アートの周辺  around the art

美術館、展覧会、作品、アーティスト… 私のアンテナに
引っかかるアートにまつわるもろもろを記してまいります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『美しき挑発 レンピッカ展』

2010-04-26 | 展覧会
東京は渋谷に行く機会がありまして、ラッキーなことに『レンピッカ展』を鑑賞することができました。
そんなに好きなタイプの絵ではなかったのですが、これは実物見るとホントすごい、見たことのない絵画を見ることが出来た気がします。

会場に入っていきなりの「本を読む赤毛の女」に驚きました!顔に凹凸があって浮かび上がっているように見えたから。この画家の作品は、くっきりした陰影なのか、素晴らしい技量なのか、平面の絵画がものすごい造形力を持っていて素晴らしいと思いました。
描かれている女性の顔は、サイボーグ的で髪の毛は金属っぽいのだけど、衣服やスカーフの布の感じなどは柔らかだったり、なめらかだったり、素材の質感そのものが伝わってくるよう。また体は機械のようで、しかし手がものすごいリアルだったり。なんかすごい不思議な世界を醸し出していて魅了されたわ~。また、絵の中の陰影つまり光の当り方に合わせてライティングがされていて、造形感がいっそう引き立てられていたように思います。
一緒に展示されていた鉛筆で描かれたデッサンを見ると、めちゃくちゃ絵がうまかったのだということがわかります。すごかった。

展覧会は、レンピッカ自身の生き方も合わせて紹介されているかたちでした。見ていると1920年代のパリってすごく女性が自由で奔放な生き方をしていたんだな~、そういう時代の空気をもっと知りたいなと興味を持ちました。

久しぶりのBunkamuraザ・ミュージアムにて5月9日(日)まで。兵庫県立美術館にも巡回するそうです。


Comments (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三橋節子美術館 | TOP | 長谷川等伯@京都国立博物館 »

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
迷っていたのですが・・・・ (yoshikoo)
2010-04-27 06:02:15
おはようございます。
レンピッカ展行こうかどうか悩んでいたのですが、ブログ拝見してぜひ足を運んでみたくなりました。
会期中に間に合うかしら・・・。
Unknown (アンクル)
2010-04-27 23:26:24
すごくいいですね、メタリックなのにどこか艶かしくて。
未来のレプリカントってこんなんかなぁ。
もしそうなら、ぜひお取り寄せしてみたい!
それにしても、今見ても斬新で少しも色褪せてないのがスゴイ!
レンビッカ本人もすごい美人でいろいろ浮名を流したとか!そっちにも興味があったりして。
コメントありがとうございます (art-around)
2010-05-02 01:07:37
★yoshikooさま

ぜひ足を運んでみてください!受付のお姉さんによると会期終盤にかけて、お客様も増えてきたとのこと。けっこう妙齢のおじさま方が多かった気がします…。

★アンクルさま

おっと、ここにも妙齢のおじさまの一人発見!けっこううっとりしちゃいますよ~。ぜひ兵庫に行ってみてください!

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 展覧会