ランダム・メモランダム 3

FCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファン・ボメルを応援しています

ロッベンの試合:CL・PSV戦

2016-10-23 00:27:01 | バイエルン・ミュンヘン

ホームがバイエルンなのでバイエルンカテにします。

16年10月19日 バイエルン 4-1 PSV

・・・・・・。
終わってみれば実力通りの結果になりました。PSVにはもうちょい踏ん張って欲しかったのですが。
お待ちかねミュラーやレヴァンドフスキ、もはやエースストライカーかという毎度おなじみキミッヒのゴール込みで、バイエルンが楽しく勝ったものの、内容がイマイチだと言われております。
PSV目線で言えば、勝ったんだからそれでいージャンねえ、と思いますが。
ションボリしているとバイエルンサポの皆さまに申し訳ないし、かと言ってあまり手放しにムヒョムヒョ盛り上がる気にもならず、まぁ、写真ベタベタ貼って感情表現は抑えて、てきとうに流させていただきます。諸事情お汲み取りいただけたらこれさいわい。


たそがれノイアー


おお、ミロ!


やったね、ミュラー!

前半終了間近といういい時間にナルシングがゴールを決めた時は、面白くなってきやがった!と思ったのですが…。。
なんでしょう、PSVは相手をリスペクトし過ぎたんですかね?もっと自信持って攻めていけば、バイエルンをもう少し慌てさせることができたんじゃ…。

とにもかくにも、ロッベンによる、ロッベンのための試合でした。ノリノリのキレッキレ!
またいつ長期離脱するかわからないリスクを常に背負っているからこそ、1試合1試合が大事なのです(汗)。そんなロッベンが元気にプレーしているのは嬉しい。
ここはミュンヘンだし、在籍期間が短かったので本人にとってどの程度古巣感があったかはわかりませんが、PSVにとってロッベンはもっとも成功した偉大なレジェンドのひとり。試合を決めたのが彼なら本望さ…。
ミュンヘンに駆け付けたPSVサポからも温かい応援を受け、本人はとても嬉しかったようです。

ロッベンマニアに目線サービス 

(via @JeroenKapteijns)

まぁ、バイエルンにとっては、(内容はともかく)久しぶりに勝って、ウツウツした雰囲気を吹っ飛ばすことに成功したのではないでしょうか。これをきっかけに常勝、じゃないわ上昇気流に乗って欲しいの。
PSVは…。。。まだトンネル長いわ~…。まぁチームの雰囲気はそんなに悪くないはず、と思いたいけど…。。

コメント (2)

今夜はファンボメル・ダービー

2016-10-20 01:38:31 | Mark van Bommel

てなわけでぇえー!

写真を撮ったのは何年も前ですが、今夜に備えて、現在これと同じ状態でユニを飾っております(^^)v
いよいよ、ファンボメルダービー!
もとい、運命のCL・バイエルン対PSV戦でございます。


夢の対決。ロッベンダービーでもある。


(via @FCBayern)
ナニゲに、PSVとバイエルン両方でプレーした選手はこんなにいたんですね~。


(via @FCBayern(Instagram))

この大一番に、ファンボメルもミュンヘンに帯同!(゚∀゚)


(via @PSV)アイントホーフェン空港で。スーツは自ら機内に持ち込みです。(持ったまま搭乗している動画が上がってた)

バイエルンとPSVが対戦したのは1999年のグループリーグ以来だそうです。
第1節でバイエルン2-1PSV、第5節PSV2-1バイエルン。
第5節のPSVが勝利した試合のことは、ニリスのインタビューがUEFA.comに上がってました。


(オランダメディアによるキャプチャ画像です)
退場してるし!(T▽T)
第1節でのことで、ファンボメルにとってCL初試合だったようです。初試合で退場…。。やっぱりヤツは持ってる。(+ ̄ー ̄)フッ ←なんか違 
(ちなみに、2回目の対戦となった第5節ではイェレミースが退場になったらしい…)
(参照:'Lothar Matthäus lokte me uit de tent'

両方のチームに在籍、しかもキャプテンだったファンボメルがミュンヘンにキタ-(゚∀゚)!ということで、ドイツやオランダメディアに引っ張りだこです。
本日(10/19)発売のBildにはインタビューが掲載されておるようなのですが、ネットではカネ払って定期購読契約しないと読めないの…(涙)


(via @m_wijffelsAD)
プレカン会場にやって来て「すみませんね~、許可がないと入れないんですヨ~」と止められてるように見えるのだが(笑)


アリアンツ・アレーナで練習見学。話してる相手はシルエットから、"ティガー"ゲルラントコーチでしょうか?

アレーナのスタンドで、PSV公式facebookの「LIVEでユーザーの質問に答えちゃうよ」コーナー。

「えーっと、どこをどうやるの?」タブレットを使ってるのですが、慣れてないらしく、困惑した表情から始まります。

こんな感じ。

(via…誰だか忘れたゴメン(汗)) 
こんな感じ。

こんな感じで20数分間、ひたすらタブレットのカメラに向かってファンボメルがファンからの質問を読み上げそれに答える、という形。
体裁が整ったふつうのインタビューとは違い、手持ちのタブレットになんとなく話しかけるという、どこかやりにくそうな、しかしそれゆえかなり素に近い状態のファンボメルが画面いっぱいのアップでこちらを見つめてひとりごとのようにボソボソと語りかけてくるので、ボメラーボメバカボメ変態にはかな~りたまらんコンテンツとなりましたPCモニターに顔を埋めたくなりますが、思わずはばかってしまうほど…("▽")


FCB.tvのインタビューにも出演。

夜はPSVのビジネス・チームと共に、セレブシェフ・シューベックさんのお店で豪華ディナー!

シューベックさん。そういえばケルン戦でシュワちゃんの隣でスタンドにいた時も白衣をお召しでしたが、厨房にいない時でも着てるのはキャライメージのためなんだろうな、とか思うワタシはニホンのしょうもないバラエティー番組を見過ぎなのでしょうか…。。。(よく、診察室でもないのにタレントドクターたちが白衣着てるジャン)

思いがけずのボメボメ祭りで、ワタシには楽しいばかりですが、試合の方はどうなるか(汗)
PSVがアリアンツ・アレーナでバイエルンにボコボコにされる図しか見えませんが(T-T)、ちょっとは骨っぽいところを見せて、オランダにPSVあり!さすがロッベンとファンボメルの古巣!ということをドイツに知らしめてくれたら嬉しいのです。

コメント

魔さかのドロー・第7節フランクフルト戦

2016-10-17 16:18:02 | バイエルン・ミュンヘン

どーもどーも。おひさしブリン(略)
代表ネタを完全に放置してしまいまして、申し訳ありませんでした(^_^;)

そんなこんなするうちに、ブンデスリーガが再開で~す。

16年10月15日 第7節 フランクフルト 2-2 バイエルン

げっΣ(゚∀゚;)

これはまさに!魔さかのドロー!しかも10人の相手に追いつかれるという…

ロッベンと今やチーム得点王?キミッヒのゴールが決まった時はテンション上がりましたが…。
(注:開幕戦の貯金が効いていちおうチーム得点王はレヴァンドフスキです)

これはイカン。ちょっといただけない。
もっとも、フランクフルトがまさかここまで奮闘するとは予想外ではありました。単にワシが甘く見ていただけなんでしょうが。。
向こうにしてみれば限りなく勝ちに等しいドローで、試合が終わって足がつって倒れながらも充実した笑顔のファビアンが印象的でした。

手負いのヒーローの姿はヲトメ心をくすぐられます… 
ワタシはミュラーはストライカーではないと思っているので、リーグ戦でゴールゼロでもそんなに気にしてないんですが、周りがうるさいねぇ。
どちかというと、レヴァンドフスキの方が気になるよ。彼こそゴール決めてナンボの人だし。まぁ彼とて、代表戦では無双したらしいので(ホイくんのデンマークが…)、そのうちケチャップのフタが開くはずです。(でもそれがPSV戦になるのはちょっとイヤ…)

マイヤーのシュートにノイアー、きわどくセーブ!判定はノーゴール!
 

むむむ~、こっこれはどうなのか?!(汗)ホークアイビッテ!

結局どっちなの?!(汗) INとかOUTとか書いてくれないとわからん!
サッカーの場合は、ボールがラインを完全に割らないとノーゴールなんでしたっけ?

シュタルケ兄貴に胸キュン!


サンチェスとフスティがにらみ合う!ケンカ発生!
(ベンチに座ったままで「あ~らら」と見つめるクールなバトシュトゥバーもナニゲにツボ)

「オラオラかかってこいよ~!」とイキがるサンチェスを引き寄せるシュタルケ兄貴

胸にかき抱いてこれ以上はやめとけ、と諭す。

サンチェスうらやま…じゃなくて。そのすきにチャンドラーが参戦しアラバが応戦

俺が相手だ!と、チャンドラーをどつく!

「何しやがんだテメェ!いきなり降って湧きやがって!」
どーせ出場しないからカードとか関係ないし、選手の代わりに切り込み隊長を買って出る兄貴に胸アツ!(そんな意図があったかどーかは知らんが)

ファビアンとウルライヒが割って入る!そしてボアテンクもどさくさにまぎれる!やっぱりケンカ番長としては黙っちゃいられないのね(^_^;)

「ちょちょっ、やめなさいってキミたち、はいはい」カルロが出て来ちゃしょうがねえ…

兄貴、退席処分。
Jスポ解説良平さん「コーチ陣でしょ?」
Jスポ実況下田さん「ですねですね。アンチェロッティの息子でしょうか?」
ですねですね、じゃないよトホホ…


この日が誕生日だったコヴァチ監督。TV局にお祝いしてもらったみたいですが、この妙にちっこい物体はなんだ?ケーキ?レバー?

足踏み状態が続くバイエルン。こんなことではCLが思いやられます、とJスポ実況コンビの嘆き節が止まりませんでしたが、なーに、心配には及びませんよ。
なんとなれば、PSVの方がもっとヤバいですから~!
まーたがっかりドローで、フェイエノールトと9ポイント差で、とうとう4位に落ちちゃったよ!(T-T)


「まあまあ、ピリピリしないで、一杯飲んでリフレッシュしよーぜ♪」

コメント (2)

流血のヘーレンフェーン

2016-10-07 01:12:19 | PSV

たいして書くこともないのですが、画像が沢山なのでこちらで…

16年10月1日 ヘーレンフェーン 1-1 PSV

あ~あ~あ。。。
PSVよ、オマエもか~(´Д`)
バイエルンと同日に行われた試合、こちらも同じスコアでがっかりドロー。。。
試合を圧倒して「いつゴールが入ってもおかしくない」(byヒデヒコ)だっただけに、虚しさひとしお・・・

PSVからヘーレンフェーンへ移籍したスハールス、新加入ながらいきなりキャプテン!
まずまず活躍していましたし、充実したサッカーライフを送ってるものと思います。幸せそうで安心しました・・・

デヨンク兄弟、ついにプロとして初めてスタメンで共演!
もうちょっとそこらへんフィーチャーして欲しかったのですが、あっさりしたもので、フジさんじゃしょうがないか…
ちなみにこの日はヒデヒコ&小野アナのコンビでした。そんなにネガネガではなかったですけど、慣れ親しんだブンデスリーガに比べてモチベーション低そうでしたねぇ(あくまでワタシの感覚です)。
Jスポだったら情報通の木崎さんとかポジポジハチューダさんとかが担当してくれるのにな~

チームの要、グアルダードが怪我をして途中交代。代表戦も辞退する事態に…(←ダジャレになっちゃった)。
ヘンドリクスも重傷なのに、中盤の底からプレーを締める選手が…。プロパー、がんばってくれ(汗) 

またも流血!!!

ギャー((゚д゚;)))空中でヘディングで競り合った際にごつんこ☆してパックリ!


いつの間にかスハールスも鼻血ブー!


ルーク、再流血!あんなに血まみれだったのに、包帯も巻かずにプレーできてたことが不思議ですが、案の定です…
こんなにダラダラ流血してるのに、なかなか止血処理をしないことをつっこんでいたフジさん実況コンビでありましたが 
 
ちゃんとやってます。
ただこの時は(画像左上の時計参照)、余裕のないPSVは、ストライカーをピッチの外に出したくなかったはず…。。
止血処理が遅かったのはそこらへんのこともあるかもね~ 
結局ルークはこの時の怪我で、脳震盪の疑いもあったようで、オランダ代表への参加を辞退しました。。。
代わりに呼ばれたのが兄・シーム!
PSVファンとしては喜ばしいことですが、ルークの代わりにシームとは、ナニゲにポジションも違うし、どーなの?という気もしますです。
とはいえシームにとっては何年ぶりか、かなりかなり久しぶりのオランイェ復帰はめでたいことですよね。。
今度はオランイェで兄弟共演しているところが見たいです。

試合終盤!絶好の位置でFK!…って、いやいや。

近すぎるー(汗)こんなにぎちぎちで、入るワケがない。


ねぇえ…。やっぱりダメだった…


(何故かkicker)
フェイエノールトが遠ざかる…そしてアヤックスとも差が…
今シーズンは優勝はむずかしいかもねぇ。。

コメント

キノコじゃなかった!第6節ケルン戦

2016-10-06 00:58:10 | バイエルン・ミュンヘン

第6節・ケルン戦に先だって、kicker日本語版にこんな記事が出ました。

バイエルン、キノコ被害で芝の張り替えへ

記事に添えられた写真がまたイイ味出してるんだわ~。キノコ畑になったピッチに頭を痛めるノイアー。

これまで試合を見てて、全ての面で常にハイクオリティなバイエルンのくせにピッチがずいぶん汚いなぁとは思っていましたが…。
まさかのキノコ?マジかよ!気持ちワル!(゚д゚;)

 
(急いでなぐり描いたので、雑な仕上がりとなっております(汗))

というわけで、いそぎ芝を張り替えたアリアンツ・アレーナであります。
 
 

緑輝くキレイなピッチで行われたホームでのケルン戦は…

16年10月1日 バイエルン 1-1 ケルン

なんと!


ロッベンついにスタメン復帰!(≧▽≦)待ってました!
でも肋骨?を痛めたとかで前半だけで交代・・・


今やレヴァンドフスキのライバル?ゴールゲッター、キミッヒのゴール!


どこのイブラか!レヴァンドフスキの後ろ向きカンフーシュート!


しかしー!決まったのはモデステのカンフーシュート!!いや~、今シーズンのブンデスリーガベスト10にはランクインされるであろう、スーパーゴールでした…

全体的にバイエルンのパフォーマンスは悪くなかったとは思いますが(そんな良くもないけど)、いつの間にやら地力をつけていたケルンの鋭いカウンターと堅守に阻まれ、がっかりドロー!
アトレティコ戦に続いて勝利なし!Σ( ̄□ ̄;)
わたくしごとではございますが、この週はPSVとバイエルンが、負け&がっかりドロー3連発でもって一切勝ててないので、おかげさまでなんともクサクサする週でございました。

話題沸騰!シュワちゃん、何故かマフラー巻いてバイエルン応援中。ファンだったのか?
 

さて 
今シーズンはじぇんじぇんLIVE放送してくれないJスポさん。今節の解説は我らの良平さんでした。
若い頃にお世話になったケルン萌えなのは周知の通り。この日も「ケルンのユースアカデミーはとても優秀で♪」と嬉しそうでしたねぇ(^ー^)
大迫の活躍に目を細めておりましたが(見えないけど目に浮かぶよー)、大迫といいコンビだという、エガちゃんじゃないわエビちゃんじゃなくて、エズちゃんをホメホメでしたね~。


顔もかわいらしいティーンエイジャーで、ドルトムントのモルくんと共に、名前だけ覚えておこうと思うのよ。←オバサンだからかわいい子に弱い

じゃなくて(^_^;)

さすがドイツ語マスターの良平さん!
この日も、選手の名前の発音が、若い人とお年寄りでは違うことがあるんです、という話をしたりしていましたが。
例のキノコ問題について、「あ~それは、キノコじゃなくて、何か菌が繁殖して、芝が根腐れを起こして枯れてしまった、とかいうことだと思いますよ~」と指摘!
「ナントカという単語にはキノコだけじゃなくて、菌の意味もありますから…」と。
なるほどー!(゚∀゚)
実況担当下田アナも「ですよねー?キノコが生えてたら、絶対カメラが撮ってるはずですし」と納得!

というわけで、ドイツでの元ネタ記事のリンクはこちらです
Nach Kritik: Neuer Rasen für die Bayern 

Pilzという単語にはたしかに、ワタシの手持ちのヘボヘボ辞書にも、「キノコ」と「菌類」と両方書いてありました。
キノコの方がネタ的には面白いかも知れませんが、やっぱり気持ちワルイし、ほっとしましたよ・・・

おまけ

試合翌日、恒例のオクトーバーフェストに参加したバイエルン御一行様。
この写真ではわかりにくいのですが、ラームの奥たんのお胸がボインボインし過ぎてて、ちょっと焦りました(汗)

コメント

Coriander、絶叫する。

2016-10-01 00:34:50 | バイエルン・ミュンヘン

どーもどーも、お久しブリ(以下略) 
こんなぐーたらblogでも続ける意味はあるのだろうかと悩んでしまう今日この頃…。

それはさておき

CLの2節が開催されましたが、バイエルン→PSV、と、立て続けにガッカリしたので、気力が…

16年9月28日 アトレティコ 1-0 バイエルン

むきーっ!また負けた!
これで昨シーズンのCLから、PSVと合わせて、全然勝ててなーい!(正確には準決勝の2nd legでバイエルンは勝ってるのだが、アウェイゴールルールのために敗退)
バイエルンがアトレティコをやっつけてくれなくてはどむならんじゃないのー!
悔しいー!腹立つー!
ワタシは全力で叫びたい。
いーかげん、

アトレティコに勝ちてぇええええええぇええぇええええ!!!!!!!!

バイエルンでもPSVでもどっちでもいーよ!
なんかもう、これでバイエルンとPSVが仲良く勝ち抜けるというワタシのささやかなもくろみは早くも崩れ去ってしまった感がありますので(バイエルンが敗退するわけにはいかないの)、せめてにっくきアトレティコに一矢報いることができたら、いちおうの溜飲が下がる…と思う。下げることにする。
目下ワタシにとっての最大の敵はレアルでもバルサでもマンCでもないわい、アトレティコなのだ。


試合を変えることは出来なかったけれど、ロッベンが元気そうでうれしい。まぁ、おいおいね。 

 

コメント (2)