早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

果物が熟すとへたが落ちる

2014年08月31日 04時45分54秒 | 読書








何事も前もって準備すれば

必ずその事は成就する。

これに反して、

前もって準備しなければ必ず失敗する。


水が流れて来て溝が自然に出来、

果物が熟すると

へたが自然に落ちる


道理にかなった言葉である。

この言葉を家庭にも国家にも適用するがよい。


  「言志耋録」 佐藤 一斎 著
     




人気ブログランキングへ


事前の準備と勉強

とても大切な事

そして事前の準備さえ怠らなければ

あとは自然にまかせるだけ

結果はおのずとついてくる


言うはやすし行うは難し

忙しさにかまけて

下調べも準備も十分できず

ぶっつけ本番

当たって砕けろならまだしも

当たってくじけろ...!


そして本番ではもがき苦しみ

自分の言動で墓穴を掘る

ああ、なんと惨めな失敗の数々


次の仕事はこの反省にたち

しっかり事前準備といつも思うのだが

良くて一夜漬け

ついつい飲み食いの誘惑に負けてしまう


とはいえ、これも人生

好いではないか...!


     早起き鳥







人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴と貧賎...!

2014年08月30日 05時37分47秒 | 読書








物に余分が生じたらそれを富という。

この富を欲しがる心は即ち貧である。


物の足りのないのを貧という。

しかし物不足の貧に安じている心は富である。


こう考えると、富と貴は

心にあって物にあるのではない。


  「言志耋録」 佐藤 一斎 著
     




人気ブログランキングへ


琴線に響く素晴らしい言葉


物に満ちあふれている現代社会

心が貧しい暮らしものあれば

何もなくても心豊かに暮らす人もいる

財産や名誉、いくらあっても意味はない


もっともっととより一層の

便利快適に暮らす豊かな暮らしが

人の心をむしばんできたのかもしれない


最近ちょっとした買い物や食事には

歩いていく事にしている

夏の暑い日の日中に出歩くのは辛いけど

夕方、少し日がかげる頃

ちょっと贅沢して外食


歩いていこう

大粒の汗を流して入るレストラン

冷房の効いた席は天国のよう

熱いラーメンがなんとうまい事か


     早起き鳥







人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

壮年になって物事の判断...?

2014年08月29日 05時21分16秒 | 読書








朝食事をしなければ、

昼には空腹を感ずる。


おなじように、

少年時代に学問をしておかねいと

壮年になって、

物事の判断などに惑うことになる。


空腹であることはまだ辛抱ができるけれども

知識がなくて事の判断に惑うのは

どうにもしてやれない。


  「言志耋録」 佐藤 一斎 著
     




人気ブログランキングへ


食事は食べ過ぎると

肥満がまっている

3食欠かさず、腹八分


こんな理想的な食生活ができたら

ダイエットなど必要ないけれど、

ついつい、暴飲暴食...!

いっその事、食べないでおこうかと


でも食事に例えられた学問

ダイエットのための減食など

考えられないけれど

あまり学問ばかりというのもいかがなものか


学問しすぎるとやはり弊害も想定

でも少しの時間を惜しんで読書に精を出し

しっかりと汗を流して働く事は

しすぎるという事などありえない


自分は若い時にあまり本を読まなかったこと

いまとても後悔しているが

今からでも遅くない

そう思って、積んである本

飲み食いの時間はあっても

なかなか本を読む時間はない

(反省)

     早起き鳥







人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怠けて暮らす時には...!

2014年08月28日 05時07分30秒 | 読書








怠けて暮らすときには

短い冬の日も

何と長いのだろうと感ずる。

つとめ励む時には長い夏の日も

何と短いのだろうと思う。


つまり長い短いは

自分の主観にあるのであって

日にあるのではない。


  「言志耋録」 佐藤 一斎 著
     




人気ブログランキングへ


一日の長さに

違いが無い事は重々承知

長く感じる日もあれば

短く感じる日もある


最近は苦労が無いから

一日は長く感じても

一週間はあっという間

一年などは猛スピード...!


年齢を重ねるごとに

月日の流れがやけに早く感じる

若いときと年を取ってからの時の流れは

感じ方が変わるようだ


ところで、何かを待ちこがれている月日は

なんと長く感じる事か

でも待つ事の無い月日は

あまりに早い


いくつになっても何かを待つ日々

何か目標をもってその目標にむかってコツコツ

大成を待ちこがれる生き方をしたいものだ


     早起き鳥







人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

逆境の時を忘れず...!

2014年08月27日 05時04分11秒 | 読書








逆境にあっている人は

順境にいるように

心を安らかにいて対処するがよい。


反対に順境にある人は

逆境の時を忘れずに

油断をしてはいけない。


  「言志耋録」 佐藤 一斎 著
     




人気ブログランキングへ


順境と逆境

なにをもってそうなるのか

本人の価値観、感じ方の問題...?


自分が逆境と思っても

違う人には順境と感じるかもしれないし

自分が順境と思っても

違う人には逆境に感じるかもしれない


自分にとって逆境さえも順境に思える

広い心が持てたら素晴らしい


いずれにせよ

順境の時、油断せず、

常に気を引き締め、

突然やってくる災難にも

冷静に対処したい


逆境においては、

くじけずくよくよすることなく

心静かに日々を刻んでおれば

必ずや幸運が訪れる


たった一年で一生を終える鮎を思えば

生きている事に感謝

今の逆境さえ幸せに思える


     早起き鳥







人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加