p.himapa Photo Gallery

実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。

ごあいさつ

ハンドルネーム:ひまぱのぱ(p.himapa) 外国の人とのやり取りを始めてから( )内にp.himapaを追加しています。自然風景やポートレート写真が好きなのですが、近年はなかなか撮影できず、好きな小物や日常のスナップがほとんどです。大それたブログタイトルを付けてしまいましたが、実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。どうぞお付き合いください。過去の記事へのコメントも大歓迎です。よろしくお願いします。連絡は右サイドバーの「メッセージを送る」からどうぞ。

著作権等について

このBlogの記事及び写真等の著作権は、ひまぱのぱ(p.himapa)に帰属します。 第三者がこれらの記事や写真等を使用するに当たっては、次のとおりとします。 リンクを貼るか、直接写真等を転用する場合は、出典を明らかにしてください。 個人使用の場合はリンクフリーです。許可も不要です。ただし、商用の場合は事前にご連絡ください。

写真機材

○カメラ機材:α900+VG-C90AM×3台、α9+VC-9M×2台、α7Digital+VC-7D。○レンズ:AF24mmF2.8NEW、AF28mmF2NEW、AF35mmF2NEW、AF50mmF1.4、AF50mmF1.4NEW、SIGMA 50mmF1.4 EX DG HSM、AFマクロ50mmF2.8NEW、AF85mmF1.4G、AF100mmF2、AFマクロ100mmF2.8NEW、AFアポテレ200mmF2.8G、AF28-70mmF2.8G、Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM、AFアポテレ80-200mmF2.8G、AFアポテレズーム70-200mmF2.8G(D)SSM、AF1.4×テレコンバーターアポ供AF1.4×テレコンバーターアポ(D)、トキナー 100-300mmF4、ケンコーテレプラスPRO300-1.4倍・2倍

撮影賜ります

ポートレート、商品撮影など、賜ります。 お問い合わせは、右サイドバーの「メッセージを送る」からご連絡ください。

ブルーボネット

2016-05-22 20:06:19 | 風景・日常 Scenery, daily life
今日も天気が良かったので、午後から妻とブルーボネットに行ってきました。

まず入ると、ガウラがたくさん咲いていました。



いろいろな花でカラフルです。



しばらく進むと、音楽と歌声が聞こえてきました。
15時からジャズライブがあることは知ってましたが、着いたのが15時半ぐらいでしたので、もう終わっていると思い込んでいました。
サニーハウスへ向かうと、まだやっていました。
3曲ほどですが、聞けたので良かったです。
低音が魅力のボーカルでした。ジャズシンガーはうまい人が多いねぇ。

ライブ後、しばらく進むと芝生が多く、花は思ったより少ないと感じました。
こちらにも、ガウラの群生が。



川には、ハスがあって、モネの風景です。



花が一輪目立っていました。
ここは、引いて雰囲気を。



ワイルドフラワーの里には、ポピーがたくさん咲いていました。



ホタルブクロも可愛らしいです。



なんていう花でしょう。木漏れ日を浴びていました。



川には、カエルやメダカなどがいました。岸にはカモも。



赤とんぼやチョウもいました。



あちらこちらに、施設の名前のもとになったブルーボネットが。
可愛らしい花です。



施設は5時まで。日が傾いて印象的でした。



作られた公園ではありますが、花や水は綺麗で、鳥や昆虫もいて、自然が感じられます。
昼間の暑さとは違って、夕方には心地よい風も吹き、のんびりと楽しむことができました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アジサイ

2016-05-21 18:48:00 | 風景・日常 Scenery, daily life
庭のガクアジサイを撮ってみました。
アジサイも撮りにくい花の一つだなぁ。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中村公園 新緑編

2016-05-17 21:28:19 | 風景・日常 Scenery, daily life
先の記事に書きましたように、5/14・15は太閤まつりでしたが、お祭りの写真を撮っているよりも、緑を撮っていたほうが楽しかったりします。

以前に撮った木と同じ木ですが、今回は、50mmF1.4のみ。雰囲気が異なります。

表題写真
広角ではないので、葉の入り方が少ないですが、幹の存在感はこちらの方があります。

こちらは、逆光で狙ったもの。



子供が、切り株から生える新芽を見つけました。
切り株から生えている雰囲気と新芽の存在感をどう表現するか、角度を迷いながら粘って撮りました。



光線状態が変わっているだろうと、後でまた同じ場所に戻ってみると、なんと、新芽が抜き取られてしまっていました。
心無い人がいるものです。
何も考えていない子供の仕業であることを祈ります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

太閤まつり

2016-05-17 21:25:04 | 風景・日常 Scenery, daily life
5/14・15は、太閤まつりでした。

お祭りと言えば、まずは神社へお参り。(表題写真)

巫女さんも神社らしいです。



おはやしの音も聞こえます。



みこしは見ませんでしたが、花笠音頭や



阿波踊りを見ました。



どちらも恒例です。

夏まつりではないので、浴衣の人は探さないと見当たらないです。



屋台は、参道をずらっと埋め尽くし、



見るのは、夜間が趣がありますね。






チョコバナナも、色々なバリエーションがあります。



見上げると、半月が綺麗でした。月の近くに見えるのは火星かな。



そろそろ閉店時間です。

宴の後はこの通り。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜会24

2016-05-14 08:46:12 | その他 Others
昨晩(5/13)は、夜会24に行ってきました。

谷向柚美さんは、風邪を引いて体調が悪く、今一つ元気がなかったのが残念です。
早く治ってほしいです。



あまのさんは、いつも通り元気です。



そして、杜川リンタロウさんは、いつもに増してパワフル。
新しい照明のテストもあったようです。
今月末には、フランスに旅立ちます。






夕食は、パスタ2種。
もう、夜会24における井本シェフのご飯は定番となりました。
料金に含まれていないのよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

found NAGOYA-リベンジ

2016-05-12 21:57:32 | その他 Others
5/9は、found NAGOYA-リベンジに行ってきました。

まずは、ullyちゃん。
本人は、緊張したと言っていましたが、いつもより力まず、かといっていつものようにパンチがあって良かったと思います。






続いてmykiさん。
4歳の娘さんがいるとは思えません。
とても良い歌声でした。






そして、リベンジの大藪良多さん。
前回はインフルエンザで参加できなかったので、今回リベンジと言う訳です。
楽しいパフォーマンスでした。






最後は、KYOtaroさん。
普段は、東京や大阪で活動しているそうです。
パワフルなパフォーマンスでした。






連休明けの月曜日。翌日から1週間仕事と言うきつい日でもありましたが、みんなうまくて聞き応えがあって、行って良かったと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連休の過ごし方(記録記事)

2016-05-08 21:08:57 | その他 Others
4/29 タイヤ交換、いつもの買い物と、上高地用のカッパ、ウルトラライトダウン、30リットルのザックを買う。
4/30 友人たちと上高地へ。
5/1  木曽三川公園・アクアワールド水郷パークセンターで、パステル画と紙粘土作りの体験。
5/2  仕事。
5/3  アロハ南サークルのHULA FESTIVAL。
5/4  午後から、ノリタケの森の「森のピクニックガーデン2016」。
5/5  午後から、フラリエ。
5/6  仕事。
5/7  妻は、小田和正のコンサート。私は、午後からべんてんやさんと平良江里さん、SEIAさんの路上ライブを見に。
5/8  いつもの買い物のみで、お疲れ休み。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アロハ南サークルのHULA FESTIVAL

2016-05-08 21:04:59 | その他 Others
5/3は、日本特殊陶業市民会館フォレストホールで行われた、アロハ南サークルのHULA FESTIVALを見に行ってきました。

先生は、近藤しげ美先生。
ダイナミックです。



知人の、フラの講師をしている和子さん。
出番ごとに衣装が変わります。















その娘さんの茉子ちゃん。
小さいころから習っているので、既に今もうまいですが、今後が楽しみです。















一日ぶっ通しで、見ているだけでも疲れますが、フラの音楽を聞いているだけでも心地よいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曽三川公園・アクアワールド水郷パークセンター

2016-05-08 20:55:45 | 風景・日常 Scenery, daily life
記事が前後しますが、5/1は、木曽三川公園・アクアワールド水郷パークセンターへ行ってきました。
目的は、子どものパステル画(表題写真)の体験と、紙粘土の人形作りです。

パステル画は、昨年も体験し、今回は2回目です。
慣れた手つきでした。
妻も、昨年子供が描いた絵と同じ絵を描きました。
同じ図柄でも、描く人によって雰囲気が変わります。



昼食は、車の中で胃瘻注入など。
なかなか昼食時に出かけられませんが、車の中での注入でも出かけたいぐらい好きなことなんですね。

午後からは、紙粘土の人形作りも体験しました。
昨年は人形を作りましたが、今年はうさぎさん。
うさぎは色もありませんし、形も単純なので、作るのにそれほど時間はかかりませんでしたが、足元のタンポポが細かく時間をかけて作っていました。



外は、新緑。









終わってから、園内を散策しました。
午前中は、チューリップの飾りつけでにぎわっていましたが、午後からは人も少なくなり、気候も良くてのんびりできました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平良江里さんとSEIAさん

2016-05-07 20:25:23 | その他 Others
夕方からは、金山へ平良江里さんとSEIAさんの路上ライブを聞きに行ってきました。
16時からの予定が、時間を早めて行われてしまったので、平良さんの歌は最後しか聞けませんでした。
でも、お話しできて良かったです。

平良江里さんと





SEIAさん





光線状態が良くなくて、綺麗に撮れなかったのが残念です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

べんてんやさん

2016-05-07 20:21:23 | その他 Others
今日は、妻が小田和正のコンサートに出かけてから、ななちゃん前で行われたべんてんやさんのイベントを見てきました。
一宮駅で、5/22に行われるチンドン祭の前宣伝です♪
ちんどん屋さんは、楽しいなぁ。



何枚か撮ったけれど、歩くのでピントがボケてしまいました。^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フラリエ

2016-05-05 20:10:53 | 風景・日常 Scenery, daily life
以前は、5月の連休と夏休みに、毎年2泊3日の家族旅行に出かけていました。テント泊も。
しかし、子どもに嚥下障害が出てからは、食事時間帯に出かけることが難しいので、日帰りも制約を受け、泊りでの旅行は行けなくなってしまいました。
そこで、毎年近場で楽しんでいます。

今日は、午後からフラリエへ出かけました。
ビール祭りをやっていて、たくさんの人出でした。それでも、ザワザワとうるさい感じはなく、のんびりすることができました。

入り口前のお花たち。(表題写真)
黄色い花は、何でしょうね。

新緑を求めて行きましたが、メタセコイア?は、もうかなり緑が濃くなっていました。



タイツリソウが風に揺られ、時々木漏れ日を浴びていました。






モミジの新緑は綺麗です。



金魚草も光に輝いていました。



少し木の生えたところに行くと、街の中ではないようです。



小道も趣があります。



風が強かったですが、天気は良く、心地の良い日でした。

連休はもうすぐ終わりです。明日は仕事で、その後は普通の土日ですかね。
土曜日は、妻が小田和正のコンサートに出かけますので、私は子供と留守番です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

森のピクニックガーデン2016

2016-05-05 07:53:55 | 風景・日常 Scenery, daily life
5月1日の木曽三川公園や、5月3日のフラの記事が書けていませんが、写真の整理ができていないので、先にこちらの記事です。

5月4日は、緑の日。天気が良かったので、午後からノリタケの森で行われている「森のピクニックガーデン2016」へ、家族で行ってきました。
今回も、写真がメインではないので、カメラ1台にレンズは20mmF1.4の1本のみです。

いつものように、こいのぼりがお出迎えです。(表題写真)
引きがなくて、こういうところは、広角がいいね。

軽トラックの荷台が庭になっていました。
外構工事の宣伝だったりしますが、小さな荷台が、坪庭のようになって興味深かったです。



ART作品が飾られていたり、









お花も飾られていました。






雑貨屋さんや飲食店もあり、そこそこの人でにぎわっていました。

妖精さんたちも隠れていて、見つけるとケイトウがもらえました。












フイルムカメラを持った女の子二人連れ(じゃすみんさんと、問答えんぴつさん)を見かけまして、声を掛けてしばらく話し込んでしまいました。
若い人は、デジカメしか使ったことがないという人が多いですが、フイルムカメラを楽しんでいるのは、フイルム世代としては嬉しいことです。

少し風が強くやや暑かったですが、夕方には心地の良い気候になりました。
近場でものんびりできますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上高地

2016-05-01 21:10:26 | 風景・日常 Scenery, daily life
4月30日は、友人たちとその家族5人で上高地に行きました。
上高地が好きで毎月のように出かけている友人の運転です。直接乗り入れはできないので、途中からはバスですが。
以前は日帰りでは考えられなかったですが、時間距離は近くなりましたね。

訪れたのは、30年ぶりぐらいでしょうか。
天気予報を見ながら急に行くことが決まりましたし、荷物を背負って歩きますので、カッパとウルトラライトダウンジャケット、30リットルのザックを急遽前日に買いました。(買い直しました。)
運動不足で体力低下が著しいですし、歩く距離が長そうなので、カメラは1台、レンズは50mmF1.4の1本のみです。
さあ、どんな写真が撮れますか。

予定コースは、大正池→田代池→河童橋→明神池→河童橋→バスターミナルです。

表題写真
バスを降りるとすぐに大正池に降りられます。
天気が良くて穂高が一望でき、久しぶりにその雄大さに触れました。
ただ、立ち枯れの木がほとんどなくなってしまったのは残念です。
以前のような大正池らしさが全くなくなってしまっていました。

焼岳は、以前の佇まいです。



日が差して、標高1500mにしては暖かでしたが、振り向くとまだ冬の様相です。



田代池は、この一角からでしか、写真が撮れないんですよね。
これを見ると田代池と分かります。



空には、印象的な雲が。



こちらは、何と言う山でしょうね。梓川の左岸方向です。



朝早かったので、昼食は、11時を過ぎてからでしたでしょうか、上高地ルミエスタホテルで買った「河童のひるめし」。
いろいろ入っていますが、カッパ寿司は欠かせませんね。
おいしい空気の中で食べる昼食は格別です。



川べりや木道を進みます。



こちらも山には少し雪が少し残っています。
梓川が綺麗でした。



河童橋に着いたお昼頃には、曇ってしまい、穂高は見えていましたが、定番の穂高の写真は、ご覧のように印象的には撮れませんでした。
全体にたくさんの人出でしたが、特に河童橋付近はとてもたくさんの人です。中国語など外国語も飛び交っていました。



その後、風も吹き急激に寒くなって、雨もぱらついてきましたので、明神池に行くのはあきらめ、河童橋の周辺を散策した後、お土産物屋さんに寄って帰途につきました。
途中平湯温泉に寄っても日帰りできるのね。

今年は、例年に比べ雪が少ないようです。
午後には曇ってしまいましたが、午前中は穂高かが望めてよかったです。
できれば、新緑の頃にまた訪れてみたいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

EDC(Every Day Carry )

2016-04-24 22:52:04 | 防災用品 Survival
防災用品の一覧がいろいろなところで作られていますが、懐中電灯やホイッスルが非常持ち出し品と言うのは、疑問を覚えます。

夜間はもちろん、日中の出先でもビルの中などでは、停電したら真っ暗になる可能性があります。
真っ暗な中で、非常用品をどうやって探すのでしょう。決められた場所に置いてあるからと言って、地震で家具や調度品が散乱して、たどり着くまでに危険だったりもします。
枕元に置いてあるからと言って、地震の揺れで、どこかに飛んで行ってしまうかもしれません。
まずは、身の安全の確保ですが、次は行動の確保で、懐中電灯は常に身に着けているべきだと思います。
私は、単四電池1本仕様の懐中電灯を首からぶら下げています。

また、ホイッスルは、閉じ込められてしまった時に居場所を伝えるものです。
非常持ち出し品を取りに行けるなら、ホイッスルは必要ありません。
これも、常に身に着けている必要があります。

したがって、非常用品は、常に携帯するもの、一次持ち出し品、二次持ち出し品、備蓄品と分けて考えるべきだと思います。

何を準備するかは、ここでは詳しく述べませんが、考え方ただけは書いておきましょう。

常に身に着けるもの。(EDC)
非常持ち出し品を取りに行く余裕がない時、なくては困るものです。
最低限準備したいものは、懐中電灯、ホイッスル、名前・生年月日・緊急連絡先・血液型などを書いたIDカード(カプセル)だと思います。

一次持ち出し品。
例えば、水は1日3L、最低3日分は準備しましょうと言いますが、それだけで9L、つまり9kgになります。
その他に、食料品その他も準備するとなると、全部持って逃げるのは現実的ではありません。
とりあえず、一晩過ごせるぐらいのもので良いでしょう。

二次持ち出し品。
家では生活できないけれども、とりあえず倒壊は免れた場合、短時間に取りに行くものです。

備蓄品。
家が無事で、家で生活できる場合に、電気・ガス・水道が止まっても1週間ぐらいは生活するのに必要なものです。

非常用品は、何をどのように準備したらよいか迷いがちですが、このように分けて考えると、揃えやすくなると思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加