日々の覚書

MFCオーナーのブログ

今年も連休スタート

2014年04月27日 11時09分19秒 | 与太話

今年もぼんやりしているうちに、ゴールデンウィークがやって来た。世間には11連休という会社もあるようだが、我が社は所謂“暦通り”である。ま、取引先を見ても、この“暦通り”というパターンが一番多いようだ。

という訳で、とにもかくにもゴールデンウィークなのである。“暦通り”で、まとまった休みは多くないとはいえ、やっぱり連休だし遠出したいな、と思ったりする訳だが、今月1日以降、遠出するのは更に金がかかるようになってしまったので、遠出を躊躇する人もいるだろう。もちろん、消費税が5%から8%になった事もあるが、ご存知の通り、ガソリンに関しては、これに環境なんちゃら税(笑)がプラスされ、1リットル当たり5円ほど値上げされてしまったのである。これはデカい。3月31日に駆け込みでガソリンを満タンにしようという人たちがスタンドに列を成したのも当然。

ガソリンだけではない。高速道路のETC割引も、4月1日以降、路線や時間帯によっては廃止になったり、割引額が減らされたりしてる。やり口が汚いなぁ。一所懸命ETCの普及に努めてきたけど、ある程度行き渡ったし、負担にもなるしで、客引きの為にやっていた割引をやめましょう、ということか。政府も何考えてるのか。いまや日本も情報社会、やたらとネット等の通信スピードのアップばかりが取り沙汰されるが、物を運ぶこと、つまり物流に関しては、結局車や電車等の交通手段を使わざるを得ない。ネット回線で荷物を送れる訳ではないのだ。つまり、日本の経済を支えているのは物流なのである。所が、ただでさえ高いガソリンや高速道路代がさらに高くなってしまうと、コストばかりかかって、早く効率良く安全に運ぶ事が難しくなる。廃業する業者も出てくるだろう。大手業者の独占になるかもしれない。そうなると、コストはすべて価格に転嫁され、物流にかかる経費は莫大なものになっていく。サービスの低下を招く危険性もある。得をするのは特定の業者だけ。こんな状態が良い訳ない。

政府は、自動車産業の衰退は日本経済の衰退に繋がる、なんて言って、あれこれ対策をしてるみたいだけど、自動車を使う以上避けては通れないはずのガソリンや高速道路については、無策にしか感じられない。もしかして、鉄道業界に気を遣ってるのか。確かに、ETCを優遇し過ぎると鉄道の利用客が減る、というのは分かる。分かるけど、実は鉄道の運賃も高い。日本は世界一通信費と運賃が高い国であるらしいのだが、ここを何とかしなければ、情報も人も荷物も動かないし、それこそ日本経済の衰退ではないのか。

鉄道といえば、僕にはどうも“鉄オタ”の素養があるらしい(笑) もちろん、子供の頃から電車に乗るのは好きだったし、鉄道路線図とか時刻表とかを眺めてると退屈しないタイプだったが(笑)、単に好きなだけで鉄道の事は何も知らない(車両の型とか名前とか)ので、所謂“鉄オタ”ではないと思っていた。しかし、単に好きなだけでも十分その資格はあるらしい(笑) 知らなかった。僕も“鉄オタ”だとは(笑) ま、“鉄オタ”だとするなら、きっと僕は“乗り鉄”だろうと思う(爆)

その鉄道だが、僕も仕事で新幹線をはじめとする特急列車をよく利用する。で、指定席を買う場合に、いつも思うのだが、指定席って窓側の席から売れていく。自由席だって、窓側から埋まっていく。つまり、皆さん窓際の席が好きなのだ。これ、かなり“鉄オタ”の資格あり、と思うけどね(笑) 何故、窓側に座りたいかというと、もちろん景色を見たいからであろう。僕もそうだ。新幹線に限らず、電車に乗る最大の楽しみは、窓から外を眺める事である。都会だろうが田舎だろうが、車窓から見える風景はどれも風情があって退屈しない。なので、外が見えないので、夜電車乗るのはあまり好きではない(笑) トンネルが多いのも興醒めだな。ずっと地下ばかり走るというリニアモーターカーなんて、まったく興味ないし(笑) もっとも、リニア開通するまで生きてるかどうか分からんけど(爆)

にもかかわらず、である。せっかく窓側の席を取りながら、ずっと居眠りしてる輩がいるのだ。もちろん、僕も2時間くらい乗ってると居眠りする事だってある。なので居眠りしてることをどうこう言う気はない。腹立たしいのは、シェードをずっと下ろしっ放しにしてる事だ。窓側の席なのに、外を眺める事もせず、シェードを下ろして寝てる、或いは読書してる、だなんて、一体何の為に窓側を取ったのか。と、こっちは思ってしまうのだ。だったら、窓側の席を取れなかった僕と席交換してくれよ、なんて言いたくなってしまうのだね(笑) ま、どうでもいい事だが(爆)

さて、話変わるが(まだ続くのか)、そろそろ夏フェスの出演者が発表され、チケットも発売される時期だが、今年のサマソニに、なんとクイーンが出演するそうな。もちろん、ブライアンとロジャーの2人に、ボーカルとしてアダム・ランバートが加わった形ではあるのだが、さて行こうかどうしようか悩んでいる。う~む。

というわけで、今年もゴールデンウィークがやって来たのである。

コメント (5)

“鬼トレ”な日々

2014年04月06日 23時24分39秒 | 与太話

Onitore_3

なんと、まる2ヶ月以上も更新をサボッてしまった。あ、いや、別に佐久間ショックが長引いたとかいう訳ではない。ま、他にも色々あった、という事でひとつご勘弁を(誰に言ってるのだ?笑)

で、佐久間正英と言えば、20年以上にも渡ってプロデューサーとして活躍していた訳だが、その間に彼が関わってきた楽曲を集めた編集盤が出た。その名も『SAKUMA DROPS』。曲目等の詳細はこちらで確認して欲しいが、とにかくその手がけたバンドの多いこと! かなり意外な名前もあったりする。曲目とバンド名を見てるだけでも、J-POPの歴史をおさらい出来てしまうくらい。特に90年代においては、小室哲哉に代表されるエイベックス系や、B’z等のビーイング系に次ぐ勢力だったのではなかろうか。ほんと凄い。改めて思うが、本当に惜しい人を亡くしました。合掌。

さて、2ヶ月以上に渡ってプログ更新をサボッていた(笑)間の話題といえば、2月の大雪やそれと同時期に開催されたソチ五輪、或いはSTAP細胞騒ぎ、忽然と消えたマレーシア航空機、ロシアのクリミア併合、オランダでの米日韓首脳会談、といった所だろうか。それぞれにネタにしたい話題ではあったが(笑)、今となっては手遅れかな(少し意味が違うような。笑) ただ、STAP細胞騒ぎに関しては、一連の報道を見ていて、ふと、10数年前だったかな、“神の手”と呼ばれて、崇め奉られていた考古学者を思い出してしまった。それまでの日本史の概念を全て白紙に戻してしまうほどの大発見を連発していた(発掘してた)はずが、実は捏造だったというのがバレてしまった一件である。大発見だ新発見だと、学会のみならず、マスコミまでもが大騒ぎした挙げ句、捏造と分かった時の落胆も大きかったせいで、当事者が集中砲火にさらされた訳だが、そこいらが今回のSTAP細胞騒ぎと似てるような気がするのだ。あの考古学者、今どうしてるのだろう?

と、世間はともかく、個人的には、最近のトピックといえば、何と言ってもニンテンドーDSで“鬼トレ”を始めた事だろう(笑) 大台を超えたからというより、数年前から脳が退化してるような気がしてて、要するに記憶力や集中力が落ちてきたなぁ、と感じていた訳で、そこへ登場したのが“鬼トレ”なのである。正式名称は「ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング」、中には、“鬼トレ”“鬼トレ補助”“脳トレ”“リラックス”と4つのジャンルがあり、メインはなんといっても“鬼トレ”で、その中に数種類の問題がある。トレーニング日数が増えると、それに伴いトライ出来る問題も増えていく、という仕組み。僕が一番やってるのは、最初から入っていたせいもあるが、「鬼計算」というヤツで、要するに計算をしていくのだが、目の前に表示された設問よりひとつ前、あるいは2つ前の設問に答える、という形なのだ、つまり、

4+5
3+5
7-2

と設問があったとして、“1バック”の場合はひとつ前、つまり↑のパターンでいくと、3+5の時に、「9」と答えねばならないのだ。“2バック”だったら、7-2の時に「9」と答えなければならない。最初は“1バック”からスタートして、慣れてきて点数が良くなると、“2バック”“3バック”とレベルが上がっていく。はっきり言って、大変です、これ。ひとつ前の答えだって覚えてないのに、ふたつ前なんて無理である。最初の頃は訳分かんなくて泣きそうになったけど(笑)、慣れてくると“2バック”もなんとか対応出来るようになった。現在の僕は、“速い2バック”と“3バック”を行ったり来たりしてる状態。さすがに3つ前の答えなんて、なかなか覚えられるものではない。が、監修した東北大学の教授によると、点数より続ける事が重要で、“鬼トレ”を毎日続けると、大脳皮質が増えて、脳が若返るのだそうな。なるほど。さすがに毎日は出来ないけど、“鬼トレ”をした翌日は、なんだか頭が冴えてるような気がしてしまったりする訳で、なんというか、思い込みとは恐ろしいものだ(爆)

という訳で、脳の若返り目指して、“鬼トレ”で特訓する日々なのである(笑)

ちなみに、「鬼計算」も面白いが、僕が結構好きなのは、金額とお金が表示されて、瞬時に釣り銭を計算する「釣り銭渡し」や、既定の時間内に、画面に現れる漢字を書き取る「漢字破壊」といった、“鬼トレ補助”に入ってるゲーム(?)である。同時に発せられる複数の言葉を聞き取る「聖徳太子」ってのも面白い。いやいや、“鬼トレ”な日々、まだまだ続きそうだ(笑)

コメント