ちいさなちいさな いのりのことば

 * にしだひろみ *

『はじめてのエシカル』*私の本棚*

2017年07月10日 | Weblog
友人から、とても素敵な贈り物が届きました。



こんなに愛らしい鉛筆があるなんて。

花や花びら、葉っぱが散りばめられています。


この友人とは、急な場合を除いてはメールを使わず、手紙でやり取りをしています。

お互いに、手紙を書くことが好きで、しかも、鉛筆好き。

手紙を鉛筆で書くことが多いです。


そんな友人からの贈り物。

わたしの心が、ほんとにほんとに、よろこびました。

富山県の高岡市美術館のショップで見つけたものだそうです。



わたしは、どんなものを贈ることができるかしら?

楽しく考えている日々です。




さて、今日は、一冊の本をご紹介します。

わたしの目を、心を、より美しい方へと開いてくれた本。



『はじめてのエシカル』
(山川出版社)
末吉里花 著


“この本は、地球も、動物も、海の向こう側にいる人たちも傷つけず、もちろん、私たちも笑顔でいられる日々をつづけるための、新しい暮らし方の本です。”

冒頭のこの文が、そのまま、この本の紹介状になりそうです。



わたしたちが日々使っているもの、買っているものの背景に、どんなことが起こっているのか、考え、知ることからはじまり、

新しい一歩をどう踏み出していったらいいか、素敵なヒントがたくさん紹介されています。



この本を読んで以来、わたしは、特に衣類を買うときに、どこのどんな人たちが作ってくれたものか、その人たちが苦しんだりしていないか、調べるようになりました。

大切に、適正に作られたものであれば、必ず、素材についても、生産者さんについての情報も、表示されています。


小さな子どもたちが、ほとんど休まずに働かされて作ったものを、自分が使うなんて、悲しいことです。

知らずに買ってしまっていたら、もっと悲しいことです。

そういうシステムを、わたしも、支えていることになるから。



大切に、適正に作られたものは、それを買うことが応援につながるだけでなく、

使うたびに幸せな気持ちになります。

衣類であれば、農薬を使わないで育てたコットン(オーガニックコットン)で作られているものが多く、

作る人の健康を損なわないだけでなく、着る人の体にも、どれほど優しいでしょう。



こういったものは、安価ではありませんから、簡単に手が出せない、というところもあります。

でも、年にひとつ、くらいなら、

または、一枚のタオルから、ならば、

始められそうですね。


自分へのご褒美としても、誰かへの贈り物としても、ぴったりのお買い物です。



自分の心が豊かになれる暮らしかた、

ほんとうの笑顔でいられる暮らしかたへ。


よかったら、ご一緒に、

一歩を。











ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« これからの選択*日々のつれ... | トップ | 明日はうんまんまさんで朗読... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事