じゃ、僕の話をします。

北の大地で、酒と食べ歩きと諸々の日々

★『本気食聡咲』の記事はアーカイブの「居酒屋・和食」カテゴリーよりご覧下さい

帯広「ふじもり」でメロンソーダに戸惑う。

2018年08月13日 | ビストロ・ダイニングバー etc...

席に着くと、お冷とおしぼりと…メロンソーダ。

それも、今時見かけないほどに色鮮やかなメロンソーダ。

帯広駅近くの「ふじもり」という、創業から百年ほど経つ老舗のレストランに行くと、いきなりこの三つがテーブルに揃うわけです。

最初は驚きましたよ、そりゃ。

でも、これがこちらのお店の伝統的サービス。

たしかに、僕が子供の頃にはこんなジュースは贅沢品だったんですよ。いや、本当に。そんな今みたいに気軽に飲めるようなものではなく、正月や誕生日のようなハレの日にようやく飲める代物。

なので、これを無料でサービスするというのは、昔はかなり豪華なおもてなしだったはずです。

それを今も続けてらっしゃるのは、そのおもてなしの気持ちが百年経っても変わらないと言う、お店の心意気と言うか、象徴なんでしょうね。

ちなみに、地元客らしき方々は、このメロンソーダは食事が終わってから飲む方がほとんど。デザート的な感覚でしょうか。

僕は最初、いきなり飲み干してしまいましたが(笑)。

で、こちらのお店、メニューも豊富。なんか、とにかく何でもあります。洋食、和食、ラーメンに豚丼に蕎麦に寿司…あらゆるニーズに応え得るラインナップ。

店内もファミレス的な感じで、地元に愛されてる雰囲気が滲み出てます。お客さんも地元民と観光客が入り乱れてました。

そして、実はあの帯広のソウルフード、「インデアンのカレー」のルーツも、ここ「ふじもり」なのだとか。ならばと…

ハンバーグカレーを。

当然ながら、濃く滑らかなルーは「インデアン」と同じ「あの」味。

ならばと、翌日…

「インデアン」でインデアンのカツを。

器がコレだとやはり「インデアン」でカレー食べてるな、と実感します。

ちなみに…

こうして食べるのが好きです。盛りすぎですね。すみません。
コメント

由仁町「キッチンファームヤード」の野菜達に最敬礼。

2018年08月11日 | ファームレストラン
青空の由仁町。

テラスからの眺めも爽やかでした。

「キッチンファームヤード」は農場直営レストランですので…

毎回、新鮮な野菜が。その色からもビタミン感が半端ない。

今時期は、名物のトマトの天ぷらが。

トロリとした食感に甘さ。程よい酸味。天ぷらにする事で旨味が凝縮されますね。

ジェノバソース的なものも付いていて、チーズもかかってますから、それこそイタリアンな味わい。


スープスパイス(スープカレー)も、バジル強化バージョンが登場。スープの中には、夏ならではの元気な野菜が満載。豚の角煮も入ってます。

北海道の野菜を味わうにはこの上ないお店で、実際、この時も道外からと思われるお客さんが横に。野菜の味を絶賛してました。

こう言う時に、実は北海道の野菜はとても美味しいと言う事を実感しますね。地元にいるとそれが当たり前に感じがちですが、本当はすごく贅沢な話なんだなと。
コメント

暑いから新篠津で蕎麦を手繰る。

2018年08月08日 | ラーメン・蕎麦・うどん

新篠津村の蕎麦屋さん「七福」で、冷やしたぬきをいただくのは久しぶり。

北海道も気温が三十度を超えるような日が、少し前に一応、続きまして。

そんな時は冷たい蕎麦に限ります。


しっかり、締めの(笑)せいろも頂きました。

鮮烈で清らか。

そんな味わいだと、僕は感じるのです。
コメント

ペスケの季節。

2018年08月05日 | イタリアン・フレンチ


札幌二条市場近くにある「ASSE」さんのメニューに、桃のピザがひっそり登場。

ひっそり、と言うのは、この日メニュー自体にはまだ書いてなくて、お店のFacebookを見た人はその存在を知ることができたから。

良い桃が沢山出回る頃には「ペスケ」として、堂々とメニューにその名を輝かす事でしょう。

桃とゴルゴンゾーラとミント。

何度かこのブログにも載せておりますが、その味わいを文字で伝えるのは不可能。実際に体験していただくより他にありません。

そして、奥の半分は、ハスカップと生ソーセージのピザにしていただきました。

…どうしても両方食べたかったんです。
σ(^_^;)

このハスカップのピザも、食べない事には始まらないと言うか…

食材の組み合わせの絶妙さが、只々光ります。




そして、こんなステキなピザに合う日本酒も燦然と輝くASSEさんであります。
コメント

今日も気楽に「cuore di issui」。

2018年07月30日 | イタリアン・フレンチ

とある「ディスコ」の近くにある、気楽な雰囲気でイタリアンを楽しめるこちらのお店。

古くからお世話になってるスタッフさんもいらっしゃる、と言う事もあり、とても居心地が良いのです。

まずはレバームースを頂きつつ、ビールなんて飲みまして。

新鮮かつ、様々な野菜が盛り沢山なサラダですとか…


豚肉のソテーに舌鼓を。


こちらのお店の名物とも言える、一升瓶のワイン。

一升瓶ながらも、味わいはしっかりしてます。いわゆる「大味」とかでは無く、お手軽なお値段。

このワインとともに…

ミモレットやコンテなどのチーズを。

締めには手間暇かかっているのが味に滲む…

素敵なミートソースのパスタを。

そして、フワフワトロトロのティラミス。

ウットリします。

カウンターもあるので、一人でも入りやすく、気楽にお料理も楽しめるのは、本当にありがたいです。
コメント

夏空と「牛小屋のアイス」。

2018年07月29日 | カフェ・スイーツ

やっと、北海道にも夏らしい青空が。

こんな青空に誘われるが如く、やって来たのは由仁町「牛小屋のアイス」。


今回、店主やっちゃんが作ってくださったのは、パインにレモンにカルピスでさっぱり爽やかな「まぜまぜアイス」。

レモンの氷がシャリシャリしてて、カキ氷のような感じ。

ラズベリーやバナナも入っていて、酸っぱさも程よく、アクセントに求肥やコーンフレークも。

夏らしいアイスでした。

北海道の短い夏。

夏らしいことは一気にやっておかないと…

気付くと雪が降ってますからね。
コメント

「マルコ本店」の本気のチャーハン。

2018年07月28日 | 居酒屋・和食


自家製かえしだれの叉焼入りチャーハン。

これ、とても自分好みです。

…と言いますか。

本当に、凄い。
コメント

最近の「聡咲」〜2018・ジャンボリーな夏〜

2018年07月27日 | 居酒屋・和食
とある芸能事務所の、2年に一度のお祭りが再び始まってるようです。

僕はもう、チケットなんて買えるわけも無いと、最初から諦めてますけどね。
σ(^_^;)

しかも今夜は、豊平川で恒例の花火大会まで開催予定。

札幌は全面的にお祭りモード。

そして、こちらの居酒屋もお祭りモードに入っているようです。

そのジャンボリー的なお祭りに参加すべく、全国からやって来た方々が、とあるヒゲの御方が勧めるならばと、こちらの居酒屋にも多数集結されるようです。

札幌の客はその期間、来店を控えるように…わかってんだろうな…的な、マスターからの無言の圧力すら感じる勢い(笑)。

そりゃそうです。

この週末のお客様は、遥々津軽海峡を越えてお越しなわけですから。その皆様こそ最優先でおもてなしを。

ならば、その予習の意味でも、最近こちらでいただいたお料理をご紹介。

厚めのベーコンのソテー。

もしメニューにあったら、「マスターが焼いたベーコン」なので、とある名前でオーダーするよう強いられると思いますが…負けないでください(笑)。

スープカレー。

マスターも「意外と本格派」なんて、自らメニューに書いてたりしますが、本当にその通り。

鰻の磯辺巻き。

このメニューは、この週末に登場してるのでしょうか。もしあれば、お試し頂きたいメニューのひとつ。

鰻をキュウリとマヨネーズと共に、海苔で巻きます。リピーター続出。

北海道に来たなら、これも是非。

ホッケ。迫力があります。

マグロも赤身、中トロ、大トロ、ヅケと、四つの味を一気にいただけます。


出汁巻き。

終盤の酒肴にもオススメ。これはメニューに無くてもお願いできようかと。じんわりと味わい深い出汁巻きです。

麻婆茄子豆腐。

ご飯と共に是非。

おつまみ牛タン。

ザクザクの歯応えに、噛み締めるたびに滲む旨味。

バクダン。

海鮮のブツ切りを納豆やトロロ、卵黄と混ぜて頂きます。このままご飯に載せても良い感じ。

他にも、とある芸能事務所の会長さんや、ヒゲのディレクター…と言うか最近は舞台俳優業も目立つあの方や、クリームパンをとあるタレントに横取りされてマジ切れしたりするあの方も食べたと言う、由緒正しいメニューがこの週末は用意されてるようです。

どうか、その味と、マスターのゲス…じゃなくて素敵なお人柄もご堪能いただけたなら。

あちこちに色んなレアアイテムも有りますんで、それも併せてお楽しみくださいね。

コメント

欲しかったんです…

2018年07月27日 | 水曜どうでしょう


これ、北海道だと逆に手に入れづらさがあると言うか…

欲しいと思いつつも、地団駄踏んでたんですが、とある居酒屋で、とある本州方面からお越しのお客様がくださいまして。

ありがたく頂戴しました。
コメント

祝・新札幌「とり久」に、女将さん復帰。

2018年07月21日 | 居酒屋・和食

盛り付けも美しい刺し盛り。

その瑞々しさは、見た目からも伝わるのではなかろうかと。

こんな素敵なお刺身も頂ける、新札幌の「とり久」。

メインとなるのは焼き鳥なのですが、実に様々なお料理が。

そして、そのどれもが心が躍るようなメニューばかり。

そんな訳ですから。

いつも混んでる。

早い時間帯は、たとえ一人で入ろうとしても予約しないと難しくなって来ました。

その人気の程がわかるような品々をご覧いただきますと…

アスパラの炭火焼。味噌マヨ付き。


ちょうど、空豆が美味しい季節だったので、塩茹でを。


味わい深さがハンパない…

桜海老と茄子の揚げ出し。

名物の、若鶏半身の炭火焼。

皮パリパリの肉汁ジュワジュワ。

モツ煮。これまた味わい深い。


あっさりさっぱりで締めにこの上ない、ざるラーメン。


後日、伺った時は、イカ刺しに心を奪われ…


ハンサムレタスと生ハムのシーザーサラダ。

シャキシャキのレタスが嬉しい。

手作りのさつま揚げ。ゲソ入り。


もちろん、焼き鳥も。

ささみの梅。


皮はカリッとしつつも、噛み締めた時の柔らかさもあって、ビールにぴったり。

牡蠣も炭火焼で。


隠れた名物の黒豆チーズといぶりがっこ。

ご主人の手作り。この幾何学模様がクール。終盤のおつまみには最高。

遅い時間なら、カウンターが辛うじて空いてる時もあるんですが、昔のようにふらっと入ることはできなくなって来ましたね。

予約なしだと、3、4回チャレンジしてようやく入れる感じ。

やっぱり、お料理が素敵だとこうなるのは止むを得ず。

そして、個人的にはかなりのビッグニュースなのですが…

最近、しばらくお店に出ていなかった女将さんも復帰されまして。

この女将さんが、また笑顔が素敵で接客もきめ細かくてですね…酒呑みの女神のような方でして。
(*´ω`*)

こうなると、さらにお客さんが増えそうです。

行くなら予約必須。
コメント