COCO ISLAND

自由 気ままに のんびりと・・・

信州方面旅行(6)

2009-11-30 20:49:48 | 旅行日記(国内)
      
             11月3日(火)

 前日の晩の天気予報では、夜中の間に  雪が降る! って事でした。

 上高地へ行く予定を立てていたのですが・・・・

 上高地は環境保護のために マイカー規制が  行われていて、もともと一般車は通行できない

 らしいのです。 一般車は、長野県側の沢渡駐車場か 岐阜県側の平湯温泉の郊外にある

 アカンダナ駐車場に車を止めて シャトルバスかタクシーを利用して上高地バスターミナルへ

 行くのです。私達は 最初 長野県側の沢渡駐車場まで    で行くつもりでした。 

 でも・・・ 夜中に  が降れば道が凍結している可能性もあるわけで・・・

 高速道路だったら凍結したら通行止め!って事もあるだろうけれど普通の地道の場合は

 自分達の判断に委ねられる訳で・・・・ 私達の一番恐れていたことが・・・   

 凍結しているかもしれない地道を走るのは怖くて到底無理!   

 で、ホテルの人にいろいろお聞きすると松本から 上高地バスターミナルまでの直行バスが

 出ていると教えてくださいました。丁度この日は松本城のお祭りだとかでホテル前が

 朝9時から夕方4時まで通行禁止だそうで・・・4時までに帰ってくるのであれば   を

 ホテルの駐車場に置きっぱなしでも  と許可も頂き 一件落着したのです。 



 
 朝、起きてホテルから外を見ると昨日とは違った雪景色の山々が目の前に・・・ 

 こんな事もあろうかと、ダウンジャケットをちゃんと持ってきていたんですよねぇ~~  

 しっかり冬支度で 9時前出発の  に乗り込みました。


        

 
 紅葉した山の木々が パウダーを振ったように  を被っています。  


              

    から見える景色は完全に冬景色ですよねぇ~~  

            マジで   で来なくて良かった~~~!!   


 写真を撮るのが目的の旦那は 手前の大正池で降りて写真を撮りながら 上高地バスターミナル

 まで来ることに・・・足の悪い私はどう考えても この雪道を沢山歩くのは無理なので

 バスターミナルまで    で行って カッパ橋あたりで旦那を待つ! という事にしたのです。

        

           やっとこせ 「 上高地 」 に到着です。 寒い~~!!!

 ちなみの皆さんよくご存知だとは思うのですが一応・・・・      

 上高地とは、長野県西部の飛騨山脈南部の梓川上流の景勝地で、標高約1,500mの所で

 北アルプスの谷間にある、大正池から横尾までの前後約10km、幅最大約1kmの堆積平野の事だそうです。



      


     バスターミナルから 滑りそうになりながらゆっくりゆっくり歩いて・・・・


     やっとカッパ橋だろう橋が見えてきました。山の上の方は見えませんねぇ~~    




 
コメント (2)

信州方面旅行(5)

2009-11-29 20:17:28 | 旅行日記(国内)
 今日のお泊まりの松本に戻る前にまたまた安曇野に行きました。  

 昨日 行けば良かったのですがお天気の良い間に野尻湖に行きたかったので天候に左右されない

 この場所は後回しに したのです。    

 それにしてもお空の様子が又 おかしくなってきました。   



 高速道路を走っている時に  の中から撮ったんですが  

 左半分は  が出ていて明るいのに右半分は今にも  が降りそうなほど真っ暗・・・

 こちらに来てから、大阪では見られないような天気の変化に驚かされっぱなしです。  





     この    さん! 何で出来ているかわかりますか?

     そうで~す!スプーンなんです。

     ここは 「 スプーンアートのギャラリー&カフェ 」なんですよ!   




 スゴいでしょう~~!! スプーンにフォーク、お鍋にフライパン!いろんな物を使って

  に   カニやおたまじゃくし等々・・・・ が勢揃い

 スプーンやフォークなど、身近な道具を使ったオブジェ「スプーンアート」を制作している

 安曇野出身の造形作家さんなんです。  


             

              店内はこんな感じで、テーブルなんかも普通じゃない!

              メニューもビニール傘に書かれていたり もうユーモアー満載!  

 

   こちらはおわかりの通り、ブドウやにんじん 

   この造形作家さん、美大を出ているとかでなく全くの素人さんだったそうです。
 
   他にも 沢山のおもしろい作品が山積みでした。めちゃくちゃ楽しい所ですよ!

   そしてその極めつけが これ      

           


              「 スプーンマン ! 」

         もちろん 造形作家さんご本人が私達の為に変身して下さったんですよ  

      何でもスプーンマンは子供たちのヒーローでだそうで 病院などへの慰問活動も

      行っていらっしゃるそうですよ。


 ここを出て松本に戻る頃には雨風がめちゃくちゃ強くなってました。   

 気温もスゴく下がってるようだしビニール傘はあっという間に潰れてしまうし・・・ 

 明日の天気が心配で・・・・・明日は上高地に行く予定なんですよ~~~!  




コメント (6)

信州方面旅行(4)

2009-11-28 19:51:08 | 旅行日記(国内)
      
          11月2日(月)

 長野と言えば・・・・善光寺さんですよねぇ~~!!

 やっぱりここまで来て 善光寺さんをお参りして帰らないわけにはいかない!と思い

 行って参りました。 宿泊したホテルから歩いていける距離だったので  は置いたままで

 歩いて行きました。  


 

   善光寺参道入り口で~す!昨日の雨はすっかり上がり       

               

  仲見世通りです。ここでおやきを食べました!美味しかったですよ~~!!

  善光寺は、1400年の歴史を持つ日本を代表するお寺です。  

  そして 創建から一宗一派にこだわることなく常に全ての信徒を受け入れてきたそうです。





 もちろんよ~~く知られた本堂ですね!

 『 平安時代の末期。当時、有名なお寺は決まって女人禁制でした。ところが、善光寺は

 最初から庶民の寺で女性も救う寺として知られていました。身分の差も男女の区別もなく、

 お参りすれば誰でも極楽往生できると信じられ、全国から老若男女が訪れるようになったのです 』

 と、書かれてました。正直全く知りませんでした。   



こちらは本堂の中から三門の方を撮しました。

本堂で母親にボケ封じのお守りをお土産に買いました。えぇ??私には?って??

それはまだ早いだろう~~!と・・・    


                 


                    さすがにこちらは紅葉も早いですねぇ~~!

                     とっても とっても 綺麗でした。   
  
 

 これが長野で買ったお土産! 先ほど母に~!って言ってたボケ封じのお守りと

 一味の KitKat    そうそう 「かんずり」も買いましたよ!     


 ホテルに  を取りに戻り 松本に戻る途中の「 川中島古戦場 」に向かいました。 



            八幡原史跡公園(川中島古戦場)

信玄と謙信の川中島の戦いの中で、永禄4年(1561)の戦いの舞台になったのが八幡原だそうです。

 公園を囲むように桜が植えられ、花の時期は見事らしいですがこの赤く色づいてるのが桜の木だと・・・


           

         武田信玄・上杉謙信の一騎討像もあったのですが それよりもこの 何とも言えない

         紅葉とは又違う赤い色に目が・・・・大阪ではこんなの見たことないですよ~~!   



コメント (4)

信州方面旅行(3)

2009-11-26 20:17:28 | 旅行日記(国内)
 
余談になりますが・・・・今回の旅行のブログを書き始めるとき タイトルを何にしようか?

 ってめっちゃ迷ったんです。   

 本当の目的である ブリーダーさん宅は新潟県なんだけれど 新潟県にはそのお家に

 行くために立ち寄っただけで 観光は全くしていないんですよね!   

 殆どが長野県・・・この長野県あたりって「信州」「信越」「信濃」「上信越」・・・

 なんか詳しくない私でもいろんな名前が出てくるんですよ!そのくせそれが何処を挿しているか

 正直よくわかっていない。     後で行く上高地は何県?? 馬籠は岐阜だよねぇ~~

 なんて考えているとわかんなくなってきて・・・仕方なく「信州方面」ってタイトルに・・・  


 話を戻して・・・・

 碌山美術館を出て 新潟のブリーダーさんとのお約束の時間までに 新潟県と長野県の

 県境当たりにある 野尻湖に  を走らせました。

 お天気がとっても心配だったのですが・・・  

              

             途中には   こんな景色も・・・・ 都会のど真ん中で生活をしている私達にとっては

             とっても珍しくて・・・   思わず   を停めて  

             山の麓では 何かを焼いているのか 煙も・・・・   





 結構 山を登ったり降りたり・・・やっとこせ 野尻湖が見えてきました。

 野尻湖は ナウマンゾウ化石が出土する湖として有名になりましたよねぇ~~!


               

      でも・・・・・湖畔に着いた頃には  が・・・・       

      湖面に写る紅葉した山々の写真を撮りたいと思っていた旦那ですが・・・それどころか

      段々雲が厚くなって  まで降ってきました。

      早々と諦めて新潟に向かうことに    



 やっぱり山の天気は変わりやすいですねぇ~~高速道路に入った頃には霧は出てくるは

 雨脚は強くなってくるは・・・・柏崎に着いたときはバケツをひっくり返したほどの  に・・・・


  でもまぁ何とか無事にブリーダーさん宅に到着! そしていよいよご対面~~!
 



 思った通りの可愛い   ちゃん!

 そしてお母様も会わせていただきましたよ~~!    




    pretty ! pretty !     

     ブリーダーさんといろいろお話をさせていただいている間にはこんな光景も・・・・  

      


           いや~~~もう堪りませんねぇ     

   こちらのブリーダーさんのお考えで、12月の半ばでないとお渡ししていただけないので
  
   その時は空輸で送ってもらう事を決めてきました。    での輸送よりその方が

      にも負担が掛からないから良いそうなんです。


 新潟の柏崎まで本当に 長い距離でしたが やっぱり来て見て良かった!と思いました。

 もう あのまますぐにでも連れて帰りたかったねぇ~~と旦那と話しながらこの日

 泊まる長野まで戻りました。高速道路は真っ暗な上にスゴい  だったので
 
 慎重に  を走らせました。   



コメント (4)

信州方面旅行(2)

2009-11-24 20:33:28 | 旅行日記(国内)
   
            11月1日 (日)

 朝の天気予報が  のち   ・・・

 なんかめっちゃ急変するらしい・・・朝起きた時点では快晴!!

 でも何時どう変化するか・・・(予報では昼過ぎから雨・嵐と・・・)

 お天気の良い内にまずは 松本市内にある 「 旧開智学校 」 へ・・・・   

           

 1873年(明治6年)に開智学校 として開校された 日本で最も古い小学校のひとつだそうです。

 国の重要文化財に指定されています。中も見学出来るそうだったのですがお天気が
 
 心配だったので私が今回の旅行で1番行きたかった所に  の間に立ち寄りたいので

 中の見学は却下しました。 

 

  そして  これが今回私が 一番来てみたかった「 碌山美術館 」で~す。

 「東洋のロダン」として知られる東穂高村(のちの穂高町(現在の安曇野市))出身の

 近代彫刻家・荻原碌山 の個人美術館だそうです。

              


 って言っても私、正直「ロダン」は一応知ってますが「荻原碌山」っていう方は全く知りません。 

 彫刻も美術館も殆どと言って興味ないんです。この教会のような建物!これが見たかっただけなんです。 

 それにしてもこの風景 季節によってきっとガラッと違ったでしょうねぇ~~  




 尖塔に不死鳥をいただき、外壁に焼きレンガを積み上げた西欧教会風の建物。1958年に開館し、

 以来、安曇野のシンボルとして多くの人々に愛されているそうです。

 この時期だけにしか見れない風景    ・・・でも新緑の季節もきっとステキでしょうねぇ~~!

   で本当に良かった~~! 旦那は最初 私が美術館!って言うからなんでそんなところ?

 って思っていたみたいですが この景色を見て納得してました。 

 

            

              これって何の木なんでしょうかねぇ??  

              めちゃくちゃグラデーションが綺麗だと思いませんか?  

              関西ではこんな色づき方はあまり見かけないんだけれどなぁ~~  




   おまけにもう1枚!!    

  そうそう! ちなみに美術館中の 作品はほとんど見てません。   

 そして・・・旦那は中には入りもしませんでした。  

 でも中の作品を見なくても しっかり入館料は取られましたけどね!  



コメント (2)

信州方面旅行(1)

2009-11-23 19:40:48 | 旅行日記(国内)
  
          10月31日(土)

 7時には我が家を出発、吹田インターから 名神高速道路に・・・そして京滋バイパスを

 通って一宮ジャンクションから中央自動車道に入りました。

 やはり土曜日と言うこともあり  は多く その上途中2度も事故のために

 大渋滞に巻き込まれました。  

 中央自動車道の岡谷ジャンクションから長野自動車道へ入り今日の目的地の安曇野の

 わさび園に近い 豊科インターで降りました。

 ここまでの距離 370キロ  ネットで単純に所要時間が書かれていますが

 それでは 4時間26分と記されていますが 途中何度も休憩しながらその上渋滞にも

 巻き込まれたので結局わさび園に着いたのは 午後2時半過ぎで7時間半掛かりました。 



   

        「 大王わさび園 」

 北アルプスの湧水を使って栽培されている 日本最大規模のわさび園だそうです。  

 秋の雰囲気を醸し出す周りの木々とは対照的に青々としたわさびの列 ステキですよねぇ~~!  


 1年中栽培されているそうで水温も常に12度に保っているとか・・・


              


                    ワサビ畑脇の万水川です。 

                       何と言っても やっぱりお水が綺麗!透き通ってます。  




  そして広い! 1917年に開業されたそうですよ!

 名物だという ワサビソフトクリームも食べましたが 正直思ったのとは違いました。

 あまりわさびの味がしませんでした。 


   

        黒沢明の映画「夢」のロケに使われました。(ロケのために作られた) 水車小屋!

        いや~~これは最高!    正直もう少し早い時間に到着していたら 日差しの加減が

        もっと良かったかも・・・・ と旦那が残念がってましたが それでもここでかなりの時間

        写真を撮るのに 粘ってはりました。    


 わたしはその間 お土産を見に行ってたのですが、生のわさびを持って帰る訳にはいかないし・・・

(着いたばかりで4日間お泊まりしないいけないから・・・)

 わさび漬け等も 要冷蔵みたいで・・・結局な~~んにも買わず仕舞いでした。

 それでも5時過ぎまでわさび園にいて、その後 松本市内のホテルに    


  何となく、こちらは大阪より  が陰るのが早いように感じたのですが・・・・気のせいかなぁ??

コメント (8)

仔犬探し・・・(3)

2009-11-22 00:17:08 | Weblog
 
 最初は 飛行機で新潟まで行き、レンタカーを借りてブリーダーさん宅へお邪魔し

 ホテルで1泊して飛行機で帰る ・・・・ という計画を立てました。

 飛行機とホテルをパックで取ると飛行機だけの料金より安くなるのですが10日前までに

 予約が必要とか・・・・その上一番安くても2人で1泊2日で 7万円以上掛かる。  

 土日高速料金1000円を使うと・・・ただしもう私達の年齢では新潟までノンストップで
 
 車を走らせるのはキツい!     その上、ただ仔犬を見るだけに長距離を走るのも

 勿体ないなぁ~~  折角だから 旅行がてらあちこち連泊して 目的を果たすのも

 悪くはないのでは??  っと遊ぶことになったら やたら目を輝かして あれこれ策を

 練る私は さっそくお宿選びから・・・・   


 11月21日から3連休だと 高速料金はばっちりなんだけど ブリーダーさんにそこまで

 待ってもらえるかどうか心配だったし、それよりなにより 1番の心配は 雪   

 なんせ、私達夫婦は 道を走ったことがない!   当然    もノーマルタイヤ!

 途中で雪でも降ったら帰って来れない   

 と言うことで 急だったのですが 10月31日土曜日から行くことに・・・

 ブリーダーさんは会社勤めをされているので お会いできるのは休日、11月1日に

 寄せて貰うことにしました。  

 
 で、10月31日 松本で1泊して次の日にブリーダーさん宅へ 

 そしてどうも新潟は あまり見るところがないみたいなので 長野に1泊・・・

 金沢経由も考えたのですが 以前に金沢、富山方面は旅行しているので 却下して

 岐阜の馬籠方面を観光して帰る予定を立てました。   

 温泉などは宿泊料金が高くなるので泊まらず、シティーホテルばかりを選んでコストダウンを・・・

 こういう時、本当にネットは有り難いですよねぇ~~~!!  

 今回の旅行計画は 車の運転時間と観光場所選びで 何度も変更を重ねたのですが

 ネットでのホテル予約はその都度、予約を入れたりキャンセルしたりが簡単に自分で

 誰に気兼ねすることなく出来ますものねぇ~~   

 
 又、この旅行で撮した写真をアップしていきますんで良かったら見てやってくださいね!



コメント (8)

仔犬探し・・・(2)

2009-11-20 20:40:28 | Weblog
 何故、私がこの新潟のブリーダーさんに惹かれたかというと・・・



  別に仕事を持たれていて、犬は人間と同じスペースを共有されていて しっかりと管理できる

    頭数しか飼っていらっしゃらない。


  ダックスにはアメリカ系やイギリス系、ドイツ系があるのですが、ドイツ系だけにこだわって

    あれやこれや 流行を追うような色物の繁殖は一切行っていらっしゃらない。


  仔犬を商品のように表示したくない!というお気持ちから 敢えて仔犬の価格を表示していない。
  

  何よりも仔犬の発育期にとって大切な時期を親、兄弟とともに過ごさせたいという

    お気持ちから敢えて仔犬情報への掲載を遅くされている。

 

 等・・・犬のことをとっても大切に思われている事がHPの中から読んで取れたことです。

 それともうひとつ、HPの中にブログがあるのですがその中に撮されているこの犬舎での

 歴代の犬たちのお顔が私達が探し求めていた犬に近かったんです。   




 そのHPに、生まれて間もない 5匹の仔犬を抱いた写真が出ていたのです。

 その仔犬の生まれた日から考えると 1ヶ月以上経っていたのですが、このブリーダーさんの

 お考え通り 仔犬情報が出ていなかったので、思い切ってメールを出して 譲り先が決まっていないか

 決まっていなかったら その後の仔犬のお写真を見せていただけないか?をお聞きしました。

 後日、すぐにお返事を頂き、譲り先はまだ未定との事、そして私の希望した女の子達の

 写真も送って下さいました。その子達はとっても可愛くて 旦那も私もとっても気に入ったのですが

やっぱり実際に仔犬を見て決めたいし、犬舎も 親犬も見ておきたいと思ったので

 めっちゃ遠いけれど 新潟行きを決意したのです。   





 
コメント (6)

仔犬探し・・・

2009-11-19 20:16:58 | Weblog

 MILL が亡くなって2ヶ月弱が経っちゃいました。


 1ヶ月が過ぎた当たりから 新しい出会いがないかとネットでブリーダーさん探しが始まりました。


 ブリーダーさんを見つけては子犬に会いに行く・・・この子も良いかなぁ~~でも  

 ちょっと大きさが・・・色が・・・っと なかなか思う子に巡り会えません。


 ダックスのブリーダーさんは結構いらっしゃるんですが・・・やっぱりPCの写真だけで

 判断するのは難しいので どうしても実際に会って見れる範囲内で探す!となると

 自ずと範囲が狭まってくるんですよねぇ~~。。 近畿圏内でってなるでしょう~~~。。


 京都方面の亀岡、丹波、兵庫県のあの豪雨で大変な被害を受けた佐用町にも行きましたよ!
 
 もうこの子で決めようか!  って所まで行ったワンチャンも・・・

 だけど完全にみんなの意見がまとまった訳ではなく結局、もう1度慌てずに 1から

 探し直すことにしました。  MILLがあまりにも私達に良い思い出を作ってくれただけに

 なかなか これ! という決定づけるものがないと 踏ん切りが付かなくて・・・


 次男の住んでいる千葉の方面も彼に任せて探して貰いました。

 もう近畿圏に縛られずにちょっと他も探してみようと いろんな所のブリーダーさんをも

 検索し始めました。ダックスの赤ちゃんが生まれました!という記事を見ては子犬の

 写真や色、親犬の大きさなどメールを送って確認したり・・・・



 そうこうしているとある日、 新潟のブリーダーさんのHPにたどり着きました。

 っとここまで書くと 察しの良い、何時も私のブログを読んで下さっている方は

 あぁ~~~~そうか!って思われますよねぇ~~~~~    


    そうなんですよ!!  σ(^◇^;)





コメント (2)

寒い~~~~

2009-11-18 19:24:38 | Weblog
 昨日今日と寒い日が続いてます。でも もう11月も半分を過ぎてるんですよねぇ~~

 寒い日があってもおかしくない。。

 年賀状もやっとこせ 買ってきましたよ!  1円でも安く・・・と金券や周りをして・・・  

 年賀状のデザインも考えないと・・・・お歳暮の品物選びも・・・・

 な~~んとなく毎年の事ながらこの時期になるとお尻に火が付きだしたような

 気ぜわしさを感じてくるんですよねぇ~~~ 
 そうこう 言ってる間にクリスマス、お正月が終わってしまってる・・・  



           1日1日大切に生きないとね    

 
  
コメント (2)