ben's camera note

写真日記

1

2017-01-31 | 日常

Leica M4 summicron 35mm f2 400TX

SHAMROCK

 

 

 

先日のエディション展の打ち上げに参加したときにこのブログの話になって

Oさんからは是非みさきちゃんが結婚するまで続けてくださいと言われ

基、と言っていただき

そして何人かの方にはよく見ていただいているようで記事の内容もよくご存じで

僕よりよく覚えているくらい

こりゃたまには更新しないととキーボードの前に座ることにしました

この写真、昨年末のシャムロックの10周年記念ライブのものですが

あれから今年に入ってそういえば一度も現像していないことに気付いた

何故かというとここ最近脳みその中がほとんどが一人キャンプのことで占められているからでしょう

結構僕みたいな人は多いらしくて

知らなかったのですがソロキャンプとかブッシュクラフトとかいうジャンルがすでに確立されているようです

一方ではとても豪華で快適なグランピングというアウトドアスタイルも流行っているようですが

写真のスタイルと一緒で僕はままならないものが好きみたいでそちらには行けそうもありません

どうやらこれは子供の成長に伴って家族キャンプ終了の時が訪れたアウトドア好きのお父さん方の

ひとつの行きつく先、自然の成り行き、成れの果て?みたいです

ではその成り行きとやらに身を任せるのがこれまた自然の成り行きと思っているので

様々な思いを巡らせる日々を楽しもうとそんな日々を送っているわけです

その巡らせる思いの中には、写真でいうカメラと一緒でそれをするためには道具が必要なわけで

ここでまた物欲という久しく眠っていた欲望が目を覚ましたりして

まあ、人に迷惑をかけない欲望はこれもまたいいもので

そんな欲望があった方が日々が悩ましくも愉しくなるものです

 

とまあ、正月明けてからの自分の近況を日記としてここに残しておこうと久しぶりに更新しました

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PHOTO EXHIBITION EDITION WORKS #015

2017-01-08 | 写真展

 

第15回エディション展が開催されます

エディションの年に一回の合同展です

僕は003~011まで出展させていただきました

3年お休みしていましたが今回は出展しています

全て銀塩モノクロームオリジナルプリントの写真展で

100点以上の銀塩モノクロームプリントが並ぶ写真展は全国でも珍しいと思います

参加者33人33様の視点を楽しめる写真展だと思いますので

興味のある方は是非お出かけください!

 

 

 

☆写真展「第15回エディション展」
☆2017年1月17日(火)〜1月22日(日)10:30〜19:30
                 最終日 18:00まで
☆合人社ウェンディひと・まちプラザ 4Fギャラリー
広島市中区袋町6番36号  TEL082(545)3911
入場無料 会期中無休
参加人数 33名 モノクロ作品 123点

エディション倶楽部
エディション写真暗室教室 内...
〒730-0037広島市中区中町5-15
TEL: 082-243-8686
http://editionphoto.jimdo.com/






 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末年始日記2

2017-01-06 | キャンプ

大晦日の昼は年賀状書いたり押入れ整理の残りの作業をやって

夜はいつものように実家に集まって夕食

今年は弟と親父と僕は格闘技

あとのみんなはガキ使を見て過ごした

元日はかみさんの実家で昼ご飯を食べ府中町の出雲大社分社に初詣が恒例

そしてこの正月の〆は1/3~4でキャンプ

12/22に行けなかった分この正月に行きたいとのみさきの希望があったので

次の日から仕事ではあるけどぎりぎりまで遊ぶのも悪くないなということで決定

天気は快晴、日中は暖かくなるという絶好のキャンプ日和

ただ朝晩はかなり冷えるらしいが冬は寒くて当たり前

今回は食事、場所等の内容はすべてみさきの希望優先でいくことにした

 

 

みさきの行きたいキャンプ場は聖湖

1月の寒~い芸北にある聖湖

1月に行ったことがないのでネットで調べてみると冬場はクローズドらしい

それでも勝手に入れるかもとさらに調べてみると昨年の正月に聖湖でキャンプした人のブログ発見

もしかしたらいけるかもと昼過ぎにダメ元で出発

芸北に入ると道路わきに雪が

こりゃまずいかもと思いながら到着したら4/22まで閉鎖との看板が

それでも勝手に入れるかもと入口まで行くと駐車場より先には車が入れないようにしてあった

車を置いて入ってみると水道は使えないしトイレも閉まっていた

それでも車を駐車場に置いて荷物だけ運んでできないことはないけど雪で地面はべちゃべちゃ

それに人間の野グソを発見して一気に気分も萎えてしまったので聖湖は諦めることにした

まあ想定内のことだけどさてどうしよう。。。

近くには30分くらいのところにかつてかみさんと二人で行った杉の泊キャンプ場があるので

そこへ行ってみるかとみさきに提案したけど

区画割がしてあるところは嫌だと

いかにも自然なロケーション、シチュエーションがお好みのみさき

結局第二候補の小瀬川オートキャンプ場を目指すことになった

家から聖湖まで約80km

聖湖から小瀬川まで約80km

この分だと到着予定は16時とかなり遅くなるけどこの状況に全く落ち込む様子を見せないみさきに感心しながら

西へ向かって再びドライブ

 

 

 

開いていてくれ~!

と願いながら予定より少し早く3時45分ころ到着

開いていた

ただ、水は出ないし炊事場の電気もつかない

やっぱり正規の入り口は閉まっていて本当はクローズド

まあ、飲食用の水は家から1リットル持ってきたし

洗い物の水は念のため持ってきていた10リットルタンクがあるので

川の水を使えば大丈夫

やった~!ここに決定!

暗くなるのですぐに設営

 

 

 

薪割りはちょっとこつがいるけどみさきは上手

学校のキャンプでやったらしい

割れたときに薪同士が出す乾いた音が心地よい

 

 

 

誰もいない

いるはずない

自分用に導入したモンベルテントは初張

ちょっと嬉しい

 

 

 

 

そうこうしているとあっという間に暗くなってきた

この日も細い月がきれい

寒くなりそうです

 

 

 

そろそろ灯をとランタンのポンピングを始めたけど

スカ!スカ!

あれ?全然圧がかからない?

そういえばこのワンマントル

いつかキャンプ中にポンピングができなくなってそのままにしていたやつだったことを思い出した

ポンプカップ替えようと思いながら放っておいたのだった

これはマズイ

ほそーい三日月の明かりの他は全く光のない山で

ランタンが使えない

みさきに

ヤバイ、どうしよ

テント用の明かりしかないけど何とかなるじゃろ

と言うと

ほんまにダメなん?

と聞くので

よしもう一度トライ!

だめだろうなと思いながらも角度を変えたりひっくり返してみたり

やっていると、お!

ある角度で手ごたえが

もしかしたらいけるかもと祈る気持ちでポンピング

少しバルブを開くと

「シュー!」

おお!神のオナラ!、いや神の声に聞こえたガスの音

これはもしかしたらいけるぞ!

一か八かで100回くらいポンピング

そして点火

ついた!

何時までもつか定かではないけどとりあえずこれで大丈夫!

みさきの一声で諦めずに頑張ってみると救われた

この灯はそんな灯なんです

 

 

 

 

灯がついて安心したので夕飯

牛肉が食べたいの言うのでハラミとコロコロステーキ

アルクには正月だからかこれしかなかった

焼きのメニューもみさきのチョイス

 

 

 

このソーセージは最高でした

シャウエッセンにする予定だったけどコストコで売ってるのが

アルクにあったのでこちらを選択して間違いなかった

 

 

 

これは何でしょう?

家でテント用のライトにコンビニの小さいレジ袋をかぶせて

これでランタンになるじゃろ

とみさきに見せたらなにやら思い付いたか

ちょっと待って、と工作を開始するみさき

そして作ったのがこれ

森泉がDIYでよく使っているグルーガンの接着剤を固めて作ったらしい

ばっちり手元のランタンに

ナイスアイデア!

 

 

 

夕飯の後はこれもみさきの楽しみの一つ

焚き火

この時点で気温0度

23時ころまで焚き火を堪能した

 

 

 

星が素晴らしく

こんなにたくさん出ていてもオリオンってすぐに見つかる

僕は流れ星らしきものを見た

ここで流れ星は何度か見ているけどとても短かったので

その時は定かではなかったけど

後で知ったのだけどどうやらふたご座流星群が来てるらしかった

いい年になりそう

 

 

 

テント内は3度

これも初導入のジェントスのLEDランタン

柔らかいいい灯

水の上に浮かぶというくらいだから少々の露は大丈夫でしょう

 

 

 

シュラフも今回初めて使うモンベル

ソロで自分用に導入したモンベルSSバロウバック#1は家で開けたとき

みさきが入ってみーはこれがいい!

というのでもう一個購入する羽目に

同じのを買っても仕方ないので#3を購入して今回は僕は#3でみさきが#1

結果二人とも快適に睡眠をとることができた

ネットではいろんな情報があるけど

僕みたいな暑がりは0度あたりだと#3で十分

衣服にもよるけど-5度くらいは行けそうな気がする

ということは普通にキャンプする分には#3のみで年中対応可能だと思った

いままで安いペラペラので20年使ってきたけど

やっぱりシュラフはそこそこいいのを買った方がいい

5時半に目覚めたけどその後の二度寝が超気持ちよかった

7時ころテントから出てみると外は

さっぶ~~~

みさきはテントで大好きな本

ローラ・インガルス・ワイルダーの「農場の少年」を読んでいる

 

 

 

そのまま吊るしていたランタンもガチンゴチン

 

 

 

朝ごはん前に食器洗いのための水くみをしに川に降りる

 

 

 

半分くらい入れてサイトに戻る

結構重い

この重さから水の貴重さを感じることができる

 

 

 

黙っていても洗い物をするみさき

家でもこんな風にやっていただけるとゴニョゴニョゴニョ、、、

 

 

 

想えば、日曜の朝食のこれを見てみさきがキャンプに参加することになったのです

 

 

 

朝のために残しておいたウインナーソーセージ

これほんとに美味いね

 

 

 

みさきが焼きリンゴを作るので

 

 

 

珈琲を入れる

 

 

 

これも美味かったっすよ

 

 

 

午前中には帰る予定だったので

これで終わりかと思いきや

これも朝のために残しておいたマシュマロのために焚き火開始

朝の火起こしはみさきに任せた

 

 

 

我々のサイトに陽が差すのが遅いので

タープは早く陽が当たるところに移設

晴れてて本当に良かった

 

 

 

10時過ぎるともう暑いくらい

そうそう、ちょっと大変なことがあった

珍しく腹が痛くなったので

近いトイレにいったら案の定水が流れない

ヤバいな~ここの管理人のおじいちゃんおばあちゃんとてもいい人なので

野グソは気が引ける

そうだ、管理棟のところのトイレは流れるかも

と行ってみると丸太で扉がふさいであって入れないようになっている

ということは逆に水流れるかも

と丸太をどけてトイレに入って流してみると

ジャー!

流れた!

よ~しよしよし!

もう大安心で用を済まして

レバーを引いて

はい!サヨウナラ~!

あれ?

今度はうんともすんとも。。。

もう一度トライ!

やっぱりだめだ~!

あれはタンクに残っていた最後の水だったのか!?

仕方なくそこに残った分身を置き去りにしてサイトに戻ってみさきに報告

おじいちゃんおばあちゃんがあれを見たら悲しむだろうな。。。

でも仕方ない

ぼちぼち片づけをしながらまたもようしてきたので

もうこうなったらクソが一個が二個になろうと一緒だと開き直り

またあの僕の分身に会いにトイレに

いや、まてよ

タンクの中に水を入れたら流れるかも

いや間違いない!

と気づき

洗い物用に半分残っていた水のタンクを持ってトイレに

見たくない分身の上からさらに

兄貴!行くで!

と弟を放出

用を済ませてスッキリした僕は

兄弟再会の感動が冷めないうちに

水をタンクに注入

レバーを引く!

ジャー!。。

とは行かなかったが

ジョロオジョロ~

くらいの流れで兄弟たちは便器の大陸棚から深海に力なく落ちただけにとどまった

ちくしょ~水が足りんかったんか!

結構水代使うんじゃな~トイレって、と一つ発見したが

これすなわち、再び川まで下りて行って水汲みを、しかも今度は10リットル満タンにして

ここに戻ってこなければならないことを意味する

そして再び兄弟たちにちゃんと成仏してもらわなければ

おじいさんおばあさんの悲しむ顔は見たくない

このミッション意地でもやり遂げなければ

ぜいぜい言いながら水を汲んで何とか今度は素晴らしい勢いと音とともに

彼らを昇天させることに成功

イヤ~、キャンプってホントにいいもんですねと淀川さんも褒めてくれてるはず

 

 

 

この成功事例も本部に帰って薪割り中のみさき隊長に報告したら褒めてくれた

 

 

 

日差しがもう暑いので本日二度目のタープ移設

この「ムササビウイング焚き火」はこうやってベタ~と張るのが一番かっちょええですねえ

昼前頃に管理人のおじいさんおばあさんが登場

こちらにやってきて勝手にやっているぼくらを怒るどころか

ゆっくりしていってくださいね~と

そのうえ、水が出なかったことをすごく気にされてゴメンね~と謝られた

昔からほんとにいい人

20年くらい前かみさんと二人でキャンプしていたころたまたま見つけたキャンプ場

おじいさんとおばあさんは84歳と81歳

なので当時はまだ60代だったんですね~と話しながら記念撮影もして

自分たちはいい年でもう厳しいので、もうすぐ定年の息子さんがこのキャンプ場を引き継ぐことになったらしい

20年前はあまりキャンプ場の宣伝はしないんですよ

と仰っていたけど、この日は初めて宣伝してね~と言われたので

自然なロケーションのキャンプ場が好きな人は是非!

と言っても正直あまり知られたくない気もするけど

まあ、一般的には設備の整ったキャンプ場の方が人気はあるみたいなので

トイレと炊事場だけでそのほかの設備は邪魔くらいの人には最高だと思います

我が家のホームはここ小瀬川オートキャンプ場と聖湖です

 

 

 

 

てな具合の正月キャンプでしたが

まあ、いろいろハプニングはあったけど2017なかなか良いスタートがきれたのではないでしょうか

家族が誰も行かなくなったのでこれからは一人キャンプだ、と

道具もほぼソロ用に移行が済んできたところにみさきの参加

今回みさきのためのシュラフも買ったのでそういう意味で

減価償却とまではいかないまでも一度だけでは神様が許さないだろうから

また次回が楽しみな2017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末年始日記1

2017-01-05 | 日常

Leica M3 summicron 50mm f2 acros

 

 

 

 

 

今回の年末年始の休みはなんといつもの約2倍の9日間

というのも義妹一家に誘ってもらって12/28にUSJ日帰り旅行を組んでいて

絶対にそれまでに仕事を終わらせないといけなかったので

やればできるもので予定より一日前の27日から休みに入れた

USJ旅行はたいちが来年受験なので義妹一家との旅行ももしかしたら今年が最後かも

ということでみさきが前々から行きたいと言っていたハリーポッターを見ることを目標に

USJに行くことになった

旅行スケジュールはすべて同い年の義弟まっくんが仕事が忙しい中

全てやってくれてしかもそれまで雨男のレッテルを貼られていたのに

快晴といういい意味で期待を裏切ってくれた楽しい旅行になった

まっくんの立てた綿密なスケジュールはほぼ全うでき

3時間待ちのハリーポッターを含め

ターミネーター2

スパイダーマン

バックドラフト

ジュラシックパーク

ジョーズ

と予定以上のものも楽しめて

感謝感謝!

ただ、ハリーポッターのアトラクションで吐きそうになったのには歳を感じてしまった

 

早く休みに入るとどういうわけか珍しく

やらなければと思いながらできていなかったことをしようと思い立ち

30日までの2日間はほぼ家の整理をやった

物が多くて置くところがなくなってきていたのと

たいちの部屋に置かせてもらっていた引き伸ばし機などの写真関係のものを出して

いらないものを処分して

まあ言ってみれば押入れの整理

それとキャンプ道具をファミリーからソロに移行した関係で

物が増えてしまったのも理由の一つ

という感じで長かった年末休みは旅行から始まり後半は整理でバタバタと過ごした

不思議なことに本来大嫌いな整理に貴重な休みをつぶしたという感覚は全くなく

とても有意義な年末だったと感じたのは不思議だったが

その理由は「一所懸命やっているか?」以来少し自分が変わったのかもしれない

その時のベストと思われる行動をするとなんでも楽しいし後悔もない

ということ

 

それは年末の収穫

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

146

2016-12-23 | キャンプ

FUJIFILM XQ1 FUJINON LENS 6.4-25.6mm f1.8-f4.9

江田島

25253歩

 

 

 

 

一ヶ月くらい前の休日の朝食

よくやる焼いた食パンにマヨぬってロースハムと目玉焼き乗せをかじって

美味い!

そーじゃ、今度のキャンプの朝食はこれにしよう!

と一言独り言

それを横で見ていたみさきが

今度はみーもキャンプ行く!

キャンプの朝にこいつをかじるシーンが、においが、味が、頭の中で鮮明に映像化されたのだろう

かくして久~々に子供とオートキャンプ決定!した朝でした

その後、僕はすぐにでも行きたかったのだけどみさきのスケジュールがあわず

しかも僕一人で行くことは許さないらしくずっと我慢していて

行けるのは12/22~23しかないので心待ちにしていたのに

生憎の超悪天候で中止となってしまった

 

ので、

フェリーに乗って江田島へ海を眺めながら珈琲を飲みに行くことにした

みさきも誘ったが、ちゃんと山での泊りのキャンプでないと嫌だというので

朝からデイパック背負って一人で出かけることになったのです

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加