ランダム・メモランダム 3

FCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファン・ボメルを応援しています

EL:ゼニト対PSV

2015-02-28 14:43:33 | PSV

15年2月26日 UEFAヨーロッパリーグ ラウンド32 2nd leg
ゼニト・サンクトペテルブルク 3-0 PSVアイントホーフェン
(2試合合計ゴール数4-0ゼニトの1/8決勝進出決定)

ズート - ブレネット、ブルマ、イシマ=ミリン、ヴィレムス - ヴァイナルドゥム[C]、グアルダード、マヘル - ナルシング、デ・ヨンク、デパイ

交代:ロカディア(64ナルシング)、タマタ(69ブレネット)、ヘンドリクス(80グアルダード)
サブ:パスフェール、デ・ヴァイス、フルート、ヒルイェマルク

得点(アシスト表記なし):ロンドン(29)、ハルク(48)、ロンドン(69)
カード:ブレネット(20)、グアルダード(37)、ヴァイナルドゥム(45+2)、シャトフ(70)

PSVのヨーロッパは1試合も見ないうちに終わってしまいました。。。。。。


ヘンドリクスの髪がちょっと伸びた(ほっ)

ゼニト2点目のハルク(日本では"フッキ"でおなじみ)のゴールはうまっ!としか言いようがないスーパーゴールでしたが、3点目はズートのはじいたハルクのシュートが目の前に転がったもので、ズート自身も痛恨の自己批判コメントをしているようです(涙)。

夜が明けてから、twitterのタイムラインで試合実況を追っていたのですが、ルークが61分、アウェーゴールを1点取るチャンスだったPKを失敗した、と書いてあるのを見た時に、オワタ、と思いますた…(´・ω・`)

負けることはなんとなく予想してましたが、それにしてももうちょっと、オランダの首位チームとして、いいところを見せて欲しかったわ!2試合でノーゴール4失点って…。。
やはりまだまだヨーロッパレベルで渡り合えるほどの力はついてない今のPSVにとって、ゼニトは強大過ぎたんでしょうか…。
ちょうど10年前はCLのベスト4まで行っていたのに、嘆かわしいことです。


(キャプチャ画像です)
「ザンクトペルデンからサンクトペテルブルクまで、すばらしいヨーロッパコンペティションでした。今シーズンもすべてのサポーターに感謝なのです」という公式のつぶやきが切ない…

せっかくなので対戦記念に(?)ティモシュクのオランダ語の表記を残しておきます。
Timosjtsjoek」ティモシュチュヨーク…?よ、読めん(汗)

PSVの精神的ダメージが心配です。なんと言っても明日3月1日はアヤックス戦なのだから(汗)
向こうは楽しく勝ってベスト16に駒を進めたところ。これを機会にガタガタと崩れて、いつの間にか形勢が逆転…
ぶるぶる、縁起でもない((゜д゜;)))
しっかり、いや辛勝でもいい、とにかく勝って、引導を渡すのよ~!

----------
ところで、別の話ですが。

話題沸騰!


「んもー」

PSVのションボリ敗退のすぐ後に行われた試合(フェイエノールト×ローマ)で、フェイエサポ、またも大暴れ!


画像左下のピッチにダラリと横たわっているテープも気になりますが、騒然としているのはそのせいではなさそう…


「ちょっとあれ、あれを片付けないと」 「あれ」とは…


バナナ(バルーン)!ダメじゃん!!!

さらにダメじゃん!と思ったのは

「やっほーい、こっちにもあるよ~、もう1個いっちゃえ~♪」「よっしゃー」 さらなる投げ込みのためバナナをリレーするフェイエサポ!


結局バナナリレーはこの位置までしか確認できませんでしたが、その後ピッチで拾われてる気配はなかったので、投げ込みは未遂に終わったと思われます。

このバナナバルーンが人種差別行為に当たるかどーか判断できるほど、ワタシは情報通ではありませんが、個人的には、彼らにそこまで深い考えはなく、単なる悪ふざけに見えました。
少なくともこの時点では主審は、そのような判断はしていなかったと思います。

ただ、サッカーファンとして、バナナ(的なもの)を投げ込むということが何を意味するのか知っていなければいけないし、前節のローマでの暴動事件も含めて、フェイエノールトのサポーターはマナー悪いな~(-_-)、いつもこんななのだろうか、とは思いました。
なんとなれば

バナナ投げ込みの後にも

写真にはうまく収まってませんが、ゴールを決め喜ぶローマ選手に向かって異物大量投入!

さらに!後半に入り、フェイエノールトのテフレードが一発退場&ベンチの控えGKも退場するに至って

/ぶーぶー\ /すっこめー\
 

/ピーピー\
 

/バーカバーカ\
 
 

突如ロッカールームに引っ込む一団。またも投げ込みが行われ、試合が中断されます。
ニホンメディアではこの事について「すわ!人種差別行為が!試合中断!」と書き立ててますが、それはちょっとタイミングがズレてますよねえ。試合を見たりその後のリアクションを見る限りでは、そうではなさそうな…。
物が投げ込まれて危険だから、という判断だったようです。


ローマのガルシア監督が試合後に「店が開けるほど大量のモノが投げ込まれた」と語ったそうですが、さもありなん。
100円ライター屋さんがすぐにでも開業できますよ…

 
中断中も発煙筒を。
何やってんだか、もーー 
こんなんじゃ再開できないんじゃ、と思いましたが、なんとか再開されました。

しかしその後も、もう中断はされませんでしたが、投げ込みは続きました。
試合そのものはなかなかの熱戦で面白かったのに残念でした。
そもそも主審が荒れる試合をコントロールできず、逆にエスカレートさせてしまった印象はありますが…。
前節のローマでの暴動以来、「オランダ人は野蛮だ」と、国民全体の評判がガタ落ち気味なのに、これじゃさらにイメージ悪くなっちゃうジャン(´Д` )。
UEFAから罰金刑が下るかも知れませんから、その金を、破壊された噴水の修理に使ってもらったらいいんでないのかい。(別件だからナイか…)

コメント

24節:PSV対ドルトレヒト

2015-02-25 02:07:01 | PSV

15年2月22日 エールディヴィジ 第24節 PSVアイントホーフェン 3-0 ドルトレヒト

ズート - ブレネット、ブルマ、イシマ=ミリン、ヴィレムス - ヴァイナルドゥム[C]、グアルダード、マヘル - ナルシング、デ・ヨンク、デパイ

交代:ロカディア(65ナルシング)、ヘンドリクス(73グアルダード)、フルート(85デ・ヨンク)
サブ:パスフェール、タマタ、ヒルイェマルク、リッツマイヤー

得点:Fortes(4オウンゴール)、デ・ヨンク(62PK)、ブルマ(70ロカディア)
カード: Pisas(56)、Haddad(60)

アリアス、レキクは故障のため欠場。

 

(; ̄з ̄)~♪

ゴールINしているボールを見逃されたり、かと思えばPSVが取られるべきだったPKを見落とされたり、逆にPSVがゲットしたPKはちょっとラッキーだったかも?とか、まあ、全般的には運が良かったのなー、ってか審判ブレブレじゃん!…という試合でしたが、それでも基本的にPSVはいつものように、圧倒的とは言えないまでもなんとなく試合を支配、正当な勝利!だったと思います。
ドルトレヒトも最近監督がクビになったりして、あまり状態良くないみたいですし…(←よく知らん)


案の定?予告通り?今回のPKは失敗率が高い(汗)デパイではなくついにデヨンクが蹴り、みごと決めた!


故障のブルマやレキクに代わって、じわじわと出番を増やしている石間みりん。わりとイイです。


今回もコツコツとチームを引き締めていたグアルダード。交代退場する時はスタオベでした!


ヴィレムスはあいかーらず、ドリブルひとり旅ありーの絶妙クロスありーので、攻撃参加モリモリでホント面白いです。オランダ紙も軒並み高評価のようで。

きっちりかっちり勝ったPSV!いっぽう2位アヤックスはヴィレムIIにドローだったので

ななななんと!!!14ポイント差!!!
最速で4月4日(?)にPSVの優勝が決まるそうです!
自分がPSVのcheckを始めてからというものリーグ優勝は経験がないので、実感わかないです…ドキドキ…。。


(キャプチャ画像です)
オランダのスポーツ番組でも取り上げられたらしい、「アヤックスとこんだけの差がつきましたー」という画像。これはまさか、あのアヤックス・兼・オランダの超絶レジェンドのユニフォーム…??

コメント

22節:パダーボルン対バイエルン

2015-02-24 23:54:06 | バイエルン・ミュンヘン


ヒッツーーー!!!
なんと!PKなどプレースキック以外でのGKのゴールはブンデス史上たったの3人目!しかも劇的ロスタイム弾!


ドストーーー!!!
年が明けてからというもの、前節のフィアラーパック(4得点)や3回ものドペルパックなど、ドスドスゴールを決めまくって、なんとなんと6試合で11ゴール!どえらいことになってます!


シュツットガルトサポも素敵だ~(*´ω`*)


誰かインモービレをゴハンに誘ってあげなさい。(via Bild)

と、トピック満載の今節でしたが、我がバイエルンもセンセーショナルな試合でしたよー!

15年2月21日 ブンデスリーガ 第22節 パダーボルン07 0-6 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ

交代:ローデ(74アロンソ)、ヴァイザー(75ラフィーニャ)、ダンテ(78ベルナト)
サブ:レイナ、ゲッツェ、シュヴァインシュタイガー、ピサロ

思わず書きながら笑ってしまった大ロッベン祭り(^ー^)
得点:レヴァンドフスキ(24ロッベン)、レヴァンドフスキ(37リベリー)、ロッベン(63PKロッベン)、リベリー(72ロッベン)、ヴァイザー(78ローデ)、ロッベン(86リベリー)
カード: Hartherz(62)

MoM:ロッベン
今節のベストイレブンにリベリー(2回目)、ロッベン(8回目)、レヴァンドフスキ(3回目)
マンデスターゲス今節のMVPにロッベン!!(初)←意外!

♪ドイッチャフースバルマイスター、ドイッチャフースバルマイスター、ドイッチャフ~スバルマイスター、FCB~♪(゜∀゜ )

サマータイム期間中は無理ですが、土曜試合のハーフタイムによく、えねっちけーBSの「笑う洋楽展」の後半部分を見てゲラゲラ笑っております。
んでこの日取り上げられていた「twisted sister」の有名な曲が、この↑バイエルン応援チャントのネタ元だったことを、今回初めて知った次第であります(^^ゞ

てなわけで!


いろいろ心配されたレヴァンドフスキでしたが、、みごとドッペル!


1点目はこのミュラーの相手守備陣をかく乱する動き(そのつもりかどーかは知らんけど)、2点目はリベリの繊細なアシストプレーにシビれました!


ミュラーにプレゼントされたというPK込みのドッペルで、なんと!得点ランキングトップに浮上したロッベン!
素晴らしいアタッカーではありますが点取り屋ではありませんので、これまでリーグ得点王になったことはないそうです。

さらに!オランダメディアによれば、キャリア200ゴールを達成!

むほほ♪輝いてますな~。(via Voetbal International)


堂々2ゴール2アシストでこの日もピッチの主役!kickerのマンデスターゲスもゲット!

まぁしかし、いつものような、ロッベンだけが良い、というのではなく、今回はチーム全体イイ感じでしたよね。
パダーボルンもなかなか奮闘してましたが、退場者を出してからはそれまでつながっていたものが一気に崩れてしまって、あとはバイエルンのやりたい放題になってしまいました。

アーンド!


ヴァイザーのゴール!
むずかしい場所から思い切ったループでGKの頭上を抜いて決めた、イキのいいゴールでした。
期待の若手と言われ続け実はバイエルン在籍は3年目のヴァイザー。これがバイエルンでの公式戦初ゴール!おめでとう!

と、前節の8点大勝に続き、CLがっかりドローをはさんで、またも6点もの大勝祭り!いいこといっぱいの楽しい試合でした!

今日もありますノイアー劇場

何やら場内騒然!


「いやいや。違うから。ちょっとちょっと、そこのアナタ見てたでしょ、説明しなさい」

リプレー映像で見てみましょう

ボアテンクからのバックパス?いちおう相手選手のつま先をかすっているよーな…


敵のシュートと判断したノイアー、手でキャッチ。


よくわからないので(?)、主審はとりあえずノイアーにボールを戻して、なかったことに。


ミュラーのラグビータックル&セクハラ攻撃!

だが気になる点も…
 

やっぱりシュバシャビ(アロンソ)はコンビじゃなくてどちらか片方だけの方がいいのかしら…(´・ω・`)
個人的には、シュバがいるいないじゃなくて、今回はアロンソへのプレッシャーが比較的緩かったからやりやすかったんじゃないかと思いましたけど…


試合後、ミュンヘンに帰る機内。楽しそうだからだいじょぶなのかな~

おまけ
試合翌日、自炊するベルナト(via @juanbernat(Instagram))

コメント

EL:PSV対ゼニト

2015-02-21 02:28:10 | PSV

書き忘れたので追記します。

 

PSVが、20年間ものナイキとのパートナーシップを改め、このたびアンブロと契約しました!
最初この写真のものがユニフォームかと早とちりして「ださっ」と思ってしまいましたが、トレーニングウェアだそうです。ほっ。やっぱり紅白縦縞でないと~。来シーズンから5年契約。


PSVと言えばナイキのイメージしかないのでちょっと寂しい気もしますが、いろいろ事情があるのでしょう。


コーチングスタッフのウェアがもうちょっとかっこよくなるといいなぁ。ちなみに、ファンボメル個人はアディダス派のようです。

追記の前置きが長くなりました(^^ゞ

というわけで、ELも決勝トーナメント再開でーす!
しかしこちらはCLの倍、ベスト32から…。
PSVがこのステージに上がるのは久々の気がしますよ。(それもど~…)

がっっ

15年2月19日 UEFAヨーロッパリーグ ラウンド32 1st leg
PSVアイントホーフェン 0-1 ゼニト・サンクトペテルブルク

ズート - アリアス、ブルマ、イシマ=ミリン、ヴィレムス - ヴァイナルドゥム[C]、ヒルイェマルク、グアルダード - ナルシング、デ・ヨンク、デパイ

交代:ロカディア(74ナルシング)、ブレネット(74アリアス)、マヘル(86ヒルイェマルク)
サブ:パスフェール、ヘンドリクス、リッツマイヤー、フルート

得点(アシスト表記なし):ハルク(64)
カード: スモルニコフ(32)、リャザンツェフ(83)、デパイ(85)、ダニー(90)

負けちゃった・・・・・・・・・・・。。。

失点はヒルイェマルクがヴィツェルにボールを取られたことがきっかけでした。
限られたスタメンの機会でのどんくさプレーが悔やまれますが、PSVが良かったらしい前半のうちに点を取れなかったのも問題がないわけでもないと思うのよ。試合見てませんが(苦笑)。

 
ティモシュクも86分から登板したもよう。
(そういえばバイエルンのシャフタール戦の前に、tzにインタビュー記事が出てましたよ。)


オーイェルとリックセン♪オーイェルは引退してだいぶ経ちますがいつもカッコいいですねぇ(´ω`)

う~ん。しかし。ホームでこの結果は芳しくないですねえ。
たぶん今シーズンのPSVはとにかく国内リーグが最優先事項と思われますが、だからと言ってELが(少なくとも建前上は)どうでもいいというわけではないはずよ…

足首を痛めて途中交代したアリアス。
翌日のPSVメディカルの発表によれば、筋繊維等の断裂はなし。だが22日のドルトレヒト戦は欠場見込みだそうです。
右のアリアス左のヴィレムスによる果敢な攻撃参加はPSVの武器でもありますので、なんとか(もちろん無理はしない範囲で)早めに戻って来て欲しいところ…

コメント

CL:シャフタール対バイエルン

2015-02-19 23:26:56 | バイエルン・ミュンヘン

試合翌日。ついにチアゴがミュンヘンに帰って来ましたー!\(^▽^)/

 

というわけで
チャンピオンズリーグ、再開でーす!
対戦相手はドネツクですが、政情不安の折、試合はポーランドにほど近いリヴィウで行われました。

15年2月17日 UEFAチャンピオンズリーグ 1/8決勝 1st leg
シャフタール・ドネツク 0-0 バイエルン・ミュンヘン

またフリーダイヤル型フォメ(221221)?(kickerより)
ノイアー - ボアテンク、アラバ - ラフィーニャ、ベルナト - アロンソ - ゲッツェ、シュヴァインシュタイガー[C] - ロッベン、リベリー - ミュラー

交代:バトシュトゥバー(70ミュラー)、レヴァンドフスキ(75ゲッツェ)
サブ:レイナ、シュタルケ、ダンテ、ローデ、ヴァイザー

カード: アロンソ(65)  スルナドゥグラス・コスタフレッジラフィーニャボアテンクシュヴァインシュタイガー

MoM:アラバ

ベナティア、ピサロ、ガウディーノは故障のため欠場

…イライラしましたねぇ(´Д`)

思うに任せない試合展開、ゴリボリオラオラやり合って主審はカード出しまくり、ついにアロンソが退場。

CL出場100試合目という、偉大な記念日がとんだことに…。

シュバシャビ(アロンソ)コンビはなんで上手く行かないんだろー?てゆーかマグネッター・シャビ様の磁力がもはや…とか、なんでレヴァンドフスキじゃないの?とか、せっかくHSV戦で楽しく勝ったのにフォメいじっちゃって…とか、まぁ、戦術的な話は、皆さんがおっしゃってるのを見て「ふむふむそうよねそうかしら」と思うばかりですのであえてワシが言うこともありますまい。

まあ要するに、いろんな面で、まんまとカタにハメられましたわい。という…。
ボリボリサッカーでイライラさせられるのも向こうの思惑通りだったのではないのか…。


キレるリベリを味方から守るスルナキャプテンはナニゲにいい人?

まぁホームの2nd legにて、今度はこちらがカタにハメてやればいいんですがね、しかし、ヴォルフスブルクに続いてシャフタールにもしてやられて、おかげさんで「バイエルン戦勝利への傾向と対策」のサンプルが続々出回ってますよトホホ。
こんなんでレアルにリベンジとかできるのかー!ど~すんのよ~~


「なるよーになるよ~ん♪」
春を待ち兼ねて思わずスキップ☆意外に楽しそうなゲッツェ。(うそ?) 

おまけ

まちがえられないよう、アンダーシャツに名札を付けるノイアー(うそ)

コメント

23節:AZ対PSV

2015-02-17 19:15:04 | PSV

バレンタインイブ。この日はデパイの21歳の誕生日でした(^o^)ちなみにストロートマンも26歳に。

15年2月13日 エールディヴィジ 第23節 AZアルクマール 2-4 PSVアイントホーフェン

ズート - アリアス、イシマ=ミリン、レキク、ヴィレムス - ヴァイナルドゥム[C]、グアルダード、マヘル - ナルシング、デ・ヨンク、デパイ

交代:ブルマ(41レキク)、ヒルイェマルク(72マヘル)
サブ:パスフェール、ブレネット、ヘンドリクス、フルート、ロカディア

得点:デ・ヨンク(3)、デ・ヨンク(8ヴィレムス)、ヘンリクセン(40ドス・サントス)、Mühren(49Berghuis)、ヴァイナルドゥム(58ヴィレムス)、デ・ヨンク(60ナルシング)
カード: レキク(14)


前節故障退場して心配されたグアルダードでしたが、無事に出場。

やった!ここのところ当たりが止まっていたデヨンクがハットトリックの大爆発!(≧▽≦)

サクサクと2点リードしたのに追いつかれたのは気に入りませんが、終わってみれば4点大勝!

いっぽう誕生日男・デパイはダメダメだったそうで(´Д` )連続ゴール記録もストップです。

レキクは何やら、レッドカードに相当するようなひどいファウルをしたそうですが、動画を検索するのがメンドくさく、ようけ調べてないので、何をやらかしたのかわかってません。
ともあれ、そんなレキクはハムストリングを痛めて途中交代。容体が気になるところですが、後日クラブの発表によれば、筋繊維伸長(?)で、断裂はなく、1~2週間の離脱見込みとのこと。
ELゼニト戦には間に合わないかも知れませんが、最悪の結果でなくて良かったです~


勝利に満足!勝ってるチームは雰囲気もいいですね(^ー^)

おまけ・昨日(たぶん)、デパイの誕生日ぱーちーが行われたようです(レキクのInsrtagramより)

----------

 

ダンディーなアシスタントコーチのファーベル(↑真ん中)が、アシスタントではなくヘッドコーチ=監督として再び仕事をしたいというので、シーズン後に退団することになりました。
PSVとしては本人の意向を尊重するそうです。
新たな仕事先が決まってるのかどうか不明ですが、ワタシ的には後釜が誰になるのか気になりますよ~。
いよいよファンボメルの出番か?と、ちょっとだけワクテカε-(゜∀゜)したのですが、おそらく現在Jongチームの監督をしているKalezic(カレジッチ?)が有力候補だそうです(´・ω・`)まぁね
(※今までFaberを「ファーバー」と書いていましたが、PSV TVを見たら「ファーベル」と聴こえたので今後そのように表記することにします)

コメント

21節:バイエルン対HSV

2015-02-16 11:13:00 | バイエルン・ミュンヘン

100回目の南北ダービーでーす!

15年2月14日 ブンデスリーガ 第21節 バイエルン・ミュンヘン 8-0 ハンブルガーSV

kickerの採点も合わせてどぞ

交代:リベリー(2)(59ベナティア)、ガウディーノ(66ミュラー)、ピサロ(71ロッベン)
サブ:レイナ、ダンテ、ローデ、ヴァイザー

得点:ミュラー(21PK)、ゲッツェ(23ミュラー)、ロッベン(36ミュラー)、ロッベン(47ゲッツェ)、ミュラー(55シュヴァインシュタイガー)、レヴァンドフスキ(56ミュラー)、リベリー(69レヴァンドフスキ)、ゲッツェ(88ピサロ)
カード: ファン・デル・ファールト

MoM:ミュラー
今節のベストイレブンにベルナト(3回目)、ゲッツェ(4回目)、ロッベン(7回目)、ミュラー(5回目)

 
(ちなみに「バレンタイン!バレンタイン!( ゜∀゜)o彡°」というのは、10年ぐらい前(もっとかも?)に爆笑問題・太田サンが深夜番組で、仲の良い男女を冷やかす時の小学生のノリでやっていたものですが、特に流行らなかったのでネタにもギャグにもなりませんでした)

これぞペップバイヤンの真骨頂!
憎々しいほど強いあのバイエルンが戻って来ましたね!
CLを前にして、年が明けて以降これまでのトホホっぷりをきちんと修正したことは良いことだと思います。その裏でペップがどんな風にハッパをかけたのか興味深いところではあります…


こちょこちょ

勝利を決定付けたのはロッベンの後半入って早々の、まさかの右足ゴール!だったのではないでしょうか。
そんなロッベンの切れ味たるや本日もすさまじく、13代石川五右ヱ門のあの「斬鉄剣」より切れるんじゃないかという…(わかりにくい)。

ロッベンが凄すぎるということを別にすれば、個人的には、やっぱりミュラーの調子が鍵を握ってるのかなぁ、と思いましたです。

しかしそれにしても、HSVは…。せっかく2連勝して上り調子だったところに、この悪夢…。
心が折れて当然でしょうが、相手があのバイエルンだったということを心の言い訳にして、なんとか気を取り直して、次につなげておくれな…。
オリッチの怪我が大したことありませんよーに。

だけど、この試合でいちばん嬉しかったのは

お帰り!ホルガー!!

コメント (4)

ハッピー☆バレンタイン

2015-02-14 21:53:55 | バイエルン・ミュンヘン

FCバイエルンが提案する本日の過ごし方

「南の星」のどこがロマンティックミュージックやねん、というのはさておいて。
てなわけで

 Happy valentine !


(去年作ってtwitterにアプしたのだが見事にコケたので、もう1回使い回し(^_^;))


(↑このさい全然関係ない去年のクンベラ(ブラウンシュヴァイク))

 

バイエルンのオンラインショップでは本日限定で、「I mog di」と入ったマグカップをおまけに付けちゃいま~す。

南部なまりの「アイラブユー」ってことでいいんでしょうか?

本日の対戦相手HSVは

現地ショップでお買い上げの方に赤いバラを1本プレゼント!


(OnsOranjeより。ワタシの加工ではありません)

おまけの壁ドン

やり方ちょっと違う気が…

コメント

22節:PSV対ユトレヒト

2015-02-11 00:45:39 | PSV

アリアスが2019年まで契約を延長しました!

これは嬉しい!心強い!

15年2月7日 エールディヴィジ 第22節 PSVアイントホーフェン 3-1 ユトレヒト

ズート - アリアス、イシマ=ミリン、レキク、ヴィレムス - ヴァイナルドゥム[C]、グアルダード、マヘル - ナルシング、デ・ヨンク、デパイ

交代:ヒルイェマルク(73グアルダード)、ロカディア(86ナルシング)
サブ:パスフェール、ブレネット、ブルマ、リッツマイヤー、フルート

得点:ナルシング(47デ・ヨンク)、デパイ(51ヴァイナルドゥム)、Ayoub(70Haller)、デパイ(90+1)
カード: ヤンセン(49)、レーウヴィン(64)、ヴィレムス(89)、Hardeveld(90)

メンフィス祭り!ヽ(≧▽≦)ノ


ゴールを決め、ビール片手のサポのおっさんの元へ飛び込む。この寒いのにビールとかよく飲む気に…(←そこか)


ミリンとダンス♪


炸裂!スーパーFK!GK一歩も動けず!

とにもかくにもデパイがスーパー過ぎて凄いことになってます。
テクニックとパワーとひらめきあふるるパフォーマンスで、バキバキに光り輝いてましたよ。

魅惑の3トップ&ヴァイナルドゥムをはじめとした、息の合った華麗な攻撃にも目を奪われてしまいますねぇ(^ー^)ヴィレムスの攻撃参加も相変わらず面白いし。
ただ、プレーするメンバーが固定されてしまってるのが気がかり。働きづめで疲れちゃうんじゃないかい。しかしいきなりローテすると、こないだのベイカーのようなことに…
そして守備面は、いいんだかどーなんだか。今日も失点しちゃったし(汗)。まあ、うっかり失点しても大崩れしなくなっただけ昨シーズンより格段に成長したということでしょう。


珍しい。ハーフタイムのロッカールームがちょこっと見える!

ユトレヒトの気になるモジャモジャ

その1・Ayoub(アヨウブ?アユウブ?)

その2・アタマとヒゲのW(ダブル)モジャモジャ!Barazite(バラジテ?バラツィテ?)!


そんなユトレヒトのユニフォームの背中には名前が入ってない。番号知ってないと誰が誰だかわからん。

グアルダードが鼠径部の痛みのために途中交代。1~2週間の離脱だそうです。その程度で済むなら良い方でしょうが、今やPSVに欠かせない大黒柱になってしまってるので、ちょっと困ったわ…。ヒーリェくん頑張るのよ!(汗)ヘンドリクスの復帰はまだか(汗)

すかぱ解説の川本さんは、放送中PSVのことをホメまくりでしたが、しかし「そんなに強い感じはしないんですけど…」とも言ってました。
そーーなんですよねぇ。同感です。ワタシも同じことをずっと思ってます(と言ってもすべての試合を見てるわけではありませんが(^_^;))。
相手を圧倒して勝つというより、なんとなーく、いつの間にかフワフワと勝ってる、という印象です。
リーグ戦では今のところうまく行ってますが、これがヨーロッパの舞台となると…ううむ。。
いよいよ始まるELの決勝トーナメントの相手はゼニト!うええ、どーなるんだあ~(汗)


ガツンとやっつけて、ティモにショックを与えられるでしょーか…

コメント

20節:シュツットガルト対バイエルン

2015-02-09 18:44:07 | バイエルン・ミュンヘン

試合が行われた2月7日はファンブイテンの誕生日でした。37歳おめでとう!(^∀^)
誕生日に先がけて(2月5日)、またまた新たな名誉が与えられました。

よくわからんのですが、プロキャリアをスタートさせた場所でもあるシャルルロワの何かスポーツの賞であるらしいです。←雑

てなわけで

15年2月7日 ブンデスリーガ 第20節 シュツットガルト 0-2 バイエルン・ミュンヘン

なんだこりゃ、2-2-1-2-2-1?フリーダイヤルか?(kickerより)
ノイアー - ベナティア、ダンテ - ヴァイザー、ベルナト - アロンソ - シュヴァインシュタイガー[C]、アラバ - ロッベン、ゲッツェ - レヴァンドフスキ

交代:ミュラー(4)(46ヴァイザー)、ローデ(88ロッベン)
サブ:レイナ、バトシュトゥバー、ガウディーノ、クルト、ピサロ

得点:ロッベン(41ヴァイザー)、アラバ(50)
カード: ロメウベナティア

MoM:アラバ

すげなくされると追いかけたくなるの!ロッベンラブ!なアラバ

スーパーゴールを決めたロッベン!「アリエンおめでとー!待って~キャッキャッ

「ア・リ・エ・ンた~ん♪こっち向いて~

「きゃはは~

「つっかまーえた~

「もう離さないもんね、アタシの眼を見て

ロッベン「んもう、しょーがねーなー

腐れネタはともかく

さすが!頼れるロッベンのテクニカルなマジカルゴール!
 
(ヴァイザーのアシストも良かったのよ~♪)

アーンド!


ネットも裂けよとアラバの爆裂FK!!

この2人のスーパーゴールはほんとに素晴らしかったのですが、それ以外はあまり印象に残ってない…。。
今回ももうひとつ歯切れがよろしくない、なんてゆうの、まるでピリッとしてない柿の種みたいな…(←たとえがいまいち)。
アロンソはあいかーらずだし、ミュラーはやゲッツェはいるのかいないのか(ミュラーはアラバのゴールの時にトリックプレーで相手のディフェンスをかく乱させてましたな)。

まいいか、勝ったから。まがりなりにもこれで年明け初勝利!(^-^)
スコアと共に試合内容も、ちょっとずつですが良くなってきてるとは思いますです。はい。

とはいえ、ロッベンだけが素晴らしくて彼の獅子奮迅の働きに期待してるような状況はやっぱり心配です。
この勝利をきっかけに、ミアサンミア・俺たちは俺たちだ、と言うその俺たちとは何なのか、ということを思い出してもらいたいものであります。

以下あれこれ


バイエルンとドイツが誇るレジェンド中のレジェンド、ウド・ラテックを偲んで…


さすが良平さん!チラッと映っただけのドイツ語のプラカードを瞬時に翻訳!
「僕も一緒にプレーしていいですか。イビセヴィッチほど悪くないと思いますけど、ってなんなんですかねコレは(笑)」
他の解説者だったらスルーされるところです。おかげでイビセヴィッチがシュツットガルトのサポに評価されてないらしいということがわかりましたよ。


何しとん。


なんと、主審にメンチ!?恐いもの知らずなシュバカピテンが闘将っぽくてカッコよかったです♪(あくまで個人の感想です)

本日のペップ&審判劇場

ピッチに入ってるし!
しばらくして

またまた、ピッチサイドでゲキを飛ばすペップ。
と、そこへ

「いーかげんにしなさいっ」と主審の声

「足元見なさい、足元を~」「?!」

「まったく~、いつもいつも、お願いしますよもー」

「ってゆーかこっからだと選手に声が届かないのよ、けーたいで指示してもいいかしら?」「ダメに決まってるでしょ」

「いいですか、そこの線ですよ、そこから出ちゃいけませんよ」「ふ~い」

この線です。

----------
試合翌日、いつの間にか毎年恒例になった、シュヴァインシュタイガー主催の仮装ぱーちーが行われました。今年のテーマはウエスタンであるらしい。
非公開らしく、入り待ちフォトしか上がってないのであまりちゃんとした写真はありませんが


レヴァンドフスキとゲッツェ(とそのパートナー)


ラーム。


マルティネス。本人がSNSで「woody」とタグを付けていたので、「トイストーリー」のキャラでしょうか?

そして!シュヴァインシュタイガーの噂の新カノ、テニスプレーヤーのアナ・イヴァノヴィッチがついに登場!と言うのですが・・・

…誰だかワカラン!

コメント (2)