おやじとクソおやじの間(はざま)で

おやじになった自分から見た、クソおやじ像を考える

あっ、というまの夏休み

2007-07-29 00:01:05 | こどもの行事/こどもと遊ぶ
木・金と車で南伊豆に行ってきた。

諸般の事情で、木曜昼の12時にスタート。宿までのルートをカーナビにセットしてのドライブ。便利になったものだ。
ナビについて、「よくこんな細い道を案内するなぁ」と最近よく思う。今回も伊豆半島に入ってから、車がすれ違えないような道を指定してきた。ウチはコンパクトカーだからいいけれど、ノアクラスのミニバンや外車だったら、ちょっとつらいだろう。

そんな道も含めて、ドライブすること5時間、下田に着く。すぐに宿に向かわず、明日行く予定の海水浴場に向かう。「きれいな海で泳ぎたい」という長男のリクエストに応えて今回下田を選んだのだが、昨年の外房に比べて透明度は高いようだ。遠くまできた甲斐があった。

宿。”ホテル”という名前だが、会社の保養施設という感じ。ゲームコーナーなし。娯楽室には卓球台が一台。健全な宿だ。温泉もまずまず。ここまではイマイチの印象だが、食事はとびきりウマかった。刺身に、合鴨ののった鍋。どれもこれもおいしくいただけた。子供たちも、”お子様メニュー”に満足したようだった。

金曜。9時半頃から海にいく。いい天気だった。昨年は日焼けしすぎてエライ目にあったので、今年はノースリーブを着て海にはいる。きれいな遠浅の海。沖縄とは比べられないが、この透明度はこのあたりでは一番であろう。

お昼を食べる段になって、長く海に入って遊んでいたせいか、長男が気分が悪いといいだした。なかなか復活しないので、カミサンが病院に連れていった。その間、次男と二人で遊ぶ。次男は砂遊びが大好き。親も一生懸命手で山を作ったので、手首を痛めてしまった。

波にさらわれ流れる砂を見ているとすごく落ち着く。何時間でも見ていられそうだ。

なかなか二人が帰ってこない。行ってから1時間経ったので、片づけ始めることにした。一通り終わったところでケータイがなる。カミサンからで、もうすぐ戻るとのこと。診察の結果異常はなく、原因不明とのこと。長男も元気になったという。

二人が帰ってきた。まとめてあった荷物を車に積んで出発。次男、車に乗ったら速攻で寝る。サンドスキー場、土産物屋に寄ったら、すでに17時。「早く出ないと。暗闇の中、あの狭い道を車で通るのはいやだなぁ」、と思いながら、下田を出る。

山道をとばす。帰りの峠道は楽しかった。車にパワーがないので、ほとんど2速で走った。天城越えを抜けてなんとか峠道を明るい内に抜けることができた。

6時半、夕飯時。立ち寄り湯発見!「ひと風呂入って、飯でも食べるか?」「いいねぇ!」。子供たち賛同のもと、立ち寄り湯へ。露天もあって800円。”お風呂の○様”と同じ値段とは思えない、いい風呂だった。湯上がりに食事処で飯を食べようと思ったが、併設されているレストランは椅子席のみ。メニューは中に入らなければわからない。お子様メニューがないと(いろいろな意味で)困るので、一旦出て探すことに。結局、ナビで”ファミレス”を見つけ、そこへ向かう。ああ、早く下田を出ていれば、沼津でおいしい魚がたべれたのに…。しょうがない。

温泉地のファミレスに到着。何故か混んでいる。しばらく待ちそうなので、隣にある中古CD屋を覗いてみる。欲しかったBIRDの”ダブルチャンス”発見!値段も手頃なので、購入。ラッキーであった。

食後、少し眠くなった。カミサンに運転を代わってもらい、後部座席に。ウトウトしていて気が付いたら、横浜・町田ICだった。帰宅23時過ぎ。

あっという間の夏休みであった。正味遊んだのは半日。でもいいか、きれいな海も見れたし、BIRDのCDも手に入ったのだから。


たぶん載っていない→人気blogランキングへ
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり

2007-07-26 10:58:59 | TV(その他)
今年の"東映スーパーヒーローMAX ナビ”のナビゲーターは、山崎真実とドランクドラゴンのようだ。

"東映スーパーヒーローMAXナビ”とは、毎年8月に東映チャンネルほか2つのチャンネルでまとめて放送される”ヒーローもの”の番組を紹介する番組である。昨年までは、一つ前の戦隊モノのヒロイン(昨年で言えば、マジレンジャーでマジブルー役の甲斐麻美とマジピンク役の別府あゆみ)がやっていた。その流れからいくと、今年はボウケンジャーからヒロインが2人出るはずである。しかし、今年は全く違うキャスティングである。

「やっぱりな」という感じである。昨年のこの時期から思っていたのだが、この番組のナビゲーターを末永遥がやるなんて想像できなかったもの。

ということで、今回のナビゲーター山崎真実は、Vシネマ”超忍者イナズマ”の2作目に出ているし、ドランクドラゴンの塚地は”仮面ライダー響鬼”の映画版に出演しているので、このキャスティングになったのだろう。

山崎真実、最近よくいろいろなメディアにでているなぁ。


たぶん載っていない→人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハリーポッター最新作

2007-07-23 23:35:10 | こんな本があった/買った/読んだ
古い話で恐縮だが、ハリーポッター(以下、ハリポと略)の最新作(最終巻)が21日に全世界で同時発売となった。実はその発売前日の金曜日(20日)、僕はその本を手にしていた。

その日、たまたま社内で洋書担当とすれ違った。いつもエプロン姿の彼が、今日はエプロンをしていない。「今日はエプロンしてないね」というと「これを説明するため、販売会議に出ていたのですよ」と両手に持っているハリポの最終巻を見せてくれた。両手にビニールの被った本が1冊ずつ。一方の表紙にはお馴染みのハリーの絵が書いてあり、もう一方の表紙には、(魔法使いの)アクセサリー?のようなものが描かれていた。表紙が違うが、どちらも同じハリポの最終巻であるという。

彼の話によれば、「英国人は、ハリポの絵が書いてあると恥ずかしくて持ち歩けないので、装丁の違う本をもう一冊作った」そうである。そんなの自分でブックカバーすればいいじゃん、と思うのはぼくだけだろうか?

その大人版の表4には、作者ローリングの写真がデカデカとプリントされていた。洋書ではよく見る装丁であるが、どちらかと言えば、僕はそちらをもっているほうが恥ずかしいと思う。

自慢ではないが、ハリポは一度も読んだことがない。しかし、その話題の本を発売日前に持てたことに、ちょっと優越感を持った。本当に持っただけなんだけどね。

もちろん中身は、ビニールが被っていたので見れませんでした。
たぶん載っていない→人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めてシネコンで映画を見る

2007-07-22 23:34:39 | こどもの行事/こどもと遊ぶ
初めてシネコンの映画館に行って映画を見た。

映画と言えば、僕らの小さい頃は大きい駅の近くや街に出て見るものであった。でも今はそれ以外に、郊外のショッピングセンターに行って見るという選択肢が増えた。今回、ダイヤモンドシティ内にある”ワーナー・マイカル”のシネコンに行った。

シネコンは非常にスマートだ。定員制で、席が事前に指定される。昔は、前の回の映画が終わると、場内に駆け込み席をキープしたものだが、そんな慌ただしいことをする必要がない。ただ、席を指定してもらうために窓口で並ばなければならないが。

設備も非常によい。席はゆったりしていて、わざとやらない限り前の席にぶつかることがない。また、前の人の頭が気にならないような配列になっている。音響もよい。後ろのほうから声がしたと思ったら、映画の音声でちょっとびっくりした。

ちなみに見た映画は、”ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガvsパルキアvsダークライ”。長男と一緒に見た。昔で言うと”ゴジラvsモスラ”のアニメ版といった感じの内容だった。

DSを持って行けば、映画館でポケモン”ダークライ”がダウンロードできるので、持っていってゲットしてきた。もう1匹もらおうと、再度ダウンロードしようとしたところ、「一度ゲットしているので、もうできません」という表示がDSに出た。

こどものゲームのくせに、そういうプログラムはきっちりしているなぁ。
たぶん載っていない→人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いやになるなぁ~

2007-07-21 23:28:37 | 馬場/場外
土曜出勤。ということは、場外へGoである。最近飲み代で出費が多いので、ここでちょっと儲けさせてもらわないと。

今回のメインは日本海ステークス。古馬1600万下条件の2200m。”あっ”と言う間に終わるスプリント戦と違うので、予想のしがいがある。10頭という少頭数。近走好走している馬が4頭。後の6頭は休み明けやら主戦がダートの馬なので、ちょっと買いにくい。となると、4頭の中からの予想することになる。オッズをみると、やはりその4頭から買われているようだ。

最近思う。堅いレースは堅いと。無理に穴を探すより、実力馬を厚く買えばよいのだと。という訳で、人気の4頭より重馬場好走の実績がある3頭を選び、BOXで購入。賭事としては面白くないが、ここは手堅く。

結果は、惨敗。1着は人気4頭の内の1頭なのだが、2着は人気薄の馬。サンデーサイレンスの仔だったので気にはなったのだが、障害(ジャンプ)競走帰りの馬だったので、ちょっと買えなかった。馬単で約9,000円、3連複で29,000円。”堅い”と思っていたレースが、思いがけず荒れた。

あと1点買っておけば...。まさに後の祭りである。
たぶん載っていない→人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[es]まだ12,000円

2007-07-20 08:41:18 | AKIBA/Mac/PDA/スマホ/デジモノ
昨日、飲み会に行く。「最近、飲み会多いね」と前日の夜、長男に言われる。確かに。最近1日おきで飲みに行っているなぁ。

飲みに行く前に、アキバに寄る。久々だ。また驚くような変化が...。前までLAOXのMac館だったところが、ゲームソフト屋に変わっていた。どうして?最近のアキバの店の変化について行けない。

今日は時間がないので、寄る店は1軒のみ。ソフマップのモバイル館だ。さっと見る。一番目についたのは、Palm Z22。10台位展示してあった。一時期の品薄は何だったのだろう?

WS007SH[es]の値段も見る。W-SIMなしで11,999円(中古)。[es]advance発売の影響で、以前来たときは2万円台だったが、大幅に値下げされている。僕が新品で買った値段と比較すると中古にしてはまだ高いと思うが、Excel、Word、名刺リーダーなどが付いていることを考えれば、ある意味安いのか?

期待していた[es]のグッズがあまりなかったので、5分位で店を出た。駅に向かう途中、[es]advanceが展示してあったので、手にとって見る。確かに、今の[es]よりコンパクトで、キーボードのボタンが大きくなっているので使いやすそうだ。でもやはり、キーボードから数字キーがなくなったのが気になる。慣れてしまえば、どうってことないのかもしれないが。

飲み会は”ちゃんこ屋”。腹一杯食べた。「ごっちゃんです」という感じ。
たぶん載っていない→人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オヤジたちの修学旅行2007

2007-07-15 20:59:35 | おやじの旅
オヤジたちの修学旅行、今回は新潟である。

オヤジたちの修学旅行は、非常に気ままでよい。いろいろなシガラミを考えることもなく過ごせる唯一の旅行である。一緒に行くオヤジたちは、年齢も働いている部署もバラバラなのであるが、非常にまとまっている。いつも10人くらいで行っているのだが、ワガママを言って和を乱す人は1人もいない。それがこの行事が10年以上も続いている理由なのだろう。

今回、新潟へ行く楽しみは、なんてったって風呂とご飯(米)である。新潟にはお気に入りの宿がある。オヤジたちもそこに泊まるのを楽しみにしている。そこは風呂が広く、非常にサービスもよい。また、飯が抜群にうまい!普段朝食べない人が、朝からご飯をおかわりする。今朝、僕も2杯食べた。

そんなオヤジたちの修学旅行の本来の目的は、馬を見ることである。

今回は小負け。負けは悔しいが、そこそこ楽しめたので、まあヨシとしておこう。
たぶん載っていない→人気blogランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

この夏スタートの新ドラマ

2007-07-11 23:32:47 | TV(その他)
今日から綾瀬はるかのドラマ”ホタルノヒカリ”が始まった。彼女にしては珍しくラブコメだ。

見始めてビックリ!安田顕だ。ヤスケンがでているなんて!ラテ覧に載っていなかったよ。”ハケンの品格”に続いて4chのドラマ出演。すごいなぁ。またまた脇を締めるいい役だ。

ドラマ自体も面白い。これは次週も見るな。久々に日本のドラマにハマリそう。

綾瀬はるか、上唇が薄くなったように思えるのは気のせいかな?
たぶん載っていない→人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先週TVでよく見た女性タレント

2007-07-08 23:48:56 | TV(その他)
先週TVでよく見た女性タレントが2人いる。井上真央と柳原可奈子だ。

井上真央はドラマの番宣ということで、フジTV(TBSフレンドパークの再放送にも出ていたが)に出まくっていた。井上真央がメジャーになったのは、やはり「花より団子」からか?僕はそれを見ていなかったので、「誰、この子?」って感じであった。しかし、先週出ていたいくつかの番組(特に、はねトビの”アブチェンジ”)を見ていくうちに「この子面白いじゃん!」と印象が変わった。長澤まさみ、綾瀬はるか、鈴木杏たちと共に、今後のドラマの主役となる女優となっていくであろう。

柳原可奈子は何故かわからないが、よく出ていた。確かに、最近CMでもよく使われていて、TVでよくみる。個人的にはあまり好きでないタレントである。なぜ彼女がよく使われているのか、僕には理解できない。ネタも何が面白いのかよくわからない。きっと容姿から否定しているので、そういう見方になっているのだろう。

それぞれの分野で(たぶん)期待されている2人。今後の動きに注目といったところか。

甲斐麻美がひさびさにTVに出てきた。テレビ東京の17:30 の枠。非常に微妙だなぁ。(何が?)
たぶん載っていない→人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TIBF

2007-07-07 19:34:09 | Weblog
今日は東京国際ブックフェアに1人で行ってきた。

東京国際ブックフェアは、TIBFと略される(Tokyo International Book Fair)。ちなみに北京国際図書展示会は、BIBF(Beijing International Book Fair)。そして、台北国際図書展示会は、TIBE(Taipei International Book Exhibition) である。東京と区別するため、表現をかえてあるようだ。どうでもいいことだが。

さて、会場へは毎回臨海高速鉄道の最寄り駅を使っていたのだが、会場まで少し歩くのがいやだったので、今回はじめて”ゆりかもめ”で会場に向かった。汐留から乗ったのだが、ちょっと時間がかかりすぎてウンザリした。

会場に到着。入る手続きをするところで、名刺を忘れたことに気がついた。名刺2枚あれば、必要事項の記入が省略できたのに。面倒だと思いながら、必要事項を記入、入場証をもらって会場に入る。

「狭い!」これが入った時の最初の感想である。昨年までの会場とは違うホールを使っているせいなのか?とにかく狭く感じられた。
いつもお世話になっている出版社さんのブースへ向かう。お昼少し前ということもあり、なかなか知った顔に合わない。ようやく会えて挨拶をする。一応一通り挨拶したあと、今度は一般客として会場を廻る。

僕だけでなく、会場にくる一般客の一番の目的は、本のバーゲンであろう。普段値引きされていない本が10~20%off、あるいはそれ以上値引きされてで売っていたりする。また、洋書も大幅に値下げして売られている。今回も、最近人気の高い仕掛け絵本”Jungle Book"(英語版)が2000円で売られていた。これなどは、超お買い得である。僕は洋書コーナーで、英語教材のポスター、同じくカードとキャラクター絵本を購入。合計1300円。安い買い物である。

次にアドビのブースへ行く。いつもながら人が多い。CSもすでに3ヴァージョン目。どんどん進化していると同時に、僕はどんどん乗り遅れていく。

会場を一巡した。入場した直後は「土曜なのに人が少ないなぁ」と思っていたが、廻るにつれてどんどん人が増えてきた。再びお世話になっている出版社さんのブースへ行って、先ほど会えなかった人たちと挨拶。その後、会場を後にした。

TIBFは年1回の出版界の大イベントである...と言いたいところだが、実はそうでもない。今年の出展社数は史上最大となっているが、内容をみると「ホンマか~」と思ってしまう。明らかに日本の出版社の出展が減少しているからである。

その原因は、まず出展料(家賃)が高いことにある。BIBFやTIBEに比べかなり高いのである。また、出版社にとって国際ブックフェアに参加する目的は版権売買にあるが、BIBFやTIBEに比べ版権売買の取引数は少ないと言われている。参加する外国出版社の絶対数が他に比べ少ないのだ。外国出版社の日本マーケットに対する見方の問題なのか、出展料の思うのだが問題なのかは定かでないが。よって、出版社さんから「(ここに)出展するメリットを感じられない」という話を耳にする。

今後もTIBFは続くだろうが、出版社等出展者を増やすことを考えるなら、ブース代を引き下げたほうがよいと思うし、読者中心のイベントにするなら、もっと便利なところ(昔々サンシャインシティの中でやったことがあった)で開催してほしいなぁ、というのが個人的な意見である。

今日は人混みを歩いて疲れた。爆睡だ。

(写真は、ビックサイトのモニュメント)




たぶん載っていない→人気blogランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加