おやじとクソおやじの間(はざま)で

おやじになった自分から見た、クソおやじ像を考える

映画の日

2016-06-01 23:49:07 | こんな映画(DVD)を見た
久々に映画を観に行った。なぜならば、今日は映画の日だからだ。

ジャ・ジャンクーの監督作品 「山河ノスタルジア」。


4月から見たい!と思っていた映画だったのだが、感想は「???」。悪くはなかったが、なんか"ブチッ"と切られた感じで終わってしまったので…。バックの景色はいかにも中国っという風でよかった。

今月はもう一本(二本?)観る予定。


クソおやじチェック」が一冊の本になりました。タイトルは、
「クソおやじ ド チェック」。(販売されているのか?お確かめください)URLが変わりました。
コメント

007を選んだのだが…

2015-12-04 23:22:39 | こんな映画(DVD)を見た
この週末、新幹線で帰郷予定。

新幹線の中でスカッとする映画でもみたいなぁと思って、PSストアで映画を探してみた。

"ワイルドスピードMEGA MAX"か、"007スカイフォール"か迷ったが、007を借りることにした。ストアからダウンロード。

ふと新聞のラテ欄を見ると、なんと今日、日テレで"007スカイフォール"をやっているではないか!

しまった!そうと知っていたら、ワンセグで録画しておいたのに。残念。

まあ、字幕と吹替では感じが違うし…。

しかし、ファイルが重いからなかなかダウンロードが終わらない。

コメント

東京中国映画週間 その2

2015-10-23 22:55:55 | こんな映画(DVD)を見た
K先生のお誘いで、"東京中国映画週間"のレセプションパーティーに行く。

会場は、高輪プリンス。新高輪プリンスから迷いながらもなんとか会場にたどり着いた。

会場内は、中国語が四方より聞こえる。

司会は、ココリコ。田中がEテレの中国語講座に出てるからだろう、とK先生はいう。田中は仕事をしていたが、遠藤はつまんなそうだった。

中国流なのか、来賓やゲストの席にガードマンやSPなどがいないため、パーティー参加者がその席の近くでガンガン写真を撮っている。手前にいるのは、日本の女優 栗原小巻。奥の赤い服は、昨日見た"左耳"の出演女優 馬 思純。

壇上に人が上がると、カメラが凄い。しかもスマホでの撮影。

馬 思純は、長澤まさみ、鈴木ちなみ系の可愛い顔の女優。昨日の映画では、なかなか良い演技をしていた。

この映画週間が10周年ということで、くす玉を割ることに。その中に、今話題の藤原紀香の姿も。

何人でくす玉を割るんだよ!ってぐらい人が壇上に。何故かAKBのメンバーも。

この頃からパーティーの料理に人の行列が。タイミングを逸したぼくらは、食べそこなってしまった。

最後はお楽しみ抽選会。3番違いの番号があったが当たらず。

抽選会も終わったので引き上げることに。出口でトートバッグに入ったお土産をもらった。

プログラム、試供品、青島ビールのほか、何故か鹿児島ハイボールなるものが入っていた。どういう関係かなのか?

いやぁ、いい経験をさせてもらった。K先生に感謝❌2。
コメント

東京中国映画週間

2015-10-22 21:23:40 | こんな映画(DVD)を見た
一年に1回行われる"東京・中国映画週間"が始まった。

会場は、TOHOシネマズ日本橋。

平日の夕方の上映作品がほとんどsold outとなる中、唯一、今日の作品のみ空席があった。タイトルは、"左耳"。

大学受験の時から社会人になるまでを描いた青春映画。ドキっとするスタントシーンもいくつかあり、なかなか良い映画だった。

上映後、監督、出演女優・俳優の舞台挨拶があった(この劇場に舞台はないが)。

向かって右側が監督。俳優でもあるらしい。

インタビューはもちろん中国語。さっぱりわからん。通訳してくれてやっとわかる。

監督が話している時にそれに反応して笑い声も。後でわかった事だが、会場内の半分は中国人の客だったらしい。ちょっとびっくり。

舞台挨拶20分の予定が10分オーバーして終了した。

帰りのエスカレーターで、同期入社の女子を見かけた。声はかけなかったが。ちょっと意外。
コメント

ワイルド・スピード

2015-10-16 00:51:09 | こんな映画(DVD)を見た
22時頃から家で映画(DVDに録画したもの)をみた。

ワイルド・スピード×2。"SKY MISSION"でもなく、いまさらではあるが2作目。しかも、1作目は録画しそこねて見ていない。
ちなみに、"オーシャンズ11"も2,3作目はみたが、1作目は見ていない。

話は戻って、"ワイルド・スピード×2"。面白かった。単純なストーリー、派手なカーアクション。シンプルな作りと派手な演出は人を"スカッ"とさせる。それ以上でもなく、以下でもない。

ワイルド・スピードをwikiで調べたところ、2作目と3作目は、本筋から外れた作品のようだ。それでも十分楽しめた。
コメント

映画の日

2015-07-02 08:38:40 | こんな映画(DVD)を見た
7月1日は映画の日だ。1本見たい映画があったので見に行った。

それは、中国=香港映画 「薄氷の殺人」



見終わった直後は「(脚本的に)よくこれでベルリンで賞をもらったなぁ」と思った。しかし、映画のシーンを思い返すにつれて「ああ、なかなか味のある作品かもしれない」と思うようになった。

主人公は、人として最低な刑事なのだが、その事件への執念が事件を解決の方向に向かわせる。そしてエンディングは、なかなか面白い。

僕としては、あまりお勧めできる映画ではないが…。
コメント

映画

2015-02-26 23:55:00 | こんな映画(DVD)を見た
仕事で気持ちが疲れたので、気分転換に映画を見に行った。

行ったのは、ギンレイホールという名画座。ちょっと前の映画なので2本立てで1500円。

そこに行った理由は、2本立てであることと、その内の1本がリスボンを舞台にしていたことだ。

その映画はジェレミー・アイアンが主演の映画で、とても不思議な作品だった。でも、リスボンの街をたくさん映してくれていたので、とても良かった。

もう1本の作品はハンブルグが舞台で、ドイツ人が主人公であるにも関わらず、全編英語(吹替えではない)だったのがおかしかった。

さすがに映画2本、続けて4時間見るとお尻が痛くなってた。
コメント

”LOVE”のDVDが到着

2014-10-30 23:52:16 | こんな映画(DVD)を見た
先週注文したDVDが到着した。

買ったのは、”LOVE(愛)”という中国映画のDVD。二年前に”中国映画週間”で見た映画たが、もう一度見たくって購入した。

本篇のDiskとメイキング、出演者インタビューをまとめたDiskのほか、出演者8人のポートレート、プログラム、ブッククリップ(マネークリップ?)までついている、豪華二枚組限定のDVDである。箱を開けて、その豪華さに感動した。



このDVD、実は台湾からの輸入盤。というのは、この映画は、日本ではDVD化されてないのだ。検索したら、限定版ということだったので、早目に確保した訳である。だから、日本語の字幕も吹替えもなし。

字幕が英語で表示されるのは確認済。中国語はさっぱりなので英語の字幕で見るしかないのだが、中国人は喋るのが早いから、字幕を追っていくのが大変。

また、メイキングのDiskを見たのだが、こちらは中国語のみ。しかし、なかなか楽しんで見れた。


コメント

東京・中国映画週間

2014-10-21 23:51:57 | こんな映画(DVD)を見た
今朝、ふと思い出したことがある。

「中国映画週間っていつだっけ?」

中国映画週間とは、日本で公開されていない(一部の映画祭での上映を除く)中国映画を1週間ほどかけて上映するイベントである。

財布に残っていた一昨年の映画の半券を見ると、正にいまの時期だった。ネット検索してみると、この前の日曜日から始まっている。

早速、仕事終わりに観れる映画を探してみた。しかし、17時半開始だったり、20時半開始だったり(帰宅が遅くなる)、丁度よい時間のものがない。唯一、今日上映するものが20時10分開始だったので、これを見に行くことにした。

中国映画といえばK先生。メールしたところ、「オレは明日見に行くから」という返事。残念。ということで、一人品川へ向かう。



会場は品川プリンスシネマ。ソファ席でゆったり座って観ることができた。

観た映画は、ウイリアム・フォン、ネー・ネー主演の「息もできないほど」。Love Storyで、なかなか良かった。この主演のネー・ネーがまたよい。女優スーチーと、似てはいないが石原さとみのテイストが少し入ったかわいい女優だ。画像を探したところ、”チャイナメイク”(目の周りがケバケバしい)ものしか見つけられなかった。この映画のようにナチュラルメイクだったらかわいいのに。ちょっとファンになりそう。



ところで話は変わるが、帰りがけこんな幟を見つけた。


チャン・グンソクのTカードってどうよ。日本人アイドルではなく、チャン・グンソクというのは、どうしてなんだろう?

ピカチュウのTカードもあるみたいだが、ピカチュウもチャン・グンソクも同じ扱いってことか?
コメント

映画館で映画を見る

2012-05-08 20:31:06 | こんな映画(DVD)を見た
久々に映画館で映画を見た。それも二本立て。アニメでも中国映画でもなく、米国映画だ。

見たのは、「ソーシャルネットワーク」と「マネーボール」。

「ソーシャルネットワーク」は、Facebookのスタートから訴訟までのお話。僕はFacebookのaccountを持っていない。それは、実名登録しなければならないこと、友人が少ないことから、あまりメリット感がないからだ。今回映画を見て、成り立ちの経緯やスキャンダラスな事を知って、ますます参加する意欲が低下した。そう感じたのは僕だけだろうか?

「マネーボール」は、ブラピ主演の野球を題材にした映画。アカデミー賞の候補になった映画らしく、有名な俳優はブラピだけだが、なかなかしっかりした作りで面白かった。

この映画はブラピが一人たたずむシーンが多い。ブラピファンにはたまらない映画だろう。

しかし僕がそれらのシーンをみると「”ジョーブラックをよろしく”というテロップが出そうだなぁ」と思ったり、髪型が同じである「○藤さんに似ているなぁ」と思ったり…。

どちらの映画も面白かったので、2本合わせて約4時間半という長さを感じさせなかった。




「クソおやじチェック」が一冊の本になりました。タイトルは、「クソおやじ ド チェック」。
(販売されているのか?お確かめください)URLが変わりました。

面白いブログがいっぱい。僕がイイと思うのは”「物読み」のお仕事”というブログ→人気blogランキングへ
コメント