p.himapa Photo Gallery

実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。

ごあいさつ

ハンドルネーム:ひまぱのぱ(p.himapa) 外国の人とのやり取りを始めてから( )内にp.himapaを追加しています。自然風景やポートレート写真が好きなのですが、近年はなかなか撮影できず、好きな小物や日常のスナップがほとんどです。大それたブログタイトルを付けてしまいましたが、実はMaintitle「p.himapaのたわごと」です。どうぞお付き合いください。過去の記事へのコメントも大歓迎です。よろしくお願いします。連絡は右サイドバーの「メッセージを送る」からどうぞ。

著作権等について

このBlogの記事及び写真等の著作権は、ひまぱのぱ(p.himapa)に帰属します。 第三者がこれらの記事や写真等を使用するに当たっては、次のとおりとします。 リンクを貼るか、直接写真等を転用する場合は、出典を明らかにしてください。 個人使用の場合はリンクフリーです。許可も不要です。ただし、商用の場合は事前にご連絡ください。

写真機材

○カメラ機材:α900+VG-C90AM×2台、α9+VC-9M×2台。○レンズ:AF50mmF1.4NEW、SIGMA 50mmF1.4 EX DG HSM、AF85mmF1.4G、AFマクロ100mmF2.8NEW、Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM、AFアポテレズーム70-200mmF2.8G(D)SSM、AF1.4×テレコンバーターアポ(D)。 〇ニコンのシステム ボディ:D5 XQD仕様×2台、レンズ:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR、AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G、AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G、 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED、 AF-S TELECONVERTER TC-20E III、AF-S TELECONVERTER TC-14E III、各保護フィルター(14-24mm f/2.8Gは、フィルターが取り付けられない。) フラッシュ:スピードライトSB-5000×2台。その他 XQDカード128G×4枚、予備バッテリーLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL18a×4個、 液晶保護ガラス×2枚、リモートコードMC-30A×2本、 変倍アングルファインダー DR-5。 シグマ:50mm F1.4 DG HSM、120-300mm F2.8 DG OS HSM、TELE CONVERTER TC-1401、TELE CONVERTER TC-2001。  〇手放すもの:α900+VG-C90AM×1台、α7Digital+VC-7D、AF24mmF2.8NEW、AF28mmF2NEW、AF35mmF2NEW、AF50mmF1.4、AF50mmF1.4NEW、AFマクロ50mmF2.8NEW、AF100mmF2、AFアポテレ200mmF2.8G、AF28-70mmF2.8G、AFアポテレ80-200mmF2.8G、AF1.4×テレコンバーターアポⅡ、トキナー 100-300mmF4、ケンコーテレプラスPRO300-1.4倍・2倍。

撮影賜ります

ポートレート、商品撮影など、賜ります。 お問い合わせは、右サイドバーの「メッセージを送る」からご連絡ください。

夜会24

2016-12-10 10:51:21 | その他 Others
昨晩は、久しぶりに夜会24でした。
相変わらず妻の体調は良くないですが、今年最後ですので、出かけてきました。
帰りは、早めに帰宅しましたが・・・。

新しい演者の方がいらしていました。(表題写真)
朗読と歌。歌はオリジナルです。
とても綺麗な声で、舞台を見ているような雰囲気でした。

柚美さんは、相変わらずうまいね。
キーボードの弾き語りです。
フラフロの曲2曲と、クリスマスの歌もやってくれました。



杜川さんは、朗読。
タブレット端末の明かりだけでしたが、D5はすごいね。
ISO51200で撮れちゃう。



オーナーのごはんは、押しずしとモツ丼。
本格的です。
リクエストにもお応えするよって、ここは何屋さん?



早めに帰らないといけないので、夜会のもう一つの楽しみである演目後のおしゃべりはできませんでしたが、またね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なぜD5が2台なのか。

2016-12-07 12:16:46 | 写真関連 Photograph
今回、ニコンシステムを購入するに当たり、D5を2台購入しました。
1台約60万円もするボディを2台も。
人によってはやっかみを持って見る人もあるでしょうし、自慢していると思う人もいるでしょう。
でも、その理由は、いくつかあります。

まず、複数台持つ意味は、以前にも書きましたが、下記の2点があります。

1.撮影効率が上がる
イベント撮影等のときは、24-70mmF2.8と70-200mmF2.8を多用しますが、別々のボディに付けておけば、いちいちレンズ交換しなくても、ボディを持ち替えることで撮影ができ、効率が上がります。
風景撮影などにおいても、雨や砂埃、潮風といったレンズ交換をしたくない条件下でも、別々のレンズを付けておけば、レンズ交換せずに撮影ができ、レンズにもボディにも精神的にもよろしいです。

2.バックアップ
1台が故障しても、もう1台でとりあえず撮影が続けられます。また、修理期間中も別のボディは使えます。
(本当は、1台修理期間中も常に2台体制でいられるよう3台欲しいところです。α900は3台体制でしたが、さすがにD5を3台は高すぎます。)
結婚式など、二度と撮れない写真などのときは、「カメラが壊れて撮れませんでした。」では話になりません。
実際、とあるイベントの撮影時、一緒に撮影していたもう一人のカメラマンのα900のファインダーが突然ブラックアウトで撮影が続けられませんでした。
「あとはよろしく。」と残りの撮影を託されましたが、一人では撮り逃しがないか精神的にもプレッシャーです。
予備カメラマンも予備ボディも必要だとつくづく感じました。

さて、ではなぜ最上位機種のD5なのか。
それは、信頼性、耐久性が高いからです。
ソニーのα900も、フラッグシップと言われていましたが、プロ機とは言っていません。
ソニーの人にキヤノンやニコンのフラッグシップとどこが違うのか尋ねたところ、「耐久性です。」という答えでした。
確かに、α900は、上記のような撮影時の不具合も目の当たりにしましたし、小さな不具合がしばしばあり、修理に出しても「再現しませんでした。」と、信頼性が今一つでした。
物理的な丈夫さも、キヤノンの1DXシリーズやニコンのD一桁リーズのほうが高いでしょう。

D5は、撮像素子の画素数が2,082万画素で、現行機の中では少ない方です。
風景など緻密な撮影では、D810など高画素機には及ばないでしょうが、高感度性能は高いですし、上記のような信頼性からD5にいたしました。
シャッターの切れも良く気持ちが良いです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

キヤノンかニコンか

2016-12-07 12:14:45 | 写真関連 Photograph
カメラシステムをソニー(ミノルタ)から他社に移行するに当たり、キヤノンかニコンか迷いました。

色再現
キヤノン:記憶色
ニコン:記録色
と言われます。
確かにキヤノンは撮って出しで綺麗に写り一般受けもします。しかし、綺麗だけれど嘘っぽいと感じたりします。
ニコンは、黄色っぽくなるという気がかりもありますが、記録色と言う忠実な再現は、私にとっては好感が持てます。

レンズ
これは、どちらが良いかよく分かりませんが、ラインアップを見るとニコンのほうが自分が使いたいレンズが揃っているように感じました。
特に、標準ズームであるキヤノンのEF24-70mm F2.8L II USMには、手振れ補正がついていないのが痛いです。

ボディ
5D Mark Ⅳ:後発で、画素数(有効画素数約3040万画素)、連写コマ数(約7コマ/秒)、高感度性能(ISO32000まで)のバランスが取れていて、オールマイティな撮影ができると感じます。
D810:有効画素数が3635万画素と画素数は多いですが、連写コマ数(約5コマ/秒)、高感度性能(ISO12800まで)は標準的で、風景に特化している感じがします。室内のイベント撮影などには不向きな印象があります。
しかし、5D Mark ⅣのX接点は1/200秒。最高シャッタースピードが1/8000秒なのに、ゆっくり走る高速シャッターでは、いただけません。40万円もするボディなのに・・・。
こういうところにキヤノンの物づくりに疑問を抱きますし、かつての5Dではミラー落ちが頻発したようで、信頼性にも疑問を感じます。
と言うことで、選択は1D X Mark ⅡかD5か。

1D X Mark Ⅱ
D5
どちらもフラッグシップで信頼性、耐久性は折り紙付と思います。
最後までどちらにしようか迷いましたが、実際に触ってみて、D5のほうがファインダー表示が見やすかったこと、操作性が分かりやすかったことで、D5にしました。
先に述べた色再現も決め手の一つではあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美の種 in 愛知

2016-12-06 22:30:41 | 写真関連 Photograph
第2回 美の種 in 愛知が 12月23日に名古屋市能楽堂で開催されます。


(チラシ裏面の上下の写真は、昨年私が撮ったものです。)

今年も撮影予定です。
能楽堂は神聖なところで、楽屋に上がるにも靴下やストッキングではだめで、白足袋を履かなくてはいけないんですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソニー(ミノルタ)システム、オークション出品

2016-12-05 13:24:21 | 写真関連 Photograph
ニコンでカメラシステムをそろえましたので、下記のソニー(ミノルタ)の機材を、11月27日以降順次オークションに出していきます。
気になる方は、Mitsuyanagiさんのオークションをチェックしてください。

α900+VG-C90AM(出品中)
α7Digital+VC-7D
Nex-5Rレンズ2本セット(出品中)、電子ビューファインダー、充電キット、E→Aマウントアダプター
AF24mmF2.8NEW
AF28mmF2NEW
AF35mmF2NEW
AF50mmF1.4
AF50mmF1.4NEW
AFマクロ50mmF2.8NEW
AF100mmF2
AFアポテレ200mmF2.8G
AF28-70mmF2.8G
AFアポテレ80-200mmF2.8G
AF1.4×テレコンバーターアポⅡ
トキナー 100-300mmF4
ケンコーテレプラスPRO300-1.4倍
ケンコーテレプラスPRO300-2倍
サンパック、aut 622 Superフラッシュシステム。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海市吹奏楽団ファミリーコンサート

2016-12-04 20:00:44 | その他 Others
今日は、東海市芸術劇場で行われた東海市吹奏楽団ファミリーコンサートに行ってきました。
知り合いが二人出るからです。
第一部は、吹奏楽のために作られた曲で聞きごたえがあり、第二部は、老若男女が楽しめる曲でした。
知り合い二人は、指揮をしたりソロで演奏したり。かっこよかったよ。
表題写真は、トトロ。となりのトトロのハイライトの演奏もあったのです。
(開演中は、撮影禁止ですので、終わってからロビーにて。)

それから、思わぬ人に会いました。
フラダンスの茉子ちゃんです。
吹奏楽でサックスを吹いているそうです。
私の知り合いのことも、教えに来て知っているそうで。
意外なところでつながっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月と金星

2016-12-03 19:44:38 | 風景・日常 Scenery, daily life
今日は、月と金星が接近する日。
Leina Karen(@arueka17)さんの記事を見て、私も2階のベランダらか眺めました。
低い位置で、電線が重なり、すぐに屋根に隠れてしまいそうでしたが、見られてよかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひかりのいろ展

2016-12-03 17:17:38 | 写真関連 Photograph
今日は、午後から金山にあるgallery40へ「ひかりのいろ」展に行ってきた。
どんな色の表現だろうと思って行ったら、多くの人は、RGB+モノクロだった。
物の色で表現するのも、それはそれで良いけれど、朝、昼、夕、夜、ロウソク、電球、街、その他人工光など、それぞれの光の色で表現する人がもっとあってもいいと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LUMINTOP Copper Tool AAA その後

2016-12-02 23:24:50 | ライト Flashlights
LUMINTOP Copper Tool AAAですが、最初とはだいぶ色が変わってきました。
葉っぱでも添えるとよかったですが、安易な撮影です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Nikon D5

2016-12-02 22:07:48 | 写真関連 Photograph
以前に撮ったD5は、全体を撮りましたが、全体のバランスから、D5のロゴが奥にあります。
今回は、Nikon D5の文字をメインに、アップで狙ってみました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師走

2016-12-01 20:36:34 | その他 Others
今日から12月。今年も残り1か月となりました。
今度の土曜日は、インフルエンザの予防接種を受けに行く予定。
火曜日は、車のタイヤをスタッドレスに交換。
年賀状も考えないとね。
23日は、能楽堂でのイベント撮影。
気の急く1か月になるかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日

2016-11-27 20:11:13 | その他 Others
今日は、子供の誕生日。

ケーキ(表題写真)でお祝いしました。
いつものケーキ屋さんのイチゴムースです。
昨年は、5段重ねでしたが、今年は、ホワイトチョコのタワー。

お花は、お祝い返しのお花を今日届けてもらったのですが、とても立派でした。



28歳と言えば、子供が生まれた歳。
さて、自分たちの28歳と子供の28歳と比べてどうかしら。
子供は、可愛いものにとろとろです。

相変わらず嚥下障害は治りませんが、風邪もひいていないし、入院もしていないので、良い誕生日かな。

生まれたときの様子は、少しこちらに書いてあります。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ニコンシステムを使ってみて。

2016-11-24 20:13:31 | 写真関連 Photograph
カメラのシステムをニコンに移行して、しばらく使ってみて感じたこと。

α900とD5と同じ条件で撮り比べているわけではないので、あくまで感覚ですが、ソニー(ミノルタ)よりニコンのほうが、カリッと硬い感じがします。
風景には良いですが、人物写真では、柔らかい描写のソニー(ミノルタ)のほうが好きです。
描写性は設定で変えることはできますが、一般的な初期設定で好みの描写が出る方が良いです。

高感度ノイズは、α900より明らかに良くなっています。
もっと早く買い替えればよかったと思うぐらいですが、システム変更にはお金がかかりますからね。

AWB(オートホワイトバランス)は、概ね良好に感じます。
夕日では、赤みが抑えられすぎるように感じることもありますが、これはソニー(ミノルタ)も同様です。

レンズに関しては、先に書いたように、70-200mmF2.8のピントリングとズームリングの位置が、24-70mmF2.8と逆なので、戸惑います。
操作性を統一してほしかったです。
逆光性能に関しては、24-70mmF2.8も70-200mmF2.8も、フレアが出やすいように思います。
ナノクリスタルコートなのにね。

マウントの取付方法は、左に回して取付け、右に回して外しますが、ソニー(ミノルタ)とは逆ですし、瓶のふたやネジなど一般的に言って、右に回して締り、左に回して緩むので、これも戸惑います。

このように戸惑うところもいくつかありますが、慣れるしかないですね。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

レンズの操作性

2016-11-23 22:20:49 | 写真関連 Photograph
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR。
この3本の内、70-200mm f/2.8E FL ED VRだけが、ズームリングが前で、ピントリングが後ろになっています。
(これは、ミノルタのAFアポテレズーム70-200mmF2.8G(D)SSMとも逆です。)
特に、24-70mm f/2.8と70-200mm f/2.8は、2台のボディーに付けて使うことが多いので、操作性が違うと戸惑ってしまいます。
重量バランスもあるんだろうけれど、少なくとも大三元レンズの操作性は統一してほしかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋のフラリエ

2016-11-23 19:23:20 | 風景・日常 Scenery, daily life
今日は、なぜか体がだるくて、朝食の準備と後片付けを終えてから、昼まで寝ていました。
それでも、まだだるかったですが、天気が良かったので、夕方になってフラリエに出かけてみました。

紅葉は、ほとんど枯れた感じで、鮮やかが全くありませんでした。

結婚式のカップルが印象的でした。(表題写真)

花壇には全く花がありませんでしたが、鉢にはまだコスモスが咲いていました。



せっかくなので、紅葉も。
後ろにボケて白く輝いているのは、イルミネーションの天使です。



クリスタルガーデンの中には、ポインセチアのツリーがライトアップされていました。



行くのが遅かったので、すぐに日は建物の陰に隠れてしまい、短い時間でしたが、気分転換にはなりました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加