岐阜の画廊 文錦堂

gooブログ始めました!

G.W特別企画(1)

2015-04-30 14:20:14 | 工芸
皆様、こんにちは。

いよいよG.Wですね。 もう既に突入されている方もいらっしゃると思いますが、どうぞ素敵なG.Wをお過ごしください。
ちなみに文錦堂5月2日~6日までG.W休みとなります。 ご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
:オンラインショップは、通常通り営業致しております。

さて、天候が良いこの時期は窯焚きされる作家さんも多く、一年でも一番作品が入荷する時期でもあります。
文錦堂にも、皆様にご紹介致したい素晴らしい新作群がたくさん入荷致しております。
ということで、今日・明日と「G.W特別企画」と題して、新たに入荷した魅力的な作品群をご紹介していきたいと思います。

今日ご紹介する作品は、先の「酒器展」「MINO展2015」でも出展作品全てが完売となるなど、近年目覚ましい活躍で“注目”深見 文紀さんの酒器です。
近年は「志野」「黄瀬戸」にも果敢に挑戦されている深見さんですが、取分け自由闊達に描かれる「漫画織部」と称す織部作品は、いまや深見さんの代名詞的作品となっています。
今回は、文錦堂オリジナル作品である「割高台ぐい呑」三点をご紹介させて頂きます。 桐箱の蓋表にも作品と同様の絵を描いて頂きました。

ご紹介致しました作品は、弊社ホームページ(http://www.bunkindo.com)にて販売させて頂きます。





    深見 文紀 作 「漫画織部ぐい呑」 H 4.5×D 7.6cm (売約済





    深見 文紀 作 「漫画織部ぐい呑」 H 6.0×D 6.3cm (売約済





    深見 文紀 作 「漫画織部ぐい呑」 H 6.2×D 6.0cm (売約済
コメント

炎芸術掲載作品/内村 慎太郎「古井戸茶碗」

2015-04-30 12:09:29 | 工芸
皆様、こんにちは。

いよいよG.Wが始まりましたが、どうぞ良い連休をお過ごしください。

さて、今日は5月1日付で発刊予定の炎芸術122号の特集 「市場で買える現代の高麗茶碗」に掲載された内村 慎太郎先生の茶碗をご紹介させて頂きます。

 

古格漂う内村先生の作品は年々評価が高まっており、昨年弊社で開催した個展でも過去最高の成績を収めるなど大人気でした。
「曙」と銘が入ったこの作品も、赤味を帯びた品格溢れる釉調により、内村作品らしい枯淡の趣が感じられる逸品に仕上がっています・・・。





    内村 慎太郎 作 「古井戸茶碗」 高 7.8×径14.1cm (売約済

 赤味を帯びた枇杷色の釉肌に細かな貫入が入る見込。

 高台にはほど良い塩梅で梅華皮が生じ、見所の一つとなっています。
コメント

新刊案内/炎芸術122号

2015-04-30 11:30:52 | 工芸
皆様、こんにちは。

今日の岐阜は、上着が必要ないほどポカポカ陽気の1日となっています。(

さて、5月1日付で阿部出版さんより炎芸術122号が発刊されますので、一足早く皆様にご紹介させて頂きます。
近年、「井戸茶碗展」(根津美術館 2013年)や「高麗茶碗展」(野村美術館 2015年)などの展覧会が開催され、「高麗茶碗」に対する関心が高まってきています。
今回の号でも「高麗茶碗の古典と現代」と題して、「高麗茶碗」をテーマにした特集が組まれており、見応えある内容となっていますよ。

 炎芸術122号 / ¥2,000-(税別)

特集「高麗茶碗に挑む作家たち」では、文錦堂でもお馴染みの池西 剛先生、内村 慎太郎先生、武末 日臣先生、そして古松 淳志先生もご紹介されています。







コメント

次回展DMのご案内!!

2015-04-22 15:47:54 | 工芸
皆様、こんにちは。

今日の岐阜は、初夏を思わすような汗ばむ陽気となっています。

さて、先の-種子島無比ー 池田 省吾 急須展」が無事に終わりホッとするのも束の間、早くも次回展のDMが出来上ってきました!!
今週中には皆様のお手元へ発送させて頂きますが、一足早くご紹介させて頂きます。
次回展は、炎芸術121号でも“期待の新人”として取り上げられるなど、今後の活躍が期待される唐津の新星 村山 健太郎さんの3年ぶりとなる個展です。

 

 -唐 津ー 村山 健太郎 陶展」 / 平成27年 5月16日(土)~ 24日(

若手作家の台頭が目覚ましい唐津において、いま最も“注目”を集めている作家の一人、村山 健太郎さんの3年ぶりとなる個展です。
伝統的な朝鮮唐津や絵唐津はもちろん、これまでの唐津焼にはなかった「黄唐津」を意欲的に発表されるなど、素材に根差した唐津焼を作り出す健太郎さんの作品は、各方面から高く評価をされています。
伝統を大切に汲みながらも、自分の世界を表現しようとする健太郎さんの新作群を、皆様お揃いでご高覧賜りますようご案内申し上げます。

16日(土)・17日()、村山 健太郎 先生在廊の予定です。
コメント

私の一押し作品!!《富士・牛シリーズ編/池田 省吾 急須展より》

2015-04-12 10:56:48 | 工芸
皆様、おはようございます。

今日は、各地で統一地方選挙が行われており、私も朝一番で投票を済ませてきました。

さて、早いもので先週末から開催致しております -種子島無比ー 池田 省吾 急須展」 も、本日無事に最終日を迎えることが出来ました。
省吾さんの“初”の「急須展」だったこともあり、省吾さんの魅力が詰まった個展会場には会期中全国から多くの愛好家の方々が足をお運びになられました。
この場をお借りしまして、本展開催にあたり多大な御協力を頂くと共に素晴らしい新作を発表して下さった省吾さん、そして皆々様方に厚く厚く御礼申し上げます。

それでは、今日も「私の一押し作品!!」と題して、 「池田 省吾 急須展」 から選りすぐりの逸品をご紹介していきたいと思います!!

逸品揃となった出展作品の中から、今日は省吾さんの作品の中ではお馴染みの人気図柄2作品をご紹介致します。

先ずは、人気の【富士】を描いた作品から。
省吾さんは、時によってモチーフに時勢を取り入れた作品を発表されますが、2013年世界文化遺産に登録された富士山を描いた作品もその一つです。



   池田 省吾 作 「織部急須」 高10.4×径15.4cm (売約済

 省吾さんは、朝日に染まった「赤富士」をよく好んで描かれます。



   池田 省吾 作 「織部急須」 高 9.9×径14.7cm (売約済

 富士の他にも松や鳥などが描かれ、見る者を楽しませてくれます。

続いては、省吾作品のトレードマーク的なモチーフの【牛】を描いた作品も。
初期の頃から省吾さんが好んで描いており、省吾ファンにとってはもうお馴染みの人気モチーフです。



   池田 省吾 作 「織部急須」 高 9.8×径17.7cm (売約済

 荷車を引く「牛」が、表情豊かに描かれています。

 

   池田 省吾 作 「織部急須」 高 9.7×径16.4cm (売約済

 器全体に描かれた絵付を上手くまとめた絶妙な構図の取り方も省吾作品の魅力の一つです。
コメント