SAILIN' SHOES

デジタル一眼、ライカ等でのスナップ写真や、カメラ、音楽、鉄道・車、子育ての日々雑感です。

東京モーターショー 03

2007-10-30 | 
GT-Rというとてつもない高性能車で熱くなっている中央ホールを離れ
北ホールに行く。
ここは商用車とバイクが中心である。
GT-Rの熱気で本当に暑くて具合が悪くなりそうだったのでクールダウンしようというわけだ。

*しかし今週もずっとGT-Rが頭から離れない。0-100kmを3.6秒で普通に駆け抜ける途方もない車。いくつかのサーキットや高速試験場では180キロのリミッターが解除できるナビゲーションシステムが付いてるのも憎いではないか。年末ジャンボに夢を託してみよう。






コミューターバスなどで大ヒットしている日野ポンチョ。






これはいすゞの初代エルフ。
欲しい。









何だか日野ばかり掲載。



撮影はSONY アルファ100、TAMRON A09

コメント (4)

東京モーターショー 02

2007-10-30 | 
天気もよく暑いぐらいで、日曜というのもあり
場内はかなりの混雑。
そんな中、長男は乗りまくり。
そして暑いのか何度も水分補給。


ボルボはやはりPV544、アマゾン等の古いタイプに魅力を感じる。
このDuett、今でも欲しい。



スズキらしからぬカッコよさ。
実売できそうな感じもする。
実際はライバルダイハツに負けてから必死だと思うが。



跳ね馬。
長男は飛び馬と称する。
やはり一番好きらしい。
他にはロータスが良いのだそうだ。



ドーナツを2個食べる。
パパとの二人遊びは相当楽しいようだ。
何だか男同士の自由気ままがいいのだろう。
ママは厳しいから。



F1も果たして子供の夢になっているだろうか?



ボディーのデザインをよく見ていると・・・



白っぽい模様は実はものすごく小さなフォントの文字。
人名が書かれているのだ。






撮影はSONY アルファ100、TAMRON A09
コメント (2)

東京モーターショー 01

2007-10-30 | 
長男とサッカー教室のあと、そのまま二人で東京モーターショーへ行った。
彼が行くのは今回が始めてだ。
ママは次男とバザーの仕事。




今回の私の目玉は日産GT-R、欧州車、バス、バイクといったところだ。
それより何より子供に見せたかったというのもある。
「車ってカッコイイ」と今の子はなかなか言わないからだ。
主催者側もその点を理解していて、子供に車を好きになってもらおう。
そうしないと日本もまずい。ということを認識して運営しているようだ。
しかし会場に居る人々の年齢層はかなり高いような気がした。
小さい子供連れか、結構な大人。
中間層が居ない。
例えば10代から20代前半。
GT-Rが起死回生となるか興味深いところである。



まずは京葉線で201系ブルーなぞ撮ってみたりする。








外車では実際に車内に乗れるものと乗れないメーカーがある。
米国車、フランス車は乗ることができたので子供も満足。
待望のベンツはまったく乗車できなかった。残念。



で、日産GT-Rだ。
ここだけはものすごい混雑で、まったく間近で見ることはできなかった。
ラッシュ状態で、初詣よりも混雑し、またまったく動かない。
諦めて二階部分から見ることにした。
こうやって中望遠で撮ることしかできない。
とにかくものすごい注目度である。
「時速300キロで普通に会話ができる高性能と静粛性、誰でも安全に高速で
移動できる車。今までの一部の熟練者のみが感受できた世界を誰にでも」
みたいなコンセプトらしい。
フェラーリやポルシェと同じ速度を安全に出せますよ。ということ。
でもこれって考えてみたら危険な話だ。
素人が雨の日に0-100キロを5秒以下で走り抜けてみるとか、
必ずやってみるだろう。
折角800万円も払っているのだ。
我慢できる自信は私には無い。
なので、しっかりした理性のある大人に買ってもらいたいものだ。
あまり売れなくてもよいのかもしれない。
子供に夢を提供できればそれだけで価値があるのだ。
しかし激安である。





撮影はSONY アルファ100、TAMRON A09



コメント (2)

家の中にどうやって入るのか?

2007-10-24 | スナップ
ハロウィーン系で飾る家もかなり増えてきた。
例の「オレンジ色の憎いやつ」
私が小学校の頃に覚えた単語「ジャコランタン」

この家も、ちょっとかわいい妖怪で飾られている。
郵便ポストも、呼び鈴も、ドアも。

・・・がしかし、クモの巣の飾りで家に入れないように思えるのだが。

コメント (4)

CITROEN C6

2007-10-22 | 
前回の理屈ではないが、時代の車。
シトロエン C6.

600万円超の高級車で自分で乗りたい車ではないのだが、この角度から見たスタイルは理屈無しに
美しくカッコいい。
シトロエン歴代のフラッグシップのスタイルを踏襲したデザインなのだが、
フロントを見ると、「アバレンジャー」を彷彿として笑える。
がしかし、この車のリアとサイドはいい。

車を運転していると、前の車のリアスタイルを見るわけだ。
リアの美しい車がいると、ついて行きたくなる。
そして仔細に観察したくなる。
一方、ルームミラーに写る車は違う。
Sクラスやポリシェやフェラーリが来れば車線を譲らねばならない。

欧州車はバックシャンが多い。
女性と同様、後姿を気にするのだ。

コメント (3)

写真館は楽しい。

2007-10-21 | Weblog
親ばかついでに写真館での写真。

このブログは、昔で言う「アルバム」を兼ねているので。
将来子供達が見るためにも。

子供、車、鉄道、街の人々、街の風景、新発売のカメラ。
そんなものがリンクしていると良い。
あとで見たときに時代が見える。
自然、花、といったネイチャー写真だと、時代性が見えにくいのが
玉にキズ。
マクロ写真も単純に楽しいけれど。











CANNON EOS 5D, EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
絞りF11、1/125秒、ISO160

コメント

何でこんな笑顔が作れるんだ?

2007-10-18 | Weblog

何でこんなポーズと笑顔が作れるのだ?!
その「三角の口元と輝く歯」のやり方、私にも教えてくれ。


鏡で練習でもしているのだろうか?
最近の5歳児、恐るべし。


CANNON EOS 5D, EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
コメント (4)

最近の子供の踊り

2007-10-17 | スナップ
うちの長男が歌いながら踊ると、今風である。
家の中ではフローリングの上で背中を中心にグルグル回る。
ブレイクダンス系?ヒップポップ系?

時代の流れを感じる。

私?
さすがにモンキーダンスよりは新しいけれど。













SONY α100、 AF50mm/F1.4
コメント

5歳児がかっこいいと言った車

2007-10-16 | 
最近の子供は車がカッコいいと言わなくなった。

確かに私が小さい頃はカッコいいスポーツカーがあった。
トヨタ2000GTやスカイラインGT-Rほど特別でなくても、心ときめく素敵な車が山のようにあったのだ。
GTとかSSSとかGTOとかGSRといった略称のエンブレムにも特別な意味や象徴性があり、次のGTはどうなる?なんていう期待に胸がときめいたものだ。
私のちょっと下の世代にはスーパーカーブームもあった。

すこし大人になり、外国製の大人のスポーツカーにも目を向けるようになり、結局、車が好きなまま車の会社に就職した。

残念ながら最近の車にはまったく夢がなくなってしまった。
ワンボックスカーが蔓延るようになり、実用性ばかりで売れるようになり、
バブルの崩壊で車を買い換えることもままならぬようになった。

うちの子供がカッコいいと言うのはフェラーリぐらいである。


昨日、サッカー教室の帰り道、右車線を追い越した赤い車があった。
出たばかりのスカイラインクーペだ。
5歳の長男は、「すげえ、かっこいい。あの車を追い越して!」と言った。
左車線で追いついた。
「写真を撮って!」
いつもダッシュボードにカメラを置いている私は、何枚かスカイラインクーペを撮った。

目の覚めるような赤、2ドアのクーペボディー、スーっと追い抜く加速感。
子供がカッコいいと言った始めての日本車かもしれない。

「パパはむかしスカイラインに乗ってたんだよ。パパのお父さんもスカイラインに乗ってたんだ。」

彼も将来スカイラインに乗るのかもしれない。
それまで日産には頑張ってもらわなければならない。
スカイライン、GT、いつまでも子供の夢でなければならない。



コメント (10)

運動会 02

2007-10-08 | スナップ
今年の運動会で気が付いたのは、ママ連中がデジ一を持ち始めた事。
昨年はほとんど見なかった。
機種はニコンのD40とキヤノンのキスデジばかり。
やっぱりそうなるんだよな。
パパ連中は意外にペンタックスのデジ一が多かった。
α100は私以外には1名だけ。
まだ多くはビデオとコンデジだが。










長男の出番は多く、お弁当タイムまで親の所には戻って来ない。
大きくなったもんだ。














年長さんは全員竹馬に乗れるのだ。
すごいもんだ。
私は乗ったことがない。
女の子がはるかに上手。
1.5メーターぐらいの高さに足を乗せている子も多い。
男の子は30から50センチ程度。
女の子の発育の早さが顕著に出る年齢。




さていよいよクライマックスは年長組のリレー。
うちの長男は2番手を走る。



先頭に速いのを持ってきたのでトップでたすきが渡る。
長男が更に逃げ切る。
足は速い長男である。



いろいろあって3番手まで落ちるが、最後は2位。
でも勝ち負けより、終わった喜びで、全員大満足。



リレーのあとは楽しいお弁当タイム。
私のアルファ100が子供達に狙われて・・・貸す。
このショットはクラスメイトが撮ったうちの長男。
なかなか面白い写真だ。



一番最後には頑張ったメダルを先生からもらった。
本当に楽しそうな子供達だった。



撮影はすべて、SONY α100、AF100-300mmF4.5-5.6APO(D)

コメント (5)