岐阜の画廊 文錦堂

gooブログ始めました!

G.Wスペシャル企画(2)!!

2016-04-30 20:55:50 | 工芸
皆様、こんばんは。

昨日からG.Wが始まり、全国各地の行楽地ではたくさんの人々で賑わっていることと思います。
連休前半は天候も良いとのことですので、どうぞ素敵なG.W休暇をお過ごしください。

それでは、今日も「G.Wスペシャル企画」と題して、新たに入荷してきた魅力的な作品群をドドッとご紹介していきたいと思います。

今日ご紹介する作品は、美濃・瀬戸陶の若きリーダーとして全国各地の百貨店や画廊から引っ張りだこの人気作家 山口 真人さんの「琳派織部」作品です。
2015年が琳派誕生400年だったことから昨年発表され、大きな話題を呼びました。
青海波や唐草文など古典文様を活かしながらも、現代的なエッセンスを巧みに織り込んだ作品は、【山口流琳派】が見事に表現されています。

5/1発刊の炎芸術126でも『瀬戸の新世紀』と題して、山口さんや深見さんたち瀬戸の若手作家が一堂に紹介されており必見です!!

 炎芸術126(阿部出版)/本体2,000円+税

ご紹介致しました作品は、弊社ホームページ(http://www.bunkindo.com)にて販売させて頂きます。

 

   山口 真人 作 「琳派織部茶碗」 H 8.4×D13.4cm ¥108,000-



   山口 真人 作 「琳派織部片口」 H 7.2×D17.5cm ¥25,920-



   山口 真人 作 「琳派織部ぐい呑」 H 5.4×D 7.2cm (売約済



   山口 真人 作 「鳴海織部ぐい呑」 H 5.4×D 5.8cm (売約済

個展ではいつも大人気な『織部 リム皿』も。 山口さんらしいセンスの良さが光ります。 注:おさらの縁に帯状の一段上がったヘリの部分を「リム」と呼びます。



   山口 真人 作 「織部リム皿」 H 2.8×D23.5cm ¥9,180-/桐箱無
コメント

G.Wスペシャル企画(1)!!

2016-04-29 11:49:02 | 工芸
皆様、こんにちは。

いよいよ今日からG.Wですね。
今年は最長の方だと10連休ということですが、どうぞ素敵なG.Wをお過ごしください。
ちなみに文錦堂も5月2日~5日までG.W休みとなります。 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
:オンラインショップは、通常通り営業致しております。

ということで、今日・明日・明後日と「G.W特別企画」と題して、新たに入荷してきた魅力的な作品群をドッと一挙にご紹介していきたいと思います。

今日ご紹介する作品は、先の日本橋三越本店にて開催された個展で抽選販売となるなど、相変わらずの人気ぶりを見せる池田 省吾さんの「茶碗」三種です。
ここ数年、黒金彩や黒織部など『黒』を意欲的に取り組まれている省吾さんですが、抽象的な絵付や造形をより意識した作品は新境地を開拓しました。

ご紹介致しました作品は、弊社ホームページ(http://www.bunkindo.com)にて販売させて頂きます。



   池田 省吾 作 「黒金彩茶碗」 H11.4×D13.4cm ¥62,640-



   池田 省吾 作 「黒織部茶碗」 H 9.0×D14.0cm (売約済

人気の『織部』作品と共に、省吾作品の根幹を成す『粉引』の茶碗も。 夏向けの平茶碗に、どくだみの白い花が可憐に描かれています。



   池田 省吾 作 「種子島粉引どくだみ茶碗」 H 6.2×D13.4cm (売約済
コメント

週末特別企画(2)

2016-04-24 14:43:13 | 工芸
皆様、こんにちは。

今日の岐阜は、朝から爽やかな青空が広がっています。
繁華街 柳ヶ瀬では第2回 『岐阜の地酒で乾杯』が開催されており、岐阜が誇る地酒が一堂に集結した会場は多くの愛酒家で賑わっているようです。

それでは、文錦堂も負けじと、今日も「週末特別企画」と題して新たに入荷してきた作品をご紹介したいと思います。

今日ご紹介する作品は、兵庫県淡路島の地で作陶活動を続ける大前 悟さんの作品です。
今年で作陶25周年を迎えられ円熟味を増してきた大前さんですが、その旺盛な創作意欲は一向に衰えをみせず、次々と話題作を発表され続けています。

ご紹介致しました作品は、弊社ホームページ(http://www.bunkindo.com)にて販売致しております。

先ずご紹介する作品は、大前さんのレア物?作品から。
この作品は木工家 岡田 敦氏とのコラボ作品だそうで、大前さんの「伊賀六角盃」に岡田氏の「根来」の漆塗が施され妙味に富んだ雰囲気を漂わせています。



   大前 悟 作 「根来伊賀六角盃」 H 4.4×D 6.6cm・・・・・(売約済

続いて、今やすっかり大前さんの代名詞的作品となった『楽』作品から、黒・赤二種を。
希少な「聚楽土」を用い、時間を掛けて手びねりで制作された作品は、変化や装飾的な要素が削ぎ落され、その静粛な姿の中にも凛とした趣を感じさせます。



   大前 悟 作 「黒ぐい呑」 H 5.0×D 6.4cm・・・・・(売約済



   大前 悟 作 「赤ぐい呑」 H 4.3×D 6.5cm・・・・・¥21,600-

最後は、枇杷色の釉肌や見事な梅華皮など見応え十分の『井戸』作品を。



   大前 悟 作 「井戸盃」 H 4.6×D 8.0cm・・・・・¥18,360-
コメント

週末特別企画(1)

2016-04-23 17:13:43 | 工芸
皆様、こんにちは。

熊本の地震から早一週間が経ちましたが、テレビで被災地の惨状を見るにつけ普通に過ごせる毎日が当たり前ではないことを考えさせられます。
熊本・九州地方の皆様のご無事をお祈りすると共に、地震活動の一刻も早い終息を願うばかりです・・・。(祈)

さて、先の「~志野に想いを馳せて~ 鈴木 都 陶展」を無事に終え、今週は東に西にと先生方のお宅を駆けずり回っておりました。
ということで、今日と明日は「週末特別企画」と題して、新たに入荷してきた作品をご紹介したいと思います。

今日ご紹介する作品は、久々の登場となる各務 賢周さんの新作です。
「黄瀬戸」の名手として知られた亡父 周海先生のご遺志を受け継ぎながらも、自身の理想とする『黄瀬戸』を追求し続ける賢周さん。
ようやく新しい窯の特徴を掴んできたことにより、以前にも増して深みが出てきた『黄瀬戸』の釉調は、今後の更なる可能性を期待させます・・・。

ご紹介致しました作品は、弊社ホームページ(http://www.bunkindo.com)にて販売致しております。



   各務 賢周 作 「黄瀬戸徳利」 H11.5×D 8.8cm・・・・・¥18,360-



   各務 賢周 作 「黄瀬戸ぐい呑」 H 5.0×D 5.2cm・・・・・ (売約済



   各務 賢周 作 「黄瀬戸ぐい呑」 H 5.2×D 5.4cm・・・・・(売約済



   各務 賢周 作 「黄瀬戸盃」 H 3.8×D 7.0cm・・・・・(売約済

『黄瀬戸』以外にも、趣のある『織部』を作られていました。



   各務 賢周 作 「織部小壺」 H 7.6×D 4.6cm・・・・・¥10,800-
コメント

私の一押し作品!!≪酒器編(3)ぐい吞【瀬戸黒、他】≫

2016-04-17 18:30:25 | 工芸
皆様、こんばんは。

今日の岐阜は、朝から暴風雨に見舞われる生憎の天気となりましたが、午後に入ってからは太陽が顔を出して汗ばむ陽気となりました。

さて、早いもので、9日から開催致しておりました「~志野に想いを馳せて~ 鈴木 都 陶展」も、本日大盛況のうちに無事最終日を迎えることが出来ました。
おかげ様で今日も大勢のお客様にご来廊賜わり、最終日ということで駆け付けてくれた都さんも交えて楽しい一時を過ごすことが出来ました。
改めて、素晴らしい作品を発表して下さいました都さん、そして会期中ご来廊賜わりました多くの愛好家の皆様方に、厚く厚く御礼申し上げます。

 個展二回目ということもあり、まだまだ初々しい都さん。(笑)

それでは、今日も「私の一押し作品」と題して、「~志野に想いを馳せて~ 鈴木 都 陶展」から逸品の数々をご紹介していきたいと思います。
今日ご紹介する作品は、志野以外のぐい呑による「酒器編(3)」です。

今回は『志野』をテーマに新作を発表されましたが、『志野』以外にも『黄瀬戸』『瀬戸黒』『織部』『焼〆』・・・など、幅広く作陶活動を展開している都さん。
今展では、『瀬戸黒』『黒瀬戸』『織部』作品も出展され、来場者の目を楽しませてくれました・・・。



   鈴木 都 作「瀬戸黒ぐい呑」 H 4.5×D 6.6cm (売約済



   鈴木 都 作「黒瀬戸ぐい呑」 H 4.6×D 6.2cm (売約済



   鈴木 都 作「織部六角盃」 H 5.0×D 7.0cm ¥8,640-



   鈴木 都 作「織部郷ノ木盃」 H 3.7×D 7.4cm ¥8,640-
コメント