岐阜の画廊 文錦堂

gooブログ始めました!

私の一押し作品!!≪池西 剛 編/MINO展 2017より≫

2017-02-18 10:05:51 | 工芸
皆様、おはようございます。

今朝の岐阜は、曇り空に覆われていて寒い1日となっています。

さて、早いもので先週末から開催中の「MINO展 2017」も、残すところ今日明日の二日間となりました。
どうぞ、今週末は日本陶芸界を牽引する人気作家6名による個性溢れる美濃焼の “競演” を、皆様お揃いでご高覧下さい。

 呈茶用に出展作家の茶碗をご用意してお待ち致しております。

それでは、今日も「私の一押し作品!!」と題して、今展から選りすぐりの出展作品をご紹介していきたいと思います。

今日ご紹介する作品は、この「MINO展」でもすっかりお馴染みとなった池西 剛 先生の珠玉の「黄瀬戸」作品です。
愛媛県今治市で作陶活動を続ける池西先生。
古陶に対する深い造詣を感じさせながらも池西先生自身の“個”が表現された作品は、愛好家の方々から高い評価を受けています。
中でも、柔らかな釉肌に濃緑色のタンパンと焦げが絶妙なバランスで配された「黄瀬戸」作品は特に人気です。
油が滲み出たかの様に色濃く出た「油揚手」の釉肌は、今展でも多くの来場者を魅了しています・・・。



   池西 剛 作 「黄瀬戸沓碗」 H 6.7×D14.8cm・・・・・(売約済



   池西 剛 作 「黄瀬戸酒盃」 H 4.5×D 6.6cm・・・・・(売約済



   池西 剛 作 「黄瀬戸酒盃」 H 4.8×D 6.5cm・・・・・¥50,760-



   池西 剛 作 「黄瀬戸酒盃」 H 5.4×D 5.5cm・・・・・¥48,600-



   池西 剛 作 「黄瀬戸酒盃」 H 4.4×D 6.8cm・・・・・¥48,600-
コメント

私の一押し作品!!≪金重 巖 編/MINO展 2017より≫

2017-02-17 12:22:55 | 工芸
皆様、こんにちは。

今日の岐阜は、朝から小雨が舞う生憎の空模様となっています。

さて、早いもので現在開催中の「MINO展 2017」 【~19日()迄】も終盤戦へと突入です。
どうぞ、今週末は日本陶芸界を牽引する人気作家6名による個性溢れる美濃焼の “競演” を、皆様お揃いでご高覧下さい。

それでは、今日も「私の一押し作品!!」と題して、今展から選りすぐりの出展作品をご紹介していきたいと思います。
今日ご紹介する作品は、昨日ご紹介させて頂いた鈴木 健さんと共に「MINO展」でもすっかりお馴染みとなった金重 巖さんの新作です。
備前焼に囚われることなく“用の美”を追求する巌先生ですが、今展では「黄瀬戸」作品を発表され注目を集めました。



金重 巌 作 「黄瀬戸ラブ巻文皿 二人揃」 H 2.7×D12.0cm・・・・・¥27,000-

巌先生の食器は、御菓子や果物、お漬物におつまみなど何を盛っても良し。 
素朴で奇をてらわないシンプルな作りは、食材の魅力を最大限に引き立たせてくれます・・・。


  



    
コメント

私の一押し作品!!≪鈴木 健 編/MINO展 2017より≫

2017-02-16 13:51:03 | 工芸
皆様、こんにちは。

今日の岐阜は、朝から青空が広がりポカポカ陽気となっています。

さて、人気作家同士の美濃焼による “競演” となった「MINO展 2017」 【~19日()迄】も、中日を迎えました。
連日、県内外から多くのお客様に足を運んで頂き誠に有難うございます。 改めて、厚く御礼申し上げます。

それでは、毎回恒例となっています「私の一押し作品!!」、今展からも選りすぐりの出展作品をご紹介していきたいと思います。
今日ご紹介する作品は、一昨年からご出展頂き「MINO展」でもすっかりお馴染みとなった鈴木 健さんの新作です。
一昨年の名古屋市長賞に続いて、昨年の第47回東海伝統工芸展では「志野壺」NHK名古屋放送局長賞を受賞された健さん。
作品数が極めて少なく普段なかなかご紹介することが出来ませんが、「志野焼」の新旗手として今後の更なる活躍が期待されています。

今展では「志野」「黄瀬戸」と共に、最近新たに取り組まれている「黄瀬戸黒」が出展され大きな話題となっています。
多彩で華美な趣を放つ健さんの作品は、今展でも大人気でした・・・。



   鈴木 健 作 「志野花器」 H10.8×D14.2cm・・・・・¥64,800-



   鈴木 健 作 「黄瀬戸花器」 H13.2×D11.0cm・・・・・(売約済



   鈴木 健 作 「志野ぐい呑」 H 5.0×D 6.8cm・・・・・(売約済

   鈴木 健 作 「志野ぐい呑」 H 4.7×D 7.4cm・・・・・(売約済

   鈴木 健 作 「志野ぐい呑」 H 5.7×D 6.6cm・・・・・(売約済



   鈴木 健 作 「黄瀬戸黒ぐい呑」 H 3.5×D 8.6cm・・・・・(売約済

   鈴木 健 作 「黄瀬戸黒ぐい呑」 H 5.0×D 7.0cm・・・・・(売約済

明日は、「金重 巖 編」をご紹介致します。 乞うご期待です!!
コメント

私の一押し作品!!≪深見 文紀 編/MINO展 2017より≫

2017-02-15 16:45:49 | 工芸
皆様、こんにちは。

今日は父と母に店番をお願いして、今日から松坂屋名古屋店で始まった「鈴木 都 陶展」を視察してきました。
地元での個展というで都さんもかなり気合が入っている様子で、「志野」「黄瀬戸」「瀬戸黒」など素晴らしい新作を発表されていました。
6月には【 しぶや黒田陶苑 】さんでの初個展も控えており、今後も都さんの活躍からますます目が離せません。

さて、現在開催中の「MINO展2017」 【~19日()】も、早いもので中日となりました。
おかげ様で、連日県内外から多くのお客様に足をお運び頂いております。
是非、今週末は人気作家による六者六様に彩られた競演を、皆様お揃いでご高覧賜りますよう御案内申し上げます。
皆様のご来廊を心よりお待ち申し上げております。

それでは、今日から「私の一押し作品!!」と題して、出展作家の逸品をご紹介していきたいと思います。
今日ご紹介する作品は、先にご紹介した鈴木 都さんと共に、近年目覚ましい活躍を見せる深見 文紀さんの渾身の「志野」作品です。
代名詞的作品となった「漫画織部」で、今や全国各地の美術商からひっぱりだこの超売れっ子作家となられた深見 文紀さん。
今展では、敢えて人気の「漫画織部」を封印し、「志野」という大きな壁に果敢にも挑まれました・・・。 



   深見 文紀 作 「紫志野茶碗」 H 8.0×D12.3cm・・・・・¥59,400-



   深見 文紀 作 「志野茶碗」 H 9.3×D12.5cm・・・・・(売約済



   深見 文紀 作 「志野輪花片口」 H 8.2×D10.8cm・・・・・(売約済

   深見 文紀 作 「志野輪花片口」 H 9.5×D11.2cm・・・・・(売約済



   深見 文紀 作 「志野ぐい呑」 H 5.5×D 7.2cm・・・・・(売約済

   深見 文紀 作 「紫志野ぐい呑」 H 5.2×D 7.0cm・・・・・(売約済

   深見 文紀 作 「志野ぐい呑」 H 5.5×D 7.0cm・・・・・(売約済

明日は、「鈴木 健 編」をご紹介致します。 乞うご期待です!!
コメント

「MINO展 2017」会場奥風景。

2017-02-14 09:30:40 | 工芸
皆様、おはようございます。

今日の岐阜は朝から曇り空に覆われており、時折小雪が舞うなどとても寒い1日となっています。

さて、寒さに負けず連日賑わいを見せる「MINO展 2017」 【 ~19日()】。
昨日に引き続き、人気陶芸家6名による六者六様の美濃焼に彩られた会場奥風景をお楽しみください。

弊社ホームページ(http://www.bunkindo.com)にて、本日 20:00~出展作品を順次販売させて頂く予定です。



先ず、会場奥正面は久しぶりにご出展頂いた山田 和 先生の作品から。 
代表作「炎舞志野」「赫釉織部」・・・など、個性溢れる作品群は今展でも圧倒的な存在感を放っています。



続いて、「MINO展」ではお馴染みの池西 剛先生による珠玉の「黄瀬戸」作品が整然と並び、会場を華やかに彩ります。 
今展では、釉薬の配合を変えた数種類の「黄瀬戸」が出展されています。



違い棚コーナーには、荒川 豊蔵加藤 卓男各務 周海太田 梁といった物故作家の逸品も並びます。



最後は、特別展示としてショーケースに飾られた北大路 魯山人による「志埜フタモノ 五客」作品を。 
透明感のある釉調に鮮やかな緋色が映える逸品は、多くの来場者の目を釘付けにしています。



明日からは、多くのお客様方から大好評頂いております「私の一押し作品!!」を作家別にご紹介していきたいと思います。


コメント