ランダム・メモランダム 3

FCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファン・ボメルを応援しています

4節バイエルン対マインツ&5節シャルケ対バイエルン

2017-09-22 01:00:46 | バイエルン・ミュンヘン

オクトーバーフェスト、開幕でーす!

オクトーバーフェスト週間は勝率が良いバイエルン、さて今シーズンはいかに。

17年9月16日 ブンデスリーガ 第4節 バイエルン・ミュンヘン 4-0 マインツ05

アリアンツ・アレーナ(ミュンヘン)

わーい!(^▽^)ロッベンミュラー神採点!kickerの採点も合わせてどぞ

交代:ズーレ(62ボアテンク)、リベリー(62ロッベン)、ルディ(72ヴィダル)
サブ:ウルライヒ、マルティネス、ハメス、トリッソ

得点:ミュラー(11キミッヒ)、ロッベン(23キミッヒ)、レヴァンドフスキ(50ミュラー)、レヴァンドフスキ(77キミッヒ)
カード: ラフィーニャボアテンクベルDiallo

MoM:キミッヒ
今節のベストイレブンにキミッヒ(1回目)、ミュラー(1回目)、ロッベン(1回目)、レヴァンドフスキ(2回目)

むひょひょ!感無量!

ウツウツとした気分を吹っ飛ばす快勝!試合内容も良かった!



(ポチすると大きくなります)

何よりも、この胸熱祭り!
いろいろと問題を抱えている彼らの、何かのアピールなのかも知れませんが、それでも!
ゴールを決めたロッベンがリベリに向かって走って行き熱いハグを交わした時は「あのわがままロッベンがこんな気遣いをできるようになるとわ!」と感慨深いものがありました。。
かつては「ゴール決めてもひとりで喜んで、チームメイトに感謝しない」なんて皇帝閣下から批判されたりしてたのに。アンチェとの関係がもうひとつなのかこの日ベンチスタートだった、逆サイドの相棒リベリを思いやっての行動、と思っちょります。
試合後のインタビューでも「僕たちにはフランクが必要」とかなんとか言ったみたいですしね。

----------

しかぁーし!いよいよ順風満帆かに見えたバイエルンにトラブルが…


(via @Mnuel_Neuer)

なんということでしょう(泣)

我らの守護神ノイアーが!練習中に中足骨骨折!
昨シーズン終盤を欠場したのと同じところを再び折ったようです。骨折も、クセになるということがあるのでしょうか…
なんと!年内アウトとか!(泣)
いや、個人的に、バイエルンのことよりも、とにかくW杯が心配なのです。再負傷の心配があるなら、バイエルン復帰は慌てずに、なんだったらスルーしてもいいとさえ思ってしまいます。
しっかりじっくり治して、間に合わせて欲しいの…。がんばれ、マヌ~っ!

しかしこのために、引退したシュタルケがウルライヒ、フリュヒトルに続いて第3GKとして再復帰ということで、それはそれで嬉しいかも…(ホッフェンハイム戦でもさりげなくベンチに座ってたし)

----------

17年9月19日 ブンデスリーガ 第5節 シャルケ04 0-3 バイエルン・ミュンヘン 

ちょっと辛(から)くない?kickerの採点も合わせてどぞ

交代:チアゴ(65レヴァンドフスキ)、ヴィダル(69トリッソ)、フンメルス(76マルティネス)
サブ:フリュヒトル、ボアテンク、フリードル、リベリー

得点:レヴァンドフスキ(25PK)、ハメス(29トリッソ)、ヴィダル(75ハメス)
カード:エンボロチアゴ

今節のベストイレブンにズーレ(1回目)、ルディ(1回目)、ハメス(1回目)
シュピーラーデスターゲス今節のMVPにハメス!(1回目)(゚∀゚) 


(via @s04)モエ…


「ひぇ~」「やばっ

ローテーションを採用したアンチェでしたが、じゅうぶんなメンバーでした。

魅せるプレーでハメス大活躍!バイエルン公式戦初ゴールおめでとう!!しかもMVP!
ルディもいいね!

とはいえ盤石一枚岩がっちり、と言い切れないのかどーなのか、勝った割にはkickerの渋い採点が物語っているかもしれません。
ピンチはいくつもありましたが、そこはウルライヒが際どいところで神セーブ祭り!(≧▽≦)
ノイアーが留守の間は任せろ!FCバイエルンには頼もしい門番が何人も控えているのです…
思えばウルライヒとて、シュツットガルトの正GKだったわけだし。

この節の結果、バイエルンは無事に2位浮上。1位はドルトムントです。なんと無失点とか。やりおる。ま、ライバルは強い方がやりがいあるわい(←まだ余裕)。

コメント

5節:PSV対フェイエノールト!

2017-09-19 19:47:25 | PSV

17年9月17日 エールディヴィジ 第5節 PSVアイントホーフェン 1-0 フェイエノールト・ロッテルダム

フィリップス・スタディオン(アイントホーフェン)

VIの採点も合わせてどぞ

交代:ラマース(5)(18デ・ヨンク)、ラムセラール(6)(59ベルクヴァイン)、ロサーリオ(86ペレイロ)
サブ:ローム、ファン・オシュ、ルカッセン、オビスポ、リゴ、マヘル、パール、グドムンドション

ロサーノは出場停止

得点:ペレイロ(2ロカディア)
カード: ベルクハイス(16/43) ファン・デル・ヘイデン(23)、ベルクヴァイン(50)、ハプス(60)、トールンストラ(68)、ラムセラール(87)

今節のベストイレブンにシュヴァーブエル・アーマディ


ハリケーン「イルマ」の被害に遭ったシント・マールテンを救済するための連絡先?寄付金の宛先?が記されたシャツを着用。


移籍したコッホとフルートの感謝セレモニーも行われたもよう。

勝ったー!(≧▽≦)

試合開始早々にペレイロの素晴らしいボレーシュートが決まり、前半はノリノリなPSVがゲームを支配!
しかもベルクハイスが退場して相手は10人!がぜん有利になっちゃったもんね。

と思いきや~!
アウェーで数的不利をものともせず、どこまでもアグレッシブに勇敢に勝負を挑んでくるフェイエノールトにたじたじ!
ズートの神セーブ祭りや運にも助けられ、これ以上失点しないのが精いっぱい!追加点を狙う余裕なんてとても…
あまりに受け身すぎてホームのサポからブーイングが飛ぶほど…
前節のPSVもアウェーで前半から10人になってしまったわけですが、このフェイエノールトの勇気があれば…と思わずにはいられませんでした。(´Д` )

それでもなんとか守り切った!熱い試合を制して王者に勝ったので感激ひとしおです!
この結果、フェイエノールト、アヤックス、PSV、が勝ち点でトップに並びました!よしよし、こんな時期からまだ置いて行かれるわけにはいかないもんね(^ー^)(得失点差で3位だけどな)

際どい!

ぎゃー!入ってるー?!Σ(゚д゚;)
エールディヴィジにはホークアイやVARは標準装備されてないのね…。
リプレーで見てみましょう

おおお!わかりますでしょうか。

超きわどくライン上でかき出していたー!
ワタシもフジさん実況陣もてっきり入ったものと思ってましたが、審判よく見てたわー。おみごと!!

しかし・・・。


やっとスタメン出場したというのに、ベルクハイスの膝が胸部を直撃、負傷退場してしまったルークの容態が心配です。
そのまま病院へ直行、その日は一泊したといいます。
胸に複数のアザがあり、肋骨骨折だとか肺や心臓がどうにかなったとか、自動翻訳そのままの字面を見てると恐ろしい限りですが、病院は退院したそうですので、少なくとも内臓に異常があるような重症ではないのでしょう…
詳しいことは改めて検査してから発表するそうですが…、出来る限り軽いことを願うばかりです。数ヶ月は仕方ないかも知れませんが、シーズンアウトとかはヤメて…(TДT)キャプテンじゃなくなっても、PSVにはルークが必要なの…

 

コメント

FCハリウッド2017!

2017-09-16 17:23:11 | バイエルン・ミュンヘン

遅くなりました。まとめてドン

17年9月9日 ブンデスリーガ 第3節 ホッフェンハイム 2-0 バイエルン・ミュンヘン

ヴィルソル・ライン=ネッカー・アレーナ(ジンスハイム)

kickerの採点も合わせてどぞ

交代:ロッベン(3)(57ルディ)、ハメス(78ミュラー)、リベリー(78ラフィーニャ)
サブ:ウリライヒ、フリードル、ズーレ、パントヴィッチ

得点:ウート(27クラマリッチ)、ウート(51ズバー)
カード: ヒュブナーズバーカデラベクフンメルス

MoM:ウート
今節のベストイレブンにバウマン(1回目)、ヒュブナー(1回目)、コマン(1回目)、ウート(1回目)

Σ(゚д゚)負けやがった!

いや、まあ、あまりにみんなして「一強ツマラン」言うからさ、たまには盛り上げようと思ってね。

マッツん劇場2発

その1・話題沸騰?ウートの1点目は素早すぎるスローインから(リプレー映像をつないでるので左上の時計とは時間軸がズレております)

ラインアウトしたボールを遠くに蹴飛ばすフンメルス。しかし…

まったり戻るフンメルスをよそに、ホッフェンハイム・クラマリッチにすかさず次のボールが送りこまれる!

マッツん!後ろ!後ろ!

(ワタシの描き方がヘタなせいでフンメルスにボールぶつけてるみたいになってしまいましたが)フリーで走り込んできたウートに向かってスーパースロー!

サクッと決めた!
バイエルン側は、この時フンメルスがクリアしたボールがまだピッチ内に残っていたじゃないか、と主張したようですが…。
ボールがラインを割ってからゴールが決まるまでわずか4秒弱の電光石火。ボールボーイが素晴らしいアシストをした、というので評判になりました。トホホ

その2

ハメスのFKに合わせるハビマル!

惜しい!ハビのヘッドはクロスバー!そこに、こぼれを狙って猛然と飛び込むフンメルス!

しかしボールはGKがキャッチ!勢い余ったフンメルスはそのまま

ゴールポストにだっこちゃん

バイエルンが悪かったと言うよりも、ホッフェンハイムがとても良くやっていたんじゃないかと思います。
言い訳ではなく、バイエルンの方がチャンスや見せ場も多く作り、ゴールの予感まんまんでした。しかしホッフェンハイムは冷静に対処、少ないチャンスを効率良く勝利に結びつけました。おみごとです。
長いこと噂になっておりますが、ナーゲルスマン、バイエルンに来ないかな~。
もっとも、劣勢でも強引にでも勝利に持ってくるのが強者の証なのであって、そういう面では、バイエルンはやっぱりダメダメなのかも知れませんね。
正直アンチェのサッカー見ててつまらんし、チームの中がバラバラになりかけてる(らしい)今の状況では・・・

でバイエルンは何位になったのさ

6位ですってよ奥様!

----------

もんもんとした状態でCL開幕!

17年9月12日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグB バイエルン・ミュンヘン 3-0 アンデルレヒト

アリアンツ・アレーナ(ミュンヘン)

kickerの採点も合わせてどぞ

交代:ボアテンク(77マルティネス)、ミュラー(78リベリー)、コマン(85ハメス)
サブ:ウルライヒ、フリードル、フンメルス、ルディ

得点:レヴァンドフスキ(12PKレヴァンドフスキ)、チアゴ(65キミッヒ)、キミッヒ(90ボアテンク)
カード: クムス(11)  リベリートリッソトレベルStanciu

MoM:セルス(←負けたのに?)(kicker)

せっかく勝ったのに評判悪いのでスカッとしない。
自分がアンデルレヒト側だったら、勝っただけでいーじゃねぇーか、文句言うなら勝ち点よこせ、と思います。

ハメスとボアテンクが復帰!


そっくりさんトリッソと見分けをつけるために髪を染めました(うそ)。

これはチアゴ。トリッソではありません。


とりあえずリベリはフリードルに謝った方がいいと思うの

 

そんな激おこリベリをなだめるブラッツォ。がんばれ、新人ダイレクター!(真ん中のスタッフさんがジャマだ…)

スカッとしないのは、ミュラーが文句言ってるとか、レヴァンドフスキ勝手にしゃべるなとかパスを出さないキミッヒに怒ってゴールを喜ばなかったとか、ここのところずっと続いてるバイエルンの空中分解問題が、このリベリのユニフォーム投げ捨てを象徴として、そればかり取り上げられ「後味の悪い試合だった」という印象操作をさせられているから。

まあ実際、素晴らしい試合内容じゃなかったのかも知れませんが…。良平さんダメ出しまくりでしたし。
アンチェの試合が見ててあまりワクテカしないのは通常通りと言えなくもない(苦笑)。

空中分解問題は気になりますが、思えば「FCハリウッド」なんて言われてた頃は(ワタシは当時の事情は殆ど知りませんが)、ゴタゴタは日常茶飯事、チームメイト同士で殴り合いのケンカをしてたことだってあるんだから、旧き良き時代が戻って来たと思って、ネタとして見てればいんじゃね?(てきとう)

コメント

4節:ヘーレンフェーン対PSV

2017-09-13 01:10:44 | PSV

17年9月10日 エールディヴィジ 第4節 ヘーレンフェーン 2-0 PSVアイントホーフェン

アベ・レンストラ・スタディオン(ヘーレンフェーン)

VIの採点も合わせてどぞ

交代:デ・ヨンク(6)(60ラムセラール)、ペレイロ(80ベルクヴァイン)
サブ:ローム、ファン・オシュ、ブレネット、シュヴァーブ、オビスポ、リゴ、ロサーリオ、マヘル、ラマース、グドムンドション

得点:ゼネリ(4)、グーチャンネチャド(6Dumfries)
カード:ロサーノ(37)  ルカッセン(56)、イジマ=ミラン(73)、ヘンドリクス(90)
イベント:グーチャンネチャドPK失敗(74)

今節のベストイレブンにスハールスPierieDumfries

え~・・・・・・。。。
せっかくフジさんで放送があるというので、久しぶりにTVの大画面で見たのに、なんてこったい。
試合開始6分で怒涛の2失点、そのまま最後まで何もできずに完敗ですわ!
しかも、まさかの3連勝を引っ張って来たロサーノが退場してしまってはもう、どうにもならんということか…
今シーズンは試合をまったく見ていないのでわかりませんが、結局今まで勝って来れたのは、ロサーノ頼みだったのかしらん、と思っちゃいました。。
ファンヒンケル、ヘンドリクス、もっとシャキッとしてや~。ルカッセンはなんだか大暴れして悪目立ちまくり…

思わず「ぷっ。なんでやねん(^△^;)」と吹き出してしまう青嶋アナのおもしろ実況と、ズートのPKストップ!がなければ、やるせなくて見てられなかったかも知れません・・・ 
というわけで本日の青嶋アナ

「名門PSVどうした!!」
どうしたんでしょう(泣)

「3点目ー(゚∀゚)! にならない~ならない~」

「ベルクヴァイン、ベルクヴァイン、右にフリーでアリアスがいたんですが自分で行こうとして結局ゴールキックもったいない!・・・・・・・・・と、実況アナは申し上げましたが、ハトさんこれどーですか(略)」
独壇場からいきなりふられて解説のハトさん若干困惑気味?


「取れるもんなら取ってみな」


ヘーレンフェーンのDumfriesがロカディアを柔道の技のように華麗にひっくり返した!と思ったらすかさず
「エールディヴィジが一瞬世界柔道になりました」
・・・そういえば世界柔道はフジさん(地上波)で放送されたのでした…。

ところでこのシーンですが、ロカディアがDumfriesにツバを吐きかけたのかどーなのか、審議が行われるらしいです…


話題沸騰?敵ゴール前でリフティング!

ちなみに、元PSVのスハールスは今ヘーレンフェーンでキャプテン、バリバリ活躍中。この試合でもVIで8、ADではなんと8.5の神採点。VIの今節のMVPに輝いております。
しかもロサーノの一発退場について「レッドじゃなかったかもね」と思いやる余裕も。なんて紳士なんだ~。。
言っても仕方のないことですが、グアルダードがいなくなった今になって、スハールスの不在がじわじわと痛んでおります。

コメント

W杯予選:ドイツ対ノルウェー

2017-09-09 23:44:15 | ドイツ代表

余談ですが。ベルギー代表、W杯出場決定おめでとう!(^▽^)
なんと!ヨーロッパ一番乗りで決めました!FIFAランク1位の座からはだいぶ前に下りてしまいましたが、まだまだじゅうぶん強い!(゚∀゚)
マルティネス監督になってから、メルテンスが絶好調なのが嬉しい限りです。
12年ぶりのW杯出場を決めた、とファンブイテンがしみじみしてからもう4年も経つのね…しみじみ。

17年9月4日 2018W杯 ヨーロッパ予選 グループC ドイツ 6-0 ノルウェー

メルセデス・ベンツ・アレーナ(シュツットガルト)

kickerの採点も合わせてどぞ

交代:ゴレツカ(2.5)(46ミュラー)、ケディラ(61ルディ)、ゴメス(66ヴェルナー)
サブ:レノ、トラップ、ギンター、ヘンリクス、ズーレ、ブラント、ジャン、シュティンドル、ユネス

得点:エズィル(10ヘクター)、ドラクスラー(17エズィル)、ヴェルナー(21ミュラー)、ヴェルナー(40ミュラー)、ゴレツカ(50ドラクスラー)、ゴメス(79キミッヒ)
カード: SelnaesLinnes

MoM:ヴェルナー

祭りだワッショイ!ヽ(゚∀゚)ノ

前節チェコ戦は勝ったもののあまりいい内容ではなかったのですが、今回は文句なし!マリゴメもゴール決めたし!♪
ケディラ、ゴメス、ヴェルナー、と、地元シュツットガルトにゆかりのある選手を次々投入させるレーヴ監督の粋なはからい。
ミュラーが前半で下げられちゃったので、あれれ、出来悪かったのかしら、と思いましたが、kicker採点は全然良いですね?前半だけで4得点、勝ちが見えたから無理させずに御役御免ということだったのでしょうか?

ベルギーに続いてドイツも!?と思いましたが、まだW杯出場は確定しないのですね。じらすなぁ♪

コメント

まだ生きてます!オランイェ

2017-09-08 22:44:09 | オランダ代表

17年9月3日 2018W杯ヨーロッパ予選 グループA オランダ 3-1 ブルガリア

アムステルダム・アレーナ(アムステルダム)

VIの採点も合わせてどぞ

交代:ファン・ヒンケル(86プロパー)
サブ:ステケレンブルフ、ズート、フェルトマン、デ・リフト、レキク、マルティンス=インディ、フォス=メンサー、スナイデル、フェン・デ・ベーク、メンフィス、ドスト

得点:プロパー(7ブリント)、ロッベン(67ブリント)、Kostadinov(69ポポフ)、プロパー(80プロメス)
カード: Terziev(33)、フィリェナ(54)、マノレフ(58)、ミラノフ(73)、Chochev(78)、ポポフ(83)

ストロートマンが警告累積で欠場

プロパー&ブリント、ワシの好きな2人が大活躍!嬉しい!もちろんロッベンのゴールも!
ストロートマンが出停で出番が廻って来たフィリェナも良かったのでわ。

おフランス戦とは真逆の、終始とってもイイ感じ!
内弁慶かなんか知らんが、なんで最初からこれくらい出来んかな~と…(^_^;)

厳しいことには変わりないですが、オランダは首の皮一枚つながりました。まだ生きてます。

奇跡起こしちゃう?(゚∀゚)

後半開始前にこんなことが

ネットが破けてる

黒ガムテープ、出動

ぐるぐる巻いて

完成!

コメント (4)

W杯出場決定!

2017-09-07 01:51:00 | Mark van Bommel

ドイツ快勝!オランダも勝利!ベルギーW杯出場決定!ついでに、デンマークもモジャモジャデラネイ活躍で連勝!

…と、ワシ的に嬉しいことがてんこ盛りの今節ではありましたが。

何はなくともぅーーー!!!

ファンマルヴァイク&ファンボメルの
サウジアラビア代表、W杯出場決定!!!(≧▽≦)


(勝ち抜け決めたところじゃなくてゴールが決まったシーンだけど…)

いや良かった、嬉しい。おめでとう!御義父様!おめでとう!マルク!


胴上げしてもらってる…。感激。

Coriander的ファンボメル定点観測

試合に向かう選手たちを、グータッチやらハグやらで励ますファンボメル


国歌斉唱時のファンボメル


給水タイム(「クーリングブレイク」と呼ぶのを今回初めて知った)のファンボメル


喜びをかしめるサウジチーム。はじっこ。

日本のTVクルーが現地にいたので、どうしても日本代表中心のカメラワークになってしまい、ファンボメルが殆ど映っておらず、どんな風に喜んだか、御義父様の胴上げも見れなかったのですが、よしとします。
何より大事なのは、本人がハッピーだったかということ。そしてハッピーだったのは間違いないから。

本大会でもファンマルヴァイク&コーチ陣が指揮を執るのかどうか未定のようですが、是非続投して欲しいものです。
ちなみに、ファンボメルがこちらにいる間もPSVのU-19チームはいくつか試合をしたのですが、おかげさまで順調のもよう(^ー^)

とても嬉しいです。
もう一度。おめでとう!ボメ!御義父様! 

おまけ

ドイツ代表ファン?…ユニフォームがぱちもん臭まんまんだけど(^_^;)

コメント (2)

W杯予選:チェコ対ドイツ

2017-09-03 01:49:17 | ドイツ代表

関係ありませんが、日本代表、W杯本大会出場おめでとう!\(^▽^)/
あまり心配してませんでしたが、なんの因縁か、サウジアラビアと同組になってしまったので、いろいろ複雑な気持ちではございました。
もちろんワタシの希望は日本とサウジが仲良く本大会に出場すること。
しかし日本の前日、サウジがUAEに負けてしまったため、今回日本が勝たなければ最終節で仁義なきつぶし合いになるところでした。。
そうならなくて良かった。日本にとってサウジ戦はもはや「絶対に負けられない戦い!」ではないので、リラックスして気抜いて手抜いてユルッと流してくだされお願いします。プライドとかリスペクト要りません。ファンボメルの笑顔だけが欲しいのです。

・・・・・・ヨコシマすぎるだろ!

そ、それはさておき(汗)

17年9月1日 2018W杯 ヨーロッパ予選 グループC チェコ 1-2 ドイツ

エデン・アレーナ(プラハ)

kickerの採点も合わせてどぞ

交代:リュディガー(61ブラント)、ドラクスラー(67シュティンドル)、ジャン(79ヴェルナー)
サブ:レノ、トラップ、ヘンリクス、ズーレ、ゴレツカ、ルディ、ゴメス、ユネス

得点:ヴェルナー(4エズィル)、、ダリダ(78Jankto)、フンメルス(88クロース)
カード:カラスダリダミュラーフンメルス

MoM:フンメルス(kicker)

よし勝った!

ゲームをずっと支配していたわりには攻めあぐねるシーンが多く、あまりわくわくする展開ではありませんでした。
同点に追いつかれた時はちょっとハラハラしましたが、フンメルスの一発に救われました。
無事に勝ったから、ヨシとします。
だけど世界王者とコンフェデ王者が共存しているという世界最強スカッドなのであるからして、もっと盤石であってしかるべきでわ…。

というか、DAZN(見逃し配信)の再生状況が悪く、こっちのブラウザだと画質がモヤモヤしてしょっちゅうPCが固まるし、こっちのブラウザだと画質はいいけど動きがギシギシしてコマ送りみたいだし…、と、試合に関係ないところでイライラして集中できなかった、というのが正直なところですが←もとからそんな集中して見てないくせに

何やら試合中に心ない観客からのひどいブーイングがあり、チームは終了後の挨拶を省略した、とか、なんとか…。フンメルスが激怒コメントを出した、というので話題になりました。
チェコまで来て何やってんだか~。気分良く勝ちたいのに、水を差さないで欲しいわ~

よっしゃ!次行ってみよー!

コメント

W杯予選:フランス対オランダ

2017-09-02 01:32:20 | オランダ代表

17年8月31日 2018W杯ヨーロッパ予選 グループA フランス 4-0 オランダ

スタッド・ドゥ・フランス(サン・ドニ)

VIの採点も合わせてどぞ

交代:フィリェナ(5.5)(46スナイデル)、ファン・ペルシー(64ヤンセン)
サブ:ズート、ステケレンブルフ、フェルトマン、デ・リフト、レキク、マルティンス=インディ、プロパー、ファン・ヒンケル、メンフィス、ドスト

得点:グリーズマン(14ジルー)、レマル(73)、レマル(88)、ムバッペ(90+1Sidibé)
カード: ストロートマン(56/61)  グリーズマン(17)、ラカゼット(85)、クルザワ(85)

攻めても守っても隙がなく堅実で精巧、堂々たるフランス相手に、へっぽこオランイェ、な~んにも出来ませんでした。
試合前からまったく期待してなかったのでガッカリもショックもなく、淡々と結果を受け止めてはいますが、しかしつまらない。
試合もつまらないし結果もつまらない。(フランス的には素晴らしい試合でしたが…)

いや、ヤケは起こしていません。W杯に出られなくても応援は続けますよ。
フランスやドイツやベルギーも、どん底から立ち直るまで10何年もかかったんだから、現在どん底のオランダが、1年2年で復活できるとは思ってません。
もっと彼らを見習って、10年スパンで再建計画を立てるべきでは…。2026年W杯か2028年EUROに照準合わせるつもりで。
な~んて、ドシロートがえらそうに言ってみたけど、オランダ事情はわかりません。知りもしないくせにうっせーな、もうやってます、というのならゴメンナサイなのです。

それでも「まだ可能性はある」と前を向くキャプテンロッベンやチームのコメントに切なくも胸キュンなのであります。
本当はロッベンにW杯に行って欲しい。最後まで諦めないで欲しいの…

[追記]
そういえばフランスにはコマンが出場、まずまず良い感じだったと思います。ロッベンと同じ右サイドだったので、試合中に2人がマッチアップすることは殆どありませんでしたが。トリッソは出場なし。

コメント (2)