~新しい扉の向こうへ~

スピリチュアルな世界と地球文明の真実を学びたい。
目に見えるものだけが全てではないのだから。

★自分の声は届いているのか? by 創造主

2016年03月28日 | ☆光の灯台・LightworkerMike


Lighworker Japan.com より転載させて頂きます。


シンクロ的(啐啄同時的)にこの言葉を目にしました。こういう時が人生にはあります。


創造主
自分の声は届いているのか?
Jennifer Farley 2016-3-27

地球上で誰一人として自分の言葉を聞いてくれる人はいないと思う時があるかもしれません。声に出しても、話しても、誰も聞いていないのです。精一杯話をしても、何も反応はなく、ただ虚空をじっと見つめているだけ。

大切なあなた、勇気を出してください。あなたの言っていること、していることを聞き、聞き耳を立て、ちゃんと理解しているのはたった一人の存在です。

深呼吸をして、自分を鎮め静かになってください。お願いをしている返事が、その時にやって来ます。



2010-2016 Translation by Lightworkermike
http://lighworkerjapan.wordpress.com
翻訳者ライトワーカーマイク
https://lighworkerjapan.wordpress.com/2016/03/28/am-i-being-heard/











★7つの封印を解く by 大天使ミカエル

2016年03月26日 | ☆光の灯台・LightworkerMike


Lighworker Japan.com より転載させて頂きます。


7つの封印を解く
大天使ミカエル
Ronna Herman 2000年9月

マスターの皆さん、光り輝くスピリットの周りに肉体のコートを纏った時、それは随分昔の思い出になりますが、その時に体のセンサーを通して刺激を感じることが必要でした。

皆さんは素晴らしく感度の良い器官を授かりました。それは、皆さんが高次元で非常に上手く使っていたものなのです。しかし、物質的世界で効果的に使うために肉体を開発することが欠かせませんでした。

自分の目で見て、何を見ているのか特定して理解するようにしなければなりませんでした。地球の音や他の人間を音を聞き、解釈することを学ぶ必要がありました。やがてテレパシー能力がなくなりはじめた時、音を出し声を発して、他の人の言葉を理解できるようになりました。鼻で嗅覚を働かせ匂いをかぎ、また地球の果物を食べ始めると味覚を開発し、好みというものが表れ始めたのです。手を使い体の末端の神経を駆使しました。そうやって触れて感じる触感を開発し、肉体が反応するのを面白がり、新しい世界を楽しんだのです。それは興奮する経験でした。経験したことのない様々な情感が押し寄せ、大冒険でした。皆さんは子供のように不思議の国に行ったかのように、創造するものはなんでも作ることが出来ました。命が流れる宇宙エネルギーの中に踏み込んで心で望むことを何でも手にすることが出来ました。無邪気で純粋で創造主と地球の聖なる計画と完璧に調和していました。しかし徐々に長い年月が経って不思議な感じは消え、感覚は鈍くなりました。魔法のような能力は落ち始め閉じることになりました。

では今、皆さんが太古の昔に持っていた力について焦点を当てて、肉体とスピリチュアルな感覚を完全に取り戻せるようになるために、当初どうであったのか、それを思い出してもらいましょう。

皆さん、肉体の感覚をもう一度明確にして適切に使えるようにすることが大切です、そうして初めて長い間眠っていた好感度の感覚を高めて使うことができます。クレボヤント(透視能力)やクレアオーディエンス(透聴)、テレパシー能力、クエアセンティエンス(人に対する共感能力、心の中で気づく能力)などこういう能力は生まれついてもっている神聖な能力で、皆さんが手にするのを待っています。

肉体の7大チャクラについて詳しくお話ししたことがあります。それぞれのポジティブな側面とネガティブな側面について説明しましたが、各チャクラと体の器官はそれ自身意識を持つことを知っていますか? その意識には過去の経験や思考のエネルギーが重なって存在します。皆さんは信念で外の世界や思考という波動周波数を創りだすだけでなく、内なる世界も創り上げてきました。

体はあなたといろいろな方法でコミュニケーションしますが、体が語りかけてくるのが分かりますか、聞き取れますか?前にこのことをお話しました。でももう一度言いましょう。天使界や光の存在とコミニュケーションができることを認める人はたくさんいますが、体にあるいろいろなところとコミュニケーションができることはまだ信じきれていません。

簡単なエクササイズをやって肉体の内なる叡智につながれるようにしましょう。各チャクラのキーワードがありますので、各チャクラの性質を学んで、それから日常で適切な時にチャクラに話しかけてください。

(問題なければこの言葉は音にして出して行きます)。母音を調整して音にしながら、一番ここちがよくて低い音で始め、各チャクラの言葉を単調な音にして上のチャクラへと徐々に上げてやります。キーワードを発してチャクラに意識を向ける時に、心に浮かぶものをよく見てください。「ルートチャクラのエネルギーをどう生かしますか?」「ハートチャクラのエネルギーでどう愛しますか?」などなど。


ルートチャクラ

「私は生きる」という言葉で、体を地球のライフフォースにグランディングさせ安定させるのです。(これは最も重要です。体を大切にしいたわる必要があります。その一方で天空を目指すのです。)このチャクラが正常に機能してバランスが取れると、もっと元気になって勇気と自信がつきます。古い生き残りの意識と信念、何かが足りないという不足感を手放して豊かさの宝の胸部に踏み込めるようになります。

仙骨チャクラ

「私は感じる」という言葉がこの肉体―感情の座です。このチャクラのバランスが取れると、自分を疑ったり、何かに依存してのめり込んだり、性的な問題で悩むことはありません。エゴではなく魂の叡智に波長が合うようになり、徐々に潜在意識の古い自己捕縛は自信と安定的な感情に置き換わっていきます。自分のパワーを取り戻し、恐れや出来ない、無理だという思いを捨て、喜びに溢れて、穏やかさと繁栄を創りだしていきます。

太陽神経叢

「私はやります」という言葉がこの肉体―メンタル体の座です。このチャクラが調和して回転しだし、あまり不快なエネルギーがなくなると、自尊心が戻って知識は叡智に変わり、考えることは明晰で自分をコントロールする力を取り戻し、欲望を抑制します。自分の範囲を決めて他の人との違いや境界を大切にしながら、周りの人のエネルギーに入り込まずに、生命の実体である宇宙の源とあなた自身の “I AM Presence” からエネルギーを引き出していきます。太陽パワーセンターは、太陽神経叢-ハート-胸腺の所で活性化します。

ハート

「私は愛する」 ハートチャクラは上位のチャクラの入り口です。上位から魂とスピリットに繋がります。このチャクラがバランスを欠き、ほとんど閉じていると、本能で生きるようになり、下の3つのチャクラに支配されます。ハートーマインドー感情と愛のエネルギーセンターのバランスが取れると、神のマインドである無条件の愛の中に入ります。嫉妬や、自己本位、罪悪感、無力感といったエネルギーや考え方をすぐに手放します。聖なる意志、叡智、愛の3重の炎を点火すると、思いやり深くなり、命と全てのものとのワンネスを向上させます。



「私は話す」 喉のチャクラは、思考や言葉の波動次第でアストラルー感情プレーンまたはメンタルー感情プレーンと繋がります。混乱しやすいのですが、現実は皆さんが放つパターンでつくられるので、引き寄せの法則で低い周波数はアストラルプレーンのエネルギーを引き寄せ、高い周波数は意識のメンタルプレーンに入ります。アセンションプロセスは肉体的プレーン、アストラルプレーン、メンタルプレーンをマスターして高次元に行くことが必要です。話し言葉の力は肉体次元のプレーンでは最も重要です。愛と光、魂の言葉で話す時には、一番高い真実を常に話します。表現豊かに創造的な話し方をしたり、書いたりして上手くビジョンを表現するようになります。

第3の目

「私は見る」 眉間または第3の目チャクラは内なる感覚のドアを開けます。初めに無意識(潜在的マインド)に繋がり、徐々にハイヤーセルフに繋がります。その時に神のマインド(レイ:光線)の純粋な宇宙の光が入りこみ、あなたの神意識(あなたのエッセンス)を起動させます。直感の囁きが、スピリットによって導かれ啓発されているということを “知るように” なります。ここの歪みが取れる時に、高いマインドや直感的プレーンの新しい知識や創造的なアイデア、ひらめきがあなたと繋がります。

闇のようなエネルギーや思考が意識に浮かんできたり、瞑想中に目の前に表れたりなどということを怖れなくてもいいのです。それは自分で創っているもので癒され光になりたいために現れるのです。愛はダイナミックで一貫した創造の力です。愛・光が濁った周波数でも輝くときには、それは光り輝いてやがて変換されます。また、バイオレットの炎を使うことを覚えておいてください。

クラウンチャクラ

「私は」 クラウンチャクラが活性化すると、スピリットへの道が開きます。聖なるI Am Presenceトと一緒に蓄えられた叡智やギフトが花開いていきます。創造の愛・光・真実を生き、それで輝かせようとしており、その時に神意識の第12光線の特性が絶えず降り注ぎます。

7大チャクラの浄化と調和、バランスのプロセスは、「神意識の7の封印を解く」という重要なイニシエーションのプロセスをもたらします。

各チャクラがそれ自体で調和する時に、変化が起きてエネルギーヴォルテックスが口を開け、チャクラの完璧な質とエネルギーは上方にある次の段階のチャクラに投影されます。

この変化はクラウンチャクラが起動して驚くようなことが起こるまで繰り返されます。つまり、チャクラ全体が回転して脊椎が光の軸(芯棒)に変わり高速回転を始めます。そして創造主の5つの高次銀河光線が光の柱になってチャクラ全部に降りてきて注がれます。その時あなたの聖なるI Am Presenceが光輝きます。

こういう変化が過去数年間大勢の皆さんに起きて経験してきました。そして変容・イニシエーションの道を加速して進み、不快感や歪みが肉体の中で起きているのです。かなりのものが開放されて正常になり、バランスを取り戻しています。何千年もかかったことが、僅か数年で起きているのです。だから自分に優しくなって、人間という自分自身が、光輝くスピリットになった自己に変わるプロセスにいるのだということを知っておいてください。

高次元はあなた方が高次にある故郷への旅を開始するのを待っていましたが、その高次元のある宇宙の宝の胸部に踏み込めるようにするために、次のエクササイズをお伝えしておきます。

胸の中心に意識をおいて深呼吸を数回してください。あなたのエッセンスが引き上げられてクラウンチャクラから上に出ていきます。あなたは光の柱を持ち上げてあなたに適切な一番高いところまで上げていきます。

皆さんには叡智、経験、ギフト、純粋な宇宙の光という宝宮(胸部)を意識と次元の多次元にずっと蓄えています。だからそのギフトに踏み込もうとしていることを疑わないでください。意識を上げると、脳波はゆっくりとしてきて、意志、直感、ハイヤーセルフ(ハイヤーマインド)の三位に繋がります。それが作動中の創造的マインドです。そこで、胸の宝(宝宮)がどのように見えるのかを想像してください。その中に入って見てください。望むことを意識して、そのエネルギーの貯蔵庫を十分使えるようになるまでその創り出したいものの一つ一つに意識を凝らしてください。しかし、大きいものであれ小さいものであれ、どんなものでもそのプロセスを使いこなして信じると実現してしまいます。望む状況や問題を思い浮かべてください。そしてその完璧な結末を見てください。

(誰かに関係する状況を変えたい時は「最善のために」と言ってください。それから白色光に輝く泡の中にその問題が完璧に据え置かれます。この白色光は第12光線のすべての色と性質を兼ね備えています)
では、エネルギーのボールがあなたの光の柱にゆっくり降りてきてあなたを覆い、あなたの深くにまで達し、DNAに浸透していきます。そして最後は地球のコアに達します。

暫くの間静かに座って、このエネルギーを味わってください。もう一度あなたのスピリット(ハイヤーセルフ)の高い波動を感じるようになります。

終わったら、次のように言ってください。

「そう、成る。その通り。成った。このギフトに感謝します」

勇気ある皆さんは、創造の光を使いこなし、再度マスターのツールを使っていく準備ができています。することは、自分自身を押して啓発することです。その時にあらゆる善が可能な高次の世界に踏み出していくのです。

I AM Archangel Michael.

� 2000 Ronna Herman, Star Quest All Rights Reserved



2010-2016 Translation by Lightworkermike
http://lighworkerjapan.wordpress.com
翻訳者ライトワーカーマイク
https://lighworkerjapan.wordpress.com/2016/03/26/7つの封印を解く-by-大天使ミカエル/










★レインボーポータル7日目 by ANNAMERKABA

2016年03月20日 | ☆光の灯台・LightworkerMike


Lighworker Japan.com より転載させて頂きます。



レインボーポータルがオープンする
クラウンチャクラ 7日目 3月20日
ANNAMERKABA 2016-3-13

バイオレットがクラウンチャクラの色、天国のエネルギーと繋がる色です。バイオレットは精神性(スピリチュアリティ)の色です。可視光の色の中で最も波長が短くて高い波動の色です。バイオレットは、完全さを感じさせます。この完全さに伴って、プロセスが終わり完了して、新たな照明が開始し、再生が始まります。バイオレットは手放す時の悲しみと湧き出す喜びに繋がります。根本的に変わり、新たに悟ったことで、平和、穏やかさ、静けさが訪れます。

バイオレットの色は、浄化です。魔法、儀式、浄化、繋がり、ミステリー、神秘です。この地球の物質的世界を超えた他の世界を垣間見せてくれます。バイオレットは、純粋な宇宙のエネルギーです。すべてが調和している色です。正誤・2極対立、男性女性、昼間と夜、暑さ寒さ、天と地、右脳と左脳を結び付けます。そのバランス状態になって、他の存在、天国、地球、全宇宙との繋がりを感じます。そこに分裂、両極はありません。クラウンチャクラの花びらを開けると、あなたの叡智の座があります。人は知識を吸収して叡智に変えます。知って理解します。神聖さを体現します。

肉体レベルでは、クラウンチャクラの色は、大脳皮質、頭蓋、大脳に関係します。整ったバイオレットのエネルギーの場合、すべてのチャクラがスムーズに回転し、体のエネルギーは下から上まで自由に流れています。健康で穏やか、無理のないエネルギーを放ちます。バイオレット色の人は、オープンで好奇心があり、深く考えます。学ぶこと、勉強、読むことが好きです。学んだことに疑問を持ち、熟考してすべての中に通じるものや繋がり、パターンを見つけ出します。どんな内容でも、学ぶことに退屈して飽きることはありません。バイオレットのメンタルレベルの最大の問題は、物質的なものを追求して、それにのめり込み、考え方が行き詰ることです。その時に、他の発想や考え方、知識に目を向けようとしません。

バイオレットは、完了、サイクルの終了のエネルギーです。手放して、新しいものが生まれる余地を創ります。感情レベルでは、クラウンチャクラのバイオレットは、喜びの中にある苦しみ、地球の人生を受け入れた深い嘆きと悲しみを含んでいます。バイオレットのエネルギーの問題は、それが遮断されたり逆に過剰になった時に、精神異常をきたしたり、体と離れた状態や、自分自身が分裂した状態になることです。スピリチュアルなレベルでは、バイオレットは、見返りを求めず与えることができる人を指しています。自分が完全であるので与えることができます。

バイオレットの人にとって重要なのは、奉仕、精神性、ヒーリングです。クラウンチャクラのスピリチュアルでミステリーな経験は、ほとんどの人にとっては一時的です。歴史上、極僅かな人だけがクラウンチャクラが調和した意識レベルに到達しました。その中には、ブッダやイエス、老子がいます。大半の私たちには、クラウンチャクラの経験は一瞬で過ぎ去ります。高次のリアリティを何度か経験する程度です。しかし、それで十分に信じることができます。ヒーリングや自分の変容の道を歩き続けるには、それで十分です。そういう時期が自分にやって来て、瞑想や祈り、チャンティング、深い内観によって、そのような高次の経験に近づく時間がますます増えていきます。

クラウンチャクラのバランスを整える方法はいろいろあります。

瞑 想

目を閉じてクラウンチャクラに意識を向けます。手指をムードラにします。またこのチャクラのインディゴのマントラをクラウンチャクラに重ねてイメージしたり、インディゴ系の服を着ることもいいでしょう。また、クラウンチャクラに役に立つ食べ物を思い浮かべることもいいでしょう。少しの間、ヨガのポーズをとって、このチャクラを開きバランスを保ってください。


このエクササイズを行う際は、このチャクラのバランスを整えるために、体に溜まった様々な感情が湧き上がることもありますので覚えておいてください。一日の中で、考えることや気分・感情をモニターしながら、その背後にある理由・根拠に波長を合わせて、否定的であれば感謝してから手放してください。また、以下のビデオを使ってもいいでしょう。このチベット・シンギングボールの音聞くと、非常にバランス感を感じます。



食べ物

第3の目とクラウンチャクラは大地よりもスピリットですので、その栄養分は愛と神聖な存在と強く繋がることも含めて、食べ物とは違うエネルギー源です。軽い食事にして瞑想などの精神性が高まるワークが、第3の目とクラウンチャクラを活発にします。


クラウンチャクラ向けクリスタル

アメジスト(スピリットクオーツ)、セレスタイト、クロム雲母、カバンス石


セレスタイト

アファーメーション

一日を通じて、ハイヤーセルフと繋がり、喉のチャクラのアファーメーションをするといいでしょう。

クラウンチャクラ: ハイヤーセルフと繋がる、スピリット、源、宇宙、神、神聖な叡智

「私はスピリットと繋がります」

「私は、心の中で知っています」

「私は、豊かさを経験しています」

「私は、純粋な光と愛です」



クラウンチャクラ向けアロマ

私は、常に各チャクラに合う特定のオイルがよいとは思っていません。バランスの程度と目的によると思います。

アニスシード、バジル、安息香、エレミ、乳香、ガルバナム、ギンバイカ、パロサント、サンダラウッド、カンショウ(甘松)、

乳香とサンダラウッドは、おそらく、クラウンチャクラに合う典型的なエッセンシャルオイルです。共に瞑想状態を促進し、高い意識に促してクラウンチャクラを広げ、スピリチュアルな繋がりと精神的成長をサポートし、生から死への移行(あるいは死後)をアシストします。サンダラウッドはアストラル・プロジェクションを促進します。乳香はオーラを拡大し、魂の目的に目覚めさせてくれます。また乳香は、不安や焦燥感、緊張、ストレス関連全般などのクラウンチャクラ不全に効き目があります。

カンショウとガルバナムは、クラウンチャクラのエッセンシャルオイルとしてもまたよく知られています。カンショウは、献身やスピリチュアルなことをしようとする気持ちを起こし、動物とのコミュニケーションを補佐し、恐怖心を緩和ます。また移行に際しての心の準備を整えます。ガルバナムは、サイキックレベルに働きかけ、チャネリングを促進し、サイキック能力の障害を取り除くというユニークな特徴を持っています。瞑想を促進しオーラを広げ、スピリチュアルな繋がりを創り出し、人生の目的を開示します。カンショウやガルバナムほど知られていませんが、ギンバイカはクランチャクラを活性化する優れた特徴があります。オーラを拡大し、神聖なものと繋げ、波動を上げ、内なる知を刺激・強化し、守護の働きをし、移行をサポートします。

バジルと安息香は共に、微細なエネルギーに働くセラーピー的特徴を持ちます。バジルは波動を上げ、微細エネルギーを整え、奉仕や無私・博愛の行為への呼びかけを聴くなどのクレアオーディエンス(透聴能力)を刺激し、スピリチュアルな結びつきを促進します。バジルは、肉体レベルではヒステリー、優柔不断、傷つきやすさや、自分で何もできないという気持ちに対処します。安息香は瞑想をサポートしアストラル・トラアベルやスピリチュアルな遊泳を促進します。緊張・ストレス、他の神経状態やうつに対応します。

乳香はスピリチュアルな導きへと繋げ、受け入れやすくします。アニスシードは直観力、テレパシー、クレアボヤンス(透視能力)、クレアオーディエンス(透聴能力)を高めます。オポナナックスとエレミは神秘体験に目を開かせ、スピリチュアルエネルギーと地球に生きるエネルギーのバランスを図り整えます。ジンジャーはクラウンチャクラと他のチャクラとを繋げます。セイヨウネズは内なる真実を聴きやすくし、意識の拡大向上を助けます。パロサントは内面の成長を助け、人生の目的を知るのを手助けします。

幾つかのエッセンシャルオイルが第7チャクラに当たる精神的問題に主に働きます。アンジェリカは、神経性の緊張や脆弱性、疲労、特に肉体を酷使していない場合の疲労感、無力感、優柔不断、ストレスが原因の問題などに対応します。ローズウッドは神経系を元気にします。バランスと落ち着きをもたらし意欲を向上させます。ローズウッドは、特に人生の重荷に耐えかねて無気力状態になった人に格好のオイルです。



2010-2016 Translation by Lightworkermike
http://lighworkerjapan.wordpress.com
翻訳者ライトワーカーマイク
https://lighworkerjapan.wordpress.com/2016/03/19/day-7-balancing-chakras/










★不安定化 by ハトホル

2016年03月18日 | ☆光の灯台・LightworkerMike


Lighworker Japan.com より転載させて頂きます。



ハトホル
不安定化
Tom Kenyon 2016-2-7

皆さんの世界は、程度・範囲において計り知れない不安定期に入っています。

今まで、カオス・ノードについてお話ししました。カオス・ノードは予想外の連鎖的に発生する無秩序な変動のことです。また、多くのカオス・ノードが出現していることも話しましたが、その相互作用によって不安定化が増大しているということですが、今回その不安定化についてお話します。

(「カオス・ノードの増大と3次元リアリティの瓦解 by ハトホル」2014-10)


世界の不安定化は、生態系、社会、個人レベルで起きています。

生態系

地球の環境が、実質的に汚染されています。海洋の酸性化、殺虫・駆除剤、化学物質などの過剰投与、化石燃料の過剰使用によって、広大な地域において生態系のカオス・ノードが生まれます。事実、地球は「6回目の絶滅」の初期段階に突入していると考える科学者の数がどんどん膨らんでいます。

この問題による結果について触れていきますが、まず、他の2つのレベルについて話しましょう。

社会レベル

皆さんの社会は非常に変わりやすく不安定化している状態に入っています。その状況は複雑ですが、最も基本的なレベルでは、皆さんは社会的文化的な価値観の崩壊を経験しています。それだけでなく、気象変動や戦争両方の影響によって難民や移民が発生しています。その中には、環境要因と、陰で権力当局者が操作していることが原因となっているケースがあります。

個人レベル

このレベルはこのメッセージを読んでいる皆さんについてです。

個人レベルにおいても状況は複雑で、幾つかのレベルで生じています。その一つは、今話した、地球環境の汚染に関係しています。気象変動と森林伐採の結果、新種のバクテリアやウイルスが世界中に蔓延しつつあります。

このような微生物の動きは、のろくはありません。その生物は進化する知的生物で、急速に進化して、今の医学的方法ではそれに対処して無力化できないほど、非常に急速に進化しています。

個人の安定化を図る際の2つ目の問題は、磁場のシフトと次元が変わることに関係しています。今、そういうことが地球で起きています。神経系は、生体電磁気的システムの原則にのっとって機能するので、神経系のネットワークが、そのような変化変動で不具合が生じています。中には、特にエネルギーに敏感な人は、他の人よりこの問題が起こりやすくなるでしょう。しかし、その現象はますます広がって誰にでも起こります。

心通う会話をしたいと思っても、人間同士のコミュニケーションには問題が多くなるでしょう。

驚くのは、コミュニケーション問題が、親しい人たちや身近な人たちの間で起こるということです。外で発生する、一見些細なとりとめのない出来事で、感情的な嵐が巻き起こることもあります。

それには2つの理由があります。

第一は、神経系が不安定化して重心を失いやすくなることに関係しています。2つ目は、今、経験している急激な進化のプロセスに関係しています。その意味は、隠れていたものが表面化しているということです。潜在意識の地下深いところにあるものが、鋤(すき)や鍬(くわ)で地面を掘り起こしてひっくり返されています。特に、自分がスピリチュアルな存在であると考える人にとって、実際上対応が非常に難しい状態に陥ります。

スピリチュアルでいるには、いつも幸福感を味わう必要があると考えている場合、この浄化の過程で不安状態が強くなることに気が付くでしょう。しかし、率直に言えば、個人が、宗教によって強いられ、また、制限を加えられた数々の人生経験の束縛から自由になって進化するには、それは必要なことなのです。人類全体としても、存続しようと思うなら、その陰の部分(未解決の感情的問題や破壊的な観念)に向き合い変えることが必要です。

前に、取る行動は、11時間内に変更できるとお話ししました。その意味は、もう後戻りできない変化が起こる直前ならば、起こる結果を修正できるということです。

私たちのその考えに変わりはありません。皆さんにとって、11時間が経過しようとしています。例えるなら、深夜0時の1分前に当たります。

つまり、6回目の大量絶滅を皆で回避したければ、大きな変化変動は短期間のうちに起こらざるを得ないということです。

生態系と社会のこのような不安定化は非常に複雑ですので、皆さんに具体的な提案をしたいと思います。

進化の立場から言えば、一人の人間が次元を移行する際の状態の目安の一つは、人生は夢だという見方や感慨が大きくなることです。もしそのように感じれば、人生やそこで起こることは実体のない夢のようなものだと感じるでしょう。今後とも、物質的現実に対処していきますが、その現実には虚(きょ)があるという感覚が増していきます。

間違いなく私たち自身は、今まで壊れたレコードのように、何度も何度も繰り返し、幸福感、喜び、感謝といった澄み切った感情の状態について話してきました。それは、物理と神経心理学に関わる問題です。波長の乱れない感情状態が、今話したような諸々の変動要因によって起こる神経系の不安定化に対する解決策なのです。

神経系をそのような安定した状態にするにはいろいろな方法があります。その一つが、サウンド瞑想です。普段から「次元世界に架かる橋」を聴いて瞑想し、安定した感情の周波数を神経系に流してください。

更には、人生をもっと楽しみ喜びを感じるということですが、多くの皆さんにはそれは二律背反的です。一つの価値としての喜びの必要性を奨励し請け負う社会はどこにもありません。多くの社会では、犠牲になったり苦難を味わうこと、自分ことを忘れて脇に置くことが最も価値があり徳であるように見えます。しかし、私たちから見れば、それは、少なくても、スピリチュアルな進化の観点では最大の間違いです。

今このメッセージを読んでいる多くの皆さんが、この矛盾したこと(人生を喜びを創り出す)を非常に難しく直接的にやろうとしていることはよくわかります。

私たちのアドバイスは、常に、「話半分(または深刻に受け止め過ぎない)」ということです。それが、この特定の問題に対する私たちの考え方です。人生から、自己犠牲や苦しみという考え方を剥がしてください。どんな些細なことにも喜べるもの、その方法を見つけてください。それは、どんなに小さなことでも事の大小に関係ありません。

最後ですが、身近な人には本当のことを本心を伝えてください。自分の本当の意思や気持ちを伝えることが、現在と今後の世界規模の不安定化の期間をうまく乗り越えていく上で決定的に重要です。

The Hathors




トムのコメント(要約)

6回目の大量絶滅という考えについては、下記のリンクで科学界による調査研究結果報告があり、6回目の大量絶滅の初期段階に入ったとする証拠が増えています。

http://tomkenyon.com/the-spiral-of-ascension-class-handouts

ただ私は、センセーションを煽るつもりはなく前向きに科学的根拠を受け留めてほしいと思い紹介しました。どう考えるかは受け取る本人の問題です。

「人生が夢のようだ」というハトホルの言葉について

私たちの意識が上昇すると、人生を夢のように感じることがよくある、とハトホルが言っています。この世界という幻想越しに、自分独自で創り出しているリアリティがあることを感じ始めるという意味です。更に、この世界は多くの意識の多次元世界の中にある一つの次元に過ぎないことがだんだんはっきりと感じ始めていきます。

このような感じ方捉え方になる時には、不思議に深いレベルにある自分自身に繋がっているのを感じます。それでいながら、現実から逃避するのではなく相応に対処するわけです。すると、自分には時空を超える自分の一部があると感じつつ、与えられたこの世界を楽しむことに繋がります。

自分と人生とが断裂しているような感覚や、嫌な気分に陥っているとしたら、ハトホルが言う、上に向かって進んでいる状態を感じていないという状態だと私は思います。だから、瞑想やサウンド瞑想をしたりして乱れのない感情を保つことが大切だとハトホルは言っています。

ハトホルはまた、スピリチュアルな進化と自由は、率直に自分の真実を伝えることと本心を見せることが2つの柱だと言っています。それによって、自分の中と自分の外の通路が開いて変化が起こると言っています。自分の光を自分に対しても他の人にも隠したままにすると、世界はあなたの明るい輝きで解放されることはなく、同時に、自分の悩み苦しみ、周りに対する否定的反応を自分にも他の人にも隠したままの状態にしておくと、その時は、本人自身が、闇の世界を創り出し、自分から放てるはずのスピリチュアルな光を遮断したり影を落としたりする、と言っています。

Tom Kenyon



2010-2016 Translation by Lightworkermike
http://lighworkerjapan.wordpress.com
翻訳者ライトワーカーマイク
https://lighworkerjapan.wordpress.com/2016/03/18/destabilization-hathors/









【5日目追加】 ★レインボーポータル 4・5日目 by ANNAMERKABA

2016年03月17日 | ☆光の灯台・LightworkerMike


Lighworker Japan.com より転載させて頂きます。



レインボーポータルがオープンする
喉のチャクラ 5日目 3月18日
ANNAMERKABA 2016-3-13

ブルーは、三原色の一つです。喉のチャクラの色です。ブルーの色は、神聖なものと繋がり、天国を想起する色です。ブルーのエネルギーは、純粋で、心和らげ落ち着かせ癒します。天気のいい日に草の上に寝そべって、青空を見上げている姿を想像してください。どう感じますか? 穏やかさ、うららか、満ち足りて静かになります。それが、のどのチャクラの色のパワーです。ブルーは、また光のスペクトル(可視光)の寒色に当たり、物事がゆっくり動いて、静かになる時間が持てます。

その時に、自分の中の声を聴いてください。内なる静けさの声を聴き、どんなことを伝えようとしているのか、言葉にしてください。仏教思想では、ブルーは純粋な心の色で、揺るがない心(マインド)です。ブルーエネルギーはエネルギーを導き、信じ信頼する感覚を身に付けられるようにします。赤、オレンジ、イエロー、それにグリーンは、動きと行動、人との関係に注目させ、物質界で知覚できるものに注意が集まるようにします。一方、ブルーは、人生を流れる微細な波動に注意を向けさせてくれます。喉のチャクラを紐解くと、そこに創造性の座のあることが分かります。楽々と明快にコミュニケーションし、本来の自分自身を伝え始めます。

肉体レベルでは、ブルーは喉、食道、甲状腺、首、頚椎、口、歯、顎に関係します。強いブルーのエネルギーを持つ人は、堂々として背筋が真直ぐ伸びています。ブルーエネルギーが弱い場合は、上半身が窮屈そうで頭と首が前のめりになり、弱い背骨です。ブルーは考えをシンボル化するエネルギーです。私たちは、何かの考えやコンセプト、感じを喩えやシンボルを使って表現します。シンボルや喩えは、コミュニケーションと意識の重要な要素です。

喉のチャクラのブルーは、物質界とシンボルの世界を繋ぎます。ブルーは穏やかさと落ち着きの色です。自分の意思を伝えながら、また他の人の話すことを聴きながら穏やかでいられる点が喉のチャクラの素晴らしい点です。他の人の話しを聴くことは、お互いにとって素晴らしいものをもたらしてくれます。問題は、このエネルギーがブロックされたり過剰になる時に、この静かなクリエイティブエネルギーが低減することです。喉のチャクラのスピリチュアルな側面は、創造性と神聖なものと繋がる点です。このチャクラの発達上の課題は、クリエイティブな表現、コミュニケーションスキル、抽象的思考力です。

普通、大半の人は、創造性は第2チャクラのオレンジ色だと思います。ある程度その通りです。第2チャクラは創造的エネルギーの座です。そのエネルギーでもう一人の人間が生まれます。しかし、そのプロセスは意識を伴いません。意志、思考、感情、あるいは天賦の才の煌きを使わずに体から生まれる創造性です。つまり、小さな赤ちゃんの手や足を私たちが意識的に創り上げるわけではありません。意識が関与しません。他方、ブルーエネルギーは、意識的な創造性です。高いマインドレベルで創造性を発揮することです。その時に、自分個人の洞察力と集合意識が融合し、宇宙の知を引き寄せます。

第5チャクラが開くと、創造的エネルギーの波を感じ、クリエイティブなひらめきが起こり、何かを創ろうと駆り立てられます。それが、意識的な創造で、低いところのチャクラも総動員します。神聖な存在と普遍的な知識に繋がって、自分の真実と一つになります。書くことであれ、ダンスや歌、絵を描くことであれ、あなたの真実を表現する時には、のどのチャクラを使って創造します。

喉のチャクラのバランスを整える方法はいろいろあります。

瞑 想

目を閉じて喉のチャクラに意識を向けます。手指をムードラにします。またこのチャクラのブルーのマントラを喉のチャクラに重ねてイメージしたり、ブルー系の服を着ることもいいでしょう。また、喉のチャクラに役に立つ食べ物を思い浮かべることもいいでしょう。少しの間、ヨガのポーズをとって、このチャクラを開きバランスを保ってください。


このエクササイズを行う際は、このチャクラのバランスを整えるために、体に溜まった様々な感情が湧き上がることもありますので覚えておいてください。一日の中で、考えることや気分・感情をモニターしながら、その背後にある理由・根拠に波長を合わせて、否定的であれば感謝してから手放してください。また、以下のビデオを使ってもいいでしょう。このチベット・シンギングボールの音聞くと、非常にバランス感を感じます。



食べ物

第5チャクラは喉の中心部にあります。そこが、声の本拠地、コミュニケーションセンター、また、自分らしさを保つ所です。自分の真実を話し生きることが、このチャクラを健康にしますが、ブルーの色の食べ物、特にブルーベリーは表現力を高めます。フルーツもこのチャクラのバランスを保ちます。特に木に実をつけるフルーツ、リンゴ、梨、桃、アンズ、プルーンなどです。これらの食べ物は、機が熟すと、木から落ちて、余計なことをせずにそのまま食べることができます。


喉のチャクラに合うクリスタル

ラピスラズリ、ターコイズ、アクアオーラクリスタル、青岩塩、ブルーアラゴナイト、等。


アクアオーラクリスタル


青岩塩

アファーメーション

一日を通じて、ハイヤーセルフと繋がり、喉のチャクラのアファーメーションをするといいでしょう。

喉のチャクラ:コミュニケーション、真実、表現、独自性

「私は、自信をもって自分の真実を語ります」

「私は、心を込めて自分を表現します」

「私の声は、真実に満ちて強い声です」

「私は、分かりやすく明快に話します」



喉のチャクラ向けアロマ

喉のチャクラバランスを回復するエッセンシャルオイルは様々ありますが、その中でも揮発性が高く明るいものはあまりありません。一番適切なオイルは、コミュニケーション、真実を語る、自信、オープン、恐怖心の解放などに関係するものです。

オールスパイス、ベイローレル、黒トウヒ、キンセンカ、スギ、ユーカリ、ウイキョウ、フラゴニア(アゴニスフラグランス)、ゼラニウム、ジンジャー、ジャスミン、ジュニパーベリー、レモンユーカリ、ミルラ、プチグレイン、ローマカモミール、ローズマリー、ローズウッド、サンダラウッド、スペアミント、チュベローズ(月下香)、イランイラン、等。

先ほど触れたように、喉のチャクラはコミュニケーションです。喉のチャクラの機能不全は、自分の内なる声や恐怖心を無視たりブロックし、自分を表現することができなくなり、また人の話すことが耳に入らなくなります。受け取ることと聞き取ることは、コミュニケーションにとって決定的に重要です。ミルラ、ラベンダー、ネロリはこの聞く力に役に立ちます。ラベンダーは、落ち着きを取り戻して、ひっきりなしに話さなくてはいけないという衝動を手放すのに役に立ちます。ニンジンの種は、他の人の見方や考えを理解する力を刺激し、思いやり深くなります。

ゼラニウムは、特に、親しみのあるコミュニケーション能力を醸成します。ベイローレルは、古い考え方を捨て、他の人の考えや新しいアイデア・考え方に対してオープンな態度がとれるようにさせてくれます。チュベローズとウイキョウは、率直で屈託のないコミュニケーションを促進します。共に、自分と相手に対して心のこもった雰囲気を作ります。チュベローズは、ウイキョウが大きな自信や勇気、モチベーションをサポートするのに対して、落ち着きや柔らかさをもたらします。黒トウヒは内面の気持ちを感じる力を促進します。イランイラン、ブラックペッパー、ジンジャー、ローズウッド、ネロリ、ヒヤシンス、ミルラ、タイムなどは勇気を吹き込んでくれます。

フラゴニアは、行き詰まった時にすぐ思い浮かぶエッセンシャルオイルです。その時には、喉のチャクラがうまく機能していない時がよくあります。深いところにある詰まりを取り除き、マインドとボディのバランスを整え、内面のハーモニーを促進します。ミルラは、スペアミントや一般的なエネルギー浄化のもの、セイヨウネズ、ヴァージニアスギ、大西洋スギ、黒トウヒ、ローズマリーなどと同じように、ブロックしたものを壊します。スペアミントは、特に、感情体、メンタル体を浄化する時に使われます。セイヨウネズ、ローズマリー、プチグレインはポジティブに自分を守るエネルギーを呼び込み、内なる知恵や考え方を促進します。ヴァージニアスギは、自分のイメージを強化し、本心を語る力を強くします。ローマカモミールは、同じ作用がありますが、また落ち着きとバランス、ハーモニーを高めます。

キンセンカ、米松、ドクニンジン、ペルーバルサムは、率直さを促進します。しかし、ジャスミンは、率直さを高める典型的なオイルでしょう。喜びや情熱が湧いて、自分を押さえつける恐怖心を払拭させ、深い真実に繋がれるようにします。ジャスミンは、また、スピリチュアルな繋がりや気づきを高めます。同じように、ローマカモミールとプチグレインは、高い真実を理解しそれを表に出すのに役立ちます。プチグレインは、楽観性を醸成し、恥や衝動的行動に伴うメンタルパターンを緩和するのに有用です。オールスパイスは自己表現を、スペアミントは自分を信じる力を促進します。

松、トウヒ、モミなど松科由来のエッセンシャルオイルの多くは、喉のチャクラの機能不全に伴う呼吸器系の症状の改善に使われます。タイムや丁子、また、ブルーガムユーカリ、レモンユーカリはいずれも、喉頭炎、咳などといった喉の様々な症状に有効です。スギ、ゼラニウム、乳香(にゅうこう)、サンダラウッドは、脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、視床下部の機能をサポートします。






レインボーポータルがオープンする 
ハートチャクラ 4日目 3月17日 
ANNAMERKABA 2016-3-13

ハートチャクラは、黄色とグリーンが均等に混じり合った色です。グリーンは愛の色。全身の中心部、ハートセンターと言います。グリーンは、愛と変容のエネルギー。自分のエゴと低位のチャクラの欲求を変換し愛に広げます。ますます愛が溢れ思いやり深くなります。ハートセンターで低いチャクラのエネルギーをもっとスピリチュアルな自分へと変えます。その時に、自分を乗り越えてもっと大きく深いものに繋がります。

グリーンはまた、成長と生命とバランスです。調和して初めて愛を感じ健康でお互いを高め合う関係を育成し、愛し愛されるようになります。グリーンのエネルギーは、足が柔らかい草の毛布に包まれる時のように、気持ちを和らげ落ち着かせます。自然、草、木々の色です。ハートチャクラの花びらを開く時は、そこは、他の人だけでなく自分に対する思いやる心の座になります。すると愛を放ち始めます。すべての生命と繋がっている感覚が生まれます。

肉体レベルでは、グリーンは心臓、肺、胸部、肩、腕、乳房、胸腺、心臓神経叢に関係しています。グリーン色が強い人は、背筋が伸びて堂々とし、包み隠さない開放感を放っています。この色が弱い人は、上半身が窮屈そうで、肩が落ち、うつむき加減でハートセンターを守っているようです。頭と首も前かがみです。グリーンエネルギーは、自由と拡大です。自己と他者を受容する重要な構成要素です。グリーンは、家族と友人との関係を形成し始める発達段階を表しています。

グリーンは、広がる色です。ハートチャクラのグリーンによって、あなたは平和と愛を放ち、ありのままの自分を受け留めていいということを周りの人に知らせます。このエネルギーがブロックされたり過剰になる時の問題は、落ち着いた愛のエネルギーが低下することです。グリーンエネルギーのスピリチュアルな側面は、本能的にスピリットを知り、そこに向かって伸びていく点です。ハートチャクラの課題は、家族と友人との関係形成です。

私たちは、スピリチュアルレベルでは、常に愛のミステリーとその力に踏み込むということを忘れないでください。

アティテューディナル・ヒーリングの創始者で精神科医の、ジェラルド・ジャンポルスキーは、「愛は恐怖心を手放す」という著書で、「私たちは自分が学びたいものを教える」と言っています。この本の核心は、「奇跡のコース」の基本に基づいています。そこで説かれていることの一つは、2つの感情だけがあり、それは、愛と恐怖、ということです。愛と恐怖心を同時に感じ経験することはできません。どちらか一方です。

しかし、常に愛を選ぶことができます。常に、ハートチャクラの色のエネルギーを選択できます。私にとっては、これは、心がけるべき最も大切なことです。私はそうします。それは、悲しくならない、怖い思いをしない、落ち込まないという意味ではありません。自分の気持ちに向き合い、意識して気持ちを変えます。恐怖を感じている時は、ハートに意識を向け、グリーンエネルギーがハートセンターに流れるイメージをします。流れ出したら、恐怖心はどこかに消えていきます。

ハートチャクラのバランスを整える方法はいろいろあります。

瞑 想

目を閉じてハートチャクラに意識を向けます。手指をムードラにします。またこのチャクラのグリーンのマントラを太陽神経叢に重ねてイメージしたり、グリーンないしピンクの服を着ることもいいでしょう。また、太陽神経叢に役に立つ食べ物を思い浮かべることもいいでしょう。少しの間、ヨガのポーズをとって、このチャクラを開きバランスを保ってください。


このエクササイズを行う際は、このチャクラのバランスを整えるために、体に溜まった様々な感情が湧き上がることもありますので覚えておいてください。一日の中で、考えることや気分・感情をモニターしながら、その背後にある理由・根拠に波長を合わせて、否定的であれば感謝してから手放してください。また、以下のビデオを使ってもいいでしょう。このチベット・シンギングボールの音聞くと、非常にバランス感を感じます。



食べ物

第4チャクラは心臓部にあり、愛と関係を司っています。グリーンですから、青物野菜、特に、ケールやレタス、ホウレンソウ、フダンソウ、チンゲン菜、小松菜、ブロッコリ、芽キャベツなどの葉やアブラナ科の野菜が、このチャクラのエネルギーを上げ、チャクラをヒーリングします。第4チャクラは、バランスが重要です。青物野菜は、中国医学の陰陽に該当しません。このチャクラを健康に保つには、青物野菜によって均衡を保つことが欠かせません。軽い朝食にケールやホウレンソウなどを一緒にとったり、毎回小サラダをつけたりしてみてください。


ハートチャクラ向けクリスタル

エメラルド、グリーンアベンチュリン、ローズクオーツ、メノウ、グリーンオニキス

アファーメーション

一日を通じて、ハイヤーセルフと繋がり、太陽神経叢チャクラのアファーメーションをするといいでしょう。
ハートチャクラ:自他への愛と気遣い、許し、深いつながり

「私は、十二分に自分を愛し受け入れています」

「私は、他の人を気遣う気持ちになります」

「私は、たやすく自分や他の人を受け入れます」

「私の世界には、愛がいっぱいあります」



ハートチャクラ向けアロマ

私は、常に各チャクラに合う特定のオイルがよいとは思っていません。バランスの程度と目的によると思います。

オールスパイス、ベルガモット、ブラックスプルース(トウヒ)、カヤプテ、カルダモン、カボチャの種、ヒヤシンス、レモン、ネロリ、パルマローザ、ペルーホウセンカ、ローマカモミール、ローズ、ロースマリー、ローズウッド、チュベローズ(月下香)。

バラ(ローズ)を思うと、ハートを思い浮かべます。実際、ローズは典型的なハートチャクラのエッセンシャルオイルです。ローズは、愛と思いやる心と希望、そして心から正直に、意義深く関わる力を促進します。ローズは、美しさを讃える心を養います。パルマローズはとても同じ特徴がありハートチャクラに作用します。

レモンもネロリもハートチャクラに非常に合います。共に信頼と安心感を高め、このチャクラを広げ、恐怖心を消し、それに代えて愛を呼び込み、希望と喜び溢れる愛を醸成します。

チューベローズは、愛に対する力を拡大し、ペルーホーセンカは、ハートを開き、裁きや叱責を低減します。カヤプテはハートチャクラの詰まりをとります。

ローマカモミールは、調和と穏やかさ、育みです。自分と他の人への愛と思いやりの気持ちを高めます。自分で来ないことに対してそれを受け入れ評価する力を養います。かぼちゃの種は同じように自己受容を促進します。グランディングを促しながら楽しく向上する意欲を育てます。オールスパイスは、自己愛を養い、本心を伝えられるようにします。

糸杉、ベルガモットとヒヤシンスもハートチャクラを開きます。ブラックスプルースと並んでヒヤシンスは許す心を広げます。ローズウッドは、別れや無視による痛みを和らげ、ハートチャクラで味わう様々な状況での孤独感と悲しみを緩和します。

サンダラウッドは、基底チャクラと仙骨チャクラに繋がるようにして、それによって気持ちが落ち着き、考え方を落ちつかせ、愛の心を芽生えさせます。もちろん、安心感も生まれます。

ローズマリーは、強さと行動力を強化します。ローズマリーは明快な思考と深い確信を促し、自信と自分に対する頼もしさ、情熱を湧き起こします。その結果、人間関係や物事において、自分を弁えることができ、流されなくなります。ローズマリーもまた、気と血液を循環させます。糸杉とシナモンは、心臓とハートチャクラに伴う肉体とエネルギー循環によく働きかけます。



2010-2016 Translation by Lightworkermike
http://lighworkerjapan.wordpress.com
翻訳者ライトワーカーマイク
https://lighworkerjapan.wordpress.com/2016/03/16/day-4-march-17th/









★クリスタラインエネルギーの真実 by 大天使メタトロン

2016年03月17日 | ☆光の灯台・LightworkerMike


Lighworker Japan.com より転載させて頂きます。




大天使メタトロン
クリスタラインエネルギーの真実
アセンションを促進する
Melanie Beckler 2016-3-15

こんにちは、大天使メタトロンです。皆さんに繋がれて嬉しくお願いします。宇宙の知性が開き、皆さんは愛のポータルに入っています。その意味するところについて少しお話ししたいと思います。またそのために、地球の歴史について少々触れておきます。

このメッセージを読む時は、ハートで感じてハートがオープンになりますので承知してください。このメッセージには周波数があり、皆さんを浄化して意識を高め、その結果、もっと高い世界を感じます。

皆さんが私の言葉を読む時、その時私は本当に皆さんと一緒にいます。ハートでそれを感じてください。今、皆さんのエネルギーを高めています。そこで、地球ですが、今の地球は2極的世界、両極の世界です。直線的な時空の世界です。そこには、課題を学習し、思いやる心を強化し成長する機会が数多くありますが、地球はかつてはそのような波動の状態ではありませんでした。かつて、地球は非2極的大気の中に存在し、クリスタライン・シールドに覆われていました。電磁気的磁気的クリスタラインエネルギーが地球を覆い、そのシールドの中で誰もが理解し合いながら、無条件の愛と平和と共感の波動で振動していました。すべての存在が、協調、共同、愛を堪能し喜び合っていました。

(訳注)「シールド」:2極的世界に堕ちる前の「蒼穹」

その後、大きな対立が発生しました。その中でシールドはそれまでの状態を維持できなくなり粉々に砕け散り、シールドのエネルギーは地球内部に入っていきました。磁場は分断されて、知っての通り地球の南北の両極を形成しました。クリスタラインエネルギーは地球の内部深くに入り込んで鉱物や岩・石、もちろんクリスタルの中に浸透しました。何世紀以上にもわたってそうやってクリスタラインエネルギーは断片化された状態になっていました。

地球上で長く続いた2極的世界は、成長と学習の大きな機会を提供しました。自分について学ぶ機会、2極的対立と否定的な経験を乗り越える力を取得し学ぶ機会を提供したのです。しかし、人類全体、地球に生きる人として、皆さんは、愛と光のクリスタラインエネルギーに戻ろうする時に近づいています。

クリスタラインエネルギーに還る

地球内部、さらにスピリットの高次元の世界から、今、愛と光のクリスタラインエネルギーが解き放たれています。エネルギーのゲートが開いているのですが、今後もっと開いていきます。春秋分を頂点にして、長い間休眠状態に置かれたこのクリスタラインエネルギーは、皆さんの世界の聖なるブループリントの役目の一つとして、動き始めようとしています。それが、ますます地球に押し寄せる光と結びついて、今実際に物事を攪拌しています。興奮します。それはいいことで、皆さんをオープンにし、対立のない世界に戻れる可能性が開き始めています。私は、それを、卒業課題と言っています。皆さんは、同一線上の思考パターンと2極的対立という学校の卒業に近づいているのです。ゼロポイント、無条件の愛、ユニティに近づいています。大いなるすべてと完全に繋がっていることを知る時に近づいています。ワクワクしますね。そこが向かっているところです。それが、止むことのないこのエネルギーの波の目的なのです。でも、簡単だとは言いません。

低い波動エネルギーが表面化して消える

膨大な量の光とクリスタラインエネルギーが地球に流れ込み、愛とハイヤーセルフに一致しないものは、すべて表面化しています。それが、個人、職場、異例な性格を持つ人に起きています。愛でないものはブクブク音を立てて、離れるために浮上しています。ほとんどの場合、それは、酷いことです! 今日一日、少しの間「光の思考」の中で過去にあった感情を感じるようにしてみてください。

ましてや、大変苦労したことや当時の感情が浮上して来たら、今日はそれを感じるようにしてみてください。

何かを捨てようとする時に最初にすることは、それを感じることですので覚えておいてください。その気持ちと一緒にいて、感情のままにさせてください。それを抑え込んだり隠したり遠くに放り投げたりするのは自然なことですが、今までそうやってきました。だから、今対処することが必要になっているのです。今やらなければ、エネルギーが押し寄せ新しい高みに達する時に、ただただうろたえるだけになります。多分、今困惑しているかもしれません。

だから、自分のためにならないものは光の中に解き放ってください。それと無条件の愛と思いやる心を入れ替えてください。指摘したいのは、そのような変化が展開し続けるに伴い、難なく光の波に乗れるようになれるということです。スピリチュアルな方法、瞑想、手放す行為、アファーメーションなどをして、この絶え間なく勢いよく地球に入ってくるエネルギーの中を進むことができます。そうやってポジティブな波動を維持し、周波数を増大させてオーラを広げ、もっと密接にハイヤーセルフ、あなたの「神聖な自己」と繋がることができます。

クリスタラインの光と意識に返ってエネルギーを高めることが、ライトボディを構築してオーラを強化し、アトランティス時代以降眠っていた12次元のクリスタラインエネルギーを自分に注ぎ込む素晴らしい機会になるのです。

長い間待ち望んだこのエネルギーがとうとうやって来ました

マスターの皆さん、あなた方はこのエネルギーが蘇るのを長い間待ってきました。本当に、今地球に来ています。このエネルギーが戻ってきて、呼びかけられます。今何が起きているか知ってください。知らない人も大勢います。今皆さんは動き始めるように呼びかけられています。人の役に立ち、他の人に手を差し出して、手を握り締めるように求められています。

皆さんは、勇者、ウェイシャワーになるよう求められています。他の人を助け、励まし、愛すること。このエネルギー溢れる時に前に進めるように他の人を手助けしてください。相手の心が開いてなくてもただ愛をかけてください。黙って祝福し、ただ祈り、笑顔を送ってください。意識して愛のエネルギーを送ってください。皆さんなら、簡単にできるでしょう。そうする時の皆さんは本当にパワフルです。更に、意図をはっきりさせてポジティブな状態でいる決心をしてください。光の中に立って愛の心を持ち続け、神と天使界と繋がってください。

クリスタラインエネルギーを取り込む

自分の中にクリスタラインエネルギーを取り込むエクササイズをしたいと思います。読みながら、このエネルギーを今いる場と空間に招き入れるようにします。そのエネルギーが自分の中を流れ、今度はあなたから、無条件の愛と優しく思いやるエネルギーを無限の宇宙へと返すようにします。

光のクリスタラインエネルギーが今頭上にあります。光や黄金の光のオーブが見えるかもしれませんし、気が付くようになるかもしれません。星形正四面体の光があなたの上で留まっています。この星形のクリスタラインの光の中から、エネルギーが動き出してあなたの中に流れてきます。クラウンチャクラから光があなたの中に流れ、背骨は光のピラー(柱)になります。





チャクラを浄化する

ネガティブなものを解き放ち、愛の状態、調和した状態になります。純粋な白い光を吸い込んで、息を吐き出しながらその光がハートから出て行き、地球へ、更に、宇宙へと流れていきます。流れていく無条件の愛の波は、入ってくる波と同じです。

では一緒にこの愛の波を送ります

愛が流れます。あなたはそれがどれほどパワフルなのか分かりません。あなたは本当にその光を輝かせているのですが、そのことを知りません。気が付かない人はまた目覚める時がありますが、その時にあなたは愛を流して、愛の心でいて、自分の真実で生きることによってその人たちの手助けができます。

一体何が望んでいるのか?

ここで、もう一つの機会についてお話します。それは、自分が望むものをはっきりさせるということです。エネルギーが強い時には、大きな変わり目があります。その時が、今です。人生に不要でためにならないことをしていますか? そのようなことに安住するのではなく、よくなる方向に変わるような物事に意識を向けてください。この新しいエネルギーの中で他の人にどうやって役に立ちますか? 今から自分でそうするか、それをはっきりさせてください。どうやって貢献するのですか?

愛と幸福で満たされ、物事をやり遂げる人生にしたいと思い描く時に、そこに何らかの齟齬や隔たりがあれば、その隔たりを埋めるものが何か教えてくださいとガイドと天使に頼んでください。それを感じ、想像してください。光のエネルギーがどんどん大きくなると、内面を深く感じていきます。ベールはますます上がって行きます。皆さんは、これから、無限の知性に繋がっていくのです。

自分のハートの中で、内面を見つめて心を開くと、無限の知性と繋がります。愛、包み込む大きな優しさ、喜びを感じると、繋がります。一つ一つ、昔のことが心に表れても、任せるままにすると繋がります。その次に、今動き始めたエネルギーを生かし、地球に流れ込むエネルギーを自分の役に立ててください。自分がだれかを思い出し、もう役に立たないことを手放してください。

あなたは無限

自分は限度がない、それを分からなくさせているのは、潜在意識にある考え方、昔からの思い込みや固定観念、否定的な感情だけです。本当は際限がないのです。あなたは無限にして、喜び溢れ、愛と豊かさ、穏やかにして魅力的、思いやり深く素晴らしい存在、冒険好きで、意欲に溢れ、献身的な聖なる存在なのです。それが、あなたです。そこに立ち返って今のエネルギーを、この機に生かしてください。

今日は、そのスタートに過ぎません。エネルギーはどんどん大きくなり、活発化し続けます。この光の中で難しい思いや感情がこみ上げて来たら、手放してください。出会う人、特に、そう感じさせる人に愛の心、思いやる心を差し出してください。特に、問題のある人、厚かましい人や品のない人にはそうしてください。あなたにとって大きなチャンスです。

私は、皆さんの一歩一歩一で緒にいます。大天使メタトロンの私を呼んでください。エネルギーがピークに達する春分の時には、意識して私と繋がってください。その時に、私たちは集まって楽しみ、愛を感じて世界中にこのエネルギーを広げて大きくします。すると、皆さんの世界はオーム(OM)、平和の波動に返るでしょう。その波動があなたの中にあります。知っての通り、内面の世界が外の世界に現れます。だから穏やかに生きると、その通り外にも表れます。皆さんは、天界すべての存在に深く深く愛されています。この変化の時に、今度は自分を愛してください。出来ます。今この時には、素晴らしい機会があります。では、一言二言。私は常にそばにいます、すぐそばにいます。

大天使メタトロンを思うだけでいいのです。すると、そばにいます。

そして、そうなります。



2010-2016 Translation by Lightworkermike
http://lighworkerjapan.wordpress.com
翻訳者ライトワーカーマイク
https://lighworkerjapan.wordpress.com/2016/03/17/the-truth-behind-crystalline-energy%E3%80%80/











【3日目追加】 ★レインボーポータル2・3日目 by ANNAMERKABA

2016年03月16日 | ☆光の灯台・LightworkerMike


Lighworker Japan.com より転載させて頂きます。




先週末から今日24時間、惑星が集合して人体に驚くような変換効果をもたらします。全く新たになったように感じても驚かないでください。今、2週間の蝕のポータルに入っています。歩きながら元気になったと感じ箪笥の引き出しの中の入れ替えをしたり、イメージチェンジ、模様替え、生活習慣、ダイエットなどをする気になっているかもしれません。


「レインボーポータル~チャクラバランシング」の2日目3日目を掲載します。余談ですが、以前、東京吉祥寺にある本山博先生の道場に通っていた時がありました。私は密教ヨガ、クンダリーニ・ヨガチャクラ瞑想する時に、各チャクラを意識し、その色のエネルギーを旋回させて活性化の実践をしていました。実際、物理的肉体的に変化が起きました。本山博先生は「覚者」、意識の科学的研究者など多岐にわたってスピリチュアルな実践者・探究者として世界的に名高い人で知っている人も多いでしょう。このブログ左サイドバーの「スピリチュアルBook&CD」にある『チャクラの覚醒と解脱』という本はチャクラとその活性化の実践についてのテキストでした。



レインボーポータルがオープンする
太陽神経叢 3日目 3月16日
ANNAMERKABA 2016-3-13

太陽神経叢チャクラの色は、一光線の原色、イエローです。この色は日光で、あなたという存在の中心です。太陽神経叢から「私は」輝き始め、相手のあなたは、私の輝きの強さと意志と力を感じます。イエローのエネルギーは振動、楽観、元気いっぱいです。それは、若さであり、新たな始まり、誕生と再生の色です。同時に、イエローは、賢く、見識があり聡明です。イエローはあなたを知識と知性に結び付けます。イエローを好む人は、知的探求が好きです。太陽神経叢の花びらを開くと、あなたの内部で火が燃えており、この火によって自分らしさが表れ、自分らしさを主張していることが分かります。自分を信じ、自分の内面的価値を自覚します。それが、イエローのヒーリング力、輝く明るさです。

肉体レベルでは、イエローは太陽神経叢のところ、腹部、消化器官、背中の中央、すい臓、肝臓、筋肉に関係しています。イエロー・エネルギーの強い人は堂々としてパワーを放っています。弱い場合は、猫背で前かがみになり、背中とお腹の筋肉が弱くなります。イエローのエネルギーは、意志、自主性、明確な自己像(あるいは「自己をわきまえている」)で、自分の成長とパワーの重要な資質です。イエローは、自分の言葉を使い始める発達段階という意味があります。

イエローは、拡大する色です。太陽神経叢のこの色の素晴らしい点は、明るいエネルギーを他の人に放って、芯が強く自信に溢れているあなたを相手に知らせるところにあります。問題は、このエネルギーがブロックされたり、逆に過剰になる時に、この明るいエネルギーが小さくなってしまうことです。イエロー・エネルギーのスピリチュアルな側面は、ヒマワリのように本能的にスピリットを知り、スピリットに向かって成長する点です。太陽神経叢のチャクラの発達課題は、自主性と自分を高めることです。しかしスピリチュアルレベルで私たちは、常に、本当の自分を知ることを忘れてはなりません。また、逆に、「自分」はどういう人間かを考えすぎて自分を見失わないことです。

自尊心を語らずして太陽神経叢の話はできません。自尊心は根本的な力です。では、自尊心とは何でしょう? 自尊心は、自分をどのように感じるかということです。自分についての思いや考えであり感情です。例えば、自尊心のある状態の時には、自分に対して好感が持てるとか、親切で思いやり深い人間だと考えます。「私は、有能です。私は、自分の体が好きです」と言えます。高い自尊心は、基本的に自分を信じ信頼しているという意味があります。困難に直面したり物事が立ち行かなくなっても、自分はへこたれない、崩れないという自己観です。自尊心が健全であれば、間違いをしても問題ないと思えます。そして、間違いから学べることも知っています。

自尊心の程度が、人生に対する態度、他の人や夫婦関係、子供、友人、職場の同僚、上司や全く知らない人との関わり方を決めます。自尊心が高いと、積極的に、オープンに自分の意思を伝え、自分が必要とすることや望んでいることを率直に相手に伝えます。健全な関係を求め、その価値を認めます。他の人を尊敬し、批判的な態度や不公平さに対しては是としません。私が自分の強さや自信を感じたい時は、時々太陽神経叢を黄色で染めるようにしています。イエローの色で染まる時は、私自身、そうでない時よりももっと力強くなり、オープンでいられ、堂々として、幸せを感じていることに気付きました。

太陽神経叢のバランスを整える方法はいろいろあります。

瞑 想

目を閉じて、太陽神経叢に意識を向けてください。手指をムードラにします(訳注:「ムードラ」を作るとエネルギーが逃げずに気が体内を循環し、手のひらがジリジリしてきます)。またこのチャクラの黄色のマントラを太陽神経叢に重ねてイメージしたり、黄色い服を着ることもいいでしょう。また、太陽神経叢に役に立つ食べ物を思い浮かべることもいいでしょう。少しの間、ヨガのポーズをとって、このチャクラを開きバランスを保ってください。



このエクササイズを行う際は、このチャクラのバランスを整えるために、体に溜まった様々な感情が湧き上がることもありますので覚えておいてください。一日の中で、考えることや気分・感情が浮上した場合、その背後にある理由・根拠に波長を合わせて、否定的であれば手放してください。また、以下のビデオを使ってもいいでしょう。このチベット・シンギングボールの音聞くと、非常にバランス感を感じます。


食べ物

この第3チャクラは、メラメラと燃えるようなエネルギーを行動に変えてくれます。また、自尊心の源泉です。太陽のようなイエローの色が、このチャクラのバランスをとり浄化するのに役立ちます。特に、黄色唐辛子です。でも、トウモロコシや、レンズマメ、イエロー・カレー、バナナも試してください。このチャクラはエネルギー変換を行うので、すぐに消化しないような食べ物が必要です。だから、砂糖、小麦粉、加工食品などはこのチャクラが不調の時は避けたほうがいいでしょう。甘菓子などではなく、そういう時に食べたくなるのは、ゆっくりと燃焼して持続力がつく複合炭水化物や精製されていない穀物でしょう。(そば、玄米や胚芽米・全粒小麦、雑穀など)


太陽神経叢向けクリスタル

太陽神経叢のバランスを保つ際によく知られたストーンは、シトリン、イエロー・グリーン・サーペンティン、アンバー(琥珀)、アンブリゴナイト、リビアン・ゴールドテクタイト、イエロー・トルマリン等。


イエロー・グリーン・サーペンティン

私が使っているヒーリングツールをここで紹介しますが、私は、ナタリア・アンク(Natalya Ankh)のツールをセッションでも個人用としても使っています。太陽神経叢を開く上でいいのは、特に、女神のヴォルテックス – サン・ディスクです。これは、チャクラのバランスを整えたり、人が密集するところに出かけて拾ったネガティブ・エネルギーから太陽神経叢を守る時に使います。痛みを和らげてくれる魔法のようなツールです。また電磁波を除去する時も有効です。携帯電話やヘッドホンを長時間使用した後は頭がズキズキしますが、このディスクをその耳や側頭部に当てると、数分で嫌な感じが抜けます。いろいろ調べると、このツールは、ナタリア・アンクがエネルギーを注入していますが、電磁波除去ツールとして有名です。私の経験からも、このツールは魔法です! 

ナタリア・アンク
http://natalyaankh.myshopify.com/products/the-goddess-vortex-sun-disc


アファーメーション

一日を通じて、ハイヤーセルフと繋がり、太陽神経叢チャクラのアファーメーションをするといいでしょう。

太陽神経叢:自分の力、セルフコントロール、ヴァイタリティ、目的、方向性

「私は、願いを簡単に実現します」

「私は、導きを信じています」

「私は、人生を力強く創り上げます」

「私は、人生の目的と情熱を感じています」



太陽神経叢チャクラ向けアロマ

不調に陥ったときは、陰陽という両極のバランンスを整える必要があるので、そのことを考慮して太陽神経叢に合ったエッセンシャルオイルを選ぶことが大切です。陰陽を考えて、正反対のクオリティを持つオイルを使ってください。例えば、過度の「陽」に伴って動揺し攻撃的になった場合は、「陰」のオイルを強めに使ってください。

太陽神経叢に合うエッセンシャルオイル

ブラック・ペッパー、カレープラント、ウイキョウ、ゼラニウム、ジンジャー、グレープフルーツ、セイヨウネズ、ネロリ、ペパーミント、プチグレイン、ローマカミツレ、ローズ、サンダラウッド、甘松、ティーツリー、イランイラン、等。

太陽神経叢オイルのほとんどは、否定的エネルギーを浄化してポジティブ・エネルギーを促進する働きがあります。エッセンシャルオイルの多くが、揮発性の点で中程度とベース(最も緩やかで遅い)のレベルに分類されます。例えば、柑橘系の揮発性は最上位ですが、中程度以下のオイルの芳香は、それよりもゆっくりと揮発して濃厚です。太陽神経叢と消化機能とが関連しているために、不調になるとブラックペッパーやウイキョウ、ジンジャー、グレープフルーツ、ジャーマン・カモミール、レモン、ペパーミント、ローズマリーなど消化を促進するものが必要になります。だからと言って、これらのオイルは摂取するものではありません。そこで、オーガニック野菜のオイルなどに3%以下に希釈して、それを軽く腹部をマッサージしながら刷り込んでください。

イランイランは、太陽神経叢の不調に極めて優れた、陽のエネルギーを鎮静化するオイルです。鎮めて浄化します。怒りやフラストレーションや感情的、興奮した状態を和らげてくれます。イランイランで優しく楽しく穏やかな気分になります。結果として、情熱と自信が増します。

ブラックペッパーとケープカモミールとセイヨウネズは、怒りやフラストレーション、苛立ちなどによってブロックされた気分やエネルギーを解放してくれます。セイヨウネズは、また、肝臓のデトックスと浄化の働きがあります。意志の力を強化し、失敗するのではないかという不安や恐怖感を和らげ、自信と自尊心の回復を助けます。ローマカモミールは、穏やかさと落ち着きを促進します。過剰なエゴとフラストレーションの勢いをそぎ落とします。自分を責めずに、辛抱強くなり、自分を大事にし、自分の限界を受け入れやすくします。ウイキョウは、考え過ぎや分析し過ぎる傾向を緩和します。自分を愛し、受け入れ、自分を裁かない感覚とやる気、勇気、自信を起こします。

ペパーミントは、太陽神経叢に素晴らしい働きがあります。鎮静化と温める両方の効果があります。特に、消化系統とエーテル体の気の流れをよくし、怒りや慢心、熱くなりすぎる考え方を抑制します。健全な自尊心とセルフイメージを醸成します。

ティーツリーは、太陽神経叢に対処する独特な特徴があります。被害者意識や無力感を乗り越える際に役に立ちます。自分の暗い面を直視し受け入れやすくします。

甘松は深いところに働きかけます。希望、愛、思いやる心、反省心を育みます。未知に対する不安感を解放し、勇気と行動に繋げます。

ネロリは、自信と自己受容を醸成し失望感を払いのけます。ネロリで気軽さや希望、喜びの感覚が生まれます。ネロリもローズも、共にポジティブなエネルギーをもたらします。ローズで、自分を育み自分に対する愛と信頼、希望が生まれ、自分をきちんと認められるようにします。

サンダラウッドも、精神性が増して同じような効果をもたらします。

グレープフルーツは、気を鎮めます(陰のエネルギーが増す)。落ち込みや自信喪失、精神的疲労感に作用します。

ジンジャーは強く明るくする作用を持ち、特に自信喪失と自己卑下の結果としてやる気を失って苦しんでいる時に効果があります。自信、勇気、内面の強さを強化し、葛藤を低減します。無気力、精神的疲労による衰弱感、長引くうんざり感を抱える時にお薦めのエッセンシャルオイルです。





レインボーポータルがオープンする
仙骨チャクラ 2日目 3月15日
ANNAMERKABA 2016-3-13

仙骨チャクラの色は赤とイエローの混合色で、活力(バイタリティ)と強さの色です。可視光では一番低い所にあり、また暖かい色です。太陽熱を思わせます。仙骨チャクラは骨盤(下腹部)の所にあり、オレンジ色は、肝(肝心)の部分と叡智に当たります。仏教では「ハラ」と呼び、最も深い自己の声、深奥の静寂さと叡智に繋がる中心部です。そこで幸福感を味わいます。オレンジのエネルギーは、非常に官能的です。

オレンジ色に導かれて生きると、ありきたりの日常生活が楽しい経験に変ります。それは必ずしも、オレンジが快楽主義だけを表わすということではありません。オレンジは、自分を優しくポジティブに育み、成長と発展に導きます。

肉体レベルでは、オレンジは結腸、膀胱、胆のうに関わります。消化吸収の部位に関係します。オレンジは、肉体的にも精神上も非常にパワフルなエネルギーです。プラーナ(気)を肉体の活力に変換します。オレンジのエネルギーは、バランス、強さ、持続性です。肉体的成長の重要な要素です。オレンジは内面世界を探求し生き方を学ぶ時の発達段階を意味しています。オレンジは、また衝撃や驚きの色です。眩惑させたり苛立たせたりします。

感情レベルでは、強烈なパワーの色、散って、抜け落ち、手放す色です。仙骨チャクラのオレンジは、自分の中の一部が死に絶えて、それに代って新しいものが生まれる余地を創り出すということを教えてくれます。

既に触れたように、オレンジのエネルギーは、肉体に利用されるように微細なエネルギー(プラーナ・気)を変換するので非常にスピリチュアルです。だから、オレンジ色で肉体レベルとスピリチュアルレベルが繋がって相乗効果を生む非常に密接な関係を創り上げます。タントラについて語らずしてこの色についての説明は出来ないでしょう。チャクラという知識は、元々、タントラ思想に由来しています。でも、殆どの西欧の人々は、タントラを性的な快楽と結び付けて考えます。

しかし、タントラの目的は、他のヨガと同じく脊柱に沿ってエネルギーを上昇させて幻想を離脱する、解放が目的です。そのために、タントラ・ヨガの実践では、女神のクンダリーニを覚醒させるために性的エネルギーを起こして生まれる力(ライフフォース)を使って、クンダリーニのエネルギーを上昇させる方法が採られています。オレンジは、その際に役に立ちます。

仙骨チャクラのバランシングにはいろいろな方法があります。

瞑 想

目を閉じて仙骨チャクラに意識を向けます。瞑想時には印を結び(ムードラ)ます。オレンジの服を着るのもいいでしょう。また、仙骨チャクラのサポートになる食べ物をとってください。更にその先に進みたければ、短時間ヨガのポーズをして、仙骨チャクラを開きバランスを図ることもいいでしょう。


このエクササイズを行う際は、このチャクラのバランスを整えるために、体に溜まった様々な感情が湧き上がることもありますので覚えておいてください。一日の中で、考えることや気分・感情が浮上した場合、その背後にある理由・根拠に波長を合わせて、否定的であれば手放してください。また、以下のビデオを使ってもいいでしょう。このチベット・シンギングボールの音聞くと、非常にバランス感を感じます。



食べ物

臍の下にこの第2チャクラがあり、セクシャリティと感情を司っています。第2チャクラの元素は、ですので、混じりけのない純粋な水が、このチャクラの浄化とヒーリングにベストです。水分全般を摂取するのが非常に良い方法で、特に透明なお茶やスープもいいでしょう。第2チャクラのバランスが崩れた時は水分をとってください。このチャクラはオレンジなので、オレンジ色の食べ物、特に人参、オレンジ(ジュース)はヒーリング力があります。香りのよいジューシーなフルーツもまたこのチャクラの回復に有効です。メロンやマンゴー、イチゴなど、このチャクラを生き生きさせます。


仙骨チャクラ向けクリスタル

ルビー、カルサイト、カーネリアン、オレンジ・カヤナイト、琥珀(アンバー)等。

ポジティブな考え方を促進するアファーメーションは非常に素晴らしい方法です。ハイヤーセルフに繋がって下記のように唱えることも出来ます。

仙骨チャクラのアファーメーション~気分・人間関係・楽しみ・創造性・セクシャリティ

「私は、体に心地よさを感じることが好きです」

「私は、心地よくなることは、すぐに受け入れます」

「私は、感じの良い人たちに囲まれています」

「私は、官能的でクリエイティブな存在です」


仙骨チャクラ向けアロマ

仙骨チャクラに合うエッセンシャルオイルは、刺激的な香りがあり、感情、メンタル、セクシャリティ、エネルギー面でくつろぎをもたらしてくれます。クリエイティブな活動や仕事、人との関係を作る上で純粋な自分を出せるようにしてくれます。

ベイ・ローレル、ベルガモット、カルダモン、クレアリー・セージ、ジャスミン、スイートオレンジ、ネロリ、パチョリ、ローズマリー、ローズウッド、サンダラウッド。

上のエッセンシャルオイルは、仙骨チャクラを刺激し開いて、解きほぐし、詰まったエネルギーを解放し、官能的・性的、クリエイティブなエネルギーを誘発します。いろいろな面で、サンダラウッドなどは、第2チャクラにとって格好のオイルです。自尊心や自分に対する満足感を促進し、官能的かつスピリチュアルな愛やセクシャリティを刺激してホルモンや生殖機能を整えます。クレアリー・セージも、ホルモンバランスを整える、女性の生殖機能の問題にとっては重要なオイルです。クレアリー・セージで元気が出て来ます。直観力と夢を刺激します。

柑橘系のエッセンシャルオイルも、気分がよくなり元気が出ます。わだかまりが生じて長く続く否定的なパターンに陥って、弱い自分が記憶に残るような嫌な経験に至ってしまう経験をポジティブでバランスのとれた経験に変換しやすくします。ベイ・ローレルは、直観力と想像力が高まってコミュニケーションを円滑にします。パッチョリは、感情的に持ちこたえるサポートになり、同時に、セクシャリティや官能的エネルギーを起こし、人との関係の中での安心感を高めます。

私には、ジャスミンは、愛やセクシャリティ、官能的な気分、創造性を高め、今に生きることに役に立ちます。調和と一体感を醸成します。

仙骨チャクラの問題で、行き詰っているとすれば、柑橘系とジャスミンをブレンドすると喜びが復活します。何度も自己批判するような時は、パッチョリとサンドラウッドによって自分を誠実に見直し、自分を好きになる助けになります。子供の頃に暴力や性的虐待を受けた人には、その2つとネロリをブレンドするといいでしょう。深い香りを放ちます。ネロリは、深い安心感や安堵感を醸成します。深呼吸しやすくなり、穏やかさや落ち着き、一体感に包まれます。



2010-2016 Translation by Lightworkermike
http://lighworkerjapan.wordpress.com
翻訳者ライトワーカーマイク
https://lighworkerjapan.wordpress.com/2016/03/14/rainbow-portal-2-3/










★レインボーポータルがオープンする by ANNAMERKABA

2016年03月14日 | ☆光の灯台・LightworkerMike


Lighworker Japan.com より転載させて頂きます。


3月14日から7日間、各チャクラに対応するポータル(レインボーポータル)が開くのでそれに対応したチャクラ・バランシング方法を順次訳して掲載します。


レインボーポータルがオープンする 
3/14~3/20
ANNAMERKABA 2016-3-13

皆さん、こんにちは! ワクワクする知らせを受信しました。3月14日から7本の光の柱のポータルと7つのチャクラが開いて行きます。これから7日間、日毎に7つのチャクラをひとつひとつ浄化する素敵な機会になります。

一つのチャクラに対応したエネルギーが毎日地球と一人一人を浸していくという形でポータルが動き出します。この時のエネルギーを最大限に生かすには、その日のチャクラに集中的にバランスを取るようにすることです。

ここに詳しく書かれていることが必ずしも必要ではありませんが、その日のポータルのエネルギーを有効に生かすには一日10分間瞑想してその人のチャクラに集中するとよいでしょう。

1日目:3月14日 ~基底チャクラ

2日目:3月15日 ~仙骨チャクラ

3日目:3月16日 ~太陽神経叢チャクラ

4日目:3月17日 ~ハートチャクラ

5日目:3月18日 ~喉のチャクラ

6日目:3月19日 ~第3の目

7日目:3月20日(春分) ~クラウンチャクラ


後になってこの記事を見ても全部をチャクラに取り組むことが出来ます。いつでも出来ますが、この時にはエネルギーが流入してバランシングと浄化を促進してくれます。この時のエネルギーはいつでも活用できますが、この時に増大します。



色は感情の鏡です。好きな色は? よく同じ色の服を着ていますか? 嫌な色はありますか? 赤い色を見ると体はどんな感じになりますか? ブルーは? 色は普遍的言語です。シンプルですが非常に深い意味合いがあります。

可視光は電磁スペクトルで、380~740ナノメートルの波長があります。色は、空間を走る波です。肉眼は波長を捉えます。

チャクラの色―周波数

正弦波がエネルギー周波数や波動、波として使用されます。波の形が繰り返し表れます。


可視光の色   波長     周波数(ヘルツ)

赤      625 – 740  400 – 484

オレンジ   590 – 625  484 – 508

イエロー   565 – 590  508 – 526

グリーン   520 – 565  526 – 606

ブルー    500 – 520  606 – 670

インディゴ  435 – 500  670 – 700

バイオレット 380 – 435  700 – 789


色とチャクラの関係

各チャクラは特定の周波数で振動し他の光の波動・波長に反応します。各色の中には、異なるレベルの肉体・メンタル・感情・スピリチュアルな情報が含まれています。その情報がチャクラのバランスやヒーリングに使われるのです。でも、各チャクラに優劣はありません。


3月14日初日:基底チャクラ

最初のエネルギーセンター、ムーラダーラは、最も密度のあるチャクラで、赤です。

赤は、可視光の中では最もゆったりとした遅い波長で、一番刺激的な色です。だから、網膜は引き付けて外部に意識を集中できます。赤信号がそうです。危険を知らせるのに使われるわけです。赤は、ライフフォースの色。血や生まれる時に最初に接する色です。赤は、地球のエネルギーと繋がりを意味し、生き残りを約束します。

肉体レベルで赤は、副腎(アドレナリンは副腎から分泌)と関係し、「戦うか逃げるか」の本能的なサバイバル反応を引き起こします。赤に惹かれる人は肉体でいること使うことが楽しんでいます。赤いエネルギーは、男性性でダイナミック、積極性があり、押し付けがましい所があり命令的でもあります。注目を集めます。赤が好きな人は野心家で、極めて現実的で、政治家になる場合がよくあります。

感情レベルでは、赤は怒りの色です。怒りにどう対処しますか。切れますか? 抑え付けますか? 落ち込みますか? 落ち込みはものすごい怒りのエネルギーが内に向けられます。怒りとその変換を学ぶことが、赤いチャクラに関わる際の重要なワーク(仕事)です。

瞑想

基底チャクラのバランスを図るためにエクササイズをする時には、溜まった感情が出てくることがあります。自分の考えることに注意しながら、そう考える理由やその時の気分や感情を捉えてください。そのような感情が生まれた経験にありがとうと言って、否定的なものを手放してください。

音楽・サウンドを利用する場合は下記のビデオが役に立ちます。チベットのシンギングボウルです。


食べ物

基底チャクラは脊椎の一番底の部分にあります。自分の基盤、根っこ、物質世界との接点。バランスを崩すと、体が不安定でストレスが生まれます。地球にグランディングする役目があるので、根菜類がいいでしょう。大根、ルタバガ、ガーリック、生姜、カブ、ジャガイモ、人参などあります。塩とオリーブオイルで焼けば簡単です。また、肉の赤身もグランディング効果があり、りんごやザクロもこのチャクラに対応しており、基底部分が強化されます。


基底チャクラ向けクリスタル

ルビー、アベンチュリン、他赤色のストーン。黒色ストーンも非常にパワフルです。すもーキー・クオーツの仲間であるブラック・アンドラダイト、ブラックトルマリン、ブラックカヤナイト、ブラックオニキス、黒曜石などは極めて役に立ちます。

ルートチャクラのアファーメーション

ハイヤーセルフと繋がって以下のようにアファーメーションするといいでしょう。

「私は自分を信じ、地球(大地)に繋がっています。ここが私のいる所です」

「私は、何度もすぐに自然と接し繋がっています」

「私は常に安全で、愛されています」

「私は人生で起こることを信じています」


アロマ

落ち着き、自信、安心感を与えるエッセンシャルオイル

基底チャクラに関係するエッセンシャルオイルは、重い分子で構成された、深くゆっくりと漂い、香りが長く持続するオイルが合います。

Angelica (Angelica Archangelica), Cedar, Atlantic (Cedrus altantica), Cedar, Himalayan (Cedrus deodora), Frankincense (Boswellia carteri), Linden Blossom (Tilia vulgares or T. europeae), Myrrh (Commiphora myrrha), Patchouli (Pogostemon cablin), Spikenard (Nardostachys jatamansi), Veitver (Vetiveria zizanoides)

状況や目的に応じて他のオイルもいいでしょう。

過度な心配をしたり、考え過ぎたり、眠れないなどの人は、心休まることがなくなりグランディングしていません。そういう人は、Bay Laurel (Laurus nobilis), Clary Sage (Salvia sclarea) or Cypress (Cupressus sempervirens)が役に立ちます。コリアンダーも、偏頭痛や神経の疲れなどに対して有効です。恐怖感がある時は、ベルガモット、メリッサ、ラベンサラ、イランイランなど。行き詰っている状態の時は、ブラックペッパーを大目に追加するといいでしょう。



2010-2016 Translation by Lightworkermike
http://lighworkerjapan.wordpress.com
翻訳者ライトワーカーマイク
https://lighworkerjapan.wordpress.com/2016/03/14/rainbow-portal-31416-32016/









★クオンタム・パターン by クライオン

2016年03月13日 | ☆光の灯台・LightworkerMike


ライトワーカージャパン より転載させて頂きます。


クオンタム・パターン
Lee Carroll 2016-1-23
テキサス州サン・アントニオ

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。では、パートナーが脇に寄ります。こうしてまた同じことを話すのは、彼はメッセージの意識ではないからです。チャネリングは皆さんにはミステリアスで変なことだと思えます。チャネリングでは、人間の知性や教育を受けた知識、声、大人の成熟した意識と思慮分別などを使いますが、メッセージは他の所からやって来ます。パートナーはそれを、直観的思考の着実な流れと称しています。パートナーはここにいますが、ここにいません。「脇に寄る」という時は、文字通り体を開いて、松果体と彼のハイヤーセルフから、メッセージがやって来るのです。だから、彼が話すのではありません。

皆さんの周りにはエネルギーがあり、見えないものがいます。今朝、“クライオンの一行”について触れました。一行は、まだここにいます。純粋なエネルギーなので数えることは出来ません。だから、周りで感じ、また見えるものは、エネルギーです。いろいろな多くの形をしています。そのすべてが目撃されて記録されるわけではありません。このメッセージはエネルギーに関するものだと思っているので、よく、人間は、数値や量で表す必要があり、断定する証拠が必要になります。波動を表わす特徴を測定したくなりますが、できません。それは、科学がまだそこまで到達していないためです。科学批判ではなく、もっと学ぶ必要があるという単純な事実です。聞こえなくても音はあります。見えない光があります。

科学のバイアス

今まで質問されてきた問題があります。「エソテリック(見えない深遠で不可解)な世界は、科学が発達すれば分かるようになるのですか?」。分かります。今は、地球全体がまだその段階に達していないため、もっとよく分かるように物事は切り分けられ、3次元上で分類されています。本当はそうでなくてもそうします。そのことは前にも言いました。地球の最高学府は、すべての研究を分野毎に分けて行いました。専門性と効率性のためですが、高くつきます。

物理、化学、生物学、医学が、まるで個別科学であるかのように扱われています。しかし、関係し合っています。でも、全部を一本化して学べるような“総合ビル”を持つ教育機関はありません。「でも、個別に勉強するカリキュラムは必要なので別個に学ぶことが必要だ。一緒に出来る方法はないよ。個別でなければいけない。それぞれの分野には、多くの知識があり過ぎるので単純に一緒に出来ない」という人がいるでしょう。では言いましょう。一緒にする方法は間違いなくあります。まだ考えたことがない、「統合化」を思いついていないのです。すべてが繋がり合っていることが分かったら、すぐに変える必要があると思うでしょう。「統合化」の手順を考え見直します。でも、そういうことでさえも見過ごされています。

交互に結びついて発見に至りますが、科学の一分野を個別に研究しているので、発見は、しばしば当該分野だけに終わります。化学は化学だけで進みます。しかし、他の分野と結び付けて解決できる研究が個別科学だけの問題になっています。でも。問題は解けずに終わることがよくあり、誰もその周りの分野を見ようとしません。生きるには、地球の磁場が必要だという考え方をするようになったのは、極最近だということを知っていますか? この件については1993年にお話ししました。しかし、自然科学はあらゆる装置を使っても、その証拠を提出できていません。科学全体を分断するという先入観によって多くのことが進みません。物理と生物学を結び付けたくないのです。

全部を統合する方法はいろいろあり、特に物理と化学にはあります。そうする時に、素晴らしい発見が生じるでしょうが、分けている限り起こりません。それぞれの分野には専門家がいます。時には一緒に集まりますが、専門に特化していることについての議論はしません。別個のままで、完全な科学が成立するのでしょうか?

DNAの90%以上は、物質がコード化されていないデータであることを発見するまで20年以上かかりました。すっと「ジャンクDNA」と呼ばれてきました。誤診したわけです。発見には言語学者が必要でした。言語学者は、生体物質ではなく言語の配列だと見たのです。それが、化学者と生物学者だけで未知の複雑な問題を見る時の誤りです。前提にした先入観によって何十年も素晴らしい情報を引き出せないでいました。

科学の統合が起こる

そこで、最初の予言は、学問の世界についてです。意識が新たになって新しい知識や叡智がもたらされます。ある「科学的な共通認識」が起こり、過去バラバラだった研究分野が一つにすることにとても重要な価値があることが分かります。今最大限言えることはそこまでです。詳細は言えません。

しかし、そうなる必要があります。いつか、過去を振り返って「自分たちは一体何を考えていたんだ?」という時が来るでしょう。バラバラだった食材が、シェフによって一緒にして、全く新しい立派な食事になる。遥か遠い所にある成分(食材)同士が混ざり合ってもっと素晴らしい食事が出来る。本当に素晴らしいコンセプトです!

言葉を習う時にどうしますか? 動詞から始まって形容詞、最後に名詞と行きますか? でも誰もそれでは話せないでしょう。部分で終わるからです。物理の言葉が分かるようになって、生物学、科学、意識について初めて明らかになるでしょう。

今日のチャネリングは、将来の新しい意識について、新しい意識が物事を変えて行くことについてです。新しいことをお話ししたいと思います。私たちは、人間の将来について、これから広がる可能性について話すことが好きです。

広大な不可視の世界

見えないものについて何か知っていますか? エソテリックなことではなく、皆さんにとって現実的なことですが見えません。毎日、皆さんの周りには多くの根源的で強力なエネルギーがあります。でも人には見えません。でも皆さんはそれに関わっていることを認め、「見えないけど、そういうものだよ。迷惑ではない」と言います。

重 力

地球の誰もが重力の影響を受けます! しかし見えません! 重力の働きについては何度もお話ししてきました。また、重力は変わり得る、重力を制御できる、そのうち、その理由が分かるとお話ししました。皆さんが実験的に考えるように、必ずしも質量と結びついているわけではありません。事実、もう少し物体の質量変換について知れば、好きなだけ重力を調整できます。時間をかけて発見するだけです。それが分かれば、科学的にも非常に筋が通っており論理的です。一つのことがまた別のことを導きだし、最後には、ばかげたことだと思われていたことが出来るような発見に至るでしょう。いつか、重力を見、測定装置で計測できるようになりますが、その装置も発明が必要です。重力の作用についてもっと知ると、その壮観な姿の観察方法が分かります。その時がいずれ来ます。

物理的パターンを見ることが出来れば、どんな科学でも益々リアルになります。最終的に重力のパターンを知ると、重力の変換について少し理解できるでしょう。今は分かりませんが、そのパターンの中に秘密が隠されています。クオンタムなことは、3次元のようには存在していません。そのためには今後の発見が必要になり、全く新しい理解と意識によって科学的な発展が起こるでしょう。*

将来のパターン

パートナーは常時磁場について話しています。コンパスが教えてくれるのであることが分かります。物理作用のある何かがありますが、見えません。皆さんの意識が居座るソファは、文字通り地球上のライフフォースと結びついていますが、全く見えません。でも見えるようになる時が来ます。目で見えませんが、装置を使って見ることが出来るでしょう。重力を見る時を想像できますか? 磁場を見ているところを想像してみてください。どのように見えるでしょうか? 装置では、色や波動はどうなっているでしょうか? 何かのパターンがあるのでしょうか、エネルギーのかたまりが旋回しているのでしょうか?

一つ、秘密を言いますが、物理学者や生物学者には秘密ではありません。すべてにパターンがあります。すべてです。常に、フラクタルパターンがあります。大から小、小から大に至るまで、目にするそのパターンとデザインの形そのものが、文字通り自らを作っている秘密になっています。その後、次の段階について知って行きます。磁気グリッドの働きとその理由について理解するでしょう。それが、肉体や思考と連携する様子が分かるでしょう。健康のために磁気グリッドを少し修正することも出来ます! そういう時代がやって来ます。それは、科学であって、決して深遠難解なことではありませんが、それによって素晴らしい難解な事実の発見に至ります。

何度も繰り返し話してきましたが、人間を対象としたそのような装置が生まれると言いました。そして、科学的解明が行われると。人間の周りにははっきりとある種クオンタムなものがあることが明らかになります。その装置はだんだん精巧になって、人間の周りに存在するあるパターンを測定します。皆さん、それが、作用を持つ人間の聖なるマカバです。

こういうことを別物と考えるのではなく一つにして考えてください。狭い頭の中で小分けにしていると、答えは出て来ません。相互関係、その働きについて理解できません。科学者の人たちは、専門性という箱の中から出てください。円状になっている問題解決は、決して直線上では捗りません。

未来の予言

今お話ししたことは予言です。そのような可能性があるからお話ししています。他の世界でも、以前そのような可能性を経験し、地球と同じような科学があり、今現在の皆さんのような状況に到達していました。同じようなことがあったので預言できます。そのようなボールが転がり始めていることが分かる人がこの会場にいます(チャネリングの前に現実についての講演がありました)。それは、必然です。今後、将来、まさにそのような科学的発見に至る洞察を得る科学者が地球にいます。そういう時がやって来ます。思考と知識の論理がもっと進みます。皆さんは、歩いて、それから走り出します。だから、私は、こういうことが起こると言えるのです。

この会場についてちょっと言いましょう。怖がらなくていいです。<笑> この会場に危険な見えないものがいますが分かりますか? 気を付けないと病気になる恐れのあるものが潜伏していますが、分かりますか? 皆さんと一緒にいます! 怖がることはありません。それは、細菌です!

100年前だったら、「それは、エソテリックだ、信じられないよ」となるでしょう。大笑いされていました。でも科学で本当だと分かりました。非常に小さな生物を見ることのできる顕微鏡を開発して以降、世界は一変しました。ずっと隠れたままでしたが、突然科学で真実が明らかになりました。ここまでいいですね? 科学と物理、知識が、全く新しい賢明な意識と結びつく時が来ますが、それが皆さんのレガシーです。新たな発明が起こり、数多くの分野でとてつもない程皆さんを支援して行くでしょう。

そのような発明によって、植物を育てたり、飲料用、殆ど地球のどこでも必要な量の水が供給可能になります。磁石を使った優れた発明装置を使ってすぐその場で簡単に海水の塩分が除去されます。エネルギー源は、もっと容易く手に入り、ふんだんに熱が供給されます。人口増加は問題にはなりません。(先住民が何千年もそうだったように)高い意識になって出産に対する分別・判断が生まれるからです。いつか、過去を振り返って、「自分たちはバカだったね。何も知らなかったよ。よく生きていたね、驚きだよ」というでしょう。そうなる時が来ます。では、人間の意識について入りましょう。

人の意識

意識をどう思いますか? 「クライオン、それは思考だよ。考え方。意識は思考という世界についてです」。確かに! しかし、今あなたは高い思考低い思考という判断については除外しました。意識を観察できる物理的装置が開発されたらどうなるでしょう?「クライオン、見ることが出来るのですか?」。もちろんです! フラストレーションを起こしてコンピュータが壊れたり、疲労困憊の時に何かが起きています。それは、意識が物理的作用を起こしているのではないですか? 気象衛星を使って磁場の強度変化と多数の人間の思いやりの意識との間には絶えず相関がみられるという大きな発見がありました。つまり、一般の見方とは違い、磁場は世界的な災害や国際的な祝いの出来事などに反応するということです。意識は物理学に関係しているのです。いつか、きちんとした装置で意識のパターンを観察できるでしょう、そういう時が来ます。**

将来の人間の意識パターン

今まで話したことがないことを明かしたいと思います。人の意識パターンがどうなっているかということです。多次元物理は見えないもののパターンを明らかにする可能性があるということを前提にしています。クオンタムエネルギーに関わるものが、ほぼすべて見ることのできるエネルギーパターンを持っています。驚くことではありません。人の意識が見られるとしたら、どういうパターンになるでしょうか? 大衆全体の意識ではなく個人の意識です。そのパターンには物理特性があり、フィールドがあるでしょう。いずれ、測定可能になり、「あなたの意識パターン」が分かります。

それは不自然なことだと思いますか? 簡単な発見や実験では、既に大衆意識の変化を測定しています。将来、それがもっと精巧に測定されることは疑いようがないでしょう。どんな風に見えるでしょうか? 例を2つ上げます。最も大きな人間の意識エネルギーは組になっています。恐怖と憎しみ、思いやりと愛。両極端で、共に強力で極めてパワフルです。警告を発します。コンピューターを壊します。心を和らげます。体に影響を与えます。部屋の中でも、地球全土でも影響を及ぼします。誰かが怒っている時に同じ部屋にいたことがありますか? すぐ分かりますね。相手の怒りを感じます。その時にはその場にいたくありません。出て行きます。誰かが怒ったり憎しみの感情で一杯になっている時は、「黒い雲がかかっている」と思うでしょう。あなたはエネルギーを感じとり、その具体的なパターンを感じます。その人が、マスターで愛の言葉をかけてくれたら、また違ったエネルギーになるでしょう。「この場所が好きだ! ここにいたい。この気持ちに浸っていたい」と思うでしょう。つまり、意識パターンをそういう言葉ではっきり表したわけです!

宇宙のどこであってもあらゆるエネルギーは測定でき見ることが出来ます。すべてのエネルギーパターンを見る方法が解明されるでしょう。先ずは、単純な波、しかしやがて、もっと優れた装置によって巧妙なパターンが測定されるでしょう。地球の偉大なマスターたちと同じ部屋にいた人は、創造主の愛と優しさに圧倒される感じがしました。愛に包まれる多幸感という波でやって来ます。すべてと繋がるので喜びが溢れて涙します。それが、エネルギーです! 言っていることが分かりますか? 愛のエネルギーを測定できるのですか? もちろん! 愛のパターンがあり見ることが出来ます。やがて、全く新しい世界が幕を開けます。そのパターンについて幾つか説明しましょう。

低いパターン

では、予言です。しかし、起こる可能性です。その可能性は非常に高いので間違いありません。そのようなパターンが見られる時が来ます。それが人の意識の場合、非常に面白いことが分かるでしょう。これから話す意識のパターンは、その時が来たら確認されるでしょう。今回のチャネリングは、何千人の人が聞くでしょう。だから、引用されやすくなります。

先ず、一番低い意識から始めましょう。しかし低い意識は、高い意識と同じように強力なパワーを持っています。しかし、意識が高いとか低いというのはそれが持っているパワーの程度の指標ではなく、波動の高低という指標に過ぎません。波動と周波数を同じものと考えないでください。未来の波動測定の技術は(現在の周波数の波形のように)線状ではありません。そこで見られる意識のパターンは、思考の波動です。消えてなくなるか、なくらないか、限定的か、拡大する波動なのかが分かります。パワーは根本的です。知っていると思いますが、憎しみの力は悪と恐怖を生み出し、その力は非常に強いです。恐怖の力は、注意をしていないと国民をも隷属状態にします。過去の歴史を見れば分かります。そこで、未来の技術でそれが創り出すパターンの具体的事例を上げます。低い意識を持った人を測ってみましょう。

低い意識は極めて基本的で、単純なパターンです。強い円を描きます。エネルギーが一つになって他の高い波動に対して壁を作ります。その人の周りで円を描いているように見えます。この円は、留置場のようなパターンで、繰り返しのない基本的なフラクタルで、その中に抑え込まれており、外部の円を何も知ることはありません。それは、他の人が影響を受けると、簡単にその強い円の中に呑みこまれるほど強力です。その時にこの円は、その周りの意識が捕まってしまう時に大きくなります。しかし、1個のサークルでしかなく同じです。

今、理解できないような言葉で説明していると思っているでしょうね? 問題は、そのサークルはコンテナになっていて、外部のものが見えないということです。自分しか見えません。自分の悪の意識しか知らないのです。自分の世界の中で知っていることにのみ基づいて、裁いたり意思決定します。それが、低い意識です。低い意識の目的はその状態を保つことです。他のことが見えません。その円は同じように考える人たちを隷属化します。円が大きくなっても、そこから決して出ることは出来ません。外に何があるのか見ることが出来ません。外に自分が存在するサークルはないのです。シンプルです。拘束します。低い波動は、原始的なサバイバルです。

高い意識のパターン

一方、愛、思いやり、高尚な考え方、誠実さ、気遣いと言った高い意識は、多くの何重ものフラクタルの紋様を創り出します。エネルギーが一つになって調和した、オリジナルと同じパターンを次々に生み出します。このフラクタルな波は外に広がり、終わりのない円を形成して高めて行きます。拡大志向です。心を捉えます。そしてその構造は入り組んでいます。調和した状態が、それ自身を超える他のフラクタルを創り出します。至る所他の人に影響を与えます。

一番単純なものから一番複雑な形を上げましたが、違いは何だと思いますか? 一方は拘束し、それ以外になく、パワフルです。もう一方は、拡大し、拡大しながら強力になります。皆さん、これまで人間の意識は、一番低い波動を描く傾向がありました。憎しみ、戦争、挑みかかって論争するような態度や無礼、同情心の欠如など。それも全部生き残るためでした。このサークルでは、相手に勝つことだけが唯一の問題でした。そうやって人間が勝ち残って来ました! 集団同士、国同士、サークル同士が対抗し合うようになりましたが、それは、このパターンの結果で、大量死と酷い悲しみを生みました。人が人にすることは、また自分に返って来ました。このサークルは、それ以上に意識が広がることが出来ないパターンでした。だから、同じ状態が続き何度も繰り返します。地球の歴史にようこそ。

調和したエネルギーは広がらず、拡大しませんでした。そこには、成長はなく、あるのは行き詰まりだけでした。それがまた繰り返されました。それ自身より高いものを見ることが出来なかったので、堂々巡りで行き場がありませんでした。

皆さん、地球のエネルギーは古いパターンを変えようとしています。意識パターンは、太陽圏によって変更されて地球の磁気グリッドに広がります。このグリッドは、太陽圏が新たな宇宙空間の領域に進みながら、今お話しした人類の高低両方の意識パターンを修正・変更し、原始的な生き残りを遥かに凌駕するほど強力なフラクタルで非常に複雑化したパターンを創り上げます。分かりますか? 新しいエネルギーは、他の人間のフラクタルに対する反応の仕方を変えています! 今、成長する時です。人間の意識は進化して、正義の天秤のような光と闇という秤はなくなります。その理由は、悪の影響力は衰え、調和した複雑な曼陀羅のような愛と思いやりの波動を凌ぐことが出来なくなるからです。光が、最も無知な地球の悪のパターンを大幅に凌駕して行くだけです。

闇は自分以外を理解できない

また、波動の動き方を物語る尋常でないことを見せる事例を話したいと思います。今年の最初のチャネリングで、北朝鮮の若きリーダーについて話しました。もう一度話します。低い意識がそれを超えるものを見ることが出来ないという根本事例としてお話しします。それは、それ自身知り考えていることだけに基づいて動けるという意味です。賢くパワフルで知性のあるものは、その通りに考えますが、北朝鮮は自分のサークルの外に出ることは出来ません。

北朝鮮の前のリーダーは典型的なエゴイストでした。彼が死んだ時、息子がその地位を継承し、したい放題出来ました。この若者は、何十年も父を見ながら、いつか自分がその後継者になるとは分かっていました。当然のことながら、父が息子に教えた尊大さを引き継ぎ、息子もまた最大限のエゴを行使するようになりました。権力を引き継いだ時、彼は変革をするチャンスがあり、そう決意すれば、父よりも偉大なリーダーになれました。彼は、自分の名を上げ、あらんかぎり我欲を行使できる地位にまで自分を押し上げたかったのです。父親は、そのモデルでしたが、もっと有名になるために何でも出来ました。

北朝鮮で起きたことは、古くからある光景です。彼は、今回、完全に誰も成し得なかった、地球で最も有名になり、かつ愛される人間になる機会を逸しました。彼に、その考えは思いつきませんでした。ヨーロッパで教育をうけたにも拘らず、その機を逸しました。

もし彼が、自国民を縛り付けるのではなく、高い道を考え地球全体を考え合わせていたなら、生涯、地球上でも最も有名かつ愛されるリーダーになれました。権力を引き継いだ時にしなければならなかったことは、自分のサークルを出ることを考えることでした。彼は、「ワイルドカード」になれるユニークな立場にいました。そして、素晴らしいこと、南北を統一し、両国間の死の国境線を外して何世代にもわたる家族を一緒にさせ、核開発を中止出来たのです。実際に、それ以外に重要なことは何も不要でした。そうしていれば、自国民全員に食料を届けて平和な国になりました。世界中が彼を尊敬し、世界は彼の賢明な判断と勇気に感謝して安堵していたでしょう。

彼が国連の会場に入った時は、皆がスタンディング・オベーションで彼を迎えて頭を下げ、最高の平和賞を授けたでしょう。何度も自分のエゴに打ち勝ち、父が成し得なかった遥かに偉大な人物になっていたはずです。しかし、彼にそういう考えはありませんでした。逆に彼は、引き継いだ暗い闇の考え方を永続化し、あり得る最も低いエネルギーの首領になって、地球上で最も危険で常軌を逸したエネルギーを代表しています。彼が国民の困窮化と国の不安定化という犠牲を払っても、少数の国民の目には、有名な時の権力者です。しかし、彼は長くは続かないでしょう。自分のしていることが地球全体の多くの人の支持を得ていないことが全く理解できません。彼は、すべてを失うでしょう。この低い波動のサークルがいつまでも低い波動であり続ける程強力だというのは、面白いと思いませんか? しかし、そのすべてが変わり始めます。一人一人の考え方や行動をつぶさに見れば、そうなることが分かります。変わりつつあることが分かるようになります。

個人のパターン

一人の人間として、皆さんから見れば、彼は険悪な人物です。分別を弁えない無礼千万な人間です。彼の口から出る言葉は、憎しみに満ちて傍若無人です。そのような生き方とは程遠い人生を歩む皆さんは、「彼はどこで間違えたのだろう?」と思います。でも、こう言いましょう。何も間違っていませんと。ただ彼は、生き残りをかけているだけです。無礼なことをすれば注目を集め、知ってもらえる舞台を作ることが出来ます。それも一つのエネルギーで皆さんとは違いますが、恐怖によって関心を煽り、権力さえも行使します。皆さんは好きになれないと思いますが、それは、このような人間が必死に生き残ろうとする例です。多くの場合、このようになります。古いエネルギーは自分には役に立ちますが、それに代わる方法がないのです。だから、彼らにとっての生き方は、生き残って、欲しいものを手にしていくことなのです。事実、今日でも、気遣いや親切心は人間が弱い証拠だと言って、傍若無人に振る舞う社会があります。「同情心や優しさではだれも支配できない。それは、弱い人間の言葉だ」と彼らは考えています。彼らに生き残りのサークルの外を見ることは出来ません。だから、今までそういう人間はエネルギーが低く、無礼・傍若無人に皆さんに近づいて来ます。もっといいものがあることが分からないのです。

今日では、皆さんに気に入らないことがあると、舌うちが始まり攻撃し出します。地球の大多数の人は、このようなあり方にうんざりしており、もっと品のある生き方・あり方を求めています。共感しやすい人は、決して弱いわけではありません。思いやりのある人のエネルギーは、中に入るように手招きします。思慮分別を欠いた無礼な人間のエネルギーは、あなたを排除します。この違いが分かりますか? あなたはどちらですか?

今、人の意識パターンについて話しました。ここで言いたいのは、人の意識は過去のあり方を乗り越えて行くということです。地球の光と闇の割合が変わったためです。光が勝利して行きます。思いやる心や誠心誠意、親切心は本当に明るく輝くので、強制や思いやりのない言動よりも遥かに早く、しかも簡単に人の目に留まります。強制力や思いやりのない態度は、そのうち出鱈目だと見なして、皆が離れて行きます。そういう人のエネルギーは多くのことを教えてくれ、どういう人物で何を考えているのかが分かります。古くい生き残りのエネルギーですが、新しい生き残りのエネルギーは、光であり高い意識です。これから、多くの人が分かって行きます。

人間性の高い人は、長生きするでしょう。そういう人がリーダーになります。選挙がそういう理由で様変わりして行き、ビジネスも同様です。波及効果によってもっと光を見るようになり、もっと思やる心、本当の解決策が表に出て来ます。その時には、調和した波紋があらゆるところに広がります。思いやり深くなると、誰もがそれに気がつきます。そういう人は安心だと思いますか? 安心できます! 「彼女はじっと聞いてくれる、彼女の隣にいると楽しい。だから一緒にいようと思う。彼女のエネルギーが分かる? 本当に素晴らしいね」となります。

このような調和の取れた人は、安心感があります。傷つけることはしません。あなたと競ったり、不親切や無神経なことを言ったりしません。こちらの言うことに耳を傾け、相手を大事にしようとします。職場がそうなってほしいですね。おかしいと思いますか? 将来、それが当たり前になると考えるのは変ですか? それが分かり、判断でき、なぜそうなるのかさえ分かります。その時に地球は変わります。

皆さん、それは、黙っていればいいということではありません。やがて、人の意識は生き残り意識を捨てます。闇から抜け出してもっと優しい品のある生き残りのシステムに移行します。そこでは、力づくで強制したり引き裂くのではなく、物事を品よく一つにまとめ上げることが出来ます。裁かずに、宗教の違いを乗り越えて考えられる人が普通になります。そういう人たちは、神は至る所、どんな宗教にも存在し、最初に良い面を見られる人です。そういう人は、食習慣の違いと同じように考え方の違いも理解できます。それが、和のある賢い人間です。

そういう時が来ますが、既に幾分そうなっています。今回お話ししたかったことがそのことです。あなたなどの辺りにいますか? どういうパターンですか? 今お話ししたようなことが現実になると感じられますか? 安心できるようになります。安心してゆったりして、少し自分を守る壁を外してください。周りには、もっと思いやりのある人や親切で優しい人がいると感じて安心してください。中には、左の方から何か悪いものが現われると思っている人がいます。まるで、洞窟から出てきても、まだベンガルトラがいないという確信が持てないのと同じです。ここで言うトラは、古いエネルギーです。トラは散り散りになって逃げています。この悪と闇という古いエネルギーの残りカスは、大地の至る所で消え失せています。闇が消えている現実はあちこち至る所で起きています。闇は姿を表わし始め、闇を集めますが、終わりが近いことを知っています。闇のあがきを見る時は、いい話だと思ってください。古い世界の意識の終わりが近づいているのです。

家族そろって地球の男女が投票を行ったとしたら、皆、平和を求めます! 相手を侵略したり征服したりしたくありません。リーダーにはそういうことをしてほしくありません。限られた資源を巡って相手を打ち負かしたり、力で制圧したくありません。今までのそのような潮流は変わり、世界の意識は、それぞれの人の父母が子供に対して行うのと同じことを有無を言わせない程求めています。そうなることが、何百もの国々が一つになり、調和し、平和、ワンネス、仲良くする方法を構築する始まりになります。社会や文化の違いは常にあります。しかし、思いやる意識と和する態度は、人間に共通する性質です。皆さんには共通点がかなりあります。新たな目でそれが分かります。

100年前は、そのようなバランスのある状態ではありませんでした。それが変わった点であり、未来も変わります。皆さんは、過去を繰り返さず、大人の知恵を出して、思いやり溢れる素敵なフラクタルと調和したエネルギーを育んで行くでしょう。

新生地球にようこそ。やって来ます。

そして、そうなります。

KRYON



ⓒ2010-2016 Translation by Lightworkermike
https://lightworkerjapan.wordpress.com/
翻訳者ライトワーカーマイク
https://lightworkerjapan.wordpress.com/2016/03/13/quantum-patterning/




by the NASA/ESA Hubble Space Telescope.








★物理と科学 by クライオン

2016年03月08日 | ☆光の灯台・LightworkerMike


ライトワーカージャパン より転載させて頂きます。


物理と科学
Lee Carroll 2007-6-17
クライオン・サマーライト・カンファレンス
カリフォルニア州シャスタ山

今回のチャネリングは、物理と科学です。今まで話したことのない新しい概念がたくさんあります。リーにとっては非常に難しい内容で、クライオンがもっと“近づいて”正確に訳せるようにしました。非常にパワフルな2007年6月17日に行われた「クライオン・サマーライト・カンファレンス」でのメッセージです。


――-

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。今朝、この会場に入って来て私たちのいることを感じた人たちがいます。私たちは昨日からここにいました<シャスタ山のイベント2日目>。

普段はそうでもないですが、パートナーは今気にしていることがあります。私たちは、よく愛について語ります。また、いつものように彼がチャネリングに入る際の状態についてよく話します。でも、今日話すのは科学です。彼の工学的な頭と知識とすっきりした導管を使ってお話ししましょう。では、パートナーに「リラックスしてください。ゆっくり話していきましょう。あなたが理解できるような言葉を使います。だから分かると思います。ゆっくりゆっくり行きましょう」と話しています。

なぜ科学のような話をするのか疑問に思う人がいます。皆さんはスピリチュアルなことを聞きに来て、私たちも昨日そのようなことを話しました。私には一瞬前ですが、その時にスピリチュアルなことをたくさん話しました。で、これから、別の方面である科学について話します。聞く必要のあることです。これから話す、聞いたことのない物理の真実と以前話した内容が繋がるでしょう。そのような内容ですが、将来いつか、この内容を再度見返して、科学が発見したことと比べる人がいるでしょう。その時に、本当のことが一つに結びつきます。その時に、スピリチュアルなメッセージは本当だった、ステージにいる男が観客を喜ばせるため、科学について推測しているのではなかった、そういうことが後で分かるでしょう。これから話すことは高度なコンセプトで、いずれ、翻訳されます。見て、聞いて、その時を待ちます。

私はクライオン・マグネティックサービスです。きちんとやって行くには、振り返りを行って内容を繋げる必要があります。前に占星学について話しますと言いましたが、それには、生物学に少し触れて行きます。占星学だけでなく、皆さんと地球に関わっていくので合わせて理解することが必要です。

DNAの磁気的性質

皆さんのDNAは複雑です。洗練されており、どれもそこにある理由があります。ジャンク(がらくた)DNAは存在せず、無秩序ではなく、素晴らしく設計されています。無秩序で乱雑そうに見えますが、そうではありません。その全体は、次元を超えた仕組みの中に非常に簡潔に収められ、それで鎖が素晴らしく働きます。3次元では二重螺旋です。皆さんは、長年それを一本の撚糸・鎖と見なし、それが自分足らしめるすべての系譜を司っていると考えて来ました。DNAの鎖の端は、テロメアです。この長い鎖は、年齢と共に複製に次ぐ複製をして短くなる以外どうすることも出来ず、最終的にはそれで死に至ると思われて来ました。

見過ごされていたかに見えましたが、最近の、おそらく最も大きな発見の一つは、テロメアが、皆さんと磁気グリッドを結び付けていたというのです。テロメアは実際には繋がって一つになっているという発見でした。DNAは鎖ではなく輪になっているのです。この事実が分かるまで時間がかかりました。細部にわたって緻密に理解する作業でした。だから、突然、DNAは紐状ではなく輪であるとなり、面白いことが始まり出しています。というのは、この輪の中に電流が走っているのです。人間は、生物的電気装置であり、大脳とシナプスと筋肉反応は、すべて、体の何兆もの数のニューロンが発火して動きます。だから、体の電気は突如DNAにも及びます。輪の中を電気が走るわけです。しかしそれは、あまりに極微の世界なのでどんな優れた装置をもってしても電気の動きを突き止めることは困難です。

そこで、科学者の人に言いたいのは、その電流を探してください。そこに流れているのは分かるでしょう。それだけでなく、まさかと思えるでしょうが、化学物質の中で電気が流れていることが分かるでしょう! DNAには伝導性がないはずですが、あるのです。超電導に近いです。だから、一本の輪に電流が流れています。電気の初歩では、電気が輪になって流れると、磁場が発生します。したがってDNAの各二重螺旋にはそれ自体で磁場があります。小さいですが、何兆もの二重螺旋には磁場があるので、人間は磁性体になります。だから、皆さんはその時、DNAには実際に磁場があるという科学的証拠を体現して立ち上がるのです。

これは、磁気の働きによるので今までにないことを教えてくれます。磁場の一つが別の磁場と重なる時、インダクタンスという現象が起こります。インダクタンスは、2つの磁場が重なり合いコミュニケーションをしてエネルギー交換が起こる、魔法のような作用です。電気製品で毎日利用されています。分かることは、インダクタンスは環境から適切・不適切両方の磁気的指示を受け取りながらDNAを変更する原動力(エンジン)だということです。

そういう理由があって、長時間磁場に自分を曝さないように繰り返し注意してきました。しかしもう一つ分かることは、突然、地球の磁気グリッドから皆さんが情報を受け取る可能性が生まれるということです。自分の中にDNAという磁気発生装置があることは知っていますね。そういうわけで、こういう話をする私は「クライオン・マグネティックサービス」なのです。

1989年に、地球には磁場があり、皆さんの意識のように振る舞うと話しましたが、振り返ってみましょう。地球の磁場の外に出ると、そのうち病気になると言いました。磁場なしで生きることは出来ないのです。宇宙空間に出る時は磁場が必要になります。その件について調べてみてください。私が言ったそのことに変りはありません。前に、面白い現象が見つかるので探してくださいと科学者に言ったことがあります。磁場の外に人間を連れ出したらどうなるか考えてください。人間の体調に異変が起こります! 南北の極点には研究施設があって、そこで研究が行われています。研究者はそこに何か月も逗留していました。地球の両極点ではニュートラルになり、磁気同士が交流していません。北極、南極どちらか1極の状態では、人体のバランスが崩れます。

だから、科学者の人に、長い時間その研究施設にいる人の健康状態をチェックしてほしいのです。病気やがんの発生率を調べてください。その結果みられる発生率は通常よりも遥かに高い数値が記録されるでしょう。長い間バランスを崩した状態にいた人は、その代償を支払いました。何日、数か月間、宇宙空間の地球の軌道上にいる人は、皆さんよりも少し磁場から外れたところにいます。だから、同じような健康上の変異が見られるでしょう。骨髄を調べてください。磁場の外にいると、免疫系が上手く働きません。地球の磁気グリッドはDNAに関わりますが、皆さんはそのことは知りません。磁気グリッドは、DNAと交信するのです。

1989年に、地球の磁気グリッドは、それまでの100年よりもっと動きますと言いました。そしてそうなりました。ある人は、動いて、昔あったように極点が反転するんだねと言いましたが、そうではありません。動くには動きました。<これはクライオンが予言した科学的事実ですが、確認されています>。では、なぜ動くのかその理由を言います。地球の意識が動かしたのです。その開始は、ハーモニック・コンバージェンスの時でした。偶然ではありません。グリッドは、皆さんの意識に合わせるために移動したのです。地球が目覚めるように動いたのです。グリッドが動いたために、世界中の多くの人の直観もシフトしました。グリッドはDNAに話しかけ人間の意識に話しかけます。ここで、何千人もの人が、一斉に「私以外に話しかけられていた人はもっといるのですか?」と言います。あなたはその一人でしょう。だから、多分、あなたはこれを読んでいるのですね。

地球には生きるのが難しい所が他にあります。そこは、ヌル・ポイント(エネルギーのない状態)です。赤道周辺では、(+)と(-)がぶつかり、そしてゆっくりと反転し入れ替わります。そのような地帯では磁気グッドは不安定であり、直線的ではありません。そういうぶつかり合うもっと強い所、弱い所が他にもあります。精確に線を引くのは難しいです。北や南でマッピングされてきました。科学者はそのヌル・ポイントを知っています。

そのようなヌルポイントを見れば、地球で大きな問題を抱えたところであることが分かるでしょう。疫病や戦争、恐怖と大量虐殺などが発生しました。ヌルは最もバランスの崩れた状態です。そのような磁気グリッドになっていて、DNAはバランスについての情報を受け取ります。18年前に質問を受けました。「クライオン、一番悟りに至る場所はどこですか?」と。これは公開していますが、その答えは「もっと涼しい所に行ってください」でした。赤道ではありません。赤道から離れるともっと調和します、涼しいのです! 単純なことです。

そこで、科学者の皆さん、考えてください。意外な一致点が見られるでしょう。他の星に行くとしたら、地球にいる状態に近い磁場を持って行ってください。地球の磁場と同じもので何日、何年も機体の中にいられます。でないと生きられません。この問題は、惑星探査に出かける人は覚えておく必要のあることです。ここで、生命科学者、生物学者の人に聞きます。「生命を維持するには、人間の体や細胞には地球の磁場が必要ですか?」。南北の極点での経験や情報を生かしてください。また、地球の軌道上にいた時の情報を生かしてください。答えは、もちろん磁場が必要です。

占星学

では、占星学について話しましょう。非常に深い問題のように思えますが、そうではありません。科学の中でも最も誤解されている知識の一つです。オカルト的に扱われたり、明確に考えない人から誤って受け取られています。例えば、細菌の存在が証明される前にそれを信じていた人のことを考えてみてください。見えない微生物が病気を引き起こしますが・・(オカルトや地球を侵略するETに違いない!)知識や研究道具が生まれてその存在が理解できた時に、それは科学になり、命を救えました。占星学もそれと同じです。占星学は神秘主義と見なされている科学です。

先ほど来話してきた磁気のことが分かれば、人間は磁気グリッドに常に影響を受けることが分かると思います。またそれは、人間との間にやり取りが介在しバランスを取るための方法であることも分かると思います。磁気グリッドの上に載っているものについて話したいと思いますが、それは、コミュニケーションの一種です。このグリッド上で膨大な情報のやり取りが行われます。でも、占星学について話しましょう。

太陽系の中心は太陽です。毎秒、太陽は重力で磁気的パターンを作り出しています。重力と磁気を切り離すことは出来ません。科学上、互いに関係し合う組(対)なのです。光も次元を超えるので関係します。何かが同時に2か所に現れる場合は、それは多次元、クオンタムな出来事で、光は磁気と重力と同様に関わります。磁気、重力、光は、皆さんにとっては謎です。その3つはまだ本当には理解されていません。単に利用されるに留まっています。どういう作用があるかは知っていても、その存在については知りません。時間もまた同じです。しかし、時間は初めの3つの結果であってそれ自体はエネルギーではありません。

そうして、太陽は他の惑星が周りを回る時に一緒になって押したり引いたりしています。いろいろな線上で太陽が惑星を引っ張る力を想像してみてください。その時に、太陽の中心から惑星に延びた紐が引っ張る時のとてつもない力と重力の力が分かるでしょう。その場合、常に紐の描くパターンは変化しています。毎日、常時、瞬間毎にパターンが変わっています。

そのパターンは、太陽の多次元パターンです。だから、太陽のクオンタムパターンは、惑星の場所に応じて常に変わっていると思うでしょう。その通りです。惑星が一列に並んだ時に太陽にどういう力が働くか考えてください! いわゆる「後退」する動き(別の軌道上から見る時に後退しているように見える動き)の時に何が起こるのか考えてください。それが、太陽が多次元のパターンを絶えず変えていることなのです。それが磁力であり、時間にも影響を与えます。

太陽が、光と熱を放射する以外、何を知っていますか? 太陽は、常時地球に太陽風を吹き付けています。この風は荷電した粒子(磁気)なのです! それれが、地球の磁気グリッドに太陽が磁気を送った時のパターンの情報です。疑うなら、オーロラを見てください。それは、太陽風による光のショーです。地球の磁気グリッドに衝突して重なり合って、太陽の磁気パターンを皆さんに送って知らせているのです。

太陽風が地球のグリッドに到達する時に、その時のパターンは、更にもう一つ別のインダクタンス現象(訳注:ここでは磁気的・クオンタムな力が重なって重なる対象に何らかの作用を及ぼすこと)が生じて人間が生まれた時のDNAに送信されます。生まれた時にその磁気パターンを受け取ります。生まれた時に初めて呼吸をして、初めて独立した1個の生命として地球環境と関わります。みずがめ座、魚座、かに座など太陽のパターンを身につけます。そのパターンは、生まれた時の惑星が並んだ状態です。それが、ライフフォースとしてDNAに取り込まれ確保されるのです。それが影響を与え、その時から、太陽系で惑星が並ぶ時には生まれた時のパターンに影響を受けやすくなります。それが、占星学です。地球でいちばん古い学問の一つです。そして、そうだと直観的に“感じ”(自覚できる)ます。

「占星学は信じてないよ」という人がいます。今、多次元の軌道が描くパターンに影響を受けると言ったばかりですが、「それでも、占星学は信じない」という人がいます。では、満月シンドロームをどう説明しますか? 月は、地球にとって一番大きい天体です。月も太陽のような動きをします。しかし、その引力(磁力)で地球に大きな影響を作用を及ぼしています。世界中の警察が満月の時に一番忙しくなるのはなぜですか? 「それは簡単なことだよ。満月は一番明るいので犯罪が多くなる」。違います。月の軌道ではなく、明るさに関係しているというのですね。では、曇った時の満月にも多発します。病院関係者に聞いてください。交通事故や人間同士のトラブルで忙しくなりますよ。彼らは、満月の時は大変だと思っています。それについて説明してください。その唯一の方法が占星学です。占星学は人間行動に大きな影響力があります。科学です。DNAと考えに関わります。最終的に占星学が認められる時には、どれだけ役に立つか想像できますか? 皆さんは、惑星の運行に影響されやすいのです。皆さんはガイアと一緒に生きています。太陽系に繋がっています。そういうことを否定できますか? 占星学は科学です。

占星術家の皆さん、18年前に話したことが分かると思いますが、エネルギーシフトが起こる前と後ではチャートは変わるだろうと言いました。2012年とその前では角度を3度修正するだろうと言いました。その3度は、1つの宮とは限りません。その3度というのは、宮の形が開閉して新しい大きさの輪郭になる最大値です。今話していることを理解して修正してください(2007年時)。修正する前と後を重ねてみてください。クライアントに見せた時と、新しいシフト変化になる時とを比べると分かるでしょう。世界的な占星術家は、変わるということを知っています。占星学でさえダイナミックに変わります。つまり、間違いなく占星学が磁気に関係しているからです!

パートナーは、今「思ったより分かりやすかった」と思っていますが、次の問題はそうはいかないでしょう<笑>

新しい物理法則

では、物理学に入りましょう。ある難問についてその歴史について話します。その難問で科学はどうしてきたか見て行きましょう。それから、まだ話したことのないことを幾つか話します。

それは、素晴らしい法則のことです。ニュートンがそれを考えました。太陽系の軌道についての法則です。それですべてを説明します。それが、ニュートンの第2の法則です。パートナー慎重にゆっくり行きましょう。それは、力学の、力と物体と加速についての基本法則です。それで、惑星の運行、運動と慣性について説明します。この法則で衛星の打ち上げ計算や太陽系の宇宙探査に使われます。ニュートンの第2の法則を基盤にした、あらゆる数式が有効になります。

ニュートンは、太陽の引力の影響を受ける近い惑星は、遠くにある惑星とは速さが違うと考えました。それが、ニュートンの第2法則の数式になりました。今でも真実ですが、最近、科学はある問題を発見しました。

関心を呼んだ最初のことは、粒子が極小になった時、その法則は通じなかったということでした。極小粒子はニュートンの法則に従わないのです。原子の中では、数式が異なるのでした。それが、実際に量子力学が生まれた理由でした。量子力学は極小粒子と、次元を超える問題についての理論です。極小レベルの物体は巨大な質量をもつ物体とは違う動きをすると新しい理論は説明しました。極小粒子は、惑星や月のように常に質量があるとは限らないという問題があったためだという人がいます。だから、科学者には扱いにくい問題でした。また人間は、原子加速器を使って極小粒子、プロトンと反プロトンをほぼ光速で衝突させてどういうことが起こるか実験できます。だから、極小世界での新しい法則を確認できるだろうと考えました。その後、あることが起きました。

コンピュータ制御による鏡を何枚も望遠鏡に並べて地球の新たな「目」を発明してから、皆さんは遠い銀河の研究が始まり、もっとはっきりと観測し始めました。天文学者が非常に驚いたのは、太陽系の惑星が太陽の周りを回転するように、星々が銀河の中心の周りを回転する様子を見ることが来ました。しかし、大きな違いがありました。星の回転はニュートンの法則に従わないのでした!

天文学者が驚いたのは、銀河の中心を回転する星々は、いわゆる「均一回転(flat rotation mode)」をしていることでした。パートナー、ゆっくり行きましょう。これについて説明します。ある円盤の上に、中心の近くと遠くに小石を置いて、ゆっくり円盤を回転させると、円盤上の小石は同じ回転をし、互いに同じ位置のままでいます。つまり、中心からの距離の違いで遅くなったり早くなったり、速度の違いは生じないのです。これが、均一回転というもので、銀河の回転がそうです。

突然、ニュートンの第2法則が通用しなくなるのです! 星々は非常に巨大な質量を持っており、それまでの回転軌道の法則に従いませんでした。ニュートンの法則は太陽系には有効のようでしたが、銀河には適用できませんでした。その問題が不可解で異論の中心問題です。やがて、天文学者があることを観測して発見するまで意味不明でした。

宇宙を観測するエネルギー計算では、何かが、目に見えないエネルギーを創り出して、そのエネルギーがニュートンの法則に作用を及ぼす何らかの物質を押し出していると科学は言います。でもそれが何か分からないし見えないと言います。それは、不可視のエネルギーで、それが新しい種類の軌道システムを創り出し、今、銀河の至る所でそうなっていることが分かり始めています。科学者はそれを「暗黒物質」と呼び、この謎の物質がすべてに影響していると考えています。

暗黒物質は、実際の所暗黒ではありません。分からないエネルギーについての科学的名称に過ぎません。それがすべてです。古典的なニュートンの回転軌道の法則に従わない、何かの力が働いています。どうなっているのか? 難問がそこにあります。極小と極大で通用しないのです。太陽系は問題ないようです。今、ある人がこの問題に取り組んでいますので、それについて触れておきます。ちょっと深遠難解な考え方をしてください。ニュートンには彼の仕事を手伝う助手がいました。その助手が今生きています。もちろん天文学者です。前世の仕事を継続しようとの情熱をもってまた生まれました。その彼です! その彼が、この問題の解明に一番近い人です。

この難問が存在する訳を言いましょう。これから皆さんが分かるように、ベストを尽くしてパートナーに上手く伝えて行きます。今までこのようにしてお話ししたことはありません。発見は間近かです。それは、エーテル状です。でも、人間が自らの意思で発見しようとしないことはお話ししません。その解は、全体の中に浮いており、発見されようとしています。

既存の宇宙の「力」に追加する

それが分かった時、新しい理論は多くの科学者の反対に遭うでしょう。その理由は、宇宙の力についての変更が起こり、新たな力が追加されるからです。<リーはびっくりして、宇宙の既知の力が変更されるのかと思い息も出来ません> 周知の宇宙の4つの力について一つ一つその名称を上げてみます。でもそれについて説明はしません。今日の目的ではありませんから。科学者が言ってきたことは、宇宙すべてを支配するのは4つの力ということです。(1)重力(弱い力) (2)電磁気力(強い力)、この2つはそれぞれが組(対)になっています。次の2つも組になっています。 (3)弱い核力 (4)強い核力 の4つの力です。この4つの力がすべての現象を支配していると考えられていますが、ここで難問に直面します。未知のエネルギーがあるのです!  4つではなく6つではないだろうか? それはこれから話します。

自然について振り返ってください。地球の自然を見てください。ほとんどが「12」の因数に帰着します。数学者の人、「12」の因数は知っていますね。(6つあります)自然の中によく見られるその因数は、3,4,6です。水が氷る時は6角形になります(雪の結晶)。この結晶パターンは、はっきりと12の因数が基本になり、多くは6です。何年も言ってきましたが、最も洗練された物理科学は12進法になります。12進法は多次元数学で、「0」も含みます。「0」は何もないとか無限という意味ではなく、宇宙の12進法では、「0」は、すべての答えになり得る可能性があるという意味です。

3次元では経験して確かめられる数字ではありませんが、「0」を使う時にあることが分かって来ます。例えば、最も基本的な数式、円周率πは、不合理的な数字ですか?(十進法では不合理な数字は同じ数が並ぶ再現というものがなく、無限に続く数字です) 永遠に続いて行きますね! それは、宇宙の最も根本的な数式の一つだとは思いませんか? 宇宙の他の誰かと交信するために、皆さんのある宇宙船の船体にこの「π」という数字を刻印していることを私たちは知っています。数学によるコミュニケーションみたいなものです。知性のある存在がそれを見つけだろうと。でも、見つけた相手は、「ほう、人間はπを知ってる! とすれば、人間は知性があるだろう」となるわけです。知性のある存在がそれを見つけた時に何というか言いましょう。「この生き物は宇宙空間を飛んでいるが、12進法をまだ知らないよ! πが何か知っているのだろうか、彼らはまだ10進法だろう」と言うでしょう。それは、πは12進法に基づいているので不合理な数字ではない、だからまだ(地球)は白黒テレビの段階だなと分かってしまうようなものです。

自然には6つの力があります。「4」は「12」の因数ですが、「6」と「12」は最も頻繁に表れ、最も自然を表わすような数字です。DNAを見てください。12の因数を見てください。DNAの至る所がそうです。後2つありますが、その前に名称については、特徴は言いますが、名称は言いません。後で、科学者が名づけたいと思う名称になるからですが、科学者はその時は「暗黒物質」と名付けるでしょう。

銀河と太陽系には大きな違いがあります。ニュートン科学者、聞いてください。太陽系の中心には、通常質量があります。宇宙の太陽系の中には太陽の大きさが違っても、それが普通で常に質量があります。でも、銀河のような超巨大なシステムになると、その中心には魔法のようなものがあり、新たな発見があります。

何年も前に言いましたが、科学者が注釈をさしはさむ前にも、銀河の中心にあるものが回転を発生させていると言いました。各銀河の中心にはブラックホールがあり、多次元であると言いました。数年前に、その後の詳しい説明をしました。各銀河には、ブラックホールは2つあること、になっていることを話しました。それが、多次元のエネルギー、未知の宇宙の力です。一つはブラックホールだと確認できても、ツインのもう一方は見えません。そのツインは、多次元エネルギーの吸排システムです。宇宙の未知の力です。そのエネルギーがそこで出入りします。

そのまま聞いていてください。<主にリーに向けて> それについて説明します。中心にこのような多次元エネルギーがあるとどうなるか? ニュートンの法則は当てはまりません。中心には通常の質量がないのです。そこで多次元エネルギーが凝集しています。この凝集力によって、銀河の回転は均一回転を創り出しています。そこに法則すべてがあり、強弱の多次元の力が強く大きくなります。それが、後の2つの力です。これで6つになります。重力、電磁気力、強弱の核力、そして、5番目6番目強弱の多次元の力です。これで揃いました。

銀河の中心の新情報

すべての銀河の中心には、吸排(押し引き)システムがあります。これは組(ツイン)のエネルギーシステムです。しかし、皆さんが知っているのは一つだけです。でも、見えないことは分かりました。それがブラックホールです。光を出しません。でも、ブラックホールは1つだと考えています。本当に3次元です!<笑> 一つではありません。1本の針に素晴らしい目が2つあるのです。皆さんが宇宙の配置図を描いて、いろいろな銀河の広がりを見る時、それらがランダムではないことが分かっています。面白いとは思いませんか? 「ビッグ・バン」によって、殆ど何もない所からあちこちバラバラに散らばったと言っていませんでしたか? では、なぜパターンがあるのですか? 皆さん、そこが素晴らしい所です。一見無秩序な多次元的なパターンの出来事があって、それが「ビッグ・バン」だったのです。前に言いましたが、皆さんの言う「ビッグ・バン」は、実は、多次元の力同士が衝突したものだったのです。多次元は、パターンが見えないので、一見無秩序に見えます。

ちょっと想像してください。1本の大きな針と1本の糸、それが2組あります。そう思ってください。1本の糸がブラックホールの中を通り、別の1本の糸がツインのもう一つから出て行きます。その2本の糸は多次元の2本の力(フォース)の紐であり、他の銀河の中心に入ったり出たりして縫い合わさっています。各中心は2つの目を持つブラックホールです。皆さんには、この多次元の吸排(押し引き)の力はまだ分かりませんが、その力が互いの銀河同士、更に他の銀河とをつないでいます。では、左右対称の紋様の織物やかけ布団を思い浮かべてください。ある角度からその真ん中を見ると、つまり銀河の中心の中を見ると、曼荼羅のような文様になっているでしょう。銀河は皆美しい形をして、お互い同士優雅なダンスをしています。このシンメトリーには意味があり、それが12をベースにしています。それを見つけてください。そして、今新たに付け加えた2つの宇宙の力を持ち、銀河の中心に入り出て行く糸のようなもの、それが、ラティスです。シンメトリーの紋様と目的を持ったコズミックラティスです。<1997年にお話ししました> ラティスは美しいです。それが、未知の宇宙エネルギーです。探す人によって発見されます。皆が探している暗黒物質は、物体と物体の間の虚空にはありません。それは、目的・意味をもって銀河間にある多次元力の紐の中にあります。暗黒物質を3次元的に考えても、できません。それは、宇宙の2つの多次元の力であり、クオンタムです。だから、時間がなく、3次元の式で表すことは出来ません。

次の大発見・・・クオンタムを見る

もう一つあります。そのヒントは、その力はエーテルの中にあります。発見は可能であり、今にも分かると言ってもいいでしょう。人間は自分の力で発見しなくてはいけませんが、ヒントを出します。発見される時は、初めこの場所で聞いた通りだということが分かりますよ。<笑顔>

それは技術的な問題です。パートナー、心配しないで。分かりやすく説明します。天文学者はもう何年も、宇宙について通常の光とは違う別の種類の景色を得ようとして望遠鏡に特殊なレンズをつけて来ました。通常の光を集光してやる方法は古いのです。今は、放射を集めたいと考えています。分光測定を行えば、どういうもので出来ているのか分析できると考えています。対象物が通過する速度を測定して、赤色偏移か青色偏移かで、対象物が観察者に近づくのか、離れて行くのかが分かるだろうというのです。天文学者は、特殊なレンズを望遠鏡につけて観察しているので、普通のレンズでは見えないものを分析できます。多くの皆さんは知らないと思いますが、地球の多くの望遠鏡を使っても、それ以上のことは分かりません! つまり、問題は、光の中に隠れた見えないものをコンピュータ制御技術で集めることなのです。あるいは、他の測定方法の問題になります。科学者は、熱や成分、その動き、不規則な軌道などが分かります。

誰かが多次元の天文観測レンズを発見したら素晴らしいと思いませんか? そうなったら、何が見えるでしょうか? 私が今話した通りのことが見えます。先ず、ツインのブラックホールが、まるでひとつであるかのような状態で見ることが出来るでしょう。多次元のレンズで重力と時間が見え、それらがワープしたパターンになっているのが分かるでしょう。

このレンズで宇宙を見ると、ツインのブラックホール同士の関係、そのパルスが分かります。また、銀河同士が鎖状になって繋がっているのがはっきりと見えます。素晴らしいと思いませんか? それで、未知のエネルギーの説明がつくと思いませんか? 科学者に4つではなく6つの力のある理由を説明できます! それは可能です。

では、大体、どういうことなのか言いましょう。<笑顔> 一つ目。今のレンズの上にその多次元レンズをつけることは出来ません。出来るだけ受信装置に近づけます。光学式望遠鏡の場合、受信装置は鏡ですが、デジタル望遠鏡の場合は、デジタル・アイ・ボールです。多次元レンズは、焦点以外の所に置けません。そう言えば、望遠鏡を製作する人には役に立つでしょう。ヒント2つ目。多次元レンズは物体ではありません。プラズマです。プラズマは、超強力な磁力によって一つになります。でも、非常に冷たいです。以上がヒントです。

それを開発して動くようにし、プラズマをコヒーレントにする磁石の調整を行うようになった時、天文学に革命が起きます。それが、次の段階です。物理学は変わるでしょう。皆さんの現実も変わるでしょう。その理由を言います。終わる前に科学については最後です。多次元の物を見る時、予想外のことが一つ分かります。それは、生命です! 生命はライフフォースの力で突き出ます。銀河や星々を見ると輝いていますが、その周りには生命がいます! それはどう思いますか? 皆、怖くなります。<笑> 皆さんのお決まりのパターンですね。以上が、科学の話でした。

終わりに・・・

これから皆さんは帰ります。椅子から立ち上がって帰ります。中には悲しげになる人がいます。そして「このエネルギーをずっと持ち続けられたら、そういう方法が一つでもあればいいのに・・・本当に好きだ」。皆さん、私たちも皆同じ思いです。本当に好きです。そこで、質問ですが、今日は誰が誰に会いに来たのですか? 私たちには、皆さんと一緒に過ごす時間を持つ口実があります。つまり、科学についての、奥の深いチャネリングをしていきます。そうすれば、皆さんと一緒にいられますね。

興味があるので、皆さんはここに来たくなります。でも私たちは、皆さんを愛しているのでここに来たいのです。日常生活の中でこのような瞬間を何度も味わってください。「ええ、でも、それは難しいな。ここにいるような人たちはいないから。ステージにいたような人たちは普段いないよ。今日聞いたような音楽もないし。そして、あれも、これもない・・・」。いや、ありますよ。2日間一緒にいましたが、それが意識の中に入って、好きな時に取り出して思い出して、今の状態と同じようになれます。クオンタム状態になってください。クオンタムになる時は、私たちはそこにいます。そうしてください。少し、クオンタムになってください。少しだけでも、3次元を抜け出してください。それから、そう感じた時は笑顔になってください。

この会場に、今私が言っていることを知っている人がいます。瞑想状態がその時だと知っている人がいます。この2日間のエネルギーが、その時にまた戻って来ます。自分の中に常にあります。だから、ここを出て行けます。イベントは終わりです。「本当によかった。でも、もう終わりだなんて」。終わりじゃありません! 終わりません。

2日間の時間で皆さんはメッセージを受け取りました。メッセージを聞いても、しばしば過去の出来事になります。自分に敬意を表してください。ゆっくり進んでください。人生には目的があります。宇宙の知性を自分に流し、自分から出してください。穏やかでいてください。心配しないでください。自分の生命力を高め健康になってください。この会場にいる人たちは繋がっています。読んでいる人も繋がっています。宇宙の銀河同士と同じです。ライトワーカーの皆さん、宇宙の繋がる力を思い出して、生かしてください。皆さんは孤独ではありません。

孤独ではありません。

孤独ではありません。

クライオンのメッセージが変わることはありません。パートナーが息を引き取る時、皆さんに対する神の愛がどういうものか、ファミリーがどういうものか、皆さんが地球にいる時の私たちの寂しい思いがどれほどのものか、そういうことが分かるでしょう。本当に喜び、発見、回想の時です。そう言いたいと思います。この存在は人間を愛しています。兄弟姉妹は、どんな姿であろうとまた私たちが皆さんに会う時まで、レムリア人らしくさせてくれます。レムリア人に歌を歌わせて上げてください。私の兄弟姉妹が会場に入って来て、そのライトワーカー自身が、まさにここにいること、皆さんはそれを待っていました。今が、その時です。

そして、そうなります。

Kryon



ⓒ2010-2016 Translation by Lightworkermike
https://lightworkerjapan.wordpress.com/
翻訳者ライトワーカーマイク
https://lightworkerjapan.wordpress.com/2016/03/08/physics-and-science/