~新しい扉の向こうへ~

スピリチュアルな世界と地球文明の真実を学びたい。
目に見えるものだけが全てではないのだから。

★マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ 2016年5月27日

2016年05月31日 | ☆サルーサ/マイク・クインシー

新・ほんとうがいちばん より転載させて頂きます。




マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ
2016年5月27日


http://gfbymikequinsey.blogspot.jp/2016/05/english-mike-quinsey-message-through-my_27.html

外部の演出にも関わらず、様々な事柄が十分に進んでいます。そして、平和的な解決方向へと進んでいます。それは世界に平和をもたらすことでしょう。それをもたらす仕事は数多く存在している紛争地域を考慮しても不可能なように見えます。しかし、地球上の力よりも偉大な力が世界的な平和を作る際の一つの手段となるでしょう。「もうたくさんだ」となる、一つの到達点が訪れます。そして、平和がもたらされるのを確実にするために、カルマ的な問題を脇に置くことができるとき、闇の者達は自分達の轍(わだち)の上で立ち止まります。既に強力な処置が平和の舞台を用意するためにとられています。紛争地域の背後にある根本原因に取り組むことによって成し遂げられるためにです。多くの人々は、結果として生じる混乱から利益を得る人々によって加速させられます。特に戦争の場合、兵器メーカーのポケットの懐(ふところ)を満たす人々の事です。その状況は、すぐに変わるということが保証されています。なぜならば、そのような状況を監視する人々にとって、介入するための権限と力があるからです。

多くの人々の移住は、単に世界の不平等の結果です。彼らは、あなたがたの兄弟と姉妹です。彼らは、単純な物資の不足から、それのためにとても苦しんでいます。その生活物資は許容できる生活の質を確実なものにするためのものです。あなたがたの近代に、一部の人が、いまだ十分な給水無しでいることは、考えられないことのように見えたかもしれません。そして、多くの人々が多くの世界で飢えています。あるケアをする組織は、困っている人々を助けるために、彼らの最善を尽くしている、ということは本当です。しかし、彼らはその問題のサイズにまでは対処することができません。しかし、その方面において、一般的な変化があります。その方向とは、人々が他の人々について考え、そして、最も緊急の問題に対処するために動いている、という方向です。

多くの移民の人々があなたがたの国に住みつくので、あなたがたは理解していることでしょう。多くの移民の人々は、あたかも、あなたがた自身のような人間なのだ、ということを。多くの移民の人々は、平和的な共存のための同じ欲求を持っています。彼らは異なった服を着ているかもしれません。そして、彼らは自分達自身の宗教的な信条を持っています。しかし、内心、彼らは、あたかも、あなたがたのようです。事実、あらゆるソウルは平和を求めます。ですので、人類は共に歩むことが出来ます。そして、人類は共に地球の果物を楽しむことが出来ます。十分な物資が幸せで快適な人生を送るための全ての人々のためにあります。そして、それはトラブルに終止符を打つことでしょう。そのトラブルは、決して終わらないように見えますが。このサイクルに多くの人生を持ち、あなたがたは非常に多くの経験を積みました。その経験は、現在、使用することができます。調和の内に共に人々をまとめるのを助けるために。あるグループは支援を必要とする人々に支援を与えることに既に取り組んでいます。しかし、問題は世界的な性質なものです。もし、その問題が根絶されうるならば、もっとずっと必要とされるでしょう。

人々が選択するものが制限されているとき、人々は、自分達が貢献するためにできるものについて尋ねます。そして、あなたがたが金銭上の申し出を作る事ができないならば、どうか覚えていてください。祈りは強力なツールである、ということを。あなたがたが想像していた以上に、祈りは、だいたい、より大きな結果をもたらすことができます。祈りの力は伝説的です。そして、祈ったもの以上に、祈りは、注目に値する反応をもたらすことができます。結果として生じるエネルギーは行動を呼びます。そして、幾つかの段階では、それは起こることでしょう。求められるように、正確にそうとは限りませんが。光の高次の存在達は、何がその状況に応じて最高であるかを知っています。あなたがたが他の人々のケアを始めるとき、あなたがたはエネルギーを引き寄せます。そのエネルギーは、あなたがたに沿って、あなたがたを支援するでしょう。他の人々を含みながらです。そして、他の人々は似たような希望を分かち合うでしょう。『引き寄せの法』は多くの状況に答えます。多くの状況とは、あなたがたが、あなたがたの周囲に作ったものです。しかし、あなたがたは、あなたがたの好きでないものに、エネルギーを与えないことが賢明でしょう。なぜならば、もし、あなたがたがそうすれば、あなたがたの好きでないものが、あなたがたに引き寄せられるからです。

太古の昔より、あなたがたは後退させられていました。そして、あなたがたを抑制しておくために、嘘のダイエット・フードを与えられました。そして、あなたがたは信じさせられていました。あなたがたは状況を変える力を持っていない、ということを。従って、あなたがたは誕生の権利の真実を知ることは許されませんでした。全ての可能性を秘めた「神の子」としての誕生の権利の真実を、です。誕生と共に来たる、全ての可能性についてです。あなたがたは、現在の理解を越えて、強力な存在なのです。しかし、光の力が増加したので、あなたがたは真の可能性に気づき始めるでしょう。あなたがたがそうするように。闇の者達は、あなたがたに関して、彼らの力を失うことでしょう。そして、あなたがたは実感し始めるでしょう。あなたがたは真に製作中の神である、ということを。非常に近い将来に、より進化した存在達が地球に訪れるでしょう。そして、彼らは彼らの知識の与えるでしょう。ですので、あなたがたは、あなたがたの真の可能性を理解することができるでしょう。そして、どうか生命の目的を知っていてください。いったん、ネガティブなエネルギーが除去されたら、あなたがたは、ずっと速く進化します。間違った教えによって妨げられること無しにです。

地球上の現状況は、天候の変化が一つの影響を持たらしていることを、明らかにしています。なぜならば、季節がもはや普通ではないからです。温度上での、あなたがたの極端な経験と一般的な印象は、気候変化の一つの影響がここにあることを示しています。しかし、その天候の変化は落ち着くことでしょう。そして、その天候の変化は、その内、より許容できるようになるでしょう。あなたがたは気がつくことでしょう。動物界が天候の変化により影響されやすいことに。そして、天候の変化が動物達の存在に不適当になる前に、動物の生息地は変化するでしょう。それは海にも、あてはまるでしょう。海は、より暖かくなっています。そのうえ、天候の変化は氷冠が溶けることにより影響を受けます。結局、幾つかの大陸が影響を受けることでしょう。そして、あなたがたは多くの警告を得ることでしょう。なぜならば、コミュニティが存在する地域に関するかもしれないからです。

時が進むにつれて、宇宙からのあなたがたの友人達は、あなたがたに適当なテクノロジーを提供するでしょう。どんな変化にも対処するためにです。その変化は、あなたがたにひどく影響を及ぼすかもしれません。宇宙からのあなたがたの友人達は密接に監視しています。母なる大地への支援を必要とする場所で、どのように問題が進行しているかについてです。それは必要とされる調整のある支援です。確かな事には、人類は、損害と犠牲を最小限にするために密接に保護されています。私達は干渉するすることができない、イベントの内、幾つかの出来事は、事実上、カルマ的なことです。さもなければ、私達は全ての生命形態を保護するのを手伝います。必要に応じて、あなたがたを安全地帯へ移動させるでしょう。若干の大変動は避けられないことです。しかし、あなたがたへのどんな不便なことでも、あなたがたの最終的な獲得物によって、その相殺された物以上のものとなるでしょう。

時間は速くなったことを感じることの出来た人は、ほとんどいません。そして、引き続き、時間は早くなっています。なぜならば、時間のスピードアップがあなたがたを高次の次元に駆り立てるからです。既に、その変化は注意されています。そして、それは意識の高次のレベルを含んでいます。全てのソウルが、この経験を通過するというわけではありません。なぜならば、あるソウル達は準備ができていないからです。そして、あるソウル達は彼らの現在のレベルから出て行くことができません。全てのソウルは自らの正しいレベルを見つけます。時間が過ぎれば、それは結果としてアセンションとなるでしょう。それは、多くのソウル達が、現在、自分自身の準備しているからです。あなたがたが達したレベルに関しては、関係が無いようにしてください。なぜならば、全てのソウルは、自分達がいる筈であるところを、正確に知ることになるからです。

この期間の、あなたがたの選ばれたリーダー達は、デイビッド・ウィルコック(David Wilcock)とコーリー・グッド(Corey Goode)です。そして、もし、あなたがたが彼らと最新知識を持つことを望むならば、あなたがたは、彼らの愛と光のメッセージに注意するように勧められています。他のメッセージをより分けるために、受容できる事に関して、彼らのメッセージを利用してください。そして、どうか知っていてください。あなたがたは危機的な時間を通過している、ということを。どうか、注意してください。闇の軍隊の者達は、死に物狂いに、あなたがたを恐れさせようとしています。「あなたがたはエイリアンによって攻撃されるであろう」ということを信じさせる事に関してです。実際、闇の軍隊が「信頼を作る」ときは、単にあなたがたを馬鹿にするためのフェイク物を作っている、ということです。

このメッセージは私のハイアー・セルフを通じてもたらされました。私は愛と祝福をあなたがたの元に置いて行きます。成就のために、光があなたがたの日々とその道を輝かせんことを。

愛と光の内に。

マイク・クインシー。

Website: Tree of the Golden Light



翻訳者:「匿名希望」
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1478.html?sp










★大天使ミカエル : 光の活動家達そして日暈

2016年05月31日 | ☆大天使ミカエル

きらきら星へようこそ...☆より転載させて頂きます。



ミカエル : 光の活動家達そして日暈

May 15, 2016
クリスティーヌ・ブレストン経由
Channel: Christine Preston

大天使ミカエル:

こんにちは、最愛なる光の活動家達。わたしはいかにも大天使ミカエル、そして皆さんにひとつの訓練に参加して貰いたいと思います。その中で皆さんは、ひとつの聖なる手段として皆さんの第三の目を利用することができます。皆さんの中の神の最愛なる存在感との関係を確立するだけではなく、また皆さんの双子の光彩の天の相方である皆さんのさらに高い自己との関係も涵養することができます。

皆さんの内面の魂の家族との親密な接触に参加するその効果は、とても楽しいものです。その利用することができる手段は、電子の炎の環であり、わたし達はそれを日暈と呼びます。何故なら、それは実際に巨大中心太陽が起源ですが、それでも太陽系とこの銀河の内部には、聖なる炎と菫色の光彩の場合のように、この力の巨大な源泉と備蓄があるからです。

皆さんは、皆さんが望んだその結果をいきなり獲得することはできないかもしれませんが、しかしもしも皆さんがこの映像を利用して一度に少しずつ日暈と光の管を実践するなら、今後皆さんは、皆さんがその光に対する感受性を獲得して、実際にその電子的な存在感のさらに強い知覚を持ち、しかもそれは皆さんが皆さんの精神の目の中でそれを思い描くと同時に現れることに気付くようになるでしょう。

この光の管は、今後日暈の台の上に現れることになるでしょう。この世界の用語法はさらに高い数々の次元に属する物事に対する言葉をほとんど含んでいないため、皆さんが感じるまたは経験すること、皆さんがこうした聖なる手段を利用する時期は、説明することは難しいかもしれません。それはひとつの幸福感、愛と至福の感覚が伴うことになるでしょう。それは、ひとつの超自然的な経験です。

日暈は、皆さん自身の周りと同時に他に光の活動家達の周りにも見えるかもしれません。そして皆さんは、それが皆さんの家族の誰かそして皆さんがインターネット上で接する人々の周りに近付くことがあることを望むまたは求めることもできます。今後これがひとつの錬金術的な活動を引き寄せることになるでしょう。防御、癒し、目覚めに関連した、そして次元上昇に関連した他の状況にも関係がある数々の変化を引き起こすことになるでしょう。

これは自我が望むことがある何かのためではなく、神の意志を明らかにするために行われるべきだということを、こころに留めておいてください。しかしそれは簡単であり、まさに皆さんはただ神の意志だけを望むその意図と伴にその実践に入ることであり、皆さんが後でこれについて考えることを忘れるかどうかは問題ではありません。

もしも皆さんが、何らかの種類の支援のために、光の活動家達や光の担い手達の周りのその日暈を引き寄せたいと思うなら、その人々が相応しいかどうかは天使達が決めることになるでしょう。誰かがその日暈を受け取るために最適かどうかに関しては、天使達にその最終決定を残しておいてください。今これを聞いておいただけで充分でしょう。それは、皆さんの潜在意識の中に記憶されているでしょう。

この日暈は、転生した魂と愛情深い生き通しの自己、父なる母なる神、エロヒムの間の仲立ちをする個人的で普遍的なキリスト意識、その青写真、力、そして存在感に皆さんを結び付けるため、結婚指輪に匹敵します。

もしも皆さんがひとつの霊的で神秘的な憧れを感じるなら、もしも皆さんが神の意志を明らかにして、地上の天国を促進するために行動を起こしたいと願うなら、この第三の目の訓練で天のすべての存在達との皆さんの結び付きを確保し、高めることができます。何故なら、日暈がキリスト意識の純粋さの中で皆さんを巨大中心太陽に結び付けることになるからです。

皆さんのこころと主なる全能の神のこころの間のひとつの接点が明らかにされることになるでしょう。皆さんは、皆さんの心臓のチャクラの聖なる部屋の内部に、ひとつの三重の光彩を持ちます。拡大されたものとしてそれを視覚化してください。それで、その訓練の手始めとしてその存在感に気付いてください。そして、青、ピンク、そして金色として現れるその燃え盛る絡み合った羽根飾りを視覚化してください。

巨大中心太陽の磁力の活動は、異常創造の覆いを取り除き、カルマを変えることができます。皆さんは、今後皆さんが視覚化するその心象を、望まない状況の排除や皆さんの次元上昇の道筋での進歩のために用いることができます。またこれは、過去数十年の中で大きな混乱、霊魂のアルマゲドンの時期のために高位の霊的指導者達によって提供されたひとつの聖なる手段です。

その日暈は、アルファとオメガ、エロヒムとその神聖なる補体、大天使達とその神聖なる補体、高位の霊的指導者達とその女性性、それと同時に皆さん自身の双子の光彩という、一対の意識の柱の二重作用で、皆さんの下に現れます。彼らが降下して、皆さんをこの光と愛の二重の振動の中に包み込みます。

その日暈は本当にひとつの美しい聖別の環であり、そのキリスト意識と菫色の光彩の虹色の光彩で今の皆さんの人格を純化することができます。それはまた、大天使達や大いなる白色同胞団の指導霊達が皆さんのこころと魂と精神にもたらすことができる他の神の光線の光と振動の中に浸されることが必要になります。その時皆さんのさらに高い自己が皆さんの人生を大幅に統御し、皆さんの中で活発な状態になるでしょう。

今後皆さんは、この光と菫色の光彩が皆さんという存在のあらゆる細胞と原子に浸透し、このキリスト意識よりも劣るすべての原因、影響力、記録、記憶、あるいは状況、顕在化が消え失せてしまい、皆さんが癒されている状況を思い描くことが必要になるでしょう。

そしてちなみにこれは、仏陀の意識と呼ぶこともある光の身体です。それを説明するためにどちらの霊的または宗教的な例を選択するかは問題ではありません。今後この視覚化が、数秒、あるいは数分の間、まるで皆さんが物理的に持ち上げられてしまっているような高揚感がある効果を発揮することになるでしょう。皆さんが皆さんの精神活動に戻る時、それは消えます。

この次元上昇の働きの中で、皆さんは、輝く甲冑に身を包んだひとりの霊の戦士、ひとりの騎士です。また皆さんは、太陽の性質をした次元上昇の衣服を着用しています。それは天使の特質ですよね? そして皆さんは、物質的な天使達になるでしょう! 皆さんのDNAはすでに準備が施されています。

その細胞構造は、既に結晶構造に変えられています。皆さんのチャクラは影響を受けていて、そして既に皆さんは追加のチャクラを所有しています。しかしこうしたチャクラとの特定の結び付きは、まだ活性化されていません。既に皆さんは、さらに後の量子飛躍とさらに高いひとつの次元上の物性が提供されています。その間にも、わたし達は次の局面のための次元上昇の別の入り口の開放に向かって前進しています。

皆さんは、それを通過して、皆さんの現実性の中で望まれる数々の変化を明らかにできるさらに大いなる能力を手にして戻ることもあります。そのためこの第三の目の練習は、この魔法のような時間に備えたこの時点で恩恵があます。その時皆さんは、かつてないほど遥かに急速に数々の状況を癒し、活性化させ、凝結させることができるようになるでしょう。わたし達は、さらに深く、そして加速したやり方で、開示と変容の時期に突き進んでいます。

また日暈の描写は、皆さんの精神の中で、数々の計画や都市と同時に国家の周りの物事に対しても行うことができます。それは、結果としてひとつの目覚めをもたらすことになるでしょう。日暈は、まさに聖書のモーゼと伴にその集団移動の間に光の柱がイスラエルの人々を導いていると描写されたように、数々の国家を守り、導くことができます。それでもその脱出は、その編者によって描写された内容が超能力によって把握されたものなのか、あるいは精神感応によって耳にされたものなのかは、明確にされませんでした。あらゆる物事が明確になっていませんか?

おそらく皆さんは、もしも皆さんがそのための時間を持つか、あるいはお好みならおそらく主仏陀のように座禅で瞑想する時間を持つなら、皆さんが眠りに就いた後か、目覚める前の寝床の中で、日暈と光の管の視覚化を実践することができます。皆さんは、静かに、あるいは、発語の力の中で、これを行うことができます。これは祈りまたは呼び掛けのようなものであり、皆さんはこうした聖なる手段を生み出すことができます。

クリスティーヌ:

わたしは今、あなたに向けて、わたしの愛に溢れる強力な生き通しの自己、天の父なる母なる神、そしてエロヒムに向けて、わたしの考えを引き上げています。わたしは、降りてきてわたしの意識の波長を拡大すると伴にわたしを守るひとつの光の軸としてわたしを封印している、あなたの光と愛の感覚を楽しんでいます。

あなたがわたしの意識の内部でわたしに与えてくれたその光彩によって、まさにわたしは今、わたしの第三の目の視覚の力で、わたし自身、わたしの魂の家族のすべて、そして高位の霊的指導者達の活動に従事している人々を含めたすべての光の活動家達の周りに、ひとつの日暈を描く支援をすることを、あなたに求めます。

わたしは、わたし自身と同時に人々の家庭や計画の周りでひとつの光の力場を形成して、新しいガイアの創造のためのひとつの美しい運命を明らかにするするために、その日暈を引き寄せています。

最愛なる生き通しの自己、わたしは在りて在る者の名において、わたしは今、あなたからの光の管を呼び起します。それを、人間のエネルギーと同時にアストラルの攻撃、あるいは既知または未知の性質を備えた技術を用いているどのような攻撃からもわたしとわたし達すべてを守る、ひとつの揺るぎない甲冑にしてください。 

わたしがわたしの考えをあなたに焦点を合わせ続けている時にその日暈と一緒に一対の意識の二重作用が、その光の管の土台に、わたし気付き感じるその実質の土台になるように、そしてそれが何時でも強化されるようにしてください。

わたしの力強い生き通しの自己、わたしのこころの中の聖なる炎の磁力によって、わたしは今、サンジェルマンと同時に力強いアルクトゥルスの存在達と大天使ザドキエルとアメジストの菫色の光彩を呼び覚まします。それが戻ってくるカルマを変え、物質の世界の要素を純化し、その汚染を取り除くことができることを、わたしは要請します。

わたしは、わたし達の個人的なそして地球規模の問題を解決することを求めます。この菫色の光彩をすべての闇に向けて燃え上がらせてください。それが、あなたの神聖なる計画に従ってわたし達を高めますように。それが、今後あなたの意志に従って運命が明らかになることを認める肯定的な両極性に向けて、あらゆる否定的な状況、原因、影響、記録、そして記憶を変えますように。

そしてこれと伴に世界が、高位のイエスキリスト、普遍的な母の安らぎで、そして大天使ミカエルがその地球のための預言の不可欠な部分としてこれほど願う安らぎで、満ち溢れますように。

わたしは、大天使ミカエルと青い光線の大群の防御を求めます。わたしは、揺るぎない確信で、これを受け入れます。わたしは、これが今日行われることを受け入れます。それは神のやり方で行われます。それは、留まるために行われます。それが神のやり方で行われるようにしてください。わたしは、霊的指導者達が既にわたしに与えてくれているこの素晴らしい光の手段に感謝しています。

大天使ミカエル:

あなたの生き通しの自己は、あなたに話し掛けることができます。そしてその振動あるいは電子的な存在感の特徴のおかげで、あなたはそれを経験することになるでしょう。もしも今あなたがそれを聞くことができるなら、達の起源に関してあなたの精神の中にどのような疑いも湧きあがることはなくなるでしょう。

今後あなたは特定の権威を、しかしまた愛に溢れる配慮と叡智にも、気付くことになるでしょう。呼び掛けと視覚化の終りには、あなたがこの神自身のこころからの支援の開放に対して感謝していることを、そしてあなたが揺るぎない確信で今後それが明らかになることを受け入れることを、伝えることが大切になります。

‘生き通しの自己’とさらに高い自己と転生している魂との間の結び付きは何かということは、一部の皆さんにとって依然としてひとつの謎かもしれません。このためわたしは、生き通しの自己がさらに高い魂達を創り出しましたが、しかしその創造はそれぞれ12の魂に制限された、という物語を皆さんに思い出させることが必要になります。

言い換えると、12のさらに高い自己です。こうしたさらに高い自己から、12の魂の延長が転生に投影されました。それでそれぞれの自己に対して144の延長が存在することになります。時間と進化の進行の過程の中で、一部の延長は呼び戻された、あるいは次元上昇したのかもしれません。

従って、どんな時でもさらに高い自己の12の延長が存在することはないかもしれず、最初の12の一部は、他の世界の上、さらに高い次元の中に存在してきて、そのプラズマの船つまり生物圏から皆さんの面倒を見ているかもしれません。そして皆さんは、地上でこうした種類の親類をもったひとりのスターシードかもしれません。

あなたは、あなたの生き通しの自己との直接的なひとつの結び付きを持ち、普遍的なキリストの水準には相互関連性があり、そのためこれが、皆さんが皆さんの魂の家族を理解するために役立ちますが、しかしさらに高い水準ではわたし達はすべてひとつであるため、重要性はなくなります。

進んだ双子の光彩つまり個人のさらに高い自己の神聖なる補体がひとりの守護天使と同時に具体化した魂の助言者として活動する任務を割り当てられることは、かなり普通のことです。これは、現在の数々の出来事と同時に転生していない場合の双子の光彩の再統合に関連するひとつの側面について、ただ簡潔に触れただけです。

双子の光彩の間の磁力は、次元上昇の過程の中で物質の次元から双子の光彩を引き上げるために戦略的に利用されてきました。既に次元上昇した双子の光彩は、その岸、生命の河の反対側に立ちながら、具体化した双子の光彩のために物質の影響力または引力無効にしてきましたが、今回の次元上昇の中で、その目的は過去の数々の時代の中で行われてきたものとは異なります。

今は人の生涯の間の次元上昇が重要視されていて、そのため次元上昇した双子の光彩の仕事は、統合、振動の向上、新しい現実性の顕在化と地上の天国の顕在化にかなり関係があります。この聖なる関係、内面の類型の遭遇は、自分達の魂の相方またはカルマの結び付きと関連しているそういった魂達の物性の中の運命に決して干渉することはありません。 

わたしは大天使ミカエル、そして皆さんの現実性の地平線が皆さんとわたし達すべてを連れて行く限り、皆さんにわたしの防御を与えます。

交信:クリスティーヌ・プレストン
Channel: Christine Preston

http://sananda.website/archangel-michael-via-christina-preston-may-15th/



翻訳★森のくま
http://twinkle-star999.blog.so-net.ne.jp/2016-05-30



※行間を詰めさせて頂きました。 管理人。






★6月のエネルギー 2016年5月29日

2016年05月30日 | ☆スピ系メッセージ その他

連載「イナンナが語る ニビル星人アヌ一族の物語」より転載させて頂きます。




6月のエネルギー 2016年05月29日

これから真夏に向かって太陽がいちばん頭上高く昇るにつれて、頭の中に長く居すぎる傾向から解放されるでしょう。あなたは新しいシナリオを求めています。飽き飽きするような情報から頭の中がすっきりし、今までとはちがう新しい情報サイクルに入りたいという思う気持ちが増してくるでしょう。

いったいどんなことにあなたは嫌気がさしているのでしょうか?マンネリ化した自分を盛んに浄化しようと、今あなたはしています。これまでのなにかが浄化されようとしています。カルマの浄化です。過去世の暗いパターンをあなたは見破ることができ、改善するために力を注ぎ続けてきました。“新しいストーリー”にあなたは飢えています。そのことにお気づきでしょうか?

そういう意味ではちょっと辛いかもしれません。今年は本格的な革命があなたの内部に起きています。そのためにほんとうに必要とする領域に気を配るようにエネルギーは働きかけます。たとえば、解決していない家族の問題や、仕事に関する問題が浮上しているかもしれません。しかし、全体的なエネルギーとして、一刻も早く次にいきたいという気持ちが、激しくなってきています。

スピリチュアルな道を選んでいる人には、それは「地球のアセンション」を心から願う気持ちかも知れません。限界まで狂ったかと思われるような3次元世界から5次元、6次元とアセンションした地球にいつになればバイロケーションするか、忍耐切れしそうな感覚かもしれません。なにかを終わらせたいという人々の気持ちが世界を包んでいます。どおりで火山活動が世界中で激しくなってきているのでしょうね。

プレアデスの存在たちは、‘マスイベント’‘マスコン(シャスネス)’について述べています。マスコンがざわざわ落ち着かない様子が夏中増していきます。そこでこんな時期にぜひとも大天使ミカエルのエネルギーにチューニングしていただきたいのです。




大天使ミカエル ━ ブルーの光線をイメージしてください!

「ミカエル」とは、「神のような」という意味に訳せます。絵画などの芸術に登場する大天使ミカエルは、たいていが鎧をつけて剣をもっています。青いマントをつけていたり、身を護るブルーの炎を手にかざしていることもあります。

大天使ミカエルは、人類を守っています。

大天使ミカエルは、すべての天使たちのリーダーであると同時に、この戦士である大天使が、悪や憎しみ、敵意や対立に光を導き入れます。ようするに、心のネガティブ性を浄化してくれる天使なのです。

大天使ミカエルは、「真実」、「勇気」、「パーソナルパワー」に導いてくれる守護天使です。

不安な感情が募ってくるときには、大天使ミカエルを呼びよせて、強く清いミカエルの剣でそれらを断ち切って守ってもらいましょう。自分のほんとうの気持ちを人に伝えられないという弱さも大天使ミカエルの剣は断ち切ってくれます。勇気を与えてくれます。

なにかにつけて、本来もっている自分のパワーが感じられなく、なかなか望んでいる方向性へと移動できず、もたついていると感じるときにも、大天使ミカエルとつながってパワーを受けてください。導き入れるキーワードは「ブルーの光線」です。ぜひ試してみてください。

それにしてもやはり基本は、自分の肉体が快適であることです。あなたの体はあなたに何を聞いてもらいたいのか、自分の体と会話してください。体から送られるシグナルやサインに敏感になっていてください。

あなたが自分の体の状態を敏感にキャッチできれば、あなたの体はきっとまったく新しいなんらかの情報を提供してくれるでしょう。あなたの未来が完全に変わってしまうほどの、今まで知らなかった新しいソースの知的情報でしょう。

それが理解できれば、夏の暑さに負けない、なんともないと感じられるほどに、あなたの肉体は変化します。今の実に凄いこのエネルギーは、あなたのDNAの封印を一つ一つ解除するのに役立っています。環境悪化に反比例して、ますます健康体になるコードが解き放たれます。そのためには、ただ受け身で待っているよりも、たしかに受け身でも変化できる人もいますが、私たちのたいていがより能動的になり、つまり今のエネルギーに協力的になる必要があります。エクササイズをしたり、食事方法を変えたり、習慣的にサウナでデトックスしたりしてです。あるいは、タントラかもしれません。

ということで、肉体の細胞を活性化することを常に忘れないでください。なにかやってますか? もちろん、アーシングは基本です。地球と切り離されないことによって健康でいられます。あるアメリカの女医さんは、地球のリズムから離れると病気になるとまで述べています。

今年は、さほどストレスを抱えずにずいぶん多くを達成できたなと、年末に振り返ることができるような年です。なので、良好な体調が勝負ですよ! と同時に、これほどにもと思うほど、体にこたえる年でもあります。新しいことを学んでいるからです。今までとちがうタイムマネジメントがすでにスタートしたからです。ですので、今まで通りの型にはめようとすると、無理がきます。援助してもらうモードをどうか忘れないようにしてください。

もちろん、ガイドや大天使、高次の存在たち以外にも、身近な人たちに素直に援助してもらうという態度も大切です。独りでやってみせるなんて考えないでください。なんやかんやで落ち着きがなくなれば、エクササイズしながら深呼吸してください。気分転換に外に出たり、旅するのもいいでしょう。。

6月はパートナーシップにも、特別に気を配る必要があるかもしれません。今までの問題を解決する最適のタイミングが訪れています。春の終わり頃からけっこうあった混乱やイライラフィーバーが最高値に達するかもしれませんが、なるだけ余計な会話を避けて、アクションを起こした方が賢明です。

静かに独りになって、自分は何を避け続けてきたのか、
よく考えてみてください。そうすることによって新しい関係性が開けてきます。もし関係性に憤りを感じ続けているのであれば、真夏から早秋にかけてさらにクリアになります。決着をつけて新しい方向性に進むタイミングがやってきます。これは仕事などキャリアについてもいえることです。

今年は“我が家” が変容を運んでくるキーワードです。なので、どうしても環境を改善したい気持ちが増してきます。“ホーム”“居場所”がきっかけとなって開けてきます。自分が心地よいと感じられ、喜びを感じられる環境スペースを大切にしてください。その土地とつながりを保つことです。そこに根を下ろし、魂のつながりを感じ、地球の栄養を吸収してください! すると秋にはきっと新たなる創造性と自己表現に結びつくことでしょう。



連載「イナンナが語る ニビル星人アヌ一族の物語」
愛知 ソニア : http://sonia.thd-web.jp/e23093.html



※行間を詰めさせて頂きました。 管理人








★アルクトゥルスの集団 : 2016年5月15日

2016年05月30日 | ☆スピ系メッセージ その他

きらきら星へようこそ...☆より転載させて頂きます。



アルクトゥルスの集団 : 2016年5月15日

マリリン・ラッファエーレ経由
Via Marilyn Raffaele, May 15th

親愛なる皆さん、こんにちは。

皆さんは、今地上の数多くの異なる場所からかなり沢山の光が溢れ出している姿に嬉しくて驚くかもしれません。数々の目が開き始め、数々の耳が聞き始めています。それは、まるで何も新しいことは起っていない、まるでその代わりに世界が後退しているように見えるかもしれませんが、しかしそれはそうではありません。

皆さんが今気付き始めている沢山の腐敗は、以前はひとつのエネルギー系の範囲内で大多数の人々から隠されたままになっていたものであり、こうした活動を暴露することを求めた誰でも、単純に排除されました。現在、さらに多くの腐敗はなく、単純に現代的な科学技術と進化した世界意識を通して、こうした物事が今表面化しているだけです。

世界は、自己強化と自分達は自分達自身のために選択する能力を持つという理解に目覚めています。これが、合衆国の政治情勢の中で外見的に明らかになっています。これは、3次元の中で進化が機能するやり方です。歴史を貫いて、非常に進化した神秘主義者達や教師達が、人間の精神(二元性と分離の信念に条件付けられた精神)はただ既に存在するものを利用できるだけだという理由から、世界意識に霊的な真実を“蒔く”ことを目的として転生しました。

こうした教師達は、普通は異端者またはそれよりも悪い者と考えられ、その教えのせいで数多くの教師達が殺されました。その当時、こうした真実はかなり新しいものだったため、自分達に関する意識に達するほど充分に進化したのは、ほんの少数の人々だけでした。しかしこうした光の活動家達の教えが世界意識の一部になったおかげで、その教えは今、その教えを受け入れる準備が整っていてこころを開く誰にでも利用できます。

進化の旅の中で、必要などのような情報または真実でも、皆さんが条件付けられた人間の精神を回避しながら内部から受け取り始めるようになる、ひとつの時点が訪れます。これが、真の創造性の源泉です。すべての現場にいる大いなる才能を持った芸術家達は、既に認識された物事に屋根屋を積み重ねることはなく、完全に新しい物事がさらに深いひとつの水準から流れ出すことを許します。

気象の混沌は、ガイアの次元上昇の一部として取り除かれることが必要な過去と現在の密度の高いエネルギーを浄化する、ガイアの方法です。人類がガイアを汚し、不調和で低く共鳴する戦争と分離のエネルギーを作り出す限り、ガイアはガイア自身の浄化を強いられることになるでしょう。

わたし達は今日、非常に難しいだけではなく、人々が無条件の愛に移る時に数多くの人々にとってひとつの障害になってきた許しについて、無条件の愛のひとつの面について、話をします。数多くの皆さんが、今回の生涯と同時に過去の生涯の中のすべての水準で皆さんを深く傷付けた数々の経験を積んできました。その結果皆さんは、細胞と同時に意識の記憶の中に、依然として恨み、憎しみ、怒り、恥辱、罪悪感、怖れといった情緒を持ち運びます。

皆さんは今霊的に準備が整っているため、認められ浄化されることが必要なそういったエネルギーが今、姿を表しているところです。一部の個人または状況によって誘発されて、今後そういったエネルギーが全く予期しない時に頻繁に飛び出して、その個人を驚かせ当惑させることになるでしょう。

幾つかの出来事によって誘発された蓄えられた細胞の記憶が、その運転中の過剰激怒、不安発作、そして過度の怖れ、それと同時に数多くの他の人間の状況の根幹です。否定にもかかわらず、あるいはどれほど深く埋めようとも、古いエネルギーは共鳴し、個人的なひとつの信念体系と選択に影響を与えます。

既に数多くの人々が、自分達は許したいけれど一部の特定の人物または個人を決して許すことができない、と信じるようになっています。一部の人々にとって、許しの拒絶は意識的なひとつの選択ですが、しかしその霊の道筋の上で進み、自己と同時に他の人々に対する許しを選択している皆さんは、次の段階のための準備を指し示します。

あらゆる魂が転生の前にひとつの出生前の魂の計画を創り出すことが、理解されるべきです。あらゆる課題のために必要なすべての重要人物を含むひとつの計画が、霊的な成長のために必要なものとして既に選択されています。こうした人物達は、普通は同じ魂の集団の出身であり、時には“悪役”さえ演じようとする、愛から志願した様々な役割で一緒に過した、他の数多くの生涯の経験を持ちます。

皆さんの地上での滞在の範囲の様々な時代に、一部の人々または数多くの人々が、皆さんに身体的、情緒的、あるいは精神的な損害を与えてきました。これは、あらゆる人に当てはまります。細胞の記憶がこうした経験を蓄え、一掃されるまでそれがそれぞれの新たな転生まで繰り越されます。

それが個人の魂の計画の不可欠な部分でない限り、それがあらゆる転生の中で充分に明らかになることは、ほとんどありません。細胞の記憶は意識的な理由などなく、皆さんが特定の個人を実際に知らない時でさえ、皆さんはその個人に嫌悪または怖れで反応するかもしれません。

一部の人々は、生きて誇らし気に自分自身を被害者として識別して、過去の出来事の周りで自分の同一性全体を築き上げる人生を過します。この意識状態は、依然として3次元の信念体系の中で充分に生きている個人に対する自己強化の最初の段階を提供することがありますが、しかし皆さんは、さらに高いひとつの水準から確認し行動する準備が整っています。

一部の心的外傷が個人的に皆さんのものになるように抵抗し、糊塗し、あるいは主張することがない水準です。皆さんは、“根元に大鉈を振るいます”。依然として皆さんを捕らわれたままにするそういった状況を深く検討することは、勇気が必要になります。何故なら皆さんは、良く理解できる通り、その当時の皆さんの意識状態を反映している苦痛に満ちた情緒を追体験したくないと思うからです。

例え皆さんがこうした経験をどれほど深く埋めて隠そうとしてきたとしても、付随する怒り、恥辱、怖れ等々は、皆さんのエネルギー場の一部であると認められることが必要になります。あらゆる個人的な情緒または考えを抵抗せずに尊重して、提供されたその課題に対する愛としてさえ受け入れることは、愛に溢れた自己の極端に重要な部分になります。

皆さん自身と皆さんの情緒を称え、決して何らかの回避手段を求めることも、それは真の霊性の一部ではないという信念で検査せずにそれを排除するといったことがないようにしてください。幾つかの許しの概念を獲得して、皆さんが許しを探し求める時に明らかになる怒り、怖れ、恥辱、恨み等々の情緒を覆すためにそれを利用しようと格闘しないでください。

自己のすべての面の承認と尊重が、皆さんが好きではないその部分でさえ必要な理由は、自己は決して一体性から排除されることがないからです。準備ができていると感じる時、皆さんはこう尋ねますか?

“わたしはこの経験から何を学んだのか? わたしが維持しているその解釈は、二元性と分離のひとつの信念体系によって提示されるような3次元の概念に基づいていたのか? それともわたしは敢えてこの経験を4次元に基づいた新たな視点で確認しているのだろうか?”

例えば、人間の状況の中で、幼児期の虐待は、しばしば成人期の多様な問題を引き起こします。しかしその一方で、幼児期の虐待はしばしば出生前の魂のひとつの計画として選択されることを、理解してください。それは、自分は充分に進化して、自己強化を学び、他者からの確証の追求を乗り越えて、依然として他の数々の生涯から持ち運んでいる古い虐待の細胞の記憶を一掃する準備ができていると感じるひとつの魂によって、頻繁に選択されます。

そこから学ぶために自分の進化した能力を超えたひとつの人生経験を計画することは、どの魂にも許されないことを、理解してください。あらゆる人が、いつも自分達の個人的な指導霊と同時に他の光の存在達によって愛情深く導かれています。しかしほとんどの人間はまだこうしたさらに高い次元の支援者達を人間の目で確認できたいため、人々は自分自身がひとりであり、支援がなく、自分達は犠牲者だと考えます。

人生の最も暗い瞬間は、しばしば古い意識状態を超えて成長するために必要な転換点になります。その個人にとって、こうした暗い瞬間は、肯定的に把握されることはありませんが、しかし後になって情緒が静まってさらに深い洞察力に対する受容性が存在する時に(数年後でさえ)、それが理解されることになるでしょう。

一度皆さんが進化する選択をしてしまえば、皆さんは必要などのような経験でも受け取ることになることを認識して、その過程を信頼してください。

許しは、皆さんに苦痛を引き起こしたその個人が今皆さんの最良の友にならなければならないことを決して意味しません。また許しは、皆さんが起った出来事を忘れることも意味しません。許しは否定ではなく、さらに大きな状況を確認して無作為なものは何もないことを認識する、獲得されたひとつの意識状態です。

それは、すべての状況は別の生涯からの物事を解決するまたは完了させるか、あるいはさらに高いひとつの意識状態の達成のために必要なそういった機会を提供するかのどちらかのために創り出されたものであることを、理解します。皆さんは人間ではなく、皆さんは皆さんありのままの姿と役割を思い出すための皆さんの旅のひとつの面として、分離を経験することを選択した霊的な存在であることを、決して忘れないでください。

地上の二元性と分離という支配的なエネルギーは、しばしばさらに深い自覚の準備ができている人々が、“もっと良いやり方があるはずだ”と話し、従ってさらに多くの物事に自分自身を開くことができるまで、その人々が惨敗を喫することを認めます。過去の数々の生涯に起因するカルマ的な状況は、進化している魂が自分達は古く終わったあらゆる物事を解消して一掃する準備ができていることを認識している時でさえ、しばしば許す能力に入り込みます。

一度認識してしまえば、例え関与する他の人々がさらに高いひとつの水準で協調する準備が整っていないまたは協調できないとしても、カルマを解消し一掃することができます。それは、内面に向かい、他の人々の生得の神性を認め、残っているあらゆるエネルギーの紐を取り除き(もしも皆さんがエネルギーの紐を取り除く方法が分からないなら皆さんの意図を言葉にして支援を求めること)、次に単純にそれは終わっていることを認識して進み続ける、という事に関する問題です。

個人の意識状態は、真理に向けてさらに深く進化して、残っているカルマのエネルギーを苦もなく認識することさえもなく自動的に解消します。その理由は、カルマはもはやその意識の一部ではないからです。カルマは、依然として3次元の信念に激しく条件付けられている人々にとって、ひとつの活発な問題以上のものです。

許しは、ひとつの意図、ひとつの選択の問題であり、さらに深く理解する支援を求めて、その過程が個人の最も高い意識水準で生きている間に展開することを許すことです。個人の否定的な自己または過去の行動に対する罪悪感を取り除くために行われる努力が必要ではない理由は、さらに高い周波数が自動的により低い周波数よりも優先されて、単純に低い周波数を本来の姿である無へと解消するからです。これは、“自己改革”のさらに進んだやり方です。

皆さんが残りの残骸を取り除いて皆さんの信念体系の隅を一掃して、長い間無視されてきたまたは埋め隠されてきた問題を解決するに連れて、皆さんはさらに困難な進化の仕事に入り込んでいます。皆さんが今まで行ってきた何年もの内面の努力が今、依然として取り除かれるかさらに高いひとつの水準から理解されることが必要なあらゆる物事の上に光を当てています。許しは、このひとつの構成要素です。

それはまるで皆さんがひとつの映画を観に行くことを選択したようなものです。皆さんはその選択を行い、その物語を見るためにお金を払います。皆さんは夢中になり、その物語が展開するにつれてしばしば怒り、怖れ、悲しみ、哀れみ等々を経験します。皆さんは、起るあらゆる活動に基づいた気分の変動を経験します。そのすべてがとても現実的に感じます。

次にその幕が閉じて、謝辞一覧が流れ、皆さんは皆さんがひとりの観察者だったことを充分に自覚して、その映画館を後にします。これが、地球という学校です。皆さんという完璧で無条件の意識である一体性は、分離という夢は保有しません。

わたし達はアルクトゥルスの集団
We are the Arcturian Group

http://sananda.website/the-arcturian-group-via-marylin-raffaele-may-15th/



翻訳★森のくま
http://twinkle-star999.blog.so-net.ne.jp/2016-05-29



※行間を詰めさせて頂きました。 管理人。







★サウル~人類は一体であり、誰もが家族であり、誰もがその本性は「愛」です!

2016年05月29日 | ☆サウル

ソウルカメラのblog より転載させて頂きます。



サウル~人類は一体であり、誰もが家族であり、誰もがその本性は「愛」です!
2016年5月24日 ジョン・スモールマン経由


イエスがあなた方に言ったように、人類の覚醒が差し迫っています。「またそれですか。もう何度も何度も聞き飽きました」とあなた方が感じるのは、私も承知しています。「『差し迫っている』どころか、人類の覚醒が進行中であることを確証するようなことは何一つ起こっていないようじゃないですか!」と。ですが、スピリチュアル領域から私たちが言い放つ「あなた方の覚醒が差し迫っています」というメッセージをあなた方が聴くに及んで、その結果としてあなた方は、「覚醒をもたらそう」という集合的な意図を強化したのです。

そして、これも何度も何度もあなた方が言われたように、(あなた方の「集合的な意図」の驚くべき力は言うまでもなく)あなた方の「個々の意図の力」は、実に効果絶大なのです。あなた方は、人類を覚醒させつつあるのです。ええそうです、その意図を抱くあなた方の一人一人が、人類の覚醒を起こしつつあるのです。既にとても多くのチャネラー達があなた方に言ったように、「あなた方の『意図』があってこそ、それが起こりつつある」のです。勿論、私たちがあらゆる瞬間にあなた方を支えますが、それを「起こす」のはあなた方なのです。あなた方は全員、この由々しきイベントを手伝うためにこうした「終わりの時/終末」の時期に受肉化することを、勇敢にも選択したのでした。

あなた方は「集合体」です! 永劫の昔に「神の息子」が作って体験しようと決めた、「分離」という「架空の夢/幻」。中でもこの途方もなく重大な時期に受肉化することを、あなた方の膨大な数の人達が選んだのでした。あなた方には、そのことに対する「気付き」が、これっぽっちもありません。あなた方もよくご存知のように、あなた方が「分離ゲーム」を遊ぶことに決めたのは、実に「一瞬前」のことだったのです。ですが、「人間として受肉化することによってその環境に関与した人達にはそれが非常にリアルに見えるような環境」を構築するために、その偉大なる「創造力」と「想像力」をあなた方は発揮した、というワケなのです。またそういうワケで、多くの人達が激烈な苦しみを被るはめになりながらも、「事態はよくなるだろう」「人生はもっと楽に、ストレスが少ないようになるだろう」「遂には平和が訪れるだろう」「『地球』上の全てのものが、例外なく、有り余るほどに供給されるだろう」という希望を、絶えず維持しているように見えるのです。

さてその瞬間は、間近に迫っています。何故ならば、あなた方の集合的な意図が、(とりわけこの50年ないし60年の間に)増々統一されて「標準化」されたからです。(「地球」時間で計れば)永劫の時にわたって、あなた方は「私たちは別個に切り離された存在である」という観念に心から同意しました。あらゆる思考、言葉、行為を見張っている一人の無限に強力な「存在」がいて、その「彼」があなたに対して要求した(と、あなたが想像した)「標準」に従って行動することにあなたが失敗した時には、いつでも厳しくあなたを裁く。そのように自分で想像した存在をあなた方は「神」とし、自分達はその「神」から切り離されたのだと、心から同意したのでした。

ところが、「神」は「愛」なのです。「愛(神)」は「神の聖家族」のあらゆるメンバーを無条件で受け入れているので、「彼(神)」は決して裁きません。それこそが「愛」の「愛」たる所以であるからです。そして、あらゆる「意識ある実体」が、例外なく、その「聖家族」の最愛のメンバーであるのです。

「分離」は「幻影」であるのみか、「不可能」であるのです。何故ならば、「神」が創造せし万物が、永遠に「彼」と「一体」であるからです。また、「神」が創造せしものと「別」であるものは何もありません。何故ならば、「神」は「神」。。。「存在せし全て」であるからです。

人類は「人類それ自体」と戦うことに永劫の時間を費やしました。あなた方のその幻影的な環境の中に、自分が「友人や家族である」と判断する者達と一緒に平和に暮らせる「安息所」を確立しようとして、人類自らが「人類それ自体」に激しい苦痛を引き起こしていた、というワケです。

人類は「人類それ自体」と一つです。誰もが家族です。そして、誰しもがその本性は、「愛」なのです! このことをあなた方は、何度も何度も言われました。が、あなた方は、他人と自分とに「仮定される違い」があるからといって、その他人を「受け入れ難い」とか「敵である」などと判断しては、「分離」を選んだ、というワケなのです。あなた方は、「変な他人」を、世間で目にします。そうした「変な他人」をあなた方は、「私が崇拝する神には明らかに受け入れられない」人々である、したがって少なくとも「私の愛する者達からは遠ざけておくべき」か、さらに良いのは「『テロリスト』扱いにして滅ぼしてしまうべき」人々である、というワケです!

あなた方が裁いて「滅ぼしたい」と思うこうした「変な人々」は、「神」の「聖家族」の他のメンバーです。そして勿論、その「変な人々」の多くが、あなた方のその「分離」の感覚である同じ歪められたレンズを通じて、あなたを「変な人」と見ているのです。この、あなた方が遊んでいた「ゲーム」は、まだそれを遊んでいたい人達には「ただ一つの動機」だけがある段階に達してしまったので、途方もないゲームになってしまいました。その「ただ一つの動機」とは即ち、「不吉な奴らは滅んでしまえ」というものです! そして勿論、「不吉/邪悪」と言うは、ただ「違い」のことをそう言うに過ぎません!。また「分離」とは、「目にするあらゆる人(除く「自分」)が『異質』」状態のことです。あなた方には「友を近くに置いておけ。敵はなおさら近くに置いておけ(苦手な人と仲良くせよ/敵と親しくせよ)」という格言があります。あなた方が「誰も信頼出来ない」のが、こうした格言がある理由です!

そして、この態度は、幻想を介してあなた方が持つ「全くの狂気」です。何故かというと幻想が、「自分達はお互いに切り離されている」とあなた方に信じ込ませることに、まんまと成功したからなのです。そして、勿論、あなた方は「切り離されて」いません。「共有する」にしても、「与える」にしても、あるいは「投影」したり「強要」したりするにしても、とにかく何であれ、あなた方がお互いにし合うことは、「自分自身」にそれをしているのです。あなた方が誰とでも ー 親しいパートナー、家族、親友などと ー 優しい関係にある時、あなた方は彼らの目を覗き込んで、そこに愛と受け入れがあるのを見つけて、全てが「あなた自身」が賞賛に値する姿で反射されているのを見ます。あなた方が対立の関係にある時には、自分が軽蔑するもの、自分自身に関してウンザリするもの ー でありながらも否定して深く葬ったもの ー を、ことごとく相手に見ます。相手があなたの姿を反射するのです。

と・こ・ろ・が、です。あなた方は全員、「完璧な神々しき存在」なのです。幻想における「人間をやっている」状態であなた方が体験することは、「二元性(二極性)」、「正反対」、「混乱」や「混沌」です。それをやっても意味がありません! 何故って? だってそれは「非現実」なのですから! あなた方は「ゲーム」を造りました。そしてあなた方も知っての通り、「ゲーム」というのは、「対戦するチーム」か「敵対する個人」があってこそ、遊ばれる(演じられる)ものです! このゲームに興じることを、あなた方が選んだのです。そして、やがてあなた方はそれが「ゲーム」であったことをすっかり忘れてしまって、自分達のその「人知」の全てを、「対戦者」(自分の敵)の裏をかいて滅ぼすことに用いたというワケです!

(永遠に「神」と、そしてお互いと「一体」である)「神」の最愛の子供達として、どうして「敵がいる」などということがあり得ましょうか? よもやそれを狂気と見なさない人は、あなた方の極わずかな人達だけです。

よって、日々内側に入り、そこに在る「愛」と繋がって、あなたの永遠の実在のあらゆる瞬間に「愛」があなたに捧げるものに対して完全に心を開いて、それを許して、それを受け入れてください。あなた方が心から、何の「但し書き」もなしでそうする時、平和があなた方のハートを満たして、「愛」があなた方を抱きしめます。あなた方が「それ」が起こるのを許す時、人生に対する、愛に対する、人々に対するあなた方の知覚が、すっかり変わります。あなた方は他人に「愛」だけを見るようになります。「キリスト意識」(輝き出しては自分に反映する、あなた方の真にして永遠の性質)だけを、あなた方は相手に見るようになるのです。

(あなた方の増々多くがそうしつつあるように)毎日内側に入って、絶えず自分に捧げられる無条件の「愛」を受け入れることが、世界を変えつつあります。ネットサーフィンをして、「人々が自分の本性と提携して、そこから動いている」結果として起こっている素晴らしい出来事を報道する、オルタナティブなニュース・サイトを捜し出してください。「自分達皆が望んで祈っていた変化が起こっている」のを、あなた方は知ることでしょう。たった今惑星中で、重大な本質的な変化が発生しつつあります。あなた方は、「人類の覚醒」の時代に生きているのです。この時をあなた方は、永劫にわたって祈り、望んで来ました。そして、「今」がその時です!

とてもとてもたくさんの愛を込めて、サウル。

https://johnsmallman.wordpress.com/2016/05/24/humanity-is-one-with-itself-everyone-is-family-and-the-true-nature-of-everyone-is-love/



翻訳 ソウルカメラ
http://blog.livedoor.jp/sourukamera/archives/48718701.html








★コズミック・ディスクロージャー 人格変容プログラム シーズン4、エピソード9

2016年05月29日 | ☆コズミック・ディスクロージャー

~夜明け前~ より転載させて頂きます。



コズミック・ディスクロージャー
人格変容プログラム
シーズン4、エピソード9


David Wilcock : さぁ、『コズミック・ディスクロージャー』の時間です。司会のディビッド・ウィルコックです。コーリー・グッドをお迎えしております。今回は人格変容プログラムというカバルの大きな秘密を取り上げます。これは非常に重要なテーマです。なぜでしょうか。後はこの方に語ってもらいましょう。コーリー、番組へようこそ。

Corey Goode : どうも。

David : 一般に使われる用語として、ソシオパス(社会病質者)とサイコパス(精神病質者)があります。通説では、サイコパスと呼ばれる人は暴力的ですが、それは必ずしも正しいとはいえません。ですよね?

Corey : ええ。

David : ソシオパスの日常的な特徴はなんでしょうか。日常生活の中でどういう特徴を見せてくれるでしょうか。

Corey : 普通、驚きも不思議もありませんよ。他人の感情や肉体の痛みを全く理解しないだけです。それが主な兆候です。動物や子供への振る舞い方がいい徴候です。

彼らの多くは周りにうまく溶け込むことを学んでいます。ソシオパスは感情や共感の偽り方を覚えます。平均的な人が彼らを特定するのは簡単ではありません。ある程度の時間をかけて接しないと特定するのは困難です。

David : 彼らによく持たれるイメージとして、華やかでナルシスト、それで愛想がよく、他人に好かれやすく、社交的で外向性が強いですが、それについてはどう思いますか

Corey : 全くその通りです。

David : 日常によく見かける、これらの特徴を持つ非暴力的なソシオパスの例を挙げるとしたら?

Corey : 暴力を使わずに、操縦術だけで標的から欲しいものをだまし取る詐欺師ですね。それによって相手に与えた感情的、金銭的なダメージには無関心で、理解もしていません。

David : この人たちの存在を、我々の社会はより意識し始めたと思いますか。

Corey : ええ、もうだいぶ前からはっきりと。ただ、これはソーシャルメディアにも、インターネットにも、かなり重いテーマです。みんなネット荒らしを知っていますし、ソシオパスが権力の場からこの世界に対してやってきたことも知っています。

David : 面白いのは一般の調査によるソシオパス率は男性で4%、女性で2%です。ところが、別の研究によるインターネット上での調査だと全体的に5%~8%です。なぜインターネットだと、これだけの荒らしやソシオパスが大量生産されるのでしょうか。彼らはネットに群がる理由は何でしょうか。

Corey : 匿名性という幻想なんでしょう。ネットで非難もしくは攻撃した相手が目の前に居れば、おそらくそれでも同じ行動を取る人はほとんどいないでしょう。それができるほどの根性もなければ、責任も取れないでしょう。ネットの匿名性が彼らを後押ししたのです。「政府のトロール・データセンター」というエピソード(シーズン4-4)でも紹介したように、政府に雇われた荒らし屋がネットで様々な問題を起こしたことも。

David : ストックホルム症候群で、人質事件の人質が犯人の価値観に共感し、犯人の行動を正当化する考えに陥ってしまうというのもありますね。

Corey : ええ、これらはいずれも MILAB または一般に MKウルトラ と呼ばれるプログラムに括られたものです。MKウルトラ で開発された多くの手法が後に数百もの広範囲に及ぶプログラムに用いられたことはあまり知られていません。これらのプログラムは MKウルトラ ではないが、 MKウルトラ で開発された多くの技法が使われています。

(MKウルトラでは)選別プロセスに選ばれた子供は基礎テストの結果に基づきグループ分けされます。一部のプログラムはできる限り若いソシオパスを必要とします。今日話すプログラムの対象は虚言癖があり、直感エンパス能力を持つ子供です。他人の心を読み取り、操ることができるためです。

この子供たちはいわゆる人格変容プログラムに入れられます。子供たちは思春期から青年期まで長期間に訓練され、地球上最強の操り手や潜入者として訓練されます。

David : 主流心理学では、ソシオパスの二大特徴は恐怖心の無さと支配的と表現します。この二つは人格変容プログラムの中でどのように活かされるのでしょうか。

Corey : この人たちに与えられた目的は人を操り、支配し、そして組織に潜入することです。それだけでなく、対象に非常に強い結びつきを感じさせ、数ヶ月間操り手と話さないと、操り手と話したくなり、一緒に居たくなります。奇妙な現象です。

最もおかしいのは、思春期に入った子供がその能力を発揮すると教育係の制御が利かなくなることです。教育係が逆に子供に操られてしまいます。手に負えなくなります。そこで、直感エンパスをガラス越しに置いて対象の子供の心を読み取り、耳にワイヤレス受信機を装着した教育係に子供が嘘をついているかどうかを知らせるのです。子供が操ろうとしてもこれでバレます。管理と制御は非常に難しいです。

David : なぜ恐怖を感じないのでしょうか。大抵の人はいろんな物事に恐怖を感じます。本当にそういう状態に到達できるのでしょうか。

Corey : 多くの場合、これらの子供たちは信じられないほどの恐怖体験に置かれ続けたことによって、彼らは感覚も感情も遮断してしまいます。生まれつきの子供もいます。正常な化学物質のバランスを持たずに生まれてきているのです。普通の人なら感情的に反応する状況に置かれても平気なのです。

David : 今の話を下の画像で裏付けましょう。Aは普通の人の脳で、Bはサイコパスまたはソシオパスの脳です。普通の人の脳は大部分が緑っぽい黄色ですが、ソシオパスの脳の前頭葉からはその色が欠落しています。なぜこの人の脳の前頭葉は電気活動を示さないのでしょうか。


Corey : 多くの感情や思考がそこで処理されるから。

David : つまり彼らの脳は実質的に電気反応を殆ど示さないのですか。

Corey : その領域での電気化学反応はね。

David : 要するに脳の一部分は実質的に遮断されたのですね。

Corey : ええ。心理的トラウマから起こりうるし、生まれつきの生化学的要因による場合もあります。

David : それは体がトラウマに適応して切り抜けるために、さらなるトラウマに対する防御の仕組みでしょうか。

Corey : トラウマから何度も逃れなければいけない場合はそうです。レイプや暴行の繰り返し被害者では起きています。逃げて逃げて、限界まで逃げると脳のその部分が活動停止し、神経細胞がインパルスを発生しなくなります。脳の一部分だけですけど。

David : もう一つソシオパスについて、通俗心理学でよく知られているのは、彼らは絶えずスリルを求めていることです。彼らは常に退屈と戦わなければならず、アドレナリンを求めます。退屈を感じないように、危険が及ぼすスリルが必要です。

Corey : これらの変容した子供たちにとって、これは間違いなく問題あります。子供たちは自分たちの中で戦い、常軌を逸した賭けにも出るでしょう。彼らは多くの実験をやりますが、うちの一つにこんな設定があります。一人の若者をまるで名門私立校生風のピンクポロシャツとブルージーンズを着せて、身だしなみのいい感じにして、町の最も粗野なバイク野郎のバーに置いてきぼりにします。そしてその夜遅くになると、彼は女性をバイクの後ろに乗せて走り去って行くでしょう。

このような放置の状況設定と、対象を豹変させるやり方は、実に驚きです。

David : この人がバーに入っていった時はどんな感じでしょうか。名門私立校生の格好で入っていったら、間違いなく殴り倒したり、ぶっ殺したりしようとする人が現れそうですが。

Corey : ええ。

David : それでどうやってあの状況を切り抜けるのでしょうか。

Corey : まあ、人格変容と呼ばれるのはそれなりの理由があります。彼らは状況を判断し、人格、話し方、生い立ちをすばやく切り替えることが出来るのです。もしかして彼らは入っていってこう言うかもしれない。「仲間のおまえらに会えて嬉しいな。スーツケースを間違えたんだよ」ってね。彼らは状況をソーシャルエンジニアリング(社交的操作)するため、できることは何でもやります。彼らはそれが得意なのです。この人たちはあらゆるところに潜入するように利用されます。軍、情報局、金融業界、あらゆる政府部門、企業や経済界の隅々まで。私たちがいまいるこのUFOコミュニティーにもね。

David : 大抵の人は嘘をつくと、いい警察官はその兆候を見つけられます。話しているときに長い瞬きをしたり、手をいじり回したりします。この人たちは嘘発見器や、嘘を見破る訓練を受けた人でも、欺くことは出来るのですか。

Corey : ええ。プログラムに含まれた相当洗練された嘘発見技術でも、彼らの信じられないほどの才能には叶いません。そのため、彼らの最後の4~5年の訓練を終えるには、直感エンパスに調べてもらう必要がありました。彼らの報告を聞いても、しばらくするとハッと気付かされます。「こいつらの話を信じちゃいけない」と。これら多くの問題に対して解決策が考えられました。彼らのスキルを試すためのちょっとした任務や訓練の後で報告を受けた時、彼らの嘘を見分けるために直感エンパスが導入されたのです。

その結果、(指導員は)報告を受けるときにワイヤレス受信機を装着することになりました。相手が常に欺こうとしても、嘘が感知されれば、(直感エンパスから)受信機に信号音が届きます。そうすることで、テーブル向こう側のプログラム対象に対してアプローチを変えるべきだと気付かされます。

David : なぜ「人格変容」という言葉が選ばれたのでしょうか。

Corey : 彼らは周りの集団やグループ、個人さえにも合わせて人格を変えられるからです。ご存じのように、セールスマンや詐欺師がよく使う手口として、影響を与えようとする相手を真似たり、同じ座り方をしたり、ボディーランゲージを使ったり、サブリミナル・メッセージを送ったりしますが、それらを遥かに超えています。

この人たちのスキルが遥かに上回っているのは、彼らの直感が強いからです。彼らは相手を読み、直感的にいろんな情報を引き出してそれを活かして相手の注意を引きます。彼らは相手のボディランゲージや細かい表情変化や目を見て、取るべきアプローチを見つけます。相手に話しかけずとも、一瞬で相手を品定めして、扮すべきアクセントや生い立ちで相手にアプローチできます。

David : この人たちは神経言語プログラミング訓練を受けていますか。

Corey : 防諜活動や諜報活動を行い、人を様々な手段で操るために、彼らはあらゆる訓練を受けています。状況に応じて相手のボディーランゲージを読み取ったりして、どんな些細なことでも直感的に反応します。他のエピソードで話したような電磁気技術を使った強化や訓練もありますが、どちらかというと彼ら以外の人に使われているものです。

これらのプログラムでは、他のプログラムで使われた様々な情報や技術も使われています。まるで教育のように情報を直接脳神経に送るような技術も使われます。仮想現実空間の中に入れて植え付けたいスキルを訓練することも行われます。

David : あなたの人格変容についての表現はまるで政治家の選挙活動に思えてなりません。特定の名前は挙げませんが、スキャンダルを暴く雑誌などで広く伝わった情報によると、政治家があちこちの都市に行ってはその地方のアクセントで遊説するようです。

Corey : それはよく知られている古い戦術です。この人たちの訓練された技術と比べると、とても警戒するほどのものではありません。

David : 政治家は人格変容プログラムに訓練されていますか?それとも彼らの専門外?

Corey : 政治の世界にも人格変容者はいますが、全員が変容プログラムで訓練された訳ではありません。でも、人格変容プログラムの担当者なら、若い頃の彼らを絶好の訓練候補者として取り入れたかったでしょう。

David : さっき煽るようなことを言いましたね。この人たちは高度な技術で徹底的に訓練されていて、UFOコミュニティに潜入したと。

Corey : ええ、間違いなく。

David : カルマに巻き込まれたくないし、彼らのファン層からも攻撃されたくないので、名前は出しませんが、これが本当なら、どんなことが起きているのでしょうか。

Corey : その人たちは必ずしも脚光を浴びる必要はありません。多くの場合、彼らは脚光を浴びる人の友達、またはその友達の友達になっていて、スポットライトを避けています。

David : それに何かのメリットがあるのですか?

Corey : そうですね、彼らは操りたい人に近づくことが出来て、対象の集団に潜入して、シナリオを仕込んだり、組織を崩壊させたり、指示されたことは何でもできます。それがほんの一部です。UFO団体は始めから、1950年代頃に各種の情報組織に潜入されました。でも人格変容プログラムはそれまで最も成功した潜入プログラムと考えられています。名前はよく覚えていませんが、1980年代にロシアのスパイ潜入プログラムがあると思います。最も優秀な潜入プログラムと言われましたが、人格変容プログラムと比べるとまるで子供の遊びですよ。

David : KGBの活動の一環でしたか?

Corey : ええ。

David : さっきソーシャルエンジニアリング(社交的操作)という言葉を使いましたね。それを少しだけ突いてみたいと思います。

Corey : ソーシャルエンジニアリングですね。

David : それは何ですか?

Corey : それはデータ・セキュリティや個人セキュリティによく使われる用語です。銀行員の振りで電話をかけてきてこう言われます。「口座番号を至急教えて下さい。それと、社会保険番号は?」これが「社交的操作」の簡単な例です。人格変容の場合、それがより広くて詳細な規模で行われます。極めて短い時間の中で彼らはあなたの個人プロファイルを作り上げて、あらかじめ用意した特定のアプローチであなたを動かします。

David : 地球は平らだと言っている人たちがいてね、彼らは自分が説得力のある証拠を持っていて、これが史上最大の事実隠蔽だと信じているんですよ。これをでっち上げて真実だと信じ込んでいる人たちは、人格変容者のソーシャルエンジニアリングでも受けたのでしょう。

Corey : 人格変容者は間違いなく火に油を注いでそのデタラメを勢いづかせるでしょう。そのシナリオ自体はNASAから直接来たものらしいと、何人かが言い始めているそうです。それが・・・

David : 事実だと言っている訳ではありません。

Corey : ええ、事実だと私が言っている訳ではありません。

David : 「真実のコミュニティ」にいる人の名誉を徹底的に傷つけるためですね。

訳注: 「真実のコミュニティ」の原文は truth community ですが、果たして truth movement community の略なのか、それとも単純に真実を追求する一般的なコミュニティなのか、後続部分を見ても、訳者では判断がつきません。

Corey : ええ。

David : 彼らをまるでコロンブス時代以前の人のように無知に見せるのです。コロンブスが地球を回って新しい陸地を見つけたのに、それでも信じない人たちのようにね。

Corey : ええ。

David : つまり、彼らはこの技術のすごい利用法を編み出して、それを使って他人を完膚なきまでにバカにしたようですね。

Corey : ええ。そして彼らは重要な目的の一つを達成しました。人格変容者と他の潜入者を使って、エソテリック団体とUFO団体で内部闘争をかき立て、信念体系の違いを浮き立たせ、できるだけの分裂をもたらせたことです。

David : UFOコミュニティの有名人の中にもハンドラー(操り手)が混ざるかもしれないということですね。でも彼らはその人がハンドラーだとは気づきません。

Corey : ええ。

David : 彼らはそのハンドラーをなんと思うでしょうか。

Corey : 彼らは非常にカリスマ的な新しい友達を得たと思うでしょう。いままで知らなかった考え方を与えてくれて、若さの割に知恵があり、もっと一緒に過ごしたいと思うでしょう。結果として変容者に身も心もゆだねてしまいます。

David : 前にあなたから個人的に聞いた話では、(狙う対象の)人格プロファイルと心理解析報告はきわめて詳細だそうです。これらのプロファイルや報告はどのようにして作成されて、どのように人格変容者に利用されるのか、支障が無ければ教えて頂けませんか。

Corey : 人格変容者は対象の人格プロファイルの書類を見ている訳ではありません。彼らはその場で対象をプロファイリングして評価できるように訓練されています。彼らの直感能力と、幾度も積み重ねてきたシミュレーションと、私たちが話してきた技術で、さらに現実世界でのテストのおかげで、彼らは自分のスキルに非常に自信を持っており、非常に正確なプロファイリングを作り出せるのです。

David : 情報員の最重要ツールの一つは、対象の心理プロファイルと言いましたね。それはどういうものですか。プロファイルの中にどんな情報がありますか。

Corey : 基準は性格型です。主な性格型は16種類あります。これらの性格型をもとに、彼らが読む雑誌や訪れるウェブサイトの情報を集め、医療記録を調べて(プロファイルを)構築します。こういった情報を集めるのです。彼らが精神科医に相談すれば、その情報も得られます。あとは行動心理学者がそれらをまとめて人格プロファイルを作るだけです。

David : 人格変容者が操る相手をある時点で裏切るのは普通にあることですか。

Corey : 普通にありますね。

David : それはどういう形で実現されるのですか。

Corey : 通常は、相手を手のひらで転がして佳境に入った時点です。変容者の仕事は相手を破壊したり、名誉を傷つけたりすることであれば、相手の100%の信頼を獲得して、相手を完全無防備の状態にしておきます。そして、普段は他人に話さない秘密を変容者に話すかも知れません。「なんでこんな秘密をあなたに話しているのだろう・・・」という状態に陥ってしまうのです。

そうやって変容者は相手を支配する力をどんどんつけていきます。そしてこの両者の力関係がゆっくり変わっていきます。ある段階になると、変容者は相手の情報をばらして爆弾を落としたり、姿を消したりします。自分の人生から変容者が突然消えたことで、標的は幻滅したり禁断症状に陥ったりします。

David : ということはこの技術で、人格変容者は誰かの親友みたいになれたりする訳ですね。

Corey : 変容者の人格や友情に過度に依存してしまい、中毒症状になりますね。

David : 親友という仮面のもとで変容者に与えたこれらの情報がインターネットでさりげなく暴露されることはありますか?本人が「あれ?なんでこんな自分の個人情報がネット上に溢れているんだ?」ってみたいな感じで。

Corey : 作戦の目的にもよります。普通、彼らは潜入して組織の情報を持ち帰るか、組織内に亀裂を作ります。

David : これらの人格変容者は宇宙プログラムで使われていますか。あるとしたらどんな目的で?

Corey : 宇宙プログラムでは人格変容者に会ったことはありませんでした。彼らは主に地上の特別アクセスプログラム(SAP)に使われます。私が言ったように、彼らは政府関係から銀行まで、生活のありとあらゆるところに潜入しています。

David : これを見分ける最良の方法は何でしょうか。どんな対策がありますか。そのように訓練された人への防御法に何がありますか?

Corey : 最良の防御は、内部情報を守り、自分にとって有害な情報を全力でガードすることです。友人の紹介または友人の友人として知り合った新しい友達がいて、あなたの好きなレアな飲み物を彼らも不思議と好みを合わせてきたり、あなたしか知らない風変わりなバンドを彼らが「自分も好き」と言ったり、そういう小さな偶然の一致でいい友人になったとします。そして、いつも彼の近くにいたいと思うようにハマったり、さらに、普通は誰にも言わないことを彼に話したくなるようになったりすれば、それはもう赤信号の警戒レベルです。

そして、あなたが情報を共有し始めて、自分を攻撃されやすい状況にした時に、初めて彼らは本当の操作を始めるのです。

David : オーブや夢・ヴィジョンによるスピリチュアル・コンタクトやシンクロニシティ体験をフェイスブックなど、インターネットに載せる人に対して、人格変容者の攻撃は行われますか?

訳注: シンクロニシティは「共時性」とも訳され、意味のある偶然の一致です。複数の出来事が離れた場所で、同時期に起きる現象です。超常現象の一つとされます。

Corey : ええ、もちろんです。制御と管理が必要な金銭スポンサーも含めて、ターゲットはいくらでもあります。多くの場合、彼らは潜入して相手を制御して管理します。

David : これらの人格変容者の最大の弱点はなんでしょうか。彼らから身を守るために知っておきたいです。

Corey : 彼らの過剰な自信です。彼らはあらゆる人を見くびります。彼らは自分が賢いと確信しています。自分は部屋の中で一番賢い人だと確信しています。自分は常に部屋の中で最も賢い人だと確信しているのです。もしあなたが後ろに引いて、口を閉じて耳だけ立てていれば、いろいろと気付きます。周りを見ればもっといろいろと見抜けるでしょう。そして彼らを見つけるかも知れません。でも、これができない人が多いです。

David : もし親友とかであれば、どうしても習慣性から見落としがちだと思いますが、それでも本当に気をつければ、彼らの小さな嘘やボロを見つけて、「何かがおかしい」というサインは現れるものでしょうか。

Corey : そもそも人格変容者がいることに気がつかなければ、ガードもしないし、注意も払わないでしょう。

David : そうですね。

Corey : 多くの被害者は、「人格変容者なんてものは存在しません。どこかから私たちのサークルに入ってきた人がいて、非常に賢いが、精神的に壊れていて、自分と友人を操って、自分たちのベンチャー事業または関係を壊して、サッと私たちの前から消えた」としか考えません。それが実は一つの作戦だということに彼らは気付かないのです。

David : まあ、私の意見では、一般的にソシオパスを見つける手がかりは常にあると思います。いい感じのしないものは常にそこにあるのですが、習慣性にハマってつい騙されてしまうんですね。

Corey : ええ。何かがおかしいと思ったら、自分の内側の声、その感覚に従うように気をつけなくてはいけません。通常そういう初期の小さな不自然さを人は見逃すのです。

David : そうですね。さて、今回もそろそろ時間です。司会のデービッドウィルコックでした。いつものご視聴、ありがとうございました。



翻訳:~夜明け前~
http://s.ameblo.jp/space-wanderer/entry-12165177627.html

Sphere-Being Alliance
http://ja.spherebeingalliance.com/blog

SPHERE ALLIANCE/COSMIC DISCLOSURE TRANSLATIONS
http://spherealliancetranslations.blogspot.jp/search/label/JAPANESE



※行間を詰めさせて頂きました。 管理人。









★シェルダン・ナイドルニュース 2016年5月24日

2016年05月28日 | ☆シェルダン・ナイドル

ライトワーカーのブログ より転載させて頂きます。


                  
シェルダン・ナイドルニュース 2016年5月24日
     
http://www.galacticchannelings.com/english/sheldan24-05-16.html

Selamat Jarin! みなさんの世界はみなさんを心から驚かせるようなサプライズを急いで用意しているところです! 光の存在らは、一撃を加えるための最適なタイミングを計るべく、待つ事を強要されています。現在、闇の存在と株式会社USAと呼ばれる体制と繋がっている主な手下たちは、ある程度の行動の自由を与えられている為に、世界的なレベルで悪さを行う事が許されています。光の存在らはあなたの歴史上のこの奇妙な部分に終止符を打つ準備ができています。闇の存在らは、光には彼らの悪さをいち早く終わらせるような大規模な逆襲などできっこないと信じているようですが、私たちの船団は天の命を受けて、まさにそれをしようとしているところです。

今回の私たちの作戦は内密であり、いくつかの親しい軍事勢力との共同作業にて行われる予定です。こういった共同作業は、これまで闇から資金源を得ているテロリスト勢力の行動を制限する事に成功してきました。今後の目的は、地球上のいくつかの拠点を不安定にし続ける事を狙う闇の分子を断ち、最終的に衰弱させる事です。その間、光は株式会社USAおよびその無数の仲間たちを潰すための最終的な攻撃を準備しています。

大切に守られ、正式に登録された資金は、最適なタイミングであなたの元に届けられる準備が出来ています。これらのプロジェクトは、当初に懸念されていたよりも、更に長い時間が掛かってしまいました。それは、闇の存在らが銀行やその関連部門に浸潤していた度合いが当初地球の仲間たちが推測していたよりも大幅に大きかったというのがあります。いずれにしても、こういった過去の障壁は片付いており、それによってできるようになった事がたくさんあります。NESARAの統治が制定され、数々の重要プロジェクトにとっての強力な見張り役となる事が不可欠です。その為にまずは、悪用され不正が蔓延している米国政府を完全に改革する必要があります。

この静かな革命は、地球上の鍵となる特定の地域である中東や南米といった場所に戦争や紛争を起こし続けようとする暗黒政府の悪影響を終わらせます! そうなれば、私たちは世界的な安定と豊かさの導入を開始する事ができます。それと同時に、世界的なUFOの隠蔽も終わるでしょう。それによって、私たちはファーストコンタクトや私たちの教育プログラムについてみなさんに直接お話しできるようになります。

闇の存在らは、1990年半ばのアヌンナキ消滅前までに、どれだけ人類が深く急速に洗脳されたかについて、私たちが完全に理解していないと思っていたようです。しかし、私たちは1990年半ばにアンチャラ協定が結ばれる前に、新しい仲間たちによってこの件の説明を受けていました。私たちは始めから、闇のプロパガンダがどれほどあなたの精神に深く刻まれているかを知っていました。

私たちがそれに対して最初に行ったのは、天と私たちの新しい仲間たちと共同で何千年もかけて新生児一人一人の頭と心に埋め込まれたものを無効にする事から始める事でした。それからは、新しいスターシードたちが生まれてきて、彼らによって闇にとっての“通常”が徐々に否定される事となります。それに加えて、多くの方が闇のプロパガンダには何が含蓄されているか、そしてそれが何故間違っているかについて、人類に指導するようになりました。これが、それまで積み重ねられてきた無意味な状況をより真実に近い、より存続可能な現実へと変える一連の勇敢な訴訟などの術へと繋がっていったのです。これらの素晴らしいプロジェクトによって株式会社USAは、みなさんの新たな繁栄と共存できる新しい経済システムの創造へと置き換えられます。

私たちの望みはすなわち、闇とその手下たちが1万3千年近くもの間みなさんを支配する事を可能にした一連の偽の信念を終了させる事です。その鍵となるのは、みなさんの意識の急速な上昇です。この意識の上昇によって、地球の表面領域の闇とその手下たちの支配を終わらせるべく、みなさんは光とその無数の活動を支持できるようになりました。これがまず第一のポイントでした。そして次に、NESARAの統治に力を与える事が私たちの成功にとって絶対に欠かせない事となります。この件に関しては、私たちは連絡係を送り出して、私たちの仲間たちと毎日協議してもらい、今は成功寸前にまで来ている共同融資の活動を取りまとめてもらっています。私たちが強く望む最終的な成功を約束するような、いくつかの活動がこうやってまさに行われているところです。

闇の存在たちは非常に手ごわい相手で、彼らによって起き得ないと考えていた遅延が何度か起きてしまいました。彼らの潜在的な反撃力については、私たちの戦略の中で考慮されるようになりました。間もなく私たちは勝利を発表する予定です。こういった事柄の決着がつけば、必要なアセンデッドマスターたちのレッスン開始の為にこの領域を安全に保ち続ける事が出来ます!


こんにちは! 私たちはあなたのアセンデッドマスターです! お気づきの通り、世界は変わって来ています。このポジティブな変化はみなさんが私たちと共に壮大な視覚化の数々を行ってくださったからです。ここ数か月間の間に、多くの方が持ち続けて下さった非常に強い集中力について私たちは非常に誇りに思っています。これらのエネルギーはこの全てのプロセスが始まった1990年代当初に天が考えていたエネルギーをまさに実証しています。あなたはご自分の力を発見し、それを私たちの共通の目的のために使っていますが、ここ1か月の間により多くの方が、同じ様な決意を示し始めています。

みなさんがその力を使い、素晴らしい瞑想の内容を現実に反映させるというその才能を活かしています。こういった活動によって、いかにみなさんが力を付けたかが分かります。みなさんの活動は私たちマスターの、現実の変化の度合いを増加させる為の活動を非常に助けています。闇の存在たちもみなさんの事に気が付いており、自分たちの望みは叶わないという事にもだんだんと気が付き始めています。こういった時代の終わりが見えて来ています! ホサナ! ホサナ!

みなさんお一人お一人は私たちの集合的なハートにとっての喜びです。この20年ほどの間にどれだけみなさんが進んできたか! あなたは完全意識に回帰するという成功の道を進んでいます。このプロセスは私たちの同胞たちが当初目論んでいたよりもかなり早く進みました。ですから、変化は起きているという事をみなさんにお知らせし、どうかご自分の内に入っていき、集中しご自分の視覚化の力を使ってこの過程を更に加速化して頂ければと考えています。みなさん愛しいハートの方々は、ようやくその膨大な可能性を見せ始めている素晴らしきグループであり、これからやってくる大規模な天からの変化の後押しによって、更にあなたの思考や感情の能力が加速してやってくるでしょう。

ご存知の通り、あなたのハートは壮大な電子的中心部であり、多くの面であなたの脳と対抗しています。あなたが脳のチャクラとハートのチャクラの関係に変化をもたらす事でこの過程は更に進んでいきます。こういった変化はあなたの新しく発見された能力を祝福するもので、あなたは銀河の教師たちに会う為の準備を着々と進めています。

これらの変化は私たちがみなさんに教えようとしている新しい知識とうまく組み合わさる予定です。ずっと前に、アトランティスでの非情な実験によってみなさんの祖先は突然記憶喪失にされてしまいました。今まで知っていた事全てが手の届かないところへ行ってしまったようです。私たちの目標はみなさんの祖先が失ったものについてお教えする事と、それを取り戻す方法をお見せする事です。

そしてその次は、みなさんのいとこであるアガルタ人たちのと再会があります。あなたはもうすぐ彼らに会い、みなさんの教師や天の守護人たちと共にアガルタへ行き、完全意識への回帰の為にあなたの「光のクリスタル部屋」(クリスタルライトチェンバー)を使用します。新しい星間国家の立ち上げと天の神聖な愛によって私たち全員が与えられる神聖な役目についての会議にみなさんをお迎えできる事を歓喜しながら楽しみにしています!

今日はこの地球の周辺で何が起きているかについてのレポートを続けさせて頂きました。みなさんの繁栄を確実にし、NESARAの統治を実現する為の多くの進展がありました。これらか来る時間こそが、私たちが今までみなさんに話してきた内容を反映した時になると大いに期待しています。愛しいみなさん、どうか知ってください無限の供給と終わる事の無い天の繁栄が実にみなさんのものであるという事を! そういう事です! 一つであれ! 喜びの中にあれ!

Website: Planetary Activation Organization



訳:JUN
http://s.ameblo.jp/lightworkers/entry-12164903190.html









★5月24日:ブロッサム・グッドチャイルドを通して~光の銀河連合からのメッセージ

2016年05月27日 | ☆ブロッサム・グッドチャイルド

ライトワーカーのブログ より転載させて頂きます。



http://www.galacticchannelings.com/english/blossom24-05-16.htm

5月24日:ブロッサム・グッドチャイルドを通して~光の銀河連合からのメッセージ

ブロッサム:  こんにちは、こんにちは! 今日私はとてもいい感じで、地球で最も恵まれているウサギちゃんのような気分です。こういった空間に居るって、本当に良い気持ちです。ですから親愛なる友人のみなさん、前回みたいに気分が上昇するようなメッセージを今回もお願いできますでしょうか。

光の銀河連合:  本日、私たちはみなさんと分かち合っている高いバイブレーションに乗ってやってきました。みなさんの星は一転して上昇しており… それは「全体の航海」の道として尊ばれ、畏怖の念を持たれるべき道であり… それが今… より直接的なルートへルート変更した事を私たちは理解しています。

ブロッサム:  どこへ向かうの?

光の銀河連合:  今まで… ずっと… 永遠に… 舵を向けてきた方向へ。人類としてあなたは… 人類が本当はどこまで出来るかの例を示しながら… 同時に「一として」成し遂げると宣言した、驚くべき事については忘れています。

愛しい魂のみなさん「今」こそ“ご自身の真実”を掴み、長く長く続いた岩だらけの道中にバランスをもたらす時です。愛しい魂のみなさん「今」こそ、ご自身の指揮権を握る時です。あなたの持つ全ての可能性を思い出す事を選択し、それを奉仕の為に使う時です。

何故なら… みなさん個人の、すなわち全体のバイブレーションが上昇すると… 考える事全て… 行動の全てが… 互いへの奉仕となるからです。そうでなければなりません… そして、それ以外にはあり得ません。その上で、敢えてリマインドという事で強調させて頂きます。

ご自分に奉仕し、ご自分に必要な要求を全て満たす事で… その他の全体の奉仕をする為の土台ができます。

ご自身が健康で豊かで心地よく居られるよう… ご自身に全てを与える事こそが… 全体/全員が十分すぎる程幸せになる為の道しるべとなります。

ブロッサム、あなたも感じているのではないですか? あなたがより高いレベル上で微笑んでいるのを。


ブロッサム:  はい、その通りです。口にハンガーを突っ込んで寝たかのように、口が左右に引っ張られています!!

光の銀河連合:  では、このレベルで何か変化はありましたか?

ブロッサム:  うーん、敢えて言うとしたら、このような“喜び”を経験するたびに自分が爆発するのではないかと感じます!

光の銀河連合:  それはつまり、自分は前よりも高いレベルにいると感じるという事ですか?

ブロッサム:  それは正直分かりません。何故なら、それは「喜び、喜び、喜び」… としか表現できません。以前と比べてどうとかではなく、ただ「そう」なのです。

光の銀河連合:  ブロッサムとみなさんお一人お一人に言わせて頂きます… それこそが、より高いレベルのあなたから来ているのです。何故なら、あなたは「今」ご自分の/全体の… より高いレベルと調和しているからです。それを、ご自分の“既に知っている”という感覚から感じる為にするべき事は、いくつか深い息を吸って吐くだけです。

あなたの星が実に軌道に乗っており、ほとんどワープするような速さで機能しているという事を「今」という時間が示して/語ってくれています。これから、物事が起きるペースはあなたが経験した事の無いような速さになるでしょう。そして、それはこの壮大な劇のそれぞれのパートを演じるみなさん全員に至ります。お一人お一人が… 傑作となったこの大作への… その貢献と献身に対してオスカー賞を受賞します。

愛しい魂である… あなたは… 夢にまで見た生き方を経験します。それは今ここにあります… それはずっと長い間ここにあって、あなたが受け取ってくれるのを待っていました。それはあなたの方へ寄っていく事ができないから… あなたがそこまで上昇する必要があったのです。


ブロッサム:  明るいニュースをありがとうございます。きっと私たち全員が、そこに向かって旅をしているのでしょうね? でも、見方を誤ると、人によってはこの劇は非常に暗い面を持ち、その暗い面が絶望の渦の中にどんどんと落ち込むように感じられるのではないでしょうか。

光の銀河連合:  私たちが心から訴えたいのは、この旅というのは実に個人的な旅でありながら、その一なる方が心からの喜びと楽しさと愛を持って歩みを進める事で… 前から何度も申していますように… その方はそうする事で、迷子になってしまった方の分を背負い、光の中へと全体を引き上げているのです。

「何故なら、みなさんはひとつのエネルギーだからです」

あなたは… ありとあらゆる全てに… 影響を与えずに何かをしたり/考えたりする事はできません。何故なら… あなた一人一人が… ありとあらゆる全て… であるから… 一つの同じものであるから。

ですから… あなたの喜びと、全てに対する愛が… 効果をもたらしている/その光の魔法を全ての上に働かせていると… ひたすら“分かって”いながら前に進んでください。それによって、喜びに溢れる魂は更にもっと喜びの溢れる位置に上昇し、落ち込んで心を痛めている魂たちは、今いるよりも高いポジションへと上昇します。

そして、“個人”としてのあなたが“あなたの世界”を楽しみ続ける事によって… あなたはみんなの人生を持ち上げます… ただ楽しい時間を過ごすだけで!

あなたがそういった状態の時… 光の在り方、光の人生を歩んでいる時… 少し時間を取って、あなたの奥底の感情を「感じて」みて… 光が必要そうな場所へ意識的に光を送ってください。あなたの送る愛から伝わって来る暖かさを感じてください… 他の人が感じているであろう… あなたとは違う周波数の状況や思いに対して、光を放射しその状況を明るく照らし… その状況をより「明るい」高さに調和するように調節しましょう。

みなさん全員が「今」掴んでいます… 全員が「思いの持つ力」を理解しています。それは、まぎれもない事実です。あなたの「愛」の思いが、全てのネガティブなものを光に変える事ができると考え… 心からそれを理解するという事は…

自分が何者かを知る事と同じです

これが、あなたの持つ力です。あなたは「思い」の力を利用して… 今までは、変える事など無理であると考えていた事を… 実際に変える事ができます。

あなたは驚くべき力です。
何もかも全てが可能です。

あなたがこの力を全体の奉仕に使えば使うほど… それを必要としている状況に… より強く、より早く吸収され… その状況を元の光の状態に‘戻す’事ができます。

あなた… あなた… あなた… 私たちの愛しい兄弟姉妹のみなさんは「今」… まさに、それをやっています。あなたは、あなたである愛の中に存在する力を感じています… そしてあなたは… 存在する全ての中で、最強のパワーを持つ… 真の自分を受け入れています。

最も純粋で最も崇高な愛… それがあなた… そのあなたがあなたの中で… 長いまどろみから目覚めつつあります… そして長年の拘束からあなたの星を解放したいという燃える情熱が同時にやってきます… その中から多くを学び、多くを得ました… そして真実を言えば… より大きな視点から見た場合… あなたは「何も」失ってはいません。

あなたは、様々な生命形態を通して多くを得ました… 愛そのものを理解しました。あなたは、愛以外に意味のあるものなど無いと証明しました。

愛は… 全ての想いに応えます。
愛は… 全ての行為に応えます。
愛は… 全ての疑問に答えます。

そして、あなたがそれを真に理解した時… あなたが今まで… ずっと… 知っていたはずの… 溢れる「知識の自由」に浸った時… あなたはヴェールを通り越して歩みを進めます… ご自分の中の神聖性と手を繋ぎながら、あなたの愛の光を… 全てに対して… 放射します… 呼吸と同じくらい自然にあなたはそうします。

あなたは光です… それが真のあなたです。

あなたは肉体を持った人間ではありません。あなたは、ミラクルを起こす為に… 敢えて、そのような衣装をまとっているだけです。そして、実に起こしています… ミラクルを。あなたがミラクルです… お一人お一人が。

そしてそれを理解する事で… あなたはミラクル以外に起こす事ができなくなり…「必要な周波数の変化」というミラクルを起こし、あなたの星を本来の姿に変えます… ずっとそうであり、これからもあり続ける… 栄光の姿に戻します。


愛―光

一番最初に私たちとやり取りするようになった頃、私たちはあなたブロッサムに‘ザ・ブリッジ(橋)’という本を書くようにお願いしましたね。そして言葉でのコミュニケーションを続ける中で… 何故そのような題名でないといけなかったか、あなたは気付きましたね。何故なら私たちは、道案内人たちの話をしたから。橋を最初に渡って… 準備の出来た人たちを連れて… 何度も何度もその橋を行ったり来たりして… 故郷の事を知らせる人々の事です

そんな‘行き来’‘十二分に’した後… その人は橋の向こう側に残る事を決めます… 何故ならその人のバイブレーションが戻るにはもう高すぎるからです… そこからは続いてくる人たちが引き継ぎます。

愛しいみなさん、それを「今」感じませんか? 何かピンとくるものがありませんか?


ブロッサム:  ちょっとクリアにしたいのですが、良いですか? 橋の向こう側って… 肉体の形で渡るのですか? いわゆる‘死’を通して経験するやつではないのですよね?

光の銀河連合:  はい、その通りです。肉体を離れた状態の事ではありません。全く違います。

「これが本当のプランです」

人という肉体の形態でありながら、より高い領域へと繋がる橋を渡る。だからこそ… あなたの身体は今時間に悩まされているように“感じられる”のです。だからこそ身体の‘エネルギーが欠乏して、本来の機能を果たせていない’かのように感じるのです。愛しい魂のみなさん… それは、ただあなたの身体が変化をしているというだけの事です。

芋虫がその皮を脱ぎ捨て、蝶になる時… 一瞬で変身できるわけではありません。皮を脱ぐ工程は、さなぎの工程と比べると短く、さなぎの中での変化は穏やかに静かに受け入れられます。芋虫にとって、さなぎの中では様々な事が起きるので、常に順風満帆とはいきませんが… 芋虫は変化を受け入れます… 何故なら結果的にどうなるかを‘理解’しているから… その特定の変化の完成形というのが… 神聖であり… その羽根を伸ばし… 飛んだ時… それまで歩んできた1ミリ1ミリが… 一歩一歩が… 全体を構成しており… 十分にその甲斐があると知っているからです。

一呼吸一呼吸にその甲斐がありました… 一瞬一瞬にその甲斐がありました。真の自分の美しさ、その真実になる為に歩んできた道です。

そしてあなた… お一人お一人… 私たちの友人であり… 愛しい戦士のみなさんは… その旅をしています。皮は剥がれつつあります… もうすぐ… 本当にもうすぐ… あなたは飛び立ちます。


ブロッサム:  ありがとうございました。みなさんとこんなにもスムーズにお話ができるなんて非常に光栄です。愛しています! わたしたちみんなが、あなたを愛していますよ。

このやり取りはだいぶ前に書いたものですが、今日投稿するのが適切であると感じて投稿しました。
http://blossomgoodchild.blogspot.com/

7月20日のハッピーヒューマンデーをお忘れなく。私のビデオに参加しませんか?
http://www.youtube.com/watch?v=pKE1yA5Nr-E



Website: Blossom Goodchild
An audio version of Blossom's channelings can be found here .


訳:JUN
http://s.ameblo.jp/lightworkers/entry-12164587018.html









★イエス : 容認は、人類の目覚めの過程のひとつの不可欠な側面

2016年05月27日 | ☆サナンダ

きらきら星へようこそ...☆より転載させて頂きます。



イエス : 容認は、人類の目覚めの過程のひとつの不可欠な側面

May 13, 2016
ジョン・スモールマン経由
By John Smallman

すべてはひとつです。皆さんはそれを認識し、わたし達のすべての読者や聴衆もそれを認識し、それにもかかわらず、疑問が湧き上がります! 身体を持った人間として、確かに個々の人間が他のすべての人々から完全に切り離されているように見える理由は、身体がお互いと溶け込むことはないからです。

しかし皆さんは、皆さんの身体ではありません。皆さんは、分離は実在せず、不可能であることを学ぶために、身体が提供する強烈な閉塞感と孤独を経験することを選択しました。皆さんが皆さん自身の外部に愛を探し求める理由は、皆さんがそれほどひとりで離ればなれだと感じるからです。

皆さんの自然な状態は、神、根源、愛とひとつであり、皆さんがそれを体験できない時、皆さんは恐ろしくなって、皆さんを受け入れてくれる誰かからの愛を探し求めます。数多くの人間関係が崩壊する理由は、それに対するそれぞれの当事者が、自分自身の内部でしか見付け出せないものを他の人々に期待しているからです。

皆さんが、皆さん自身の内部の愛と、自分自身の内部に愛を持たない人は誰ひとりいないことに気付く時、皆さんは、愛が皆さんに戻ると直ぐに愛を共有し、愛を広げることができます。何故なら、すべてはひとつであり、愛は決して皆さんから離れたことがないからです。

皆さんが皆さん自身を愛として認識する時、次に皆さんは事実通り別の人との愛に溢れた人間関係に入ることができます。しかし皆さんが皆さん自身をそのように認識するまで、皆さんは、皆さんが人間関係を確立しようとする他の誰かに対して、ただ空の器を提供しているだけです。そしてその他の誰かが持つものは、ほぼ間違いなく、見返りとして皆さんに提供する空の器だけになります。愛は包括的なものです!

しかし皆さんは、この真実に気付くことを拒否することができます。そしてその拒否の中で、皆さんは皆さん自身が空の器だということに気付きます。他の誰かが皆さんに提示し、従って皆さんの分離管を解消してくれることを期待する愛で満たされることを、死に物狂いで必要にしている、空の器です。しかしそこに始めから分離感がある理由は、皆さんそれぞれが、怖れのせいで、死に物狂いでその他人から受け取りたいと思うものを差し控えているからです。

皆さんはこれを信じることを、あるいは認めることを最初は拒否しますが、しかし時が経つに連れて、あらゆる瞬間に積極的に共有された愛の欠如は、それぞれがその失敗に対して一方を非難する内に皆さんの最大の怖れが妥当だと証明されるように、その人間関係が失敗して崩壊する事態を引き起こします。

わたしや他の数多くの存在達が皆さんに何度も繰り返し伝えてきたように、存在するのはただ愛だけです! 皆さんがそれは良く分かっていると考える理由は、皆さんの信頼は、ある段階で、もしかすると数多くの段階で、裏切られてきたからであり、皆さんはそれが皆さんにもたらすその痛みで決して苦悩しなくないと決心しているからです。

しかし、信頼はただ裏切られるように見えるだけです。愛は永遠に存在し、誠実で、率直で、癒し、共有し、情け深く、寛大で、癒しをもたらします。愛が決して裏切らない理由は、そうすることは完全に愛の本質に反しているからです。怖れの中で、皆さんは、陳列用に築き上げた“受容性の仮面”の後ろに皆さん自身を隠し続けたままで、お互いにただ皆さんの身体だけを提供しますが、しかし身体は実在せず、決して信頼することはできません。

大文字のYの皆さんは愛であり、そして皆さんは皆さんの身体ではなく、皆さんは身体を遥かに超えています。身体は、神、根源から分離した実在しない状態を経験するために皆さんが一時的に宿ることを選択した、制限的な乗り物または器です。皆さんが、根源で皆さんの終りのない永遠の在り方を絶えずそして間断なく経験する理由は、神が創り出すものは、まさにその本質によって永遠に続くからです。

身体は幻影に属します。そして幻影の内部には、皆さんがそこで演じているそのゲームのひとつの本質的な側面があります。しかし、それにもかかわらず、身体は実在せず、皆さん導くために身体の判断を用いることは、いつも失望と苦悩に通じます。身体は、痛みに苦しみ、歓びを楽しむことができ、またそうしますが、しかし痛みと楽しみの両方は、皆さんの人生の道筋に沿って皆さんが身体に指示する通りに、皆さんが行う選択のひとつの結果として現れます。

身体はどのようなことも引き起こすことはなく、身体はただ皆さんの意志に反応するだけです。そして皆さんは、皆さんが身体のために選択するものを、しばしば気付きません。皆さんにとって、それは物事がただ皆さんに起るように見えますが、しかし皆さんが遭遇するあらゆる状況は、皆さんが学びたいと願う課題のために前もって調整されたものです。

皆さんがこれを認めないという事実がそれを変えることはありませんが、しかしそれは、皆さんが皆さんの課題を学ぶことをまさに難しいものにします。何故なら、学ぶためには、ひとつの課題が提示されていることを皆さんが認める必要があるからです。それでわたし達は、わたし達が呼び掛け続けている主題、つまり内面に向かうことに戻ります。

皆さんの外側には、答えはありません! 皆さんが人間として関与するそのゲームは、時に選択によって、時に偶然に、皆さんが夢中になっている皆さんの外部で起っている状況のように見えます。しかし、気付くと皆さんが夢中になっているその状況を皆さんにもたらすものは、皆さんの信念と態度です。

もしも皆さんが判断や正しさの必要性にしがみつき、他の人々を間違っていると理解するなら、皆さんは、皆さんの公正な判断を要求するように見える数々の状況を皆さんに引き寄せることになるでしょう。しかし、皆さんは判断する必要はありません! 判断することまたは判断しないことは、皆さんがあらゆる瞬間に行うひとつの選択です。

皆さんの本質は愛であり、そして愛は決して判断しません。皆さんが皆さんの本質から作動する時、皆さんは判断すべきどのようなものも確認することはないでしょう。そして判断がなければ、対立が起ることはありません。日々内面に向かうことが不可欠になります。

何故なら、皆さんが自分を見詰めて皆さんの聖なる内面の聖域に向かい、皆さんのこころを開く時、愛がこころを満たすからです。そして次に、その感じられた判断の必要性は、剥がれ落ちます。皆さんの間には、ひとつの困難な状況の中で、時に判断的にまたはもしかすると無分別にではなく、優しく対応してこなかった人など、誰ひとりいません。

そしてその結果は、対立ではなく解決になってきました。時にそれは皆さんを驚かせてきましたが、しかし皆さんが判断をしなくなるほど、皆さんが気付くと対立に携わっている状況はほとんどなくなるでしょう。しかしその一方で、皆さんの自我は対立を望みます。自我は対立のために生きます。何故なら、分離は対立だからです!

皆さんは、安らぎを探し求めている、と主張するかもしれません。そしておそらく皆さんはそれを探し求めますが、しかしただ皆さんの言葉の上だけでのことです! それは、既に皆さんが、皆さんの自我が皆さんの考え、言動、そして態度に命令する状況にすることを選択していることを意味します。

すると直ぐに他の人々の自我が喜んで反応して、対立が後に続きます。それぞれの皆さん、それぞれの自我は、最終的に傷付いて腹を立てて撤退し、相手が不当な勝者だったように見えるため、皆さんが今経験している苦悩に対してお互いを非難します。苦悩は自我の選択のひとつの直接的な結果であり、人間が経験する存在状態である幻影は、対立を要求します。

そして、ある意味でそうなる理由は、人間として存在することは、既に分離を経験することを選択していることになるからです。そして数多くの人間が、人間の在り方を現実として理解し、霊の数々の領域を実在しないもの、現実性に対処するほど充分に強くないために弱者が信じることを選択する神話の領域として理解します。

皆さんの自我は、実在しないものを実在させることによって、そして真の現実性を拒絶することによって、物事を要領良く引っ繰り返します。人類が居住するように見える世俗的な幻影の内部で、物質ではなく、姿を持たないどのような物事も、存在せず、幻影的で、非現実的なものとして判断されます。

その結果皆さんは、皆さんの信念体系や皆さんの文化的宗教的な信条と一致しないものを、間違っていて必要であれば力ずくで矯正する必要があるものとして判断しながら、自我の理由と論理で問題を解決しようとします。判断は、決して安らぎに通じることはありません。

何故なら、判断は別の人の拒絶であり、その人の見解と意見は実際に皆さん自身のものとそれほど異なるものではないからです。その理由は、人々は、皆さんのように、他の人々を悪いと考えて自分自身を正しいと証明しようとする自我の要求を持つからです。

しかし、すべてはひとつです! そして人間のこの問題の取り組み方は、間違いなく、完全に常軌を逸しています。善悪はなく、あるのはただ違いだけです。人類が行っているように、目覚めることは、家族、種族、国家、文化、そして政治的または宗教的な信念の間の違いは他の人々を悪者にする理由ではなく、神の聖なる家族の人々の様々な成員の間の違いを称えるための好機です。

神の最愛なる子供達は、完璧に創り出されました。何故なら、神は無限の完璧さであり、従って神が創り出すものは永遠に変わらないため人々は完璧なままでいるからです。容認は、人類の目覚めの過程のひとつの不可欠な側面ですが、しかしそれは無条件であるべきものです。

そしてこれほど数多くの皆さんが皆さん自身の自己受容に苦労しているため、皆さんが他の人々を無条件に受け入れることについて考えることさえとても難しいものになります。皆さんは、皆さんが最も受け入れることができないことに気付く他の人々の側面を、皆さん自身に延々と指摘しています。そしてそういった側面は、皆さんが皆さん自身の内部で最も残忍に否定するものです。

皆さんはすべてお互いに対する鏡であり、そして皆さんが確認するものと他の人々から最も強烈に跳ね返ってくるものは、皆さんが皆さん自身の中で最も称賛するもの、あるいは皆さん自身の中で最も嫌悪するものです。

皆さんが恋に落ちる時、その相手は皆さんに皆さんの最も称賛すべき特性を反映しています。そして皆さんが誰かを嫌悪する時、その人々はしばしば、皆さんが皆さんの意識水準の遥か奥深くに埋めてしまった皆さんの最も容認できない特性だと判断するものを、映し返しています。

数多くの人々が今、この埋められたすべての“事柄”が思いがけずにその人々の意識へと外見的に表面化していることに気付いています。心理学がひとつの個性の影の側面として言及するものです。自分自身のために自分自身や世界に対する非常に強く効果的な仮面を築き上げてきた人々にとって、そういった容認できない考えや願望の表面化を経験することは、非常に衝撃的なものなることがあります。

その人々が全面的に受け入れることができないものだと判断する考えや願望です。肩の力を抜いてください。皆さんはひとりではなく、あらゆる人がひとつの影の側面を持ちます。ただそういった恐ろしい考えや願望を認めて、それに関与しないでそれが皆さんを通して流れることを許してください。

それについての皆さんの怖れの部分は、もしもその部分がそこにあるなら皆さんはそれに基づいて行動するかもしれない、と皆さんが考えるからです。その部分に基づいた行動が現れるのは、ただその部分が極端に虐待されてきた誰かによって全面的に抑圧される時だけです。その部分は一般的に、把握された不当な扱いまたは攻撃のひとつの結果として皆さんの自我によって提供された、単なる情緒的な防衛反応に過ぎません。

その部分は事実通り、人間として存在する極めて普通の側面ですが、しかし子供の時、そういった考えを表現することは全面的に禁止され、結果として皆さんの中で侮辱され沈黙させられました。その結果として、生き残るためのひとつの安全な環境を必要として、皆さんはそれを葬り去りました。

皆さんが目覚めの過程を進む時、この隠されたすべての“事柄”が認められ解き放たれることが必要になります。皆さんがこれを行う時、この“事柄”は皆さんではないことが明らかになります。

皆さんは、ひとりひとりが聖なる変わることの無い神の子供であり、皆さんの創造の瞬間以降、皆さんがその部分にしがみ付くことを選択しない限り永遠に神とひとつです。その部分に付随するどのような考え、心配、不安も、手放してください。これが皆さんの雑念を払い、そして最も確実にそうなるように、皆さんの本質、愛が花開くための空間を作ります。

皆さんの愛情溢れる兄弟、イエス。
Your loving brother, Jesus.

https://johnsmallman2.wordpress.com/2016/05/13/acceptance-is-an-essential-aspect-of-humanitys-awakening-process/



翻訳★森のくま
http://twinkle-star999.blog.so-net.ne.jp/2016-05-26



※行間を詰めさせて頂きました。管理人







★サナンダ : 物質的な身体の幻影と真の現実性

2016年05月26日 | ☆サナンダ

きらきら星へようこそ...☆より転載させて頂きます。



サナンダ : 物質的な身体の幻影と真の現実性

May 12, 2016
サル・ラケーレ経由
Via Sal Rachele

質問:サナンダ、わたしは混乱しています。あなたは“奇跡の講座”の中で、身体はひとつの幻影であり、皆さんは、実際に認知に対するひとつの障壁としての機能を果たすように意図的に考案された状態にさらに一段と踏み込む、さらに遠くまで進む、と話します。次にわたしは、別の教えが身体は神の一部であり、不死の状態まで高められることもある、と話す言葉を聞きます。これを明確にしてもらえないでしょうか?

サナンダ:大切な最愛なる者、あなたの幻影と現実性の定義次第で、両方の認識が妥当です。説明します。その身体はひとつの道具または手段であり、コンピューターが連絡のために利用されるひとつの道具であるように、3次元の現実性を把握するために用いられます。身体は、それが創造全体の不可欠な部分であるという意味で、実在します。しかしその一方で、身体はその身体に宿る者から離れて霊または魂を持たないという意味で、身体は幻影的なものです。

身体はひとつの内蔵された知性を持ちますが、しかしそれは、ちょうどコンピューターがソフトとひとりの操作担当を持たなければ使い道がないように、ひとつの霊または魂によって活性化されなければならないものです。身体は、知性的な存在(魂)あるいは知性的なエネルギー(霊)の姿として神によって身体に与えられた生命から離れて、生命を持つことはできません。あなたは、それは中立的であり、良くも悪くもない、と言うことができるかもしれません。皆さんのコンピューターは中立的であり、利用者の意識次第で、建設的にまたは破壊的にも使うことができます。

わたしは、“奇跡の講座”の中で提供された幾つかの情報を明確にする必要があります。わたしが身体は幻影だと話した時、わたしは、自分が身体のレンズを通して外部の世界を単純に把握している永遠の霊的存在であることを忘れてしまった人々によって身体に割り当てられたその役割について言及していました。

その講座の中でわたしがそう呼んでいる魂は、身体にその魂自信のひとつの生命を与えようと試みてきました。そして魂は、特に身体が病気になる時に、魂がその身体の指示に依存すると考えます。身体の内部には、そこに宿る魂の意識に反対している力はありません。身体は単純に、その魂の意識の内部の物事に反応しているだけです。これが、わたしが認識させようとした要点でした。

わたしが身体は神の意識を制限するために作られたと話した時、わたしは、神は存在しないこと、神は神の子供達が苦しむことを望むということを正当化するために身体を利用しようとする人々に言及していました。内面の奥深くで、こうした魂達は、当初は神とひとつであるという漠然としたひとつの記憶を持ち、その結果より低次の密度への分離に苦悩しています。この闇への転落の辛い記憶を拭い去るために、そういった魂達は、底に横たわるものを隠すために身体を利用しようとします。その創造主を奪われたと感じて、苦悶する孤独なひとつの精神です。

今後そういった魂達は、二元性の楽しみと苦痛に逃げ込んで、ひとつの虚しい試みの中で内面の渇望を満足させようとして、身体を使うことになるでしょう。その魂達は、倒錯した楽しみ、薬物、絶叫型遊具、虚栄心、そして内在する悲しみを取り繕う他の手段に対して、身体を支配します。身体はエネルギーのマトリクス、つまり電磁束の幾何学的パターンから構成され、そしてこのマトリクスは精神と情緒によって制御されます。

ひとつの魂がその意識の充分な純化を終えた時、その魂は、その魂の意識のどのような特徴も実質的に身に着けるために、物質的な身体を修正することができます。従ってその身体は、その魂のひとつの延長になり、その魂が神の力と存在感と同調する時、その身体は神の愛に溢れる存在感を発散させます。そのため神の存在感を外部の物質的な次元領域に向けて拡張することによって、身体は精霊に満ち溢れて、純化され高貴になり、聖霊に喩えられるようになり、明らかにされた不死で輝く完璧性の具体例になります。

身体が貴くなることを目的として、身体を褒め称える必要も、身体を神の不可欠な部分として理解する必要もありません。しかしその一方で、神の聖なる子供の精神から、すべての判断を取り除くことが必要になります。もしも人が依然として物質的な姿の中にいる間に完璧性に向けて次元上昇しようとするなら、身体が行い表現するどのような物事も、決して判断することはできません。

身体は、ひとりの真の神の生きている神殿です。今後この単純な事実が、肉体の誘惑を超えて他の具体化された魂達との聖なる統合へと皆さんを運ぶことになるでしょう。わたしは決して、皆さんが身体的な愛が悪いまたは罪深いという信念を身に着けることを意図した訳ではありませんでした。物質的な世界の中の他のあらゆる物事のように、純化して内面に向かう必要性を免れるひとつの手段としての物性の崇拝がその問題であり、身体それ自体または楽しみを感じる身体の能力のことではありません。

物質的な楽しみへの執着は、痛みと苦悩を引き起こします。何故なら、物質的な楽しみに執着した状態で、人は人の全存在との結び付きを忘れるからです。物質的な世界の中で神の存在感を確認し、自己と他の人々の内部の同じ完璧さを確認することは、皆さんと神の息子達の間の分離を終りにします。次にそれぞれの人間関係は神に関わる神になり、愛のそれぞれの表現は、物質的な楽しみの表現も含めて、最大限になります。

皆さんが住むこの世界は、皆さんのそれに関する認知次第で、ひとつの楽園またはひとつの牢獄になる可能性があります。それぞれの水準つまり次元は、ひとつの認知の仕組みを持ちます。身体は、3次元のための主要な認知の仕組みです。精神と想像力は、4次元の認知の仕組みです。愛に溢れたこころと結晶質の光の身体は、5次元の認知の仕組みです。存在のそれぞれの水準は、その認知と魂の経験の方法を持ちます。身体はこの世界の中のその経験を促進します。その経験の質は、その魂の意識の状態に依存します。

人がさらに高い数々の次元へと進化する時、まさに人が目覚める時に夢がひとつの幻影のようにみえる場合と同じように、身体はひとつの幻影であるように見えるかもしれません。それにもかかわらず、夢の次元の内部では、夢は極めて現実的に見えます。この世界の内部では、身体は極めて現実的に見え、そしてまるで物質的な姿がひとつの幻影であるかのように自分達の人生を生きることは、ほとんどの魂に役立ちません。生きている神の聖なる神殿に対する名誉と敬意は、神が皆さんの器を通して明確にそして歓びに溢れて交信できることを保証します。

身体は、ひとつの知的な様式を持ちます。創造主は、物質的な次元の中でそれ自体を表現するために、最も絶妙な認知の手段を造り上げました。従って、たとえわたしによって交信された一冊の本またはたのどのような参考書の中であろうと、身体は神に属さないと述べるどのような発言も、間違ったものになるしかありません。もしかするとひとつまたは2つの解釈は、無傷で伝わらなかったのかもしれません。もしかすると、ひとつの文節が間違って解釈されたのかもしれません。

奇跡の講座は、罪悪感と罪がその読者の内部に宿るとことを自覚することによって、その罪悪感と罪を克服する方法における、ひとつの美しい教えです。その講座は、わたし達はひとりの愛に溢れる神の産物であり、わたし達の純潔は永遠に確立されていることを、絶えずわたし達に気付かせます。その講座は、内面の神に意識を集中して、物質的な姿に対するわたし達の執着を取り除く方法を、わたし達に教えます。

それは重要な内面の真実のことであり、その言葉自体ではありません。言葉はただ言葉を超えたものを指摘できるだけです。その言葉を利用して、皆さんの聖なる精神とこころの中に宿るその永遠の存在感に対する発想と描写を超えて進んでください。あらゆる物質的な身体が、その安らぎのひとつの手段になるようにしてください。あらゆる魂の経験をその安らぎにしてください。

わたしは今日、皆さんにわたしの安らぎを与えます。わたしはサナンダ、永久に永遠の一体性の光の中にいます。

Channel: Sal Rachele

http://sananda.website/sananda-via-sal-rachele-may-12th/



翻訳★森のくま
http://twinkle-star999.blog.so-net.ne.jp/2016-05-25



※行間を詰めさせて頂きました。 管理人。