美容外科医の眼 《世相にメス》 日本と韓国、中国などの美容整形について

東洋経済日報に掲載されている 『 アジアン美容クリニック 院長 鄭憲 』 のコラムです。

医療文化の功罪?

2015-07-09 10:40:12 | Weblog

つい先日仕事で韓国出張から戻った人の話では、心配していたMERS(中東呼吸器症候群)の影響は全く感じられないとのことでした。実際 漸く感染者数の増加も頭打ちになり、対して治療を受けて全快する人々の数が多く報告されています。しかし、今回のウイルスの感染は、一般の国民は勿論、医療人とっても一部の感染症専門家以外は未知のものであり、それだけに不安と恐怖心からパニックを招いたのも事実です。2012年に最初のMERS感染が報告された後、中東以外で一度に多く感染者を出したケースは韓国が 初めてです。確かに国内で非難されているように第一感染者が確認されたあとの政府、医療機関の対応の拙さがあったのは否定できません。しかし、前回のコラムでも少しふれたように、ほぼ無症状で帰国し数日後に発症した時も、初期は軽度の風邪程度であったことが、感染の拡大に影響したのではと考えます。そして加えてWHOや専門家は韓国独自の「医療文化」にも原因があると指摘しました。

韓国の医学レベルは世界的にも決して 低くはなく、分野によっては最先端を行くものもあります。しかし耳慣れない「医療文化」という言葉の意味するところは、単純に医療水準や技術を意味するものではなく、病気や病院に対する国民の意識や行動パターンを指すものです。そして院内感染が主の感染経路と考えられるMERSウイルスが急激に拡散する原因の中に韓国の医療文化、習慣にあるとされた訳です。その一つは体調不良の人がある病院で治療を受けてもすぐに軽快しなければ「病院に問題がある」と考え、次々と受診先を変えることがよく見られる点です。会見したWHOのフクダ事務局長補はこうした慣習を「医療ショッピング」と呼び、感染拡大を助長した可能性があると指摘しました。事実、中東で感染し帰国した最初の男性患者は8日間に2泊の入院を含めて4カ所を回り、うち3カ所で同室の患者や医療関係者計38人が感染。さらに、この男性から感染した別の男性(35)は1週間に2カ所で受診し、2番目の病院では60人以上の3次感染者を出すことになりました。 そしてもう一つの院内感染者を増やした原因として韓国のお見舞い文化が挙げられました。今回も感染者の10人中4人は本人の病気やけがの治療ではなく、見舞いなどのため病院に行って、MERSに感染した事実を見れば納得です。高麗大学医学部のアン・ヒョンシク教授は見舞い客が多い病室における感染症の罹患比率の高さを指摘したうえ「儒教的な文化が根強い韓国では、入院患者を直接訪ねて励ましたり、面倒を見たりしなければいけないという認識が根強い。韓国の病室はまるで結婚式場や葬儀場のような様相を呈している」と述べていました。

病気になれば家族、友人が寄ってたかって?あの病院が良い、この病院へ行けとおせっかいをやき、入院すればわんさと食べ物やお土産を持って見舞いに押し寄せる・・・疫学的な問題はあるとしても、孤独死のニュースが聞かれる現代において何が正しい医療文化か考えてしまいます。

コメント