SAILIN' SHOES

デジタル一眼、ライカ等でのスナップ写真や、カメラ、音楽、鉄道・車、子育ての日々雑感です。

春爛漫 その2

2021-04-10 | ネイチャー

たまたま見つけた85㎜f1.4レンズを付けて近所を散歩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

等々力不動ではこの日、お釈迦様の誕生日の花祭りをやっていたようだ。

終わった後であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

α7c、Minolta85mmF1.4

 

 

コメント

春爛漫 その1

2021-04-09 | ネイチャー

最近の近所の春の景色。

春に関係なくクルマも多いけれどね。

最近は一重の桜は散って、八重桜が咲いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春爛漫だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

60年代のアメ車は流行ってるけど、

どこから持ってくるんだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シボレー・エルカミーノも好きだったねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以上ないってほどカクカク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイコンの仲間だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと、日産グロリアだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

縦目のグロリア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさしく春!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近所にある古墳。

 

 

 

 

 

 

 

 

古墳からの眺め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有名なオーボンビュータンと並ぶ、地元バンドのベーシストの・・・

同じぐらい有名さ。

 

 

 

 

 

SONY α7c、FE4-5.6/28-60

 

 

 



人気ブログランキングへ 

 

コメント

君はここにいたのか(東急デハ5777にのるるんが居た)

2021-04-08 | 鉄道・バス

電車に乗ると、つい車両番号を確認してしまう。

これはクセと言うか習性。

で、「この5050系は新しいな。」とナンバープレートを見たら、

そこにのるるんが居た。

隠れ「のるるん」だな。

下車駅について、他の車両を確認したら、5777号だけにのるるんが居た。

この5177F編成は、2014年2月の大雪の日に発生した元住吉駅での追突事故の補充用車両なのであった。

だから、スカートの下にはスノープロウまで付いているのだ。

まさか、雪がブレーキシューと車輪の間に入り込んでブレーキが効かずに追突なんて誰が想像したか。

 

コメント

GATEAU FESTA HARADA(ガトーフェスタ ハラダ )

2021-04-07 | Weblog

今や言わずもがなのGATEAU FESTA HARADAのラスク。

ラスク「グーテ・デ・ロワ」販売開始は割と近年の2000年のこと。

フランス風のパッケージでお土産に大ヒットして、知らない人は居なくなっただろう。

フランス製ではなく、まさかの群馬県高崎市の製造と言うのも今や知られている。

最近は群馬県に縁が多い。

どうも、上信電鉄や上毛電鉄、両毛線に乗ることが多くなって、引き寄せてしまった感がある。

極めつけは作家、絲山秋子さんの小説にはまったこと。

高崎市在住で、高崎経済大学の講師もなさってる。

隣町にコムン/Comme'N 東京という行列のできるパン屋さんが昨年オープンして大繁盛したままだが、ここも高崎からやってきたパン屋さん。

会社の同僚も前橋出身だし、今や話題のワークマンも群馬県伊勢崎市の会社で、群馬県のベイシアグループの一員だ。

長男の好きなバンド「G-FREAK FACTORY」も群馬県松井田出身。

と考えていたら、そもそも私の父親は世界的なカーエアコンの会社に勤めていたのだが、伊勢崎の会社だった。

だから我が家のメインバンクはなぜだか群馬銀行であったwww。

65歳で亡くなった父親が引き寄せたのかもしれない。

 

コメント

大東急時代の社章のマンホール。

2021-04-06 | 建物

 

先日、楽器屋の帰りに歩いた道に、まだ大東急時代の社章のマンホールが残っていた。

渋谷はものすごい勢いで再開発されている最中だが、ここだけエアポケットのように残っている。

以前は本屋や楽器屋、模型屋の帰りによく見たマンホールだが、その本屋も楽器屋も模型屋ももう無い。

この大東急のマンホールだけある。

他にもあるか、旧渋谷駅周辺を歩くときは注意してみよう。

 

コメント (1)