の遺影をかかげるおばあちゃんに桜むつ子。
写真館の次女で父を気遣う地元の高校生香夏に宮地真緒。
孝の東京のガールフレンドだが、いきなり村に訪ねて来て、研一と孝の反目でぎくしゃくする高橋家の空気を、持ち前の陽気さでなごましてゆくモデル役に台湾出身のペース・ウー。
そして、父のことを何も知らない孝に、父と死んだ母のことを語ってきかせる大杉漣。
男と駆け落ちして村には帰らずじまいになっている長女紀子役の原田知世。
どの演技も、素晴らしい。
だけど、それらの演技が、この風土における脚本と撮影環境になかったら、ともあれ、この作品は成立し得なかったのだ。

 
湯煙の中で父子の距離が溶けてゆく。
小椋圭の歌い上げる「晩秋」。
山々に囲まれた小さな村の眺望。
深い霧が立ち込めている。老人は淡々と畑仕事をする。
子供たちは川面で魚とりに歓声をあげる。女たちは路地で井戸端会議。
若者たちは、酒場でウダをあげながらも、祭りの準備に余念がない。
変わらない風景はない。ダムに沈めば、村の光景も一変するだろう。
研一が最初に「撮らせていただいた」大家族のおじいちゃんは、物語では、お葬式の場面となった。
村の人たちも、キャストもスタッフも、そして僕たち観客も、年を経て、変わってゆく。

村の写真館

研一は病に冒されており、この「村の写真集」が最後の仕事であり、村への恩返しだ。
寡黙な研一は、カメラマン志望ではあるが、東京ではさえないフリーターの孝に、一軒ずつ山道を歩いて登り、撮影し終わり「ありがとうございました」と深くお辞儀する自分の姿をみせる。
「能率が悪い」と小賢しく反発する孝を殴りつける。
孝は徐々に、父の魂にふれ、親子の和解が成立していく。

ちゃんと、見ること。
足を使って、感じること。
相手と時間をかけて触れ合うこと。
変わりゆくものは、押しとどめることはできない。
だけど、その過程をしっかりと見続けることの重要性を、この映画はあるいはフィルムコミッションの活動は、僕たちに示唆している。


コメント (29)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« 勝負事の日 | トップ | 円谷幸吉忌日 »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まだまだ~ (cyaz)
2006-01-10 18:02:08
TBありがとうございましたm( )m



まだまだ邦画もこんな素晴らしい映画を撮れるんだと感じた作品です。藤竜也さんは勝手ながら僕の2005年の主演男優賞にあげました! 作品も上位にランクしました^^
cyazさん (kimion20002000)
2006-01-10 18:22:18
はい、主演男優賞に、僕も一票!
Unknown (ぼたん)
2006-01-10 20:13:46
TBありがとうございました☆☆



最近徳島では、「バルトの楽園」が撮影されました♪

今回は徳島で本当にあった話を映画化したので、徳島で撮影されたのは当たり前のことかもしれませんが、やはり嬉しかったです☆☆

もし機会があれば、公開されたとき、ご覧になってみてください^^

あたしも見たら感想載せたいと思います!
TBありがとうございました (gajumaru)
2006-01-10 21:12:50
TBありがとうございました。ワタシの地元、広島県呉市にもフィルムコミッションあります。

「海猿」「男たちの大和」ですか・・・

これからもよろしくお願いします
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-01-10 21:28:57
>ぼたんさん



はい、徳島は活発ですね。楽しみにしましょう。



>gajumaruさん



ああ、その2作は、広島ですね。やはり「海」ですね。



TBありがとうございました (sakurai)
2006-01-11 08:23:45
日本映画の目指すところは、ご当地映画のような気がします。大入りになった「三丁目の夕日」も、逆ご当地映画に類するのかもしれませんね。

当地、山形も色々な映画の舞台になっていますが、まだまだよさが活かしきれてないような。四国や、長野でのいい仕事を見ていると、歯がゆいです。
TB&コメントありがとうございました。 (hi-chan)
2006-01-11 14:00:56
レビュー、興味深く読ませて頂きました。

三原監督の公開講座に参加し、この映画を撮るまで、どれだけ大変だったかという話は聞いたのですが、ロケ地側の視点での話は、知らなかったので。

この映画、確か台湾で賞を取りましたよね。日本じゃなくて、他の国で、というのが、また微妙ですが、これからもこういう映画が出てくるといいなと思います。
TBありがとうございました♪ (cherry@Cinemermaid)
2006-01-11 17:06:08
去年鑑賞した邦画の中でダントツに印象に残っています

静かな作品ですが心がホントに和みました(*^-^*)
コメント多謝 (kimion20002000)
2006-01-11 20:47:05
>sakuraiさん



山形ですか。頑張って欲しいですね。



>hi-chanさん



台湾で!、とっても微妙。



>cherry@Cinemamaidさん



なんか、勇気づけられる作品でした。















コメントありがとうございました♪ (cherry@Cinemermaid)
2006-01-11 22:22:54
私はkimion20002000さんのコメントに勇気づけられちゃいました♪

田舎がなくて嘆いてた今までの人生でしたが、

都会の中の小さな自然をこれからも発見しながら生きていこうと思えるようになりました

(≧∀≦*)

コメントを投稿

座布団シネマ:ま行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

23 トラックバック

四国は映画の国になりうるか?! (L\'Auberge espagnole)
村の写真集 ご存知ですか?? 実はまだ見れてません・・・でもでも!!!絶対見たい作品です★☆ なぜなら・・・あたしは実は徳島出身なのです♪♪ 予告編を見る限り、ちゃんと阿波弁でしゃべってるんですね~☆懐かしい言葉がいっぱい^^ 友達に言わせればあた
村の写真集 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ダムに沈もうとしている山間の村。やがて水の底になろうとしている村の姿を永遠にとどめようと村役場が企画した写真集。その撮影をする村の写真店の主である頑固一徹の父親と助手を務める東京へ出て行った息子の姿をドキュメンタリータッチで描いています。(イヤ、実話かと
村の写真集 (物欲エントロピー)
村の写真集を広島宝塚にて鑑賞。この劇場は3スクリーンあるのですが、交渉人真下正義
「村の写真集」 (もじもじ猫日記)
徳島の山村で写真館を営む職人気質でガンコな父、 東京でカメラマンの助手をしている息子。 折り合いの悪かった二人が、 ダムに沈む故郷の村の写真集を作るために二人で村を歩く。 藤竜也演じる父は、村人の写真を撮るにあたり、 正装をして山道をのぼる。 そして撮影後には
村の写真集 (Cinemermaid)
「どうして私には田舎がないのー?」って泣きたくなってしまった 。・゜゜ \'゜(*/□\*) \'゜゜゜・ 都会の生活に疲れた時に温かく迎えてくれる場所・・・ 何年も変わらない自然の美しさ・・・ 住んでいる人達の優しい笑顔・・・ 全て私には縁のない世界~ むしょうに
村の写真集 (海を見ていた)
 徳島の山の中にある花谷村。そこに写真館を構える高橋親子の村の写真集を撮る物語。
村の写真集 (ぶんじんのおはなし)
「前に観た『山の郵便配達』とテーマは同じだ。」公式サイトにあった紹介文を読んだ時に、すぐに思いついた。きっと泣かせてくれるのだろう、とも。でも、そこまで判っていながら、やっぱり観たら泣いてしまった。 四国の山間にある小さな村がダムの底に沈もうとしてい
村の写真集 (迷宮映画館)
非常に素直で真っ直ぐで、真面目ないい映画であった。 四国の山村、ダム建設の賛否で村が割れている。もしかしたら村がダムに沈んでしまうかもしれない。村の家族の写真集を撮る。村の計画に一人の男がカメラを片手に黙々と山を登り、写真を撮り続ける。 どんなに遠くでも
村の写真集 (Movies!!)
藤竜也、海東健、宮地真緒、大杉漣出演。三原光尋監督作品。 以前、「村の写真集 公開講座」という記事を書きました。 だいぶ、時間が経ってしまいましたが、やっと観て来ました。 シナセンで前売りチケット(まだあった)を買ったので、前売りチケット代よりさらに¥10
写真は「撮らせていただく」もの◆『村の写真集』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
9月2日(金)  シネマスコーレにて 月に私よりもたくさんの映画を観ている友人から薦められた『村の写真集』を観に来た。友人はとにかくこの映画に絶賛で、「今年のナンバー1の日本映画になるかも」と話している。確かに地味で静かだが、いい映画だった。しかし正直に言.
【映画】村の写真集 (芸術に恋して★Blog★)
夏の蝉の鳴き声のように、心にしみてくる。そんな映画です。 映画「村の写真集 」は美しい自然が今なお豊かに残る徳島県の片田舎を舞台に、一軒の写真館の家族を通して描かれる日本情緒あふれる人間ドラマ
『村の写真集』 (京の昼寝~♪)
 父が世界で一番愛したもの。 ■監督・脚本 三原光尋 ■写真監修 立木義浩(写真集「里山の肖像」刊行) ■音楽 小椋 佳 ■キャスト 藤 竜也、海東 健、宮地真緒、甲本雅裕、大杉 漣、桜むつ子、ペース・ウー、原田知世  とある山間にある村・花谷村。 美しいそ
村の写真集 (映画君の毎日)
エスピーオー 村の写真集 ずっと観たいと思っていたけれど、 地方限定というか撮影地の四国のみだったので待望だった。 この映画、すごく好きな「山の郵便配達」に似ているようで、 それが観たいという気持ちを募らせていたのだった。 ようやくDVDレンタル
村の写真集 (銀の森のゴブリン)
2004年 日本 監督・脚本:三原光尋 撮影:本田茂 音楽:小倉佳 出演:藤竜也
村の写真集 (レンタルビデオ一刀両断)
評価:☆☆☆☆☆  何気ない日常、どこにでもある人生、在り来たりのドラマ、なのにジワジワと感動を覚え、思わず涙をこぼしそうになった。藤竜也の役作りが素晴らしい。小津映画の笠智衆に匹敵する圧倒的な存在感である。リュックを背負った背広姿と古めかしいカメラ、ド
「村の写真集」 映画 シネクレ丸の内 (後厄の記録 (42歳の春・・・まだ寒い))
冒頭、主人公の青年(息子)が追想するシーンで嫌な予感が・・・ ほんとに、こういうパターンは見飽きてますからね。 でも、杞憂でした。(ラストはイマイチでしたが) 懐かしい風景(祖谷)が続き、心癒される映画でした。 記念写真を撮るさまが美しいです、また息子
村の写真集 (表まさひろ日記)
2006年3月13日(月)  「村の写真集」という映画を見た。 とある山間にある村・花谷村- 美しいその村が、ダムに沈もうとしている。 避けられない運命に対し、村役場は、村のすべての家族を写真におさめることで、 花谷村の美しさを永遠に残すことを考える。 依頼を受
ふるさとって、ナイーブ (おっは~!)
「親子共遊び・共育ち」をめざすNPO、つくしクラブ主催の映画「村の写真集」上映会に行ってきました。舞台はダムに沈もうとする村。村の姿をのこそうと、「村の写真集」事業がもちあがる。(たぶん)唯一の写真館の店主が、カメラマンをめざし東京に出た息子を助手に呼ぶ。歩
虎風庵の映画評 【村の写真集】 (虎風庵(こふうあん)の時々放談)
2006年2月12日 DVD                          
村の写真集 (いつか深夜特急に乗って)
「村の写真集」★★★★ (DVD)2003年日本  監督:三
【映画】村の写真集 (いくらおにぎりブログ)
【「村の写真集」三原光尋 2004】を見ました。 おはなし 高橋孝(海東健)はカラオケでバイトをしながら写真家を目指しています。ある日、田舎から「村の写真集」を作るので、帰ってこないか、という誘いが。 父の研一(藤竜也)と折り合いが悪かった孝は最初、 ...
[cdb] #83 村の写真集 (色とりどりの日々)
暑い。とにかく暑い。。 こんな日は涼しい部屋で 映画でも見るに限る、か。 以前よく行っていた映画館で、 見かけた予告がずっと気になっていた。 なんか、しゃんとした作品っぽいなって。 それがこの映画、『村の写真集』。>> 徳島の山間にある ...
村の写真集 (はれっとの旅路具)
昨夜、高知の知人A君から突然の電話。 数日前NHKの番組にも出ていた彼は、四万十川の中流域で村のオンちゃん、オバちゃんたちと村おこしに奮闘しています。数年前、石川から取材と視察を兼ねて彼を訪ねたとき、四万十は土砂降り。どこにも行くことができず、昼過 ...