ハートの贈りもの―2016―黄金時代04年

2016-道は分かれていきます。他者奉仕の道を選び、”一なるものの法”を共に学んでゆく人のためのサイトです。

雨の夜、自宅上空に現れたプラズマ状ライトシップ!(9/24更新; ピラミッド型?)

2016-09-24 21:54:12 | 不思議ニュースから
9/24更新; 気がつきました! このシップ、形がどうなっているのか、いまいちよくわかりませんでしたが、どうやら、大きなピラミッド型に見えます。ということは、プレアデスのシップかな。。以前、こんな記事を書いています。私は、プレアデスのETセルフも持っているので、やはり私の関係者でしょう。ヾ(=^▽^=)ノ コミュの投稿もご覧下さい。




昨晩、仙台は大雨でした。写真を撮っていたら、ある1枚を写した瞬間、フラッシュの中で、自宅の屋根の上に、ぬっと、巨大な光の塊が出てくるのが見えました。

写真で見ると、角張った形からして、高次元のプラズマ状ライトシップだと思われます。

実は、昨夜はカウンセリングで凹んでしまい、その後で傘を差して外に出て写真を撮りながら、夜空に向かって、じっちゃん創造主やAAマイケル、ツインフレームに、「ヘルプ~!」って、叫んでいたんですよね。

まるで、それに答えて出てきてくれたような感じでした。こういうシップがいつも、家の上空で待機してくれているのかもしれません。

プラズマ状の存在といえば、以前写したシャンバラの女神様を思い出します。




そして、昨夜は他にも、球状のプラズマ状の存在が、おそらくこれもライトシップでしょう、写っていました。






オーブやプラズマ状の存在だけでなく、セロハンというか、オブラートの薄い膜が破れたようなものも、よく写ります。

何でしょうね? 別の次元を覗いているわけですが。

昨日の祝祭セッションでも、じっちゃんが、「目には見えなくてもいろいろ存在するんだよ」と、教えて下さいました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天使が飛ぶ朝、、何かが終わった。(半分ね。)

2016-09-21 21:00:54 | 次元上昇






(今朝、9/21の朝一番の空。美しい羽がはばたいていました。大天使たちだと思います。昨夜の私の願いに答えて、姿を見せてくれました。(^○^))


スピ界は今、「アセンションの第3波の到着」、そして、「卒業」のメッセージで持ちきりです。バシャールの言っていた2016年9月です。この9月から、大変容が始まります。ポジティブ特急とネガティブ特急、二つの列車はもうレールを交えることなく、それぞれ別の世界を目指して分かれていきます。

既に、カバルたちの支配は崩れ始めています。兆候は現れていますね。もっとも顕著なのは、アメリカ大統領選です。

ベンジャミン・フルフォード情報英語版では、「ヒラリーは死んでいる」と言い切っています。

確かに、最近の彼女の動画はそっくりさんを使っていたり、コンピューター・グラフィクス、ハリウッド並みの特撮だったり。素人目にも、本人でないことがわかります。マスコミは、一丸となってこの大きな猿芝居に加担し、business as usualの偽の映像をニュースで流し続けていますが。彼女は、芝居に引き込むことのできない一般人が集まる会合にはもう出てきていないようです。

4日に死亡したという説と、11日に死亡したという説があります。どちらにしろ、彼女が脳神経系の疾患を患っていたのは確かです。(彼女のおかしな行動の映像を見たうちのオットーもそう診断していました。) え~?!と驚く方、、アメリカのマスコミは、記事のみならず画像だってねつ造するんですよ。911の飛行機突っ込みがそれですからね。知らなかったの? フフ w( ▼o▼ )w

いやいや、、ここでは、こんな黒い赤いものを見に行く話をするつもりはなくって。。(コンシャス・チョイス49号を読んでいる方にはわかりますね (・・。)ゞ)

実は、私もこのところ立て続けに、夢で、”終わった”というメッセージを受け取っているのです。覚えているだけでも5回。何が”終わった”のか、”終わった”のは、全部ではなくて、半分くらいだけど。

2回は、はっきりした夢です。

3回は、目覚めたとき、かすかな夢の記憶だけがうっすらと残っていました。。夢の中では、「まったく当たり前のこと」で「忘れるわけない」と思っていたのに、実際に起きたときには、思い出す間もなく、ほろほろって、柔らかな結晶が崩れるように手のひらからこぼれ落ちてしまいました。

私はほとんどの晩、寝ている間、上の次元でも、昼間と同じような仕事をしています。つまり、「どうしたら、自分の気づきをみんなに分け与えられるか」、そのことに集中しています。だから、夢に入っても、目覚めた朝にも、違和感なく現実がつながっている感じがします。流れが途切れない。そして、上では、自分の仕事・ミッションに関して、いつもガイドたちと相談しています。彼らと相談して決まったことを、おそらくこちらの世界に降ろしてきている。

それがこのところ、目覚めると、「ああ、、もう、やらなくていいんだ」という感覚が強く残っているのです。何がどうとは言えないのですが、何とか思い出そうとすると、こんな記憶で出てきました。

夢の中で、誘導瞑想のyoutube動画を作っています。そして、「ああもう、これからは前半は音楽を付けなくてもよくなった」と思っている。

また、夢の中で、カウンセリングを終えたところ。そして、「ああもう、これからは時間を半分にしていいんだ」と思っている。

そしてまた、何かをこれまで通りにやろうとしていたら、「そこはもうやらなくていいんだよ」と、誰かから声をかけられた。

誘導瞑想の動画作りも、カウンセリングも、シンボルとして出てきています。このぼんやりとした夢の記憶のいずれもが、私がこれまでにやってきたミッションの、おそらく前半部分は終わったよ、というメッセージを表しています。それが、繰り返し来ているのです。

はっきり覚えている夢2つ、それらも、とても意味深でした。

まず1つ目。私は、教室にいました。これから、生徒たちが、自分が作り上げた作品や取り組んできたプロジェクトの結果を発表するところでした。

私の番なので、これまでに私がやってきた仕事をみんなに説明しようと立ち上がりました。

すると、4~5人の生徒が、先に前に出てきたのです。そして、彼らがみんなの前に、何やらすばらしい展示物を広げてくれました。それは何と、私の作品だったのです!

何でも私の仕事を称えるべく、彼らの手で、私の作品を立派な展示物にまとめてくれたというのです。黒模造紙に私の仕事を貼り付け、その周囲に色紙で作ったたくさんの花やキラキラを飾って、人目をひく華やかなディスプレイに仕立ててくれていました。それを、彼らがみんなに披露してくれたのです。

いやあ、びっくりしました。そんなに私の仕事を評価してくれていただなんて。ちょっと恥ずかしいような、でも、とっても光栄に思いました。((^▽^;) ここで書くと、こっぱずかしいね~。でも、自慢したくて書いているわけではないので、そこのところはわかって下さい。夢です、夢。m(_ _)m)

そして、同じ夜に連続して見た2つ目の夢。

やはり、教室です。私の夢には、教室や会議室がよく出てきます。誰かと打ち合わせをしていたり、大勢の人に何かを教えていたり。あるいは、戸外で、大勢の人を道案内していたり。UFOが飛び交う空の下で、人々に「ぜんぜん怖くないのよ~」と指し示していたり。(ハハハ、、ベタな夢ですね~。)

この2回目の夢では、教室で、私は一番前の席に座っていました。でも、心ここにあらずで、相変わらず、「どうしたら?、、」と、考え続けていました。私にとって、「どうしたら?」というのは、昼も夜も常について回ります。いつもそればかり考えている。(ハハハ、、苦労性ですね。)

すると、教師に突然、「はい、あなた、次の問題やってみて」と、当てられてしまいました。

あわてて問題を見てみると、えらい難しい物理の数式で、アインシュタインでも解けそうにない。「まずい、全然わからないぞ」と、焦っていたら。。

後ろの席の生徒たちが騒ぎ出したのです。そして、立ち上がって、口々に言うのです。「この問題は難し過ぎる。みんなで考えよう」と。

助け舟を出された感じで、ここでも、びっくりすると同時に、とても嬉しく思いました。

、、と、そんな夢です。深い意味がありそうでしょ?

私の仕事が一区切りしようとしている? そして、これからは共に担ってくれる仲間ができようとしている?

この5回の夢が意味しているのは明白ですね。

つまり、、私がこの1週間ほどの間に立て続けに見た夢は、まず、”アセンションへ向かうある段階の終わり”を意味している。前半の半分なのか、、それとも、3分の1なのか。とにかく、私の仕事の一部が終了したということ。

さらに、今後、私は仲間に恵まれていくのかな、ということです。もう、孤独ではなくなるのかな、ということ。

それがまたまた、最近、預言カフェで、じっちゃんに言われた言葉と、ぴったりシンクロするんですよねえ。

主が言われます。勇気を与えますと、主が言われています。そして大胆さを与えます、そして表現力を与えていきますよと、主が言われています。あなたはどんなときにも、後ろに退がらないで前を向いてきた、そして前を向いてしっかりと歩いてきた、その姿勢を喜んでいますと、主が言われています。ですから、これからの人生の中にあっても、本当に多くのものにあなたは出会い、それを、一つ一つをていねいにていねいに乗り越えて行くでしょうと、主が言われています。そして乗り越えたときに、そこにあなたに権威が与えられて、そこに智恵が与えられることを知って下さいと、主が言われています。

豊かさがあなたの人生にあることを、本当に受け取りなさいと、主が言われています。それは物質的な豊かさだけではなくて、人と人との関係の中で、本当に安らぎがあり、喜びがある、その豊かさです。それを見ようと思うなら、あなたが選ぶことができるんですよと、主が言われています。

あなたの心を、私は守りたい。ですから、心を見張って下さいと、主が言われています。あなたの心に恐れや心配をもたらすたくさんのニュースが来るかもしれない、しかし、それを植え付けないで、すばやく抜き去りなさいと、主が言われています。そして、良いニュース、喜びのニュースを本当にたくさんあなたの心に植えるときに、それが種となって豊かに実る、それがあなたの周りの人たちに、またあなたがこれから出会う人たちに、たくさん分け与えられる、そのように私はあなたを用いていきたいと、主が言われています。

ですから、まずあなたが幸せになってほしい。そのことを神が願っていることを知るならば、何も心配はないですと、主が言われています。今日、一生懸命生きたことを本当に自分で誉めて下さいと、主が言われています。そして、明日は神に任せなさい。私はあなたに最善を用意している神だから、恐れてはいけないと、主が言われています。

私はあなたを愛しています。そして、あなたの家族やあなたの周りの人たち、あなたと関わっている人たちも、あなたを本当に信頼していますよと、主が言われています。その愛の中で、愛の結びつきの中で、本当に豊かに生きていって下さいと、主が言われています。

預言カフェで、この言葉をいただいたとき、思わず席上で涙してしまいました。店員さんに心配されちゃったヨ。((^┰^))ゞ

じっちゃん、わかって下さってるなあ。。<(_ _*)> アリガトォ <(_ _*)> アリガトォ

というわけで、、、この9月が区切りになったんです。世界は。私たちは。本当に!

そして、私たちはこれから、ニューアースへと向かうのです。

国之常立神様の言われるように(コンシャス・チョイスNo.48)、「地球の守りびと」となるために。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今、求められる”愛のミッション”(9/22更新)

2016-09-16 18:44:15 | 想像=創造プロジェクト

mp3ファイルを、こちらからダウンロードして下さい。

9/22更新; マイケルでした! ラファエルではありませんでした、エメラルドの光の贈り主は。

今日の祝祭セッションで、たまたまじっちゃんにその話をしたら、「(ラファエルではなく)マイケルが、エメラルドグリーンの光の粒を落としたのだよ」と、教えて下さいました。そうだったんですね~。なるほど~。マイケル、いつもありがとうございます。(^▽^)/



9/16更新; このところの疑問が解けました。これまで、何故、私のミッションにアストラル界の霊導が加えられたのか、少し不思議に思っていました。他のWayshowerはあまりそういう状況ではないからです。でも、わかりました。AAマイケル繋がりでした。彼と彼のレギオンは、まさにアストラル界に捕らわれた魂を救出する役目をもともと担っていたんですね。私は知らなかった。

Archangel Michael Freeing Souls From the Astral Plane
Archangel Michael and his legions daily descend into the astral plane fully arrayed in their mighty blue armor, carrying their shields and swords of blue flame. There they cut free those who have passed from the screen of life and who are unable to rise to higher octaves of service and the retreats of the masters. He and his angels of deliverance work twenty-four hours a day on these levels rescuing souls from the accumulation of their own human creation over the centuries and also from the projections of the dark ones. They have served there for many ages, and Michael says that he is determined to never give up until the last child of light on this planet has risen to the God Source in the ritual of the ascension.

知らず知らずのうちに、私は、彼のお手伝いをしていたわけです。

そういえば、ヘミシンクのライフラインでF21のブリッジカフェへ行き、モンロー氏に出会って、F23~26のリトリーバルを依頼された際、そばにマイケルもいらしたんですよね。彼は私のガイドなので、たいがいそばにいてくれます。

じっちゃんからも、私とマイケルは、次元を超えて以心伝心でつながれる、非常に仲が良い魂だと教えていただいていますが(私のツインフレームとマイケルが、双子のような関係として造られているということです)、、そっか、、だから私も、霊導のミッションにこれほど深く関わることになったんだ。。納得です。いろいろなことが紐解かれていきますね。ベールがどんどん薄くなっている。

このことを昨日知るきっかけをくれたのは、AAラファエルではないかしら。昨日、祝祭セッションの最中、そばの床に、これまでに見たことのないエメラルド色の四角い光が射し込んだのです。小さいけれど、とっても美しく光り輝いている。セッション中だったので、写真は撮れなかったのですが、「緑色の光ということは、ラファエルかしら」と思い、セッション後、彼のメッセージをネット内に探してみました。すると、、彼に関する情報と共に、このマイケルの情報も見つかったんですよね。

自分が正しい道にいるのかどうかわからない、助けが欲しいと願うとき、何処からか、助けは必ずやってきます。(^_^)



以下は、コンシャス・チョイスNo.47の記事です。

読んでいただけるとわかりますが、今、私たちは重要な分岐点に差しかかっています。自分のリアリティに何を望み、何をビジュアライズするかが、きわめて大事な時期です。

バシャールが言っていた”2016年秋、分岐の始まり”が到来しています。

今朝9/12ののメッセージでも、「このように、両極の波動はコインの裏と表のように切っても切れない存在同士ですが、それらはお互いに交わるどころか、どんどん差が大きく開いているのだとバシャールは話しています。現にポジティブ地球とネガティブ地球行きの列車は急行から特急へとシフトし、それらはお互いに反対方向へとどんどん突き進んでいるのです。」と、告げています。

自分が考えること、想像すること、使う言葉、実際の行い、、すべてを意識して下さい。ハートの中心に留まり、すべてに光を籠めていきましょう。

それを助けるべく造ったのが、ここでシェアする誘導瞑想です。個々人から始まって、それが集合した形で人類全体の波動を高めていけるように設計しています。ポジティブな感情を強力に活性化させる音楽を用いています。

なぜ、これが今、必要なのか、以下で、非常に深い説明をしています。

自分のハートの願いとして「一なるものの法」を学び、じっちゃん創造主の生徒となることを望んだ方々、即ち、自由意志で選択してコンシャス・チョイス・サークルのメンバーとなっている方々には通じる内容ですが、「そのような情報は自分は必要としていない」という方々にも、果たして理解していただけるのかどうか、、ちょっとわかりませんが。。

それでも、一人でも多く、地球サイズの他者奉仕の仲間として加わってほしいので、このブログでもシェアすることにしました。

ご興味があれば、どうぞご参加下さい。一緒に取り組みましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


アセンション・ニュースレター“ハートの贈りもの5D”
コンシャス・チョイス(No.47 2016-9-6)より


◆なるでこセミナー
 メタミュージック瞑想・愛のミッション
  ツインフレーム~霊導~地球ミッション~ニューアース

今号では、とても重要な誘導瞑想をシェアします。

この9月から大変容が始まっています。人類にとって、大きな分岐点です。ベ
ストな意図、明確なビジュアライズによって、地球と人類、そして自分自身を
最適なタイムラインに乗せる、その作業がこれほど大切な時はありません。

それに合わせて造ったのが、この瞑想の音楽ガイドです。

この時期、地球と人類の次元上昇を支援するミッションとして、さらに、個人
が自分自身をアセンションへのタイムラインに着実に乗せるためにも、非常に
重要なビジュアライズを行います。ビジュアライズこそが、望む現実を引き寄
せるために私たちがこの次元で手にする、唯一そして最大のパワーです。ビジ
ュアライズによって、私たちは共同創造主となり、また、非物質のガイドたち
にコンタクトして、理想の未来の創造を手伝ってもらうことができるのです。

私の体験として、祝祭セッションを通じて、昨年9月からじっちゃんとのコン
タクトが始まり、今年の2月から霊導が始まり(その後も、セッションで3回
の霊導が起きています)、5月に自分のハイアーセルフと融合し、さらに6月に
ツインフレームと再会してから、リアリティがどんどん多次元化を深めていま
す。外部の変化と相まって、自分の内部の変化が激しいので、3次元の言葉で
追いつくのに苦労しています。しかし、私に起きているこのような変化は、す
でに多くの人に起きていること、これから起きてくることです。

今、アセンションウェーブの第3波、これによって人類が集合体として選択す
るタイムラインが決定づけられる最終段階ともいえるエネルギー、その流入が
始まっています。タイムラインの分岐としては、まず最初に、ニューアースへ
移行して第4密度を目指すグループ、すなわち、時期に早い遅いの違いはあれ、
アセンションが可能になるグループと、今回はアセンションを選ばない、即ち
(自らのために)第3密度で学び続けることを選択するグループとに分かれま
す。

その割合は、8月29日の祝祭セッションにおけるじっちゃん情報によると、
40%と20%、40%は第4密度を目指すグループ、20%は第3密度に残
るグループだそうです。残りの40%はまだどちらに行くかわからないグルー
プです。先日の私の”ハートの贈りもの”の記事で、今この瞬間に(Coreyが
ラーに告げられたのは8月初めです)、決定的なアセンション・ウェーブが地球
に到達したとすると、アセンションに至る地球人は0.042%のみであると
お知らせしましたね。しかし、上述のように、今この瞬間に可能でなくとも、
この先の予備軍はたくさんいます。心配しないで下さいね。

むしろ、「自分はどうなるだろうか」と、ここに来てなお心配になるとしたら、
まだ、じっちゃんの愛を確信できていないことを示唆します。「どういう結果に
なるにせよ、それが自分にとってのベストの道であり、自分の魂の選択であり、
じっちゃんの大いなる愛に包まれていることに変わりはない」、それを信じ切
れていたら、この先の成り行きに不安を感じることはなくなります。不安を感
じて心配する暇があったら、自分という人間の在り方、心の持ちようを精査し、
ポジティブへ、ポジティブへ、自分への赦し、他人への赦し、自己=他者=ワ
ンネスとしての愛、他者奉仕を心がけていくべきです。一瞬一瞬において、自
分の感情、思い、行動を意識して、ワンネスの愛を選択していくべきときです。

しかし、今、書いたように、真の他者奉仕へ至るには順番があるんですね。自
己への赦し、自己への愛が一番最初で、「自分は赦されている」「自分は愛され
ている」、「すべての存在がそうである」、「他者とは、違う体験をしている自分
に他ならない」、これが実感されてこそ、他者を、自分と同じじっちゃんの子ど
もとして認め、愛し、育むことができるようになるのです。

今回、皆さんに参加をお願いする誘導瞑想は、私自身の瞑想体験をもとにした
ものです。それは、これまでの私の覚醒の過程を集約したもの、気づきの集大
成とも言えるものであり、今、この地球と人類にとって分岐点といえる時期に
間に合うように造られました。特に、この半年間、とりわけこの8月に私自身
が経験した(実地の学びとして、じっちゃんから体験させられた)深い多次元
体験が生かされています。この瞑想自体が多層構造で、何重もの複雑な意味を
持ち、多次元に影響を与えていきます。地球のためにも、人類のためにも、そ
して、あなた個人のためにも。

この瞑想は、ディヴァイン・プラン(神の計画)の核となる4つのパートから
できています。

1番目のパートはまず、愛。愛を感じること。愛を思い出すこと。

私自身がそうですが、すでにツインフレームとの再会が始まっています。どの
人にもそれが起こっています。あるいは起こっていきます。すでにこの3次元
で出会った人もいるでしょうし、夢や瞑想を通じてコンタクトされている人も
いるでしょう。「自分にはまだ何も起こっていない」と思う方もいるでしょうが、
この宇宙にツインフレームが存在しない人はいません。相手が何処のどんな存
在であるとか、名前とか肩書きが何であるかは重要でなくて、エネルギー体と
しての相手をただ感じれば良いのです。アセンションの過程では、必ず両者の
エネルギーの融合が起こっていきます。それが起こった上でのアセンションで
す。顕在意識ではまだ把握できないにしても、魂のレベルでは、男性性・女性
性の二つに分かれた自分の部分が融合しつつあります。「今はまだ感じ取れな
い」という人も、ハイアーセルフや自分の多次元体の統合が進めば、必ずわか
ってきます。

そもそも、地球支援のボランティアである私たちは、このツインフレームの愛
につながった形で、というかそれを命綱のようにして、低い次元に降りてきた
んですね。

ツインフレームの概念がわかりにくければ、あるいは感じにくければ、ツイン
フレームの愛を、じっちゃんの愛と置き換えてもかまいません。すべての愛の
根源はじっちゃんです。じっちゃんから派生したもの、同じものです。魂を共
有するツインフレームの愛も、じっちゃんの愛と考えていいのです。

この愛を、私たちは今この時点で、しっかりと思い出す必要があります。私た
ちは、自分が何者であるかを忘れて、低波動の、重い密度の世界へ降りてきま
した。しかし、かつて、いついかなる時も、じっちゃんの愛から切り離された
ことはないんですね。私たちはじっちゃんの愛のパイプに太く繋がったままな
のです。だからこそ、何でもできるのです。何にでも挑戦できる。どんな冒険
も怖くない。自分のために、他者のために、全体善のために、どんな犠牲を払
うことも可能になるのです。何故なら、私たちはじっちゃんの子どもだから。
何があっても、帰る家は用意されているからです。

そのことを再認識するために造ったのが最初のパートです。

そして、2番目のパートは他者奉仕です。

それについては、もう少し前から説明しなければなりません。

今、世界中のライトワ―カーが、次元上昇の開始を喜んで、大騒ぎしています。
待ちに待ったアセンション・ウェーブの到来が始まったと。そして、「自分の波
動を上げましょう、他の人が波動を上げるのを支援しましょう」と、呼び掛け
ています。

すばらしいことですが、、私がやや残念に思うのは、どのサイトも、現状を光と
闇の二元性の視点で見ていること。「闇は駆逐するべきもの」、自分たちとは違
う異質なものとして、別世界へ追いやろうとしています。「もともとは自分たち
と同じ光の存在である」という視点で、差別意識を持たずに、どのようにした
ら彼らを受け入れて融合していけるか、それを真剣に考えているサイトはほと
んど見当たりません。

しかし、ここ私のところでは、このところずっと祝祭セッションや霊導者さん
を通じてじっちゃん創造主のスーパー講義が続いており、それによると、じっ
ちゃんにとって、この時期に私たちに最も伝えたいことは、「光と闇の融合」な
のです。レプティリアンのマトリョーシカの中から可愛い女の子が出てくる、、
あるいはキューピッドが出てくる、、こんな衝撃的な話は、バラ色の言葉が並ぶ
他のチャネリングメッセージには出てきません。

しかし、「闇は、愛しい自分の片割れだよ」とおっしゃるのが、じっちゃん創造
主です。それを、様々なメイクドラマに仕立てて、私たちに見せてくれている。
じっちゃんのメッセージの核心は、「闇を裁かないで統合しなさい」。さらに進
んで、「それができないと、アセンションは無いんだよ」、そのようにさえおっ
しゃいます。

単純に光の勝利を祝う、、のではなく、その上の視点に、波動に、立つことが求
められているのです、私たちには。

しかし、そうはいっても、闇を赦し、受け入れるのはそう簡単なことではあり
ません。闇を見ないで済むなら、それに越したことはないと思ってしまう。見
てしまうと、私たちはつい裁いてしまいます。異質なものを排除したくなりま
す。

何故でしょうか? 

その根っこには、恐怖があるんですね。弱肉強食のこの3次元の世界で生き残
ってくるためには、まず恐怖が必要だったからです。

ということは、赦すためには、先に、恐怖を取り除かなければならない。

では、恐怖は何で取り除くことができるか?

それには、愛しかないのです。よく「恐怖を愛で置き換えなさい」と言います
が、「自分は無条件に愛されている」、「何があっても、自分は最終的には大丈夫
だ」という心底からの安心感がないと、恐怖や不安はなかなか消えません。

というわけで、愛されている確信→根本的な安心感→恐怖の手放し→自他の赦
し→ワンネスの気づき→自他を同一視する愛→他者奉仕、という順番でつなが
ってきます。その先にアセンションがあるのです。

振り返ってみれば、じっちゃんがスーパー講義を始められたとき、初期のテー
マは、「ひとり一人をどれほど愛しているか」という、あふれんばかりのじっち
ゃんの愛の表現でしたよね。私たち一人ひとりが光の繭で包まれていること、
そして光の糸でしっかりとじっちゃんと繋がっていること、つまりひとり一人
がじっちゃんの愛に包まれていることを、いくつものイメージを使って、じっ
ちゃんは私たちに見せて下さいました。その後からです、スーパー講義のテー
マが、光と闇の融合、二元性の統合に移っていったのは。「愛されているという
確信」が最初にあってこそ、「赦し」や「光と闇の融合」へとつながるのです。
じっちゃんはそれをちゃんとわかっていらした。(って当たり前デスネ、ハハハ、スミ
マセン。*゚v゚*)

そして今、この9月、地球と人類は大きな分岐点を迎えています。ちょうどこ
の時期に合わせて(これも、じっちゃんの計画の一環でしょう)、私はヘミシン
クによる宇宙ツアークラスに参加しています。私の目的は、光と闇の融合をビ
ジュアライズすることです。そこで視たビジョンがあります。

AAマイケルと一緒に、地球の周りをシップに乗って飛んでいました。この9月
から、アセンション・ウェーブの第3波が届き始めています。宇宙から見ると、
地球に亀裂が入り始めています。脱皮が始まろうとしています。

マイケルが教えてくれたところによると、「脱皮する皮が薄ければ薄いほど、変
容は穏やかに進む」のだそうです。ニューアースへ到達できない人々は、地球
が脱ぎ捨てる皮と共に去らねばならないわけですが、地球が脱ぎ捨てる皮が薄
ければ、それに付随する人も少なくてすむ、人類社会が経験する大変動、地殻
の揺れも穏やかにすむ、ということなのです。

どうしたら、脱皮する皮を薄くできるのでしょうか?

前もって中身のニューアースの方をしっかりと丈夫に造ってしまえば良いので
す。中身を先にしっかりと固めてしまってから、そっと殻をはぐのです。

そのためには、地球の中から愛と光を満たしていく必要があります。これまで
も、そして今も、宇宙から、地球支援チームが地球に光を照射してくれていま
すが、今この段階では、中からの光が重要です。地球の内側から光を当ててい
くこと。内側から愛を満たしていくこと。

そして、そのためには、地球のコア、地球次元の最も深いところへ降りていっ
て、そこから光を放射する作業が必要なのです。

それが、モンロー氏に頼まれたライフライン/霊導の仕事と結びつくんですね。
「ヘミシンク;故ロバート・モンロー氏から伝えられたメッセージ」
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/86ba14bf51ac0bcf0187dc4d7a1f62fa

さらに、「闇を裁かずに統合しなさい」というじっちゃんの教えとも、繋がって
くるのです。

ふうう、、前段の説明が長かった~。これらすべては、私には多次元的に一瞬の
ダウンロードでわかってしまうのですが、言葉に置き換えるとまどろっこしい。
理解しにくかったらごめんなさい。

さらに今、行っているヘミシンクの宇宙ミッションでは、じっちゃんから、次
の言葉も与えられました。

「これまで闇にいた者たちを裁く必要はない。罰する必要もない。彼らに必要
なのはヒーリングだけ」。

どのような罪を犯した者であっても、本来光を宿したじっちゃんの子どもです。
本当の自分を忘れてしまった、自分の光を見失ってしまった、いわば病人なの
です。そう考えれば、彼らに必要なのは治療だけなのです。彼らが引き起こし
た事件自体も、突き詰めて言えば、この次元で私たち全体の学びのために必要
だった幻想なのです。「闇に必要なのはヒーリングだけ」。皆さんは、この言葉
をどう思われますか? 受け入れられますか?

ここで、私が、この誘導瞑想を作成するに至った経緯をもう少しご紹介しまし
ょう。

この夏、私は大変深い多次元体験をしました。まず、祝祭セッションで何回も
霊導を行わねばならない状況に遭遇しました。さらに、自分自身もまた、(多次
元的に)他者奉仕のために命も魂も捨てる覚悟をする状況に追い込まれ、(今思
えば、これは私にとって”イニシエーション”、古代エジプトでイニシエート
になるために死を疑似体験した儀式だったのかもしれません)、自分自身が地
球次元のもっとも深い沼の底に沈む経験をしました。これらすべては、「書物や
ネットから離れて、実際に体験をして意識をより拡げなさい」という、じっち
ゃんが私に施して下さった教育でした。(ハハハ、、スパルタです。ありがとうござ
います。(TmT)ウゥゥ・・・)

その体験を踏まえて、私は、どうしたら、もっと多くの埋もれた魂にアプロー
チできるか、それを考え続けていました。埋もれた魂というのは、今、生きて
いる人間たちと同様に、本来、アセンションを目指してこの地球へ来たにもか
かわらず、様々な理由から死後の移行に失敗して、つまり光の故郷へうまく帰
れなくなってしまって、地縛霊や自縛霊となって、次元の底に沈んでしまった
魂たちです。

ヘミシンクのライフラインのミッション以外、表世界で、彼らの救済について、
まともに取り上げているグループはほとんどありませんよね。オカルトやホラ
ーとして、語ることさえ忌避されているのが現状です。

しかし、もともと私たちと同じなんですよ、彼らも。生きているか否かだけで。
私たちはみな魂の存在なのだから、肉体の衣があるかないかで区別するのはお
かしい。そう思いませんか? 彼らも同じじっちゃんの光の子どもたち。肉体
を着ているか着ていないかだけの違いであって、彼らだって、アセンションに
向かう支援を求めているのには変わりはない。

無視されたままのこの層が、地球の波動をまだ下へと引っ張っている一因とな
っているのです。天がその部分の解消を期待しているからこそ、モンロー氏か
ら私にメッセージが伝えられ、さらに、私と霊導者さんたちの活動につながっ
たというわけです。

しかし、霊導者さんたち個々人のご尽力や私の個々のセッション、ヘミシンク
のライフライン、あるいはスリープヘルパーの活動だけでは足りないのです。
支援を必要とする人数が多すぎて、時間的に間に合わないのです。その層にも
光を当てて、地球の波動を底上げしていくことが、ニューアースを強固なもの
にする、古い地球として脱ぎ捨てられていく皮の部分を薄くしていくことに繋
がるのですが、もっと効率のいい、新しい方法を考え出さなくては間に合わな
い。

しかし、有効な方法が見つからず、私は迷走していました。そして、詳細はお
伝えできないものの、私自身が魂から血を流す体験をして、その翌日の深い瞑
想で、その方法を見つけました。感動して号泣しました。

以下、その直後に、共同作業をした知人に宛てたメールです。

~~~~~~~~~~~~
いろんなことがわかったのです。ツインフレームの意味、霊導のやり方、地球
ミッション、そして、じっちゃんの壮大なる愛のスキーム。

じっちゃんがこれまでにおっしゃった言葉の数々が、一瞬でつながりました。

「愛が最強のプロテクト。
充分に光をまとった者が適任なのだよ。
足元をすくわれることなく、愛で包みに行ける者。愛は最強。
最強の実践が行われる。」

これが全部、見えました。ヒントを下さっていたんですね。マックスの光を出
すためにはどうしたらいいか、考え続けていて、その方法がわかりました。

その結果、出来上がったのが、他者奉仕としての霊導を取り入れた誘導瞑想で
す。この最も重要な時期に、私たちにと託された地球と人類のアセンション支
援のためのミッションです。

最初に愛をまとえばいいのです。
これからすべての人に融合が始まるツインフレームの愛を充分に満たし、さら
に光と愛に繋がった状態のまま、霊導のために降りていけばいい。

私自身がヘミシンクで体験したビジョンをそのまま、誘導瞑想のスクリプトに
しました。まったくの実体験です。

その後、さらにわかったのは、ツインフレームを、じっちゃんと置き換えても
いいということ。

さらに、沼の底に埋もれた魂を救うために降りる霊導というイメージ自体が、
地球と人類を支援するために、ツインフレームと分かれて下の次元へ下ったス
ターシードたちのミッションとも、ぴったり重なるということ。

じっちゃんの愛からは、誰も絶対に切り離されることはないということ。だか
ら、勇気をもって、すべては可能なのだということ。

この3つが降りてきて、じっちゃんがこの時期に私に何を体験させたかったの
か、それをどのように生かしてほしかったのかがわかりました。しかも、それ
が総まとめであることも。

これが、今回の光のグループでのミッションから、私が導き出した答えです。
この誘導瞑想を、小さなグループに限定せず、「ハートフル・リスニング」を始
動させて、できるだけ多くの人に参加してもらう形でやりたいと考えています。

この方法なら、光を出す訓練をしていない普通の人たちでも、マックスの光を
出すことができる、そう信じます。じっちゃんの光をまとい、じっちゃん(or
ツインフレーム)の愛につながった状態(ゼロポイント)で、次元の底へ降り
ていけるからです。多くの人が参加してくれれば、より多くの埋もれた魂を上
に送ることができます。新しいデジタル霊導、効率の良い霊導です。まさにリ
コネクションです。
~~~~~~~~~~~~

というわけで、今回シェアする誘導瞑想は、地球と人類の次元上昇を支援する
ツールであると同時に、それを行う個人をも、ニューアースやアセンションの
タイムラインへしっかりと導く内容として造ってあります。

最初のパートは、相手がツインフレームでなくてもかまいません。どんな人に
もツインフレームは存在するので、たとえ具体的な情報はまだ得られていなく
ても、何らかの光の存在のイメージを持てれば良いのです。あるいは、今この
次元で愛しているパートナーでも、家族でも、もちろんかまわないし、上に書
いたように、じっちゃんそのものをイメージしてもかまわないのです。自分が
愛されているということ、自分には愛し愛される存在がいること、この宇宙に
生まれた時からずっといるのだということを確信して、ビジュアライズに臨ん
で下さい。まずは、何よりも、体内に愛をいっぱい満たして下さい。

そして、それを保持したまま、その後、次元下降のミッションに降りていくの
です。私たちはかつて、そのようにして降りてきたのです。それを思い出すの
です。

その後、瞑想は、他者奉仕の流れから、ニューアースへと移っていきます。

どれだけの数の埋もれた魂を光の故郷へ帰してあげられるか、それが、地球の
目下の次元を底上げすることになり、人類全体の波動の上昇につながります。
それによって、これから体験する地球の浄化も軽いものですむようになる。つ
まり、地球が脱ぎ捨てる皮は薄いものですむようになります。また、まだ決め
かねている中間層の人々をアセンション可能域へ押しやり、アセンション可能
域にいる人々を、より早いタイムラインへ乗せられるようになる。

そのような玉突き現象を起こせるのではないかと、私は期待しています。

この瞑想をしばらくの間、集中的に、できるだけ集団で行いたいと思います。
ぴったりの音楽を加えることによって、全身に強烈な感情の波を起こすように
設計してあります。約1時間の長さがありますので、夜の10時~11時、朝
の5時~6時と、2種類の時間帯を決めておいて、別に1週間に1回でも、も
っと頻繁に行える人はもっと頻繁でもかまいませんが、そのどちらかの時間帯
に合わせて参加していただけたらと思います。その時に参加している人数なり
に、とにかく集団の力を合わせて、地球のもっとも重い次元に、マックスの光
を照射したいと思っています。

最後に、9月1日の祝祭セッションに、じっちゃんともどもお出でになられた
国之常立神様!!のメッセージをお伝えしておきましょう。

「日の本の国、日本は、“和す”で造った。」
「最初の日本の憲法は、“あなたのために何ができますか”であったのだ。」

目が覚めるようなお言葉でした。まさに、他者奉仕、愛の循環こそが日本人の、
国之常立神様によれば、“世界を精神的にリードする役目の日本人”の、基本的
な在りようだったのです。

今この時期の最重要ミッションであり、のみならず、そもそも私たちがスター
シード、地球支援のボランティアとして降りてきた、その道程が集約した誘導
瞑想です。

ぜひご参加いただければと思います。

メタミュージック/ヘミシンク音が入った音楽ですので、車の運転な
ど、危険を伴う作業中には聞かないで下さいね。眠くなります。

メタミュージック瞑想・愛のミッション

 http://xfs.jp/IpsWX


-----
メルマガ:アセンション・ニュースレター”ハートの贈りもの5D”コンシャス・チョイス
発行者 :ハートの贈りもの

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝石箱がひっくり返った、、、ような夜。

2016-09-08 21:30:55 | 不思議ニュースから
強い低気圧、台風、雷雨の時ほど、宝石箱をぶちまけたような、色鮮やかな夜空に写ります。

さっき写したばかりの、現在の仙台の空。土砂災害が、、洪水が、、起こらないように、、なるべく被害が少ないように、、祈りつつ。

アセンション・エネルギーを利用して、地球の浄化は進んでいます。

地球乙女に、愛と癒やしのエネルギーを送ります。ホ・オポノポノ。「ありがとう、ごめんなさい、赦してください、愛しています。」

























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンシャス・チョイス最新号のお知らせ(2016-9-11)

2016-09-08 21:30:34 | 最初に読んで下さい
1. みんなでワクワクする「真実の報道」を求める集団瞑想を行っています。毎晩10時から6分間集合!(mp3ファイルはこちら
2. 毎日曜日の夜10時から、光の勝利のための全世界集団瞑想(福島リカバリー・ビジョン・プロジェクトが発展したもの)を行っています。ぜひご参加下さい。音声ガイドはこちら。いつでも使えるスクリプトになっています。自己とガイアのヒーリングのために。お時間がある方は、ぜひ1に続いて毎晩でも。

3. チャネリング版”祝祭”セッションの「ライトワーカーへのメッセージ」も好評です。創造主と天使団のエネルギーで癒されて下さい。(mp3ファイルはこちら。)
4. チャネリング版”祝祭”セッションの”じっちゃん創造主”からの「人類へのメッセージ」もぜひ受け取って下さい。mp3ファイルは、こちら。



コンシャス・チョイスは、私がシェアできるエネルギーの最も高い振動帯で書いています。また、多次元の”今”において、”じっちゃん”やガイアの導きのもとに「一なるものの法」を学ぶ媒体、私にとっても最先端の気づきをシェアする媒体となっています。一方で、現実の世界においても地に足をつけて進むことが大切です。そのために、インサイダー・リーク、真実の情報も峻別して取り上げています。マインドとハートの両輪でバランスを取りつつ、次元上昇のタイムラインを歩いていきましょう。

しかし、フリーで提供されるものではありません。そのレベルをまだ必要としていない人々の学びの道に介入しないためです。近道をたどらせることは、その魂の利益にはなりません。「無理に引っ張ってはいけない」と言われています。自由意思によって、私と一緒に「一なるものの法を学ぶ」、私の「エネルギーと同調する」ことを選んだ人のみに開かれています。そして、エネルギー交流、与え与えられる法則に則っています。

まさに私のブログに表れていると思いますが、意識の拡大が加速しています。そして、私たちは同一レベルの波動に引き寄せられ、次第に細かく細分化して別のリアリティを体験していくことになります。タイムラインは扇形に広がり、最終的に互いに交流はなくなります。分岐はすでに始まっています。

3月に起こったアセンションの第2波で”卒業”してのち、さらに上を目指す人々はどんどん地球の多次元意識へと回帰しています。(コンシャス・チョイスを読んでいる人の意識の成長は速いと、感動しています!) アセンションとは、個人が多次元意識を取り戻すこと、地球の意識と一体になることです。次元上昇していく地球についていくには、二元性を超えて、地球の多次元意識、与え与えられるすべての輪の中に戻っていかねばなりません。そして、”じっちゃん”とのワンネスを思い出していかねばなりません。また、じっちゃんとお会いできる!”祝祭”セッションですが、コンシャス・チョイスの理解が前提にあると非常に深い学び・癒しが得られるため、”祝祭”セッションを受けたい方には、コンシャス・チョイスの購読をお勧めします。購読者から優先して受付しています。

ご興味のある方は、自由意志に基づいてご選択下さい。あくまでも筆者の独自の見解に基づくものです。”ハートの贈りもの”次元ポータルへのアクセス・コードは999。お申込みはこちらまで。(月単位です。申込みの日・時間よりも後に配信される記事がメルマガとして届きます。申込み月に既に配信が終わっている記事はバックナンバーとしてサイトで読めます。過去記事も同様に月単位で申し込めます。
(申込み方法に関する質問は、info@regimag.jp へ。)

・ 発行のお知らせ
・ 絶対に恐怖を与えたくない
・ 覚醒とは、居心地の良い現実の外へ踏み出すことを含む。
・ 質問をいただきました。回答はこちら
・ ”祝祭”セッション「ライトワーカーへのメッセージ」「人類へのメッセージ」を、ぜひお聞き下さい。コンシャス・チョイスで学んでいく「一なるものの法」の話が詰まっています。


アセンション・ニュースレター”ハートの贈りもの5D”コンシャス・チョイスのバックナンバー
No.1(2016-7)~No.25(2016-2)の目次はこちら。2016年4月25日号で、最初からそれまでの過去記事が全部読めるようになっています。


コンシャス・チョイス(No.48 2016-9-11)
「ニューアースで暮らしたい! アセンションしたい!」、そう願う私たちの叫びに応えて下さったのでしょう。今回、じっちゃん創造主は、日本国の創始者といえる国之常立神を祝祭セッションに招き、お二人で、私の数多くの質問に答えて下さいました。日本人には、本来日本人として守るべき高い霊性があったのに、時代の流れと共に失ってしまったようです。もし、それを守り切れていたなら、実は、現世はそのままアセンション後の世界にも等しかったのかもしれない。その点を国之常立神はお嘆きになります。そして、「本来の生き方を取り戻せ」と、私たちを叱咤なさいます。古代において国之常立神が導かれた日本は、人も自然も一体となって、愛と調和、循環に生きる、世界の範となる国であったようです。当時の憲法は、「あなたのために何ができますか」であり、まさに他者奉仕、そして、お互いに多様性を認め合う世界だったのです。アセンションを可能にするには、どういう自分に変わっていったらいいのか、国之常立神とじっちゃん創造主のメッセージをしっかりと聞き取りましょう。軌道修正する、すばらしいチャンスです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 2016-9-1_祝祭セッション録音:”アセンションQ&A”国之常立神&じっちゃん創造主
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.47 2016-9-6)
この9月から大変容が始まっています。人類にとって、大きな分岐点です。ベストな意図、明確なビジュアライズによって、地球と人類、そして自分自身を最適なタイムラインに乗せる、その作業がこれほど大切な時はありません。それに合わせて造ったのが、今回の瞑想音楽ガイドです。それは、これまでの私の覚醒の過程を集約したもの、気づきの集大成とも言えるものであり、今、この地球と人類にとって分岐点といえる時期に間に合うように造られました。特にこの半年間、とりわけこの8月に私自身が経験した(実地の学びとして、じっちゃんから体験させられた)深い多次元体験が生かされています。この瞑想自体が多層構造で、何重もの複雑な意味を持ち、多次元に影響を与えていきます。地球のためにも、人類のためにも、そして、あなた個人のためにも。今、アセンションウェーブの第3波、これによって人類が集合体として選択するタイムラインが決定づけられる最終段階ともいえるエネルギー、その流入が始まっています。タイムラインの分岐としては、まず最初に、ニューアースへ移行して第4密度を目指すグループ、すなわち、時期に早い遅いの違いはあれ、アセンションが可能になるグループと、今回はアセンションを選ばない、即ち(自らのために)第3密度で学び続けることを選択するグループとに分かれます。その割合は、8月29日の祝祭セッションにおけるじっちゃん情報によると、40%と20%。40%は第4密度を目指すグループ、20%は第3密度に残るグループです。残りの40%はまだどちらへ行くかわからないグループ。地球全体の波動を底上げするという今この時期の最重要ミッション、かつ、そもそも私たちがスターシード、地球支援のボランティアとして降りてきた、その道程が集約した今回の誘導瞑想に、ぜひご参加いただければと思います。
―――――――――――――――――――――――――――――――――― 
目次
◆なるでこセミナー
 「メタミュージック瞑想・愛のミッション」音声ガイド
  ツインフレーム~霊導~地球ミッション~ニューアース
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.46 2016-8-22)
じっちゃん創造主の講義が続いています。今回シェアするセッション録音のテーマは、ふたたび地球維新です。16-07-05祝祭セッション”立ち上がり、そして新しい社会を作る”じっちゃんスーパー講義の別バージョンと言えるものです。じっちゃんが提示する理想的なアセンション・タイムラインが今回、また別のパターンとして提示されます。これまでの講義の集大成のような深い学びを含んでいます。対立する者同士が歩み寄り、闇を光で包むならば、どのようにすばらしいミラクルが起きるか、感動的な結末が待っています。この流れは、これから地球維新を迎える私たちがぜひぜひ参考にしたいものです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-7-26 ”地球維新・愛のミラクル”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.45 2016-8-19)
今回シェアするのも、地球を守る光の艦隊の存在、前回44号、2016-7-9 ”アセンション・タイムラインと地球を守る光の艦隊”の別バージョンといえる祝祭セッションの録音です。今回のクライアントさんは、この録音の時点で、44号の内容をまったくご存じありませんでした。それなのに驚くほど似通った流れ、じっちゃん”のメイクドラマです! ということは、この辺りの情報が、じっちゃんが、アセンション・タイムラインの今の時点において、私たちに最も伝えたい内容なんですね。それは、「高次元のファミリーから、地球と地球人がどれほど愛され、支援されているか」ということです。それを私たちが確信するまで、そのイメージが、少しずつバージョンを変えながら繰り返し見せられるのです。これもまた、じっちゃんの講義です。前回も書きましたが、私たち地球人は、光と闇の融合という課題を学び終えれば、宇宙の家族との直接的な再会が可能になります。最新のCorey Goodeの情報からも裏付けられることですが、テクノロジーを誇るSSPのダークフリートやICCも及ばない、もっと進んだテクノロジーを有する高次元存在たちのグループが宇宙には存在しています。その彼らが今、地球をびっしりと取り囲んで、「がんばって波動を上げよ」と、愛を送ってくれているのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-7-26 ”地球を守る光の艦隊2”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.44 2016-8-16)
Corey GoodeやCobraの情報で知る通り、地球のアセンションをめぐって、光の勢力と闇の勢力の攻防が続いています。光の勝利は決まっているものの、果たしてどのように闇の勢力を封じ込め、統合して、イベントへのトリガーを引くのか、地球社会の変容を加速していくのか、そのあたりが目下、私たちの最大の関心事といえるでしょう。今回も祝祭セッションを通じてじっちゃんからもたらされた、驚くべきメッセージをご紹介します。じっちゃんプロデュースのメイクドラマですが、未来の地球人が歴史を振り返るという形で、一つの可能性としてのアセンション・タイムラインが提示されます。その具体性に驚かされます。じっちゃんはどうやら、そろそろ私たちに、私たちの宇宙の家族の存在を知らせようとしているようです。私たちは孤独ではありません。地球は宇宙の孤児ではありません。大勢の兄弟たちが、私たちの健やかなる成長を心から願い、手を貸してくれようとしているのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-7-9 ” アセンション・タイムラインと地球を守る光の艦隊”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.42 2016-7-22)
目に見える社会、および地球の多次元リアリティのいろいろな階層において、多くの変化が始まっています。私たちはどの部分の変化に乗っていくのでしょうか。何を選んでいくのでしょうか。今回の”じっちゃん”創造主の講義は、自然と共生する生き方です。ニューアースで生きるとはどういうことか、そのお手本を示して下さいます。また、私たちが暮らす大地、その場所の波動を高めるためのツールについて説明し、さらに、この先の大変動をソフトランディングで乗り切るためにはどのような考え方が大切なのか、その点についても教えて下さいました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-7-7 ”ニューアース;自然と共生する生き方”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.41 2016-7-13)
”じっちゃん”創造主の講義、さらに続いています。今回は、これから私たちが経験していくことになる動乱の時期とその先にできあがる新しい社会を見せて下さいました。ふたたび、楽しい謎解きから入っていきます。ドラマに込められたじっちゃんのメッセージ、意図を理解したとき、大きな感動に包まれます。これは、私たちへ送られたエールなんですね。変革はどのように始まるのか。私たちは何を求めるのか。そして、その先に待っている未来はどのようなものなのか。「勇気をもって立ち上がれ! しばらくは混乱するけれど、その先に素晴らしい世界が待っているから」。現実世界でも混乱が始まっています。外の世界のみならず、個人の生活においても、これまで当たり前としてきた物事に対する価値観が揺らぎ始めています。「ライトワ―カーですら、大きな揺れを体験するよ」と、じっちゃんはおっしゃっています。ひっかかりのあるもの、ワクワクしないこと、自他への愛やワンネスに合致しないものは、やがてすべて手放さなければならなくなると感じています。打ち寄せてくるエネルギーの巨大波の中では、二元性のパラダイムや分離に基づく信念体系は、身を沈ませる重しとなりかねません。軽く、軽く、素直に愛に心を開いていきたいですね。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-7-5 ” 立ち上がり、そして新しい社会を作る”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.40 2016-7-10)
祝祭セッションを舞台に、じっちゃん創造主のスーパー講義が続いています。毎回クライアントさんは違えども、継続する一連の流れで進んでいます。光と闇の融合、二元性の統合をテーマに、前号までじっちゃんは、「闇と言われる者たち、例えばレプティリアン、彼らも、まとってしまったネガティブ・エネルギーを取り去れば、中身は同じ光の子どもなんだよ」、そのことを、具体的に私たち自身の多次元体を例にとって実にリアルに伝えて下さいました。今回はそこから進んで、「では、同じ光の子どもたちがなぜ闇の道に進んでしまったのか」、その経緯を、イメージを使ったドラマ仕立てで見せて下さいます。第3密度は二元性の学び舎、中でも地球はとりわけ自由にネガティビティを探求する遊びが好まれた場所です。しかし、「自由時間は終わり」のベルが鳴っています。地球という庭で思い切り遊ばせてもらった私たちは、自分たちの本質を思い出し、これまでの学びを統合して上の学校へ進むべき時です。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-7-2 ”二元性の学び舎、そして今、卒業のとき”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.39 2016-7-3)
「一なるものの法」、「二元性の統合」、「光と闇の融合」に関し、じっちゃんのスーパー講義が続いています。「闇の者たちを差別しない。彼らも、中身は私たちとおなじ光の子供。裁いたり切り捨てたりすることなく、赦して愛して融合していきなさい」。この教えがさらに進んで、今回はいよいよ私たち個人のレベルに降りてきました。スーパー講義、最初から、話の流れが全部つながっています。光も闇も私たち自身の中に存在する、その実例が今回のクライアントさんです。圧倒的なじっちゃんの教えです! 今回は、宇宙のバランスを崩すAIの脅威、それを食い止めるための光の勢力の活動を紹介する一方で、二元性の統合の先に存在する私たちのニューアースも見せて下さいました。じっちゃん、ありがとうございます! 深い愛と感謝しかありません。(TmT)ウゥゥ・・・
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-6-25 ”光のETセルフvsレプティリアン・セルフ”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.38 2016-6-26)
大変化のウィンドウ期に入りました。夏至のポータルオープンで、待ちに待ったアセンション・エネルギーが内外の変化を加速させています。イギリスのEU離脱はNWOの敗北、アイデンティティの回復を求める集合意識の高まりです。これからいよいよ集合意識に光が広がっていきます。ジェットコースターは落下点を超えました。個人としては、自分が望む最高のビジョンを常に保ち続ける(選び続ける)こと、そして、自身のライトボディ化にも意識を向けることが大切になってきます。ハイアーセルフとの融合、本当の自分を思い出すスピードが上がってきます。私自身を例にとっても、自分のフューチャー・セルフに出会い、さらに最近、じっちゃんから“ツインフレーム”の情報をもらうという出来事がありました。私もまさに大きな流れに乗って流れていることを実感しています。さて、前々回から続いてきた“じっちゃん”創造主による「一なるものの法」のスーパー講義ですが、第3回目が行われました! ”光と闇の統合”をテーマにこれまで、光も闇も等価であること、闇の者も中身は同じ光であることを教えていただきましたが、今回は、「では、闇を統合するとは具体的にどういうことなのか」をテーマに、ふたたび”じっちゃん”から非言語通信、イメージによるメッセージを受け取りました。クライアントさんにも私にも深い気づきがもたらされました。その録音をシェアいたします。私たち人類は今、幅広い波動帯に分かれつつ全体として上へ移動している最中です。波動帯の中でも最も高いレベルに到達したいと望む者は、二元性を統合して「一なるものの法」を体得しなければなりません。そのためにじっちゃんが、「こっちだよ」と手を差し伸べてくれています。その手をしっかりとつかみましょう!
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-6-23 ”ネガティビティの融合とは”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.37 2016-6-20)
明日6月21日の夏至のポータル・オープン、次元上昇の大きなステップアップに備えて、もう一つ、祝祭セッションを通じたじっちゃんのスーパー講義をご紹介したいと思います。昨日と同じクライアントさんのセッションです。今回のテーマはツインフレーム。多くの人がツインフレームに会いたい、誰なのだろうと興味があるでしょうが、一般的なツインフレームの話とは少し違っています。あくまでも”一なるものの法”の視点による講義の一部であり、ツインフレームは姿形や存在形態に制限は受けないという話、そして、常に1:1で存在するわけではなく、片割れがとても高い次元にいる場合、3次元においては何十人・何百人の身体に分かれてその高いエネルギーを分け持つことがあるというお話でした。光のバトンリレーのために、プライベートな話を快くシェアしてくれたクライアントさん、ありがとうございます! もう、私たちのリアリティはすごい速さで、面白い、実にワクワクする領域に入りつつあります。3次元世界の出来事は俯瞰して眺めることにしましょう。下の方に見えていても、自分が目指す世界は上であることを常に意識しましょう。そして、そこへ至るパスポートは、そう、おわかりですね。「愛しています。(レプティリアン)」ですね。(*´∇`*) 明日のお誕生会集団瞑想もとっても大切です。じっちゃんの依頼とも言え、二元性の統合とぴったりシンクロしています。ネガティブ・エネルギーから地球を解放してあげましょう。ぜひぜひご協力下さい。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-6-7 ”ツインフレーム”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.36 2016-6-18)
いよいよ2016年夏至のポータル・オープンが迫ってきました。しばらく続く愛の津波の到来です。その前にぜひ皆さんに聞いておいていただきたい、”じっちゃん”創造主のスーパー講義をご紹介します。ハートの贈りものの記事で書きましたが、
・闇も分けへだてなく愛すること
・人間が生み出すネガティブ・エネルギーとその対処法
に関して、じっちゃんが詳細にわたって解説して下さいました。「なるでこさんに、どうしても早く気づいてほしかった」というじっちゃん肝いりの緊急メッセージです。珠玉の言葉のオンパレードです。「一なるものの法」の核心に迫る”じっちゃん”直々の講義です。アセンション・ウェーブを迎える前に、「一なるものの法」の学びを選んだ皆さんにはぜひこれは知っておいてほしい! 夏至の前にお届けするべく、コメントをつける時間を取らずに、説明なしでそのまんまの録音をシェアします。どうぞハートを大きく開いて、静かに耳を傾けて、「アセンションには必須だ」とじっちゃんがおっしゃる「二元性の統合」の講義にご出席下さい。(これは大学レベルかな。(^^))
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-6-7 ”二元性の統合”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.35 2016-6-6)
コンシャス・チョイスNo.32-1でご紹介した2016-4-23の“祝祭”セッション・レポートの後半部です。このセッションは、地震を経験した直後で大きく揺れていた私たちに対する、”じっちゃん”創造主からの講義と言えるものでした。ブログに載せる前に一足先にここでシェアしたいと思います。今回のじっちゃんの教えから私が気づいたのは、光も闇も等価であること、二元性はどちらかを征服するためではなく体験するためにあるのだということです。闇は光の欠如にすぎない。しかし、じっちゃんは光そのものです。じっちゃんへ還る旅を続けているあらゆる存在は、光へ還るためには、いずれ自分も光に戻らなければならない。それが光を選ぶこと、他者奉仕(自分の光を放射すること)なんですね。また今回はじっちゃんに、お誕生会瞑想やイベントのタイムラインについてもお聞きしました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 始まったシフト
 多層化していくリアリティ
 じっちゃんも楽しんでいるお誕生会瞑想
 じっちゃんが伝えるイベントのタイムライン
◆なるでこセミナー
 2016-4-23“祝祭”セッション・レポート後半:“じっちゃん”創造主からのメッセージ(あらゆる選択を私は責めない)
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.34 2016-5-30)
私自身は、クライアントさんをハイアーセルフに対面させるセッションを行っているものの、自分ではまだハイアーセルフに会ったことがありません。今回、このタイミングで、ついに出会いの機会が訪れました。ああ、そうだったんだ! すべてのピースがはまり、圧倒的な感動を体験しました。さらに、自分に対する預言というものも初めて受け取りました。そう、例のあの有名な場所で、です。(コーヒー、おいちい。((^┰^))ゞ) さて、私は何を言われたでしょうか。イエス様(じっちゃん)、ありがとうございます。私たちが見るもの聞くものすべてが、じっちゃんからの美しいメッセージです。私の体験をシェアします。どうぞ、あなたも自分のハイアーセルフを思い出すきっかけにしてください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 意識領域への深い旅が導く
 明かされた私のハイアーセルフ!
 未来の自分との融合
 預言をもらいました~っ
 自分を待っている未来
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.33 2016-5-30)
結果的に先の地震が契機となって、地球は少女から堂々とした若き女神に変容を遂げました。5月から地球が新しい波動域に入ったことが、他の多くのメッセージでも伝えられています。カバルの排除は始まっています。スペースファミリー、インナーアース・ファミリーからのコンタクトも始まります。ここからが、実は私たちにとって本番です。いよいよ一人ひとりが自分の成長・進化に責任を持たねばならなくなるからです。もう、カバルによる妨害を、自分の停滞のいいわけにはできない。自分の力を思い出すとき、外部に救世主を求める必要はなくなります。自分の意識の焦点をどこに置くか、新しい地球でどのように生きていきたいか、何を目標とするか、それをはっきりと自覚する結果、あなたにふさわしいリアリティが形づくられていきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 新しい波動域に入った地球
 カバル支配の終わり。そしてコンタクトの開始
 波動の分離の始まり。自己責任で分かれゆくタイムライン
 最高の波動帯、最高のビジョンを選ぼう
◆なるでこセミナー
 スピリットと共存共栄する賢き未来の地球人を目指して
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.32 2016-5-3)
前回に引き続き今回も、新たに4/23の“祝祭”セッションに登場された“じっちゃん”創造主のメッセージを一足先にここでシェアしたいと思います。地震に関するメッセージもありますが、“油断することなく安心したい”。「一なるものの法」を学んでいれば、じっちゃんの真意を正しく受け取ってもらえるものと信じます。いまだ制限の多い3次元を生きる私たちの現状を理解した上での、じっちゃんの深い愛のメッセージが続きます。タイムラインの分岐が始まっているのは事実ですが、いずれにしろ還る場所はみな同じでたった一つ、じっちゃん(根源)のエネルギーの中です。時期はそれぞれでいい。“今”、3次元を楽しんで生きることも忘れたくありませんね。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 違うリアリティを生きるってこういうこと?
◆なるでこセミナー
 2016-4-23“祝祭”セッション・レポート:“じっちゃん”創造主からのメッセージ(いつかはみんな私のもとへ還ってくる)
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.31 2016-4-30)
次元上昇に伴う地球の揺れはまだまだ続きます。地球自身を、そして人間も含めて地球の上で生きるすべての生きものたちをヒーリングすることは、私たちライトワーカーがもつ大きな使命の一つと言えます。私たちに本来備わるヒーリングの力はどのようにしたら取り戻せるのか、そのステップを学びましょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 ヒーリングのパワーを取り戻す:次元上昇の変動期をスムーズに乗り切るために
◆なるでこセミナー
 「ヒーリングの助っ人に、助けと協力、支援と理解を強く望みます」
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.30 2016-4-25)
祝祭セッションとインサイダー・リークの情報が合体して非常に興味深いことが起きました。コンシャス・チョイスの読者ならばこの面白さがわかるでしょう。ET評議会議長のメッセージには驚きです。多次元化が進行している“今”、未来の種は一瞬の積み重ね、瞬間ごとの自分の選択の中ですでに芽吹いています。“今”において自分がもつパワーを信じて行使する、その意識の持ちようが、自分の未来に責任を持つのです。祝祭セッションに現れる“じっちゃん現象”についても考察します。じっちゃんて、いったい何なんだ~? 誰なんだ~? 
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:ET評議会議長「アセンション・ウェーブに備えて」
 祝祭セッション・チャネリング録音:熊本・大分地震に寄せてーじっちゃんからのメッセージ
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.29 2016-4-25)
大きな地震を体験しました。多くの被害が出ました。アセンション・エネルギーはますます波高まり、私たちの内も外も震撼しています。大変容期が到来したと受け止めるべきです。しかし、ブログでも書いていますが、被害者意識をもって地球や自然に対峙するのはもうやめましょう。何故なら、私たち自身が加害者だからです。地球は生きている意識体、多次元存在です。その多次元の現実においては、多くの生きものたちが、与え与えられ・お互いに奉仕し合う循環の中で地球への愛に生きています。与えられるばかり・奪うばかり、それどころかそれにネガティビティでお返しをしてきたのが人間たちです。この先、大難を小難として穏やかなタイムラインを歩み、次元上昇する地球についていけるかどうかは、私たちの意識がワンネスへ回帰できるかどうかにかかっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 これからやってくる2012-12-21
 今回の地震を今後の教訓とする
 ポジティブな意識を保つことの難しさ
 ここからが正念場
◆なるでこセミナー
 人間の否定的なエネルギーが創り出すもの
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.28 2016-3-31)
光は光を引き寄せる。アセンションは進行しています。地球には光のかけら、変容のフォトンが大量に降り注いでいます。自分のエネルギーフィールドに愛と光を持つ人だけがそれを受け取ることができます。地球の新しい現実がどんどん具現化していく今、古いエネルギーに閉じこもり、光を怖れ、光に抵抗する人々は異なるタイムラインを歩いていくことになります。自分の意識状態にふさわしい場所に向かって。私たちは自分の未来を“今”選んでいるのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
◆なるでこセミナー
 アセンション:地球に降り注ぐ光のかけらー受容する人、拒否する人
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.27 2016-3-31)
古代シュメール神話の研究者として著名なゼカリア・シッチン、彼が解読したというニビル・アヌンナキ物語の嘘が暴かれました。彼はイルミナティとつながっていた。人類はアヌンナキの奴隷として造られたのではありません。ニビル商売は終わりにしなければなりません。3600年ごとに地球を襲うという“ニビル終末論説”も終わりです。もう偽情報に意識を向けるのはやめましょう。光の世界を目指すなら、もっともっと高い波動を感じるべきときです。“今、ここ”に実在する多次元世界、ニューアースを彩る美しい色と音のオーケストラ、愛の波動の広がり、光のベールを、自分の周囲に見出していくときです。何に意識を向け、焦点を合わせ、どの波動を選ぶのか。私たちが歩く道の分岐は広がっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
◆インサイダー・リーク ~青い鳥人族が与えた衝撃~
コズミック・ディスクロージャー・シーズン3 エピソード6 インナーアース図書館
コズミッククロージャー・シーズン3 エピソード7 インナーアースー記録のホールへ
 ゼカリア・シッチンはイルミナティに操られていた
 金の採掘者・ニビル星人アヌンナキは存在しない
 ニビルは実在しないが、第9惑星とプラネットXは実在する
 シュメール神話の神々とインナーアース
 神々の核戦争は本当だった
 日本とインナーアースのつながり
 地球人類を創造したのは誰か
 純血種と雑種
 地球内部のアセンデッド・マスターはどこにいるのか?
 自己奉仕のアジェンダ
◆なるでこセミナー
 ロザリンドによる多次元体験「自然界の階層体系」
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.26 2016-3-24)
アセンションへの途上では、ときに量子跳躍が求められます。この春分もそうでしたね。奇しくも「想像=創造ゲーム・3月お誕生会集団瞑想」のテーマも“卒業”。偶然ではありません。私たちは今、3次元的制限思考からの卒業、もう要らなくなった荷物の手放しが求められています。波動を軽くして、一段上にジャンプするためです。かなり切迫した状況といえます。騒々しい外界に気を取られている場合ではありません。皆さんはうまく上れましたか? 上った先に見えてくる景色はニューアース、ガイアの多次元意識の世界です。「一なるものの法」を学びながら、美しい統合意識を体験してみましょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 アセンションの第2波
 ポジティブな人はよりポジティブに、ネガティブな人はよりネガティブに
 第4密度への道は「一なるもの」への道
 5次元を出たり入ったりしながら、やがて定着へ
 戦争はこれで止むのか
 部分的ディスクロージャーが既成事実となるのか
 「地球」か「宇宙」か選ぶ日がくる
◆インサイダー・リーク ~青い鳥人族が与えた衝撃~
 コズミック・ディスクロージャー・シーズン3 エピソード1 インナーアースについて
 コズミック・ディスクロージャー・シーズン3 エピソード2 グッドのインナー・アースへの旅
 コズミック・ディスクロージャー・シーズン3 エピソード4 インナー・アースからの新事実
 コズミック・ディスクロージャー・シーズン3 エピソード5 インナーアースの一周ツアー
 地球内部の動植物
 アガルタ人の歴史
 マルデクと火星の戦争、マルデクの破壊
 次々に地球にやってくる他星人たち
 攻撃性が組み込まれた地表人類の遺伝子
 アガルタの都市と岩を突き抜けるUFO
 どこまでも広がるテラフォーミング
 巨大なオベリスクとプラズマボール 
◆なるでこセミナー
 地球の多次元意識を体験する
――――――――――――――――――――――――――――――――――




コメント
この記事をはてなブックマークに追加