三丁目のひこうき雲

★べー坊ワールドへようこそ♪
楽しく面白く、ポエム&エッセイ風に落書きします。写真も大好き♪月1~2回程度更新中★

海が好き!山も好き!君も好き!?

2013-04-29 23:43:00 | たび、タイムトンネル
よくある二択の質問ですが…

あなたは『海派』?『山派』?   

ゴールデンウィークにちなんで、行楽がテーマです。

行楽地というと、『海』『山』を連想しますよね。
それ以外にも、
『テーマパークや動物園』
『史跡めぐりや歴史的建造物』
『温泉』
『都会などでの有名観光地めぐり』
『食べ歩き』


といった行楽(レジャー&旅)もあります。

あなたはこのGWや春、どこに行きますか?
どんな行楽が好きですか?

         

・・・・・

まずは『海』か『山』どちらが好きですか?
(ただし、「春」に限定。夏の海水浴や冬のスキーなどは除く)

僕はどちらかというと、『山』かなあ?

もっとも、山といっても、登山やトレッキングではなく、
高原や湖で「のんびり散歩」…のイメージがいいです。

温泉があれば、なおグッド!
湖で釣りもしたいし、ぼーっとするのが何より最高かも。
おいしい空気を吸って、小鳥の鳴き声を聞き、
美しい花や草木を見て、写真を撮って、
素敵な女性と手をつないで散策…
草原で彼女とゴロッと昼寝…

理想だなあ♪(笑)

・・・・・

         



★さらに質問を…

海と山
「あなたが今まで行った中で良かった場所は?」

『山』…
といっても高原や湖ですが、
摩周湖や阿寒湖が好きです。
美しくロマンチックな風景がいい♪

山を眺めるだけなら、富士山、利尻山、羊蹄山が好き。

『海』…

なら、知床、積丹、礼文島、天売島、襟裳岬…など
北海道の海が最高です。

・・・・・


『テーマパーク』など…
で特にお勧めは、
(関東しか知らないから、東京近郊に絞りますが)

動物園なら横浜の『ズーラシア』が一番好き。
水族館なら、『八景島シーパラダイス』がいい。

遊園地、テーマパークは、並ぶのが嫌いだし、
ジェットコースターなどは全く苦手ですが…
素敵な女性と一緒なら、喜んで!(笑) 

・・・・・

         

『史跡』など…
では、昔はお城や五重塔が好きでした。

お城なら、『姫路城』が断然好き!
あとは、『熊本城』『犬山城』もいいかも?

「スカイツリー」vs「東京タワー」どっちが好き?
外観は東京タワーの方が好きだなあ。

・・・・・


しかしながら、大型連休でも、どこにも行かず、
家でゴロゴロが一番かも?(笑)

一人暮らしなら、一人は寂しいから、
恋人と一緒に、テレビ見たり、ゲームしたりする…
のが一番かもね♪

相手がいない人は?
う~~ん、一人で毎日、お酒を飲んで… 
パチンコやギャンブル?…
けっこう一人暮らしの男性に多いみたい。

ちなみに僕はあまりお酒は飲まないし、
パチンコも全くしません。
その辺は健康的だぜえ~(笑)
でも、パソコンやゲーム三昧だったり?(^_^;)

・・・・・


いやいや…もっとアクティブにならなきゃね。
来年こそは、海外のエメラルドグリーンの島で…
たとえば、モルディブ!
素敵な彼女とバカンス♪で行きたいね(笑)

限りなく「夢」に近い理想だって?
体力もお金も時間も無いって?
とりあえず、明日、『ロト7』を買いに行きます(^_^;)

ということで、今年のGWは、
どう過ごすかは、これから考えま~~す♪
もう3日過ぎたけど…ね。

。。。。。。。。。。









MY PHOTO】(*^_^*)

だいぶ前の2か月前の写真ですが…
3月初旬の『代々木公園』にて。
目的は『河津桜』と『メジロ』です。

早咲きの桜、『河津桜』。
そして、とっても可愛い小鳥『メジロ』。
毎年、このころは代々木公園で撮ってます。

今年もメジロ、めちゃ可愛かったです♪







。。。。。。。。



【料理ビギナーのMyクッキング♪】

『鮭のみそバター炒め』です。
※参考レシピ⇒ 『Eレシピ』より
 
鮭に味噌とバターは合います。
北海道のチャンチャン焼き風です。
蒸し焼きにするのが美味しい!
コメント (2)

海へ行く?山へ行く?それとも…?

2009-05-04 00:49:46 | たび、タイムトンネル
ゴールデンウィークに、ふさわしい質問をします。
『あなたは海派? それとも山派?』
ハイ、ギターはヤマハが一番好きでした?(しらけたよね、汗)
気を取り直して真面目に答えます。

イメージで即答するとすれば、僕は『海』 の方が好きかなあ?
季節にもよるし、目的にもよるので、どちらか迷います。
この質問はGWの頃なので、春に行楽に行くとすれば、『山』かなあ?
 『山』の方が、のんびりできていいです。もう若くないしね(笑)

目的によっても、海か山か、分かれるでしょう。
温泉、散策、観光が目的の場合もあるし、
スキー(スノボ)、海水浴(潮干狩り)、キャンプ、トレッキング(登山)、
釣りといったアウトドアを楽しみたいときもあるし、
写真や山菜狩りという趣味もあるし、ホントは両方とも甲乙つけがたいです。

【※】今回の記事は、gooブログ『トラックバック練習版』のお題に乗っかりました。
『あなたは海派?それとも山派?』(5月1日) 

・・・


みなさんは、今年のGWは、海や山へ行きましたか?
僕は休みがあまりなくて、日帰りで花の写真を撮りに行ったくらいです。
それも、海でも山でもなく、平野部でね(笑)。

■あなたの理想の旅は、どんな旅?■
夢というか、理想の旅、今、一番したい旅とは…
もしも「好きなだけ」の休みとお金があると仮定して…どこへ行く?
勝手に想像を膨らませてみました。
(独身の僕の場合は、素敵な彼女といっしょの旅という設定にしますね。
家族がいる方なら、家族で?ひとりで?夫婦水入らずで?友人と?)

まず、二人で山へ向かいます。
美しいエメラルドグリーンの湖で、昼間は釣りをしたり、
自然の写真を撮ったり、ゴロリ昼寝したり、
好きな時に温泉に入り、夜はもちろん♪…イヒヒッ♪
テレビを見ます(爆)。

美しい湖を眺めながら、ポエムを書くのもいいなあ。
高原で、君の膝枕で、青空を見上げながら、美味しい空気を吸って、ボーッとする。
花と緑に囲まれ、小鳥のさえずりを聞き、また膝枕で寝る(笑)
イイじゃないですかぁ~~(^.^)

山に飽きたら、海に行き、また温泉。
そして新鮮な魚料理を食べる!
浜辺で潮騒を聞きながら、君の膝枕で…(また?ハイ、好きなもんで)
で、夜はもちろん?…うふっ♪
…パソコンします(爆)

・・・


場所は、国内なら、北海道が一番いいなあ。大自然が美しいからです。
まあ、近場なら、芦ノ湖(箱根)~伊豆半島でもいいんだけどね。

ちなみに、北海道で一番好きな湖は『摩周湖』です。
小さな湖では、『オンネトー』や『知床5湖』が好きです。
本州の湖なら、富士山を望む『芦ノ湖』『山中湖』『河口湖』がいいです。
(※北海道の湖は、ほとんど行きました。本州の有名な湖の多くもね。
なにせ、昔は本格的?に旅人をしていたので。)

好きなの風景なら、北海道なら礼文島、積丹半島、知床、襟裳岬などです。
そうそう、釣りは『ルアー釣り』専門です。昔はかなり凝っていたけどね。

★海vs山、結論をまとめると…
海でも山でも、素敵な君といっしょなら…
どこでもいいさ~♪
南極でも、宇宙でも!近所でも!(笑)
ただし、のんびり、まったり?そしてラブラブが前提ですけどね。

。。。。。。。








【MY PHOTO】(*^_^*)
『昭和記念公園』の4月中旬の写真です。
チューリップが見頃でした。240種類、20万株と、それは見事です。
美しい池や広場一面に、メルヘンチックに咲いていました。
ここのチューリップの風景は、僕が一番好きな場所です。
まるでおとぎの国に迷い込んだようで。
ちょうど桜も散り始めた時期で、強風に桜吹雪がきれいでした。
次回以降も、チューリップの写真を掲載予定です。





。。。。。。。

【ごちそうさま】

『生キャラメルシュー』 (デリカシェフ)です。セブンイレブンにて。
スザンヌおすすめだそうです。チョコチップが入っています。
これはすごくおいし~~~(*^^)v
蕩けそうです。
ひさびさに美味しいシュークリームを食べました。2日連続食べましたよ!
おすすめです(^.^)


コメント (15)

夏の旅の思い出は、果敢ないシャボン玉?

2008-08-02 00:30:36 | たび、タイムトンネル
夏がく~れば、おもいだす~~♪
なつかしい、夏の思い出。
あの頃、あの出会い、好きだった人…
とりわけ、夏の旅は、想い出がいっぱい。

あの娘は、いまごろ、どうしているんだろう?
もっと積極的に、アタックしておけばよかったなあ…
夏の旅の思い出は、はかない恋のシャボン玉?

 ♪ あなたがいつか話してくれた
岬をぼくは たずねて来た
ふたりで行くと約束したが
今ではそれも かなわないこと
岬めぐりのバスは走る 窓にひろがる青い海よ
悲しみ深く胸に沈めたら この旅終えて街に帰ろう ♪
      ・・・(『岬めぐり』ウィークエンド)




 昔は、よく『北海道』『ひとり旅』しました。
放浪の、行くあてもない、行き当たりばったりの…
北海道は春夏秋冬と行きましたが、夏の旅が一番思い出深い。

礼文島、利尻島、奥尻島、天売島、焼尻島と、離島5島すべて行きました。
知床岬、宗谷岬、スコトン岬、納沙布岬、えりも岬、積丹岬、カムイ岬…
岬めぐりもしました。
阿寒湖、サロマ湖、洞爺湖、摩周湖、網走湖、然別湖、オンネトー、屈斜路湖、
ウトナイ湖、知床五湖…北海道はきれいで神秘的な湖ばかりです。
まだ「青函連絡船」の頃、夜行鈍行「からまつ」や、急行八甲田が走っていた頃。
ずっと、ずっと前のことだけどね。20世紀の…1世紀前の…100年前?まさか!

北海道を旅していたころ、よく歌ったり聞いたりした歌は…
「大空と大地の中で」松山千春、「落陽」吉田拓郎、「おもかげ色の空」かぐや姫、
「遠い世界に」五つの赤い風船、「風」シューベルツ、「東へ西へ」井上陽水、
「風来坊」ふきのとう、「遠くで汽笛を聞きながら」アリス、「乾杯」長渕剛などなど…

古すぎて、知らない人も多いですよね。(汗)
あの頃は、楽しかったなあ(笑)
女の子とも、たくさんお友達になれたし、意外に、もてたり?(笑)
いや、恋の話ばかりでなく、大自然も北海道の魅力ですよ。ゴホン!

。。。。。


 夏の思い出… 
甘酸っぱい恋のメロディが、胸をキュンとしめつける。
そんな歌にまつわる思い出の断片を、書いてみました。

♪「幸せの結末」大滝詠一  ⇒ You Tube『幸せの結末』
江の島に向かう車の中、大滝詠一の歌が流れ、僕たち4人はいつも一緒だった。
君と「しりとり」をして、勝つのはいつも僕だったね。

♪「高気圧ガール」山下達郎 
大きなラジカセをリュックに入れ、噴水のある公園の芝生で君と寝ころぶ。
山下達郎のカセットテープを君から借り、そんな二人があの時の空の下に…

♪「サマータイムブルース」渡辺美里 ⇒ You Tube『サマータイムブルース』
雷が鳴った夜、きみはおびえて電話をかけてきた。
「怖いから、今すぐ会いに来て」…あのとき、会いに行けばよかったのかなあ?

・・☆・・☆・・

 まだ夏は始まったばかりです。
今年の夏は、どんな歌を聴き、どんな思い出を作りますか?
 素敵なスイート・メモリーを残せるといいですね。

さてと、 新しい水着も買ったし、週末は誰と湘南に行こうかなあ?
あっ!このブログを読んでいる貴女、いっしょにどうですか?(笑)
(ほんとは、水着など10年買ってません。週末も仕事だし。アセ)

。。。。。。






【MY PHOTO】
前回につづき「川崎大師・風鈴市」です。
一番上が、僕が買った『福島・喜多方風鈴』です。
月のウサギの絵です。
3番目は「秋田」、4番目は「青森」の風鈴です。
全国47都道府県が県別に出品しています。
展覧会でなく、「市(イチ)」なので、もちろん購入するのが目的です。



【ごちそうさま】
エスキモーの『真夜中の贅沢』です。バニラ味です。
真夜中にアイス?
お腹を壊すよ~~(~_~;)でも、食べたい(笑)
バニラの風味が、ほどよくて、なめらかな触感もグ~!
でも、やっぱりお腹が痛くなったよ(~_~;)
コメント (8)

東寺、平安京の空に竜が舞う?(07お盆2)

2007-08-24 01:48:37 | たび、タイムトンネル
平安京の上空に暗雲が立ち込めたとき
光る竜が、大きな口を開けて、襲ってきた。
姫!お守り申す!
おのれ、怪物め!
呪文でセイバイ…じゅもん?忘れてしまった(^_^;)開けゴマ?
やばい…
姫!お願い!生贄になって!僕は逃げるから…

…京都から名古屋に向かう電車の中で、ウトウトそんな夢を見た。

・・・・・



お盆の写真特集、第二弾です。
名古屋に帰省中に、ぶらりと京都にトンボ返りで行きました。
今回の写真は『東寺』です。
日本最大の五重塔があります。
五重塔って好きだなあ!古い建築物の中でも、かっこいいよね。
そう思うのは、男の子だけかなあ?女の子はそう思わない?

東京タワーにも憧れるし、新宿などの高層ビルを見ても、胸が躍る。
高いものが好き!
というより、天に一段と高く突き刺す建造物や自然物は魅力的だ。
周りが低くて、そこだけが高いのが、一番インパクトがあるよね。
富士山が印象的なのは、周りに山がないからとも言える。

その昔、1000年も昔の『平安京』
平屋の民家が立ち並ぶ中で、五重塔はひときわ目立っただろうね。
今では、すぐそばの京都駅からでも、塔は見えないけど、
1000年の昔は、遠くからでもその姿が凛々しかっただろうになあ。

・・・・・


そんな『東寺』を見ると、映画の『陰陽師』(おんみょうじ)を思い浮かべる。
(夢枕獏の小説です)
安倍晴明(あべのせいめい)、不思議な魅力がありました。
平安の女性と言うと、つい、巫女さんの姿を想像します。
萌え~~~!(笑)

アキバ文化に疎い僕としては、あまり詳しくないけど…
萌えのコスプレでは、メイドと並んで巫女が人気があるとか!
やっぱり?
なんとなく、清純っぽいからなあ?
ありゃありゃ、また横道に反れてしまった。まあいいか!(笑)



【写真解説】
『平等院鳳凰堂』(8月20日記事)に着いたときは晴れていました。
しかし午後から『東寺』に来た頃には、薄暗い雲に覆われました。
まあ、イメージ的には映画『陰陽師』の妖怪が出そうな雰囲気でしたが(笑)
赤い花はサルスベリです。
京都は、この2箇所しか行かなかったので、次回は名古屋の写真を少し。

・・・・・


【ごちそうさま】
名糖の『ホームランバー』バニラ&チョコチップです。
60円!安い!(サンクスで購入)
大昔からある、なつかしいアイスです。
昭和30年に、日本で一番最初に作られたアイスバーです。

棒に「ホームラン」と書いてあると、もう一本!
でも、僕は大人になってから、一度も当たったことがないよ(^_^;)
ちなみに、名糖は名古屋(僕の生産地)に本社があります。
詳しいサイト情報は⇒ 『ホームランバー』
コメント (16)

平等院鳳凰堂、真夏の夢?(07お盆1)

2007-08-20 00:57:06 | たび、タイムトンネル
翼を美しく広げたきみは
ぼくを惑わし 暖かく包み込み
火の鳥となって 宇宙に舞って行った

ぼくの体は、炎に包まれていた。
あっちっち!
35度を超える炎天下、宇治川のほとりでゴロリと寝てしまったよ。
宇治の平等院鳳凰堂、真夏の昼の夢?かな?



お盆は名古屋に帰省していました。
実家でゴロゴロしていても暇なので、ぶらり日帰りで京都に行きました。
去年のお盆、今年のお正月についで、3回目の『京都ぶらり旅』です。
ただし、暑いので、短時間の写真を撮るだけの旅です。散歩かな?
(京都へは今まで、何度か行っていますが)

今回は『平等院鳳凰堂』と『東寺』の2箇所に行きました。




平等院はお茶で有名な宇治にあります。
参道には、お茶屋が並び、いい匂いが立ち込めてきます。
そばには『宇治川』のせせらぎが、広い川原にゆったりと流れています。

平等院は平安時代の建物で、伝説の『鳳凰』が翼を広げた形が優美です。
屋根に鳳凰があります。
みなさんのポケットの中にもありますよね!?
『10円玉』!正解!
でも、もうひとつあるんですよ!
それは『1万円札』です。
平等院の鳳凰が描かれています。
(鳳凰は他にも金閣寺の屋根などにもある)



鳳凰の容姿は前は麟、後は鹿、頸は蛇、背は亀、頷は燕、嘴は鶏らしいです。
竹の実を食物とし、桐の木にしか止まらないといいます。
良く似た伝説の鳥では、エジプトの『フェニックス』があります。
『鳳凰』『フェニックス』ともに火の精で『火の鳥』に喩えられることも。
(手塚治『火の鳥』は、さらに『不死鳥』のイメージもあり)

★写真は今回は平等院のみ。
サルスベリとハスの花が綺麗でした。
青空でしたが、ときどき雨も降る天気でした。暑かった~(^_^;)
次回は『東寺』などを載せる予定です。おたのしみに!



・・・
※参照… 前回、前々回の『京都ぶらり旅』の写真は…
●2006年夏(お盆)、金閣寺、龍安寺、仁和寺へ
2006.8.17記事    2006.8.20記事
●2007お正月、清水寺、八坂塔、平安神宮へ
2007.1.9記事    2007.1.12記事   2007.1.15記事

・・・・・


【ごちそうさま】
ハーゲンダッツの『コーヒー&アーモンドクランチ』です。
コーヒーとアーモンドの組み合わせは、大人の味!
なかなか粋な味です。
おいすぃ~♪
コメント (16)

散り始めは果敢なき恋のごとく?(井の頭公園2)

2007-04-15 01:23:09 | たび、タイムトンネル
散り行く桜は いつかの恋のように
ひらひら ふわふわ 容赦なく舞ってゆく
つかもうとしても、つかめない
水面に落ちた残骸は 艶やかで美しいけれど
明日を想うと せつなく哀しい
それは一瞬の淡い幻だったのかもしれない

・・・     

と、そんなこと、考えなかったけど(笑)
いつものように、適当に散文詩風に書き殴っただけです。
深い意味はなし…ですよん♪



『井の頭公園』の桜2007、その2です。
前回の記事(4/12)のつづきです。
僕の髪が、まだ肩まで長かった頃、ずっと昔ですが(笑)、
ここで、北海道で出会った旅仲間たちとお花見をしました。
当時は、のべ半年くらい北海道に滞在して、たくさんの旅仲間を作りました。
50人以上集めて桜の下で宴会をしました。

たいてい、お花見のときは、ギターを持って行って、みんなで歌いました。
 ♪絞ったばかりの~夕日の赤が…
♪遠い世界に旅に出ようか…
♪果てしない大空と広い大地のその中で…
♪街の灯り消しながら、また会うその日まで…
 
って、いうような昔のナンバーでしたが…



あの頃のきみは、綺麗だったなあ…
あのとき、もっと強引にあの娘を口説いたなら…
とか、忘れましたが(爆)
お花見イコール=『バカ騒ぎ』だった尻の青い頃でした。
桜の花なんて、まともに見るようになったのは、つい最近です。

あの頃の僕は、ドラマ役の「中村雅俊」に似ていると言われたことも。
顔ではなく、熱血漢の雰囲気がね。
でも、普段はおとなしくて超ナイーブなのが、
仲間の中に入ると、かなりテンションが上がっていた僕です(笑)
今は、四六時中、テンションが低いですが…(そんなこと、ない?笑)

・・・・・



東京の桜は、すでにほとんど散りました。
でも、来年もまた咲きます。
だから、寂しくなんて、ないんです。
来年は、ここに来るブログ仲間たちと、お花見したいなあ(^_^)v

★*♪。☆*♪*★*♪。☆★*♪。☆*♪*★

【ごちそうさま】

ついに、やっと、やっとやっと、食べました!!
『メガマック』です。
この井の頭公園に行ったとき、吉祥寺駅そばのマクドナルドで食べました。

どうやって食べるの?
みんな、どうやって食べた?

僕はパティと真ん中のパンを引き出して、それをまず食べました。
そうしないと、手がベタベタになるので…
味は、けっこう美味しかったです。
普通のマックのハンバーガーより、はるかに美味しいです。
中身(パティ)は同じなのかなあ?
期間限定発売とか♪(広島県、熊本県を除く全国で、らしい)
コメント (18)

ビージーズを聴きながら…吉祥寺・5&トリノ開幕!

2006-02-12 01:39:20 | たび、タイムトンネル
 ビージーズが流れていた…♪♪♪
ぬいぐるみに囲まれて、僕はあの頃、あの店にいた

吉祥寺、青春の『こそばゆい』思い出の1ページ。


・・・一昨日の2月10日の記事の、『続き』を少し書きますね。
今回で『吉祥寺』その5になります。
過去の記事は、前回の2/10を参照ください。★『動画』★有り!

『2月の井の頭公園、冬のビラ配りは…』2/10記事


。。。。。。。。。。

店内には、♪『愛はきらめきの中に』・ビージーズ♪が流れていた。(視聴可能)

『有線』というのが、当時はナウくて(?)、流行の先端に背伸びしていた。
女の子の店員は、しきりに有線に「リクエスト」していた。
『ニューミュージック』というのは、ブティック風の店では駄目らしい。

『洋楽ポップス』でないと、駄目らしい。
だから、店長が休みの日は、こっそりと有線を『ニューミュージック』や『アイドル』にチャンネルを変えて、リクエストをする。

僕的には、やはり『洋楽』の方が、軽く流して聴くにはいいなあ…仕事中だからね。
『邦楽』の『言葉』をじっくり聞いていたら、仕事に集中できない…?そこまで考えなかったが…

ライオネル・リッチーとダイアナ・ロス『エンドレス・ラブ』♪
アース・ウィンド&ファイアー『宇宙のファンタジー』♪



あの頃、僕の『愛』は、『きらめきの中に』あったかどうか?
・・・さあ?
忘れたよ!
はははっ!

井の頭公園は『桜の名所』でもある。
今度は春に行こうかな?

★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★


写真は、井の頭公園の売店で売っていた、お菓子です。
名前が面白かったので、買っちゃいました!

『ゴリラの鼻くそ』
黒豆薄甘納豆でした。

甘さを抑えた、甘納豆…
でも、僕にとっては甘いのだ!

☆/☆/☆/☆/☆/☆/☆/☆/☆/☆/☆/☆/☆/


≪トリノ五輪・テレビ観戦日記≫2/11

トリノ・オリンピック開幕!ですね~♪
開催期間中、記事の中に、少しだけ書いていこうかな?

2月11日。
開会式。
オノ・ヨーコの「イマジン」朗読には、びっくりしたなあ!
僕の大好きだったジョン・レノンが、今でもイタリア人の心にもあるんだなあ…
そう思うと、感激した。ピース!世界に平和を!
「イマジン」のことは、過去に何回か記事にしたので、興味のある方は『ブログ検索』でどうぞ!

上村愛子、モーグル予選。
相変わらず、かわいいなあ!彼女は…
髪にオシャレな飾り、4年前もそうだったね。

今度こそ、メダルを!
そして、とびっきりの笑顔を!

・・・・・

コメント (16)   トラックバック (1)

2月の『井の頭公園』、冬のビラ配りは…

2006-02-10 02:04:06 | たび、タイムトンネル
動画、うまく撮れているかなあ?
寒い中、吉祥寺の『井の頭公園』に行ってきました。

『吉祥寺の思い出・第4回』を書きます。

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・



北風が吹きすさぶ正午時、動画が撮りたくなり、ふらりと思い出の地へ…

『吉祥寺』は、僕が東京に住み始めたころ、通っていた青春の場所だ。
最初に住んだのは『高円寺』、そして『吉祥寺』のお店に通っていた。

ほんの短い期間だったけど、多感な若葉には夢のような日々だった。


☆過去の『吉祥寺』の記事も参照ください。

① 2005/4/21 吟遊詩人・高田渡、吉祥寺の思い出
② 2005/5/15 俺たちの旅、吉祥寺あの頃あの時あの街で
③ 2005/11/19 井の頭公園、ボートの別れの伝説…


 前回の記事の取材で『20年ぶり』に吉祥寺に行ったとき、すでに当時、僕が通っていた『お店』は無かった。
あとには、ラーメン屋になっていた・・・

主に、ぬいぐるみと、彫金のアクセサリーを売っていた。

ぬいぐるみは「手作り」で、ひとつひとつ表情が違っていた。
でも、安価で、女子中学生や高校生がメインの客層だった。

アクセサリーは彫金で、僕は名入れも彫っていた。

学校が終る時間になると、女子高生や中学生が、つるんで遊びに来た…
そう、遊びに来る感覚だったろう。

髪を肩まで伸ばしていた僕  は、彼女たちにいつも「ギャグ」や「ダジャレ」を連発して、笑わせるのが日課だった。
…もちろん、ちゃんと販売しますよ。
でも、中学生から大人まで、全ての女性たちを「笑わせたい」と、変な?プライドがあった…

女性の心を和ませ、親近感をもたせ、つねにカッコよくカリスマに振舞うのが僕の使命…だと、恐れ多くも?持論を持っていた。
そうすることで、売り上げは伸びると…イキがっていた『蒼の時代』…

以前に『北海道の宿』でも、同じように「女子大生」相手に、毎日奮闘?した経験があったしなあ…
(そのことも、以前記事にしたけど、そのうちまた書きます)

・・・・・


 寒い冬…
お客が少ない時は、駅のコンコースで『ビラ配り』もした。
寒かったけど、地元の女子高生や中学生の多くと顔見知りになったので、ビラ配りしながらおしゃべりしたり…

・・・・・そして、流星のごとく時は流れ…

・・・・・
・・・過ぎ去りし甘きセピアのアルバムから、今、店も消え、街も変わり、おもかげ色もない…



今日の井の頭公園は、冷たい風が吹いていた…
鴨や鳩たちだけが、僕の心に「なごみ」の温風を吹きかけてきた。

陽だまりの木製の長椅子に、ひとり、たたずむのは寒いなあ…

中央線快速列車の車窓からは、裾まで真っ白な『白富士』が見えた。
ニット帽を、深めにかぶり直した。

「青春ごっこ」をしたような、高潮した気分で手すりに持たれた…

…2006年2月9日…

★*♪。☆*♪*★*♪。☆★*♪。☆*♪*★*♪。☆★*♪。☆*♪*★*♪。☆


 公園の池の真ん中には、ドラマ「俺たちの旅」でも有名な『噴水』があります。
年配の方が、鴨や鳩に餌をやっていたので、そのそばで撮影しました。携帯にて。

初めての動画(1月27日は静止画に声を付けただけ)に挑戦でした!
今度はもっと、じっくり撮ろう!

・・・・・

今日(2月9日吉祥寺)のつづきも、近日中にUP予定です。


【 みんなコラボのPR 】↓

コメント (14)

知床五湖、2メートルの雪が…旅の思い出

2006-01-23 02:02:35 | たび、タイムトンネル
>>9cmの雪が、都心に降り、8年ぶりの『大雪』となり…

土曜日、関東では雪が積もり、一面銀世界に…
その報道のところで『大雪』とあったけど、新潟や北海道の方が見たら、笑われるだろうなあ…
東京のニュースは全国放送だから、ここのブロッガーの北国の方は、「たった9cm??」って、あきれているだろうなあ!

『北海道に旅に行くなら、冬が一番いい!』
って、僕は良く口にしていた。
それは『北海道の旅』に憧れる人たちへのアドバイスとして。
(僕はだいぶ前だけど、『旅人』をしていた。特に北海道は四季を通じて行った)

もちろん、北海道に住む人から見れば、厳しい冬が一番なんて、辛亥だろうけど、『旅人』の尺度・発想からすると、『厳寒の寒さ』が『一番、北海道らしくて、いい!』
ってことになるんだ。

そうは言っても、旅は所詮、『娯楽や体験』でしかなく、実際に住んでいる方は、『雪は厳しい物』だけで、美しいなんて、ほとんど感じないだろうなあ…


:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

『知床五湖』・・・
冬の北海道の旅で思い出すのが、小さな町営スキー場、凍結した阿寒湖でのモービル、オホーツクの流氷や白鳥との戯れ、釧路での丹頂鶴とのスキンシップ、札幌雪祭り…吹雪の中の摩周湖…などなど、

いっぱい、貴重な体験をしました。
普通の人では体験しないようなことも、たくさんしました。

今回は『雪』ということで、腰のところまである雪を、掻き分けて行った『知床五湖』が思い浮かびます。


『知床五湖』それは、日本でもっとも自然の残る湖かも!
今でこそ、開発されているけど、僕の行ったころはまだガイドブックにも載ってない、秘境だった。

腰より上の雪に埋もれると、自力では這い上がれない…歩いていて、「ずぼっ」っと、2メートルくらい埋もれることがある。
だから大人数で、『五湖』までの20キロ(ウトロから)を歩いた。
今から考えると、ずいぶんと『無謀』なことをしたもんです。ハイ!

あの頃は、「若かった」からなあ…
恐いものなんて、何も無かった時代…
僕にも、そんな「時代」があったのさ!

で、『知床五湖』は当然、雪に埋もれて、何処に湖があるやら?いえ、ありましたよ!水は水温が高いから、凍ってもなかなか雪に埋もれない…


☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜


 オホーツク沿岸では、そろそろ『流氷』が接岸するのでは?
『札幌雪祭り』は、今年は、2月6日から12日までです。
『雪祭り』は、僕が日本で一番感動した『お祭り』です。
スケールがすごい!でっかいどう!!

※北海道の思い出の旅は、随時、忘れた頃?に掲載していきます。

:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・



↑は、今夜、今年初めて食べた『苺』です。
でっかい苺が4つ入った『少量パック』で、夜遅いので半額の110円に!
少し腐りかけてたぞ~!でも、そこが甘いんだけど…
昔は良く、腐った『みかん』や『バナナ』を好んで、食べたことも…お腹大丈夫だと思うけど…

・・・・・

【 予告 】
次回は25日(24日深夜)、『バトン記事』の予定!
27日(26日深夜)は、ブログ開設1周年記事を!
コメント (16)   トラックバック (1)

井の頭公園、ボートの別れの伝説…

2005-11-19 00:55:44 | たび、タイムトンネル
 『吉祥寺20年目の再会…その1 』

夢の坂道は 木の葉もようの石畳
     まばゆく白い長い壁
  足跡も影も 残さないで
     たどりつけない山の中へ
  続いているものなのです


    ( 『俺たちの旅』 歌・中村雅俊 / 詞・小椋桂 )

 吉祥寺の『井の頭公園』に先日、行ってきました。

かなり久しぶりでした。
何十年ぶりかなあ?そう、1400年ぶりに…聖徳太子が大化の改新で… ってほど昔でもないけど、ほんと、20年は行ってなかったです。
吉祥寺に…
井の頭公園に…

 20年ぶりの再会?の吉祥寺は、昔の面影もなく…
昔、勤めていた『お店』もなかった。
馴染みのラーメン屋も、喫茶店も、消えていた。

僕にとって、そこは『青春の1ページ』だった。

:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・


今回で「吉祥寺の思い出」記事は3回目です。
過去の記事は、
4月21日の記事 と、5月15日の記事 に書いたので、お暇な方はご覧下さい。

 この「吉祥寺20年目の再会」記事は、2~3回に分けて書きます。本日は第一回。次回は来週以降の、いつか…

冒頭の歌は、青春ドラマ『俺たちの旅』のテーマソングで、吉祥寺が舞台でした。

 今夜は『吉祥寺のボート伝説』についてだけ書きます。

 ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★ 

 11月のある日、気温は13度と寒く、風邪をこじらせているにもかかわらず、曇り空の下、僕はその『青春の聖地』を訪れた。

昔、勤めていた「ぬいぐるみとアクセサリー」のお店は、すでに消えていた。
そこをすぎ、井の頭公園に出る。
ある程度、木々の葉は、赤と黄色に色づき始めていた…

 井の頭公園には、大きな池がある。
たまに、ワニが出たりもした。
その池には、日本で一番有名な『別れの伝説』言い伝えがある。

「井の頭公園のボートに乗ったカップルは、別れる!」という伝説…

その日も、僕がベンチで休んでいたら、通りがかりのカップルが「ここでボートを乗ると、別れるらしいわよ」と女性が彼氏に話す声が聞こえた。

僕は「迷信」なんて、絶対に信じません。
ばかばかしい…

って、思っていました。あの頃は…

20年近く前のことです。
僕は当時付き合っていた『彼女』と、そこでボートに乗ったのです。
その伝説は、余りにも有名だったので、お互いに知っていました。

彼女は言いました。
「そんなの迷信よ!乗ろうよ、ボートに」と…
僕は最初は断りました。
信じていなくても、やはり嫌だったからです。

そして…僕たちはボートに乗った…
1年後、僕たちは別れた… 

・・・・・・

って、まあ、そんな話です!実話だよ!

でも、若いころは、いっぱい?恋愛経験するものだし、別れも「たくさん?」経験するものだし、「絶対に別れる?」伝説かどうか?は、わかりませんよ。

勇気のある方は、試してみては?やめたほうがいいけど…

その子とは、『鎌倉の縁切り寺』にも行ったなあ…

あのとき、ボートに乗るのを、断固拒んでおけば、僕の人生、変わっていたかなあ?

これが「吉祥寺20年目の再会」の第1話です。
(たわいもない話でしたね…)

・・・つづきは来週以降です。UP予定日は未定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、『別れの全国有名スポット』の情報は、下のサイトにありますので、興味のある方はクリックしてくださいね!

『ワカレル!ラ・シーネ』

このサイトは、ブログ仲間の
 カノンさん のだいぶ前の記事にありました。カノンさん、ありがとうございました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。

 【 コラボの告知です 】


コメント (10)

高円寺、20年ぶりの再会?

2005-10-08 01:29:05 | たび、タイムトンネル
高円寺 は僕の原点である!

僕が東京に来て、一番最初にアパートを借りた街。
それが高円寺

 君はどこに住んでいたのですか 高円寺じゃないよね ♪

    ・・・(吉田拓郎の『高円寺』という歌です)

一番最初に住んだのは、新宿。住み込みをしていた。
そのあと、始めてアパートで、東京に足を据えたのが高円寺

だから、僕にとっては青春が一番輝いていた頃かも?

そんな高円寺の街に、僕は約20年ぶりに行った。

昔住んでいた、ボロ・アパートは、今はもうない…
時という大河の流れは、過去をも忘却させる。

深夜に酔って帰って、ドンちゃん騒ぎして、良く隣のおばちゃんに怒鳴られたなあ!
隣のおばちゃんだって、深夜に男を連れ込んで、薄い壁一枚の向こうで「禁断の声」を上げてうるさかったのに…
 
2階のアンちゃんは、深夜までドラムを叩いて、眠れやしなかったよ。
『青春ドラマ』の1ページは、甘く切なく、でもドンヨリだが光っていた。

脳裏のセピアのアルバムを、僕は開けたくなかったけど、最近なんだか心境が変わったのかな?
失恋でも?まさか~!


☆ ★ ☆ ★ ☆

僕が高円寺を選んだ理由…

それは、有名人が住んでいたいたから…
『写真機』も無かった時代、石川啄木が住んでいた。
中原中也や芥川龍之介も、たむろしていたと聞いたけど…

そして『フォーク』の世代、吉田拓郎がうろうろし、かぐや姫結成の地でもあり、伊勢正三も住んでいた。

あの街はもう、あの面影はもう無かったけど、
おしゃれなお店がずらりと並び、まったく別の街並み、風景だった…
「面影色」は曇り空の下で脱色していた。

そこで、一件、懐かしの定食屋に入った。
20年前と同じ、小さな古びた定食屋、なつかしい看板…
『キッチン南海』

そこでハンバーグの定食を頼んだ。荒引きのハンバーグが美味い!
目玉焼きも、程よく半熟で、美味しい!
キャベツも美味しい。680円。
携帯で録った写真がそれ。

もう一件『ニューバーグ』という、ハンバーグの超安いお店があったんだけど、それは、また今度、高円寺に来た時に行こうと思う。
たぶん、また20年後かな?

タイムトンネル…東京編は、次は『吉祥寺』に取材に行こうと思っている。
これも20年ぶり?
僕が「カリスマ店員?」で女子高生に追っかけられていた頃…

中村雅俊の『俺たちの旅』にあこがれ…
この秋、行きたいと思うけど、どうだか?

気が向いたら…
猫が木から落ちるのを、見たら…

 深まる秋には、『心の旅』もいいかもね!

・・・・・・・・・・
【参照】吉祥寺のことは、以前にも一度記事にしました。4/21の記事に。



コメント (26)

利尻富士、『御来光』、登山の思い出…

2005-08-08 01:08:45 | たび、タイムトンネル
『夏は旅』ということで、以前、僕が始めて北海道に旅した『夏』の思い出を…

初めて北海道に行ったのは『夏』!
まだ、青函トンネルのない時代、
津軽海峡を青函連絡船で渡った頃の『夏』…

まだ僕が『風の旅びと』になる以前、いや、その第一歩となった、旅だった。
当時「北海道周遊券、20日間」というのがあり、欲張りな僕は20日で「全部」見るつもりで、かなり「駆け足」の計画を立てた。
記念すべき北海道一泊目は、『夜行急行列車・利尻』の車中泊。
名古屋から一気に稚内まで直行の、『初旅』にしては「ちょ~無謀」な計画!

で、礼文島に泊まり、次に利尻島に!

『利尻山』…それは『利尻富士』と呼ばれ、ものすごく美しい!
島の海抜0メートルから「そそり立つ」姿は、まさに『絶景』です!

その「利尻山」に僕は夜間登山をした。
夜間に登るのは、明け方の『御来光』を見るため!
「御来光」とは、日の出のことだが、山頂から見ると、雲海に昇る太陽が見られる!

利尻山は標高1721m で、海抜0メートルから登るのは、かなりキツイ!
ユースでの企画だが、夜間ということもあり、しかも9合目から上は断崖絶壁でロープで登る!

入山する前に、「登山届け」を書く!
本格的な登山届けを書いたのは初めてだった。
不安もよぎる。
「登山靴」など装備をレンタルで借り、重装備?
冒険家『植村直巳』に傾倒していた、その頃の僕は、まるでエベレストへの決死の登頂?のごとく、覚悟して「登山ノート」に名前を書いた!

で、無事に「日の出前」に山頂に!
そして、夢のような『御来光』を見た!
足元には、『雲海』という、雲の海原がある!
「足元に雲」!これに大感動!
宇宙から「青い地球」を見るのに少し似た興奮だ!
しかも、日の出、雲の下の海、街、そばにある『国後島』…

「登山」の予定を組んでなかった僕は、早くもそこで、「計画挫折」
1泊の予定が2泊に…!
あとの宿の予約を、すべてキャンセル!…
そこから、『僕の旅』は始まったのかも?ね!


・・・タイムトンネル【北海道編、第4話】、おしまい!
コメント (24)

義経とシララの恋…積丹半島・女郎子岩

2005-07-17 00:48:52 | たび、タイムトンネル
 深く耳をすませば 朝一番の汽笛
街は にわかに ざわめいて
遠い旅の空から 君に送る便りは
力まかせの なぐりがき
まわり道でも 旅の終りに
君に もう一度 会えたらいいね 
 

   【 人生(たび)の空から / 松山千春 】

一昨日の記事中の、『僕の詩』…たぶん意味不明だと思うので、補足説明を!
これは僕がずっと前の夏、積丹半島に3ヶ月滞在したときの情景です。
夜、屋根に登ると、満天の星が輝き、流星が数え切れないほど見えます。

海はすぐそば、たくさんの女の子たちと遊んだなあ!
え?プレーボーイ?
と、とんでもございません!(笑)
宿でお仕事です。
前にも書きましたが、多いときで100人くらいの女の子(女子大生主体)が泊まっていたので、ミーティングで歌ったり、ギター弾いたりしていまして…
 し、シゴトですよ!それも!まじ!

で、その詳しい話は、忘れた頃に、またしましょう!
今夜は、北の旅で出会ったもの…をひとつ…

積丹半島には、『女郎子岩』という、大きな奇岩があります!
女性の姿をしています。
アイヌの伝説で、「シララ姫」の化身と言われています。

『義経』は、実は平泉で殺されず、逃げ延びて日本海から北海道に渡ったという伝説があります。
積丹半島のこの地で、義経はアイヌの酋長の娘・『シララ』と、恋に落ちます!
しかし、追っ手を逃れるため、義経はこの場所をあとにする…。
それを知り、シララは岸壁から身を投げた…。

その後、義経は大陸に渡ったという寓話や、
僕がそこで『キタキツネ』と遊んだという話は、いずれ、そのうちね!







コメント (18)

梅雨~紫陽花~北鎌倉、&W杯決定!バンザイ!

2005-06-09 01:12:49 | たび、タイムトンネル
柳沢!大黒!そして、日本のイレブン、ありがとう!
今夜の運命の『北朝鮮』戦、余裕の観戦ではあったけど、良かったな~!
ばんざ~い!一人の部屋でも、ばんざ~い!
柳沢のゴールの瞬間、ついウトウト‥一瞬見逃したよ!
ちょっと、今夜は余裕ありすぎたかな?選手の皆さんには悪いけど?
でも、おかげで心臓バクバクで、血管切れなくて?良かったよ!ホッ?
来年のW杯、頑張ってください!どいつがドイツに行くんだ?おっす!

梅雨も間近!
この時期になると、『雨に塗れた紫陽花』をイメージするなあ‥。

 雨に塗れた紫陽花は あの頃の僕たちを忘れているだろう
  まるでピエロのように おどけてみせる僕に
  君は未来を予見した天女のように 哀しく空を見た
  雨は降っていなかった なのに僕たちの心にだけ、赤紫色の雨音がした

  北鎌倉 明月院 極楽寺 縁切り寺 そして‥
  僕たちの朝は もう来ることはなかった
  アルバムにいっぱいに笑っていた写真は、今はもうない
  時は果敢なく過ぎるだけで 今年も寂しく紫陽花が泣く

 と、6月の吟遊詩人・べー坊には梅雨はふさわしい季節かもね?
などと、メローな気分に酔っているわけじゃ、ごさいません!
全然!僕はいたって元気ハツラツ!『詩』というのは、哀しくなくては共感を得られないので、ちょっとセンチメンタルを演じただけですよ!わっはっはっ!

紫陽花と言えば、
鎌倉の『明月院』
を思い出します!
鎌倉ってとこは、デートコースに最適ですからね!
紫陽花は、雨に塗れている所がいいですね!
綺麗で、そして鮮やかなのに、雨が涙の雫に見えるのは、僕だけでしょうか?

『極楽寺』
という駅は、青春ドラマ『俺たちの朝』の舞台でした。
なつかしいなあ!
もう、何年、行っていないんだろう?
鎌倉には、絶対に一人では行きたくないよ!

 『縁切り寺』
正式なお寺の名称は別にあります。
『さだまさし』の歌で有名です。
あの時、僕は行かなければ‥うっ!やめよう、思い出の扉を開くのは‥

梅雨は寂しい季節です‥なんて、お決まりの台詞は嫌いじゃ!
6月!鮎が美味いんだな!
一昨日は、鮎の塩焼きを食べたぞ!

☆★☆ 先日の記事で、僕は鮎を「メロンの味」と間違って書いた気がする?
訂正とお詫び!「メロン」じゃなく「スイカの味」でした!
メロンパンを食べたかったから、ついつい混乱しました。お恥ずかしいっす!
反省ザル?じゃなく、反省レッサーパンダの真似をします!ごめんパンダ?
コメント (24)

俺たちの旅、吉祥寺あの頃あの街で

2005-05-15 23:47:21 | たび、タイムトンネル
男の胸には
哀しさがある
だから
あんなにやさしいんだ


'70年代の青春ドラマ、『俺たちの旅』の散文詩です!

心に やさしさのある男は
人をキズつけられない
たとえ
つらくても


4/21の記事に、高田渡と吉祥寺の思い出を書きました。(参照を)
吉祥寺は、かつて僕の憧れの聖地だった。
東京に出てきて、最初に住もうと考えたのが吉祥寺。
不動産を回ったけど、結局住まず。
で、第二希望の高円寺に住むことに。(今は板橋在住)

吉祥寺と言えば、ドラマ『俺たちの旅』の舞台!
僕はそこで、少しだけ働いていたこともある。
アクセサリーとぬいぐるみを売っていました。
女子高生などを相手に、悪戦苦闘?だったような?
女性を相手にした仕事は、「いかに女にもてるか!」がポイント!
‥と、かつて北海道のユースで働いていた頃に、しかと言われました!
まず第一に「笑わせること」!
そのために、毎晩ギャグを考えてたことも!
もてたかどうかは、昔のことなので、忘却の銀河の果てに忘れましたが‥。

母もまた
一人の女である
それを知って
男は 大人になっていく


先日は母の日でした。
母も一人の女と知ったときは、もう手遅れでした‥。
(あっ、これは吉祥寺と関係ない!無かったことに!)

カースケは僕で、オメダも僕で、グズ六も僕だったような‥
30年後、3人はそれなりに幸せに生きていた。
でも、僕は・・・。
心に今も、ドシャ降りの雨が降っている!(なんてキザな台詞、ウソだよ~!)

今回は『吉祥寺パート2』ということで、パート10まで続く!(かも?)
うん、今夜はクールでシックな記事で決めてみましたが‥?

淋しさを知っている
人間だけが
笑って生きて行くことの
楽しさも知っている


※(散文詩はすべてドラマの終わりに流れたものです)




コメント (11)