おやじとクソおやじの間(はざま)で

おやじになった自分から見た、クソおやじ像を考える

7月最終日

2016-07-31 14:45:00 | 春夏秋冬 季節の出来事
7月最終日、朝8時から出かける。


参宮橋駅。夏休みのこの時期、オリセンで合宿する学生たちで賑わう。僕の目的地もそこ。

国立青少年オリンピック記念総合センター。昨年までの5年間、僕は毎年この時期にここに来て3~4泊し、イベントのスタッフとして働いていた。今年はそのイベントを見に来たのだ。見学者として。

受付近くで、この3月まで一緒に仕事をしていた同僚と遭う。

「(今回のイベント)今年は大変だったのよ!」

いやいや、このイベントは毎年大変なんです。


見学者シールをもらって中に入る。

三年前からこのイベントに協力していただいている指導者の方と遭う。

「来るの遅いじゃないの!6時位からシーツの回収場所にいてもらわないと(もちろん、冗談)。」

そうなんですよね。僕もそう思ったんですけど。自宅で4時起き、5時出ですからね。責任者じゃないのに、それはちょっとキツいっす。

発表会まで時間があるので、少し離れた喫茶スペースでお茶していると、僕の名前を呼ぶ声が。僕の後任でこのイベントを担当している先輩だ。

「このズボンの下がり(つまり痩せ)具合見てくれよ!」

わかります、僕も毎年このイベントで3kg痩せてましたから。

忙しそうなので、二言三言話して別れた。

いよいよ発表会。毎年感心するのだが、短時間でクオリティの高い作品を仕上げる子供たち。さすが各小学校の校長たちから推薦された、学校の代表の子供達だけある。

一通り見終わったので、次の目的地に向かう。


神楽坂の日本出版クラブ会館。昨日今日と「Book market 2016」が開催されている。大手でない出版社が自社の商品を展示して即売するイベントだ。出かけついでに寄ってみることにした。

3階の全てが会場。

個性的な本が沢山。どれも欲しいが、予算がない。古本を置いてある所もあった。

会場を見て、結局古本2冊、どうしても欲しいと思った新本1冊(右上の本)を購入した。

会場で3冊買ったので、トートバッグがもらえた。

こうゆうイベントに行くとつい❌2買っちゃうんだよなぁ。

なんか、今の職場になってから、本を購入することが多くなった気がする。




「クソおやじチェック」が一冊の本になりました。タイトルは、『クソおやじ ド チェック』。
(販売されているのか?お確かめください)
コメント

6月の新刊(さらに追加分)

2016-07-26 23:46:54 | 書籍新刊(アップが遅延あり)
6月の新刊で気になった書名。再追加分


『才能の見つけ方 天才の育て方』9784163904559(文藝春秋)

『小さな天才の育て方・育ち方―小・中・高に通わず大学へ行った話 』9784863672758(セルバ出版)

まず、自分の子どもを見極めないとね。そのあとが、これ。



『慶応幼稚舎入試解剖学 〈4〉 合格する願書の書き方』9784903852133(石井兄弟社)

『1日10分で難関小学校に合格する絵のかきかた』9784062200479(講談社)

徹底して分析してますね。これで受からなかったら、浮かばれない。



『「ファミマ入店音」の正式なタイトルは「大盛況」に決まりました』 9784773088304(笠倉出版社)

あの音って、「大盛況」っていうんだね。ほぅ。



『日本デジタルゲーム産業史』 9784409241073(人文書院)

懐かしいゲーム名が一杯出てくるライトな本と思いきや、ガチガチの専門書です。



『9500万人が愛したコマソンたち』9784434222009(鶴書院)

「コマーシャルソング集」かと思いきや、目次をみると「広告」を中心に書かれているみたいです。



『ペット判例集』 9784802831161(大成出版社)

ペットの裁判なんてあるんだね。一冊の本になるほど。



『なごや弁―乙女心もときめくなごや言葉』9784833115421(風媒社)

「なごや弁」って、そんなにきれいとはおもえないんだよなぁ。



『やたらとお金が貯まる人の習慣』9784837967910(三笠書房)

「お金の増やし方教えてください」的な本。



『ジミ・ヘンドリックス機材名鑑』9784907583354(DU BOOKS)

これすごいね。ファンにはたまらない一冊だね。この一冊で一晩中語れそうな人がいそう。



『世界遊園地大全―想像を超える、世界の楽しい遊園地』9784766129564(グラフィック社)

前回紹介した『世界 魅惑の遊園地』と趣旨は同じ。ただし、切り口が異なっている。こちらも見ていて楽しい。



6月は書名が魅力的な新刊がたくさんあった。7月は少なそう。


「クソおやじチェック」が一冊の本になりました。タイトルは、『クソおやじ ド チェック』。
(販売されているのか?お確かめください)
コメント

ポケモンGOをやってみた

2016-07-22 23:52:42 | DS/GAME
ポケモンGOの配信が日本で始まった。仕事終了後、インストールして、帰り道からやってみた。

地図が出てくる。ナビのような感じ。ポケモンが出てくるまで、遊び方がいま一つわからない。取り敢えず地図上に立ってるチェックポイント(ポケストップ)まで行ってみることにした。

そのポイントは、ストリートビューを切り取る感じで、示されている。

地図上にやっとポケモンが出てきた。でも、その近くに行っても見つからない。同じように、スマホ片手にそのあたりをウロウロする人が。ああ、やってるな。

あまりにも見つからないので、そのエリアは諦め、駅の方に歩いていく。再び、地図上にポケモンが現れた。そのポケモンをタップすると大きくなり、バトルモードとなった。初めて出てきたポケモンは、モンジャラ。

適当にモンスターボールを3,4個投げたら当たって、見事捕らえることができた。

実際やってみて、やはり公道を「歩きスマホ」でやるのは危険。特に狭い道。車に注意しないといつはねられてもおかしくない。やはり、広場や公園でやるのがベストのような気がする。そのために対戦できる「ジム」はそういうところに設けてあるのだろう。

「ジム」でしかバトルできず、野生のポケモンと戦えないのは少し残念。

取りあえず。ポケモンを集めていこう。


「クソおやじチェック」が一冊の本になりました。タイトルは、『クソおやじ ド チェック』。
(販売されているのか?お確かめください)
コメント

特別番組

2016-07-04 22:42:35 | Weblog
東海ラジオ「聞いてみや~ち」の後番組はなんだろう?と思ってラテ欄を見たら、こんな見出しが。

『特別番組「アツいねー」をテーマに松原敬生と成田香織がリスナーからお便りを紹介しなから送る』

特別番組かぁ。かなり苦しいなぁ。9時からの番組をそのまま引っ張ることができないのかなぁ。





「クソおやじチェック」が一冊の本になりました。タイトルは、『クソおやじ ド チェック』。
(販売されているのか?お確かめください)
コメント

6月の新刊(追加分)

2016-07-02 00:58:16 | 書籍新刊(アップが遅延あり)
6月の新刊。気になったタイトル、追加分。


『平成版 東京五大』9784773410013(夏目書房新社)

東京五大”鍋”みたいな、ベスト5を集めた本。おもしろそう。


『相方は、統合失調症』9784344029620(幻冬舎)

お笑いコンビ”松本ハウス”の松本キックが書いた本。


『モテと非モテの境界線―AV監督と女社長の恋愛相談』9784062729451(講談社)

これまた興味深いタイトル。読んで納得できるか?


『24歳のフツーの男子がブラック企業に勝った黒い方法』9784769611523(こう書房)

勤めていたブラック企業を訴えた本。それ以外にも…。人生いろいろだ。


『小説・非正規 外されたはしご』9784782534410(産学社)

これまた切ない小説。なぜ人は不幸な話に興味を持ってしまうのだろう?


『じゃあ君が好き (新装版)』9784391149128(主婦と生活社) 

いま話題のヨシタケシンスケの本。絵本ではなく、イラスト集。


『命がけで行ってきた知られざる日本の秘境』9784801301610(彩図社)

どんなところか見てみたい。「参拝が難しい神社」はテレビで見たけどね。


『Amazon輸入はオリジナル商品で儲けなさい!』9784798046792(秀和システム)

よくあるノンブランドの商品は、こういう仕組みで仕入れられ売られている。事故が起こったら販売者責任なのだが、そこは書いてあるのかな?


『ラッシュ時のバスは、なぜダンゴ状態で来るのか?』9784831402073(ベストブック)

まさにそうなんだよな。こんなタイトルだけど、物理の本。いろんなシュチュエーションを科学的に説明。


『世界 魅惑の遊園地』9784800309716(洋泉社)

全部行きたい!(もう50歳を超えていますが)




「クソおやじチェック」が一冊の本になりました。タイトルは、『クソおやじ ド チェック』。
(販売されているのか?お確かめください)
コメント

閉店

2016-07-01 23:50:47 | Weblog
今朝、麦茶のパックを買おうと会社近くの商店街にあるLAWSON100に行ったら、昨日限りで閉店していた。

そういえば、最寄り駅近くのスリーエフも昨日で閉店した。


半期終了というタイミングなんだろうが。

2軒ともそこそこ利用していたので、ちょっとショック。




「クソおやじチェック」が一冊の本になりました。タイトルは、『クソおやじ ド チェック』。
(販売されているのか?お確かめください)
コメント