SAILIN' SHOES

デジタル一眼、ライカ等でのスナップ写真や、カメラ、音楽、鉄道・車、子育ての日々雑感です。

巾着田 (その2)彼岸花(曼殊沙華)を撮る。

2022-10-05 | ネイチャー

ここからはひたすら彼岸花を撮る。

もう枯れてるものも多いが、まだ咲いてる場所もあった。

巾着田曼珠沙華まつりは10月2日で終了している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高麗駅の1番線に飯能行きが出発待ちしていた。

ふつうは、ここは秩父行きが停まる場所。

折り返しのようだ。

 

実はこのまま帰らないのだが・・・

 

 

 

α7c、AF50mm/F1.4、タムロン 70-300mmF/4.5-6.3 Di Ⅲ RXD (A047)、FE4-5.6/28-60

 



人気ブログランキングへ

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

巾着田 (その1)高麗駅から巾着田へ

2022-10-04 | ネイチャー

二子玉川のライズの近くの彼岸花を見たものの、ちょっと物足りずに、西武線高麗駅から歩いて巾着田へ行ってみた。

もう季節は終わりつつあるが、一部のエリアは満開だったりした。

ちょっとした場所の違いで、枯れてる場所と満開の場所があったりするのが彼岸花だ。

まずは大好きな4000系の写真や、高麗駅から巾着田までの風景。

最初は付属のズームレンズで撮っている。

その2では単焦点を使っている。

描写が全然違うので面白い。

飯能駅。

JRと違ってw、接続が良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東飯能からしばらくすると複線になり、そこから武蔵丘の車庫までが複線という変則。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

武蔵丘車両基地への分岐の武蔵丘信号場のあたりでは停車する。

ここですれ違ったりもする。

不思議な場所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高麗駅。

ここで折り返す列車もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅から巾着田への道もなんだか楽しい散歩道。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう場所に1本だけ生えたりするので、不気味と思われるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地に着くまでも楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わりつつあるものの、まだ壮観。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出店がたくさんあって楽しい広場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川が気持ち良い。

 

 

 

 

 

 

 

里山の風景は最高である。

 

(つづく)

 

 

α7c、FE4-5.6/28-60

 



人気ブログランキングへ

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜中華街あたり(KAATにたをやめオルケスタwith土屋アンナを見に行く)

2022-10-03 | 散歩

たをやめオルケスタwith土屋アンナを見に神奈川芸術劇場(KAAT)に行く。

元町・中華街駅から近いので、往きも帰りも駅までの間に中華街を散歩。

日曜日は暑かったし、すごい人出でびっくりした。

どこも長蛇の列で、昼食は店内は諦め、テイクアウトの鶏肉を公園で食べる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここがコンサートのあるKAAT

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八角の匂いの一日であった。

ライブは最高だった。

我が家までは実は40分程度だから、また散歩に行こうかね。

 

 

 

α7c、FE4-5.6/28-60

 



人気ブログランキングへ

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

たをやめオルケスタ with 土屋アンナ KAAT神奈川芸術劇場 20201002

2022-10-02 | バンド・音楽

今日は待ちに待った「たをやめオルケスタ with 土屋アンナ」のコンサートの日。

あの「たをやめオルケスタ」がついに土屋アンナと共演。

KAATという大きなホール。

音が良いホールで、PAも素晴らしかった。

音が回り過ぎないし、リバーブが最高。

たをやめの演奏はいつものように最高。

音がいつもより整理されていた感じもあるが、ホールの素質。

パーカッションの木川保奈美を加えていたのも大成功だった。

楽曲に必要なパーカスの音が気持ち良かった。

そして、土屋アンナさん登場。

オーラが違うものの、気さくな人柄全開。

そしてジャズを歌っても上手い巧い。

なんだか大人なムード。

しかしえらい美人さんです。

アンコールでも歌ってくれた。

偶然にもたをやめのメンバーがアンナさんとは中学の部活の1学年先輩!

「君ばっかり」の長谷川素子さんのトランペットには涙が出ました。

ホールで聴きたい名曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽って良いよねえ。

生きてて良かったのは、音楽と本のお蔭もある。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

関西、中国地方ローカル線の旅(その20)淀川花火大会、梅田のビル群、西中島南方

2022-10-02 | 鉄道・バス

なにわ淀川花火大会の花火の写真は以前、FBに掲載済みだが、日記の流れ上、一部の花火を再掲載。

そして、新大阪ワシントンプラザホテルから見えた梅田のビル群の夜と翌朝の写真。

ホテルをチェックアウトしたら新大阪に行かずに阪急京都線西中島南方駅に向かった。

宝塚で長男に会うので、最初から阪急に乗った方が便利なのだ。

しかし梅田のビル群はすごいね。

東京はビル群が西新宿、東京などに分散してるが、大阪は梅田に集中しているので見事だ。

中国の北京よりも上海にビルが集中してるが如し。

大阪は日本の上海と言われるわけだw。

しかし大阪はまだ信号機に古い電灯のものが使われていてLED化を完了した東京とは様相が違う。

阪急の行先案内板も古い電球バージョンが使われていたりして、それはそれで結構な事だと思った。

資金を考えれば、一気に全部を最新式にする必要は無いと思うのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルの部屋から花火が見えたことに大いに感謝だ。

無料でここまで見れれば!

 

 

 

 

 

 

 

 

梅田のビル群。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝の梅田。

 

 

 

 

 

 

 

地震が来たら怖いビルもあるねw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西中島南方へ向かう途中。

信号機が古いタイプ!!

東京では見なくなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

阪急の行先表示版も電球焼けしてる古いもので、こういうのも東京では見れない。

梅田は現在は大阪梅田になってるのだが、そのままで良いねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

肝心の電車は古い3300系も大幅にリニューアルしたりしている。

ドアの窓は大きくなり、エアコンも新型に変更されている。

 

 

 

 

 

 

 

伝統のアルミのヨロイ戸もロール式の遮光布に変わっているんだな。

 

 

 

 

 

 

 

京都線は神宝線よりも車幅が広いので、ちょっとずんぐりに見えた3300系なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

私が乗るのは前パンを振りかざす5300系。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪・関西万博のキャラは摩訶不思議。

 

 

 

 

 

 

 

さすが阪急。

宝塚大劇場は勿論、阪急の経営だが、東京宝塚を略して、東宝なのは知らない人も居たりするね。

 

(つづく)

 

 

 

 

α7c、タムロン 70-300mmF/4.5-6.3 Di Ⅲ RXD (A047)、FE4-5.6/28-60

 



人気ブログランキングへ

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする