ハートの贈りもの―2016―黄金時代04年

2016−道は分かれていきます。他者奉仕の道を選び、”一なるものの法”を共に学んでゆく人のためのサイトです。

光のよろいを身に着け、光の武器を持つ。子供たちを守る。マイケルのレギオンとして。(19:29更新)

2016-02-05 11:38:52 | マイケルのポータル―恐怖を愛に変えるとき
19:29 更新; この記事を読んで、いじめにあっていた人、身近に自殺した知り合いを持つ人から、メールをいただいています。あなたから、どうぞあきらめないで! タイムラインは変えられます。インサイダー・リークのCoreyの言うように、3次元の時間というのは、実は、パラレル・リアリティの選び直しの連続なのです。さらに、自分が多次元体のパワーを本当に発揮するときには、過去さえも変えられるかもしれません。

〜〜〜〜〜〜

不思議です。タイムラインを踏み変えるとは、こういうことをいうのでしょうか? 

昨日の状況は絶望的でした。息子の知り合いが「いじめられて自殺した、亡くなった」という連絡が来て、私はマヒしてしまいました。その子の無念さ、親の慟哭を共有して、心が氷のようになりました。また、息子のいる環境がひどく恐ろしいものに思え、この先どう息子を守ればいいのだろうと、暗闇に放り込まれた感じで、前が見えなくなりました。昨晩、私がどれほど苦しんだか、そして”じっちゃん”に祈ったか、状況は下記に書いた通りです。明け方、ようやく無力感から脱して、光のレギオンとなる決意をし、マイケルたちと出かけて光の柱を立てた先は、実は息子の学校です。(国内で報道されることはありません。)

そのように、昨日は、受け取る情報すべてがネガティブで、恐ろしい事態が進行中、それに対する学校の対応も非常に冷たいと感じられるものでした。私の不信感はマックスでした。

ところが、今日、さきほどのことです。新たに届いた連絡では、そのお子さんは「集中治療室で今、治療中」とあるではないですか! しかも、学校の対応には誠意がこもり、進行中の状況、すべてがポジティブに感じられる。ポジティブな流れに変わっているのです。昨日とは、起こった出来事も、学校の対応も、明らかに違っている。そこには、希望が見えてきている! 

もしかしたら、昨夜、光のレギオンとして出かけて、その地に光をあふれさせた、それにより、私たちは本当に別のタイムラインに移動したのかもしれません。

「亡くなった、部屋に花が飾られた」と聞いたんですよ、昨日は。それが今日は、「家族に見守られて治療中」に変わっている! ミラクルとしか言いようがない。本当に、想像=創造なんですね! そして、「恐怖に打ち勝つ」とは、こういうことなんですね! きっと、あのまま恐怖に負け続けて、自分の力を取り戻すことなく、立ち上がれずにいたら、もしかしたら、今日もそのまま、そちらのリアリティにい続けたのかもしれません。

勇気は本当に大切ですね。人間ですもの。衝撃を受けて、いっときは恐怖に負けて膝をつき、地に這いつくばることもあるかもしれない。でも、そこから絶対に立ち上がる。力を振り絞って、「私は負けないよ〜」と、天にこぶしを突き出す。そのときに、天から、大きなサポートのエネルギーが降りてくるのだと思います。「天は自ら助くる者を助く」とは、よく言ったものです。

光のレギオンとなる決意をしたのは、間違っていなかったと思います。






次元上昇のスパイラルと次元下降のスパイラル、双方向のエネルギーがますます強くなり、どちらに向かって生きるのか、人の波動も分かれつつあります。

そんな中で、子供が自殺したり、殺されるニュースが続いています。昨日は、息子の周辺でいじめ自殺の話を聞き、大きなショックを受けました。怒りと悲しみで、眠れない夜を過ごしました。”じっちゃん”とAAマイケルに祈り続けました。どうしたらいいか、わからなかった。自分に何ができるか、知りたかった。正直に言って、息子を置いている環境に恐怖を感じました。

どん底ともいえる夜でしたが、しかし、、明け方、力が戻ってきました。

祈りと瞑想の末に、ビジョンがやってきました。

決心しました。もう私は、そのまま、ただ「可哀そうに」といって、胸が張り裂ける思いをしながら、見過ごしていることはしたくない。何もできない、自分は無力だという被害者意識を持ち続けたくはない、そう確信しました。

そして、じっちゃんとマイケルに見守られる中、私はよろいを身に着けました。光のよろいです。光のよろいを着、光の盾、光の槍を持ちました。(女戦士です。o( *゚ー゚)┘≡╋━━━∈)

マイケルのレギオンとして。今後、私は、彼と共に、先頭に立って、光を守る戦いに出ることにしました。

”戦い”と言ってはいけないのかもしれない。二元性に囚われているかもしれない。「一なるものの法」のもとでは、闇も光も一つのもの。闇にも闇の存在価値、役割がある。それはその通りです。すべては必要があって起きている。いじめる子も、自殺する子も、殺される子も、それぞれの魂の学びがあって、それを許容している。それもそうかもしれません。私がふだん、セッションレポートで書いていることと矛盾するかもしれません。

しかし、それを全部わかった上で、誰かを憎んだり裁いたりするのではなく、ただ、光によって愛を取り戻してもらうために行きたいのです。

すべての法則を意識に置いた上で、それでもあえて私は出ていきます。弱肉強食、事なかれ主義や保身、権力へのへつらい、隠ぺい工作、搾取や暴力、利益至上主義、そういう不正によって子供たちが正当な権利を奪われて苦しんでいる場所に、もっと光を差し込ませたいのです。

攻撃する戦いではなく、防御のための戦いです。光を守る戦いです。5次元の私として、息子の学校に行きます。世界中の子供たちの学校に行きます。都市にも、戦地にも行きます。闇がはびこり、光が弱まっているところへ、子供たちが虐げられているところへ行きます。

これは、私のアファメーションです。じっちゃん、マイケル、聞いてね。私の多次元体を、子供たちのために働かせて下さい。

今の子供たちは、ニューアースを築いていく、ニューアースのリーダーとなる存在です。彼らをもっともっと守りたい。私たちのビジョンで。想像=創造の力で。ただ受け身に祈っているだけではなく、多次元存在として何かもっとできることがあるのではないでしょうか。

そのために、私は、マイケルや彼のレギオンの天使たちと一緒になって、今後、地球から、特に子供たちの周辺から、闇を散らす活動に出て行くことにしました。私たちの背後から、巨大なじっちゃんが、愛と光のエネルギーを送ってバックアップしてくれているのを感じます。

その地にいる闇に占有された者たちには、二つの道のどちらかを自由意思で選んでもらいます。闇を選ぶなら、それがあるべき場所へ去ってもらいます。光に変わることを選ぶなら、その者へは大量に光を注ぎこみ、闇を中和し、バランスを取り戻してもらいます。

昨晩はさっそく、闇がはびこる学校に行き、5次元の巨大なライトボディとなって、私は、手にした光の槍をその地に立てました。上からは宇宙のエネルギーが、下からはガイアのエネルギーがその槍に集まって、槍の先についた光の珠から白い光が激しくあふれ出したのが見えました。じっちゃんが上から、ガイアが下から、支えてくれています。その白い光が、学校を光の波となって覆いつくし、その地に光の湖を作ったのが見えました。闇は、散り散りになって去りました。

たかが瞑想、ビジョンと侮るなかれ。

私は、悲しみと絶望を後にし、被害者意識から脱け出して、「自分の手で何かをする」力を取り戻したいのです。

5次元のライトボディで立ったとき、自分からものすごく大きな光、エネルギーが放射されているのを感じました。

私たちには、このリアリティを変える力がある。

今、上へ向かうスパイラルと、下へ向かうスパイラルのエネルギーが、かつてない強さで私たちを巻き込んでいます。下へ引きずりこもうとする力も強いけれど、上を目指すなら、上へ持ち上げてくれる力も強い。

2016-2-2のセッションでは、じっちゃんから、ライトワーカーにふたたびメッセージが寄せられました。

「ライトワーカーたちよ、光をもっともっと輝かせてほしい、強めてほしい」
というものです。「あなたたちが頼りなのだ」と。同じ内容のメッセージがこのところ続いています。

「二つの地球に分かれていくことはもう止められない。一つにしておきたいけれど、それは無理」、そのようにじっちゃんはおっしゃいました。時間は無くなりつつあります。彼らはしかし、大きな愛で、できるだけ多くの人をニューアースへ連れて行きたいのです。私が持ったイメージでは、地球は二つに分かれるというか、ニューアースが脱皮して生まれ変わる感じでした。脱皮した皮の方が、もう成り立たなくなっていく古い地球です。

気づいていない人々を、ゆさぶって、振り向かせることはできない。しかし、私たちの光が強くなれば、そのまぶしさに、こちらを振り向く人が出てくるかもしれない。私たちがもっと大きく輝くことで明るさが増せば、自分が立ち止まったままでいる状況が見えてくる人が増えるかもしれない。

それが、じっちゃんたちの願いなのです。

今の外界が高い光の波動にマッチしなくなり、混乱しながら崩壊を始めると、潜んでいた闇が暴き出されてきます。経済活動においても。社会状況においても。今がその段階です。

ここからがラストスパートともいえますね。まさにライトワーカーの、もっとパワフルな人は私とご一緒に光のレギオンとしての、信念が試され、これまでの準備が役立てられるときです。勇気を出して進みませんか。

AAマイケルより、「レギオン募集中!」 (○ `人´ ○) 

ハハッ 只今 \( ̄^ ̄)/ 参上!!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完全ディスクロージャーを求める署名活動に協力しましょう!

2016-02-04 13:47:44 | ディスクロージャー
2/4 更新; いろいろと教えていただき、国名を「不明の地域」にし、市町村に「Japan」と書くように変えただけで、OKでした。<(_ _*)> アリガトォ
2/3 更新; 日本からもうまく署名できている人がいるようですね。私は相変わらずダメです。ということは、こちらのサイトの問題か。。。






先日来、インサイダー・リークのCoreyから、そして今回、Cobraから、下記キャンペーンへの協力が要請されています。

私も何回かトライしているのですが、日本からの署名を受け付けてくれないんですよね。向こうのサイトの問題だと思うのですが。

皆さんはどうですか?


MAKE THIS VIRAL! Secret Space Programs Disclosure Petition

We need FULL DISCLOSURE! We need unity in this community to make it happen. CG



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろんなところに虹が見えるのは、光の質が変わってきているから?

2016-02-01 17:26:59 | 不思議ニュースから
毎晩10時からは、「真実の報道」瞑想です!

1. みんなでワクワクする「真実の報道」を求める集団瞑想を行っています。毎晩10時から6分間集合!(mp3ファイルはこちら
2. 毎日曜日の夜10時から、光の勝利のための全世界集団瞑想(福島リカバリー・ビジョン・プロジェクトが発展したもの)を行っています。ぜひご参加下さい。音声ガイドはこちら。いつでも使えるスクリプトになっています。自己とガイアのヒーリングのために。お時間がある方は、ぜひ1に続いて毎晩でも。

3. チャネリング版”祝祭”セッションの「ライトワーカーへのメッセージ」も好評です。創造主と天使団のエネルギーで癒されて下さい。(mp3ファイルはこちら。)
4. チャネリング版”祝祭”セッションの”じっちゃん創造主”からの「人類へのメッセージ」もぜひ受け取って下さい。mp3ファイルは、こちら。



皆さんも経験されていますか? 

これってもう、当たり前のことなのでしょうね。最近、いろいろなところに虹が見えますよね。太陽の光でも、人工の光でも、目を細めて見れば、周囲に虹色のトーラスが渦巻いています。

室内でもこの通り。

スマホの画面に、天井のライトが反射しています。と、虹の散乱!



テレビの画面に、壁のランプが反射。これも、もとは白くて丸い、ごく普通の小さなランプ。



光が当たっているわけでもないのに、CDのプラスチック面が虹色に。そばの壁にも反射。



閉じている玄関なのに、虹の柱が立っていました。



部屋の奥のクロゼットの扉にも、虹の柱が立っていました。



不思議〜。理由はよくわからないけれど、きれいだから、ま、いいか。

おそらくは、物理的に光の質が変わってきているのだと思う。最近の光は、反射が虹色のプリズムになってしまうのだ。光の中身が以前とは違うんだ。

それに、虹ってことはエンジェルからのメッセージでもあり。来てくれてありがとう。\(^▽^)/

エンジェルといえば、最近ふとした瞬間に、ありありと目の視野の端に、何やら白くて細長い光の柱が立っているのが見えるようになりました。

以前から、よく目の隅に白い光がフラッシュすることがあったのですが、最近は、こちらがじっと目を動かさないでいると、その光は消えずに、そこに立っている。何かの存在であると感じます。生きて、もやもやと動いているみたい。



アセンション症状、アセンションに伴う変化の一つで、次元上昇に関連してそういうものがどんどん見えてくる時期らしいので、別に驚かないけれど。

物理的にいうと、目の構造上、視野の端っこだけは、可視光よりも外側の帯域の光が少し見えるらしいんですね。

つまり、まっすぐ前を見ていたら見えない光の存在が、目の端っこでは見えることがあるというわけ。

同じ場所に多次元の時空が重なっているので、その場に他の誰かさんがいても全然おかしくない。

早くその光の存在さんと、意思疎通もできるようになりたいものです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「真実の報道」瞑想をさらにプッシュ! 効果が見えてきた。ヒラリーの逮捕が近い。

2016-01-31 21:12:48 | 次元上昇
昨年の11月1日以来続けてきた毎晩10時から6分間の「真実の報道」を求める集団瞑想、ここでもう一度、気合を入れ直したいと思います。

その成果が見えてきていますから!

ヒラリー・クリントンの告発が確実になる流れです。目下、FBIが、正規と臨時のエージェント合わせて150人の体制で、彼女の身辺を捜査しているそうです。eメールの私的流用疑惑から話は大きく発展して、スパイ容疑とクリントン財団の収賄容疑へと罪状は拡大しています。





FBI's Clinton probe expands to public corruption track

ヒラリーの逮捕は、待たれてきたカバルたちの逮捕、一般大衆の目に見える形での先駆けになるかもしれませんね。下っ端とはいえ、実際に手を汚してきた現場責任者ですから、そこから上を芋づる式に引っ張り出すのかも。

そして、金融リセットですが、、始まったものの、カバルの抵抗で、マーケットではぎりぎりの押し合いが続いています。徹底的に売り崩してマーケットを崩壊させ、国際金融マフィアをそろって破産に追い込みたいアライアンス側と、そうはさせまいと何とか値を戻そうとするカバル側? この構図は単純すぎるかもしれませんが、とにかく強い下げ圧力に抗して、金融緩和だの経済指標がどうだこうだという小手先の情報操作で、市場を騙そうとするカバルによる異常な値動きが目立っています。

とはいえ、プーチンやキンペイは、カバルに対して完全に強気です。なぜなのか?

「彼らはTruth Bomb(真実の爆弾)を持っているから」、という指摘がかなり表立って見られるようになってきました。

プーチンは以前から、「911は偽旗攻撃、飛行機の突っ込みではなく核爆破である。それを証明する衛星写真を持っている」と明言しており、それを、今年の9月11日に世界に発表するという噂が流れています。カバルたちに対する最終兵器を手中にしているわけです。

The Ultimate "Truth Bomb" - The East Knows The West Is Bankrupt

いえ、9月まで待たずとも、ベンジャミン情報では、「あと一カ月で決着がつく」という噂もあるようです。

マーケットの崩壊は、地球社会の仕組みを新しくリセットするための前提、必要条件であり、大変であっても、私たちは何とかそれを乗り切らなければなりません。

それでも、フリーエネルギーや波動治療等の先進テクノロジーが予想よりも早く利用できるようになれば、世界はそれほどの大混乱に陥ることなく、穏やかに変容していくことが可能になります。

そのためにも、私たちも私たちにできる最大の貢献をしたい! 「真実の報道」を求める瞑想、そして「光の勝利のための全世界集団瞑想」に、できるだけ多くの方が参加してくれればうれしく思います。

志を同じくする方、毎晩、気合入れて行きましょう。ゴールが見えてきています!

お誕生会瞑想も、実はとっても重要、有用です。ニューアースのビジュアライズですから。私たちは、まず最初にイマジネーションによって求めるものを5次元に創造します。すべては、その青写真があって初めて、物質界でも具現化してゆくのです。ニューアースとて同じこと。

お誕生会瞑想、初めての方も、そうでない方も、何度でも、どの月のものでも、どうぞご利用下さい。何より、ポジティブなタイムラインに乗る喜びを知って自分自身が癒される、それが最大のメリットです。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンシャス・チョイス最新号のお知らせ(2016-1-31)

2016-01-31 21:12:08 | 最初に読んで下さい
ご興味のある方は、以下をお読みになった上で、自由意志に基づいてご選択下さい。あくまでも筆者の独自の見解に基づくものです。”ハートの贈りもの”次元ポータルへのアクセス・コードは999。お申込みはこちらまで。(月単位です。申込みの日・時間よりも後に配信される記事がメルマガとして届きます。申込み月に既に配信が終わっている記事はバックナンバーとしてサイトで読めます。過去記事も同様に月単位で申し込めます。
(申込み方法に関する質問は、info@regimag.jp へ。)

・ 発行のお知らせ
・ 絶対に恐怖を与えたくない
・ 覚醒とは、居心地の良い現実の外へ踏み出すことを含む。
・ 質問をいただきました。回答はこちら
・ ”祝祭”セッション「ライトワーカーへのメッセージ」「人類へのメッセージ」を、ぜひお聞き下さい。コンシャス・チョイスで学んでいく「一なるものの法」の話が詰まっています。


アセンション・ニュースレター”ハートの贈りもの5D”コンシャス・チョイスのバックナンバー


コンシャス・チョイス(No.22 2016-1-31)
さらに飛び出した日銀の異常戦略。マイナス金利をぶっ放した黒田バズーカ。世界からは狂気の沙汰のように言われています。しかし、カバルがどうあがこうと、ドルは崩壊してもしなくても金融メルトダウンの道筋は決まっています。インサイダー・リークでは、今回から宇宙を二分する人間型種族の強大なる敵、人工知能AIの謎に迫っていきます。彼らはどのようにして生まれたのか。そこにはルシファーの創造主に対する切なる願いがありました。創造主とつながる私たち人間の至福を思うとき、彼の哀しみが胸を打ちます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 黒田バズーカの先にあるもの;避けられない金融メルトダウン
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
 コズミック・ディスクロージャー シーズン2 エピソード13 視聴者からの質問パート1
 コズミック・ディスクロージャー シーズン2 エピソード14 人工知能の脅威
◆なるでこセミナー
 アニムス/AI/ルシファーの哀しみと創造主に繋がる悦び(私たちの至福)
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.21 2016-1-16)
ステルスの世界大戦のさなか、金融の無血クーデターが始まっていますが、外部にだけ目を奪われないようにしたいものです。コンシャス・チョイスでお伝えするCoreyのインサイダー・リークのコア・メッセージと、祝祭セッションで“じっちゃん”やHS、ETたちからもたらされるメッセージは、実は相補的な関係にあります。外を見れば、離脱文明と現存の文明の統合、内を見れば、自分の多次元体の統合と二元性の統合、両者が重なり合って、地球や個人の次元上昇が実現するのです。外の世界にも、内の世界にも、完全なる真実の開示/ディスクロージャーを求めて、意識をどんどん広げていくべき時ですね。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 インサイダー・リーク、Corey最新情報
 アガルタ同盟の分裂
 ステルスの世界大戦
 金融の無血クーデターと部分的ディスクロージャー
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.20 2016-1-12)
世界経済、急所にさしかかってきました。AIIBの準備が整ったところで、株式市場の崩壊、ドルの崩壊へと、プランに従って進むようです。外部の状況を正しく把握すること、自分の内面を準備すること、両方、大切です。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 速報! 金融リセットが始まった
 秘密に合意? 世界リセットのための協定
 プーチンを助ける新勢力とは
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.19 2015-12-31)
暗黒時代においても光を守りぬく使命を背負った古代のイニシエートたち。彼らが目指した道は、実はそのまま現代の、ここにいる私たち自身が目指す道でもあります。コンシャス・チョイスに集まった仲間たちは“イニシエート”、秘儀を受けつぐ者たち、スピリチュアルな最高位を目指す者たち、その彼らと無縁ではありません。あなたも、そして私も、この情報に導かれたのは、一緒になって「生命の木の実を食べ」、「あとにつづく人々に生命の木の実を食べさせる」役目を担っているからです。すべてに偶然はありません。あなたはその役目を魂で知っています。2015年には、コンシャス・チョイスを通じて、神とガイアへの私の愛に多くの方が共鳴して下さいました。ありがとうございました。2016年も、外部には真実の情報を求め、内部には自分の中の神を再発見しながら、両輪で一緒に楽しく学びを進めていきましょうね! 良いお年を。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 穏やかな2015年の年末。タイムラインはポジティブに固定したのだろう。
 ベンジャミンいわく「ディスクロージャー(インサイダー・リーク)は正しいかもしれない」
◆なるでこセミナー 〜Law of One(一なるものの法)を学ぶ〜
 十二対の対照的な資質: 古代エジプトの神官が明かす「大いなる神の計画」の共働者となるために
 ・やがて来る闇の時代に光をともし続ける
 ・大いなる神の計画
 ・12対の資質をマスタ―することがイニシエートへの道
 ・沈黙―話す
 ・感受性―耐性
 ・服従―統治
 ・謙虚さ―自信
 ・電光石火の速さ―慎重さ
 ・すべてを受け入れる―違いを見抜く
 ・戦う力―平和
 ・警戒心―勇気
 ・何も持たない―何でも使いこなす
 ・誰にも縛られない―誠実に向き合う
 ・死への無頓着―生命の尊重
 ・冷徹さ―愛
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.18 2015-12-28)
「急いで! トンネルの出口が閉じてしまうよ」、“じっちゃん”から緊急メッセージが伝えられました。「気づき」が足りないがゆえにトンネルの途中で止まってしまっている人が多いと。しかし、自由意志のないところに手助けは来ません。誰もが自由意志で、自分の足で方向を選択して歩き出す必要があります。そのためには「気づく」こと。自分に必要な情報を、意識的に選択して受け取ること。今回はタイムリーに、「一なるものの法」を理解する上での大前提となる二元性とその超越について学びます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 急いで! “じっちゃん”創造主から最新のメッセージ
 トンネルが閉じる前に気づいて!
 最も有用な「一なるものの法」の学び
◆なるでこセミナー 〜Law of One(一なるものの法)を学ぶ〜
 善悪の知識の木: 古代エジプトの神官が明かす二元性を超える生き方
 ・沈黙と発言はコインの表裏
 ・自分の中には二つの存在がいる―エゴの自分と高次の自分
 ・無はすべての可能性を含むがゆえにすべてである
 ・顕在化したものは補完し合う二つの部分でできている
 ・光の補色
 ・すべては一なる状態から切り離されて個別化し、対として存在する
 ・創造主にとっては光と闇に良いも悪いもない
 ・自分以外から裁かれることはない
 ・この世のすべては善悪の知識の木に生った木の実
 ・学びのために二元性を体験しに来た
 ・神はどこにでも偏在し、宇宙全体にゆきわたっている
 ・二元性の世界で意識が体と同化するとき、食べたものが方向性を決める
 ・無意識に潜む、補完し合うもう一人の自分
 ・意識を完全に広げることで人は神に戻る
 ・補完し合う自分は自分の外には存在しない
 ・統一意識―顕在化された自分のはてしない探求の旅の終わり
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.17 2015-12-23)
カバルのトランプタワーの崩壊は続いています。マスコミ報道にも多くの兆候が見えています。しかし、ディスクロージャーはどうなっているのでしょう。SSPアライアンスの内部で、完全開示派と部分開示派の争いが熾烈に続いているようです。もともとダークな生い立ちのSSP。中の誰一人として、犯罪に手を染めたことのない人はいません。彼らは、罰を何とか免れようと時間稼ぎをしている最中です。私たちは、人類の集合意識にもっと気づきを広げる必要があります。そのためには何ができるのか。一緒に考えましょう。なるでこセミナー「一なるものの法」では、最近また“祝祭”セッションに出てこられた“じっちゃん”創造主から伝えられた深いメッセージを載せたいと思います。光とは何なのか? そこには、驚きの答えがありました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 なぜ、Coreyのアガルタ情報パート2が出てこないのか
 そもそもSSPはナチス+カバルの組織だった
 人民元が強くなり、ドルが弱くなる
 どんどん下がる原油価格。カバルの収入源を絶つ
 やぶをつついて蛇を出したトルコ
 プーチンは一人ではなく影武者の集団?
 カナダの新首相はヒーローになれるか
 ネイティブ・カナディアンへの謝罪と和解
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
 ◇コズミック・ディスクロージャー シーズン2 エピソード9 火星の植民地化
 ◇コズミック・ディスクロージャー シーズン2 エピソード10 太陽系の征服
 ◇コズミック・ディスクロージャー シーズン2 エピソード11 太陽の境界を越えて
 ドイツとアメリカの宇宙進出競争
 ドラコ+ナチス+カバル=ICC、ダークな生い立ち
 特権でつられた“優秀な人々”は地球外のファシスト・コロニーへ
 火星の先住者たちは地球人の核攻撃で滅ぼされた
 ICC:悪魔の取引
 小惑星には金が大量に存在する。シュメール神話との矛盾
 多くの惑星の月の内部には人が住んでいる
 月は古代のスペースシップで人工衛星
 月に関する14の不思議
 実在する土星評議会、アセンションした金星人?
 スーパー評議会を構成するヒューマノイドたちは誰なのか?
 地球維新の時代がやってきた
 太陽系は連星系。主星の太陽と機能不全の伴星ネメシス?
 宇宙には、地球型惑星も知的生命体も無数に存在する
 テラフォーミング。惑星ジェネシス
 トーション・フィールド(トーラス構造)で時空をジャンプするテクノロジー
 宇宙は二つの領域に分かれる。スペース/タイムとタイム/スペース
 タイムパラドクスの解決。分岐したタイムラインはいずれ一本に収束する
 自分のタイムラインは意識して選びたい
◆なるでこセミナー 〜Law of One(一なるものの法)を学ぶ〜
 ◇ふたたび“祝祭”セッションに現れた“じっちゃん”創造主からの重要なメッセージ
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.16 2015-11-30)
デヴィッド・ウィルコック最新情報をお伝えします。「ディスクロージャー最終決戦」、アライアンスとカバルの間でディスクロージャーをめぐる激戦が続いています。ISISの排除がおそらく流れを決定的にするでしょう。さらに、コズミック・ディスクロージャー。ナチスが進出していった月と火星はどういう場所だったのか。「ラー文書」で語られる地球と人類のタイムラインとCoreyの情報がリンクしていきます。今回のセミナーは、タイムリーかつ心温まるアークエンジェル・マイケルのメッセージを取り上げました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 ◇デヴィッド・ウィルコック最新! 「ディスクロージャー最終決戦パート1」
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
 コズミック・ディスクロージャー シーズン2 エピソード6 私たちだけではない
 コズミック・ディスクロージャー シーズン2 エピソード7 古代火星の遺物
 コズミック・ディスクロージャー シーズン2 エピソード8 火星の生命
◆なるでこセミナー 〜Law of One(一なるものの法)を学ぶ〜
 ◇アークエンジェル・マイケルからのメッセージ
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.15 2015-11-26)
待ち望んでいるディスクロージャー/完全開示、大手メディアによる大々的な発表はまだであっても、多様な媒体を使って、私たちのもとに多くのメッセージが送られてきています。Corey Goodeのインサイダー・リークもその一つ。“祝祭”セッションを通して明らかになるパラレル・セルフの存在や創造主からのメッセージもその一つ。いろいろな本に散りばめられた「一なるものの法」の教えもその一つ。内も外も、上も下も、耳からも目からも、いくつもの流れが「ディスクロージャー」というただ一点、巨大な渦巻きの底へ向かって加速して進んでいます。その単一点を抜ければ、きっと見たこともない新しい世界へ飛び出します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 11月の“祝祭”セッションといったら・・・
 ワンコもわかる創造主のエネルギー
 ディスクロージャーに備えて、異星人の姿にも慣れておきたい
 おすすめは「スタートレック・ヴォイジャー」
 いくつも存在するETセルフー私の場合
 え? 京都上空の母船?
 アライアンス、上の如く下も・・・・まとまらない?
 しびれを切らす地球同盟者たち
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
 コズミック・ディスクロージャー シーズン2 エピソード5 レイダース・失われたテクノロジー
◆なるでこセミナー 〜Law of One(一なるものの法)を学ぶ〜
 長頭頭蓋骨の謎:古代エジプトの神官が明かす地球の歴史
 ・内なる目と長い後頭部
 ・“神の息子たち”―アセンションした人間の特徴
 ・支配者側の長頭人と非支配者側の短頭人
 ・ピラミッドはどのようにして建てられたか
 ・意識で動かす先進テクノロジー
 ・“神の息子たち”と人の娘の混血の結果
 ・黒魔術師が滅ぼしたアトランティス
 ・ここにも“じっちゃん”の光のまゆが
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.14 2015-11-13)
舞台裏で、地球と人類の運命を決める会議が開かれています。西洋に代わって東洋が支配する100年? 世界統一政府? これまでの人類に対する犯罪を棚上げにし、限定ディスクロージャーでお茶をにごす? すべての真実を知ることは私たちの権利ではないのでしょうか。ディスクロージャーの完全開示推進派と限定開示推進派がせめぎ合っているようです。私たちにできるのは、集合意識の共同創造のパワーで私たちが望む現実を造り出すこと。第4密度のニューアースにふさわしい文明とはどういうものなのか、真剣に考えて選ぶべきときです。このまま私たちの預かり知らないところで地球の未来が決まり、私たちは再びただそれに流されていくだけ? そんなやり方にはノー! 私たちは拒否します! 私たちには知る権利、すべてを知った上で選ぶ権利があります! そのために学びましょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 非常に重要な局面に差しかかっている
 限定ディスクロージャーか、完全ディスクロージャーか
 確かに光の勝利は見えてきたけれど
 平和主義者として生まれ変わったMr. Abe?
 限定開示でお茶を濁したい中国、全面開示を求めるペンタゴン
 東洋が支配する100年、新金融システム、そして世界統一政府って?
 99%の地球人の意見はどうなる? 今のカバルを地球人の代表にしないで
 我々が今使える武器は意識による共同創造の力
 完全ディスクロージャーは無責任で破壊的なのか?
 ピラミッドのトップが代わるだけでは解決にならない
 金星の非暴力革命はどこまでも個人の尊重と平等を目指した
 まさに「真実の報道」瞑想が重要なとき!
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
 コズミック・ディスクロージャー シーズン2エピソード3 謎のゴンザレス
 コズミック・ディスクロージャー シーズン2エピソード4 離脱の始まり
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.13 2015-10-31)
地球と人類のアセンションは一夜にして起こるものではない。どうやら、徐々に進んでいくものになりそうです。アセンションに伴って、社会はどのように変わるのか、あるいは、社会がどのように変わったことで、アセンションが可能になったのか。金星を例にとって、私たちにとって何が学べるかを見ていきたいと思います。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 Coreyは何をためらったのか
 地下で生きのびるエリートたち
 「金星の王子」とは
 さらに高くなったハードル
 よみがえる亡霊
◆なるでこセミナー 〜Law of One(一なるものの法)を学ぶ
 ◇かつて金星が成し遂げた静かなる革命・次元上昇
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.12 2015-10-22)
ナチスが生きていたとしたら? 人類が信じてきた神話の神が、地球内部に住む同じ地球人だったとしたら? 現在、多くの人に希望を与えているETたちのチャネリング・メッセージが、地球内部から来ているとしたら? Corey Goodeのアガルタ訪問により、ナチスとアガルタの関係が明らかになりました。私たちには微妙な感情を引き起こします。“桃源郷”、夢の地底王国アガルタ、失われた楽園、噂は本当でした。しかし、そこには、光があれば陰もありました。“古代創生種族”、ガーディアンが帰還した今、地球とこの太陽系にかかわった全員に説明責任が求められています。裁いても、解決にはつながりません。私たちはこの先、「一なるものの法」をどのように実践していけばいいのでしょうか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 現代の地球文明に最も影響を与えた二つのグループ
 ナチスは生きていた
 プレアデスと名乗ったアガルタ人
 神として、ETとして
 一枚岩でないアガルタ・ネットワーク
 アガルタ人の地球観とナチスの優生思想
 ETのふりをしたチャネリング・メッセージ
 古代創成種族・ガーディアンの帰還
 「一なるものの法」の学びの中で
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
 コズミック・ディスクロージャー・シーズン2 エピソード1― コンタクトは起きている
 コズミック・ディスクロージャー・シーズン2 エピソード2― アガルタ人:辺境の地を進む
 古代地球離脱文明・地下カウンシルとSSPの会議 
   パート1.“蜂の巣状”の地球
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.11 2015-10-11)
9月に訪れたこれまでで最大の愛の津波、騒がれていたようなアセンションもワープも起こりませんでしたが、私たちの意識にも身体にも大量の光エネルギー、パワーが加えられました。自分の望むリアリティを創造する力は今後、加速度的に増していきます。ポジティブとネガティブ、どちらの極を目指すのか、しっかりと自覚して選択を済ませた人は、ますます速いスピードでそちらに引き寄せられていきます。“自分のアセンションについて心配する”ことは、解決にはつながりません。自分にできることは何なのか、ライトワーカーならば自分の使命をしっかりと自覚するときです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――  
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 9月に私たちは何を体験したのか
 人類の集合意識がアセンションを実現させていく
 “コンシャス・チョイス”に集まるのはコアなライトワーカー、私たちに与えられたミッション
 今、最も重要なのは“恐怖の手放し”と“二元性の統合”
 自分のアセンションに関しては心配しないで下さい
 100匹の猿が現実を変える
◆なるでこセミナー 〜Law of One(一なるものの法)を学ぶ〜
 まだ“赦せない”で悩んでいる人へ―創造主からのメッセージ
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
 コズミック・ディスクロージャー エピソード12 ― ポータル:コズミック・ウェブ
 コズミック・ディスクロージャー エピソード13 ― 時間をナビゲートするポータル
 コズミック・ディスクロージャー エピソード14 ― ポータル:パラレル・アース
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.10 2015-9-27)
NASAの発表では、銀河中心からのX線量が増しています。9月に入り、エネルギー波は連続的に訪れています。9月28日のブラッド・ムーンに、愛の津波のエネルギーはついにピークを迎えると言われていますが、果たして何が起こるのでしょうか。心しておくべきは、“変化は内から”です。個人の意識のシフトが、集団の意識をシフトさせ、それがやがて物質界に変化となって現れます。明日は、愛のエネルギーの助けを借りて、個人の意識レベルを高める上で絶好のチャンスです。外に救世主を探さず、自分の中に入り、本来のパワーを取り戻すための日です!
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 9月28日に備えましょう
 高次意識をもつ人の特徴
 フィジカル・アセンション、その時、何が起きたか
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
 コズミック・ディスクロージャー エピソード11 ― 人間の意識がもつ可能性
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.9 2015-9-11)
私たちがこれまで予想してきたものとは違う形でのイベント・ディスクロージャーへのタイムラインが進み始めています。すばらしい未来社会は、すでに水平線上に姿を現しています。しかし、その前にはまだいくつも嵐を経験するでしょう。人類の“集合意識としての成長”の問題がハードルとして残っています。いかに、他力本願をやめて自立できるか。被害者意識を捨てて、すべてを学びとしてポジティブに受け入れられるか。光と闇を、対立としてではなく役割として捉え、統合した無条件の愛の視点に立てるか。自分と他人を同等に扱えるか。これらをどれだけ早くクリアできるかが、新天地への到達スピードを決めるファクターになりそうです。個人としても、全体としても。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 イベント・ディスクロージャーに至るリアリティ、タイムラインが変わった
  1.ディスクロージャーの内容
  2.ディスクロージャーのスピード
  3.操作されてきたET信仰
   The Voice of God Technology(神の声プログラム)
   狡猾な宇宙人? 狡猾な地底人?
   試されるライトワーカー
   それでも、スペース・ファミリーは実在する
   切った上で、またつなぐ
  4.スーパー・テクノロジーの供与
 SSPは、いかに松果体を重要視しているか
 まさしく映画「ダイバージェント」の世界―私たちのリアリティは本もの?
 輪廻転生―人生はバーチャル・リアリティ
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
 コズミック・ディスクロージャー エピソード10 ― 松果体を目覚めさせる
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.8 2015-9-6)
今回のコンシャス・チョイスでは、この先私たちを訪れるエネルギー波、愛/光の津波が地球と人類にもたらすものを見ておきたいと思います。かつてのオリオン大戦争、地球で続いてきたその最後の細い流れを終わらせること、それが私たちの使命なのでしょうか。そして、「肉体をもってアセンションする」スーパー・ヒューマンを生み出すことが、ETたちの「グランド・エクスペリメント」の目的だったのでしょうか。私たちの運命やいかに。Corey Goodeのコズミック・ディスクロージャーでは、宇宙の構造、時間の構造、時空の成り立ちについて、3次元を超えた真実のサイエンスが明かされます。すべてはエネルギー、振動、そして神聖幾何学なのです。創造主が創造する世界のすべては何と美しいのでしょうか!
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 この先、何が起こるのか−エネルギー波の衝撃で私たちは?
 天の介入
 2012年12月、人類の集合意識は延期を要請した
 スフィア・ビイング・アライアンスの球体装置が衝撃をやわらげてきた
 身体をもってアセンションするのは銀河史上、初めての出来事なのか
 ETたちのグランド・エクスペリメント
 乗っ取られた実験計画
 みな、自分の教室に帰るとき
 そして、スーパー・ヒューマンの誕生
 実際に衝撃波が来たら、どうなるのだろう
 時空の変化、タイムラインの融合
 地軸の戻しは起こるのか
 「宇宙船、天空に満つる日」
 死への恐怖を手放し、自分の不滅性を信じることが第1ステップ
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
 コズミック・ディスクロージャー エピソード9 ― 電気的太陽
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.7 2015-8-31)
大周期の終わりにいる私たちをこの先待ち受ける“収穫”の概念を見ていきます。第3密度のサイクルを繰り返すのか、第4密度へと進むのか、私たちは自分の波動レベルを検証し、自分にふさわしい場所を選択することになります。「一なるものの法」を意識しながら生きることが魂の進化を速めると、ラーが教えてくれています。そのためには、「瞬間ごとに愛を選ぶこと」。「あらゆるものに「創造主」を見ること」。どこまで実践できるでしょうか。瞑想も必要だと告げられています。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
 「一なるものの法」を知って生きるのと知らずに生きるのとでは、魂の進化のスピードが違う
 チベットで伝えられるアセンションを果たした人々は、すべての瞬間を愛で満たして生きていた
 すべての中に「創造主」を見る
 AAマイケルが私に見せてくれた自分の姿
◆なるでこセミナー 〜Law of One(一なるものの法)ラー文書を学ぶ〜
 ◇収穫その1
  核戦争によって自分の星を破壊したマルデク人の運命
  「一なるものの法」は収穫とどのように関係するか
  マルデク人はどのようにして故郷を失ったか
  地球の第3密度には、地球外から多数転生してきている
  サイクルの終わりには、次の体験をどのように選ぶのか
  「一なるものの法」を意識することが進化を速める
  ラーが教える「一なるものの法」に向かう進化を速めるエクササイズ
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.6 2015-8-29)
9月に、シフト/イベントの発生を予想する動きが広がっています。ネット上では様々な噂が流れています。今回は、その根拠を見ていきます。しかし、私たちにできることは、その時期がいつになろうと、何が起きてもあわてないように、自分たちの生活を守る具体的な備えとネガティブへ引きずられない心構えをしておくことですね。今回取り上げた青い鳥人族コンタクティ、SSPアライアンスの内部告発者、Corey Goodeの情報は、地球人がすでに国連の宇宙版ともいえる銀河リーグGGLNを作り、太陽系外で活動していることを告げています。驚くべきことにGGLNの基地はプレアデスにあり、地球の地下トンネルからポータルを通って行くそうです。私たちのタイムラインは、夢のような未来と融合し、ジャンプできるところまで来ていますが、テクノロジーが私たち一人一人を第4密度へと上げてくれるわけではありません。それは非常に重要な点ですので、強調して解説したいと思います。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
  驚くべきGGLN / 国連・銀河リーグの存在
  スタートレックの時代はすぐそこだけれど、テクノロジーに溺れてはいけない
  ネットを流れる“9月シフト”の情報、何が待っているのか
  最近のユニセフのディスクロージャー・ビデオの裏にいるのは、フランシス法王
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
  コズミック・ディスクロージャー エピソード7 ― ICC火星コロニーの視察
  コズミック・ディスクロージャー エピソード8 ― GGLN / 国連・銀河リーグ
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.5 2015-8-15)
地球人の進化を支援しようとしたラーたちの試み、「一なるものの法」を伝えるための直接コンタクトは、結果的に特権階級を生んでしまいました。さらに、オリオン・グループとの戦いに勝利すべく惑星連合のヤハウェが行った介入、自らの血を引く強健な一族の創出は、逆にオリオン・グループに汚染され、地球を支配するイルミナティの血統へとつながっていったようです。第3密度は、他者奉仕か自己奉仕か、ポジティブかネガティブか、一人一人がどちらかの極性を選び、その方向へと学びを深めていく場です。こうして見ると、やはり私たち地球人は、騙され操作されてきただけの被害者ではなくて、自分たちで今のリアリティを選択してきたとも言えますね。ネガティビティを呼びこむのも、それに共鳴しその情報を求める土壌があるからです。そして、これは集合意識だけの問題ではなくて、私たち一人一人に関しても同じです。一瞬一瞬、自分の感情や行動を意識して、ポジティブを目指すかネガティブを目指すかを自分で選択していく。チャンスを与えられている代わりに、危険も隣り合わせです。私たちは自分のリアリティを創造する力を持っている、それは即ち、自己責任を有することでもあるんですね。「ラー」が伝える地球の歴史の中に、人類の、そして個人の学びが凝縮された形が見えるようです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
  惑星連合のヤハウェの誤算―巨人ネフィリム(アナク)を造り出した背景
  惑星連合のヤハウェはニビル星人アヌンナキと関係があるのか?
  インサイダー・リークによる情報“世界各地で発掘されている眠れる巨人/ステイシス・ビイング”と、惑星連合ヤハウェの造った巨人族“アナク”との驚くべき類似性
  でも、大切なのは、自分が一瞬一瞬を意識しリアリティを選択して生きること
◆なるでこセミナー 〜Law of One(一なるものの法)ラー文書を学ぶ〜
  「ラー」から見た地球の歴史―その2
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
  コズミック・ディスクロージャー エピソード4 ― 研究船での生活
  コズミック・ディスクロージャー エピソード5 ― われわれは一つ
  コズミック・ディスクロージャー エピソード6 ― 眠れる巨人
――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.4 2015-8-5)
今回は、「一なるものの法」のラーたちが関わった地球の歴史を学びます。宇宙を貫く愛の法則の実践をそこに見ることができます。彼らの地球との関わり方、支援の試みの中に、「一なるものの法」が生きています。私たちは、すべてを光と闇、ポジティブとネガティブという2極に分けるのをやめて大人になる時期が来ています。被害者意識からも子供意識からも卒業したいですね。「自立」、最近しきりにそのキーワードが私のところに降りてくるのですが、第4密度への“収穫”の条件の一つは他者への奉仕であると同時に、光の存在としての自覚、ソウルとしての自立でもある、私はそう確信しています。さらに同時進行で、地球史上最大のインサイダー・リーク、青い鳥人族(ラーの同類)コンタクティCorey Goodeが起こしている惑星規模の覚醒への促しも見逃せません。今、Coreyと彼をサポートするDavid Wilcockに対して激しいアタックが続いています。ラー用語ではそれをネガティブ・グリーティングスと呼ぶようですが、Davidのサイトを襲ったこれまでにない規模のハッキングは、いかにカバルたちがCoreyのリークを嫌がっているかを物語っています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆今回のコンシャス・チョイス
  故郷を破壊したマルデク人が教えてくれること
  愛によって宇宙は進化していく―これほど深い惑星連合/ラーたちの友愛
◆なるでこセミナー 〜Law of One(一なるものの法)ラー文書を学ぶ〜
  「ラー」から見た地球の歴史―その1
◆インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
  ディスクロージャーに備えて我々は何をすべきか
  月で外交するETたち;月は永世中立・宇宙のスイスとなっている
  SSPアライアンスが目指しているのは“スタートレック”時代の幕開け
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.3 2015-7-26)
アセンション/収穫を目前にして、地球の歴史の総決算が行われようとしています。これは、第3密度で75000年の規定期間を終えた地球と人類にとってはグランド・フィナーレのようなもので、役を演じてきた役者全員がカーテンコールで姿を現しつつあります。長い歴史の間には善良な人々を演じてきた者もいれば、悪役、中には極悪人を演じてきた者もいます。いつのまにか許可なく舞台に忍び込んで、役者たちに別のセリフや動きを指示してきた者もいました。しかし本来、これは全員参加、入れ替わり形式の舞台で、私たちは時に観客であり、時に正義の味方であり、時に悪人を交替で演じてきたのです。今回の公演は千秋楽を終え、新たなキャストと舞台装置で次の公演がまもなく始まろうとしています。スムーズにこの舞台を撤収し、次の舞台の準備ができるかどうかは、私たちの“目覚め”にかかっています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――   
目次
◆ なるでこセミナー 〜Law of One(一なるものの法)ラー文書を学ぶ〜
  青い鳥人族Raw-Teir-Eirから人類へのメッセージ
◆ インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
  姿を現した奇怪かつ壮大なブレイクアウェイ文明 
  進行中のSSP(秘密の宇宙プログラム) 
  アライアンス/同盟者たち
  インサイダーCorey Goodeの存在こそがディスクロージャー 
  トリビューナル(法廷)へ 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


コンシャス・チョイス(No.2 2015-7-20)
事態は、大きな構図で動き出しています。今後起きてくることに慌てないために、現在の状況を整理して心の準備をしておく必要があります。今回は、最新情報を追いかける前に、大急ぎでディスクロージャーの進行状況を見ておきたいと思います。カバルが地球と人類に対して行ってきた悪行、地球に関与してきたET種族の実在、この2本立てでインサイダー・リークが続いています。ハラハラするけどワクワクもする、そんな時期に入っています。長文になり過ぎないよう、また発行までに時間がかからないよう、分割して出していくことにします。
---------------------------------------------------  
目次
◆ 今回のコンシャス・チョイス
  今、何が進行しているか〜4つの視点
  大量ハッキングとディスクロージャー
  太陽系の封鎖と各勢力の動向
  〇〇連邦、〇〇連合、〇○カウンシルはどこにいる
  エネルギー波の防波堤が取り去られるとき
  銀河連邦のジレンマ
  気をつけたいスピリチュアル・メッセージ 
---------------------------------------------------


コンシャス・チョイス(No.1 2015-7-13)
私たちは今、26000年の約束・アセンションへ向けて非常に大事な移行期に入っています。次元上昇への備えはできていますか? 私たちが向かう道は実はこの先、一つではありません。自分はどの密度へ行くのか、アセンション後の地球で生きることができるのか、今この瞬間ごとのコンシャス・チョイス(意識的な選択)がとても大切な時期です。
アセンション・ニュースレター”コンシャス・チョイス“は、知と愛、即ち、正しい現状認識と自分の内面の変容に焦点を当てて、アセンションに必要なマインドセットにシフトしていくためのレターです。
分岐点でどちらへ行くのか、鍵を握るのは、正しい情報をもとに今のこの一瞬一瞬においてネガティブよりもポジティブなあり方を選択していく姿勢です。情報を峻別せずに何でも取り入れていては、迷い溺れるだけです。しかし、一方で、正しい知識は武器になります。「怖いから」と言って知っておくべき事実から目をそむけていては魂は成長しません。一方で、耳に快く響くメッセージだけを盲信し、「自分は何もしなくても彼らが何とかしてくれるだろう」とする他力本願の姿勢でいても、新たな“救世主”への隷属に繋がるだけです。
このレターが、多くの人が、今の時代の“意識的な選択”の重要性に目覚めるきっかけになりますように。
---------------------------------------------------
目次
◆ 今週のコンシャス・チョイス
  「イベント」は始まった
  収穫という言葉の意味するところ
  自由意志による選択
◆  なるでこセミナー 〜Law of One(一なるものの法)ラー文書を学ぶ〜
  まず、基本を押さえておきましょう
  密度(density)と次元(dimension)の違い
  密度で理解する宇宙と進化
◆ インサイダー・リーク 〜青い鳥人族が与えた衝撃〜
  「一なるものの法」との関連性 
---------------------------------------------------
コメント
この記事をはてなブックマークに追加