COCO ISLAND

自由 気ままに のんびりと・・・

明日から3月・・・

2008-02-29 20:09:44 | ミニチュア粘土・その他作品掲載

 本当は旅行記の続きを書かないといけないんだけれど・・・・・ 

 このまま行くと3月3日までに旅行記が終わりそうにないので・・・・  

 そうなると時季外れになってしまいそうなので・・・・・   

 今日は、パーチメントの作品を・・・・   

 

  この作品は紙を3重に重ねています。1番下には薄いピンクのグラデーションの紙を、

  2枚目には男雛と女雛の紙です。これは着物の柄を少しエンボス(凹凸を付ける)してます。

  そして1番上は紙にトレースをして色を塗ったりエンボスをしたりハサミで切ったりしてます。

  扇の形の所を切り抜いて男雛女雛が見えるようになってます。

  写真では見難いかもしれませんが桃の花の所も部分的に切り抜いているのわかります?? 


  えぇ~~い!序でに・・・・・  

       

        これはだいぶ前に作ったミニチュア粘土のおひな様で~~す!

        今、カフェのプロフにアップしています。

        ケースに入れてるんですがガラスが反射して撮りにくいので取り出して撮しました。
   
   
  我が家には娘がいないので本当はおひな様って用がないようなものですが
 
  やっぱり一応私も女性なのでやっぱこの時期になると飾りたくなるんですよねぇ~~ 

 
  もう少し旅行記も続きますんで又、読んでやってくださいね! 

   
コメント (6)

メルボルン・シドニー旅行記(14)

2008-02-28 22:17:14 | 旅行日記(海外)
 私達が泊まっているホテルはサーキュラー・キーから歩いて5分ほどの
 石造りの旧大蔵省庁舎を生かした「インターコンチ」だったので散策して
 歩くにはとても便利な所でした。まぁそれを考えてホテルを選んだんですが・・・ 

 ただ~~~シドニーは結構坂道が多いんですよねぇ~~ 
 これは想定外・・・・ 

 高速船から降りて荷物を一度部屋に置きに帰ってから「ロックス」を散策に 
 
 (12)で少しふれました「ロックス」はサーキュラー・キーをハーバーブリッジの方にぶらぶらと
  歩いていくとたどり着くんです。

 ロックスはシドニー発祥の地で、1788年1月26日アーサーフィリップ総督に率いられた
 イギリスからの移民船がロックスに上陸しイギリスの植民地を宣言したのです。

 砂岩を切り開き建設されたロックスには入植時代の古い街並みが残っています。

 

 ロックスでは毎週土・日曜日には「ロックス・マーケット」を開催していて
 そこではクラフトやお土産を売るテントが連なり多くの人出で賑わっているそうですが
 私達がシドニーに滞在している期間は週末ではなかったので見ることが出来ませんでした。


            

             高層ビルにレンガ造りの古い建物・・・そこにカフェが・・・何か良いですでね~~ 


 ロックスの中心付近にあたる所には「ロックス・スクエァ」がありそこには
 この様な木を彫って作られたオブジェが・・・・ 

 

 オーストラリアの建国の歴史はシドニーの成り立ちに通じます。

 先ほど書きましたイギリスからの移民船で上陸した人達のいうのはイギリスからの 
 流刑囚778人、海兵隊とその家族約700人だったそうです。


                       その人達のオブジェなんでしょうかねぇ~~
                       この人の足首には鉄の鎖で繋がれています 

                      
                              ここです                            
         そうだと思うのですが聞く人がいなかったのであくまで私の想像です。        
 
 

 オペラハウスと並んでシドニーで有名な「ハーバー・ブリッジ」は19世紀初期にはすでに橋の架設が
 提案されていたのに実現されず実際に着工されるまでに100年もの歳月が流れたとか・・・ 

 そして着工は1924年で完成までには8年かかったそうです。

 まぁ~~そんな事よりここで有名なのは「ブリッジ・クライム」で・・・・
 この橋のアーチの上を歩いて渡る体験ツァーがあってそれに果敢に挑戦している
 人達が結構いる!って言うことで~~~す! 

         

             私達が橋を眺めている間にも必ずと言って良いほど10人ほどが
             並んで歩いているのが見えるんですよ!怖くないんでしょうかねぇ?? 
             国旗の横・・見えてますよね!ズームで撮ったので綺麗ではないですが・・・ 



 

ロックスには「ケン・ドーン・アート・ギャラリー」もありました。

ケン・ドーンは日本でも有名ですよねぇ~~

オーストラリアの画家でオペラハウスやハーバーブリッジの絵も沢山
描かれてますね!

ロックスにぴったり!って感じでした。   
                
コメント (4)

メルボルン・シドニー旅行記(13)

2008-02-27 20:32:01 | 旅行日記(海外)
 1月29日(火)

 この日は」ハーバーブリッジを  で渡ってまずはシドニー湾の入り口で断崖絶壁
 のノースヘッドへ・・・・  ここは自殺の名所だったとか・・・

それにクジラが回遊してくるシーズンには、ここからクジラのパフォーマンス
 が見えることもあるらしいです。 




本当は・・・シドニー湾の綺麗な景観と近代的な建物の並ぶシドニー中心部が見える
はずなんですが・・・・お天気はスゴく良いのに霞んでいて・・・ぼぉ~~としか見えない 

 まぁ、昨日のガッツよりはマシなの一応は撮したのですが・・ 
 左手前の灯台のある岬はサウスヘッドです。

 その後ろ当たりにかすかに見えている建物がシドニー中心部で~す   
 マジ残念だったなぁ~~ 

 この後、ボンダイ・ビーチと並んで人気の有るのマンリー・ビーチへ行きました。

 この通りはコルソと呼ばれる通りでマンリーで最初に作られた道。

 歩行者天国になっていて、通り沿いにレストランやカフェ、ブティックや
 お土産物屋が並んでいます。まだ時間が早いからか、3連休明けの火曜日だからか 
 
 人通りはこの時は少なかったです。  


                    

 ビーチへ行ってみたのですが・・・昨日のボンダイ・ビーチとは打って変わって
 ほとんど泳いでいる人がいない! 
 まぁ上にも書いたように3連休明けの火曜日ですものねぇ~~みんな働いてますよねぇ~~ 



 変わりにと言ってはなんですが・・・こんなステキなアートが見れました。
どれぐらいの時間をかけて作ったんだろう??英語が出来ない私達には聞く事も出来ませんでした 

今日のお昼はオーストラリアの定番メニューである「フィッシュ&チップス」です。 

これは魚の天ぷらみたいなのとフライドポテトのことで添乗員さんが買ってきて下さいました。
もちろん2人分なんですが・・・・いつもの事ながら量が半端じゃない!
ホテルで朝ご飯を食べてそんなに体を動かしていないので・・・今回はレストランでの食事でないので
一人分は手を付けずにお持ち帰りと言うことに・・・・ 

 は~~ぁい??何を考えているかって??ご想像通りで~~~す!

この一人分を夕食に・・・そして昼食後の自由時間に「コールス」というスーパー
でこの日の晩ご飯のお買い物を・・・私の大好きなパパイヤをゲット!
それと生野菜に湯がいたエビ、パンなどを買いました。

これで今日の晩はOK!節約で~~~~~~す!



       帰りは高速船に乗ってシドニーに戻ります。

  
                   

                  マンリーの高速船乗り場です。この写真は車でここに着いたときに撮った
                  ので時計が11時を・・・ 



  20分ほどの乗船なんですが・・・海の方からしか見れないオペラハウスの姿が・・・

            やっぱこれを見ないとねぇ~~ 


      


        それと・・・シドニーの高層ビル群と下の細長~~い建物が
        「サーキュラー・キー」です。
        サーキュラー・キーからはフェリーや観光船の発着はもちろん、
        シティーレールやバスも発着して多くの人で賑わっている所です。


       もちろん私達の乗った高速船もここに着いて下りました。  


コメント (6)

メルボルン・シドニー旅行記(12)

2008-02-25 20:29:08 | 旅行日記(海外)
 
 昼からはバスでの市内観光!

 まずは・・・「ミセスマックォリーズ チャア」  
 なんでもマックォリー総督婦人が景観を楽しんだ場所だとか・・・

 ここからハーバーブリッジを背景にしたオペラハウスが撮影できるんだそうです。
       早速、撮しました!     
  




 その後・・・「オーストラリア博物館」や「聖メアリーズ大聖堂」等をバスの
 中から見ましたが残念ながら  は撮れませんでした。
 
 後日「聖メアリーズ大聖堂」は個人的に行く予定にしていたのですが・・・ 

 何でもローマー法王がいらっしゃるとかでその前に工事をしているそうで
 部分的に足場が組まれていたし・・・教会内を撮影するにはお金が入ると
 言うので・・・それではわざわざ言っても仕方ないなぁ~~ってことで
 後日行くのはなしにしよう!って言うことになりました 
 
 次に行ったのは・・・シティーから車でわずか20分の所にある「ボンダイ・ビーチ」 
 こんな近くにステキなビーチがあるんですねぇ~~~!!

  私達が訪れたこの日は振り替え休日の3連休の最後の日!その上晴天 

  ビーチにはもう~~~~~すご~~~い人出!!!!  

  

  「ボンダイ」はアボリジニの言葉で「岩に砕け散る波」という意味を持つ
  だけあって波も高く潮の流れも速いサーフィンに打って付けの場所!

  この日も泳いでいる人はほとんどいなくて膝から腰ぐらいが浸かる所に立って
  波と戯れている!って感じの人ばかりでした。   

                


                おぉ!何処かのおっちゃんが一生懸命写真を撮っておりますぞ~~!!


  そうそう!この「ボンダイ・ビーチ」がライフ・セーバーの発祥の地だそうで~す! 

 
  時間に余裕のある方は動画も見てくださいね! 
  みんな波打ち際でピョンピョン跳び跳ねてるでしょう!画像が小さいから見難いかなぁ~ 

          
     

動画は勝手に再生が始まりますが一旦、停止ボタン(一番左端の□)を
押して00.00の上のバーが最後まで青くなるまで動いてから再生し直し
て下さい。
ダウンロードされてからでないと所々で動きが止まってしまうんです(ノ_・、)

スムーズに動画を見るためにご面倒でしょうがよろしくお願いしますm(_ _)m


 シドニー湾とタスマン海の境界にある南側の岬の近くにある「ワトソンズベイ」 にも行きました。

 ここはナショナルパークの一つで別名「ギャップパーク」とも呼ばれているそうです。
 西を向けばハーバーブリッジやシドニータワーなどのシドニー中心部の高層ビル群を、
 シドニー湾越しに見渡せるって言うのですが・・・・ 

 残念ながら私達が行った時は霞んで見えにくく写真を撮るのは断念しました。
 しかし反対側の断崖絶壁の崖はしっかりと見る事ができました。    




 最後はおきまりのDFS!私達はお買い物はしないので早々と退散しました。

 ホテルにチェックインをしてからしばらく休憩を・・・・ 
 
 それから夕食と  探しを兼ねて街並み散策に・・・ 

 この日は先ほども書いたように振り替え休日なのでお店はあまり開いていないようです。 


                
   
                      ロックス (ここの事は後日で詳しく書きます)

    身振り手振りの英語混じりの日本語で  何とか夕食にも
     にも有り付けましたよ   
  
                   
コメント (10)

メルボルン・シドニー旅行記(11)

2008-02-23 20:40:01 | 旅行日記(海外)
   1月28日(月)
 
 いよいよメルボルンを離れてシドニーに出発です。

 朝、起きてぼぉ~としながらカーテンを開いて外を見てみると・・・
 メルボルンのビルの間からバルーンが見えるではあ~~りませんか!

 

 窓越しなので  フラッシュ撮影が出来なくて汚い画像ですが・・

 「摩天楼ホットエアーバルーン体験」というオプショナルツアーがあるのは
 知っていたのですが・・朝の5時半からというのを見て私達は当然却下!

  でも本当にこんなに高層ビルが立ち並んでいる街中をフライトするとは・・
  バルーンからはどんな風に見えているんだろうなぁ?ってちょっと羨ましい
  気持ちが・・・・ 


  9時発のカンタス航空で    10時20分に
  シドニーに到着 

  1時半からのバスでの市内観光までの間にお昼を食べに行くことに・・・
  っと言ってもなんせ全くの初めての場所、それに夫婦2人とも全く英語が
  しゃべれないし聞き取れない 

  解散する前にも現地の添乗員さんに「シドニーでの夕食、いかがですか?」
  って言われたんです。

  シドニーではほとんどオプショナルを入れていないので3日間の間の1日
  だけが夕食付きで後の2日は付いていないんです。

  でもここで夕食を頼むと値段の高いレストランに連れて行かれてその上
  食べきれないほどの食事が出るので正直もったいない・・・

  それで「いいえ~~!結構です」って言うと「シドニーでは何処に行か
  れても一切日本語のメニューはありませんよ!」  という言葉が・・・

  痛いところを突かれ・・・ クソ~~~そんな事わかっちょるわい! 
   意地でもお頼み申しません! ・・・って心の中で叫んでました 

  
  まぁ~~メルボルンでも全く通じなくても何とかなったので・・・
  なるようになる!って思っていました。

  ただ・・・・シドニーはやっぱり都会でメルボルンほどのんびりした雰囲気
  がないのです。忙しそうで・・・訳のわからない言葉を真剣に聞いてくれそ
  うな雰囲気ではないんです 

  カフェへ入るとナンバー付きの色々なサンドウィッチがあったので食べようと
  思う番号を指さして言ったのですが・・・どうもここで食べるのか?って
  聞いているような・・・・それで「イエス」って言うとテーブルの方を指さす
  ので・・・まぁ座ることに・・・・・

  すると英語だらけのメニューが・・・・・ 
  さっき見て食べたかったサンドウィッチは7番・・・でも・・・値段が
  違う!メニューに書いてある方がめちゃくちゃ高いんです 

  「えぇ?・どうなってるんだろう??座って食べるとあのサンドにプラス
  ポテトチップやサラダ等が付いてそれで高くなっているんだろうか??」
  と旦那とブツブツ・・・・全くわ~~~かりませ~~~~~ん! 

  まぁ仕方がないんで7番を1つだけ頼むことに・・・・ 

  さぁ~~それで持ってこられた物は・・・・・

  私達がさっきカフェの中で見ていたサンドとは全く違う代物!

  でも・・・お肉とかしわの串焼き、その他にサラダとチップ・・・
  これがめっちゃ美味しかったんです~~~~~!! 

  偶然にも私達の口に合う物が当たったから良かったものの・・・・

  どうも中で見たサンドはお持ち帰り用でメニューとは全く別物だったようです。
  私達がテイクアウトではないって言ったもんで売ってくれなかったのでしょう!

  と・・・勝手に解釈したんですが・・・本当はどうだったんでしょうねぇ??

  
 私達夫婦の海外旅行はいつもこんな珍道中で~~~す!   
コメント (6)

メルボルン・シドニー旅行記(10)

2008-02-22 20:50:15 | 旅行日記(海外)
 グレートオーシャンロードの中でも最大の見どころは12使徒です。

石灰岩で出来た海岸に直立する岩礁群のことだそうで岩の列柱が12個あるところから、
キリストの12使徒になぞらえて名づけられたそうです。
しかし、2005年の9月1番手前の石柱が崩れてしまったそうで~~す。

添乗員さんも前の日まであったはずの石柱が次の日に行ったらなくなっていた
のでビックリしたって話してはりました。


  
  この手前の石ころが転がっているようなのが崩れた残骸だそうです。 
長い間かけて出来上がった物が1日にしてなくなっちゃうんですよねぇ~。
これも自然の力なんですよね! 
  

                  


 この海域は豪州大陸と南極大陸にはさまれており海の難所、いわゆる灘として知られているところで、
 昔の貧弱な木造帆船ではひとたまりもなく沢山の船が遭難したそうです。

 又、せっかく遭難から逃れて海岸までたどり着いても、この急な絶壁を登ることができず
 大勢の船乗りが絶命していったそうです。

 こうやって見ていても納得!って感じですよねぇ~~。これは登れないですよ! 



  先ほどまでは曇っていて折角の海の色が濁っていたんですがちょっと青空が見えてきて・・・
  晴天の日にはもっと綺麗な色なんでしょうねぇ~  風はきついんですよ~~!

 ロックアード・ゴージ  


    ロックアードは、船の名前だそうです。
    そしてゴージとは、切り立った断崖絶壁にかすかに開いた場所を意味しているんだそうです。

    このゴージのお陰で奇跡が起きたんですって! 

    アイルランドからの移民達の乗ったロックアード船が荒波に飲まれ横転し沈没したのです。

    先ほども書いたようにグレートオーシャンロードは切り立った断罪絶壁が数10キロも繋がっていて
    たとえ沈没船から逃れても、断崖に阻まれているので登ることが出来ないんです。
    この時も52人の生命が失われたそうです。

    しかしこの時は2人の人が奇跡的にこのゴージのわずかな隙間から中に吸い込まれて
    浜辺に漂着できたんですって!本当に「九死に一生」って感じでしょうねぇ 
   
    それで「ロックアードゴージ」って名が付いたんでしょうねぇ~~

    私達もこの浜辺に降りて靴を脱いで裸足で砂浜を歩いたんですよ!




  これは上の写真の反対側で・・・・洞窟が・・・・

  宮崎アニメの『紅の豚』っていうのご存知ですか? 

  私は宮崎アニメってあまり好きではないので見たことはないのですが・・・
  なんでも主人公の隠れ家があってそこに水上飛行機を停めて岩のところから
  飛び立っていたそうなんですが・・・・ 

  その場所がここをイメージして作られたとか・・・・似ていますか? 

           動画です。

    少しは迫力実感できると思いますので良かったら見てくださいね!

           


動画は勝手に再生が始まりますが一旦、停止ボタン(一番左端の□)を
押して00.00の上のバーが最後まで青くなるまで動いてから再生し直し
て下さい。
ダウンロードされてからでないと所々で動きが止まってしまうんです(ノ_・、)

スムーズに動画を見るためにご面倒でしょうがよろしくお願いしますm(_ _)m


コメント (6)

メルボルン・シドニー旅行記(9)

2008-02-21 20:41:21 | 旅行日記(海外)
 
 1月27日(日)

今回の旅行で絶対に訪れてみたかった場所 『グレートオーシャンロード』 この日は行きました。

そこはメルボルン市内から270kmも離れた場所なんだそうです。だから7時半集合!
昨日、ペンギンウオッチングからのホテル到着が遅かったから結構眠かったです 

しかし今日もまたまた長~~い時間  に揺られての移動です
 まぁ車の中でちょっと仮眠も出来るかな 

今日の添乗員さんは昨日も往復500kmもの運転をして又今日も私達を連れて行って下さるそうです。
500km・・って言うと東京ー大阪間ぐらいですよねぇ~~ 
  
オーストラリアは原則として標識のあるところ以外は  の制限速度が100キロだそうです
高速じゃなくてもですよ  まぁ日本と違って直線道路が多いのですが・・・・
お疲れじゃぁないですか? 安全運転でお願いします  って思わず言いたくなりました 

 
しばらく走ってまず最初に着いたのがケネットリバーという所で・・・

ここは野生のコアラの生息地だそうです。「昨日はちゃんと見れたんですが
今日はいますかねぇ?」
と言われてみんなユーカリの木の上を探すこと!探すこと! 

            いました!いました! 

       

高い木の上にいました。他にも3匹ほど寝そべってる野生のコアラを見ることが出来ました 

他に・・・  の中からでしたがアングルシーゴルフコースの所で野生のカンガルーも見ることが出来たんですよ。


野生の動物が見れるって言うのはやっぱオーストラリアって感じですよねぇ~~! 


しばらく走るともう美しい海岸線が見えてきてその反対側の高台には別荘がポツリ、ポツリと建っています。

 

    よ~~く見ると真ん中に人影が見えますよねぇ~~。別荘だからでしょうかガラス張りです。 
 それに隣の屋根のところに天体望遠鏡も見えるんですよ!
 きっと夜は満天の星空  を望遠鏡で観察するんでしょうねぇ~~ 最高ですよねぇ~!
    こんな別荘ほしいなぁ~~~~!!!!なんちゃって・・・絶対 無理!無理!  


 今日、1番の見所に行く前にランチを頂きました。添乗員さんが記念に・・って  


           


          相変わらずボリューム満点のランチでしょう!2種類あるっておっしゃったので
          食べ比べてみよう!って1つずつ頼みました。
          ちなみに旦那の前にある方があっさりして美味しかったで~す。
コメント (2)

今日はちょっと旅行記から離れて・・・

2008-02-20 21:40:17 | Weblog
  
 いや~~~!今、中国と日本のサッカーの試合を観てました。
 
 マジ、腹が立ち、イライラしながらみてましたがなんとか勝ったので

 正直、汚い言葉ですが・・ざま~~~みろ!と・・・・

 いつもは観ないのです。サッカーはあまり好きではないし・・・ましてや

 中国や韓国との試合となると・・・審判を巻き込んだアンフェアーな試合

 が行われるのは日常茶飯事!だから・・・

 だけど旦那がこの間の北朝鮮戦での中国の観客の様子を新聞で読んで今日は

 観る!って言うんで・・・・・


 TBSのアナウンサーはやたら「今回の中国の観客は日本へのブーイングは
 
 辞めて中国の応援にだけ徹する!それを守ってますねぇ~~!!」 って連呼!

 中国からいくらか頂いているの?って言いたくなるほど・・・

 そんなの当たり前の事でしょうに・・・・



 それにしてもゴールキーパーの日本選手へのけり!それでも審判は

 イエローカード!

 怪我をして退場するほどなのに・・・それはレッドカードでしょう!

 本当に審判(この日は韓国と北朝鮮の審判員だったとか・・)の文句を

 言ってたらきりがないほどです。


 スポーツはスポーツ精神に則ってフェアープレーで・・・!

 なんて考えてる日本がおかしいのか??って思ってしまう今日この頃・・・


 本当に北京五輪ってどんなになるんでしょう??こんなアンフェアーが公然と

 まかり通っても出場する価値ってあるんでしょうか????

 
 毎日、オリンピックの為に!って頑張っている選手達が可哀想に思えてきます。
コメント (6)

メルボルン・シドニー旅行記(8)

2008-02-19 20:29:37 | 旅行日記(海外)
 昼2時半に集合をして午後はメルボルンから  で2時間
 の所にあるフリップ島に行くのです。

  このフリップ島ではペンギンのパレードが見れるとか・・・
  浜辺に巣を作る世界最小のペンギン・フェアリーペンギンが日没
  海から上がってヨチヨチ歩きながら巣に帰る様子が観察できるとか・・・ 

  日没までにはかな~~~~~~りの時間が・・・で、3時にメルボルンを
  出発し、まずは自然動物園へ・・・・ここではコアラ・カンガルー・ワラビー
  等とご対面 

  ただゴールドコーストと違ってここではコアラには触ってはいけないそうです。
  ってことで当然ダッコもさせてもらえません。 

  仕方なくワラビーに餌をやることに・・・・   




ねぇ、ねぇ~!このカンガルーの親子わかります???  

 

   下の方に耳が見えているでしょう!こんなに大きくなったカンガルー
   なのにまだお母さんの袋の中が恋しいらしくて首を突っ込んでお乳を
   飲んでいるそうです。
   カンガルーの世界にも乳離れが出来ないカンガルーもいるんですねぇ~~    
 

        
   
              途中の海辺には野生のペリカンも沢山いましたよ!


  夕食をすませてペンギンがやってくる日没まで時間待ちです。

  ペンギンにとって  のフラッシュの  は失明するほど悪い影響を与えるらしいのです。

  それでも以前はこのペンギンのパレードをフラッシュなしで高感度の撮影だったらOKとされて
  いたそうなんですが・・・それでもフラッシュをたいて撮す観光客がいたそうで  遂に一切
   やビデオの撮影は禁止されたそうです。

  ウチの旦那の様に  撮影が目的で旅行している人には残念無念でした。

   が撮れないんでは・・・とお金を出して買うのはちょっと・・・
  と思ったので一応「ペンギンのパレード」を見にやって来たという記念に・・・・ 

ペンギンとのツーショットを・・  


   この日の日没は9時過ぎ(サマータイムですから・・・)ここでもサマータイムが・・・ 

   それにしても  が出せないので撮れなかったのですが・・・先ほども書きましたように
   この日はオーストラリアデーで土曜日・・・振り替え休日で月曜日までがお休みだとかで
   ものすごい観光客の数なんです。座るところがないぐらいぎっしり・・・  
   サマーランドビーチ(ペンギン保護区)にはちゃんと見学できるように階段状の 
   ベンチが設けられているんですがもう座るところが全くないぐらいでした。


   そしてみんなが日没を今か今かと空を仰ぎ見たり海岸線をみたり・・・
   

   9時10分頃・・・やっと日が沈み~~さぁ~~~~真っ暗になった海岸線を一生懸命
   目をこらして見ているんですが・・・私には何も見えない~~~ 

   すると横から旦那が「ほら!おる!おるで~~!見えへんか?その奥や!2匹おるやん」
   「えぇ??どれ?どれ? 見えへん!」・・・なんせ目の悪い私には・・・・ 
   「4,5,・・・・11匹おるで~~!そこそこ・・・」そう言われてやっとこせ小さな物が
   ごそごそ動いているのを発見!「いてた~~~  見えた~~!」 
   
   と、喜んでいると・・ピカ! えぇ??かみなり?? と、 えぇ  マジ~~~??

   が・・・ ポツポツと  ・・・それにもめげずに海岸線を見ていると・・・

  又、5匹ほどのペンギンが姿を・・・「来た来た!!」って言ってるとそこに
  めっちゃ大きな  かみなり・・・ それに驚いたペンギンが海に飛び込んじゃった・・・

  「えぇ???帰っちゃうの???」それでなくても雷の大嫌いな私・・・いつもは避雷針の傘の中で
  怖いなりにも絶対安全と思って生活しているけれどここは何にもない海岸・・・ 

      どんどんひどくなっていく中、ペンギンも上がってきそうになく・・・

  観客も次々に退散しかけてるけれど・・・あんだけの長い時間楽しみに待っていたし・・・

  でも・・・ は怖いし雨はキツくなってきて・・・仕方なく私達も退散することに・・・  


  まぁ~~せめて11匹だけでも上がってくるのが見れたんだから・・それにその11匹が巣の方に
  ヨチヨチと歩いて行く様子を退散しながら目の前で見ることが出来たのでまぁ満足しないとね!
  
   で見れなくなっても集合時間は変えられないとかで・・・10時まで又時間待ち 
  
  それから2時間かかってホテルに   到着は夜中の12時過ぎ・・・・ 
 
  明日の集合時間は午前7時半集合だというのに・・・・  
  

   
コメント (6)

メルボルン・シドニー旅行記(7)

2008-02-17 19:47:33 | 旅行日記(海外)
 実は1月26日は「オーストラリア・デー」・・・つまり建国記念日で祝日だったんです。
 いろんなところでお祝いのパレードとかがあったそうで・・・



  メルボルンのシンボルでもあるフリンダース ストリート ステーションの
   入り口にも「オーストラリア・デー」の垂れ幕が・・・・

   ちなみにフリンダース駅は、福岡県の門司港駅と姉妹駅だそうです。

       

        駅の中の天井です。  あちらこちらに国旗が・・日本ではない光景ですよねぇ~~

セントポール大聖堂  

    アングリカン(イギリス国教会)のメルボルン教区の大本山だそうでう。

                

           

     沢山の現代高層ビルの間にこれ又結構な数の教会が・・・
     正直どれがどの教会か判らなくなってしまったぐらいです。 




    ところで  の写真のフリンダース駅の前に立っている建物に
    描かれている字・絵や写真何か判りますか?見難いかなぁ??
 
 
    実は私達がメルボルンを訪れたときは丁度テニスの4大国際大会(グランドスラム)のひとつである
    全豪オープンテニス大会の真っ最中だったのです。
    私達がメルボルンに到着した時も、又それから後に会った添乗員さんも全員から
    テニスを観に来られたんですか?って聞かれちゃました。この時期にここに訪れる人は
    テニス観戦の人が多いそうですよ。 

   
 

 この日も競技場に入れなかった人達がフリンダース駅の横にあるフェデレーションスクエアに取り付けられた大型スクリーンでテニス観戦をしているそうです。  

   このスクリーンではなくもっと大きいのがこの裏にあるんです。そこまで行きませんでした  この写真を撮ったのはシャラポアが写ってたからで・・・・でも小さくて見えませんよねぇ~~ 

 ちなみに1956年に南半球で初の夏季オリンピック大会 (メルボルンオリンピック) が開催された。 2000年にシドニーでオリンピックが開催されるまでは、南半球で唯一の開催地だったそうです。
そんな事があってかメルボルンではいろんなスポーツが開催されるそうです。そしてメルボルン市民はとってもスポーツに感心があるんだそうです。

 テニスの他にもいろんな大会が催されていると・・・「メルボルン・クリケットグラウンド」や
 「オーストラリアF1グランプリ」ゴルフのマスターズ」とかが有名らしいです。
  私は正直あまり詳しくないので・・・・  
コメント (2)