早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

人生の勝利者になる方法を教える…!

2013年09月30日 03時16分10秒 | 読書





世の中が大きく変わり、
大会社に勤めていれば
大丈夫という時代は終わりました。

終身雇用、年功序列といった
美しい日本の会社の
制度が崩れてきました。

今は自立者、あるいは起業家を
育てることが教育で
大切な眼目の一つと
考えられるようになってきました。

学校がただ知識を
教える場所だけでなく、

世の中に出て、
人生の勝利者になる方法を
教えようとし始めているのです。

老齢者ほどこのような方法を数多く
知っているのではないでしょうか?

そのような知恵を若い人に
教えてあげるのが老いの価値であり
楽しみであると
言っていいのではないかと思います。

 「老いる技術」 七田 真 著
     


     
     








なんと迫力のある
七田先生の名言

この言葉を聞いて
奮い立つ老齢者でありたい

自分自身の人生、省みれば
やはり、ご多分にもれず
何度か転職も考えた

でも終身雇用、年功序列の
効用を最大限享受し

大きな組織の中で
最後のゴールまで頑張ろうと
ゴールテープは切ったものの

日本の会社の制度は
欧米にならい

非正規雇用や
転身の成功例も数多く
若者の雇用環境は激変、

地位や財産の追求という
価値観も大きく変わり

絆とか、真心と言った
スピリチュアルな生き方の台頭

若い人に自分が
何を教えてあげられるのか

若い人には成功より
成幸を目指してほしい

      早起き鳥






人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

使いものにならない人たち…!

2013年09月29日 03時40分47秒 | 読書





父は昔、満鉄に
勤めていたことがあります。

課長時代に異動があって
別の課の課長になると、
前の課長さんから
こう言われたそうです。

「うちの課には
三人の使いものにならない
人間がいる。

やる気がなくて、
仕事はサボる。
まったく使いものに
ならない人たちだ」

この三人の人事考課は
最低のランクになっていました。

ところがそう言う
申し渡しがあっても、

父は決して
その人たちのことを
そのようには見ませんでした。

すべての人に
尊敬の念を持って
接するというのが
父の信条でした。

 「老いる技術」 七田 真 著
     


     
     








前の課長さんの目には
最低に見える部下

でもその課長の目が
部下に悪い影響を与えたとすれば
部下を責めるだけでは
人事考課は片手落ちなのかも…

もしその課長の目が
違う価値観の目であれば
部下のモチベーションは
まったく違ったのかもしれない

リーダーとして
部下を想う気持ち、
我が子、我が兄弟同様に
大切に想う心が必要だと
僕も常々感じて来た

でもそれは僕の中では理想論
ひとたび嫌いになれば

箸の上げ下ろしまで、袈裟まで
嫌いになる
そんな未熟な自分
リーダー足らぬ自分

そんな自分を鍛えてくれたのも
使いものにならないと想った部下

どんな人をも許し認める
広い心を求めて…!

      早起き鳥






人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が子、孫たちに伝える楽しみ

2013年09月28日 03時22分49秒 | 読書





人は老いてしまえば
童に帰り、

子に伝えるものは
何もないとしてしまうのは
あまりにも残念です。

老齢には
若者に教えるという
楽しみがあるものです。

いままで生きてきた
英知を何かの形で
子供や孫に伝えましょう。

昔の人々は
自分の学んできたことを
子孫や後代に伝えようとして
家訓や処世訓を
書いて残したものです。

今は老齢の人の間に
「自分史」を書くことが
流行っていますが、

これが我が子孫たちに残す
家訓ということになるでしょうか。

 「老いる技術」 七田 真 著
     


     
     








自分史を書くほどの
文章力も知識も
持ち合わせていないが

自分が体験した経験
成功例も失敗例も含めて
忘れないようにメモしてきた

早起き鳥で投稿したこと
投稿しなかった出来事
そんな膨大なメモ

一切合財を
整理整頓する作業だけは
いつかしなければと思っている

でもその作業は
もう少し先に伸ばしたい
まだまだ若いつもりの発展途上

もう二度三度は花を咲かせたいし
失敗も成功もして青春気分を
味わいたい

自分史は米寿を過ぎてからの
仕事にしておこう…!

      早起き鳥






人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

故きよきことを温ねて…!

2013年09月27日 03時20分31秒 | 読書





日本の政財界の人たちが
人生の師父とあおいだ
安岡正篤先生がいます。

その安岡先生の言葉に
次の言葉があります。

「時局の難問題を考えさせる時、
非常に頭にひらめくものの数々が
やはり論語から発しております」

「人生を歩んでいくには
実にいろいろな問題が起きてくる。

その眼前の問題を解決していくのに、
自分自身の小智の思いつきでこなすのでは
人の師たることはできない。

人の師たるとは
正しい処置を教える
能力をもっているということだが、

そうすれば、必ず故きよきことを温ねて、
それによって今の道を
判断していくのでなければならない」


老齢期の良ことの一つは
読書のための時間が
とれるようになることです。
この時間を有効に使いたいものです。

 「老いる技術」 七田 真 著
     


     
     








「故きよきことを温ねて」

ふるきをたずねて
新しきを知る。温故知新

まさに論語の教え、
読書なくして語れないこと

いま老齢期に入り
たしかに読書の時間が
取れるようになった
これほどうれしいことはない

とはいえ、読書で得た知識を
行動に移す場面が
少なくなったのも事実

会う人が激減、
対峙する諸問題もほとんどない
時局を憂う立場でもない

若い人に語ることのできる
場面をたくさん持てる努力

若い人たちとのコミティーが
とても大切と実感

誰からも愛される
御隠居様でありたいものだ…!

      早起き鳥






人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老いることの妙味…!

2013年09月26日 03時10分56秒 | 読書





若い時にはわからない、
味わえなかったような
佳境に入って行くのが
本当の老齢期の味わいだと思います。

交友も、夫婦も
年と共によくなっていくのが
人間のあるべき
自然な姿だと思うのです。

その境地に入って行くには、
絶えず学び続け、
変化を繰り返していかなくては
ならないと思うのです。

「論語」に孔子は
行年六十にして、六十化す、
という言葉があります。

これは生きている限り、
年をとるほど
良く変わっていかねばならない
という意味を表しています。

生きることの妙味は年をとるほど
わかってくるものだと思うのです。

 「老いる技術」 七田 真 著
     


     
     








老いること
死に近づく恐れ、醜くなる恐れ
顔にはしわが増え、肌にはシミ
何か表に出たくない心境

でも本を読める時間は確実に増え
読む速さも向上、
心の奥底に沁み込むような
知識にうれしい喜び

食べるものも何を食べても美味しい

先日、鳥の空揚げを食べたら
若い時の頃を思い出し、食べ過ぎた

毎日ストレッチをしているせいか
なぜか身体が柔らかい
風邪もひきそうで、ひかない

醜い所は笑顔と愛嬌で誤魔化し
楽しいこと沢山、味わいたい

あまちゃんも最終週
鈴鹿ひろみの「潮騒のメモリー」が素敵

「三途の川のマーメイド」ならぬ
「三代前からマーメイド」
「親ゆずりのマーメイド」

老いると涙もろくて…!

      早起き鳥






人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加