COCO ISLAND

自由 気ままに のんびりと・・・

ベトナム旅行(9)

2007-03-30 21:24:47 | 旅行日記(海外)
3月7日・・・・

昼食を取りにフエまで戻って昼食を取りましたがず~~と車に乗っていた
だけだものおなかが空くはずがありません。
それにこれからの事を考えると水気の物は出来るだけ控えた方が・・・って
思うし・・・(絶対に青空の下では・・・・そうならない為にも・・・ねぇ)

で、昼食後又さっきの渋滞の地点まで戻りました。
この間、2時間ほどは経っているのに状態は同じ・・・・・・少しは解消
しているだろうって思っていたこちらの考えは甘かった。。。

ほんとうにロッテの監督ではないけれど「信じられな~~~~~い!!」の連発


ふと、前の方を観ると車のドアを開けたおば様がしゃがみ込んで・・・・
えぇ????そこでするの?????
マジで??????えぇ???
使った紙もそこに捨てるの??

本気??またまた、信じられな~~~い!!!!


もう私達夫婦も諦めの境地・・・・どうにでもして!!!

やっとこせ事故現場を通過したのが午後5時10分
ほっとしてやっとこれでスムーズに走ってくれるんだ!って思っていたのに・・・・
スムーズに走ったのはほんの15分程度またまた動かなくなったんです。


                      渋滞原因の事故車です


えぇ????事故現場は通り過ぎたやんねぇ???どうして動かないの????
反対車線ももちろん停まったまんま、動く気配がない・・・・まわりはどんどん暗くなってくるし・・・
そのうち真っ暗に・・・・

横で旦那が「おまえ、我慢しなくていいで!暗いから見えないから大丈夫やで!」
と、云ってくれてるけれど・・・虫や蛇がいるかもしれないのに・・・それに・・・考えたらそちらに
神経が行って催して来そうなのに・・・親切で云ってくれているのはわかるんだけど・・・
もうその事に触れてほしくない!
思わずいらっとして「大丈夫やからほっといて!」と云ってしまいました。

7時過ぎに反対車線にエンコ(エンジントラブル)して停まっている車が・・・・その後ろは
渋滞の車が団子状態に・・・・・これが動かなかった原因らしいです。
やっとこせそこを抜けると今までの渋滞が嘘のようにスムーズに走りました。

結局、9時過ぎにホイアンに到着・・・それから夕食を取ってこの日に泊まる
ビクトリア・ホイアンのホテルに・・・・もちろん10時をしっかり過ぎていました。

結局1日中、車の中でただただぼ~~~と渋滞を眺めていただけの1日だったのに
めっちゃ疲れました。

お風呂にゆっくりと浸かって疲れを取ろうと思ったんですが・・・・・・

これが又、熱いお湯が出ないではないですか!!!

4つ星にホテルだというのにこれはないでしょう!!!!
でももう文句を言いに行く元気もなく仕方なく備え付けのポットでお水を沸かして湯船に・・・
何回入れたかなぁ????10回ぐらい入れたような記憶が・・・・

本当に踏んだり蹴ったりの1日でした。
信 じ ら れ な~~~~~~~~~~~~~~~~い!
コメント (4)

ベトナム旅行(8)

2007-03-28 22:08:29 | 旅行日記(海外)
3月7日(水)

朝、10時にホテルを出発・・・・

ハイヴァン峠を越えてランコー村に立ち寄ってダナンに入る予定
でした。・・・・・・・・

ところが・・・・・・・・・ホテルを出発して1時間ほど走った所で
車が渋滞に・・・・全く動かない状態に・・・・

といってもこの国の車の交通ルール状態は最初にお話ししたとおりなの
で反対車線に車が走っていないと追い越していく・・・

トラックやバスなど大きな車は止まったままだけれど私達の乗った車の
ように自家用車は無理矢理に前方へ・・・・もう何が何だかわからない
ほど団子状態に・・・・・で、いよいよ動かなくなってきた。

運転手さん達が車から降りてだべっている。。どうも峠で3台の車が
追突事故を起こしているらしい。それもなんと朝の6時頃の話だそうだ。
中の1台はビールかなにか飲み物を積んだトラックだそうです。

えぇ????ちょっと待ってくださいよ!!???
今はもう11時過ぎなんですが!!!?????
なんで朝の6時の事故が今までかかっ
ても処理されていないの????


日本だったら5時間以上停まったままだとまぁこれぐらいの車の渋滞の数では
すんでいないでしょうねぇ~~。。それにしても・・・・・・
ガイドさんの話によると警察はこんな時でもほとんど何もせずレッカー車が
来るわけでもクレーン車が来るわけでもないそうです。

じゃぁ??一体今まで何をしているの??
まさか転がった瓶を1本1本拾っている訳じゃあないでしょうねぇ????
でも・・・・この国ならありえるかも・・・・


1時間ほど経っても動きそうにないのでガイドさんが旅行会社の支店と連絡をして
いろいろ聞くとどうもまだまだ掛かりそうな様子なんです。
それでもう一度フエに引き返して昼食を取って下さいとのこと・・・・

えぇ???
今まで待ったのに又戻るの?????

でも・・・・とも思ったけれどこのままここにいても・・・・
そろそろお手洗いにも行きたいし・・・・・(この国は当然パーキングエリアが
あるわけでもなく・・・この国の方は普通に女性でもそこらに青空の下でも
お手洗いをなさるそうで・・・・私はそれだけはどうしても避けたかったし・・・・)
仕方なく戻ることに・・・・幸い、自家用車なのでUターンも出来ました。σ(^◇^;)



         動かない車から降りてどうすることも出来ずにただ待っているおそらくバスでの観光客です
コメント

ベトナム旅行(7)

2007-03-26 22:32:50 | 旅行日記(海外)

                      トゥドゥック帝廟 
    
3月6日・・・

昼からはまずトゥドゥック帝廟へ行きました。
これは1864年から3年間かけて建設されたものだそうです。
グエン朝4代目の皇帝トゥドゥックが1861年から3年かけて自ら建てたものだそうです。
トゥドゥックは35年間皇帝を務めたが、病気で子供を作れない身体だったそうです。

                    
         蓮池と休み場           トゥドゥック帝廟


次はカイディン帝廟へ行きました。この廟はグエン朝12代目の皇帝カイディン帝
の墓で、1920年から12年かけて建設され、フランスの影響が大きいそうです。
 石の階段の手すりには龍の彫刻がされているんですが龍の目に緑色のガラス玉が・・・
これは今までなかったです。

                   
        カイディン帝廟         廟の概観         動物と文官武官の像


又、 廟の中はヨーロッパ、日本、中国から輸入された陶器やガラス瓶の破片で
作った書や画で飾られていて今までにない派手な内装でした。
又その中に何故か麒麟麦酒のビンも見えるですよぉ~~!。

ガイドさんの話では沢山の廟には、お墓が必ず作られているのですが
その中のどれに本当に遺体が安置されているかは不明なんだそうです。
しかし、ここのだけはカイディン帝の像の下にその遺体が安置されている
ことがはっきりわかっているそうです。

                             
        廟の内部            東京の文字の            ビール片の
                         入ったビール瓶片         使われた壁飾

最後にミンマン帝廟にも行きました。1841年から3年に渡って建立されたこの帝廟は中国風だ
そうです。この皇帝は2代目の皇帝で600人もの妻を持っていたとガイドさんの説明だった
けれど・・・本当なんだろうか?????

                 
                
                       ミンマン帝廟


フォン川沿いに転々と点在する廟や寺院・・・また、その道の横ではお線香が作られ乾燥させる
ために広げられている様子やアオザイを着た少女達・・・・やっとなんか私の想像していたベトナム
を見たような感じがしました。ただ・・・ここでもクラクションの五月蠅さは同じでしたが・・・・

                   
          カラフルなお線香            お線香を乾燥させしている


コメント (2)

ベトナム旅行(6)

2007-03-25 22:01:05 | 旅行日記(海外)

                             午門殿

  3月6日(火)

フエはベトナム最後の王朝、グエン朝(1802~1945)の王都です。
まずこの日はベトナム最後の王朝をしのぶグエン朝王宮に行きました。
王宮は堀に囲まれた30ヘクタールの敷地。たくさんの建物からなっていたが、ベトナム戦争で破壊されたそうですが「午門」と「大和殿」などはほぼもとの形に修復されたそうです。 

                           
                      皇帝の衣装ではいポーズ    世祖廟の内部
  
 王宮の入り口にある「午門」という建物は赤い漆塗りの2階だてで、柱が100本あり、2階の中央には皇帝の間があります。午門という名前は正午になると太陽が真上に来ることから名づけられたのだそうです。
瓦の色も中央と横の方では色が違い中央は黄色い瓦なんです。黄色は皇帝の色だそうで、皇帝の住居にだけこの色の瓦が使われているそうです。午門をくぐると、広い前庭がありその向こうにやはり黄色の屋根の太和殿が建っています。中国の紫禁城を模した建物だそうです戦争で全壊しましたが、1970年に再建されたそうです。
                      
               大和殿                   午門
その向こうは、広い草地になっており、昔は皇帝の住居があったそうですが、戦争で全て破壊されたそうです。本当にもったいないことです。もう少し考えて爆撃
出来なかったものでしょうかねぇ~~。。ここは本当に見応えがありました。それだけに皇帝の住居が
残っていたらどんなに良かったかと残念に思います。

                       
                顕臨閣                     太平楼


次に高さ約21メートルの七層八角形の寺院ティエンムー寺に行きました。塔の名前はトゥニャンといい「幸福と天の恵み」という意味だそうです。

この後、昼食に行ったのですが車の中からは真っ白いアオザイを着た女性が自転車に乗って
軽やかに走っていきます。高校生だそうです。ベトナムの高校生は白いアオザイが制服なんだ
そうです。こても可愛くて思わずレンズを向けてしまいます。どちらも走っているのでなかなかうまく
写らず苦戦しました。σ(^◇^;)

                       
         ティエンムー寺本殿      ティエンムー寺      白いアオザイを着た高校生
         工事中だそうです         トゥニャン塔
コメント (2)

ベトナム旅行(5)

2007-03-23 20:55:20 | 旅行日記(海外)
3月5日(月)

この日はハノイから車で30分ほどの所にある焼き物の村として有名なバッチャン村に行きました。
沢山の陶器店の中の1件にお邪魔して陶器を作る行程を見せてもらいました。
中でも1つ1つの器に筆でいとも簡単に絵柄を描いていく様子には驚きでした。
私なんか粘土作品にちょこっと描くだけでも手が震えて描けなくてつい筆のせい
にしたりなんかするのですが・・・彼女達はそんなに細い筆ではないのに細い線
を綺麗に描いてました。腕の違いも考えず思わずその筆何処に売ってるの??
って聞きたくなるほどでした。ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ

ここでお土産に・・・って自分が使うためですがお皿とマグカップを買いました。

お店から出て牛車に乗せてもらってバッチャン村を案内してもらいました。

              
                 さらさらと描いてます   牛車からのバッチャン村の景色


その後市内へ戻りホーチミン廟に行きました。しかしこの日は月曜日だったので
残念ながら休館日だそうでベトナム人が世代を超えて敬愛する建国の父である
ホー・チ・ミンの遺体が安置されている中には入ることが出来ませんでした。

次に文廟に行きました。廟はベトナム最古の大学だそうで奥には孔子の廟があり孔子
の像が祀られていました。

                
                     文廟の内部          文廟の入口


又、一柱寺も行きました。字の通り一本の柱の上に建っている寺で、正式な名前は延天佑寺といい、池に咲く蓮の花をイメージして1049年に建立されたそうです。柱は現在はコンクリートです。
本当は池には一面に蓮の花が咲いているのだそうですが今は冬なので全く咲いていませんでした。

 
                          一柱寺
                  
ホアンキエム湖の中にある玉山寺にも行きました。
この寺は1865年に建立たそうで元の侵攻を退けたチャン・フン・ダオ将軍をはじめ学問や武芸の神などが祀られているそうです。
湖で捕獲された体調2メートル、重さ260キロの亀の剥製も展示されてました。

ハノイ36通りという旧市街地も歩いて散策しました。

前に書いたように道路はバイクが凄いスピードで四方八方から走ってくるので
危なくて仕方ありません。
道路を渡るときはガイドさんの指示に従い彼の後ろを小さくなるようにして
付いて渡りました。それでも本当に怖かったですよ!
ここは通りごとに同じ物を売る店が建ち並んでいるんです。
靴屋さんの通りに鞄屋さんの通りって感じなんです。
なんか不思議な感じがしましたねぇ~~。。
又、あたりではいすに座って食事をしている姿も・・・・
あちこちを見ながら歩いていてふと後ろを見ると旦那が三角笠をかぶって
果物などを入れた天秤竿をかついだ女性に天秤竿と三角笠を渡されてかぶらされているではないですか?
ガイドの彼に頼んで一緒にパチリ!・・・・でもこの後バナナを買わされる羽目に・・・・(;´д`)トホホ

今回はこんなん多いなぁ~~~~。。。気をつけないと・・・・・
                
  この天秤棒女性ではないですよ     玉山寺        店先でお食事中

市内観光が終わった後飛行場へ・・・・・19時25分発の飛行機でフエに飛びました。
ここからは現地のガイドさんが変わりました。
でもここからも旅行者は私達2人だけでした。フエ市内のラ・レジデンスというホテルが
今日からのお宿です。
コメント (2)

ベトナム旅行(4)

2007-03-22 20:59:03 | 旅行日記(海外)
3月4日・・・

ハロン湾クルーズを終えてハノイ市内に戻るまで車の中でガイドさん
からいろいろベトナムの話を聞きました。
今でも農村では雨水を貯めて沸騰させ飲み水にしていることや洗濯機
もなくほとんど手で洗濯物を洗っていることや農機具も機械化されて
いなく牛を使ったりほとんどが手作業でそれも女性の仕事だそうです。

貧富の差が激しく賄賂が飛び交った世界で警察官などは取り締まりも
ほとんどせず違反者を見つけると袖の下を頂いて許してしいるそうです。
だから信号が赤でも平気でみんなが守ろうとしないで突っ走っているんだ
そうです。お金によってだけで世の中がどうにでも動いてしまうベトナムの
社会主義の今の現状をちょっと恥ずかしげに話してくれました。

ガイドさんの彼は農家の出身だそうですが頑張って日本語の勉強をして今の
仕事をしながら法律の勉強もしているそうです。頑張れ~~!!!

ハノイ市内に着いて夕食を食べてからハノイ伝統工芸である水上人形劇鑑賞
に行きました。
       レストランのお手洗いの
                           ドアにも水上人形が・・・


ベトナム料理はタイ料理等のように独特な香辛料が使われていなく、前菜は
さっぱり系、魚介類も本来のうまみを生かした料理方法でどれを頂いても
OK!って感じでした。強いて云えば後にホーチミンのメコンデルタの名物
だと云われる「象の耳の魚」のフライは・・・・私はイマイチでした。
川魚はやっぱねぇ~~。。

生春巻きはライスペーパーが日本のと違ってゴムのような固い食感でした。
でもこれも美味しかったです。1週間いろいろと頂きましたが日本人好みの
味が多かったように思えます。
ついでに果物ですが・・・・これは最高です。
バナナ、パイナップル、スイカ、ドラゴンフルーツ、グアバ、パパイヤ等々
どれを取っても美味しい~~~~!!ちなみにベトナムにいる間、私の朝食
は毎日フルーツをそれだけ食べるの?? って云われそうなほど食べましたよ!
だって・・・・日本に帰ったらドラゴンフルーツやパパイヤなんてとてもとても
高くて食べれませんものねぇ~~ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ

そうそう!旦那が珍しくマメに用意していたマスクやイソジンですが・・・
早速、役に立ちました。別に車の窓を開けて走っていたわけではないのですが
何故か旦那も私も喉の奥に違和感が・・・・石炭で真っ黒な町並みを走ったり
バイクの排気ガスいっぱいの中を大きなマスクをして走っている人たちを見て
目でも違和感を増長させられたのかもしれないんですが・・・・次の日からは
ペットボトルにイソジンを混ぜたうがい水を持って歩くことにしました。



コメント (3)

ベトナム旅行(3)

2007-03-20 22:41:47 | 旅行日記(海外)
3月4日・・・・

ハロン湾に着くと沢山の遊覧船が停まっていました。
大きさもまちまちで・・・なんでもヨーロッパ人とかは
2泊の予定でカットバ島でトレッキングをしたりするらしいです。
もちろん私達は日帰りです。私達が乗る遊覧船はどうもこの山のように
重なっている船の奥の方らしく船の縁を綱渡り状態(しかも揺れる)で移動
して乗り込みました。ガイドさんが手をつないでくださったんですが結構
スリルありましたよ。この遊覧船も私達2人の貸し切り状態でした。

「竜が舞い降りた」と語られる神秘の湾だけあって本当にここは素敵でしたよ。
曇っていたんですがこれが又あたりを墨絵のような雰囲気にさせて・・・
ゆったりと不思議な形をした岩の間を進んでいく。何とも言えない心地よさでした。

お昼ご飯はこの遊覧船の中でした。
食後、私達にお料理を出してくれた女の人が刺繍された絵や巾着をひろげて
いかが??と押し売りを・・・・仕方なく1枚買いました。(;´д`)トホホ

その後ティエンクン鍾乳洞のある島に上陸。
鍾乳洞の中に・・・中にはぽっかりと天に向かって開いた穴があり、それが天国に
つながっていると信じられていたことから、ティエンクン(「天宮」の意)と呼ばれている
と言うことでした。
鍾乳洞散策の後・・・遊覧船に戻ると今度は 湾で養殖されたという真珠のネックレスや指輪がテーブル狭しと並べられてるではありませんか~~~~~。。。。


おいおい!!もういいよ~~~~~!!!冗談ではありません。。。。
仕方ないなぁ~~と思って1つ買ったのがいけなかったのかなぁ???
心を鬼にして今回はきっぱりお断りしました。こんなのって疲れるのよねぇ~~~

          
                    後ろの岩がハロン湾の
 マストの数だけ遊覧船が    シンボルだそうです


コメント (4)

ベトナム旅行(2)

2007-03-19 20:33:29 | 旅行日記(海外)
3月4日(日)

朝、起きてホテルの窓からハノイの市内を見てびっくり!!!!
ほとんどのビルが3・4階建てくらいの建物ばかりでまるで
私が子供の頃の大阪市内の町並みのようではないですか・・・!
昭和30~40年代の感じ・・・・高層ビルがほとんどない!!
やたらバイクが多い(大阪はそんなことはなかったですが・・・)
首都のハノイでこんなんや~~~~!!他はどんなんだろう??
何となく不安が~~~~~~

                     ホテルからハノイ市内を一望


今回の旅行参加者は私達夫婦2人だけだそうでバスではなく
普通の車での移動となりました。この日はハロン湾へ行きました。

こちらの道路事情はすごいもので・・・交通ルールはあってないようなもの
が当たり前、センターラインも完全に無視、信号も無視・・・まぁ信号事態
が市内以外はほとんどないのですが・・・・バイクはもちろんヘルメットも
かぶっていないしどう見ても重量オーバーもいいとこだ!ってぐらい荷物を
載せて走っているし・・・1台に大人4人も乗って走っているバイクもざら!
そんなバイクが車の前をわが物顔で沢山走っているその横を又自転車が・・・
その上、歩道もなく人も歩いているし・・・

車はセンターラインを越えて追い越しをかけるその車を又その上に追い越そう
とする車がいる・・・・もちろん反対車線からは車がクラクションを鳴らしな
がらやって来る!
又歩いている人がそんな状態で走っている車やバイクの中を平気で横切ろうと
している・・・・

そうかと思うと1箇所なんかは道の真ん中に牛までが3頭横たわってましたよ。

理解できます????この状況を・・・・

                         

  バイクからあふれている荷物      ニワトリ        高速なんですが・・・          豚も・・


もう~~~怖くて怖くて見てられません。クラクションがあちらかもこちら
からも鳴り響いているのに驚いた様子を見せるどころか振り向きもしないで
平気で横切る人や自転車・・・・
信号がないんだから横切らないといけないのはわかるんですが・・・手を上
げるわけでもなく・・・一応横断歩道があるのですがそれも無視・・・ひける
ものならひいてごらん!って思ってるかのように平気な顔をして悠々と歩いて
いるんですよ。

どちらかというとベトナムに対してのどかなイメージを持っていた私は
もう~~~信じられな~~い!!の連呼でした。でもみんな器用に運転する
んですよねぇ~~~

ハロン湾に着くまでの2時間半ほどの間、車に乗っているだけだったのに
やたら疲れました。
コメント (4)

ベトナム旅行(1)(帰ってきて1週間が経ちましたが・・・)

2007-03-18 18:16:42 | 旅行日記(海外)
3月3日から10日までベトナム旅行をしていました。

旦那は飛行時間が8時間くらいまでの所が良いらしく今まで台湾2回、
タイ2回、シンガポール、カンボジア、香港など結構アジアをブラブラ
と廻ってきました。

中国、韓国は旦那があまり行きたがらないので、だんだん行くところが
少なくなってきました。
まずはお天気が大事と、乾期に入っているところで・・・・と考えて
いくと今回はベトナムにたどり着いてしまったのです。

私はベトナムというとベトナム戦争、アオザイ、生春巻き、ぐらいしか
頭に浮かばなかったのですが・・・・

旦那は行く前からやたらと常備薬やマスク、イソジンを調達するなど
今までにない行動が目立ちました。(これが後で役に立ったんですが・・・)

3月6日の私達夫婦30回目の結婚記念日も兼ねてのベトナム旅行なん
ですが最初からちょっと違った雰囲気の旅行の始まりでした。

18時50分発JL755便で関空を出発、約5時間半後ハノイのノイバイ
空港に到着しました。この飛行場・・・・ベトナムの首都にある国際
空港なのに伊丹空港よりも小さい空港でした。

現地のガイドさんに会ってこの日はハノイ市内のホテル・ニッコー・
ハノイにチェックインしておしまいでした。

途中の様子は暗くて良くはわからなかったんですが・・・電力事情が
悪いとかで看板も真っ暗、回りも真っ暗・・・・ただただクラクションが
やたらと鳴り響きバイクが走りまくっている中をこちらの車も負けじと
クラクションを鳴らしながら走っている~~!って感じでした。お店も
ほとんど閉まっているみたいでした。

本当はホテルに着くまでの間にビールを買いたかったのですが日本では
ベトナムの通貨であるドンには両替が出来なかったしハノイにはコンビニ
が全くないという情報を得ていたのでこの日は高いのを我慢してホテルの
冷蔵庫のビールを飲みました。(;´д`)トホホ

1日ぐらい我慢しろ!!  って????
それが出来ないのが私なんですよねぇ~~~ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ

コメント (6)