日本では神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

日本は神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

人は死んだらどうなる? 死んでも「意識」「心」があり、肉体は無くても「思い」「悩み」は死ぬ前と全く変わらない。

2019-08-13 14:32:14 | 日記

https://happy-science.jp/info/2016/16493/

Q.人は死んだら、どうなるのですか?

A. 自分が死んだことを自覚できない人がほとんどです。

死後、魂はしばらくは肉体のなかにいる

私たちは肉体の死によって滅んでしまうわけではありません。

肉体には魂が宿っており、死後は、その魂が肉体から離れ、あの世へと旅立っていくわけです。


ところが、通常、自分が死んだことがなかなか分からないのです。

もちろん、亡くなって、その日のうちにさっと肉体から出ていく人もいますが、普通の人は、自分が死んだことがすぐには分かりません。

そこで、しばらくは、病気の延長のようなつもりで肉体のなかにいるのです。


死んでも「意識」がある。死んでも「意識」「心」があり、肉体は無くても意識、思いは全く変わらない。だから、自殺しても苦しみは無くならず、肉体はないが、心、思いだけになるので、苦しみは何倍にもなる。

そして、周りの人が、「ご臨終です」とかいろいろなことを言っているのを、「まだ生きているのに、おかしなことを言うなあ」と思って聞いています。

ときどき、まぶたを開けたり閉めたり、ライトを当てたりされるので、「何をするか。

まぶしいじゃないか」と本人は言っているのですが、「反応がありません。もう瞳孔が開いています」などと言われるわけです。

あるいは「心臓が止まりました」とか言われるので、自分の胸に手を当ててみると、まだ心臓は動いているのです。


これは心臓の霊体がまだ動いているからなのですが、「あれ、おかしいな。心臓が動いているのに『止まった』と言っている。

この医者は誤診をしている。『脳波も停止しました』なんて、大変なことを言っているけれども、現に脳が一生懸命に活動しているのに、何を言っているのだ」というように思うのです。


「みんながおかしくなった」と思う

そのうちに、やがて「ご臨終です」と言われ、家族がお腹の上に寄りかかって泣き始めたりします。

本人は「今ごろ泣かれても困る。元気なときに泣いてくれないと。

そんなに泣くなら早めに泣いてくれ」などと言っていますが、どうやら思いが通じていないようであり、また、「おかしいな。体が動かないな」と不思議な感覚を味わうのです。


その日は、お通夜や葬式の準備で、いろいろな人が集まってきたりするのですが、「どうやら死んだかもしれないし、死んでいないかもしれないし」と、しばらくはよく分からない感じがします。

一方、死んだ自覚がまったくない人の場合は、「まだ生きている」と信じ込んでいるので、「みんながおかしくなった」と思うのです。 

そして、いよいよ、お通夜や葬式が始まり、自分の写真が額縁に入れて飾ってあったりするのを見て、「もう勘弁してくれよ。嫌だよ。まだ死にたくないよ」などと言っているのです。


ほんとうの「死」は、肉体が機能を停止してから一日ぐらいかかる

その間、魂は肉体を出たり入ったりしています。

まだしばらくは家のなかにいて、ときどき、屋根近く、あるいは天井近くまでフワッと浮いていき、下を見て何だか怖くなって、また戻ってみたりとか、そういうことを繰り返しているのです。

人間の後頭部には、銀色の細い線で魂と肉体がつながっているところがあります。

幸福の科学では、それを「霊子線(れいしせん)」と言っています。これが切れないかぎりは、魂が肉体に戻ってくることがありうるのですが、これが切れたときは、もう二度と帰ってくることができません。


そのように、ほんとうの意味での死は、肉体が機能を停止したときではなく、通常、それから一日ぐらいはかかるものなのです。


幸福の科学 公式サイト https://happy-science.jp/whats-happy-science/

 

誰もがいつかは迎える死の瞬間。そのとき、人はどんな体験をするのか。 ←クリックして下さい

https://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/45a28febbfc15be852e9fc4cfda75b5e

 

自殺した人の魂はどこへ行くのか【霊的世界のほんとうの話】 地縛霊になるか、

地獄に行くことがほとんどです。 自殺しても心はなくならないので、霊となっても自殺行為を、何度でも繰り返し、苦しみは終わらない。

https://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/4c1b36d129311f811926dd08bf208d05

 

「自殺はいけない」の本当の理由

https://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/54df29dd17277e8d3d9c252cf47b87d0


自殺をしてはいけない本当の理由/自殺を思いとどまるための動画!【霊的世界のほんとうの話】

https://happy-science.jp/feature/spiritual-world/other-world/4150/


人は死んだらどうなる?驚きの真実 。日本人は自分が死んだことを自覚できない人がほとんどです。

死んでも「意識」があり、肉体は無くても意識は全く変わらない。

https://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/1b8303a1d25cd66bc58c92341872cd33

 

「死んだら終わり、あの世はない」と思って死ぬと、[死んでも死なない、魂、生命は永遠に生きる」

と悟るまでに、地獄で200~300年間かかります。

https://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/8ec9dedddafcb811a15882e06078eaf5

 

あの世が信じられない人へ【霊的世界のほんとうの話】あの世がないと証明できた人は誰もいない。

あなたが、あの世が無いと言うのなら証明すべき。 イエスキリスト、仏陀はあると説いています。

https://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/78fb3c26f544275575431460219e26cb 

 

Q1.自殺してラクになりたいんです。 A1.残念ですが、自殺しても意識はなくならず、

苦しみは消えません。Q2.自分の命だから、 死ぬのは自由でしょ? A2.人間の命は神仏からいただいたものです。

https://blog.goo.ne.jp/1079sasa/e/b9b7ad39df85752386d9c8a71ab47275

参考書籍:大川隆法著『霊界散歩』『真実への目覚め』

 

『霊界散歩』

 

気軽で、身近な、霊界案内決定版!
休日のひととき、心を霊界に遊ばせて。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

 

 

『真実への目覚め』

『霊的世界のほんとうの話。』

 スピリチュアル入門の決定版!

さあ、あなたも精神世界というワンダーランドへ。霊的知識がわかりやすく網羅された一冊。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

 


【5分でわかる深い話】人はどこから来て、どこへ行くのか 大川隆法総裁 大講演会2016「夢を実現する心」(高岡市民会館)より

この記事についてブログを書く
« 不良から宗教家になった男。... | トップ | 「もう米軍に頼るな」 トラン... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事