Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

大阪の国有地払下げ問題 大茶番

2017-02-23 13:59:13 | 国際・政治

大阪府下にて開校準備中の小学校用地を巡り、騒動が起きている様だ。見方によっては「バカ騒ぎ」に映るかも知れない。

確かに、当該元国有地の払い下げ価格は「破格」と言うには不適当な安価かも知れない。不動産業者の見立てにもよるが、一説には10億円を下らないと言う、約8000平米とも言われる土地が、1億円代前半で売却された事実は重いだろう。敷地にあった、大量のゴミ処理費用を差し引いた額だとの事だが、これは一応の説明で済むレベルではないだろう。更に、この新設校の名誉校長に、安倍総理大臣夫人 昭恵女史のお名前が挙がっていると言うのだ。安倍政権、そして財務省は、この件につき、我国民市民の得心が得られる様、根拠を挙げて正確で誠実な説明をお願いしたい。これは、民進以下左傾四野党の攻勢に備える意味でも、必要な事だ。又、安倍大臣ご夫妻も、安易な名貸しは、思わぬ災禍を招く恐れがあり、慎重を期すべきは勿論だろう。

もう一つ、前述の学校法人が運営する幼稚園にて、園児の虐待疑惑もあるやに聞いた。この件についても、文科或いは厚労、当該省庁は踏み込んだ調査をすべき。同法人トップは、教育勅語の趣旨を尊重した教育方針の由。それ自体は、教育者の裁量に任すべき所もあり、踏み込んだ言及は控えるが、これから認可を得る学校として、疑惑を持たれたままであるのは、やはり拙いだろう。

それにしてもこの用地問題、ネット報道では早くから上がっていたのに、新聞とかの主要メディアが取り上げるのは随分遅かった。まさか、安倍政権に過分に配慮し萎縮している訳でもなかろうが。まあ「安倍(総理大臣)の葬儀は、ウチが出す」と、掲示板2chによくある「死ね!」レベルの低劣言動を平気で載せる、朝日新聞の系統は論外としても、もっと早くに報じて良い事共だったのは事実だろう。

民進党議員団が、早速現地調査に赴いたのは良いが、これ又恥ずかしい失態を演じた。調査を主導したた玉木、辻元の両衆議が、開会中の衆院予算委員会を、正当な手続きなしで無断欠席だと。オイオイ、立法の専門家衆が何やってんだよ?当該用地の現地調査なんて、事前にその必要が分ってたんだから、代理出席などの事前手続きをしてから赴くべきは当然だ。党としては、失態を謝罪する声明が出されたが、当該衆議達からその言葉は聞かれない。そのまま放置すれば「自らの非を認めない」悪しき前例となる恐れがある。これは、当該衆議達も頭を下げるのが当然だろう。何もしないでは、トイレの後始末を分っていてしないも同然ではないか。

国会予算委は、特に重要な法案や事案の審議の為開かれるもの。それを粗雑なやり方て欠席したのは、普段与党への攻勢の為折々口走る「国会軽視」そのものではないか。民進党大阪府連の県議に、代理で調査を指示する方途だってあったはずだし、議員活動の健全性からも問題があろう。これも折から問題視される、文科省天下り斡旋疑惑や、与党が陥り易い「政治とカネ」問題と並んで、我国民市民が問題視しなければならない事共だ。穿った見方だが、大阪府は、辻元民進衆議の選挙区がある所。もしかすると、遠からず実施の、衆院解散総選挙向けの得点稼ぎの意味合いもあるかもだが。

それ以上に問題なのが、冒頭新設校が、既設の幼稚園同様、教育勅語を重視する学校教育を始める事への牽制に思えてならない。民進党以下、容共諸野党が目の敵にする教育勅語は、それは時代ズレ部分もありはするが、良き日本人の教導の為、有意義な文言も多く、その教育自体を簡単に揶揄するのは自重すべきだろう。むしろ、民進党調査の真の目的は、用地問題と共に、日本国家やその象徴たる皇統を否定する、共産勢力温存の為と言うのは考え過ぎか。勿論これが杞憂なら、それはそれで良いのだが。今回画像は、当地西方の岐阜・滋賀県境辺りの、JR東海道線の様子。時折、この様に在来線の試験列車「ドクター東海」がやって来る事もありまして。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和的生存権~国連精神は、二重基準か

2017-02-21 13:36:32 | 国際・政治

先日の地元紙 C新聞に、国際連合総会にて、昨年暮れに採択された「平和への権利宣言」の記事があった。平和に生きる権利を全ての人に認め、国家が関与する戦争や紛争に、個人が「人権侵害」と反対できる根拠となる宣言の由。我国の非政府組織NGO(「平和への権利国際キャンペーン・日本実行委員会」と称す)も関与、日本国憲法の理念も反映されているとか。いかにも、何かと言えば「人類の理想」を振りかざすエセ人権勢力が喜びそうな内容だが、以下抜粋で、その意図などを見て参ろうと思う。

「平和への権利宣言」

第一条 すべての人は、すべての人権が保障され、発展が実現するような平和を享受する権利を有する。

第二条 国家は、平等、正義および法の支配を尊重し、平和を構築する手段として恐怖と欠乏からの自由を保障すべきだ。

第三条 国家、国連はこの宣言を実施するために適切な持続可能な手段を取るべきだ。市民社会は支援を奨励される。

第四条 寛容、対話、連帯の精神を強化するため、国際、国家機関による平和教育が促進される。

第五条 この宣言は、国連憲章、世界人権宣言および国際、地域文書に沿って理解される。

とまあ、ざっと見て参ったが、総じて理想論に突っ走った印象で、現実の国際社会と真摯に向き合った視点からであるのかどうかは疑わしい。次に、この宣言の採決がどうであったかを見て参りたい。

「平和への権利宣言」を決議した昨12/19の国連総会の採決は、131ヵ国が賛成、34ヵ国が反対、19ヵ国が棄権であった。安全保障理事会の常任理事5ヵ国は、中国(大陸)とロシアが賛成、米合衆、英、フランスの各国は反対。先進7ヵ国G7は、イタリーが棄権した以外、日本を含む6ヵ国すべてが反対した。

賛成は中南米や東南アジア、アフリカ諸国が多い。特にキューバを中心とした中南米諸国は議論を主導したという。我国外務省の担当者は「中南米の国々は、国際法上詰めた議論がなされていない人権について活発に提起する傾向がある」と指摘する。

反対は欧米諸国が多い。この運動で先駆的役割を果たした非政府組織NGOがあるスペインも反対に回った。(引用ここまで)

誤解を恐れずに申せば、この宣言は、中国大陸とロシアの両国が賛成した時点で、もう破綻していると言えるのではないか。特に、南シナ海をメインとする、暴力的とも言える海洋政策や、チベットなど少数民族への弾圧を平然と実行する前者、ウクライナ国や、有志連合とは言え、中東シリアへの度を超えた軍事介入を続ける後者が、宣言諸条を実行し得るのか、大いなる疑問符がつく所だ。両国は、安保理の拒否権と言う切り札を手にしつつ、一方でこの宣言の内容を主導できると踏んだからこそ、いち早く賛成したのだろう。特に第四条の「平和教育」の下りなどは、欧米や我国を抑えての、容共主導のそれになり下がる恐れが大きくある。そうなれば、簡単に迎合して「容共反日こそ正義」などと喧伝するのは、日教組主導の偏向教育であろう。

平和的生存権の具体化を図る勢力は、曲りなりにも法律の規定を経て成立した、安保法制の違憲性を強調して葬り去る意図もある様だ。現行の日本国憲法は、平和的生存権の条文はないはずで、ないものをある様に言いくるめるのは、どんなに学説や判例を並べ立てても、不当な拡大解釈だ。どうしてもと言うなら、憲法改正を是とすべき。そこの所は、前述の外務省関係の方の見方は、我々にとってのヒントとなるだろう。国際法上詰めた人権論議をする事なく、安易に平和的生存権に賛同する諸国を誘導し、自勢力に有利に導こうとする、不良な政治的意図も感じられる。

何よりも、G7など主要先進国の多くが反対するのは、大きな国際問題は、安保理で処理すべしとの前提があるから。筋の通った見解だ。そこへ、平和的生存権などと主張されても、国連レベルでも、余計な混乱の元となる、所謂ダブスタ(Double Standard)と揶揄される二重基準となるだけで、真に国際社会にとっての利益とならない事もあり得よう。当該の我国NGOの言動は、こうした事共を顧慮していない様に思えてならず、支持できない。今回画像は、昨年秋、当地北郊で迎えた、長野方面への燃料列車の様子。先頭の大型機は、次期主力として、試験途上にある所です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国旗・国歌を尊ぶ幼児教育の何が悪い?

2017-02-19 13:48:17 | 国際・政治

趙 春花(日本名 福島瑞穂)社民副党首が、政治勉強会を立ち上げるらしい。「今頃何か?」との感想しかない。更にその先頃、国会議員や地方議員を育てるべく、政治勉強会組織を発足させた、小池百合子 東京都知事の後追いでしかないのではないか。勿論、資格要件に問題がない以上、それ自体は自由だが、問題視すべきは「やっぱり」反日容共的な人物が、講師陣に複数いると言われる事だろう。

これより、我国益や、国民市民の幸せに直結する様な研修よりは、むしろ在日外国人の福利に資する様な活動になる事が懸念される。そこの所は、保守側に立つ我々は、注視を怠らない様にすべきと心得る。勿論、情宣力はかねて指摘の通りなので、決して籠絡される様な事があってはならないだろう。

本題に入る。今朝、あるネット上の記事を拝見したのだが、それによると、2018=平成30年度から施行予定の、保育所に通う満3歳以上の幼児が国旗・国歌に親しむ事を明記した、厚生労働省の「保育所保育方針」に、某民進党女性幹部が異議を唱えたんだそうな。これ、我国の国家の尊厳を否定する日共や、国旗・国歌を軽視する日教組視線からの主張である事は明らかだ。

このネット記事の筆者の方は、哲学者 故・高山岩男(こうやま・いわお)さんのご見解を引用され「国家の最低限度の目的について『国民生活の安寧の確保、国家の独立の保持』『国民の繁栄・福祉の増進、国民の文化、教育の発達向上』であるとし、それを達成する為に国是、そして国策があるのであり、国家の根本には、国民としての共通の基盤(ベース)がなければならない。国柄がそれに当たり、それを表現してものが国旗であり、国家などである」とするとされる。それには勿論、健全な倫理道徳観念の涵養も含まれるはずだ。

翻って、この民進党幹部は一体何を考えているのだろうか。よもや、国家としての「祖国日本の否定」ではあるまい。が、日共との連携まで模索する様な、今の体たらくではそれもありか、とつい思ってしまう。前出の高山見解は健全であり、国旗・国歌に親しみ、やがて尊ぶ幼児教育の妥当性には疑う余地がない。その実施で不都合を感じるとすれば、中国大陸や半島北部の様な、容共反日の連中だろう。勿論、我国のあり様を、そんな勢力の意のままにしてはならない。それに手を貸す様な主張を繰り返すなら、民進党は最早我国の公認政党の資格はないと言って良い。

冒頭の社民、日共、そして自由の各党も似たり寄ったりの所有りだが、まず我々は、そうした勢力を支持しない事、どの様な籠絡の挙に出られても、毅然として距離を置く事だろう。そして、前出の保育所保育方針の妥当性を正しく理解し、健全な納税者に育てる為にも、次の世代を正しく教導する必要がある、と強く感じる次第。今回画像は、当地の東方、東三河の豊川市内を行く、名鉄名古屋本線の特急「パノラマ・スーパー」の様子。このおめでたい「紅白」のカラーリングでの活躍も後僅か。順次若返り更新中で、画像の姿で見られるのも、後二年位の様です。子供達に大人気の、上り東京方のパノラマ席は、勿論これからも頑張ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が心の寝台列車

2017-02-17 19:06:27 | 旅行記
お題「寝台列車に乗ったことある?」に参加中!

コナサン、ミンバンワ!内外は、東芝の経営危機や、トランプ米新政権の行方、それに北鮮の要人 金 正男(きむ・じょんなむ)さん不審死の事共などで騒然としている。拙方も、できる所でそうした事共に言及したい所だが、今回は、又も気になるお題「寝台列車に乗ったことある?」に少し答えようと思います。

寝台列車・・拙記憶が正しければ、我国では19世紀末の明治中期に関西と西日本を結ぶ山陽鉄道(当時。現在のJR山陽線)での運転が始まりだったと聞いている。蒸機時代の旧世代車両が昭和の終わりまで活躍、それ以降は、空調完備、居住性の良いエアサスの足回りを持つ、所謂「ブルー・トレイン」の天下となった。それと並行して、昼夜共に走れる、特急寝台電車も現れ、鉄路の夜の主役として、四国以外の全国で活躍したのは良く知られる所。

拙者が初めて寝台列車に乗ったのは、まだ餓鬼時分の高度成長期の頃で、その時の記憶は飛んでしまったが、十代の頃から後半生の近年まで、何度か世話になっている。十代の頃は、まだ旧世代の寝台車も多く残っており、とに角狭い三段式の寝台が、忘れられない所。幅はやっと横になれる50cm代、高さも低く、不用意に起き上がれば頭を打つ。これは勿論、旧二等のB寝台で、中には空調さえない車両もあったと聞く。暫く後には世代交代が進み、今様のブルトレ車両に置き換わって、まずは幅方向、次に高さ方向と、B寝台の二段化が進んで改善されて行った。

国鉄がJRに移行した平成期には、一部個室の寝台も現れ、首都圏又は関西対北海道を結んだ「北斗星」 「トワイライトEXP」 「カシオペア」がつとに有名だったが、拙方は、数年前まで当地も通った「はやぶさ」のB個室に乗った事がある。格上のA個室に比べれば、それは狭いが、何と言っても施錠できる事で、安心感が違った記憶がある。個室寝台は、前述の各列車以外でも設定がある様になり発展が期待されたが、後述の理由もあって、今ではほぼ消えてしまったのが残念な所。それと、個室でない普通の寝台で良かったのが、電車の寝台だろう。これは特に、下段の居住性が広くて優れ、過日滋賀・米原から新潟まで乗った急行「きたぐに」では、広いA寝台の下段に、当時小児だった親族と「雑魚寝」で夜を過ごしたのも良き思い出だ。

多くの各位に良い記憶のある寝台列車だが、特に今世紀に入ると衰退が目立つ様になる。実は、夜行列車の減便は、山陽新幹線が博多まで伸びた、昭和末期辺りから始まっていたのだが、今世紀からは、九州方面から廃止が始まり、数年前には東京~九州間、更にその後、日本海縦貫線や首都圏~北海道線区からも退き、今や首都圏と山陰・四国を結ぶ「サンライズ」二列車だけの様だ。

背景には、広く知られる様に、空路と新幹線の延伸と拡充、ビジネスなどカジュアル系ホテルの展開と価格革命、更に、高速道延伸に伴う、長距離高速バスの台頭が挙げられる。ホテルもバスも、賃料は鉄道の寝台より安価で、しかも居住性もまあ納得と来れば、これまでの寝台列車は、退場を余儀なくされると言う事だろう。

新しい高級リゾート志向の「ななつ星in九州」 「トラン・スィート四季島」 「トワイライトEXP瑞風(みずかぜ)」と言った、新世代寝台列車の勢力も現れてはいるが、高級志向とあって料金面が高いのと、それにも関わらず、少なくとも向こう数年は希望者多数で抽選となり、乗車機会も希少な様なので、これからは、我々庶民にとっては、雲の上に近い存在になりそうなのが、やや残念。「サンライズ」の二列車も、十年後見込みのリニア中央新幹線開通の折には確実に姿を消しそうなので、次の寝台列車のあるべき姿を、乗る側も走らせる側も、本気で模索すべき時かも知れません。画像は、昨春まで運転されていた「トワイライトEXP」の模様です

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

これでいいのか 教育行政機関

2017-02-15 14:11:15 | 国際・政治

北鮮こと朝鮮民主主義人民共和国の重要人物 金 正男(きむ・じょんなむ)氏が、東南アジア マレーシア国内にて不審死を遂げた様だ。

まだ確認途上の事共もあるので、多言は控えるが、直接には、どうも二人組の女性容疑者に毒殺された疑いがあると言う。そして、不審死の背景には「北」の政治上の事情もあるらしいと聞く。最高幹部、金 正恩(きむ・じょんうん)委員長の意向かどうかも不明のままだ。ただ、金 正男氏は「北」の武器貿易や資金の動きにも深く関与していたとされ、何度かの来日の裏にもそうした事情があったのでは、との憶測も飛び交っている様だ。

一つ申したい事は、金 正男氏は語学にも長け、一国の外務大臣が務まる力量もあったやに聞いている。国家機密上の不都合があったのかも知れないが「北」の上層部は、何か不都合があると、それまで忠勤して来た有能な幹部や近親者をも、次々に粛清の美名の下に葬ってしまっている様だ。「企業は人なり」とはよく言われるが、国家の行政等組織でも、同じ事が言えるのではないか。金(きむ)王朝とか言っても、そうした人材を大切にする視点を持たなければ「北」は国として、早晩行き詰まり、やがて滅びへの道を辿るのではないか。又、我国の「北」同調勢力やその方面のメディアが、一向に問題視せず、黙秘し続けているのもおかしな話である。

こうした、北鮮の抱える問題も、その多くは教育に問題がある所大きいのだが、残念ながら、我国の教育機関も、大口を利けない所がある様だ。まず、文部科学省内部が抱える、数年来の天下り斡旋問題。同省人事部門も大きく関与する組織ぐるみの仕業だった事が明らかになっており、調査途上の所もあるので、まだその進展を見守るべき段階かもだが、安倍現政権下のみならず、それ以前の民主党政権下で行われた所も多いだけに、与野党の立場の差を越え、文部科学省に、全容を明らかにする様働き掛けるべきではないか。どの政権が良いか悪いかの問題ではない。以前からある、中央省庁の体質の問題だろう。異動先で、例えば月数回以下の出勤だけで、年収ほぼ1000万円などと言う、異常な待遇は、決して国民的得心を受けられるものではない。そうした例が、他にも複数あるのか、天下り全体の規模はどの位で、組織としての関与の度合いがどうだったかまで、実態を明らかにして欲しいものだ。この事は、決して与野党対決と言った、政争では解決できない。与党も野党も、その辺りは思考を切り替えて臨んでもらいたい。

もう一つ、横浜市で生じた、いじめ問題についての、教委のお粗末で不適切な対応。先の震災 東日本大震災で、被災地から移動した転校中学生が、何とほぼ150万円の大金を、同級生らにたかられ取られたと言う件。横浜市教委は当初、この大金の動きを、いじめによると認定せず、最近になってようやく前言を翻す始末。全く、理解も対応も遅過ぎる。大抵のいじめは前兆なりサインがあり、それを見逃さぬ様対応する事が大事と言われるが、横浜市教委は、それを実行していたのか、大いに疑問が残る。そも、どれ位教育現場を、日頃から把握していたかどうかも疑わしい。いじめ問題自体は、形や質こそ違え、古くからある事で、どんな教育、或いはその行政組織でも、当事者となり得る性質のものだ。その事を、普段からどれ位理解していたのか?教委も、学校も、教組も、共通して捉え直すべき重い課題ではないのか。それと、横浜市が県都の神奈川県は、所謂朝鮮学校向けの、異常な高額補助金のあり様も問題視される。こちらも、是非糾して頂きたい所。

世界的には、教育は「次を担う人材と、納税者を育てる為のもの」と言われる。我国の関係各位に、果たしてその自覚がどれ位あるのか、残念ながら現状は、大きな疑問符をつけざるを得ない。ここの視点をしっかり持たなければ、次代の人材も納税者も育つはずがないし、放置すれば、やがて我国の衰退を招く事ともなりかねないだろう。今、電機大手の東芝が経営危機に直面しているのも、遠巻きに見れば、こうした問題と無関係ではあるまい。今回画像は、昨年初、京都・大阪両府境辺りの、JR東海道線の様子。ここを行き交う電車や機関車などの鉄道車両、そして新幹線車両や設備などの製作にも、東芝は大きな影響力を持っています。同社の社運は、我国の国運をも左右しかねないだけに、経営陣の適確な見通しと判断を、切に願いたい所です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おきてがみ

おきてがみ

カウントダウンメーカー

ブックマーク

櫻井よしこさん 公式サイト
人気と信念の女流報道家 櫻井よしこさんの公式サイトです。
The Misterious World
多分、本州在住の知友、hicaliさんのブログ。外国語習得など、真摯な姿勢は学ぶ所ばかり。画像掲示板もあります。
The Misterious World(Yahoo)
多才を誇る大切な拙知友 hicaliさんのYahoo blogです。
方丈の里
多分、本州在住の政治社会考察の先輩。勇敢で真摯な姿勢は学ぶ所ばかり。
方丈の里2
尊敬する拙知友、方丈の里さんのブログ続編です。
おぅ!よぅ来たのワレ!まぁ上がっていかんかい!
関西の知友、真美さんの楽しいHPです。
風のように・・・
本州の知友、XkazeXさんの旅日記調ブログです。
ゆうさんのブログ
東日本の知友、ゆうさんのブログです。東日本大震災の折、救援輸送を担った功労者。
ここちいい場所 COZY
東日本の知友、hamiさんのブログと掲示板です。
元気ですかぁ~?!!~~
西日本の知友、だだSANのブログです。
ちょっと大人の面白ブログ
西日本の名医、悟空さんの大人の風情あるブログです。
Sentimental Rhapsody
北日本の知友、鞍馬天狗さんのサイトです。
憂国 喝!
東日本の知友、だいちSANのブログです。
HAKASE(jnkt32)の隠し部屋
拙方のHPです。写真帖、読み物の両ブログ及び画像掲示板等で構成しております。第2読み物ブログはR18成人向けです。
最初はgoo
スタッフブログ

政治(保守)他人気ブログランキング(応援クリックご協力を)

メッセージ

バックナンバー

  • RSS1.0 RSS2.0