世界中で起きている異常気象の原因を探る。このブログを読めばわかります!

日本は神も仏もいない。死んだら終わりと言う人が大半ですが、真実を伝えます。

大川隆法総裁「時間が増える仕事法」

2016-07-31 15:16:41 | 日記

自分に「忙しい」と言う口癖がある場合には、

自己点検をしてみてください。要領が悪いことが非常に多いのです。

会社に行ったら、まず、その日にする仕事をリストアップして、

「これとこれとこれを、この時間までにやる」と決めて、

手際よく消し込んでいく工夫をしてください。

『人生の発見』P.199



※幸福の科学出版
http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=199&utm_source=wordsJpn&utm_medium=email

※Amazon
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4906282288/hsmail-22/
説法自由自在〈1〉人生の発見 (SUPER CONTACT)/幸福の科学出版

 

 


大川隆法「魂を鍛えるふたつの局面」 

2016-07-31 15:08:35 | 日記
 
人間の魂を鍛えるために、仏神は人間に試練を与えることがあります。

魂を鍛えるために大事なのは、得意のときと失意のときです。

この二つのときに、その人のほんとうの姿、本性が現われてくるものなのです。

得意のときに得意とならず、失意のときに失意の底にうち沈まず、

常にたんたんと努力する姿勢を、仏神は人間に要求しています。

『不動心』P.85

※幸福の科学出版
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M264943&c=10209&d=203d

※Amazon
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M264944&c=10209&d=203d


【都知事選】七海ひろこ最後の訴え 全文

2016-07-31 12:04:14 | 日記

【都知事選】七海ひろこ最後の訴え 全文
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11728

YouTube幸福実現党チャンネル( https://www.youtube.com/watch?v=AiKxmKqbbUM )より。

東京都知事選は30日、選挙戦の最終日を迎えた。幸福実現党公認候補の七海ひろこ氏は、東京の品川駅前で、最後の訴えを行った。

以下に、約30分にわたる、声に出して読みたい演説の全文を紹介する。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

品川駅、ご利用中の皆様、お集まりいただいた皆様、横断歩道で顔を向けて下さり、そして、駅から足をお止め下さっている皆様、そしてニコニコ生放送で見ている皆様、そしてこの中継。皆様、本当に、本当にありがとうございます。

そして、日本だけではなく、海外各国の中から見て下さっている皆様も、本当にありがとうございます。今回の東京都知事選挙、立候補させていただいております、幸福実現党の七海ひろこ、七海ひろこと申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。


◎東京に眠る可能性を引き出し、世界でNo.1に輝かせる

七海ひろこ、今回の東京都知事選挙、本気の覚悟で出馬させていただいております。

東京の築地で生まれて、学生時代、そして社会人時代と大学時代、田町でも、少し神奈川の方でも過ごさせていただきました。

渋谷で遊び、池袋で遊び、品川で買い物をし、本当にこの山の手線の各駅一つひとつにも、そしていろんな街にも、そして多摩のほうの色んな所、西東京(にも行かせていただきました)。

さまざまに離島は行ったことがなくて、でもイルカに会いに行くのが、私のずっと夢でした。これが終わったら絶対に行きます。

そして、この東京。たくさんの思い出があり、たくさんの人生を教えてくれた、この東京。私は、もっとこの東京に眠る一人ひとりの可能性を(信じています)。この東京の街のインフラをもっと豊かにしたら、この東京は世界で、No.1に輝ける。そのような確信を持たせていただいておりました。


◎オリンピックを控えるこの4年間に責任を持ちたい

旅行や出張において、海外で30カ国以上の国々、地域を回ってまいりました。国の数でそれぐらい。行った回数でいったら、もうパスポートはぎっしり。数えることはできません。

この日本の素晴らしさを教えて下さった、海外の一つひとつの国々。そして、日本という国にもっと必要なことがあると教えてくれた、海外の一つひとつの国にも、そこで出会った皆様にも、感謝の気持ちでいっぱいでございます。

この31歳ではございます。しかし、この31年間、言葉にはできないくらいたくさんの経験をさせていただいてきました。

31歳ではございますが、この1300万人もの方々がいらっしゃるこの東京都。そして、日本経済の5分の1、100兆円というGDP、お金を稼ぎ出している、この東京。

「自分は東京都知事になっていいのだろうか」「私はその責任を本当に担えるのだろうか」

そのような自問自答を一晩繰り返し、そして、今この4年間。決して七海ひろこが50歳、60歳、70歳になったときではなくて、オリンピック、パラリンピックを迎える、それを控えているこの4年間に、本当に責任を持ちたい——。

そのような思いで、今回多くの皆様にお支えいただき、立候補させていただきました。本当にありがとうございます。


◎主要3候補以外の18人に割かれた報道時間は2、3%

この短い期間の中に、選挙戦の間に、たくさんの出会いをいただきました。

初めて七海ひろこを知って下さった皆様が、インターネットの中で、そしてさまざまな形で、私の存在を皆様にお伝え下さいました。ニコニコ生放送を見てくださっている方もそう。そして、さまざまな街で出会った皆様が、そのお一人ひとりでいらっしゃいます。

この都知事選、21人の候補者の方々が出ておりました。しかし、長い時間主要3候補と呼ばれ、私たちの存在がメディアに出ることはほとんどないまま、ほんの2%、3%の時間を18人で分け合いながら、ほとんど皆様に知られることなく過ごしてまいりました。

そんな中でも、七海ひろこがいるということを知って、ツイッターを見て、街に応援に来て下さった皆様お一人お一人にも、改めて感謝の気持ちをお伝えします。本当にありがとうございます。

31歳ではございますが、今、たくさんの方々にお支えをいただいております。そして「今こそ若い力がこの東京都政に必要」「今こそ若い人にこの東京の都政を担ってほしい」。そのようなお声をたくさんの数え切れない方々にいただいてまいりました。

もうこの皆様のお気持ちに、「この東京都政を、日本の政治そのものにどうか風穴を開けてほしい」。そんな皆様のお気持ちに私は答えていきたいと思っております。

改めてこの七海ひろこ、この東京を世界においてNO.1にする政策をお伝えさせていただきたいと思います。

さあ皆様、心をわくわくさせて心の中にたくさんのイメージを描きながら聞いてください。今私たちが描く心の中のビジョンが、後数年後、数十年後にやってくる未来です。私たちがつくっていく未来です。さあ準備はいいですか。


◎税金で民間のパワーを全開に

七海ひろこは、「経済的にも精神的にも、世界一リッチな都市、東京」を実現致します。

この世界一リッチが意味しているところは何か。基本的な方針は税金を安くするということでございます。

そう、皆様のご近所にも、皆様ご自身も、相続税でお悩みの方、多いんじゃないかと思います。そしてたくさんの方々が、この消費税に苦しまれていたんじゃないかと思います。

「消費税を下げますから、是非応援してください」。このようにお願いしていた参院選の時、ある方から言われたことが忘れられません。

「私たちは消費税だってもう払えないんだよ。滞納しているんだよ。この店の大変さがあんた分かるか」。そう言われた時の、そのお声が忘れられません。

日本のこの政治が、一つひとつの政策が、この日本中の、そして都民一人ひとりの生き死にを、経済の生き死にを預かっている——。

そう思うと、「その政策一つひとつに命をかけて責任を持って、決断をしてまいりたい」。そう思ったものでございます。税金が高くて、私たち苦しんでおります。その税金、本当はもっと安くしたら、一人ひとりの民間パワーが全開となって、そして私たちの経済はもっともっと動き出してまいります。

消費税、固定資産税、相続税を下げて、そして2年半後に日本という国が消費税10%になるとしても、その時もうオリンピックは直前。日本が沈没するにはいかないのでございます。

だからこそ、私は東京都知事に皆様の力で押し上げていただき、この日本の経済、景気変動の影響を受けやすい、その東京の経済において、東京都の財源を守るためにも、そして一つひとつの商店様を守るためにも、一人ひとりのお給料も、お小遣いも守る、さらに増やしていくために、「消費税5%特区構想」を実現させていきたいと思っております。ありがとうございます。


◎東京のがんじがらめの規制を撤廃する

そして2つ目の「東京No.1宣言」でございます。それは「ご家族様でもお一人様でも世界一育てやすい、住みやすい都市東京の実現」でございます。

東京には、たくさんの、たくさんの夢がございます。ここでその基本的な方向性の一つをお伝えさせていただきたいと存じます。それがこの東京都において、たくさんあるがんじがらめの規制を撤廃し、とっぱらっていくということでございます。

規制を撤廃していく。それが一体どんな意味をもたらすのか。私たち一人ひとりにとってどんないいことがあるのか。2つまずお伝えさせていただきます。


◎縦割り行政をぶち壊し、幼稚園と保育園を一体化させる

まず一つ目は、この東京都において、とっても大事な問題。待機児童の問題でございます。

8千人以上、そして、1万数千、2万とも言われる潜在待機児童の方がいらっしゃるというこの問題。東京都において今、喫緊の課題でございます。これを七海ひろこは規制を緩和することによって。

今皆様はご存じですか。私も勉強させていただいて知りました。この東京というものの保育。実は東京都頑張って保育園を増やしてくださっています。しかし働く女性がそれ以上にもっともっと増えているからこそ、保育園が足りなくなっているのでございます。

女性の方はもっとこの力を全開にして働きたいと思っています。この日本の働く女性の力が全開になったら、この東京、すさまじいことになります。

そんな東京をつくっていくためには、保育園は厚生労働省さん、そして幼稚園はまだ子供の入る余地が残ります。しかしこの幼稚園は文部科学省さん。この縦割り行政の中で、実はこの幼稚園と保育を一体化させることさえも難しくなっている。この縦割り行政、見えない壁なんてぶち壊して、ここを一体化させていきたいと思っています。


◎許認可行政から届け出制にし、民間の参入障壁を無くす

そして今は、書類を届けてお役人の皆様がOKを下さったら、その事業を始められるという許認可行政と言われております。これを届け出制にすることによって、さまざまな民間の方々もここに参入できるようにさせていただきたい。

命の安全は絶対に担保して、それ以外のところではたくさんの方々にこの事業に参入いただき、それによって、働く女性たち、すべて子育て世代のご家庭にとっての選択肢を増やしてまいりたいと思っております。

そして、保育にだけ使える、そのようなクーポン。バウチャーと申します。そのような形の支援も考えております。

待機児童の問題だけが子育ての難しさではございません。子供が産めるかどうかという不妊治療の段階。そして妊娠が分かって出産をするまで。その部分の支援も含めて、七海ひろこ、東京都においてさせていただきたいと思っております。


◎容積率を緩和し、災害に強い超高層都市を実現する

規制緩和をして、もう一つ実現したいことがございます。それは東京という街。実は皆様、私たちの空、真っ暗になって隅田川では花火が上がっていることでしょう。日本の風物詩、隅田川の花火、江戸っ子の粋でございます。

さあこの空にも見えないがんじがらめの壁が、規制の壁が網がございます。それは容積率と言われるものでございます。

容積率というのは、「この地域には何階までしか建ててはいけない」。そんな規制、昔の規制、実はあまり根拠がないと言われております。

規制をとっぱらっていくことによって、この東京においてたくさんの高い高層ビルをつくらせていただき、それによって何が実現するか。

まず一つ、この東京、皆様、何が怖いって税金もあるけど、地震怖いですよね。この地震が来ても、震度6が来ても7が来ても、びくともしない。その強い防災都市を、(最新技術による)超高層都市を実現することによって、この防災都市、実現していきたいと思っております。

今この建築技術は世界最高峰。この日本の技術をもってしたら、地震が来ても、揺れない、耐震性、免震性がある、そのようなビルができます。これが実は、最新のビルでございます。

この東京には、たくさんの木造の建物が、昔のビルがございます。そのようなビルやお家が、実は、地震や火事が来た時に危ないのでございます。ここの建て替えを進めさせていただきたい。そのように思っております。


◎高層ビルは現代の避難所・福祉政策でもある

そして、その高いビル、実は現代の避難所でございます。何かがあったらそこに逃げ込める。

その現代のビル、その高層都市の中から、私たちに安くて広い家が供給されます。隅田川の花火も、目線の高さで見える。スカイツリーも東京タワーも見下ろす。そんな未来が、私たちのもうすぐ先に来ています。

そして、この高層ビルの中には、幼稚園、保育園、そして高齢の方が住まわれる施設、そうした様々な施設があることによって、この防災都市は、実は、すでに福祉政策ともなっているのでございます。

この東京の経済を回らせることによって、お金を生み出し、財源を生み出し、このような都市を実現しながら、家族でも、一人でも、安心してこの街を、東京中を移動できるように、全ての駅に、全ての出口に、エスカレーター、エレベーターを設置させていただき、授乳場、レストラン、託児所を設置していきます。

また、ほんの少しの数センチでも、車いす、ベビーカーにとっては本当に大変です。少しの段差もないような、人にやさしい、バリアフリーの都市を実現したいと思っております。


◎東京の24時間化

さあいよいよ、最後です。「東京No.1宣言」、3つ目は、「24時間ときめくことのできる都市、東京の実現」でございます。

24時間電車が動き、バスが動き、世界の人がいつでも来る。24時間人の目があるから実は安全。そしてこの安全を守るために、たくさんの民間の警備会社の方が動き、都庁の職員も動く。そうして24時間動き出す町は、実は、世界で一番安全な街へとなっていくのでございます。


◎未来のために財産を残す

実はこの東京の空から、そして私たちのまだ(実現して)ない新しいアイデアから、これから生まれてくる10代20代の新しい力から、何もないところから、富を、お金を生み出してくる(そんな)政策でございます。

子供のころに、ある大人が教えてくれました。

「この街を見てごらん。電線があるだろう。この電線は、昔の人たちが一生懸命働いて払ってくれた税金で、この電線はあるんだよ。すべてのインフラと言うのは、昔の人たちが、働いてくれた、そのおかげであるんだ。だから今を生きる私たちは、一生懸命働いて、未来のために財産を残していくんだよ」。

そう、教えてくれた大人に、本当に今感謝をしております。ありがとうございます。

私は今、この東京から、このような精神を持った一人ひとりを出していきたい。そのように思って、教育からすべてのこの国防から、経済、様々な分野において、政策を出させていただいております。

あのホリエモンさんといわれる、堀江貴文さんも、その都知事選を語る記事の中で、「幸福実現党の七海ひろこさん、まともなことを言っている」と書いてくださっています。ありがとうございます。見る人が見ればわかる、この政策でございます。


◎「政党も組織もない」という女性候補は嘘八百

主要3候補と言われている方々がいらっしゃいます。そのなかのお一人、ある女性、七海ひろこの倍の人生を生きていらっしゃる女性は、「政党もない、組織もない、だから自分を応援してくれ」と言われています。

しかし、そんなのは嘘八百でございます。その方は、自民党から離党することもなく、それだけの選挙活動を支えているのは、自民党の方々です。そんな嘘八百のことを平気で言える方を、政治家に、この都知事にするわけにはいかないのでございます。

私は、この東京を本当に、この東京都、政治に若者が夢を語れる。本当に信じられる政治をつくっていきたい。そのように思っております。


◎赤字をつくった"知事の実績"じゃしょうがない

そして、主要3候補と言われる方々の中には、ある県で知事をされている方もいらっしゃる。その方は、その知事時代に、大きな赤字を作った方でございます。実績といっても、赤字をつくっていたらしょうがない!

新しい選択、七海ひろこに、お託しいただきたい。

そしてもう、話に出すまでもないけれども、ある元ジャーナリストの方もいらっしゃるようでございます。でもその方は、この日本の国防を、日本の東京が置かれている国際政治の状況、何もご存知ない。このような方が、一票でも多く入ることは、都民の恥でございます!


◎若さは謙虚さでもある

みなさん、どうかみなさん、この31歳、若い力でございます。今この東京都、変えていくのは、この新しい力、この30代の東京都知事というものが、誕生することによって、10代、20代、30代の、いや40代の、可能性のある私たちの力を全開にしていこうではありませんか。

この日本にある東京は、見えない透明なガラスの壁を、私は、この若さと、この斬新な発想を持った、女性パワーで、突き破っていきたいと思っております。

七海ひろこ、この若さは、謙虚さでもございます。多くの方々のお声に耳を傾けながら、この都政に携わってまいりたい。この東京と言う街を作ってきてくださった、すべてのみなさまと、全ての都道府県のみなさまと、この東京をつくってまいりたいと思ってございます。


◎東京No.1で日本全体がNo.1に

「この東京が、そんなに一極集中で世界のナンバーワンになったら、地方はどうなるんだ、取り残されるんじゃないか」。そんなお声が聞こえることもございます。ところがどっこい!

この東京が世界でナンバーワンになることによって、実は、日本経済、この地方のすべての島の隅々までも、日本全体が、世界でナンバーワンになっていく。そんなグランドデザインを描いております。

この政策に、自信がございます。そして、七海ひろこ、出馬をした志に、自信がございます。七海ひろこ、この東京の可能性を信じるこの心に自信がございます。

そして、七海ひろこは、この東京にいらっしゃる、そして日本にいらっしゃる、世界中にいらっしゃる、全ての人の、一人一人が、魂の力を、本当の力を、開花させる、全開することができたら、この東京は、世界の中心となって、この地球全体をも、実は最高に輝かせていける、そのぐらいの大きな夢を持っているのでございます。

七海ひろこ、本気の覚悟で、立ち上がっております。もう、ここまで多くの方々に応援いただいたら、自分の人生はもう、この東京都のために、日本のためにささげたい。今そのように、本気で思っております。

どうかみなさん、都知事選への一票、大切な一票を、七海ひろこにお託しください。人生初めての一票も、七海ひろこにお託しください。そしてみなさんと一緒に、東京パワーを全開、民間パワーを全開、都庁の職員、公務員のすべてのパワーを全開にして、この東京、世界における、ニューヨーク、ロンドン、パリを抜いて、この東京、世界でナンバーワンの都市に、必ずしていこうではありませんか!

ありがとうございます!ありがとうございます!

七海ひろこ、幸福実現党の七海ひろこでございました。感謝をこめて。七海ひろこでございました。ありがとうございました。
(以上)

【関連サイト】
七海ひろこ公式サイト
http://nanami-hiroko.net/

【関連記事】
2016年7月24日付本欄 【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(1)--減税の財源は?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11706
 
2016年7月25日付本欄 【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(2)——街頭演説会でも名言飛び出す!
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11708

2016年7月26日付本欄 【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(3)—高層ビルで地震に強い都市づくり
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11713

2016年7月27日付本欄 【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(4)——24時間化って、ペイするの?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11716


慰安婦財団設立 「10億円で黙れ」は、韓国人に失礼。村山政権を上回る過ちを犯そうとしている

2016-07-30 12:28:56 | 日記

 慰安婦財団設立 「10億円で黙れ」は、韓国人に失礼
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11724

慰安婦問題の解決を目指し、昨年12月に交わされた「日韓合意」に関する動きが活発化している。

今月27日、日本政府は、8月中に、韓国政府が設立する慰安婦支援の財団に10億円を出す方針であることが、新聞各紙で報じられた。

翌28日には、韓国政府が、元慰安婦の支援を行う「和解・癒し財団」を設立。ソウル市内で初の理事会を開いた。

日本政府は当初、ソウルの日本大使館前に違法につくられた慰安婦像が撤去された後に、韓国政府が設立した財団に10億円を出すという姿勢だった。だが、この方針が変更され、日本が先に10億円を出すことで、早期に像の撤去を実現しようというのだ。

この動きについて、29日の新聞各紙は、「慰安婦問題決着へ財団」(読売新聞)、「慰安婦財団 支援へ前進」(朝日新聞)などと報じているが、安倍政権が重い“罪"を犯そうとしていることについて、ほとんど触れていない。


「強制連行」「性奴隷」は嘘

慰安婦問題をめぐる議論で、明確にすべきポイントは、「当時の日本軍が、組織的に女性たちを強制連行したか否か」「女性たちを性奴隷として扱ったのか否か」である。

現代の日本にも存在するように、当時、性的なサービスを商売とする女性がいたことは間違いない。ただ、彼女たちが、軍や政府に拉致されたり、奴隷のように扱われたという証拠は、どこにもない。戦後につくられた嘘だ。

もちろん、貧しい家庭に生まれた女性が、自分が知らないうちに親に売られたり、あっせん業者に騙されたりしたケースはあるだろう。そうした方々の悲惨な体験には同情を禁じ得ない。


村山政権を上回る過ちを犯そうとしている

しかし、日本政府は「慰安婦を強制連行していない」「性奴隷にしていない」という事実を、明らかにしないまま、10億円を出すというのだ。

慰安婦問題が注目された1995年、村山政権は、政府出資の下で、「アジア女性基金」という財団法人を立ち上げ、寄付を募り、元慰安婦に「償い金」を支給した。「日本政府が補償した」と批判されないための苦肉の策と言える。

だが今回、安倍政権は、国民の血税である10億円を払おうとしている。韓国側の財団に払うと言いつつも、事実上の「戦後賠償」になってしまう。

海外の人々の目には、「日本は強制連行や性奴隷を認めた」としか映らない。

つまり、安倍政権は、現代、そして未来の日本人に、"原罪"を負わせようとしている。歴史問題において、安倍晋三首相が忌み嫌っていた村山政権の失政を、さらに上回る過ちを犯そうとしているのだ。


◎「真実」を明らかにして問題に終止符を打つべき

「やっていないこと」を、まるで「やった」かのように認め、手っ取り早くお金で黙らせようという姿勢は、逆に、韓国の人々をバカにしていないか。

慰安婦問題は長年にわたって何度も蒸し返されてきたが、この問題に終止符を打つには、「真実」を明らかにする以外にない。(格/手)

【関連記事】
2016年2月17日付本欄 日本が国連で「慰安婦強制連行説」否定 政府に先んじて主張した釈氏ら保守系の人々
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10922

2016年3月7日付本欄 慰安婦問題が終わらない理由はここに 国連の実態を幸福実現党の釈量子氏が報告
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11029


本日「都知事選、七海ひろこ街頭最後の訴え」YouTube、ニコニコ動画で生中継!

2016-07-30 12:08:39 | 日記

■本日「都知事選、七海ひろこ街頭最後の訴え」生中継!
 
本日、都知事選最終日、七海ひろこ候補の街頭最後の訴えが19時30 分から、品川駅高輪口で行われます。

「七海ひろこ街頭最後の訴え」の生中継は、下記の2つからご覧いただけます。

ぜひ、ご覧ください。

◆YouTube
◇番組名:七海ひろこ選挙戦最後の街宣 in 品川駅高輪口
◇日 時:7月30日(土) 19時30分〜
◇番組URL: https://www.youtube.com/watch?v=AiKxmKqbbUM

◆ニコニコ動画
◇番組名:都知事選2016七海ひろこ街頭最後の訴え生中継!
◇日 時:7月30日(土) 19時30分〜
◇番組URL: http://live.nicovideo.jp/watch/lv270885678


尊い魂修行をしているあなた(障害者)へ

2016-07-30 12:00:05 | 日記

障害者は、人間に、足るを知り、幸福とは何かを教える

、魂の教師の役割を持っている。

また不当な、劣等感・失敗感・挫折感により、

神への信仰を見失った、競争社会のすさんだ人々を、

救済する役割も障害者たちには与えられている。

そして彼らの中には現実の天使も身を隠して潜んでいる。



『愛と障害者と悪魔の働きについて』 
—「相模原障害者施設」殺傷事件— あとがきより

日本中を震撼させた相模原障害者殺傷事件。
真相を究明するべく行われたリーディングによって、この事件の背景には悪魔の暗躍があったことが明らかとなりました。


いま日本に必要なのは、このような邪悪な芽をしっかりと摘み取ることのできる、正しい宗教心の樹立ではないでしょうか。

「『愛と障害者と悪魔の働きについて』—相模原障害者殺傷事件—」

本霊言は全国の幸福の科学で動画公開されています。
視聴をご希望の方はお近くの幸福の科学までお問い合わせください。



※幸福の科学出版
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M352029&c=10209&d=203d

※Amazon
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M352030&c=10209&d=203d



☆支部・精舎を探す
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M352031&c=10209&d=203d

☆霊言の詳細を見る(公式サイト)
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M352032&c=10209&d=203d



----------------------
メルマガ本日の格言は、幸福の科学の公式メールマガジンです。
大川隆法総裁の著作から抜粋した格言を毎日お届けしています。
----------------------
◇「本日の格言」アプリ
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M352033&c=10209&d=203d
◇本日の格言アプリ 公式サイト
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M352034&c=10209&d=203d
----------------------
◇本メールアドレスは送信専用です
◇よくある質問はこちら
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M352035&c=10209&d=203d
◇お問い合わせはこちら
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M352036&c=10209&d=203d
◇配信停止
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M352037&c=10209&d=203d


障害者に人格はあるのか」にどう答えるか 相模原・障害者施設殺傷事件

2016-07-29 14:18:08 | 日記

障害者に人格はあるのか」にどう答えるか 相模原・障害者施設殺傷事件
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11721

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた、戦後最悪の大量殺傷事件。私たち1人ひとりの、障害者のとらえ方が問われる事件と言えるだろう。

植松聖容疑者は事件の起きた施設に勤務していたが、今年2月に衆院議長に「障害者は安楽死させるべきだ」との内容の手紙を渡している。施設でも同様の発言を繰り返したことで退職。「そう病」と診断されて措置入院をしたが、「他人を傷つけるおそれがなくなった」とされ、3月に退院していた。

今月28日には、入院中に「ヒトラーの思想が降りてきた」と話していたことが明らかになっている。


◎障害者殺戮の背景にある「ヒトラーの思想」

容疑者のいう「ヒトラーの思想」とは、「ドイツ民族を世界一の民族にする」という名目で行われた、ナチス・ドイツの優生政策にあたると考えられる。1939年以降、約7万人の障害者が安楽死させられ、その後のユダヤ人大虐殺へと繋がっている。

今回の事件の容疑者が衆院議長あてに書いた手紙には、「重複障害者に対する命のあり方は未(いま)だに答えが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません」とある。「重複障害者」とは、身体障害や知的障害など、複数の障害を持つ障害者のことで、介護の負担が大きいのも事実だ。

この手紙には、犯行を計画した動機として、「保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳」を指摘。「障害者は人間としてではなく、動物として生活を過しております」と記している。

この施設にいた障害者は、働くことが難しく、会話もままならない重度の障害者が多かった。なかには、「強度行動障害」があり、周りや自分に危害を加える障害者もいたという。こうした障害者の、人間としての尊厳をどうとらえるかが問題になるだろう。


◎障害者には人格があるのか

目に映る障害者の姿だけを見ていては、答えを出すのは難しい。

しかし、「障害があっても魂は完全」という考えに基づき、障害児支援に取り組む一般社団法人ユー・アー・エンゼルの理事長である諏訪裕子氏は、このように語る。

「障害者に人格があるのは当然です。彼らにも心があり、まわりで起きたことを感じ取っているし、『思い描く』という創造活動をしています。その思いを、言葉として引き出す支援方法も、障害児支援の世界にはあります。
目に見える行動を取り上げて、内面もそうだろうと結びつけてはいけないんです。内面は豊かでも、それがうまく表現できないだけなんです」

一般的に、幼児の頃に障害を負うと、知能の発達は止まったままだとされている。しかし、それはどうやら事実ではないと分かってきた。

1歳10ヵ月で寝たきりになり、体のどこも自由に動かすことができず話すことも全くできなくなった少年が、17歳の時、スイッチワープロによって引き出された言葉は非常に高度な内容のものだった。

「苦労をかけて母さんには本当に申し訳ないです。わたしたちにも言葉があるとなぜ分かったのですか」「どうしてみんな分かっていると思われないのかとても歯がゆい思いをしてきましたが分かってもらえて幸せです」(『障害児をはぐくむ魔法の言葉 ユー・アー・エンゼル!』より。原文ひらがな)

このように、言葉をつづる障害者の多くが、まず家族への感謝を表そうとするという。周囲の人への感謝の思いを持つことは、健常者も見習うべき高い精神性であることは言うまでもない。こうした事実を知ってなお、「障害者は役に立たないので迷惑をかける」と断じることができるだろうか。


◎見る目が変わると行動が変わる

さらに、周囲の人々の障害者への見方を変えると、本人の行動が変わる例も珍しくないという。

「ユー・アーの活動に参加する障害児の皆さんには、『自傷行為がなくなった』『会話できるようになった』『歩けるようになった』『文字を書けるようになった』などと、奇跡的なことが起きることも珍しくありません。でも、それは子どもが進歩したというよりも、もともとそうだったことを、まわりが発見できるようになったということなんです。変わったのは本人ではなく、まわりの見方の方なんです。まわりの見る目が変わると、内面を表現しやすくなるのだと思います」

逆に言えば、「障害者はこちらの言っていることが何も分からない」「幼児くらいの知能しかない」という目で見ることは、障害者本人の自尊心を傷つけ、実態と合わない支援を押し付けることになりかねないということでもあるだろう。

「肉体が全て、と考えるよりも、魂が肉体に宿っていると考えた方が実態に近いし、結果的に子供が伸びるんです」(諏訪氏)


◎すべての人が生きる意味を持っている

諏訪氏は「最初は不幸の種と見えていた我が子の障害が、幸福の種に変わっていったという方も数多くいらっしゃいます」という。障害があるから本人も家族も不幸である、という見方もまた、一方的な決めつけであるということだ。

「障害者をどうとらえるか」ということは、この世に生きるすべての人に関係がある。自分や家族が、事故や病気で突然、障害者になることがないとは言えないからだ。また、高齢になって身体機能が衰えたり、認知症を患うことがあれば、一人で生活するのは難しい。

競争社会で認められるか否か、という物差しだけでしか自分を捉えられず、自分自身の存在価値を見失う人も少なくない。「愛」や「魂の救済」の本当の価値を、障害者はその姿で教えてくれている。(河本晴恵)

【関連書籍】
幸福の科学出版『ヘレン・ケラーの幸福論』大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1342

幸福の科学出版『障害児をはぐくむ魔法の言葉 ユー・アー・エンゼル!』大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1511

【関連記事】
2013年11月号 人生の苦しみを取り除く考え方
http://the-liberty.com/article.php?item_id=6678



都知事選 鳥越氏発言に戸惑う民進 原発・消費税…党方針とも相反

2016-07-28 21:23:56 | 日記

産経新聞 7月28日(木)7時55分配信

東京都知事選(31日投開票)に出馬したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=が、街頭演説などで都政には直接関係のない、消費税や原子力発電など国政に絡む政策を盛んに取り上げ、物議を醸している。推薦する民進党の政策と食い違うケースも多く、与党は「まるで共産党候補だ」と皮肉ってみせる。

 「都民の安全を守るため、東京都から250キロ圏にある原子力発電所を停止、廃炉にするよう電力会社に申し入れたい」

 鳥越氏は27日、東京・JR新宿駅前での演説でこう訴えた。都内から250キロ圏内には東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)などが含まれるが、鳥越氏は「(圏内の)どの原発も動いていないが、都民の生活は困らなかった」と続けた。

 だが民進党の参院選公約「政策集2016」では国の原子力規制委員会の安全確認を得た場合、原発の再稼働を認めている。党幹部は「鳥越氏の訴えでは電力総連はついてこられない」と頭を抱え、初めて鳥越氏の応援に駆けつけた同党の岡田克也代表は、鳥越氏の「原発廃炉」発言に拍手もせず仏頂面で聞いていた。

 鳥越氏の“暴走”は止まらない。伊豆大島での25日の街頭演説で「都の権限ではない」としつつも、消費税率を「大島限定」で現行の8%から5%に引き下げるアイデアを披露。しかし、民進党は膨らむ社会保障費として消費税の必要性を認めており、将来の再増税路線も堅持している。

 鳥越氏の急進的な「原発ゼロ」路線や消費税の「地域減税」構想について「共産党に近い主張」(自民党都連関係者)との声が相次ぐ中、民進党幹部はこう漏らし、危機感を募らせる。

 「民進党と共産党で別々に応援演説をしなければ、無党派層が離れていく」


【都知事選】"主要3候補"以外の候補者6人が、ついに連名でテレビ局に抗議

2016-07-28 11:33:51 | 日記

【都知事選】"主要3候補"以外の候補者6人が、ついに連名でテレビ局に抗議
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11717

記者会見する候補者たち(左から、七海氏、立花氏、上杉氏)。画像は、ニコニコ動画より。

東京都知事選の選挙活動に関するテレビ報道が、候補者21人中、特定の3候補に偏っていることが問題視されている。

この実態に対し、マック赤坂氏、山口敏夫氏、上杉隆氏、七海ひろこ氏、中川暢三氏、立花孝志氏の、候補者有志6人は26日、民放のテレビ4局と放送倫理・番組向上機構(BPO)に、報道姿勢を改めるよう求める連名の要求書・請求書を送った。

翌27日、マック氏、上杉氏、七海氏、立花氏の4氏が記者会見を開き、その主旨・経緯を語った。会見には、内藤久遠候補も参加し、各社の報道姿勢に憤った。


◎"主要3候補"以外の報道時間は3%

候補者同士がまとまって声を上げる直接のきっかけになったのは、幸福実現党による調査(下図)。

調査対象は、大手テレビ局の夜のニュース番組における都知事選報道。鳥越俊太郎氏、増田寛也氏、小池百合子氏の3候補者を取り上げた時間の合計が、他の18人の候補を取り上げた時間の全員分の時間の合計の、30倍から40倍にのぼっている(調査期間7月18日〜22日)。

(画像はリバティWebにてご覧ください。)

24日に開催された共同記者会見で、七海ひろこ候補がこの調査結果を公表。その数字に他の5候補が驚き、急きょ、抗議することが決まったという。


◎「民法4社は放送法に違反する」

要求書では、民法4社に対して、「有権者に対して多様な情報を提供し、多様な選択肢の存在を伝えるという報道機関の責務を放棄しているばかりか、『政治的に公平であること』という放送法第4条第1項の定めに違反する可能性すらある不当なものと判断せざるを得ません」と指摘。

また、その請求が受け入れられなかった場合は、「BPOへの人権救済の申立てをはじめとする、あらゆる手段を用いて、関係各機関および東京都民に対して貴番組の報道内容の不当性を訴えていく所存です」と訴えた。


◎「放送されなければ存在しないも同然」

会見で上杉候補は、要求・請求の経緯を説明。「これは(本来)メディア側が、自分で糾す問題だ。候補者が忙しい中、こんな時間を使ってやることではない」と語気を強めた。

立花候補は、個人として早急にテレビ局に出向き、請求への具体的な対応を問い質すことを表明。また、状況が改善されなければ、選挙後、テレビ局に対して供託金300万円分の返金を求める訴訟を起こす意向を示した。

七海候補は、「どんなに声を上げても、報道されなければこの地上に、日本に存在しないのと同じこと。第四権力とも言われているマスコミの良心に訴えたい。都民の皆様の知る権利に奉仕する選挙運動でありたい」と述べた。

マック候補は、報道や、討論会での登壇をめぐり、メディアなどに抗議してきた自身の経験を語った。

内藤候補は、「これは重大な都政に関する問題。報道で都知事が決まってしまえば、都政に影響する」と訴えた。


◎新聞でも"非主要"候補の扱いは合計1%

今回の要求書はテレビ報道に対するものだが、偏向報道は、新聞にも当てはまる。

25日付本欄で報じたように、同日付大手6紙で候補者を取り上げた紙面のうち、99%の紙面が"主要3候補"に割かれており、その他候補について触れたも紙面は1%ほどに満たなかった(パーセンテージは編集部概算で、名前と肩書を記した候補一覧は除く)。

その面積は、読売新聞の四コマ漫画「コボちゃん」以下の扱いだ。


◎民主主義を揺るがす問題

大手メディアの扱いは、「当選確率の低い候補者の政策など、有権者は知らなくていい」と言わんばかり。

しかし、各候補が公平に報道されれば、大手メディアが予想していなかった候補者が人気を集めることもあるだろう。最終的にその候補者が当選しなくても、「一定の支持を集めた政策」であれば、当選者によって実行される余地もある。

多くの有権者は、テレビや新聞などのメディアを見て候補者を選ぶ。そこから、大半の候補者の存在を、選択肢として事実上排除するというのは、民主主義の根幹を揺るがす行為だ。(馬場光太郎)

【関連記事】
2016年7月24日付本欄 【都知事選】"主要3候補"以外の報道時間は3% 非"主要"候補者が共同記者会見
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11703

2016年7月25日付本欄 【都知事選】大手紙、主要3候補に99%の面積を割く 他18人は合計1%
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11709


幸福実現党・七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(4)——24時間化って、ペイするの?

2016-07-28 11:29:45 | 日記

幸福実現党・七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(4)——24時間化って、ペイするの?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11716

31日に投開票を迎える東京都知事選で、美人候補として話題の七海ひろこ候補。そんな彼女に、現役女子大生・手塚安珠さんが突撃。七海氏の掲げる政策に、素朴な疑問をぶつけた。

七海氏は「東京No.1宣言」と称して3つの約束をかげている。本記事でテーマとなるのが、その3つ目の「24時間ときめくことができる都市・東京を実現します!」。

その主な内容は、「羽田空港の24時間運航と、山手線や地下鉄の24時間化を進めます」というもの。

この政策について、手塚さんの疑問とは?

◆   ◆   ◆

——「都市の24時間化」というのは、国際化や、経済活動を活発化させる鍵になってくると思います。ただその際に、地下鉄やJRなどが24時間稼動することは、負担ではないのか、経済的にペイするのか、という疑問もあるのですが、いかがでしょうか。


◎世界に合わせて仕事ができる

七海:ニューヨークやロンドンなどでは、24時間はすでに実現されているので、不可能ではないんです。それに、ペイできないどころか、企業にとって大きなプラスになるんです。

まず、なぜ東京を24時間化する必要があるのかというと、東京で朝を迎える時に、世界の主要都市は夜を迎えたりしますよね。また、24時間、世界のどこかで誰かが活動しています。

金融市場も、ずっと動いています。例えば、日本で米国株を取引できるのは午後10時から、翌朝10時。それに合わせて働く人がいてもいいんです。

ビジネスマンの中には、「僕はニューヨーク時間で生きているんだよ」「僕はロンドン時間で生活しているんだ」という人がいてもいいと思うんです。その方が、国際的な仕事をする余地が広がりますよね。


◎夜の経済活動が新たな雇用を生む

他にも、夜のビジネスマン向けレストランが、新聞を売ったり、色々な形で新しいビジネスや雇用が生まれます。これによって経済がどんどん回るんです。

もちろん、24時間化する初動として、インフラ面でお金がかかる部分もあると思います。ニューヨークやロンドンなどでは、地下鉄の路線が片側複線なので、交互にメンテナンスしながら24時間運用を続けることができています。東京の地下鉄は片側単線なので、複線にするなどの投資は必要です。

ただその分、工事需要も増えますし、メンテナンスの必要性は新たな仕事を生みます。

そこは民間ファンドの活用や、無駄の排除によって捻出した財源で実現していきたいと思っています。また、そうしたインフラづくりにこそ、予算をつけるべきだと思います。
(終わり)

【関連サイト】
七海ひろこ公式サイト
http://nanami-hiroko.net/

【関連記事】
2016年7月24日付本欄 【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(1)--減税の財源は?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11706
 
2016年7月25日付本欄 【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(2)——街頭演説会でも名言飛び出す!
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11708

2016年7月26日付本欄【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(3)—高層ビルで地震に強い都市づくり
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11713

2010年5月号 【日本を創ろう】(2) 交通革命で人生の持ち時間が3倍になる!
http://the-liberty.com/article.php?item_id=921


本日、ニコニコ生放送で「都知事選2016ネット演説」生中継!

2016-07-28 11:05:09 | 日記

■本日、ニコニコ生放送で「都知事選2016ネット演説」生中継!

「ニコニコ生放送」で、「都知事選2016ネット演説」が生中継されます。

この中で、七海ひろこ候補が15分間、登壇した応援者の質問に答えます。

ぜひ、ご覧ください。

◆番組概要

◇番組名:「都知事選2016ネット演説」生中継
◇日 時:7月28日(木) 20時00分放送開始
◇番組URL: http://live.nicovideo.jp/watch/lv270127147

※七海候補は、22:55〜23:05に登壇予定です。
◇登壇者(予定)※敬称略・届け出順に記載

高橋しょうご
谷山ゆうじろう
桜井誠
増田ひろや
マック赤坂
山口敏夫
やまなかまさあき
後藤輝樹
小池ゆりこ
上杉隆
七海ひろこ
中川ちょうぞう
立花孝志
宮崎正弘
望月義彦
武井直子
ないとうひさお


大川隆法 総裁「憎しみを押し流す愛の大河」

2016-07-28 10:51:25 | 日記

私は、今、みなさんに言いたいのです。

憎しみに対し、愛をもって接せよ。

憎しみに対し、愛の大河でもって、その憎しみを押し流していけ。

圧倒的な善念でもって、圧倒的な愛でもって、

ささやかな憎しみや怒り、嫉妬の小川を押し戻していただきたいのです。



『「アイム・ファイン!」になるための7つのヒント』P.200

※幸福の科学出版
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M350683&c=10209&d=203d

※Amazon
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M350684&c=10209&d=203d


----------------------
メルマガ本日の格言は、幸福の科学の公式メールマガジンです。
大川隆法総裁の著作から抜粋した格言を毎日お届けしています。
----------------------
◇「本日の格言」アプリ
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M350685&c=10209&d=203d
◇本日の格言アプリ 公式サイト
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M350686&c=10209&d=203d
----------------------
◇本メールアドレスは送信専用です
◇よくある質問はこちら
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M350687&c=10209&d=203d
◇お問い合わせはこちら
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M350688&c=10209&d=203d
◇配信停止
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M350689&c=10209&d=203d
----------------------
◇書籍発刊情報
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M350690&c=10209&d=203d
◇法話・霊言情報
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M350691&c=10209&d=203d
----------------------
◇本日の格言 特設サイト
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M350692&c=10209&d=203d
◇幸福の科学 公式サイト
http://a07.hm-f.jp/cc.php?t=M350693&c=10209&d=203d
幸福の科学 IT伝道局
----------------------


【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(3)—高層ビルで地震に強い都市づくり

2016-07-28 10:46:29 | 日記

【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(3)—高層ビルで地震に強い都市づくり
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11713

31日に投開票を迎える東京都都知事選で、美人候補として話題になっている七海ひろこ候補。そんな彼女に、現役女子大生・手塚安珠さんが突撃。七海氏の掲げる政策に、素朴な疑問をぶつけてみた。

七海氏は「東京No.1宣言」と称して3つの約束をかげている。本記事でテーマとなるのが、その二つ目「家族でも、一人でも、育てやすい、住みやすい都市・東京を実現します!」。

その主な内容は、容積率の緩和や空中権の活用などにより、東京をニューヨークを超える超高層都市に新生させる。どの世代でも「安くて、広い家」に住めるようにする。というものだ。

この政策について、手塚さんの疑問とは?

◆   ◆   ◆

——私は、七海候補の「容積率を緩和して、高層ビル化を進める」という政策にも魅力を感じます。これからの結婚や子育てなどを考えると、東京の住宅の狭さは、大きな課題だと思います。一方、日本は地震大国でもあります。建物を高層化したときに、避難できるのか、倒壊するのではないか、という不安もあるのですが……。


◎高層ビルの方が安全

七海:本当にごもっともな不安だと思います。

ただ、思い出していただきたいのが、東日本大震災や、熊本地震の映像です。壊れずに残っていた建物は、実は高めのビルが多かったと思います。逆に、低くても建てられてから年数が経っているものは、潰れてしまうケースが多くありました。

阪神淡路大震災の際も、地上100メートル以上のビルに、死者が出るレベルの被害はほとんどなかったんです。

耐震・免震の技術は、日進月歩で進んでいます。そのため実は、新しく建てられて、高層化しているビルの方が安全なんです。

東京の耐震・免震技術は、世界4位だというランキングもあります。1位じゃないのが悔しいのですけど(笑)、世界最高レベルの技術です。なので、逆に平屋や木造のお家よりも、新しい技術による家に住んだほうが安全なんです。


◎高層ビルこそ地震に強い都市をつくる

七海:防災という観点で言えば、最新技術を使った高層ビルを、逆に近隣の避難所にするべきだという専門家もいます。そこに、数万人分が3日ほど過ごせる水や食糧を備蓄したり、お手洗いの環境を整えたりするんです。普通のお家だと、自分たちで準備するのは結構大変ですよね。水は、賞味期限のたびに取り替えなければいけませんし。

いざというときには、「何十階もの高さから逃げられるのか」という心配もあると思うけど、高いビルだったら、地上に降りるだけではなく、屋上にヘリポートを用意するべきです。

また、高層ビルに住宅を集中させることで、公園の用地を確保することもできます。そこに何万人も避難できるようにするという発想もあります。「高いビルが建つと環境が悪くなる」という声もあるけれど、高いビルが建つからこそ、広い公園や緑地がつくれるという観点もあるんですよ。

このように、防災ルートや避難所の確保を考慮した都市設計も、同時にする必要があります。


◎今決断すれば間に合う

七海:もちろん、いろいろな知見から見た時に、壁も多くあります。楽な道ではないとは思いますが、海外の主要都市でかなりの高層化が進んでいることを考えると、国家で勇気をもって何十年先の未来まで見据えた都市計画をつくる時に来ているんじゃないかなと思うんです。

【関連書籍】
幸福の科学出版 『繁栄の女神が語る TOKYO 2020』 大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1707

【関連記事】
2016年7月24日付本欄 【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(1)--減税の財源は?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11706

2016年7月25日付本欄 【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(2)——街頭演説会でも名言飛び出す!
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11708

2014年3月3日付本欄 老朽マンションの耐震強化に向け規制緩和 もう一段大きなビジョンで防災都市を目指せ
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7476


安倍政権、景気対策に20兆円を投下 400兆円を投じた過去の対策は効果的だったか?

2016-07-28 10:26:09 | 日記

安倍政権、景気対策に20兆円を投下 400兆円を投じた過去の対策は効果的だったか?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11712

政府は25日に、来月2日にもまとめる経済対策を20兆円規模にすることを決め、景気刺激策を打ち出す方針を固めた。安倍晋三首相は、デフレからの完全脱却と銘打ち、「総合的かつ大胆な経済対策」により、アベノミクスを前進させると明言している。

これまでにも幾度も実行されてきた経済対策。だが、その成果が十分にあったのか否かが検証されず、対策ありきで進められている感がある。


◎経済対策25回、うち17回は自民

バブル崩壊以降、実施された経済対策は、これまでに25回に上り、総額607兆円を投じて景気浮揚を図ってきた(下表)。うち、自民党は17回の対策を講じている。

しかし、上図を見れば明らかなように、その後の名目GDPは、たったの37兆円しか伸びていない。経済対策が、予測通りの成果があったのか振り返る必要があるのではないか。

●首相   策定年月  名称  事業規模

宮澤喜一 1992年8月 総合経済対策 10.7兆円
     93年4月 総合的な経済対策の推進について 13.2兆円

細川護煕 93年9月 緊急経済対策 6.1兆円
     94年2月 総合経済対策 15.2兆円

村山富市 95年4月 緊急円高・経済対策 7.7兆円
     95年9月 経済対策 14.2兆円

橋本龍太郎 98年4月 総合経済対策 16.6兆円

小渕恵三 98年11月 緊急経済対策 23.9兆円
     99年11月 経済新生対策 18兆円

森喜朗 00年10月 日本新生のための新発展対策 11兆円

小泉純一郎 01年10月 改革先行プログラム 5.8兆円
     01年12月 緊急対応プログラム 4.1兆円
     02年12月 改革加速プログラム 14.8兆円

福田康夫 08年8月 安心実現のための救急総合対策 11.7兆円

麻生太郎 08年10月 生活対策 26.9兆円
     09年4月 経済危機対策 56.8兆円

鳩山由紀夫        09年12月 明日の安心と成長のための緊急経済対策 24.4兆円

菅直人 10年9月 円高、デフレ状況に対する緊急的な対応 9.8兆円
    10年10月 円高、デフレ状況のための緊急総合経済対策 21.1兆円
     11年4月 平成23年度補正予算(震災復旧対策) 12.1兆円

野田佳彦 11年10月 円高への総合的対応策 23.6兆円
     12年11月 日本再生加速プログラム 5兆円

安倍晋三 13年1月 日本経済再生に向けた緊急経済対策 20.2兆円
     13年12月 好循環実現のための経済対策 18.6兆円
     14年12月 地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策 3.5兆円

※バブル崩壊以降に実行された経済対策の一覧。内閣府資料などをもとに編集部作成。


もちろん、本欄では、公共事業などに税金を投じる「財政出動」の有効性を否定するつもりはない。世界情勢の影響で、景気が冷え込んでいるのを見過ごしていいはずがない。強調したいのは、経済対策に見合った成果があったのかということだ。

経済学では、財政出動による経済効果を「乗数効果」と呼ぶ。投資額に対して、全体としてどれぐらいの経済効果があったのかということだ。
この効果を大きくするには、投じたお金のうち、どれだけ消費に回ったのかという「消費性向」を高くする必要がある。お金を投じても、貯蓄に回ってしまえば、十分な効果が上げられないためだ。この「消費性向」が高ければ高いほど、経済効果は大きくなり、景気が良くなる。

だが、例えば麻生政権が2009年に行った、国民1人当たり1万2千円を配った「定額給付金」(65歳以上と18歳以下は2万円)では、貯蓄に回す世帯が多く、十分な結果を生むことはできなかったと言われている。


◎増税→不況→景気対策→増税の連鎖も

さらに、せっかく経済対策を行っても、その成長を阻害している大きな原因となっているのが、消費増税だ。

自民党政権は、増税を実行する前後に、経済対策を打ち、増税の悪影響を緩和させようとした。だが、自ら不況に突き落としておいて、その対策を講じるやり方には、ちぐはぐさが目立つ。今回打ち出された財政出動も、消費増税の悪影響が尾を引いている面は否めない。

つまり、「政府が増税した結果、不況になり、その対策として財政出動を行う。その経済対策で景気が上向いてきた時に、さらなる増税をする」というサイクルが繰り返されているわけだ。

これでは、GDPが十分に伸びることはなく、増税の冷や水を浴びせ続けられることになる。安倍政権は、そうした「増税サイクル」から抜け出し、減税からの経済成長を目指すべきだ。(山本慧)

【関連記事】
2016年7月11日付本欄 日銀が破綻したら何が起きるの? Xデーをシミュレーション
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11616

2016年7月9日付本欄 【参院選2016】アベノミクスが叩き出した最悪の数字たち
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11605

 


【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(2)——街頭演説会でも名言飛び出す!

2016-07-28 05:17:37 | 日記

【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(2)——街頭演説会でも名言飛び出す!
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11708

31日に投開票を迎える東京都知事選で、美人候補として話題になっている七海ひろこ氏。そんな彼女に、現役女子大生・手塚安珠さんが突撃。七海氏の掲げる政策に、素朴な疑問をぶつけた。今回は、その2回目(質問への回答は、24日付の本欄(1)の続き)。

七海氏は「東京No.1宣言」と題して3つの約束を掲げている。本記事でテーマとなるのが、その一つ目、「経済的にも、精神的にも、世界一リッチな都市・東京を実現します!」。

具体的には、固定資産税の減免、特区を活用した法人税の軽減を進め、東京でビジネスをしやすい環境をつくる。相続税の廃止、「消費税5%特区」実現に向けて、国に働きかける。というものだ。

この政策について、手塚さんの疑問とは?

◆   ◆   ◆

——私は、七海候補が掲げられている「減税特区」により世界中から企業を誘致したり、新たなビジネスが生まれるというヴィジョンに、若い世代として夢を感じます。一方で、大胆な減税となると、「その財源はどう確保するのか」という疑問も出て参ります。減税というのは、実際のところ現実味があるのでしょうか。


◎都の富を地方に撒く「地方法人税」

七海:財源という意味では、もう一つ大切な観点があります。

実は、都民が汗をかいて稼いだお金が、ものすごい量、地方に流れているんです。

「地方法人特別税」と称して、東京都の法人税を年間3200億円も地方にばら撒いているんです。累積では1兆円を超えています。これ、都民の皆様はあまり知らされていないんですけどね。

しかもその税制をつくったのは、今、自民党の公認で出られている増田寛也さんなんです。2007年、福田内閣で総務大臣だった時に制定しました。


◎東京を貧しくしても地方は富まない

七海:増田さんは、「東京に人や富が一極集中するから、地方は貧しくなる」という理論を持たれていて、「豊かな地域からお金を集めて配る」という発想をされます。「格差是正」といったら美名かもしれないけど「富の再分配」ですね。

でも私は、それでは地方は本当の意味で豊かにならないと思っているんです。逆の発想で、地方を豊かにするためにも、東京を豊かにしなければいけません。

例えば、地方から出張してきた方も、東京が24時間動けば、より出張しやすくなります。リニア新幹線が整備されれば、さらに一緒にお仕事できる機会が増えますよね。東京が、地方の発展も引っ張っていく存在になるべきなんです。

私が都知事になったら、総務省とかけあって、この「地方法人特別税」をなくす方向で進めたいと思います。東京都で生まれているこの3200億円を、東京都のために、託児所をつくる、保育所をつくるなど、暮らしをよくするために使ってまいります。


◎「空中権」売却で財源とする

七海:財源は他にも考えられます。例えば、複雑な空中権取引のルールを改め、都や市区町村が空中権(容積)売買を容易に民間に売れるようにします。これにより都市空間の高度利用を促進しながら、新たな財源を生み出します。

アイデア次第で財源は生み出せるんです。他にも無駄があったら徹底的に省いていくのはもちろんです。

◆   ◆   ◆


◎街頭演説会で七海氏 「東京からジャンジャン、ザクザク富を生み出す!」

七海氏は25日、東京・新宿で候補者有志が開いた、街頭立ち合い演説会に参加した。

もはや代名詞となりつつあるさわやかなノースリーブを身にまとい、車上に姿を見せると、沿道から、出席した12人中もっとも大きな声援が上がった。

七海氏は、基本政策として、「税金安くする」「がんじがらめの規制を突破する」と掲げ、「東京から、富をジャンジャン、ザクザク生み出します!」と語った。

「消費税率が10%になれば、都の税収が何千億円単位で吹き飛んでしまう」と話し、「消費税5%特区を実現させ、年金世代の方々も守る。企業にも元気になってもらい、ビジネスマンのお給料も増える。お小遣いも増える」などと、明るい未来ビジョンを示した。
※(3)へ続く

【関連サイト】
七海ひろこ公式サイト
http://nanami-hiroko.net/

【関連記事】
2016年7月24日付本欄 【都知事選】七海ひろこ候補に女子大生が鋭いツッコミ!?(1)--減税の財源は?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11706

2016年7月24日付本欄 【都知事選】"主要3候補"以外の報道時間は3% 非"主要"候補者が共同記者会見
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11703

2016年7月22日付本欄 【都知事選】"主要3候補"って誰が決めたの? その姿は「国営マスコミ」
http://the-liberty.com/article.php?item_id=11697