喜久家プロジェクト

日本一細長い半島、四国最西端「佐田岬半島」。 国内外からのボランティアとともに郷づくり「喜久家(きくや)プロジェクト」。

11/24に愛媛県西予市「多田だんだんプロジェクト」にて喜久家プロジェクトのプレゼン

2018-11-17 | 地域づくり
 

                 岬人(はなんちゅう)
コメント

カントリー・ジェントルマン ~農業を愛した白洲次郎~

2018-11-17 | 生き方
 魅力的な考え方、生き方。

 ※ 画像をクリック


【誇りを持て!白洲次郎の名言】
  
(1)
熱意だよ。
日本でも明治維新の時の政治家とか実業家は、熱意があったから
あれだけの仕事が出来たんだね。
  
(2)
人に好かれようと思って仕事をするな。
むしろ、半分の人には嫌われるように積極的に努力しないと
良い仕事は出来ない。
  
(3)
何かにしがみつかなければ、生きていけない根性なら、神頼みでもして、
鰯の頭でも信心していた方が、他人様の御迷惑にならんだけでもましだろう。
  
(4)
われわれは戦争に負けたが、奴隷になったのではない。
  
(5)
運転手を待たしてゴルフする奴なんか、ゴルフをする資格はない。
 
(6)
地位が上がれば役得ではなく「役損」と言うものがあるんだよ。
  
(7)
今の日本の若い人に、一番足りないのは勇気だ。
「そういう事を言ったら損する」
って事ばかり考えている。
 
(8)
人様にしかられたくらいで引込むような心臓は、持ち合わせがない。

  
(9)
自分よりも目下と思われる人間には親切にしろよ。
  
(10)
「すみません。」は駄目だ、「SAY THANK YOU」だ。
  
(11)
金払いはよくしろ、明るくふるまえ、特定の女とばかりしゃべるな。
そして、言い寄られたら
「ノー」と言え。
 
(12)
おのれの好まざることを人に施すなかれと先祖代々教わってきた我々も、 
人の好まざることを人に施した挙句、 
人の好まざることは、やっぱりおのれも
好まざるものであったと気がついた。
因果応報。何をかいわん。
 
(13)
臭い物は蓋をしないで、いつか始末しなけりゃならないんだから、
外へ出したらいいんだ。
 
(14) 
日本人も日本も欠点だらけらしいが、人間も国家も完全ではあり得ない。
米国もまたその例外ではなかろう。
 
(15)
反省のない人間など使いものになるとは思わない。
 
(16)
お偉方諸氏もみんな一度は若かったのだ。
昔の若かった時代のことを思い出して見て下さい。
青年を扱うのに雅量と同情をもってして頂きたい。
 

(17)
いま日本でいけないのはすぐ人の脚をひっぱることだね。
これは大変な奴だと思うと脚をひっぱっちゃう。
だから日本で何かのトップにゆく奴は、
毒にも薬にもならない奴が大部分だよ。
 
(18)
このごろのマスコミの論調をそのまま世論だとお思いめさるな。
国民はそんなに軽率でもないし、一方的でもありません。
 
(19)
経済人はもっともっと自己反省してみても悪くはなかろう。
やれ補助金だ、やれ割当だと、
こまってくるとすぐ政府になんとかしてくれと
泣きつく乞食根性は、もうやめてもらいたいものだ。
 
(20)
どうしたらよくなるか、それを工夫してゆくよりしょうがないじゃないか。
よくなるとか、ならんというよりも、よくするほかにみちがないことを
認識すべきだ。
 
(21)
政治をやる人は、もっともっと行政の対象の国民の立場になって
考えてみるがいい。
農民の生活の向上を叫びたい人は、
農民の生活がどんなものかと体験してからにしてもらいたい。
 
(22)
どうも日本人というのは、これは日本の教育の欠陥なんだけど、
物事を考える時に、物事の原則っていうことを
ちっとも考えないんだ。
 
(23) 
僕は政治家じゃないし、人に何言われても一向に平気なんだ。
僕はそういう所、わりに旧式なのよ。
自分の良心はきれいだと思ってるから、
人が何言おうと平気なんだ。
 
(24)
弱い奴が強い奴に抑え付けられるのは、
世の常で致し方なしと諦めもするが、
言うことだけは正しいことを堂々と言って欲しい。
  


                 「愛媛県伊方町中之浜 菊池さんの温州ミカン」

- 白洲次郎 -
■ 白洲次郎ブームでその存在を知る
 白洲次郎は今だに戦後復興の立役者として語られることが多いですが、
数年前ちょっとした白洲次郎ブームが突如として起こりました。
メディアでも頻繁に取り上げられましたし、本も沢山出版された。
 
■ とにかくスケールがでかい!
 白洲次郎は、1902年2月17日兵庫県芦屋市神戸の貿易商の家に次男として生まれ、
中学、高校と手のつけられない乱暴者だったようで、当時すでに身長が180cmもあったので、喧嘩も相当強かったようです。
 また、高校生で米国の高級車を乗り回していたのだとか。これほどのイケメンでスポーツ万能、喧嘩が強い、勉強ができる、お金持ちとなれば、
女の子からモテないはずもなく、中学生のころから宝塚歌劇団の生徒と交際していたようです。
 
■ 戦後復興の立役者!?
 白洲次郎は、戦後復興のフィクサーとして活動されていたことは間違いないようなんですが、
その裏で戦後復興の利権の闇に飲み込まれてしまい、諸外国に日本の国富を売り渡した売国奴的なことを言う人もいます。
 しかし、白洲次郎の誰にも屈しない姿勢を当時外務大臣だった吉田茂に買われて、
GHQの交渉窓口を務め、太平洋戦争終結から半年も経たない昭和20年に、
白洲次郎はGHQ司令長官であるダグラス・マッカーサーをどなりつけて周囲の人たちを驚かせたという逸話の持ち主です。

次の言葉が、特に心に響く。
人に好かれようと思って仕事をするな。
むしろ、半分の人には嫌われるように積極的に努力しないと
良い仕事は出来ない。


            岬人(はなんちゅう)
コメント

7人の侍

2018-11-16 | 感動
 私の名前は、侍を意味する。
だから侍という言葉に、昔からどこかひかれていた。

 7人の侍たちの技がすごすぎ。

   ※ 画像をフリック



ちなみにこのうち日本人は、3人。
 スラックライン(綱渡り)のくノ一、スキー、フリースタイルの3人。

 フリースタイルを演じる侍は、愛媛県大洲市出身の徳田耕太郎さん。
彼がまだ高校生の頃、お会いして、その美技を見せてもらったことがある。

 自分には、これほど何か打ちこめるようなものがあるだろうか。

 まさに「一所懸命」。

          岬人(はなんちゅう)
コメント

晩秋の朝焼け ~朝焼けと天気~

2018-11-16 | 自然環境
 昨日の朝7時。
わが家の前から見えたきれいな朝焼け。

 刻々と変わりゆく空の色、海の色‥




 「朝焼けがきれいな時は、天気が下り坂」
と言われることがある。

 自然を見ながら、天気を予測するって、おもしろい。

 さて、今日の天気は?



      岬人(はなんちゅう)
コメント

愛媛県立三崎高等学校生徒による青春ムービー「せんたんビギンズ」が誕生するまでの秘話

2018-11-13 | 感動

コメント

愛媛県立三崎高等学校生徒による映画 『せんたんビギンズ』の上映が、ついに決定!!

2018-11-13 | 感動


コメント

「せんたんビギンズ」上映会のお知らせ

2018-11-09 | 感動
 愛媛県立三崎高等学校の生徒たちと地域のみなさん、そしてプロクリエイターがつながり制作された青春映画。
「せんたんビギンズ」

 これは、いい。

佐田岬の夏の思い出。
せんたんビギンズ。
 観ないと後悔しそう。

 上映会は、
12/1(土)14:00~16:00
伊方町生涯学習センター5階ホール。




 愛媛県立三崎高等学校には、新しいものを創り出す力がある。


       岬人(はなんちゅう)
コメント

愛媛新聞記事 ~オランダ・ハーグで開かれた世界ユースサミット「One Young World」報告 ~

2018-11-08 | 感動
 11月8日(木)の愛媛新聞に、愛媛県立三崎高等学校に通う娘が掲載された。
オランダ・ハーグで開かれた世界ユースサミット「One Young World」の報告会が、三崎高校の文化祭であった。




 世界各地から集まった18歳から30歳の若者1800人のうち、高校生は、ただ一人だった。

  四国最西端の三崎高校生の娘が、世界最先端のユースサミットで感じたことは何だったのだろうか。


 佐田岬の高校生が、世界にチャレンジした軌跡。


                      岬人(はなんちゅう)
コメント

愛媛県立三崎高校文化祭の慰労会での感動

2018-11-06 | 感動
 11月4日(日)。
娘たちが通う愛媛県立三崎高等学校の文化祭があった。

 午前中は出張だったので、午後2時頃から参観。
 そのすばらしいこと、すばらしいこと。
年々、新しい趣向がこらされ、生徒主体のものになっている。

 今年は、未成年の主張や地域の人によるブースも開かれていた。




赤ジャージの詩人こと広によるインスピレーションメッセージや爬虫類喫茶など大好評だったようだ。



 娘が参加したオランダのハーグで開かれた世界ユースサミット「One Yung World」報告もよかった。






 そしてさらによかったのは、夜の慰労会。
PTA会員は少なかったが、若き先生たちの情熱がほとばしっていた。
三崎高校への熱き思いを語る人、同僚のがんばりをたたえる人など。

 校長先生をはじめ壮年の先生方の温かい眼差しや大らかさに会場となった
三崎の「たちばな旅館」は、大いに盛り上がった。

 そして会の最後頃には、
大学進学を目指す生徒の志願書作成を指導していた先生が、遅れて来られた。
本当に頭が下がる思いだ。



 その後、ある先生から
「〇〇先生は、文化祭のあと片づけがあって参加できなかったので、慰労してあげましょう。
それではみなさん、保内の敬に行きましょう。」
という声があがり、2次会へと移っていった。


 何というチームワークの良さ。
四国最西端、愛媛県立三崎高等学校の先生方のチームワークは、ハンパないって。

 こんな先生方に教えてもらえる生徒は、本当に幸せだ。
三崎高校には、情熱と愛がある。


          岬人(はなんちゅう)

コメント

よろこびのうた 【坊ちゃん劇場第13作「第九」アジア初演100周年記念】

2018-10-31 | 感動
 坊ちゃん劇場にミュージカルを観に行った。
よろこびのうた 第13作「第九」アジア初演100周年記念。



 この物語は、徳島県において、日本で初めてベートーヴェンの第九「歓喜の歌」が歌われた史実を元に、
ドイツ人俘虜と日本人との交流、葛藤、対立、和解を描いた。
現在に通じる愛と平和のエンターテイメント。

 場所は、第1次世界大戦中の徳島、「板東俘虜収容所」には、
1000名近いドイツ人俘虜が収容されていた。

 松江豊寿所長は、彼らを人道的に扱う。
これはとても有名な史実。

 途中、観ていて涙する場面が何回かあった。

 歴史をひも解くと感動がよみがえる。


         岬人(はなんちゅう)
コメント

「One Young World in Hague」 世界ユースサミットのハイライト

2018-10-26 | 感動
愛媛県立三崎高等学校3年の娘が参加した「One Young World」
世界ユースサミットをふり返って。

 感動の4日間。

 何かが、変わってきそうだ。


※ 画像をクリック





          岬人(はなんちゅう)
 
コメント

One Young Worldのよき理解者だった 元国連事務総長、Kofi Annan(アナン)の思い

2018-10-20 | 感動
 元国連事務総長、Kofi Annan(アナン)は、One Young Worldのよき理解者だった。

 昨年は、若者たちへの期待をこめて、持続可能な世界への思いを語った。
 
 今年もぜひ、と願っていたが、8月に亡くなった。

ぜひ聞いてみたい。  ※画像をクリック





           岬人(はなんちゅう)
コメント

「Do They Know It's Christmas?」 ボブ・ゲルドフ  ~エチオピアを救おう~

2018-10-20 | 感動
 バンド・エイド (Band Aid) は、イギリスとアイルランドのロック・ポップス界のスーパースターが
集まって結成されたチャリティー・プロジェクト。

 1984年、エチオピアで起こった飢餓を受け、発起人のボブ・ゲルドフと
ミッジ・ユーロにより書かれた「Do They Know It's Christmas?」

 有名な曲だ。

※ 画像をクリック




           岬人(はなんちゅう)

コメント

One Young World 2018 The HagueでBob Galdof(ボブ・ゲルドフ)が語ったこと

2018-10-20 | 感動
 ボブ・ゲルドフは、ナイト勲爵士であり、アイルランドのミュージシャン、作曲家、俳優、政治活動家。
 
そしてブームタウン・ラッツのボーカリスト。

 また、ボブ・ゲルドフとミッジ・ユーロが発起人となり結成されたバンド・エイド (Band Aid) は、
イギリスとアイルランドのロック・ポップス界のスーパースターが集まって結成されたチャリティー・プロジェクト。

 1984年、エチオピアで起こった飢餓を受け、ボブによって書かれた「Do They Know It's Christmas?」が有名。


 


                岬人(はなんちゅう)
コメント

One Young World in Hague にプレゼンテーターとして参加する、アメリカの大女優アンバー・ハードの思い

2018-10-20 | 感動
 One Young World in Hague にプレゼンテーターとして参加する、

アメリカの大女優アンバー・ハードの思い。





               岬人(はなんちゅう)
コメント