おやじとクソおやじの間(はざま)で

おやじになった自分から見た、クソおやじ像を考える

帰省断念、東京で越年

2006-12-31 23:01:30 | 春夏秋冬 季節の出来事
次男(通称:コンコン)の体調が安定せず、帰省を断念した。

ということで、昨日は年越しのための買物で一日費やした。だから今日は何もすることはない。「じゃぁ、朝イチだったら入れるだろう」ということで“ダイヤモンドシティmu:”に行くことにした。

出てすぐ渋滞にはまる。「むむっ!」と思ったら、反対車線にある結構大きな魚屋に入る車で渋滞していたのだった。そこを抜ければスイスイ。ほぼ予定通り10時過ぎには到着していた。

今回は早く着いたためか立体ではなく、地上の屋外パーキングに停めることができた。三越側から入る。

ゲームセンターやキッズランド(有料)のある所に子供たちを近付けないよう、前回来た時に長男が気にいっていた書店の児童書コーナーに連れて行った。“コンコン”も気にいったらしく、二人で仲良く遊んでいた。その間に親二人は交替で店を見に行くことにした。

1時間程で書店を出て、ちょっと早目の昼食をとるためマックに向かう。ところが、結構並んでいて、しかも席が少ないため、店員が立っていて席取り禁止となっている。仕方なく子供を説得し、別のフードコートへ向かう。

席を確保してから食べるものを探しに行く。長男が“31(Baskin Robinson)”を見つけたので、昼食は後にして、アイスを食べることに。今日は31日なので、“31”のアイスは31%引きらしい。ラッキーであった。

最後に、三越でカミサンの実家への土産を買って帰ることにした。滞在時間約2時間。前回と全く同じであった。

という訳で今年もこれで終わりである。今年は厄年だったが、なんとか乗り切ったという感じである。来年はいい年であるのかな?

では取り敢えず、よいお年を。

コメント

夢破れる、場外ラスト

2006-12-29 19:42:45 | 馬場/場外
今日で仕事も終わり。午前中は身の回りの整理をして、午後は社長・役員巡視の後、職場の簡単な打ち上げだ。

14時過ぎから打ち上げ開始。本来なら早々に会社を出て、そのまま車で帰省する予定だったが、次男(通称:コンコン)が体調を崩しているため今日の出発は取り止めになった。という訳で、缶ビールを3本程いただく。

15時半過ぎ、いつまでも続く“ダベリ”から失礼し、一人会社を出た。向かった先は“場外”である。

今日は今年の競馬の最後の大レース“東京大賞典”の日である。

毎年この時期におこなわれているが、昨年までは全く興味がなかった。しかし、今年は違う。何故なら、昔POGで指名した馬が2頭も出るのだ。シーキングザダイヤ。母がシーキングザパールという良血馬である。もう1頭は、前にもここに書いたカフェオリンポス。この2頭、かなり期待ができる。

場外に到着。凄い人である。他人の新聞を見ながら馬番を確認。マークシートを塗りながら列に並ぶ。

締切10分前。前に20人は並んでいる。果たして購入できるのか?前のほうの人も券売機のほうをのぞきこんでいる。

締切5分前。まだ前には10人は並んでいる。ここで思い出した。大井競馬って締切3分前になってからが長く、延々“締切3分前”の表示が続くのだ。

予想通り、“締切3分前”の表示がしばらく続いた。そうしないと買えない人が出て、暴動が起こるからだろう。酒飲んでる人もまあまあいたし。という訳で、無事馬券は購入できた。

シーキングザダイヤは2番人気、カフェオリンポスは4番人気。ちょっと人気になりすぎではないか?ちょっと意外であった。

出走前「綺麗だなぁ」と思いながら、モニターに映った馬を見ていた。芦毛の馬、“クーリンガー”という馬である。そしていよいよレーススタート。

1着ブルーコンコルド、2着はあの芦毛の馬クーリンガー。2頭ともJRA栗東(関西)の所属。騎手も関西の所属だ。勝算がないとこんな年末に関西からわざわざ馬を持ってこないよな。騎手も同様に。

ということで、今年最後の夢は破れ散ってしまったのである。

ちなみに、シーキングザダイヤは3着、カフェオリンポスは4着だった。

コメント

Boxing Day

2006-12-26 21:53:22 | 春夏秋冬 季節の出来事
本日は“Boxing Day”である。

“Boxing Day”というと、十人中十人が“Round3 カーン Fight!”のBoxingと勘違いする。しかし、本当の意味は、家働いているメイドや執事が、ご主人様より“今年も一年ご苦労さま”ということで渡されたプレゼント(の箱)を開ける日なのである。

クリスマス明け、僕は昨夜から夜を徹してずっと索引の校正をしていた。それをバイク便渡したのが昼前の11時半。約12時間(電車内での仮眠時間含む)校正していたことになる。

普段なら、この後昼飯を食べて眠くなり、午後は仕事にならないのだが、今日は違う。というのは、午後から職場の大掃除で、座っている暇などないのだ。

大掃除が終了。ひと息ついてもよかったのだが、気を抜いて座ると寝てしまうので、倉庫整理に行くことにした。

本日の業務が終了。チャイムが鳴ると同時に疲れがどっと出てきた。“今日は早く帰ろう”と思ったが、外は土砂降り。

結局、待っても雨はやみそうもないので、ある程度で仕事を切り上げ帰ることにした。

こんな雨の日に“クリスピー・クリーム・ドーナツ”に行けばあまり並ばなくても買えるのではないか、と思ったが、そんな気力はもうなかった。

コメント

寝クリスマス

2006-12-24 23:00:25 | 春夏秋冬 季節の出来事
24日。カミサンダウン。坊主二人も嘔吐・下痢症で本調子でない。
だがしかし、クリスマスイブということで、ケーキを買いに行く。先日カミサンの誕生日が工事角のケーキだったので、今回は者途麗是で買うことにする。一人で行こうと思ったが、次男(通称:コンコン)も行くというので、二人で行くことにした。

ケーキ屋に到着。やはり“クリスマス価格”になっていて、どれも2000円以上する。1800円のホールを見つけたので買おうと思ったが、店員に“こちらは生クリームではありませんが、よろしいでしょうか?”と聞かれた。どうやら、カロリーオフのクリームを使っているらしい。それはやめて、次に安い2100円のケーキを購入した。

帰りの車、コンコンの様子がおかしい。「大丈夫か?」と聞いても「うん」とうなずくだけ。しかし、何回も深呼吸しているところを見ると、どうも気分が悪いらしい。だがなんとかもって、家に到着。

コンコンが家の玄関でもどした。やっぱり気分が悪かったのに我慢してしていたのだ。

そんなこんなでケーキを買ってきて15時に食べたのだが、僕以外の三人は体調がよくないため、全部食べれなかった。その後もみんな外に出ず、家でゴロゴロ。

という訳で、今年のクリスマスは“寝クリスマス”になったのであった。

コメント

自分へのX'masプレゼント

2006-12-23 23:31:10 | TV(ローカルTV系)
前日飲み過ぎた訳ではないが、軽い頭痛がする。家でゴロゴロ。

昨日ローソンで買ったDVDでも見るか、とディスクをプレーヤーに入れる。“自分へのX'masプレゼント”、それは、鈴井の巣ドラバラDVDの第六弾“vs~禁断の対決”である。ザッと内容を説明すると、オフィスCUEの鈴井貴之、大泉洋、そして安田顕がそれぞれ中心になって恋愛ドラマを作り、視聴率などを競い合う企画である。

3~4ケ月程前、このDVDの告知を見た時、“この企画は面白いに違いない!欲しい!”と思った。しかし、その時は金欠で予約できなかった。この度ボー茄子が出たことで、ようやく手に入れることができた。

面白い!予想通りである。まず、メンバー割りを決めるのだが、そこからすでに面白い。

ここで注目すべきは安田顕。映画監督 鈴井貴之の第一作“man-hole”の主役である。今回、鈴井貴之、大泉洋を相手に、いいドラマを作っていた。

メイキング、番宣などおまけ映像も満載。2枚組で4179円。お求めは、HTBショップか、ローソンのロッピーで。オススメのDVDです。

コメント

オヤジたちの忘年会

2006-12-22 23:58:03 | 飲み会
本日は、オヤジたちの忘年会。毎年、有馬記念の前々日に行っている。先週、場外で買物したのも、この日のためである。

僕が会社を出たのは19時半頃、宴会開始は18時からである。下から二番目の下っ端がこんなに大遅刻するのは、諸先輩方に大変失礼であるが、遅れてもみんな暖かく迎えてくれる。
しかし、自分でいうのもなんだが、18時開始なのに19時半に会場に向かうというのもおかしな話である。普通であれば、会場に到着した時点で宴会はお開きになっている。しかし、この会は違うのである。延々やっている。

それができるのも会場である“小料理屋”のおかげである。大体こんな忘年会シーズン、大抵2時間で追い出されるが、そこは店が閉るまでいさせてくれる。だから毎年使っている。一度店舗縮小でお座敷がなくなったため、他の店でやったこともあるが、“やっぱりあの店がいい”というオヤジたちの希望に応え現在に至っている。

会場に到着。すでに6人の先輩方がいらっしゃっていた。すでに出来上がっている。とは言っても泥酔している訳ではない。僕の後に二人来て、本日のメンバーが揃った。

オヤジたちは集まって何の話をするか?“馬”の話である。途中でクイズをやるが、それも“馬”に関するクイズである。始めから終わりまで“馬”のことである。とは言っても、我々は獣医学のスペシャリストでも、牧場関係者でもない。

「じゃあ、そろそろ…」おかみに声をかけられ“ハっ”とする。時刻は22時30分。いつものことだが、あっという間の2時間半である。その後、現地で解散となった。こんな会がもう16年も続いているらしい(らしいというのは、僕は途中から参加させてもらっているから)。

帰りに途中下車、ローソンに寄る。自分のためのプレゼントを受け取るためである。
次回につづく…。

コメント

ハラハラどきどきPK戦

2006-12-17 23:34:41 | 少年サッカー
日曜日、長男のサッカーの試合“第27回ちびっこサッカー大会”に行ってきた。

現地8時集合なので、余裕をみて6:40に出発。カーナビ頼みで運転。3度程予定経路からそれるが、出発時のカーナビが表示する予定到着時刻より10分遅れで現地到着。集合時間より20分程早く着いたせいか、本隊はまだ到着していない。長男とカミサンが仲良くしている家族を見つける。やはり余裕をもって出てきたらしい。

9時。開会式がスタート。本隊の乗ったワゴンがやっと到着。集合は8時ではなかったのか?まあなんとか間に合った。しかし、こんなので大丈夫か?

全60チーム。長男の幼稚園は2チームで参加。ベストメンバーを組まず、戦力を分散させてチームを作った。

予選リーグ。4チームの総当り戦。上位2チームが決勝トーナメント進出。aチームはエースの活躍で、全勝で予選通過。長男のいるbチームも2勝1敗で2位通過。ちなみに長男のポジションはGK。ここまで2失点。

決勝トーナメントの組み合わせが決定。1回戦は、予選リーグでaチームが勝ったチームと対戦。aチームと1-0という試合だったので、実力は同じ位か?

試合は互いに決め手を欠き0-0で終了。ということはPK戦。今回はGKなしでやるらしい。変なPK戦で、ボールをセンターラインから蹴りゴールを狙う。遠すぎやしないか?親たちは“ボーリングみたい”とわが子を見守る。PKを蹴る順番が決まる。長男はキック力の弱さが買われ、9人中9番目。長男のチームは後から蹴ることに。

グランドがボコボコでボールがまっすぐにころがらず、なかなかゴールに入らない。両チーム5人ずつ蹴り終わって2-2。サドンデスに突入。1回蹴り終わるごとに“親”から溜め息が聞こえる。相手チームの最後のキッカーは状況を理解してか、蹴る前に緊張のあまり泣き出してしまった。はずす。次は最後のキッカー、つまりわが長男。前の子と違いケロリとしている。でもはずす。コーチの目は正しかった。また、最初から蹴り直し。

相手チームがゴールを決める。相手チームの“親”が沸く。こちらのチームの“親”に緊張がはしる。次に蹴る子の“親”はソワソワ。見事ゴール。今度はこちらチームの“親”が大喜び。結局、次に相手チームが入れ、こちらがはずしたので負けてしまった。最後に蹴った子の“親”の目には涙が…。

aチームも初戦敗退だったので、撤収となった。

子供より“親”が興奮するのは、昔も今も同じ。安上がりで楽しめたサッカー大会だった。
コメント

プレゼントの買い出し

2006-12-16 22:47:28 | 春夏秋冬 季節の出来事
今日は出勤。会社の後はプレゼントの買い出し。いそがしいそがし。

場外へ向かう。と言っても今日の目的は、“オヤジたちの会”納会の景品を買うため。しかし、馬券も買いたい。愛知杯と阪神のメインを買った(愛知杯は当り!でもマイナス)。その後、PRコーナー(売店)に行って買物。グッズ売り場は“ディープインパクト”グッズばかり。それを避けて購入。つぎの買物会場へGo!いそがしいそがし。

甥と次男のX'masプレゼントを買うため、自宅隣駅のデパートに向かう。なかなか決まらない。甥には“携帯用ロジックパズル”を購入。次男のプレゼントは、決めかねて保留。1時間位で外に出る。いそがしいそがし。

帰りに百均だったのでミスドに寄る。直前でD-POPが無くなる。なんだよー。

帰宅。飯、風呂、早々に布団に。明日は子供のサッカーの試合。5時起き。いそがしいそがし。
コメント

クリスピー・クリーム・ドーナツ上陸!

2006-12-15 23:12:00 | おやつの王様(ジャンク・フード・キング)
12月15日付け日経新聞に、2001年に日本から撤退したBURGER KING が来年再上陸するという記事が掲載されていた。前回の上陸の際の日本の受け入れ先は、西武鉄道とJTだったが、今回の日本法人はロッテリアが出資して作るらしい。
あのチキンフィレサンドとオニオンフライが帰ってくるのは嬉しい限りである。ロッテリア側は、既存の“ロッテリア”と戦略を分けて、700円代のセットを中心にメニューを組むらしい。

この件については、ちょっと待てである。前回もマックなどの低価格戦略と一線を引き、セット価格を600~700円とやや高めに設定したことが要因で、売上が伸びず撤退している。同じ轍を二度踏むことになるのではないか?少し心配だ。

同じくロッテリアが、米国のドーナツ屋チェーン“クリスピー・クリーム・ドーナツ”を日本に上陸させた。本日はその1号店が新宿にオープン。早速行ってみた。

店の前に着いたのは18:20。そこで見たものは…は長蛇の列。係員によると1時間半待ち。老若男女が並んでいる。ミニスカ制服の女子高生寒そう。気温12℃。この時期でこの気温だから並べるのだろう。並んでもよかったが、今日は時間がないので帰ることにした。残念。

帰り久々にタワーレコードでCDを買った。何年ぶりだろうか?
コメント

お受験

2006-12-13 23:43:30 | こどもの行事/こどもと遊ぶ
Lost 2nd Seasonの第一話の終盤で、デズモンドに捕まったロックにジャックが問いかける。“Is it your Destiny”(これも運命というのか?)

お受験のシーズンが終わった。
(お受験:自分の意志ではなく、親の意志で学校を受験すること)
子供がその対象になるまで知らなかったが、幼稚園、小学校のいわゆる“お受験”は、ほとんどが11月で終了する。

ウチもちょっと近くの国立大付属小学校を受験させてみた。

国立を受ける子供は2つのタイプに別れる。一つは私立と併願するタイプ、いわゆる本格派。“和光のスリッパ”を履いてくる人々である。“和光のスリッパ”というのは、私立のお受験の定番。“「何故そのスリッパでないといけないのか?」と聞く人はお受験するの資格なし!”と
いうくらいの(不可解ではあるが)定番中の定番である。今回の試験でも履いてきた人がいたらしい。
もう一つは“ウチの子はできる”と思い込んだ親や“受かればラッキー”と思っている親が受験させるケース、言葉は悪いがいわゆる“一発屋グループ”である。もちろんウチは後者。

“本格派G”にとって、“一発屋G”は目障りな存在らしい。お受験対策本などを読んでみると“近所だから受けに来た人々”や“初めて受けられるようで…”などのやや卑下する表現やコメントが載せられていた。

それはそうであろう。塾に通わせたり、習い事をさせたり、子供にかなりのお金を投資している“本格派G”の親としては、”自分たちは、一般人とは違う存在(受験エリート?)”と思っているのだから。

この投資額、かなりの金額と想像される。ちなみにDMできた予備校の案内によると、W大初等科やS蹊大の模試の受験料は1回26050円!(iPodが買えますぜ)、直前講習(3日間)もほぼ同様の金額である。

そんな国立大付属の入試には、一つ私立にはない特徴がある。まさに“Destiny”に左右されるものが。それは何か?抽選である。

試験をパスした子供は“合格者”としてではなく、“合格者候補者”として発表される。その後、“合格者候補者”から抽選して、“合格者”を選ぶのである。その抽選会の時間、約2時間。

結局国立大付属の場合は、いくら勉強しても、お金をかけても、最後の最後に“抽選”というアヤに左右されてしまうのである。それをクリアできた子供こそ、その学校に行く運命(Destiny)なのだろう。

コメント   トラックバック (1)