喜久家プロジェクト

日本一細長い半島、四国最西端「佐田岬半島」。 国内外からのボランティアとともに郷づくり「喜久家(きくや)プロジェクト」。

世界ユースサミット(One Young World)に参加する唯一の三崎高校生 ~最先端へ向かう愛媛県立三崎高等学校~

2019-10-12 | 日々の暮らし
 昨年娘は、オランダのハーグで開かれた世界ユースサミット(One Young World)に唯一の高校生として参加。
現地集合、現地解散というから実にすごい。

 昨年に続き、二名津の後輩、竹内琉翔君がロンドン大会に参加する。
世界中から3000人の若者が集まり、世界規模の課題について学び、語り合う。

 母校、愛媛県立三崎高等学校も実におもしろくなってきた。
 四国最西端から最先端へ。


※ 画像をクリック 

コメント

十勝チーズ   地域を点から面へ

2019-10-12 | 地域づくり
 田村よっくんが、北海道の帯広市に行って来たようだ。
その報告をしてくれた。
これが、おもしろいの何の。

 知り合いの宮嶋さん夫婦が経営する新得共働学舎が近くにある。
これはもう行くしかない。


 ※ クリック
コメント

三崎の宵祭り

2019-10-08 | ふるさと
 10月8日は、三崎の宵祭り。
そして明日10月9日は、いよいよ本祭り。

 朝から相撲甚句、五つ鹿踊り、唐獅子が学校を訪れ、舞ってくれました。
中学生たちも立派に口上を口説いていました。

 少子化により、最近では女の子も相撲甚句に参加し、可愛らしさが漂っています。




 1頭の雌鹿をめぐる4頭の牡鹿たちの舞。
雌鹿を中学生、牡鹿を高校生たちが務めています。




 やっことたわむれる唐獅子の舞。
やっこは、小学生が務め、獅子は地元青年団の若者たちが務めます。




 地元の大人たちは、祭りを後世に伝えたいと奔走し、
未来を担う子どもたちは、今日夜を徹して舞います。
地域が一つになり、わが故郷の祭りの誇りが継承されています。

 過疎少子高齢化による人口減少の中、
一人一人の思いが集まってこそ生まれる祭りの素晴らしさが、ここ三崎には残っています。

 人々を結ぶ祭りの素晴らしさが見えてきます。


 明日はいよいよ、秋祭り。
三崎出身の方は、「帰って来なはいよ~」。
三崎に縁のない方も「明日は祭りに来てみなはいよ~」。

        岬人(はなんちゅう)



コメント

世界ユースサミット(One Young world)に参加する愛媛県立三崎高校生にエールを送る

2019-09-22 | 教育
 今年も母校愛媛県立三崎高校生が、ロンドンで開かれる世界ユースサミット(One Young world)に参加する。

 昨年、娘がオランダのハーグで開かれたサミットに参加。
世界190の国・地域から約1800人が集う。 
その中で何と高校生は一人だけだった。

 
 高校卒業前に行われた伊方町生涯学習大会での報告会の動画を久しぶりに振り返った。

 若者には夢がある。

 今年も参加する三崎高校生に、エールを送りたい。


※ 画像をクリック

コメント (2)

「みっちゃん大福」物語が新たに書き加えられる

2019-09-17 | 感動
「みっちゃん大福」物語

夢のある、夢につながった取組。
そこには、一途な三崎高校生たちと、彼女たちを育ててあげたいという田村菓子舗三代目の思いがあった。

 彼女たちの父親の一人が、この物語に新たな書き込みをしてくれている。感動の物語だ。

 ※ 写真画像をクリック

コメント

三崎小・中学校秋季大運動会 感動の舞台裏

2019-09-16 | 教育
〈運動会スローガン〉
小学校: 光らせよう 汗と笑顔の新時代
中学校: 輝 ~新しい時代の1ページ~

 このスローガンにふさわしい、すばらしい運動会でした。
どちらも「新しい時代」という思いが込められている点が共通しています。


 まさに運動会の舞台裏もそうでした。
児童・生徒数が減り続けるなか、その準備や後片づけが大きな負担となってきました。
 その作業の協力をPTAに持ち掛けたところ、三崎小学校・中学校のPTA会長さんを中心に連絡が回り、
実に多くのPTA会員が朝早くからテント設営の準備等に来ていただきました。
その数、ざっと30名。




 競技においても、親子種目、PTA種目において、大いに運動会を盛り上げていただきました。

 さらに感動したのは、後片付け。
閉会式が終わると、テント下にいた人たちが一斉に片付けを始められました。
老いも若きも、女性も男性も。
誰かのために流す汗は、また格別の輝きです。

 テント運搬等のため、トラックを準備していただいた方。
おかげでたいへん能率よく片付けができました。




 子どもは、大人の背中を見て育ちます。
これこそ、教育の原点。
三崎地域には、そのようなすてきな背中を見せられる大人が多いです。


 フェイスブックに三崎地域の方が次のように投稿していました。
Aさん: 準備本番片付けとかなり親も携わる三崎の運動会になってきたね。
Bさん: 母校なので、運動会はやっぱり観に行きたくなりますね‼️ 片付けは善意でやってます。
Aさん: 保護者として、ありがとう、助かります。
Bさん: どういたしまして‼️ 
     やっぱり、観に行ったからには、学校の先生や生徒に少しでも早く家で疲れをとってもらいたいですから‼️


運動会の舞台裏にも、新しい時代の風が感じられました。

コメント

みっちゃん大福 第1位  ~こんなのあるんだ!大賞 中四国予選~

2019-09-01 | 地域づくり
 二名津にある田村菓子舗と三崎高校女子高生とのコラボでできた「みっちゃん大福」。

 全国の新聞社でつくる特産品を選ぶ審査で、中四国予選においてみごと大賞を受賞。 
次は、全国審査。

 
 ふるさとには、応援したいモノがたくさんある。
        応援したい人がたくさんいる。


 ※ 画像をクリック




            岬人(はなんちゅう)
コメント

「第2回全国高校生SRサミット FOCUS 2019」 ふり返り動画

2019-08-26 | 教育
 「第2回全国高校生SRサミット FOCUS 2019」 ふり返り動画。 

  全国100名の高校生、プラス大学生や社会人50名が社会貢献プロジェクトを議論。
 真剣で楽しく充実した3日間。 

 貼り付け画面の彼も三崎高校生。 

 若者には、夢がある。

 
 ※ 画像をクリック  



               岬人(はなんちゅう)
コメント

「第2回全国高校生SRサミット FOCUS 2019」 オープニングムービー

2019-08-26 | 教育
「第2回全国高校生SRサミット FOCUS 2019」オープニング動画。 

 愛媛県立三崎高等学校は、昨年APU(立命館アジア太平洋大学)で開催された第1回から続けて参加。

 主催する立命館宇治高等学校とのすばらしいつながり。

  ※ 画像をクリック  




        岬人(はなんちゅう)
コメント

これはすごい! 「高校生SRサミット FOCUS 報告用MOVIE 」

2019-08-24 | 教育
 母校、愛媛県立三崎高等学校の生徒がこの夏参加した
「高校生SRサミット FOCUS」の報告用MOVIE

 すごい!

 南、静香も生き生きしてる。
学ぶって、楽しい。
つながるって、わくわくする。


コメント

高校生SRサミットに参加した三崎高校生

2019-08-24 | 教育
 母校、三崎高校生たちの可能性や夢は、どんどん広がっていく。

 7月30日から8月1日の3日間、立命館大学びわこ・くさつキャンパスで行われた
「高校生SRサミット」に生徒7名が参加したようだ。

 参加生徒の感想にもグッとくる。


※ 画像をクリック

コメント

佐田岬半島のお盆行事   精霊舟(おしょろいぶね)

2019-08-23 | 佐田岬の風景
 佐田岬半島には、貴重な風習がたくさん残っている。
その一つが、お盆行事の「精霊舟(おしょろいぶね)」

 死を迎えるとはどういうことか。
また、生きるとはどういうことか。

 そんなことを、古くからこの「精霊舟(おしょろいぶね)」を通して感じてきた。
古くて新しい営みだ。

 ※画像をクリック

コメント

分校化が決まった愛媛県立三瓶高校の魅力

2019-08-23 | 教育
 愛媛県立三瓶高校は、来年度から分校になる。
こんなすてきな高校なのに。

 8/23午後6時過ぎ、テレビで放送される。

 ※画像をクリック

コメント

I Love Misaki Junior High School ~親子奉仕活動と地域ボランティア~

2019-08-23 | 教育

コメント

ふるさとを担う若者たち ~台風接近のなか盆踊りが盛り上がる~

2019-08-15 | ふるさと
 ふるさと平礒のお盆の様子を紹介します。
平礒では、8/14だけ盆踊りをします。
ところが接近する台風10号の影響で、雨模様。誰もが中止と思っていました。
 
 盆踊りを担う消防団の後継者たちは、朝7時に集まり、初めて集会所の中で盆踊りをすることを決めました。
時間とともに台風が強まることを考え、モウリョウが終わって午後4から盆踊りを始めました。

 さて、どれくらいの人が盆踊りに集まるのか?
 午後4時過ぎ、家族連れを中心に続々と集まってきました。
定番の「炭坑節」を中心に、踊って先祖供養をします。





 そして、合間に坂本九が歌う「ジェンカ」。
子ども、若者、大人たちも一緒になって跳びはね、最高潮に盛り上がっていきます。


 踊った後の休憩では、貴光君やヒロが、子どもたちのためくじ引き抽選会で盛り上げます。
光る風船、キャラクターバッグや文房具を手にした子どもたちは大喜び。


 たかひろ君や幸徳君、武蔵たちも飲み物やお菓子を配っておもてなし。


 三崎高校1年のけいた君も、最後まで太鼓をたたいて盛り上げてくれました。
「けいた君の太鼓は、本当に上手い。
この太鼓は、けいた君のものや。これからもずっと太鼓をたたきに来てくれよ。」
と声をかけられていました。


小さな小さなふるさとですが、ここには全ての人に居場所があり、持ち場があります。
ふるさとから離れて暮らす人たちのためにも、ふるさとを盛り上げている若者や後継者たち。
そんなすばらしい風土をこれからも育てていきます。
ふるさとには、愛があります。


 今夜も三崎地域のどこかで、盆踊りが盛り上がっていることでしょう。

              岬人(はなんちゅう)
 

コメント