COCO ISLAND

自由 気ままに のんびりと・・・

ニュージーランド旅行(13)

2009-03-30 19:50:18 | 旅行日記(海外)
 
  3月1日(日)

 8時半集合  やった~~~!!!

 19世紀半ば イギリス人移住者によって築かれた南島最大の都市クライストチャーチの市内見物です。

 まずは 19世紀末に建てられたビクトリア様式の邸宅 「モナ・ヴェイル」へ・・・   


 


5.5ヘクタールもの広大な敷地内をエイボン川が流れているんです。そしてここを

 今は、市が管理しているんだそうです。

 レストランになっている邸宅内で ランチも味わえるそうですよ!  




  ちょっと逆光で見づらいですがバラ園で~す。今はもうバラはほとんど咲いていませんでした。 


           

             ここは なんでもお風呂だったとか・・・でも外から丸見えですよねぇ~~ 

              大邸宅の敷地内だから お庭を見ながら・・・って感じなのかなぁ?? 

  「モナ・ヴェイル」 を出てこれは車中から見ただけの「追憶の橋」 

   

   第一次世界大戦に出征する兵士をここで見送ったといわれ、現在の石造りの橋は

   戦場で命を落とした兵士を追悼して1923年に建てられたそうです。

          から降りて見たかったなぁ~~  




   これが街のシンボル  「クライストチャーチ大聖堂」 です。

  イギリスの建築家設計したゴシック様式の教会で 1864年の着工から40年もの歳月をかけて

  造られたそうです。

           

            ここで本当は街中で40分ほどのお買い物休憩  わたしと旦那は教会に残って

            教会の中へ・・・・    日曜日だったのでミサが始まると観光客は中へ入れなく

            なったみたいで私達はラッキーでした。 



  この教会は当初、木造建築の建物であったが、良質な石材が見つかり石造りの建物へ変更されたそうです。

 船大工による教会建築のため、教会内部天井付近は船底のような木組みが施されているんだそうです。

 天井・・・見えますか? 木でしょう~~!  ステンドグラスやタイルもステキ~~!! 

               

               教会好きの私にはたまりません! これは横から撮りました。  

               63㍍の尖塔は鐘楼になっていて中程に展望台があるんだそうですが

               勿論上る時間はありませんでした。 

   

   クライストチャーチ唯一の市内鉄道であるトラム(路面電車)が大聖堂周囲を環状運転しているそうで

   お花に飾られたトラムが   ・・・・   この街並み、何となくオーストラリアのメルボルンに

   似ているなぁ~~って思いました。



  大聖堂近くにあるヴィクトリア・スクエアの入り口には、イギリスのヴィクトリア女王の

  像が建てられていました。



         このクライストチャーチに 2日ほどで良いから泊まってゆっくり観光したかったです。

         なのに・・・・午前中だけさらっと廻って もう  で次の街に行くんだとか・・・

          めっちゃ残念な気分でクライストチャーチの街を後にしました。 
   
コメント

春を見つけに・・・

2009-03-29 21:40:53 | ぷらっとお出かけ

  ここ2.3日 大阪も冬に逆戻りのように寒いです。

  今日は  なんですが結構風が  吹いて寒かったのですが

  旦那の   に付き合って 春を探しに万博後の日本庭園に

  ちょこっと行って来ました。    


 
  

  サクラはまだちょっと早いみたいで   の良く当たるところだけ咲いていました。

  来週には5分~7分咲きぐらいには なるでしょうねぇ~~。 


            

                 代わりに 私にぴったりの ぼけの花が綺麗に咲いていました。 
 
                 1眼レフの旦那の  とは違って私の  ではこの写りがやっとです。 


  

     天に向かって真っ直ぐ伸びる竹林の下には・・・・・・  


 

    ほぉ~~~~ら!  可愛いたけのこが ・・・・・   

   
           ちっちゃい 春 みっけ~~~~!   
コメント (2)

ニュージーランド旅行(12)

2009-03-28 19:46:38 | 旅行日記(海外)
 
  ランチが終わって又   

   から時々 小雨交じりにもなって来ちゃいました。   約2時間後 デカポ湖に到着!    
  

 
 

  湖の色 変わっているでしょう~~!!    ミルキーブルーに輝く湖

  マウント・クックの裾野の 高原地帯にあるデカポ湖は 国内で8番目に大きな湖で

  氷河から流れ出た水に岩石の微粒子が混ざり合ってこんな色になってるんだそうです。


  そして写真の湖畔の真ん中へんに小さく写っている家、   見えますか 


  

  近くに行くと・・・    これなんですが 「善き羊飼いの教会」 です。



  この教会は、70年以上前にこの地方の開拓者が建てた石造りの小さな教会だそうです。

  ガイドブックには 『 万年雪をいただくサザン・アルプスの峰々を背景に、美しい湖畔にたたずむ

  教会の建物は、ニュージーランドを代表する美しい景観のひとつに挙げられる 』

  って書かれていましたが残念なことに それを味わう事は 小雨  模様の状態では

 出来ませんでした。 

  その上に丁度 結婚式が行われていて教会の中にも 入れませんでした。 



            

   でも・・・偶然にもお式が 終わったみたいで 花嫁花婿 神父さんも出てこられて

        幸せいっぱいのところの写真が撮れました~~!!!    


  この後 カンタベリー平野を またまた   

  到着地であるクライストチャーチまでの 約 3時間あまり お天気の悪いのも

  理由の1つですが・・・・  ほとんど      状態・・・




  途中で・・・ガイドさんの1日に2本ほどしか走っていない    です。

  っという声に 慌てて    


  この日は本当に 移動のみの1日になってしまいました。  

  
     明日は  天気   になってくれ~~~~!!   
コメント

ニュージーランド旅行(11)

2009-03-27 20:37:08 | 旅行日記(海外)
 
      2月27日(金)

  今日は今日はニュージーランドのもう一つの世界遺産「マウントクック国立公園」に行きます。

  昨日よりはゆっくりめの、8時の集合でした。お天気も    

  このままのお天気だと氷河遊覧飛行ができるそうです。ヽ(^。^)丿イヤッホー

  
  約3時間          トイレ  休憩に立ち寄った所には

        間近にヒツジが見れる牧場が・・・・・  


  

  車窓からは 広~~い牧場で沢山のヒツジや牛や馬が放牧されているのが見えますよ!  



       

          でもここまで 間近でドアップは、初めてで~~す! 


   上の写真の  を見てください!    晴れているんですが霧が出ているようで・・・・

     が飛んでくれるか ちょっぴり心配になってきました。   

  
 ここも この間行ったミルフォード・サウンドと同じで とっても雨の多い地域だそうで

 降雨日数は160日とかで 山がしっかり 見える日が少ないとか・・・ましてやセスナ機での

 遊覧飛行は 安全第一なので お天気でも風がキツかったり、霧が出ててもアウトらしい。  

 天気がよければ  氷河着陸をして 実際に氷河の上に降りることが出来るそうなんだけど・・・


  

  結局    の中で今日のフライトは中止になったことを聞かされました。  

  その上にどんどん天候が怪しくなってきて マウントクック国立公園内にある

  ハーミテージホテルに 到着した頃にはこんな状態に・・・・・   

  このホテルはマウントクックを始めとするサザンアルプス   の名峰の数々が

  すぐ目の前に眺められるらしいのですが・・・・  



  ちなみに ニュージーランドの南島の背骨といあれるサザン・アルプスの中で マウント・クックは

  標高3754㍍の ニュージーランドの最高峰なんだそうです。

  そして、国内には300㍍級の山が30近くあるそうですが そのほとんどがこのマウント・クック周辺に

  集まっていて マウント・クックの横には全長約28㎞におよぶ巨大なタスマン氷河が

  横たわっているだそうです。 

  運がよければ このタスマン氷河に足を踏み込めたはずだったんですよねぇ~~  

 
 
    

     正直 右も左も、後を向いてもこの状態ではテンション下がりっぱなし・・・・  

    ミルフォード・サウンドがあれだけ    で最高な景色を見せてもらったから

   ここは我慢しないと厚かましいのかもしれませんが・・・・

  やっぱり  ていて欲しかったなぁ~~これでは  を撮る気にも・・・・  
コメント

ニュージーランド旅行(10)

2009-03-26 18:50:30 | 旅行日記(海外)
 
 遊覧船がUターンする付近のシール・ポイントで、岩の上で昼寝をしているアザラシが見えて来ました。


        

            をいっぱい受けて気持ち良さそうですねぇ~~   



     そして そこからしばらく行くとスターリン滝滝が見えてきました。  

 

   この滝は落差146㍍もあり それはナイアガラの滝のおよそ3倍だそうです。 

   イギリスの海軍大佐スターリンに ちなんで名付けられたそうです。

   船はどんどんスターリン滝に近づいて船の舳先を滝の真下に着けてくれました。


   それはまぁ~~めっちゃくちゃど迫力ですよ~~!水しぶきを浴びながら頑張って

  撮った動画で~~~す!  

                      是非、是非見てくださいね     

       
    

 
 どっぷりとマイナスイオンを浴びて10年若返ったかなぁ??なんて冗談を言ってました。 


                 

                    頂上に雪が残っている山が ペンブロック山 です。  




 ボウエン滝 「リネ・ヒネ・テ・アワ(小川の少女の滝)」とも呼ばれているそうです。

 ダレン連山の谷間より流れ落ちる落差160mの大きな滝で、1871年にHMSクリオ号で

 ミルフォードを訪れたジョージ・ボウエン卿の妻エリザベス・ボーウェンにちなんで

 名づけられたそうです。   

    

     向かって左の山が 海底から直接そそり立つ山としては世界一高いと言われている

      マイター・ピーク(標高1692m)で~~す!

      この山は司教のかぶるマイター(冠)に似ていることから名付けられたそうです。


   これでミルフォード・サウンド・クルーズはお仕舞い!



   またまた5時間半  に揺られてクィーンズタウンに戻ってきました。

         帰りのバスの中ではほとんど  状態でした。  


  クィーンズタウンの街でしばらくお買い物タイムが取られました。

  私達、夫婦は  タイムで~~す! 


 

         ワカティプ湖に面して広がるコンパクトサイズの街   


       

           もう少しゆっくりと街の中も散策したかったのですが・・・・

                 残念ながらクィーンズタウンとも今日でお別れです。 
コメント

やった~~~!!!

2009-03-24 20:27:58 | Weblog
 
 WBC2連覇達成しました~~~!! 

 それも韓国に勝ってだから余計に嬉しいで~~す!

 あのマウンドに旗を立てられるという屈辱を味わって・・・

 それでも勝ち進んで行った日本!

 正直、アメリカに勝った時点では、又 韓国とか・・・決勝で韓国に負けて、あの

 屈辱を味わうのなら、アメリカに負けて終わっておいた方が良かったって思う

 だろうなぁ~~って私は、思ってたんですよ。

 でも勝ってくれて本当に良かった!こういう事は言ってはいけないのかもしれない

 けれど・・・ざま~~みろ!って・・・大阪の根っから正直なおばちゃんは思いました。 




 ところで・・・陣内さんと紀香さんの離婚・・・本当に残念です。

 これも大阪のおばちゃんとしては・・・陣内さんが可哀想~~~。。

 彼 一生懸命 東京と大阪を毎日通って頑張ってたやん。でも帰ったら奥様は仕事で

 海外ばっかり行ってほとんどいない。 浮気が原因らしけれど その原因の

 原因を作ったのはやっぱり奥様では??

 芸人の嫁になる!って言ったんだったらもう少し彼に歩み寄って努力して欲しかったなぁ~~。

 簡単に結論を出しすぎでは??


 それともう一つ 引っかかるのが親族が離婚届を提出した!ってところ・・・

 両方の親族が集まって話し合ったそうだけど・・・いい大人同士の夫婦間の事に

 親は必要ないでしょう! 紀香さんが別れよう!と決心したんなら自分で出しに行く

 べきだったと思うけれどなぁ~~~。親が出しゃばりすぎ!

 って思うのは私だけかなぁ????

  
コメント

ニュージーランド旅行(9)

2009-03-23 19:58:58 | 旅行日記(海外)
 クィーンズタウンのホテルを出発して約5時間半 やっとこせ ミルフォード・サウンドにやって来ました。


 ミルフォード・サウンドはニュージーランドの南西部にあるフィヨルドです。

 世界最大級の広さをもつ、フィヨルドランド国立公園の中にあり テ・ワヒポウナムの名称で世界遺産に
 
 登録されています。 ミルフォード・サウンドのサウンドは「入り江」という意味だそうです。


            この船に乗って いざ!ミルフォード・サウンド・クルーズの始まりです。  

                タスマン海まで片道15キロのクルーズの始まりです。 

              

  ミルフォードサウンドは大昔氷河が削ってできた大きな谷に海からの水が上昇してきてできた

 入り江だそうです。平均水深は約300m、長さは約16km、その先は「タスマン海」へとつながっています。



         

     船に乗って まずは腹ごしらえと・・・昼食に懐石弁当が出されました。

      外国で食べる日本食はイマイチなんですよねぇ~~。。 

      早々と食事を済ませて甲板に・・・・・  

  

   ニュージーランドの国旗が青空にたなびいてま~~す。


            

             削り取られたような山肌、岩壁を流れ落ちる無数の滝、見えますか~~?

             あまりの高さに   が差しているにもかかわらず こんな感じです。  


          
       

       甲板からまわりを見渡すと・・・・こんな感じです。動画も見てね!   



  船着き場を出てからかれこれ 40分ほどで大海原のタスマン海に・・・

  ここから西に1800キロの進むとオーストラリアがあるそうです。  


  

         タスマン海から ミルフォード・サウンドを見た写真です。
コメント

旅行記は休憩ね!

2009-03-22 19:38:38 | ぷらっとお出かけ

 昨日、 あまりのお天気の良さに  ひょっとして そろそろ    チューリップ

 でも咲いているだろうか??と思って 鶴見緑地公園(花博会場跡)へ行って来ました。


   

  残念ながら 毎年  チューリップが植えられている 水車の下はまだ早かったみたいで

  最近植えられた!って感じの葉だけのチューリップでした。その代わり 菜の花が・・・・



         


          ステキな絵を見つけました。  描いた方がいらっしゃらない間に     

              こんなところからも 春を感じますよねぇ~~~  


 

  
    我が家のお嬢様方も しっかりお散歩が出来て良かったね! 

    
       やっぱり 春らしくなるって良いワン!   
コメント

ニュージーランド旅行(8)

2009-03-21 19:26:28 | 旅行日記(海外)
 
 バスの中からからだけだったのですがピラミッドピークから流れでる「クリスティーの滝」

 もバッチリ撮りましたよ!    


         


         この滝は 雨がやんでも枯れることのない永遠の滝って言われてるそうです。

                 滝壺に溜まったお水の綺麗なこと   




  そして世界で初めてエベレストに登頂した人物エドモントヒラリー卿が練習のために登った

  山と言われる「タルボット山」 も  なのでバッチリ見えました! 


  

   真ん中の先の尖った山が 「タルボット山」で~~す!

   ちょこっと  が かかってるのが残念だけどそれは贅沢と言うものですよね!  



     そして これがタルポット山周辺の動画写真です。そびえ立つ山々の様子

     動画でも是非見てくださいね!    

       
        
        


  ミルフォードサウンドに入る手前にある全長1207mのトンネルが 「ホーマー・トンネル」

  です。トンネルの前に  信号機があって 私達が通るときは丁度赤だったので

  バスを降りて  を・・・・



  切り立った崖に囲まれた風景に圧倒されました。日本では絶対に見れない景色ですよねぇ~~。

    が青になってトンネルの中に入っていったのですが・・・これが中は真っ暗! 

   怖いですよ~~~!よくこんな中をバスが走れるなぁ~~!私だったら絶対無理!って思いました。

   それに岩を切り開いただけの荒削りなトンネルだそうで・・・最近付けられたという

  日本では絶対に考えられないような  明かりで、その表面も何とか見て取れました。

   
 
  トンネルを抜けてしばらく走った後は 今度は森林浴が 楽しめる「ギャズム」へ・・・

        「ギャズム」とは「大きな裂け目・亀裂」という意味だそうです。  

        急流により侵食された岩が、口を開け、裂け目のように見えるからそのように呼ばれているとか・・・  
 
              



    原生林に囲まれた遊歩道を歩いていくとこんなステキな光景も・・・

    ここは世界一 寒い熱帯雨林だとか・・・バックにそびえ立った雪の残る山を見ると

    何となく 納得ですよねぇ~~~~  

 
コメント (2)

ニュージーランド旅行(7)

2009-03-18 20:36:38 | 旅行日記(海外)
 2月27日(金)

 5時半モーニングコール 7時集合という 朝早くからの出発で ニュージーランド原生の

 自然が残る 1986年、周辺の国立公園と共にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された

「フィヨルドランド国立公園」に向かいました。  




 周りはまだ暗く・・・雨は降ってはいないのですが霧のようなものも出てて寒いぐらいでした。

 約、2時間 普通の道でもこちらは100キロで走行がOKだそうで延々と走り続けて

 ワカティプ湖の畔を南に下り、テ・アナウ湖の街でおトイレ休憩! 





 テ・アナウ湖は 南島では一番 大きく、ニュージーランドでは、タウポ湖に次ぐ2番目に大きいとのことです。

 テ・アナウから50分位の所に、ミラー湖があります。 


            


      この湖はその名のとおり、水面に波が無く鏡のように平らで・・・ね!綺麗に映ってるでしょう~~!

       雲で山が隠れて 水面に映ってないのが残念です。





  湖の中の草むらの水際を見てくださ~~い!ズームがこれぐらいしか寄れなくて

 ちょっぴり見難いですが 逆さ文字の看板 が立てられているのわかります??

 湖面には ちゃんと「 Mirror Lakes 」って映ってるでしょう。やっぱ見難いかなぁ?  





 ミルフォード・サウンド付近の年間降水量が東京の5倍 「1年のうち 300日は

  雨が降る」 と言われるほど、雨が多い地域・・・って聞いていたので雨を覚悟して

 しっかり  雨具の用意をしてきたのですが、この日はどんどんお天気が良い方向に・・・ 



              

                ねっ!どんどん  が減ってきているでしょう~~!

                      これはこの後が楽しみになってきました~~~!   

コメント (2)