岐阜の画廊 文錦堂

gooブログ始めました!

週末特別企画!!/うぶ口編

2017-10-29 11:25:05 | 工芸
皆様、こんにちは。

2週続けての台風接近となった週末ですが、いかがお過ごしでしょうか。
岐阜も朝からが降りしきる生憎の空模様となっていますが、どうぞ台風の進路には十分にお気をつけください。

それでは、今日も「週末特別企画」と題して、新たに入荷してきた作品をご紹介したいと思います。
今日ご紹介する作品は、先日お客様から買取させて頂きました【花器】2点です。
長年に亘り茶道をなされてきたお客様が収集された目筋の良い作品ばかりで、草花が豊富なこの季節に是非活けてみたいものです。

業界用語でお客様から出てきた作品を≪うぶ口≫と称し、目垢がついていない分、業者間では高値で取引されます。
今回は特別価格にてご紹介させて頂きます。 是非、この機会をお見逃しなく!!

先ずは、「備前焼中興の祖」と称される金重 陶陽 (1896-1967 無形文化財保持者)の作品から。
この作品は、平成17年に名古屋三越栄店にて開催された【備前二人展 金重陶陽・安倍安人】に出展された図録掲載作品です。
「焦げ」「桟切」「胡麻」など、金重備前ならでの多彩な景色が楽しめます。



   金重 陶陽 作 「備前筒花入」 H24.4×D 8.5cm・・・・・(売約済

 刻印は「ト」。

 蓋裏には、裏千家一五世 鵬雲斎による書付。

 漆箱による二重箱仕立て。

 黄布に栞付。

 



続いて、お亡くなりになられて四年、今なお人気が衰えない一四代 酒井田 柿右衛門(1934-2013 無形文化財保持者)の作品も。
「濁手」による品格溢れる趣は、紅葉が錦の様に彩るこの季節にピッタリです。



   酒井田 柿右衛門 作 「濁手蓼文花器」 H24.2×D11.4cm・・・・・(売約済

 蓋表。

 蓋裏。

 共布に栞付。

コメント

炎芸術最新号№132 発刊のお知らせ

2017-10-27 11:39:08 | 工芸
皆様、こんにちは。

今日の岐阜は、朝から爽やかな秋晴れが広がっています。

今週は、東京出張やお客様宅へご所蔵品の買受に伺ったりと結構ハードな一週間を過ごしました。
昨晩遅くに岐阜へと帰ってきましたが、留守中に炎芸術さんから最新号が届いていましたので早速ご紹介させて頂きます。
今回の特集は、「陶の人形(ひとがた) -命のかたち-」です。
文錦堂でもお馴染みの池田 省吾さんが大きく紹介されています。
また、“期待の新人”コーナーでも西岡 悠さんが取り上げられています。
興味が おありの方は是非ご覧下さい!!







コメント

次回展のお知らせ!!

2017-10-24 12:06:15 | 工芸
皆様、こんにちは。 

さて、先の「-笠間- 澤田 勇人 陶展」が大成功に終わりホッとするのも束の間、早くも次回展のDMが出来上がってきました!!
ということで、取急ぎご紹介させて頂きます。
今回も、唐津期待の三藤 るいさんによる東海地方初個展ということで、今から開催が待ち遠しい限りです。
DMは本日発送させて頂きましたので、近日中には皆様のお手元に届くと思います。

 「 -唐津- 三藤 るい 陶展」/ 平成29年11月 4日(土)~ 12日(

山に入り、素材を探し、その素材の魅力を引き出せるよう
試行錯誤しながら、私なりの唐津を表現出来たら・・・という思いで、作陶しています。
東海地方では、今回が初めての個展となります。
皆様にご高覧頂けたら幸いです。 三藤 るい

有望な若手作家が群雄割拠する唐津において、近年メキメキと頭角を現してきた三藤 るいさんの東海地方初となる個展です。
朝鮮唐津や黒唐津など、師譲りの力強さに繊細さを併せ持つ作風で注目を集めています。
独立してから8年、今後の展開がますます期待される三藤さんの新作群を、皆様お揃いでご高覧賜りますようご案内申し上げます。
コメント

ご案内/「富永 善輝 作品集」

2017-10-24 11:25:24 | 工芸
皆様、こんにちは。

今日の岐阜は午前中薄曇りのはっきりしない天気でしたが、午後に入り陽も射すようになりました。

さて、今日は将来を嘱望されながらも不慮の事故で昨年急逝された夭折の陶芸家 富永 善輝さんの作品集をご紹介させて頂きます。

丹精込めて手を入れた山岡の自宅兼工房。
そこで生まれた超絶な技の結晶「釉裏彩」を中心にした作品集です。

精巧緻密な富永さんの作品の数々を目の当たりにし只々驚くばかりで、改めてこの惜しい才能がこの世にないことを悼みます・・・。



 お問い合わせは、「富永 善輝 作品集の会」まで。

富永 善輝 作品集の会

事務局:坂下 明美 〒370-2212 群馬県甘楽町福島1272-6 TEL 0274-74-5601
コメント

週末特別企画!!

2017-10-22 09:56:23 | 工芸
皆様、こんにちは。

週末の日曜日、いかがお過ごしでしょうか。 
今日の岐阜は、台風21号の影響で朝からが降りしきる生憎の空模様となっています。
その雨の中、第48回衆議院議員選挙へ18歳になった高校生の息子と共に投票しに行ってきました。
選挙権年齢が18歳以上に引き下げられた初の衆院選でしたが、戸惑いながらも息子なりに将来の日本を考え一票を投じていました。

さて、それでは久々に「週末特別企画」と題して、新たに入荷してきた作品をご紹介したいと思います。
今日ご紹介する作品は、次代の伊賀を担う新 学先生の最新作「織部志の」です。
以前から伊賀焼作品と共に、美濃の土を用いて「織部」「志野」作品を手掛けていた新さん。
今回は耐火度が強い伊賀の土の更なる可能性を追求され、織部釉と志野釉を掛け分けした大胆な作品を発表されました。
硬く焼き締められた土肌に映える透明感溢れる釉調と、新さんらしい大胆な鎬による造形が融合し、新たな魅力を生み出しています。



  

 新 学 作 「織部志の縞ぐい呑」 H 6.0×D 8.0cm・・・・・(売約済
コメント