岐阜の画廊 文錦堂

gooブログ始めました!

週末特別企画/黄金の競演

2016-08-28 17:42:02 | 工芸
皆様、こんにちは。
8月最後の週末、いかがお過ごしでしょうか。
非常に強い台風10号が、週明けに本州に上陸する恐れがあるとのことですので十分にお気をつけください。

さて、いよいよ来週末から2年ぶりの開催となる「~信楽・伊賀~ 古谷 和也 陶展」 【 9月 3日(土)~ 11日()】が始まります。
和也さんから早くも出展作品が届き、これからまた展覧会準備で忙しくなりそうです。

個展準備を前に、今日は【週末特別企画】と題して、黄瀬戸作品を手掛ける3作家の酒器揃による “競演” をご紹介致します。
日本の焼きものルネッサンスとも云うべき「桃山陶」の中でも、桃山の黄金文化を一際象徴する「黄瀬戸」
現在まで多くの陶工がその魅力に惹かれ挑戦されてきましたが、そこにはそれぞれの作家の多彩な表現があることに気付かされます。
同じ種類の焼き物を、作家ごとに見比べてみるのもコレクションの醍醐味の一つではないでしょうか・・・。

ご紹介致しました作品は、弊社ホームページ(http://www.bunkindo.com)にて販売させて頂きます。




   池西 剛 作「黄瀬戸徳利」 H15.5×D 8.5cm ¥70,000-

   池西 剛 作「黄瀬戸酒盃」 H 4.8×D 6.8cm ¥48,000-

池西 剛 (いけにし ごう)

1961年 大阪府吹田市生まれ。 各地の窯場を巡られ日本・朝鮮・中国の古陶磁を学んだ後、愛媛県今治市に五連房式登窯・単室穴窯を築窯され、全国各地で個展を中心に作品を発表されています。近年、その活躍は目覚しく、備前・黄瀬戸・唐津・高麗など多種多様の作品は古陶と見まがわんばかりの風格を感じさせ見る者を驚かせます。



   西岡 悠 作「黄瀬戸徳利」 H11.8×D 8.6cm ¥17,280-

   西岡 悠 作「黄瀬戸ぐい呑」 H 4.4×D 7.0cm ¥14,040-

西岡 悠 (にしおか ゆう)

1977年 千葉県に生まれ 20111年 愛知県立窯業高等技術専門校修了後、鈴木 五郎に師事 2014年 岐阜県恵那市にて独立



   深見 文紀 作「黄瀬戸胴紐徳利」 H12.3×D 9.7cm ¥21,600-

   深見 文紀 作「黄瀬戸五角ぐい呑」 H 4.9×D 6.3cm ¥12,960-

深見 文紀 (ふかみ ふみのり)

1980年 愛知県瀬戸市生まれ 2001年 瀬戸窯業訓練校卒業後、岸本 謙仁氏に4年間師事 
2013年 「第6回現代茶陶展」入選、丸栄百貨店にて初個展開催
コメント

次回展DMのお知らせ!

2016-08-24 15:36:21 | 工芸
皆様、こんにちは。

気がつけば、もう8月も終わりに近づいています!?
一昨日の晩あたりから虫の音色が聞こえてくるようになり、少しずつですがの気配が感じられるようになってきました・・・。

さて、先の「~太田 梁を偲ぶ~ 恒梁会」展を大盛況のうちに無事終えてホッとするのも束の間、来週末からは次回展が開催されます。
取急ぎ、DMをご紹介させて頂きます。 皆様のお手元には、本日発送致しましたので明日以降に届くと思います。

次回展は、現在信楽焼の若手作家の中でも最も注目を浴びる古谷 和也さんの2年ぶりとなる個展です。
次回展もまた話題の展覧会となりそうで、今から開催が待ち遠しい限りです!!

 「~信楽・伊賀~ 古谷 和也 陶展」 平成28年 9月 3日(土)~ 11日() 会期中無休

日本六古窯の一つ信楽焼の若きリーダーとして、その将来を嘱望される古谷 和也さんの2年ぶりとなる個展です。
本展では、近年取り組む狛犬をはじめ、信楽・伊賀による変化に富んだ焼肌が楽しめる茶器・花器・酒器・食器・壺などの新作が多数出展されます。
美しく深みのあるビードロ、色鮮やかな緋色など、見る者を魅了し続ける和也さんの新作群を、皆様お揃いでご高覧賜りますようご案内申し上げます。

※3日(土)~4日()、古谷 和也先生在廊の予定です。
コメント

夏休み特別企画!!

2016-08-21 17:23:52 | 工芸
皆様、こんにちは。 

全国的にも名高い岐阜の夏ですが、今日も35度を超すなど連日うだるような暑さが続いています。(

さて、お盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。
まだまだ休み気分が抜けずにおりますが、今日は「夏休みスペシャル企画」と題して、新たに入荷してきました逸品をご紹介させて頂きます。

今日ご紹介する作品は、生前“唐津の風雲児”とも呼ばれた故 中川 自然坊先生の珠玉の遺作群です。
今回はコレクターの方からのご依頼を受けて、愛着のコレクションをご紹介させて頂くこととなりました。

焼きにこだわった豪快な作風で、今もなお多くの陶芸ファンを魅了し続ける「自然坊唐津」を存分にお楽しみください・・・。

ご紹介致しました作品は、弊社ホームページ(http://www.bunkindo.com)にて販売させて頂きます。



   中川 自然坊 作 「朝鮮唐津小鉢」 H 9.5×D18.5cm・・・・・¥32,400-



   中川 自然坊 作 「朝鮮唐津輪花鉢」 H 7.2×D17.2cm・・・・・¥32,400-



   中川 自然坊 作 「絵唐津耳付き鉢」 H 8.8×D18.6cm・・・・・¥27,000-



   中川 自然坊 作 「絵唐津片口注器」 H 8.6×D17.8cm・・・・・¥37,800-



   中川 自然坊 作 「絵唐津徳利」 H13.4×D 9.8cm・・・・・(売約済



   中川 自然坊 作 「絵唐津徳利」 H11.4×D 7.6cm・・・・・¥27,000-



   中川 自然坊 作 「絵唐津皮鯨ぐい呑」 H11.4×D 7.6cm・・・・・¥37,800-



   中川 自然坊 作 「唐津皮鯨盃」 H 3.9×D 9.0cm・・・・・(売約済



   中川 自然坊 作 「粉引唐津ぐい呑」 H 4.6×D 8.2cm・・・・・(売約済


中川 自然坊(なかがわ じねんぼう)

1953年、佐賀県玄海町に生まれる 1977年、井上 東也に師事する 1982年、玄海町に割竹式登窯を築き独立
1985年、渋谷・黒田陶苑にて初個展(以後毎年開催) 2011年12月、死去


コメント

私の一押し作品!!≪大西 雅文・山口 真人・渡辺 敏史 編/恒梁会 展より≫

2016-08-07 14:41:19 | 工芸
皆様、こんにちは。

昨日からリオデジャネイロオリンピックが開幕し、また、今日から第98回全国高校野球選手権大会も始まりました。
暫くは、テレビの前に釘付けの日々が続きそうですね。

さて、先月30日から開催致しておりました「~太田 梁を偲ぶ~ 恒梁会」展 も、本日無事に最終日を迎えることが出来ました。
次代の美濃焼の担い手として、その将来を嘱望されながらも2013年7月に急逝された太田 梁さんを偲ぶべく陶芸家仲間12名が集結した本展。
おかげ様で、太田 梁という一人の陶芸家が遺した素晴らしい仕事を再現出来たと同時に、多くの方々の脳裏に焼き付いたことでしょう。
この場をお借り致しまして、本展開催に当たり多大なご協力を賜りました太田 雅美 様並びに各先生方、そしてご来廊賜わりました多くの来場者の皆様方に厚く御礼申し上げると共に、改めて太田さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

それでは、ラストとなる今日も「私の一押し作品!!」と題して、出展作品から選りすぐりの逸品をご紹介致します。
今日ご紹介する作家は、太田さんの修業仲間、大西 雅文・山口 真人・渡辺 敏史 さんの作品です。

愛知県瀬戸市赤津で12代続いた窯元 霞仙陶苑(現:喜多窯 霞仙)さんで働かれた太田 梁さん。
古くは鈴木 五郎 先生も働かれていた名門の窯元さんですが、同期に山口 真人さんや後輩に大西 雅文さん、渡辺 敏史さん達がいます。
修業時代に苦楽を共にした彼らは、独立してからも互いに切磋琢磨し合い、より高みを目指して日夜研鑽に励まれました。
今回出展された太田さんの遺作の多くも、同期のよしみで山口さんが手入れを行ってくれたことにより出展することが出来ました・・・。



   大西 雅文 作 「窯変粉引ぐい呑」 H 5.5×D 7.0cm・・・・・(売約済



   大西 雅文 作 「窯変粉引ぐい呑」 H 5.5×D 6.7cm・・・・・¥9,720-



   山口 真人 作 「黒織部ぐい呑」 H 5.0×D 8.0cm・・・・・(売約済



   山口 真人 作 「黒織部ぐい呑」 H 5.2×D 6.0cm・・・・・(売約済



   渡辺 敏史 作 「銀彩急須」 H 8.6×D11.8cm・・・・・¥17,280-



   渡辺 敏史 作 「銀彩急須」 H 7.8×D12.5cm・・・・・¥15,120-
コメント

私の一押し作品!!≪澤 克典・鈴木 大弓・谷本 貴・寺田 鉄平・福島 一紘 編/恒梁会 展より≫

2016-08-06 12:37:51 | 工芸
皆様、こんにちは。

いよいよ今日からリオデジャネイロオリンピックが開幕し、しばらくは眠れない日々が続くことになりますね。
日本選手団全員のご活躍を心より願っています。 頑張れニッポン!!

さて、現在開催中の「~太田 梁を偲ぶ~ 恒梁会」展 【 ~ 7日(日)】も、残すところ今日明日の二日間となりました。
陶芸家仲間12名による太田さんの生前の仕事を再現された意欲作や、黄瀬戸作品を中心とした太田さんの珠玉の遺作群など見所満載です。
是非、今週末は岐阜まで足をお運び下さいますようご案内申し上げます。

それでは、今日も「私の一押し作品!!」と題して、「~太田 梁を偲ぶ~ 恒梁会」展の出展作品から選りすぐりの逸品をご紹介致します。
今日ご紹介する作家は、太田さんの陶芸家仲間、澤 克典・鈴木 大弓・谷本 貴・寺田 鉄平・福島 一紘 さんの作品です。

お酒好きだった太田さん。 晩年、特に愛飲されたのが岐阜県瑞浪市の酒蔵 中島酒造が醸す「小左衛門 特別純米 美山錦」でした。
彼らと共にお酒を酌み交わしながら、原料、絵付、造形など陶芸について夜遅くまで熱く語り合ったようです・・・。



   澤 克典 作 「赤織部ぐい呑」 H 5.2×D 6.2cm・・・・・(売約済



   澤 克典 作 「赤織部ぐい呑」 H 4.8×D 7.4cm・・・・・¥11,880-



   鈴木 大弓 作 「織部ぐい呑」 H 6.2×D 6.3cm・・・・・(売約済



   鈴木 大弓 作 「織部ぐい呑」 H 4.2×D 8.2cm・・・・・¥8,640-



   谷本 貴 作 「井戸ぐい呑」 H 5.0×D 8.9cm・・・・・(売約済



   谷本 貴 作 「井戸ぐい呑」 H 4.7×D 7.4cm・・・・・¥10,800-



   寺田 鉄平 作 「黒織部赤絵ぐい呑」 H 5.2×D 7.3cm・・・・・¥6,480-



   寺田 鉄平 作 「黒織部赤絵金彩ぐい呑」 H 3.6×D 9.0cm・・・・・(売約済



   福島 一紘 作 「志野ぐい呑」 H 5.5×D 6.7cm・・・・・(売約済



   福島 一紘 作 「鼠志野ぐい呑」 H 5.8×D 7.2cm・・・・・(売約済

明日は、太田さんの修業仲間であった霞仙陶苑三人衆「大西 雅文・ 山口 真人・渡辺 敏史 編」です。 乞うご期待!!
コメント