三丁目のひこうき雲

★べー坊ワールドへようこそ♪
楽しく面白く、ポエム&エッセイ風に落書きします。写真も大好き♪月1~2回程度更新中★

富士山、大好き♪きみよりも?

2013-06-30 00:40:35 | News&スポーツ
その美しさにぼくは、いつも焦がれているよ
幼きころから、ずっと大好きだった
凛々しくも、ハッとする美の女神
なめらかな輪郭にうっとりし、心が休まる

ぼくは、そんな、「不二子」さんが大好き…?
…いや、間違えた…ルパンじゃない(笑)。
仕切り治して、
ぼくは、そんな、『富士山』が大好きだ!!

         


。。。。。。。


『富士山』

…日本人なら、みんな好きですよね。

堅い話だけど、昔は「愛国心」の議論が盛んな時代もあった。
でも、富士山を見れば、みんな『日本人』だって再確認する。

誰もが認める日本の象徴の『富士山』が

『世界遺産』

にやっと選ばれましたよね。

日本では17件目の世界遺産だとか。
本来なら日本の一番の象徴と言ってもいいから、
もっと早く選ばれても不思議じゃなかった。
それには、いろいろ国際的な基準もあるみたいで。

         

★他の日本の世界遺産を参考までに調べました。

○文化遺産
法隆寺地域の仏教建造物(1993年12月)
姫路城(1993年12月)
古都京都の文化財(1994年12月)
白川郷・五箇山の合掌造り集落(1995年12月)
原爆ドーム(1996年12月)
厳島神社(1996年12月)
古都奈良の文化財(1998年12月)
日光の社寺(1999年12月)
琉球王国のグスク及び関連遺産群(2000年12月)
紀伊山地の霊場と参詣道(2004年7月)
石見銀山遺跡とその文化的景観(2007年6月)
平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群(2011年6月)
富士山-信仰の対象と芸術の源泉(2013年6月)

○自然遺産
屋久島(1993年12月)
白神山地(1993年12月)
知床(2005年7月)
小笠原諸島(2011年6月)



。。。。。。。。

         


幼稚ですが、素朴な疑問が…
世界遺産って、ノーベル賞みたいなものかな?

比較するのも変ですが、
「ユネスコ」とは、国連の教育科学文化機関のことです。
民間のノーベル賞より、ある意味では価値があるのかも。
(ただし国連自体が戦勝国の欧米寄りだから、世界遺産も
半数くらいは欧州にあるらしい)

世界遺産には『文化遺産』と『自然遺産』の二つがあり、
富士山は「自然」と思いがちですが、実は『文化遺産』に。
(過去に自然遺産として目指したが2回落選した経緯が)

「信仰の対象と芸術の源泉」

が評価理由です。

今回登録されたことで、自然環境の保全が今後の大きな問題となった。
6年に一度、再審査があり、取り消しになることもあるらしい。
ゴミ問題や入山料など、これから大変そうですが…
いつまでも美しい富士山であって欲しいですよね。


。。。。。。。。。。。

         


富士山の絵は多くの人が描いているけど、
葛飾北斎の「富嶽三十六景」が一番印象的かな?
他には銭湯の壁の絵としても、馴染みがあります。



日本全国に「○○富士」と呼ばれるのがたくさんあり、
僕はその中では、北海道の羊蹄山と利尻山(利尻富士)が好きです。


東京タワーや高層ビルの展望室に上がると、
僕は必ず真っ先に「富士山」を探したくなる。
天候の都合で、めったに見えないけど、
見えた時は感動します。

電車に乗っていても、空の澄んだ日は、
ついつい富士山を車窓から捜したりすることも。

都内なら23区でも埼京線や中央線から見える。
武蔵野線は朝霞から西国分寺に行く途中に何度も見ました。

近くから見る富士山よりも、
案外、遠く離れた都心などから見る富士の方が、
めったに見えないから、感動するかもね♪

富士山の写真を撮ろうと、芦ノ湖や箱根方面に何度か行ったけど、
一度もまともに富士山を見たことがありません。
すぐそばなのに、見られることは10%くらいしか…
デジカメを初めて6年、まだ一度も富士山をまともに撮ってない(^_^;)

晴れていても、ほとんどの日が霧に霞んでます。

東海道線で富士駅の近くを通過しても、ほんのたまにしか…

見たいなあ…富士山!

こうみえても、人一倍『富士山』が大好きな僕なのです。

         

・・・

ところで…

富士山と、不二子ちゃんと、どっちか好きと問われれば…
もちろ~~~ん♪
不二子ちゃ~~ん♪で~~す(^_^;)

と、いつものオチで、また次回!!(笑)


。。。。。。。。。。。。。。。。









【MY PHOTO】(*^_^*)

1か月半前の5月中旬の『旧古河庭園』のバラです。
毎年行って写真を掲載しています。
ロマンチックな洋館が素敵です。
薔薇がおそらく日本で一番有名な場所かも。








。。。。。。。。。。。。。。



【料理ビギナーのMyクッキング♪】

『ソーセージとパプリカの炒め物』です。
醤油とコンソメで炒めました。
ソーセージに甘くて固めのパプリカは合います。
うまい!!

※参考レシピ⇒ 『クックパッド』より
コメント (2)

きみのすべてを撮りたい♪?

2013-06-17 23:21:40 | 写真
もっと笑って♪
うん、いいねえ。

上着も脱いじゃおうか!
肩の紐もずらして…挑発するように…
いいねえ♪
セクシーだねえ♪
きれいだよ~♪

(パシャ!パシャパシャ…!)

・・・

って、素敵なモデルさんの写真を撮ってみたいです。
男なら…
セクシーグラビアの写真を…
憧れるなあ(笑)。

そんな夢物語はとうてい無理だから、
僕はひたすら、『花』の写真などを撮るのが精一杯。
ぐすん…

ということで…

今回のテーマは、『写真』と『カメラ』です。




。。。。。

         

カメラ、壊れました~~。
落として、少し割れちゃいました。

なので、新しいデジカメを買いました。
いつものように、キャノンのパワーショットです。


ラフにスピーディーに、手軽に多機能で使えるカメラがベスト。
一眼レフは必要ないです。
使いこなす体力も技術もないしね(^_^;)

僕も昔、10代~若いころは一眼レフを持ってました。
まだアナログの時代…
でも、一眼レフは使いにくい。

一眼の利点は交換レンズにあります。
しかし、重くてかさばって、交換レンズなんて持ち歩けない。
カメラ自体も重いから手振れしやすい。
手軽に持ち歩けないから、シャッターチャンスを逃す。
ラフにぶつけても、雨にぬれてもいいから、
バシバシ撮りたいです。
ポケットから、瞬時に取り出してね。
機動力と手軽さとスピードが欲しいので。

だから、僕は一眼をやめ、普通の大きめのデジカメにしてます。
逆に超薄型のデジカメはマニュアル操作が出来ないし、
薄すぎて手振れするので買いません。

その点、キャノンのパワーショットは優れています。
マニアの要求に応えてくれます。
しかも安い。

。。。。。。。。。。





         

たまに僕の写真をお世辞で褒めてくれる人もいますが、
僕にとっての、写真のポリシーはというと…

『感動させる写真』
は大げさですが…
見る人の『心を動かす写真』を撮るのが目標です。

基本は、『構図』にあります。
『躍動感のある写真』をモットーにしています。

具体的なテクとしては、
被写体を枠の中心に置かないこと。
たとえば、バラの花を、写真の四角い枠の中心に置かない。
左右上下の中心を外したところに置く。
端っこもいい。

もう一つは、全体をきっちり収めず、一部をカットする。
わざと枠に収めず、中途半端に削られるようにする。
人間の顔写真なら、頭の髪の毛の上部5cmくらいをカットする。
身体の左半分の4分の1をカットする…とかね。

そうすることで、被写体に躍動感が生まれる。
アンバランスだからこそ、生命の息吹を感じさせる。

もちろん、これは僕が好きな手法で、
むしろ、被写体を真ん中に持ってくる人の方が多いかも。
絵画の世界も同様で、
僕と同じ構図が好きな画家には、
いわさきちひろ、シャガールなどがいます。


素人の僕が言うのは何ですが…
芸術は何でもそうですが…
『個性』が大切です!

人と同じ写真を撮っても、つまらない(笑)。





・・・
         

花の写真を撮ってるのは、それしか選択肢がないだけで…
ほんとうは、グラビア美女の写真を撮りた~~い♪(笑)。
(それは男のロマン、いや、ただのエッチ?)

あとは、生き物の写真、特に動物
単純に生き物や動物が大好きだからです。

野鳥や蝶々の写真はたまに撮ってますが、
犬や猫も撮りたいけど、チャンスがないです。
ペット飼ってないし…
野良猫を追いかけるのも、他の人の視線が気になって撮れない。


そんなわけで…
これからも、いい写真をたくさん撮れれば…と思ってます。









。。。。。。。。。。。


【MY PHOTO】(*^_^*)

前回につづき、5月初旬の『新宿御苑』 (その2)です。

今回はバラ以外の花の写真を。

上から、コデマリ、つつじ、シラン、?(不明)、ハクウンボク、タンポポ、
シナユリノキ、ツツジ、ユリノキ、ホオノキ、ポピー、とべら

※(花の名前は詳しくないので、不明な花も多々あります)

。。。。。。。



【料理ビギナーのMyクッキング♪】

『さわらと玉ねぎのサラダ』です。
春のレシピですが、さわらにはさっぱりした味がグ~~♪
美味しかったです。
コメント (4)

梅雨は心がウキウキ?恋の季節?

2013-06-08 03:18:27 | 季節の話題
雨の日って、好きですか?

ブルーなイメージがあり、
失恋ソングの定番キーワードでもあります。

雨の日は気持ちが乗らない。
落ち込む。
暗くなる…

詩ならば、失恋の涙と雨粒が共鳴し、いいテーマに。

でもね、僕は雨の日って、基本的には好きなんです~♪

         

。。。。。


♪♪♪

冷たい雨にうたれて 街をさまよったの
もう許してくれたって いいころだと思った
部屋にもどって ドアをあけたら
あなたの靴と 誰かの赤い靴    ♪♪♪

※『冷たい雨』/唄:ハイ・ファイ・セット
 (作詞&作曲は荒井由美)1976年発売



東京では今年は5月下旬に梅雨入りしました。
観測史上2番目に早い梅雨入りだそうです。

カーペンターズの名曲にもありました。
『雨の日と月曜日は』(原題:Rainy Days And Mondays)

Rainy days and Mondays always get me down...♪♪♪

(訳詞)
「雨の日と月曜日は、いつも私を憂うつにさせる」…と。


でも、でも…
僕は、雨の日が、わりと好きだなあ。

通勤のときは、雨は面倒なので、嫌いだけど、
休みの日は、雨の日も、それなりに好きです。

今しか撮れない旬な花の写真を撮りに行くときや、
ちょっとした外でのデートの日は、やっかいだけど、
大した予定のない日は、家で一日過ごすのもいい。

心も体も休まる気がする。
一日中、家に一人でいると、孤独でブルーになるけどね。
それでも、たまには雨の日もいいなあ。ブルーでも(笑)。

だからといって、毎日が休みの生活だったら、
晴れの日の方がいいと感じるようになるでしょうけどね。

たまの休日だから、ウダウダしたいのです。
休日でも用事があり、外出することの方が多いから。
(雨ばかりだと困るけどね。自然や写真が好きだから)

。。。。。



雨の休日…

詩や文章をじっくり書けるので、ブロガーには最適。
写真の編集や整理も、このチャンスに…

大好きな音楽も、雨音をバックにしっとり聴けるしね。
カラオケの練習にも集中できる。
録り貯めた映画を観るのもいいね。

心がウキウキ…?
とまでは、いかないけどね(笑)。
恋人にとっても、愛が深まるチャンスかも?
室内で二人で、たのしく、接近できるし~~(笑)
イチャイチャ…と♪

         

・・・・・


そんなわけで、雨の多い6月の最近、
あなたが『よく聴いている歌』は何ですか?

僕ですか?僕は次の2曲を主に聴いてます♪

『123~恋がはじまる』いきものがかり
『さよならクロール』AKB48

え?雨に関係ない歌だって?
ま、まあ、そうだけど…何か?(笑)


。。。。。。


★追伸★

そういえば、今夜はAKB48の総選挙です。
僕の予想は、大島優子の圧勝1位とみてるんですが?
2位は渡辺麻友のような気が…
3位は松井珠理奈かも?
4位は指原莉乃か島崎遥香か柏木由紀???

あまり詳しくないので、おそらく外れるでしょうが…
あしからず(^_^;)

。。。。。。

         

最後に雨に関する好きな歌を2曲。


♪♪♪

あの日 雨降りの道玄坂 バスを待つあなたの
寂しさに声かけたのは気まぐれじゃなかったわ

今日が二人の終りだなんて
誰がきめたの 一年少しで
ただあなたに夢中で暮らしてきた今は
誰も何も信じたくない       ♪♪♪

※『雨ふり道玄坂』/ふきのとう(1976年発売)



♪♪♪

貴女と暮らした わずかな時間
通り過ぎれば 楽しかったわ
これ以上私が そばに居たなら
あなたがだめに なってしまうのね
いつの間にか 降り出した雨
窓の外は 銀の雨が降る

※『銀の雨』/松山千春(1978年発売)



。。。。。。。。。。。。










【MY PHOTO】(*^_^*)

5月初めに行った『新宿御苑』です。
このときは、バラが咲き始めでした。
他にも藤やツツジが見頃でした。
今回はその中から、バラを中心にアップしました。

【※写真のアップ時期について】
いつも1~2か月、花の写真アップが遅れますが、
普段から多忙のため、編集に時間がかかります。
ここ数年、そして今後もこんなペースですが、ご了承を。











。。。。。。。。。



【料理ビギナーのMyクッキング♪】

『ふわふわ卵入り野菜炒め』です。
野菜炒めに卵を入れると、マイルドで食べやすいです。
玉子は別に炒めて、あとから加えます。
味はオイスターソース味。
う~~ん、うま~い♪

※参考レシピ⇒ 『E・レシピ』より
コメント (2)