ハートの贈りもの―2016―黄金時代04年

2016-道は分かれていきます。他者奉仕の道を選び、”一なるものの法”を共に学んでゆく人のためのサイトです。

今この時点でアセンション可能な人数の割合は、0.042%!

2016-08-28 14:52:11 | 次元上昇



8月26日から、マウント・シャスタで行われているディスクロージャー会議の録音をご紹介します。英語ですが、字幕が出ます。最近の会議ものでは、ワタシ的に最もおすすめするトークです。

SSPインサイダー・リークのコーリー・グッド、Dr.マイケル・サラ、ロブ・ポッター、ローラ・アイゼンハワー、ハワイのカウイラペレ、Stillness in the Stormのジャスティン・デシャンプ等の、そうそうたるライトワ―カーが、ディスクロージャー、アセンション、ET等について、最新状況を話し合っています。

とても波動が高いです。どの人も賢明で(^_^)、思いやりがあり、明るい。こういう波動、大好きです。まるで私も、その場で聴いているような気分です。(^_^) 

話されている内容は、コンシャス・チョイスで「一なるものの法」を学んできた者にとってはお馴染みで、目新しいことはありません。が、とてもよく、整理されています。

しかし、衝撃的な情報が明かされています。私にとっても、ある意味でショックです。

Corey Goodeの最新情報(まだ日本語訳は出ていないようです)で、彼が、青い鳥人族(「ラー文書」のラー、「一なるものの法」を人類に伝えてきた存在であることが確定しています)から、8月初めに伝えられたものです。

アセンションへの道は簡単ではありません。

ラーによると、もし今、最終のアセンション・ウェーブ(太陽からのエネルギー・パルス)がやってきたら、アセンションできる人の割合は、0.042%だそうです。ということは、2300人に一人です。

全世界で、300万人。日本の人口を約1億3千万とすると、54600人です。


現状で、アセンションが起こるとすると、達成できるのは、日本で、54600人のみなのです。世界中が同じ波動とは限らず、日本人がより高いと仮定すれば、この数はもう少し多いかもしれませんが。

2300人に一人。

あなたは、自分がその中に入っていると思いますか?

実は、ショッキングなことに、Corey自身はその中に入っていないと、青い鳥人族から告げられたそうです。

ディスクロージャーに向けてこれだけの働きをしている彼でも、まだ、波動的に達していないんですね。

それを踏まえて、この録音で、このグループが最終的に確認しているのは、結局、アセンションへの道は、個人のインナーワークにかかっている、ということ。

インナーワーク。。ヨガをしてとか、食べ物を変えてとか、、そのような肉体の浄化・ライトボディの開発ももちろん重要ですが、私は、心がしっかりと整ってくれば、その辺りはあっという間に追いつくと考えています。

それよりも、アセンションを望むならば、まずは一瞬一瞬の選択を、愛と調和に満ちたものにしていくしかないのです。

自分の思いと行動を、他者奉仕へ向けていくしかないのです。もちろん、それは、自分をドアマットにするのではなく、他人と自分を同等に大切に扱うということ。ワンネスを目指すことが、すなわち他者奉仕そのものなのです。

しかも、100%そうである必要はなく、ラーによると、「51%でいい。半分を超えればいい」 つまりは、自分の思いと行動の半分以上を他者奉仕へ、愛と調和へ、ワンネスへと向ければいいのですが、、、、たったの51%でも、言うは易し行うは難し。達成は容易ではない。

勘違いしてはいけないのは、識っているだけで行動を伴っていなければ、アセンションへ向かって進んでいることにはならないこと。

巷には、たとえアセンションや「一なるものの法」の存在を識らなくても、本来の生き方が他者奉仕そのものという人が、大勢存在しますね。日本の54000人の中には、そのような人が多いのではないかと、実は私は想像しています。「一なるものの法」を識らなくても、そのものを生きている人たち。UFOを信じなくても、オーブの写真が撮れなくても、サイキックな能力がなくても、全然、大丈夫な人たち。

逆に、いろいろネットを回って陰謀論からスピリチュアルから情報を大量に集めていても、頭でっかちなだけの人も存在します。せっかく得た知識を自分の行動に生かしていない。獲得した叡智を行動に表していない。そういう人も、けっこう多い。

知識は、行動を変えていくためのヒント、ツールとして必要なのですが、集めたっきりで、しまいこんでしまい、ただの評論家でい続けるならば、自分の波動は何ら高まりません。

、、、、こういうことすべてを、私は、コンシャス・チョイスで書いてきましたし、関連して、じっちゃんの直接の教えもシェアしてきたのですが。

しかし、その情報は、自ら求めてこない限りは届かない仕組みになっています。「我々の情報は必要な人に届くようになっているのです」。バシャールが言っている通りです。

バシャールが以前から伝えてきた2016年秋からの分岐が始まっています。分岐の前には、いったんタイムラインの融合が起こるのですが、複数の情報源から予告されてきたその兆候が今、現在のリアリティに現れています。Cobraの最新インテルでも、それが宣言されましたね。

私自身が体感するエネルギーも、量子跳躍で増えています。受け止めるエネルギーの増加に、私たちの身体は徐々に慣らされてきたはずですが、時々、すごい日がやってきます。昨日今日は、まるでゼリーの海でもがいているみたい。起きてもまだ、夢を見続けているような。3分もすると、その前に考えていたことがホロホロと崩れてしまう。夢って、目が覚めると、あっと言う間に崩れて、指のすきまから消えていきますよね。私にとっては、現実が今、そんな感じです。

私はこの先、タイムラインは2回分岐すると考えています。

1回目は、アセンションを選ぶか選ばないか。選ばない場合は、第3密度をさらに26000年、経験します。

これは以前、「門は一度閉じる。閉じねばならない」と、じっちゃんがおっしゃていたその地点ですね。まず、人類の集合意識がどちらを選ぶか、その分岐点がこの9月から、と言われています。9月から今年いっぱい、くらいでしょうか。様々な兆候が合致してきています。

青い鳥人族によれば、最適なタイムラインへ行くか行かないか、どちらに行くかを決めるのは、完全に人類全体の集合意識にかかっている。そして、人類全体の集合意識には、一人ひとりの意識レベルが関与しているそうです。

もちろん、アセンションするのが幸せで、しなければ不幸せということはありません。それは、じっちゃんもおっしゃっています。どちらが良い悪いではないよ、と。それぞれが、自分の魂にとってベストな場所へ行くのです。

「自分は今回、アセンションしなくていい」、そのような考え方をする人も、確かにいらっしゃいますよね。

が、私としてはやはり、ポールシフトやアトランティス末期のようなトラウマに満ちた体験をふたたびする必要はないと思います。

さらに先へ進むと、アセンションする道における分岐が起こります。最速でアセンションする道と、ゆっくり時間をかけてアセンションする道とに分かれます。じっちゃんは、その状態を、道の勾配、角度の違いで説明して下さいました。扇が拡がるように、ともおっしゃっていましたね。

高い波動帯へ向けてすばやく登っていく道と、ゆっくりと何百年もかけて登っていく道に分かれます。少しずつ波動が異なる、これまでと違ってお互いに交流を持たない数多くのリアリティが、層となって、新しい地球に重なっていくのです。

自分はどれだけ早く、夢に見ていたニューアースに到達できるのか。アセンションする道を選んだ人たちの間でも、リアリティは今後、異なっていきます。

自分は、1.最速アセンション、2.ゆっくり(何百年?)アセンション、3,ポールシフトを経験する地球

そのどれを望むのか、そのための行動が、DO!!!が、求められています。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その時を待つ高次元シップたち

2016-08-22 21:22:45 | ディスクロージャー
もう珍しくも何ともない、日常の光景ですが。雲の中に大量のシップが隠れており、形がはっきりとわかるようになってきています。ディスクロージャーの一環です。

SSP、ICCやダークフリートの監視の目をくぐって、このように地球の空に悠々と待機できるのは、地球を支援に来ている高次元シップでしょう。彼らにとっては、地球の隔離など、実は関係ないんですね。何ら邪魔立てされることなく、自由自在に出入りしています。テクノロジーの、進化の、レベルが違うのです。

私たちを見守り、必要なときにはプロテクトしてくれています。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拡散希望!「星へ行こうよ」レインボーくんのyoutubeメッセージ(8/15 更新)

2016-08-16 22:12:52 | 星へ行こうよ!レインボーくんのメッセージ
8/15 更新; すてきな感想をいただきました。こちらこちらにもあります。ありがとうございます。

「なるでこさん、こんばんは。
何度かメールさせて頂いてます、○○です。

星へ行こうよ
こんなに清らかで透き通っていて美しい絵本を、ありがとうござます!

これはもう、私の宝物です。

私の心のポシェットには、コミュの皆さんから頂いた宝物が詰まっています。
羽衣やクラウン、etc…そして光珠。私のはペールイエローです。
お誕生会の度に、皆さんの光を分けてもらって、どんどん豊かな風合いになっていきました。
実際には存在しない物だけれど、光珠はうちにあるどのアクセサリーよりも大切な宝石です。

そして今、この絵本も宝物になりました。
美しい言葉と、優しい音色、そして皆さんの素晴らしい絵。
こんなに美しい絵本を、これから心に携えて歩けるなんて。
この本と出合えたことで、今まで知らなかった優しさを手にできたような気がします。
必要な時にはいつでも絵本を開いて、この優しく透明な世界を思い出したいと思います。

こんなに短期間で、この素晴らしい作品が出来上がったことに驚いています。
皆さんの情熱を感じました。沢山の人の思いと力でできた作品に、感動もひとしおでした。
私はコミュに登録していませんので、こちらで皆さんに御礼させて下さい。

そしてこの作品を仕上げて下さったなるでこさん、またまたまたまたありがとうございます!
いつか私にもお手伝いできそうなことがあった時には、私も参加させて頂きたいと思っています。」

~~~~~~~~~~~

レインボーチルドレン、クリスタルチルドレン等、いろいろな呼び名で、次元上昇後の新しい地球を担っていく波動の高い子どもたちが、世界中に続々と生まれてきています。映画「かみさまとのやくそく」のように、前世を覚えている子どもも増えています。

ここに登場する丸太郎くん(仮名)も現在小学6年生。2歳のころから、お母さんに、多次元世界の不思議なお話をたくさんしていました。お母さんがその内容をメモしていて、シェアして下さいました。

彼の話す内容が深いのです。非常に覚醒しているのです。陰謀論やアセンション等の情報を外から取りいれるなどできない幼い子どもが、まさに光と闇の存在や、それを融合すること、地球の多次元世界、与え与えられること、波動を上げていくこと、地球の大きな変わり目が来ていること、新生地球が始まること等を話しているのです。二元性を統合する高い視点を持っているのです。

丸太郎くんによると、それは、自分は今もおそらとつながっているから、生まれる前のことを覚えているから、忘れていないから、今も天使や妖精と話をしているからなのだそうです。彼はその話をシェアしているだけなのです。

まるで小さなアセンデッド・マスター(覚者)とでも呼びたくなる丸太郎くん、彼の話をどうぞ聞いてみて下さい。この大切な時期に、新生地球を目指す人々に贈られた天界からのメッセージです。アセンションとはどういうことなのか、新しい地球はどういうものなのか、そのためには、どういう自分になればいいのか、、知りたい人にはぴったりです。これは、まさに”おそら”からの贈りものです。

「子供の話す不思議な世界の話をしたいと思います。
3.11以降になってから不思議度がアップし、なんの不思議世界にも興味のなかった私も子供の言う世界がリアル世界だと思うようになりました。

うちの子供は生まれる前の記憶があり、今もお空の様子がわかります。天使や妖精、こびと、ユニコーンなどは存在していて、遠い昔のファンタジーでもなければ、遠い星の向こうのお話でもなく、今でも私達とつながって存在しているそうです。

天使との交流は普段からやっていて、天使についていろいろ教えてくれます。そんな不思議世界の話ですがシェアさせてくださいね。」


(クリックすると、youtubeにリンクします。)














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンシャス・チョイス最新号のお知らせ(2016-8-22)

2016-08-16 22:12:13 | 最初に読んで下さい
1. みんなでワクワクする「真実の報道」を求める集団瞑想を行っています。毎晩10時から6分間集合!(mp3ファイルはこちら
2. 毎日曜日の夜10時から、光の勝利のための全世界集団瞑想(福島リカバリー・ビジョン・プロジェクトが発展したもの)を行っています。ぜひご参加下さい。音声ガイドはこちら。いつでも使えるスクリプトになっています。自己とガイアのヒーリングのために。お時間がある方は、ぜひ1に続いて毎晩でも。

3. チャネリング版”祝祭”セッションの「ライトワーカーへのメッセージ」も好評です。創造主と天使団のエネルギーで癒されて下さい。(mp3ファイルはこちら。)
4. チャネリング版”祝祭”セッションの”じっちゃん創造主”からの「人類へのメッセージ」もぜひ受け取って下さい。mp3ファイルは、こちら。



コンシャス・チョイスは、私がシェアできるエネルギーの最も高い振動帯で書いています。また、多次元の”今”において、”じっちゃん”やガイアの導きのもとに「一なるものの法」を学ぶ媒体、私にとっても最先端の気づきをシェアする媒体となっています。一方で、現実の世界においても地に足をつけて進むことが大切です。そのために、インサイダー・リーク、真実の情報も峻別して取り上げています。マインドとハートの両輪でバランスを取りつつ、次元上昇のタイムラインを歩いていきましょう。

しかし、フリーで提供されるものではありません。そのレベルをまだ必要としていない人々の学びの道に介入しないためです。近道をたどらせることは、その魂の利益にはなりません。「無理に引っ張ってはいけない」と言われています。自由意思によって、私と一緒に「一なるものの法を学ぶ」、私の「エネルギーと同調する」ことを選んだ人のみに開かれています。そして、エネルギー交流、与え与えられる法則に則っています。

まさに私のブログに表れていると思いますが、意識の拡大が加速しています。そして、私たちは同一レベルの波動に引き寄せられ、次第に細かく細分化して別のリアリティを体験していくことになります。タイムラインは扇形に広がり、最終的に互いに交流はなくなります。分岐はすでに始まっています。

3月に起こったアセンションの第2波で”卒業”してのち、さらに上を目指す人々はどんどん地球の多次元意識へと回帰しています。(コンシャス・チョイスを読んでいる人の意識の成長は速いと、感動しています!) アセンションとは、個人が多次元意識を取り戻すこと、地球の意識と一体になることです。次元上昇していく地球についていくには、二元性を超えて、地球の多次元意識、与え与えられるすべての輪の中に戻っていかねばなりません。そして、”じっちゃん”とのワンネスを思い出していかねばなりません。また、じっちゃんとお会いできる!”祝祭”セッションですが、コンシャス・チョイスの理解が前提にあると非常に深い学び・癒しが得られるため、”祝祭”セッションを受けたい方には、コンシャス・チョイスの購読をお勧めします。購読者から優先して受付しています。

ご興味のある方は、自由意志に基づいてご選択下さい。あくまでも筆者の独自の見解に基づくものです。”ハートの贈りもの”次元ポータルへのアクセス・コードは999。お申込みはこちらまで。(月単位です。申込みの日・時間よりも後に配信される記事がメルマガとして届きます。申込み月に既に配信が終わっている記事はバックナンバーとしてサイトで読めます。過去記事も同様に月単位で申し込めます。
(申込み方法に関する質問は、info@regimag.jp へ。)

・ 発行のお知らせ
・ 絶対に恐怖を与えたくない
・ 覚醒とは、居心地の良い現実の外へ踏み出すことを含む。
・ 質問をいただきました。回答はこちら
・ ”祝祭”セッション「ライトワーカーへのメッセージ」「人類へのメッセージ」を、ぜひお聞き下さい。コンシャス・チョイスで学んでいく「一なるものの法」の話が詰まっています。


アセンション・ニュースレター”ハートの贈りもの5D”コンシャス・チョイスのバックナンバー
No.1(2016-7)~No.25(2016-2)の目次はこちら。2016年4月25日号で、最初からそれまでの過去記事が全部読めるようになっています。



コンシャス・チョイス(No.46 2016-8-22)
じっちゃん創造主の講義が続いています。今回シェアするセッション録音のテーマは、ふたたび地球維新です。16-07-05祝祭セッション”立ち上がり、そして新しい社会を作る”じっちゃんスーパー講義の別バージョンと言えるものです。じっちゃんが提示する理想的なアセンション・タイムラインが今回、また別のパターンとして提示されます。これまでの講義の集大成のような深い学びを含んでいます。対立する者同士が歩み寄り、闇を光で包むならば、どのようにすばらしいミラクルが起きるか、感動的な結末が待っています。この流れは、これから地球維新を迎える私たちがぜひぜひ参考にしたいものです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-7-26 ”地球維新・愛のミラクル”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.45 2016-8-19)
今回シェアするのも、地球を守る光の艦隊の存在、前回44号、2016-7-9 ”アセンション・タイムラインと地球を守る光の艦隊”の別バージョンといえる祝祭セッションの録音です。今回のクライアントさんは、この録音の時点で、44号の内容をまったくご存じありませんでした。それなのに驚くほど似通った流れ、じっちゃん”のメイクドラマです! ということは、この辺りの情報が、じっちゃんが、アセンション・タイムラインの今の時点において、私たちに最も伝えたい内容なんですね。それは、「高次元のファミリーから、地球と地球人がどれほど愛され、支援されているか」ということです。それを私たちが確信するまで、そのイメージが、少しずつバージョンを変えながら繰り返し見せられるのです。これもまた、じっちゃんの講義です。前回も書きましたが、私たち地球人は、光と闇の融合という課題を学び終えれば、宇宙の家族との直接的な再会が可能になります。最新のCorey Goodeの情報からも裏付けられることですが、テクノロジーを誇るSSPのダークフリートやICCも及ばない、もっと進んだテクノロジーを有する高次元存在たちのグループが宇宙には存在しています。その彼らが今、地球をびっしりと取り囲んで、「がんばって波動を上げよ」と、愛を送ってくれているのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-7-26 ”地球を守る光の艦隊2”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.44 2016-8-16)
Corey GoodeやCobraの情報で知る通り、地球のアセンションをめぐって、光の勢力と闇の勢力の攻防が続いています。光の勝利は決まっているものの、果たしてどのように闇の勢力を封じ込め、統合して、イベントへのトリガーを引くのか、地球社会の変容を加速していくのか、そのあたりが目下、私たちの最大の関心事といえるでしょう。今回も祝祭セッションを通じてじっちゃんからもたらされた、驚くべきメッセージをご紹介します。じっちゃんプロデュースのメイクドラマですが、未来の地球人が歴史を振り返るという形で、一つの可能性としてのアセンション・タイムラインが提示されます。その具体性に驚かされます。じっちゃんはどうやら、そろそろ私たちに、私たちの宇宙の家族の存在を知らせようとしているようです。私たちは孤独ではありません。地球は宇宙の孤児ではありません。大勢の兄弟たちが、私たちの健やかなる成長を心から願い、手を貸してくれようとしているのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-7-9 ” アセンション・タイムラインと地球を守る光の艦隊”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.42 2016-7-22)
目に見える社会、および地球の多次元リアリティのいろいろな階層において、多くの変化が始まっています。私たちはどの部分の変化に乗っていくのでしょうか。何を選んでいくのでしょうか。今回の”じっちゃん”創造主の講義は、自然と共生する生き方です。ニューアースで生きるとはどういうことか、そのお手本を示して下さいます。また、私たちが暮らす大地、その場所の波動を高めるためのツールについて説明し、さらに、この先の大変動をソフトランディングで乗り切るためにはどのような考え方が大切なのか、その点についても教えて下さいました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-7-7 ”ニューアース;自然と共生する生き方”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.41 2016-7-13)
”じっちゃん”創造主の講義、さらに続いています。今回は、これから私たちが経験していくことになる動乱の時期とその先にできあがる新しい社会を見せて下さいました。ふたたび、楽しい謎解きから入っていきます。ドラマに込められたじっちゃんのメッセージ、意図を理解したとき、大きな感動に包まれます。これは、私たちへ送られたエールなんですね。変革はどのように始まるのか。私たちは何を求めるのか。そして、その先に待っている未来はどのようなものなのか。「勇気をもって立ち上がれ! しばらくは混乱するけれど、その先に素晴らしい世界が待っているから」。現実世界でも混乱が始まっています。外の世界のみならず、個人の生活においても、これまで当たり前としてきた物事に対する価値観が揺らぎ始めています。「ライトワ―カーですら、大きな揺れを体験するよ」と、じっちゃんはおっしゃっています。ひっかかりのあるもの、ワクワクしないこと、自他への愛やワンネスに合致しないものは、やがてすべて手放さなければならなくなると感じています。打ち寄せてくるエネルギーの巨大波の中では、二元性のパラダイムや分離に基づく信念体系は、身を沈ませる重しとなりかねません。軽く、軽く、素直に愛に心を開いていきたいですね。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-7-5 ” 立ち上がり、そして新しい社会を作る”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.40 2016-7-10)
祝祭セッションを舞台に、じっちゃん創造主のスーパー講義が続いています。毎回クライアントさんは違えども、継続する一連の流れで進んでいます。光と闇の融合、二元性の統合をテーマに、前号までじっちゃんは、「闇と言われる者たち、例えばレプティリアン、彼らも、まとってしまったネガティブ・エネルギーを取り去れば、中身は同じ光の子どもなんだよ」、そのことを、具体的に私たち自身の多次元体を例にとって実にリアルに伝えて下さいました。今回はそこから進んで、「では、同じ光の子どもたちがなぜ闇の道に進んでしまったのか」、その経緯を、イメージを使ったドラマ仕立てで見せて下さいます。第3密度は二元性の学び舎、中でも地球はとりわけ自由にネガティビティを探求する遊びが好まれた場所です。しかし、「自由時間は終わり」のベルが鳴っています。地球という庭で思い切り遊ばせてもらった私たちは、自分たちの本質を思い出し、これまでの学びを統合して上の学校へ進むべき時です。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-7-2 ”二元性の学び舎、そして今、卒業のとき”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.39 2016-7-3)
「一なるものの法」、「二元性の統合」、「光と闇の融合」に関し、じっちゃんのスーパー講義が続いています。「闇の者たちを差別しない。彼らも、中身は私たちとおなじ光の子供。裁いたり切り捨てたりすることなく、赦して愛して融合していきなさい」。この教えがさらに進んで、今回はいよいよ私たち個人のレベルに降りてきました。スーパー講義、最初から、話の流れが全部つながっています。光も闇も私たち自身の中に存在する、その実例が今回のクライアントさんです。圧倒的なじっちゃんの教えです! 今回は、宇宙のバランスを崩すAIの脅威、それを食い止めるための光の勢力の活動を紹介する一方で、二元性の統合の先に存在する私たちのニューアースも見せて下さいました。じっちゃん、ありがとうございます! 深い愛と感謝しかありません。(TmT)ウゥゥ・・・
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-6-25 ”光のETセルフvsレプティリアン・セルフ”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.38 2016-6-26)
大変化のウィンドウ期に入りました。夏至のポータルオープンで、待ちに待ったアセンション・エネルギーが内外の変化を加速させています。イギリスのEU離脱はNWOの敗北、アイデンティティの回復を求める集合意識の高まりです。これからいよいよ集合意識に光が広がっていきます。ジェットコースターは落下点を超えました。個人としては、自分が望む最高のビジョンを常に保ち続ける(選び続ける)こと、そして、自身のライトボディ化にも意識を向けることが大切になってきます。ハイアーセルフとの融合、本当の自分を思い出すスピードが上がってきます。私自身を例にとっても、自分のフューチャー・セルフに出会い、さらに最近、じっちゃんから“ツインフレーム”の情報をもらうという出来事がありました。私もまさに大きな流れに乗って流れていることを実感しています。さて、前々回から続いてきた“じっちゃん”創造主による「一なるものの法」のスーパー講義ですが、第3回目が行われました! ”光と闇の統合”をテーマにこれまで、光も闇も等価であること、闇の者も中身は同じ光であることを教えていただきましたが、今回は、「では、闇を統合するとは具体的にどういうことなのか」をテーマに、ふたたび”じっちゃん”から非言語通信、イメージによるメッセージを受け取りました。クライアントさんにも私にも深い気づきがもたらされました。その録音をシェアいたします。私たち人類は今、幅広い波動帯に分かれつつ全体として上へ移動している最中です。波動帯の中でも最も高いレベルに到達したいと望む者は、二元性を統合して「一なるものの法」を体得しなければなりません。そのためにじっちゃんが、「こっちだよ」と手を差し伸べてくれています。その手をしっかりとつかみましょう!
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-6-23 ”ネガティビティの融合とは”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.37 2016-6-20)
明日6月21日の夏至のポータル・オープン、次元上昇の大きなステップアップに備えて、もう一つ、祝祭セッションを通じたじっちゃんのスーパー講義をご紹介したいと思います。昨日と同じクライアントさんのセッションです。今回のテーマはツインフレーム。多くの人がツインフレームに会いたい、誰なのだろうと興味があるでしょうが、一般的なツインフレームの話とは少し違っています。あくまでも”一なるものの法”の視点による講義の一部であり、ツインフレームは姿形や存在形態に制限は受けないという話、そして、常に1:1で存在するわけではなく、片割れがとても高い次元にいる場合、3次元においては何十人・何百人の身体に分かれてその高いエネルギーを分け持つことがあるというお話でした。光のバトンリレーのために、プライベートな話を快くシェアしてくれたクライアントさん、ありがとうございます! もう、私たちのリアリティはすごい速さで、面白い、実にワクワクする領域に入りつつあります。3次元世界の出来事は俯瞰して眺めることにしましょう。下の方に見えていても、自分が目指す世界は上であることを常に意識しましょう。そして、そこへ至るパスポートは、そう、おわかりですね。「愛しています。(レプティリアン)」ですね。(*´∇`*) 明日のお誕生会集団瞑想もとっても大切です。じっちゃんの依頼とも言え、二元性の統合とぴったりシンクロしています。ネガティブ・エネルギーから地球を解放してあげましょう。ぜひぜひご協力下さい。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-6-7 ”ツインフレーム”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.36 2016-6-18)
いよいよ2016年夏至のポータル・オープンが迫ってきました。しばらく続く愛の津波の到来です。その前にぜひ皆さんに聞いておいていただきたい、”じっちゃん”創造主のスーパー講義をご紹介します。ハートの贈りものの記事で書きましたが、
・闇も分けへだてなく愛すること
・人間が生み出すネガティブ・エネルギーとその対処法
に関して、じっちゃんが詳細にわたって解説して下さいました。「なるでこさんに、どうしても早く気づいてほしかった」というじっちゃん肝いりの緊急メッセージです。珠玉の言葉のオンパレードです。「一なるものの法」の核心に迫る”じっちゃん”直々の講義です。アセンション・ウェーブを迎える前に、「一なるものの法」の学びを選んだ皆さんにはぜひこれは知っておいてほしい! 夏至の前にお届けするべく、コメントをつける時間を取らずに、説明なしでそのまんまの録音をシェアします。どうぞハートを大きく開いて、静かに耳を傾けて、「アセンションには必須だ」とじっちゃんがおっしゃる「二元性の統合」の講義にご出席下さい。(これは大学レベルかな。(^^))
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:2016-6-7 ”二元性の統合”じっちゃんスーパー講義
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.35 2016-6-6)
コンシャス・チョイスNo.32-1でご紹介した2016-4-23の“祝祭”セッション・レポートの後半部です。このセッションは、地震を経験した直後で大きく揺れていた私たちに対する、”じっちゃん”創造主からの講義と言えるものでした。ブログに載せる前に一足先にここでシェアしたいと思います。今回のじっちゃんの教えから私が気づいたのは、光も闇も等価であること、二元性はどちらかを征服するためではなく体験するためにあるのだということです。闇は光の欠如にすぎない。しかし、じっちゃんは光そのものです。じっちゃんへ還る旅を続けているあらゆる存在は、光へ還るためには、いずれ自分も光に戻らなければならない。それが光を選ぶこと、他者奉仕(自分の光を放射すること)なんですね。また今回はじっちゃんに、お誕生会瞑想やイベントのタイムラインについてもお聞きしました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 始まったシフト
 多層化していくリアリティ
 じっちゃんも楽しんでいるお誕生会瞑想
 じっちゃんが伝えるイベントのタイムライン
◆なるでこセミナー
 2016-4-23“祝祭”セッション・レポート後半:“じっちゃん”創造主からのメッセージ(あらゆる選択を私は責めない)
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.34 2016-5-30)
私自身は、クライアントさんをハイアーセルフに対面させるセッションを行っているものの、自分ではまだハイアーセルフに会ったことがありません。今回、このタイミングで、ついに出会いの機会が訪れました。ああ、そうだったんだ! すべてのピースがはまり、圧倒的な感動を体験しました。さらに、自分に対する預言というものも初めて受け取りました。そう、例のあの有名な場所で、です。(コーヒー、おいちい。((^┰^))ゞ) さて、私は何を言われたでしょうか。イエス様(じっちゃん)、ありがとうございます。私たちが見るもの聞くものすべてが、じっちゃんからの美しいメッセージです。私の体験をシェアします。どうぞ、あなたも自分のハイアーセルフを思い出すきっかけにしてください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 意識領域への深い旅が導く
 明かされた私のハイアーセルフ!
 未来の自分との融合
 預言をもらいました~っ
 自分を待っている未来
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.33 2016-5-30)
結果的に先の地震が契機となって、地球は少女から堂々とした若き女神に変容を遂げました。5月から地球が新しい波動域に入ったことが、他の多くのメッセージでも伝えられています。カバルの排除は始まっています。スペースファミリー、インナーアース・ファミリーからのコンタクトも始まります。ここからが、実は私たちにとって本番です。いよいよ一人ひとりが自分の成長・進化に責任を持たねばならなくなるからです。もう、カバルによる妨害を、自分の停滞のいいわけにはできない。自分の力を思い出すとき、外部に救世主を求める必要はなくなります。自分の意識の焦点をどこに置くか、新しい地球でどのように生きていきたいか、何を目標とするか、それをはっきりと自覚する結果、あなたにふさわしいリアリティが形づくられていきます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 新しい波動域に入った地球
 カバル支配の終わり。そしてコンタクトの開始
 波動の分離の始まり。自己責任で分かれゆくタイムライン
 最高の波動帯、最高のビジョンを選ぼう
◆なるでこセミナー
 スピリットと共存共栄する賢き未来の地球人を目指して
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.32 2016-5-3)
前回に引き続き今回も、新たに4/23の“祝祭”セッションに登場された“じっちゃん”創造主のメッセージを一足先にここでシェアしたいと思います。地震に関するメッセージもありますが、“油断することなく安心したい”。「一なるものの法」を学んでいれば、じっちゃんの真意を正しく受け取ってもらえるものと信じます。いまだ制限の多い3次元を生きる私たちの現状を理解した上での、じっちゃんの深い愛のメッセージが続きます。タイムラインの分岐が始まっているのは事実ですが、いずれにしろ還る場所はみな同じでたった一つ、じっちゃん(根源)のエネルギーの中です。時期はそれぞれでいい。“今”、3次元を楽しんで生きることも忘れたくありませんね。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 違うリアリティを生きるってこういうこと?
◆なるでこセミナー
 2016-4-23“祝祭”セッション・レポート:“じっちゃん”創造主からのメッセージ(いつかはみんな私のもとへ還ってくる)
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.31 2016-4-30)
次元上昇に伴う地球の揺れはまだまだ続きます。地球自身を、そして人間も含めて地球の上で生きるすべての生きものたちをヒーリングすることは、私たちライトワーカーがもつ大きな使命の一つと言えます。私たちに本来備わるヒーリングの力はどのようにしたら取り戻せるのか、そのステップを学びましょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 ヒーリングのパワーを取り戻す:次元上昇の変動期をスムーズに乗り切るために
◆なるでこセミナー
 「ヒーリングの助っ人に、助けと協力、支援と理解を強く望みます」
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.30 2016-4-25)
祝祭セッションとインサイダー・リークの情報が合体して非常に興味深いことが起きました。コンシャス・チョイスの読者ならばこの面白さがわかるでしょう。ET評議会議長のメッセージには驚きです。多次元化が進行している“今”、未来の種は一瞬の積み重ね、瞬間ごとの自分の選択の中ですでに芽吹いています。“今”において自分がもつパワーを信じて行使する、その意識の持ちようが、自分の未来に責任を持つのです。祝祭セッションに現れる“じっちゃん現象”についても考察します。じっちゃんて、いったい何なんだ~? 誰なんだ~? 
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆なるでこセミナー
 祝祭セッション・チャネリング録音:ET評議会議長「アセンション・ウェーブに備えて」
 祝祭セッション・チャネリング録音:熊本・大分地震に寄せてーじっちゃんからのメッセージ
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.29 2016-4-25)
大きな地震を体験しました。多くの被害が出ました。アセンション・エネルギーはますます波高まり、私たちの内も外も震撼しています。大変容期が到来したと受け止めるべきです。しかし、ブログでも書いていますが、被害者意識をもって地球や自然に対峙するのはもうやめましょう。何故なら、私たち自身が加害者だからです。地球は生きている意識体、多次元存在です。その多次元の現実においては、多くの生きものたちが、与え与えられ・お互いに奉仕し合う循環の中で地球への愛に生きています。与えられるばかり・奪うばかり、それどころかそれにネガティビティでお返しをしてきたのが人間たちです。この先、大難を小難として穏やかなタイムラインを歩み、次元上昇する地球についていけるかどうかは、私たちの意識がワンネスへ回帰できるかどうかにかかっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 これからやってくる2012-12-21
 今回の地震を今後の教訓とする
 ポジティブな意識を保つことの難しさ
 ここからが正念場
◆なるでこセミナー
 人間の否定的なエネルギーが創り出すもの
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.28 2016-3-31)
光は光を引き寄せる。アセンションは進行しています。地球には光のかけら、変容のフォトンが大量に降り注いでいます。自分のエネルギーフィールドに愛と光を持つ人だけがそれを受け取ることができます。地球の新しい現実がどんどん具現化していく今、古いエネルギーに閉じこもり、光を怖れ、光に抵抗する人々は異なるタイムラインを歩いていくことになります。自分の意識状態にふさわしい場所に向かって。私たちは自分の未来を“今”選んでいるのです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
◆なるでこセミナー
 アセンション:地球に降り注ぐ光のかけらー受容する人、拒否する人
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.27 2016-3-31)
古代シュメール神話の研究者として著名なゼカリア・シッチン、彼が解読したというニビル・アヌンナキ物語の嘘が暴かれました。彼はイルミナティとつながっていた。人類はアヌンナキの奴隷として造られたのではありません。ニビル商売は終わりにしなければなりません。3600年ごとに地球を襲うという“ニビル終末論説”も終わりです。もう偽情報に意識を向けるのはやめましょう。光の世界を目指すなら、もっともっと高い波動を感じるべきときです。“今、ここ”に実在する多次元世界、ニューアースを彩る美しい色と音のオーケストラ、愛の波動の広がり、光のベールを、自分の周囲に見出していくときです。何に意識を向け、焦点を合わせ、どの波動を選ぶのか。私たちが歩く道の分岐は広がっています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
◆インサイダー・リーク ~青い鳥人族が与えた衝撃~
コズミック・ディスクロージャー・シーズン3 エピソード6 インナーアース図書館
コズミッククロージャー・シーズン3 エピソード7 インナーアースー記録のホールへ
 ゼカリア・シッチンはイルミナティに操られていた
 金の採掘者・ニビル星人アヌンナキは存在しない
 ニビルは実在しないが、第9惑星とプラネットXは実在する
 シュメール神話の神々とインナーアース
 神々の核戦争は本当だった
 日本とインナーアースのつながり
 地球人類を創造したのは誰か
 純血種と雑種
 地球内部のアセンデッド・マスターはどこにいるのか?
 自己奉仕のアジェンダ
◆なるでこセミナー
 ロザリンドによる多次元体験「自然界の階層体系」
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.26 2016-3-24)
アセンションへの途上では、ときに量子跳躍が求められます。この春分もそうでしたね。奇しくも「想像=創造ゲーム・3月お誕生会集団瞑想」のテーマも“卒業”。偶然ではありません。私たちは今、3次元的制限思考からの卒業、もう要らなくなった荷物の手放しが求められています。波動を軽くして、一段上にジャンプするためです。かなり切迫した状況といえます。騒々しい外界に気を取られている場合ではありません。皆さんはうまく上れましたか? 上った先に見えてくる景色はニューアース、ガイアの多次元意識の世界です。「一なるものの法」を学びながら、美しい統合意識を体験してみましょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 アセンションの第2波
 ポジティブな人はよりポジティブに、ネガティブな人はよりネガティブに
 第4密度への道は「一なるもの」への道
 5次元を出たり入ったりしながら、やがて定着へ
 戦争はこれで止むのか
 部分的ディスクロージャーが既成事実となるのか
 「地球」か「宇宙」か選ぶ日がくる
◆インサイダー・リーク ~青い鳥人族が与えた衝撃~
 コズミック・ディスクロージャー・シーズン3 エピソード1 インナーアースについて
 コズミック・ディスクロージャー・シーズン3 エピソード2 グッドのインナー・アースへの旅
 コズミック・ディスクロージャー・シーズン3 エピソード4 インナー・アースからの新事実
 コズミック・ディスクロージャー・シーズン3 エピソード5 インナーアースの一周ツアー
 地球内部の動植物
 アガルタ人の歴史
 マルデクと火星の戦争、マルデクの破壊
 次々に地球にやってくる他星人たち
 攻撃性が組み込まれた地表人類の遺伝子
 アガルタの都市と岩を突き抜けるUFO
 どこまでも広がるテラフォーミング
 巨大なオベリスクとプラズマボール 
◆なるでこセミナー
 地球の多次元意識を体験する
――――――――――――――――――――――――――――――――――




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真我の目覚め

2016-07-28 17:08:26 | 次元上昇
昨晩終了した2016年7月お誕生会集団瞑想「紐解いて、あっと驚く玉手箱☆目覚めよ真我の光」ですが、スクリプトも載せておきましょう。

神話を題材に冒険ファンタジーの形を取っていますが、私は、実はこれ全編、kiyokoさんが上からチャネリングしたものだと思っています。

お誕生会集団瞑想の最終回、最後の共同ミッションです。今、このタイミングにおいて、多次元的に非常に重要な意味をもちます。

今は、祝祭セッションも、それからコンシャス・チョイスのレターも、読者の方から私のもとに届くメールも、ハート・コミュg+での活動も、すべてが共鳴し、シンクロを起こしています。

そのすべてが、地球と人類の次元上昇の支援というライトワ―カーが担うミッションに関連しています。私たちは、それを、ここ日本においても引っ張っていくことを、上から期待されているんですね。

そのために、じっちゃんが毎回、祝祭セッションに出てこられて、ステップを踏んで、講義の形で、私たちに学ばせよう、気づかせようとして下さっているのです。フフフ、、、淡々と文章にしていますが、実は、以前の全体の波動が低かった時代からは考えられない、とんでもない奇跡が起きているのだ。w川・o・川w オォーーー!!

上の次元と私たちの次元を隔てていたベールは着実に薄くなってきています。彼ら、高次元の光のファミリーが、もう手を伸ばせばほとんど握手できるところまで来ている。

どうぞ大きな構図で、そのことを信じて下さいね。希望を捨てないで。

「どうしてこんなことが起きるんだllllll(-_-;)llllll」というほど陰惨な事件が世界中で続いていますね。ここ日本も、例外ではなくなってきました。いよいよ峠越えに向かっているのです。しかし、大きな天変地異が起こらないだけでも、実は素晴らしいのです。ソフトランディングへと何とか持っていこうとしている。みんなの努力で。

じっちゃんの教えでは、「多様性を認めることがソフトランディングにつながる」そうです。つまり、自分と違う相手を裁かずに、ありのままを見る。愛の目で見る。対立しない。共通点を見つける。お互いに歩み寄る。そういう成熟した集合意識に成長すれば、地球と人類の次元移行は、恐れや不安を生まないスムーズなものになるのです。

闇がこれだけ深くなるということは、光もそれだけ強まっているということ。逆もまた真なのです。

どちらに焦点を当てるかで、この先、あなたが行く世界が違ってきます。恐怖ではなく、自分の中を愛で満たして、静かに自分の中心に留まっていて下さい。

さて、下記のスクリプトの中には、光の存在たちから私たちへのメッセージが数多く、散りばめられています。楽しんで、共鳴してくれると嬉しいな。♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪


☆☆☆ハートの贈りものpresents 2016年7月お誕生会集団瞑想スクリプト
「紐解いて、あっと驚く玉手箱☆目覚めよ真我の光」  (幹事 kiyoko yamada)☆☆☆

では、どこでもドアの扉を開ける前に。
宝箱を一つご用意下さい。どんな箱もけっこうです。お菓子の箱でもかまいません♡
その中に一つ、あなたからのプレゼントを入れましょう。私たちはそれを、竜宮城にお届けするのです!!

私たちのいる陸から、竜宮城へプレゼントを届けます。そして、竜宮城からもプレゼントをいただいて、今度はそれを天空の城に届けるのです!! 陸から海へ、海から天へ、プレゼントを贈り合うミッションです♡

さぁ・・・これから行くのは、前回、6月のミッションで訪れた地下神界、神の世界、クリスタルの歯車のある場所です。その沖合には竜宮城があります。その浜辺を目指します。

浜辺ではもう、人魚姫たちが待っていますよ。前回はほとんど出番がなかった人魚たち、今回はわくわくしています。竜宮の使いの亀たちもたくさん迎えにきてくれています。

どこでもドアの扉の向こうに、親愛なる彼らが、待ってくれています。

さあ、扉をあけましょう。冒険のはじまりです。


~~~~クリスタルの歯車~~~~


扉をあけると、そこは、大空が広がる砂浜☆ 

今回もふたたび、じっちゃん創造主、地球乙女、マイケル、大天使たち、天使たち、やおよろずの神々、女神様方、スペースファミリー、アガルタ人、精霊さん、自然界の生き物たち、エレメンタルなど、多くの光の存在が、この偉業をお手伝いしようと集合し、私たちを出迎えてくれます。

瀬織津比売(せおりつひめ)様、速開都比売(はやあきつひめ)様、気吹戸主(いぶきどぬし)様、速佐須良比売(はやさすらひめ)様もお見えです。私たちは竜宮城へ行くために、四人の女神さまから禊祓(みそぎはらえ)をいただきました。
これで穢れを落として浄化され、人として竜宮城を訪れる事が許されました。

じっちゃんがおっしゃいます。
「神と人とをつなぐこと、これが儀式じゃ。祓いにはじまり祓いに終わる、それは、天と地をつなぐ、神と人とをつなぐ儀式のようなものじゃな。敬いと礼をもつ魂には神の御光(みひかり)が訪れよう。わし自身はそんな固い事は思わんのじゃが、神々に全て任せておるからのう。」

じっちゃんは、私たちの顔を眺め、「それにしても、皆、良い顔になったのぉ。」と、これから未知の竜宮城へ行く私たちをねぎらって下さいます。

地球乙女が言われます。
「地球の波動が宇宙と連動して、上昇してきました。みそぎはらえの清めが加速しています。恐怖や不安が地球から振り落とされていくでしょう。自分が正しいという偏った思い込みも、批判や非難もその身の足かせとなるでしょう。こわがらないで。信じましょう。すべての歪みが正されていくでしょう。」


地球乙女は、多くの悲しみや苦しみを昇華され、今やすっかり健やかにおなりです。美しい色とりどりの花びらでできた透明なレースのドレスを身にまとい、地球にある宝石の飾りを着けて、幸せそうに、微笑んでいらっしゃいます。

苦しみを乗り越えたお姿から、愛の波動が心地よく響いてきます。汚れても汚れても、地上を自然の浄化で保たれる努力を、自然界の精霊方や神々と、地球乙女は今この時も行って下さっています。

私たちは今、本当の自分を思いだす時がきたのです。生きてゆく為に。闇も光も知ったからこそ、天の岩戸は開きました。私たち自身が変わり、世界が変わる為に。あらゆるものとつながるために。

さあ、前回のミッションでも使用したポシェットの中に、宝箱を入れましょう。

皆さんは、宝箱の中に何をいれましたか? 四葉のクローバー? 水晶? ブリザードフラワー? 種? 折り鶴? 何が喜ばれるでしょうか。竜宮城の宝物殿へ捧げに参りましょう。

人魚たちがふたたび、私たちに貝殻のストラップを下さいました。
人魚に変身して、さぁ、亀さんにつかまって、出発しますよ!!


~~~~~竜宮城へ~~~~


透明な海です。太陽の光が、不思議なことにずっと深く、深海までも照らしています。
浄化が進んだのですね。

たくさんの小魚たちが、まとわりついてきます。

透明なブルーの海、エメラルドに輝いています。
色とりどりの珊瑚礁が続いています。

沖に出ると、だんだんと水深が深くなり、魚の群れがダンスを踊るように美しい光景を見せてくれます。
くじらや、サメもいますが、まるで私たちなど気にもとめないかのように、彼らは出あっても、ただ泳ぎ去っていきます。
私たちも魚の一つになったのような感じです。

亀たちはもろもろをかき分けるように、海の中を泳いでいきます。

岩穴をくぐり、しばらく行くと、海の底に大きなお屋敷が見えてきました。
この岩穴は、私たちが前回、天の岩戸開きを行った結果、次元がつながったものです。

岩穴を抜けると、大きな壁と門がありました。
門には、タコやイカの門番が、長い槍をもって立っています。

亀たちが門に近づくと、大きな扉は、音もなく開きました。

門をくぐると、お屋敷の中は普通の空気に満ちていて、呼吸ができるのです。まるで地上のように歩けるのです。それなのに泳ぐこともできる、不思議な空間です。
空中を、魚が泳いでいます。海草や珊瑚があり、色とりどりの海の石の庭園も見事です。

私たちは、人魚の変身をといて二本の足で歩き、お屋敷の庭園を進みました。

庭園の奥に、竜宮城とかかれた大きなお城がありました。
大広間に案内されると、海の女神さまや乙姫様、海神様方が宴をされていました。

そして、私たちを心から歓迎し、温かく迎え入れてくださいました。

私たちはそこで、それぞれ持ってきた宝箱を祭壇に捧げました。
海神様や女神様方、人魚姫や半漁人たち、精霊たちも、おおおいに喜んで下さいました。

そして、きらびやかな衣装に身を包んだ美しい乙姫様がおっしゃいました。
「あなた方は、本来は、ここの食事に手を付けてはいけません。なぜなら、人間の世界とこの世界では、時間の流れが違うので、食事に手を付ければ、あなた方はこの世界の時間で生きる事となります。浦島太郎さんのように、陸に戻り玉手箱をあげると、年をとってしまうのです。

しかし・・・今日は特別に、海神様のお許しをいただきました。この宴の場で海の幸を食する事を許します。大丈夫です。ここの海の幸を、とことん味わって下さい。この幸は、あなた方の山、陸から流れ出た養分によって育ったもの、山と陸の恵みの賜物です。山と陸の恩恵にあずかって生まれた幸せなのです。その幸せをいただいて、深くかみしめ、そして、踊りや歌をどうぞ楽しんで行ってください。」

海の音楽とともに、踊りがはじまりました。

小魚たちが集まって、いろいろな形を作ります。列になって、ハート型に泳いでくれたり。
女神さまの舞はとても華やかで美しく、それはそれは見事で、見惚れてしまいました。浦島太郎さんの気持もわかりますね(笑)。
タコ踊りや、イカ踊りにも、笑わせてもらいました。

身の丈20mもありそうな巨大なサメが、天井近くを泳いでいったのには、開いた口がふさがりませんでした。

最後は、みんなでたくさんの輪を作り、手をつないでぐるぐると踊りました。
それはまるで波紋のように、小さい輪から大きな輪へと広がって、みんなでウェーブも起こし
ました!

水中のようでいて水中ではない空間は、フワフワした感覚で、身も心もとっても軽くなりました。

楽しい時はあっという間に過ぎ、そろそろお別れの時間です。

海神様が、人魚姫たちに言われます。
「私の娘たちよ。プレゼントをいただいたのだから、次は私たちがプレゼントを差し上げる番だ。天空の城へ、山へ宝箱を届けなさい。そのために、今日は、二本足に変化する事を許そう。山を楽しんできなさい。愛する私の娘、そなた達にも、一生に一度の私からのプレゼントだ。創造主様が許して下さればの話だが。」

その時、天から、じっちゃんの声がしました。
「わしは一度も制限などしたことはなく、すべてを許してきておるのじゃよ。だが、今回、それは、次元が重なる今だからこそ許される芸当ではあるのう。どうぞ、楽しみなさるがよい。」

海神様と創造主様のお言葉に、人魚姫たちは歓喜の声をあげました。大興奮です。

「あこがれの陸にあがれるなんて!!こんな奇跡ってあるかしら!」
涙を流して喜ぶものもいます。

さて、竜宮城を去る時、私たちは、自分が持ってきた宝箱を返してもらいました。中には、海からのプレゼントが入っているそうです。でも、間違っても、年寄りになる魔法は入っていないとのことでした(笑)。

私たちは、人魚姫とカメたちに導かれて、これから地上へと戻ります。

私たちも人魚の姿になれるなんて、海の中で何も心配せずに泳げるなんて、そんな体験は、そうそうないことでしょう。

水中で、呼吸をしなくても苦しくならないのはとても不思議ですが、それが、次元の重なりというものだそうです。本物のようで偽物の世界。偽物のようで本物の世界。まるで夢のようなバーチャルな世界です。

水面の波目模様が輝いてきました。私たちは遊泳を楽しみながら、浜辺にもどりました。

海から出ると、人魚たちのひれはすべて人間の二本の足にかわりました。人魚たちはドキドキしながら、足で砂をふむ感触を楽しんでいました。砂がとても心地よい・・・。竜宮城でこっそりと二本足になって歩く練習をしていたみたいですね。それほど、陸へのあこがれは人魚たちの心の中で強かったのです。良かったですね。夢が叶って♡

誰でも、あこがれがいつか叶う時が来ると信じましょう。

浜辺では、陸のみんなが待っていました。美しい人魚姫たちが陸に上がって二本足で歩く姿は人間と変わりませんが、まるでギリシャ神話からぬけ出てきたようなスタイルの良さとその美貌は、だんとつに目をひきます。巻き毛やストレートの、色とりどりの髪の色も素敵です。

私たちはクリスタルの歯車の近くに移動しました。


~~~~ひまわりの階段~~~~


前回のミッションで、地球乙女が咲かせてくれた数多くの紫陽花の花は、いつのまにか広大なひまわり畑に変わっていました。

ひまわりの花をみて、人魚たちが美しさにため息をつきつつ「太陽がいっぱい!!」とおっしゃいます。
ほんとに太陽のようです。

マイケルが命じると、クリスタルの歯車の前に、大きな白い門が出現しました。

その門が開くと、目の前には高い山がそびえていました。そして、その山頂付近に天空の城があるのが見えました。
山頂まで続く階段として、巨大なひまわりの階段がありました。大きいけれど、とても可愛い階段です。

瀬織津比売(せおりつひめ)様が、女性たちに羽衣をプレゼントしてくださいました。
はおると、羽衣は宙にふわふわと浮いて、体がかるく感じます。

キューピット天使が男性たちの背中に幻の小さな矢を当てると、背中に、ぴょっこりかわいらしい翼がはえてきました。
空をとぶことはできなくても、体が浮きあがる感じです。

ひまわりの階段に乗ると、ポンポンとひまわりが上下して、私たちの足を押し上げてくれます。ですから、楽に階段をあがっていくことができます。勢い余って体勢が崩れても、羽衣や、背中の羽が、バランスをとってくれます。ふわふわと美しい布が舞い、背中の翼は可愛いくパタパタします。

これには人魚姫たちも大喜びです♡

精霊や妖精さんたちも、私たちが階段から落ちないように、サポートしてくれます。
さすがに高いところへ上がると、少しドキドキしますが、そのスリルも楽しさの一つ。

下を見ると、壮大な景色が広がります。クリスタルの歯車が小さく見えます。海が四方に広がっています。ひまわりの階段を、思い切って一気にかけあがりました。

天空の城が近づくにしたがって、その後ろに、巨大な樹が生えているのが見えてきました。

大きな大きな樹。天空の城を包んでしまうくらいに太くて巨大な樹です。
これが、世界樹とよばれているものでしょうか。


~~~天空の城へ~~~~


天空の城につきました。その前に神社があります。そこでは、神主さんが、ほら貝を吹いて下さいました。そして、私たちを祓い清め、のりとをあげてくださいました。

それから、天空の城の門が開きました。

お城の中には、たくさんの神様や女神様、精霊や妖精さんがいらっしゃいました。

こちらでも宴が準備されていました。

人魚姫たちは、「海神様よりあずかってまいりました。どうぞお納めください。」と、プレゼントの玉手箱を祭壇に捧げました。

山神様は言われました。
「海神殿にはもうどれだけ会っていない事か。娘のあなた方に会えただけでも喜ばしい事です。」

広間の中央に、準備されているものがありました。
棒の先に取り付けられた鈴のさおと、たくさんの竹ざおに色とりどりの長い布をつけた旗でした。

女性が、円の中央で鈴の棒を持ち、左右に振って鳴らします。
その周りをさらに、他の女性たちが鈴と太鼓のリズムで踊ります。それはそれは清らかな鈴の音色です。
男性は、色とりどりの布をつけた旗を持って、女性の周りを時計回りに走ってまわります。
女性は鈴を鳴らして踊り、男性は太鼓を叩き、旗を持って走る。

女性の足元に水が湧きだし、男性が風を起こしました。
すると、裏の扉があいて、それらが世界樹へと流れていきました。

世界樹は、水を受けてうっすらと金色銀色に輝くようでした。

私たちは外に出て、世界樹の前に立ちました。

山神様が言われます。
「二極の統合は完成された。世界樹は生命の樹となり、命の根源と成り申した。つながるがよい。生命の樹を感じるが良い。パワーは無限である。その心に穢れがなければ、つながることができよう。」


私たちは生命の樹に、触れてみました。深く深呼吸できるような、そんな感じがします。どれほど深い深海にいても、どんなに乾いた砂漠にいても、水を感じ空気を感じ、根源なる命の源を感じることができます。

山神様は、玉手箱を空中に差しだしました。
すると、海神様から贈られた玉手箱も、光り輝きながら、祭壇から飛んできました。まるで二つは引き寄せあっているようでした。

生命の樹の前に、山神様は立ちました。
皆が見守る中、背丈4メートルはありそうな山神様の頭の上で、二つの玉手箱が開きました。

中から、一つずつ大、きな光の玉が出てきました。一瞬、とてもまぶしくて驚きました! 一つは、渦巻く赤色の玉、もう一つは水の渦のような青色の玉でした。

海神様の声が響き渡りました。
「奇跡の光りであるくしみたま」

山神様の声が響き渡りました。
「幸せの光であるさきみたま」

そして、じっちゃん創造主様が言われました。
「ま、ラッキーとハッピーじゃなあ♡」

二つの珠の光が、だんだん大きくなって、分裂し、私たち全員の身体に、まるでちりぢりの花火のように入ってきました。

創造主様が言われました。
「皆、ほんとに良かったの~♡これがまさしく神の贈り物じゃ。」

私たちは、奇跡と幸せの力をいただいたのです。
パワーがみなぎってきました。

体の中で、流れるようなせせらぎと、燃えるような情熱がほとばしります。

じっちゃんが言われます。
「さあ、儀式は終わったぞよ。二極の統合は果たされた。二極こそが、にぎみたま和魂とあらみたま荒御霊の正体じゃ。その波を楽しみながら超えていくことが、くしみたま奇魂とさきみたま幸魂の力じゃ。今後はどんな恐怖が訪れようが、すべてを楽しめるじゃろうて。大波を楽しむがよかろう。」

山神様が言われました。
「次元が重ならなければ、引き合えなかった二つのみたま。神と人をつなぐ力。人の心が畏怖し封印し遠ざけてきた太古の力。だが、時が来て、海神が大波をおこし、包んだ次元の重なり。この荒技に気づき耐えうる者のみが手にする真実の光。」

海神様の声がきこえました。
「しかし、まあ、力を引き出すも引き出せぬも、それぞれだ。よくよく、己の魂を磨いて、神の御心に叶うように生きる事じゃ。己の心に愛と調和と勇気があれば必ずや道は開けようぞ。その資格が、三種の神器というものなのだが。その資格がここに集まった者たちにはあるようだ。だが、果たしてこの世界を変える事ができるかどうか。だが、恐れずに表現してほしい。愛を。愛でしか闇を包めぬのだから・・・。」

女神様が言われました。
「地上は、まだ混とんとしております。先を行く者であるがゆえ、また、これから、大きな闇や、大きな波が来るように感じるかもしれませぬが、その羽衣、そして、キューピットの羽根が、怒涛の渦に巻き込まれずに、バランスを保つのに役だってくれるでしょう。またいっそう歪みが明るみに出て、恐怖や不安を感じるかもしれませぬが、地球女神様のように、自分の軸をしっかりと保ち、幸せの中におられます様に。私たちも祈っております。」

別の女神様がおっしゃいました。
「人間は、山の恩恵、海の恩恵をいただいて、生きています。どちらも感謝ですね。また、どちらも無ければ成り立たない世界。もう、何が嫌いとか、何が嫌だとか言っているレベルではないのですよ。嫌だというものはない。すべてを、好き、嫌いを超えて受け入れれば、荒魂もきっと裏返し、幸せと成るでしょう。つながるものすべてに愛を。それが、森羅万象。」

摂津織姫様が言われました。
「神話を通すことで、あなた方に贈りたかった太古のパワーを伝える事が出来て良かった。伝承は今ここに伝えたかった。そこに神々の愛がありました。育て成され。神を。そのお心の中で、卵はかえり、いつかあなたの力となるでしょう。宇宙に叶うお心ならば、生命の樹が応援しています。自分の波紋をひろげなされ、響かせなされ、輝きなされ。歪みは正され、すべてに愛と調和が宿るでしょう。」


女神様方は、そういって宙を舞いながら、嬉しそうに微笑まれました。

そして、私たちは、浜辺に戻りました。

さて、いよいよ、7月のお誕生会です。

「7月お誕生日の方の発表です。7月生まれの方は、浜辺の砂のステージにおあがりください」

貝殻で装飾されたステージは、砂もしっかり固まっていて崩れず、とても頑丈です。


~~~お誕生会~~~


「7月生まれの皆様、お誕生日おめでとうございます。
ではお名前を発表します。

Yuri kamaさんお誕生日おめでとうございます。
Hitomi naganeさんの娘さんお誕生日おめでとうございます。
Suzu hatiyaさんお誕生日おめでとうございます。
M来実さんの娘さんとお義母さん。お誕生日おめでとうございます。
Narudekoのオットーさん、お誕生日おめでとう」

拍手が大きく大きく響きました。

マイケルがおっしゃいます。
「この時代、この時、ここに集うことが出来ました。7月のパワーはまさに情熱を燃やす時。
あなた方の情熱が、新しい創造を産み、新しい時代を創っていくのです。次の新時代への橋わたしとして、一人一人がそのお役目を担っていくことでしょう。」


地球乙女が言われました。
「これから、たくさんの渦があちこちで生まれそうですが、奇魂と幸魂を得て、進化してください。自分らしさを大切に、命の鼓動を響かせて下さい。私は、あなたがたすべての命の鼓動が愛しいのです。この大地で、この海で育まれ、つながっていく未来。たどりつく未来に腹をくくり、私も今を楽しむことにいたします。あなたがたのすべてを見守っています。」


いただいたプレゼントは、天女の羽衣、キューピットの翼。そして、幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)です。それぞれに、真のアセンションを果たしましょうね。これからの人生も、それぞれに輝かせていきましょうね。ネバーギブアップ♡

最後にどこからともなく、声が響きました。宇宙の声でしょうか。
「希望を胸にかがやかせてください。最後は、笑って下さい。起こる事すべてよしということは、宇宙と創造主への信頼であり、感謝と学びであるという事を忘れないようにして下さい。私たちはいつもあなた方と共にあります。」


さぁ、皆で、フィナーレの歌です。音楽の終わりと共に、それぞれがお別れです。終わりの始まりです。新たな出発です。いつでもすべては自分の心の内にあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加