猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

ムカデ人間3

2016-03-27 04:31:33 | 日記
2015年のオランダ・イギリス合作映画「ムカデ人間3」。
暴動数、医療費、離職率が全米1となってしまった刑務所の所長ビル・ボス
(ディーター・ラーザー)は、この状況が改善できなければ解雇すると州知事
(エリック・ロバーツ)からの最後通告を受けていた。しかしどんな策を講じて
も一向に囚人たちをおとなしくさせることができないでいた。そんな中、ビルの
右腕で会計士のドワイト(ローレンス・R・ハーヴェイ)は映画「ムカデ人間」を
参考に、囚人たちをひざまずかせて口と肛門をつなげることを提案する。抑
止力となり得るだけでなく食費も1人分で済んでしまうこのアイデアに乗り、2
人は500人もの囚人をつなげようとする。

「ムカデ人間」の主人公ディーター・ラーザーと「ムカデ人間2」の主人公ロー
レンス・R・ハーヴェイが出演しているので、「ムカデ人間」の集大成なんだろ
うけど、とにかくおもしろくなかった(^^;)やっぱりシリーズものは第1作が1番
おもしろいなあ。1作目では3人、2作目では12人、今回は500人のムカデ人間
が作られるんだけど、スケールが大きくなっただけでストーリー自体はおもし
ろくなくなってしまった。1作目は変態映画ながらもディーター・ラーザー演じる
マッド・サイエンティストがインパクトがあって、ドイツ人な顔の博士のキャラク
ターが良かったのだけど、今回の彼の役どころは下品なセリフをおおげさに
ひたすら叫んでいるだけで、キチガイそのもの。2の主人公も気持ち悪かった
けど。
舞台が1作目はオランダ、2作目はイギリスだったのが今回はアメリカなので、
いかにもアメリカ映画っぽい雰囲気になっているのが残念。徐々にストーリー
性がなくなっていっている。でもエリック・ロバーツみたいな大物がさりげなく
出演している点はいいかな。でも彼が演じる州知事、もう笑ってしまう。あと、
1作目でムカデ人間にされてしまう日本人ヤクザを演じていた北村昭博も出
演しているので今度はどんな役だろうと期待していたら、囚人の1人で、5シー
ンくらい映っただけであっさり殺されてしまった。これも残念。「ムカデ人間」
での彼は、人間として死ぬことを選択した重要な役で、良かったんだけどなあ。
ま、大勢の出演者の皆さん、お疲れさまという感じ。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« MAY -メイ- | トップ | 花様年華 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事