早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

着物をきて本屋さんに行こう!

2009年01月31日 03時27分51秒 | 読書

年をとれば、

ハイファッションの洋服は似合わなくなってくる。

着物は流行に左右されなくて

日本人の体型にあっているので、

それを着ないのは日本の宝の持ち腐れというほかない。

それに着物は一生ものである。

といっても老後になってから、買ったのでは、

自分で着潰すまでには至らない。

一般的に親子何代にもわたって

着ることのできるのが普通である。

 「老後は銀座で」 山崎 武也著







もう一度着物のお話しにお付き合いを!

着物を着ることで姿勢が良くなる。

姿勢が悪いと、ついつい着くずれして落ち着かない。

慣れるまではいくつもの補助紐を使っていたが、

着なれてくると、どんな洋服よりも手短に着ることができ、

なかなか着くずれもしない。

着物が身体にピタッとフィットしてくるから不思議だ。

なによりも、着物は夏は涼しいし、冬は温かい…。

それに、集中力が高まる着物、

そうだ、着物を着て本屋に行こう。

        早起き鳥



ブログランキング
読者の皆様、御支援ありがとうございます。
お蔭様で高順位を維持させてもらっています。
◆◆現在21位◆◆


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年をとってからの酔っ払い…?

2009年01月30日 02時56分03秒 | 読書
若い時は飲みすぎて酔っぱらったとしても、

若気の至りとして許される。

年を取ってからの酔っ払いは、見るに忍びない。

人生を捨てて、ヤケ酒を飲んでいるかのようにしか見えない。

ちょっと飲みすぎて手元が狂い粗相をするだけでも、みっともない。

老後には、飲むよりもたしなむ風情のほうが似つかわしい。

 「老後は銀座で」 山崎 武也著







晩酌を止めて久しい。

飲み会は久しぶりのアルコールに

ついつい飲む量が限度を超えてしまう。

飲みつぶれまいといつもマイ箸を使う。

マイ箸を忘れるまいとの気持ちが、

飲む量の自制する効果をねらっている。

「そろそろここらあたりから

記憶が飛んでしまいそうだ…!」

焼酎じゃなく水をもらおう。

        早起き鳥



ブログランキング
読者の皆様、御支援ありがとうございます。
お蔭様で高順位を維持させてもらっています。
◆◆現在24位◆◆


コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

料亭へは粋にきめて、着物に雪駄

2009年01月29日 02時21分14秒 | 読書


日本料理を食べるのであれば、

着物を着てみるのもよい。

和風の食事には和風の装いがふさわしい。

そば屋のような気軽な雰囲気のところへは下駄でもよいが

きちんとした料理屋へ行くのであれば、

草履にしなくてはならない。

草履は下ろし立ては味がない。

やはり上質の雪駄で、ちょっと履き馴らして

足になじみ始めたくらいのものがよい。

それなら一流の料亭の玄関に脱いで置いても

ぴったりと釣り合い絵になる。

懐は寂しくても、大店の旦那然としてふるまってみるのである。

 「老後は銀座で」 山崎 武也著







夏にはチヂミの単、

冬は化繊の袷、角帯を粋にきめ、

小物の印籠など腰にぶら下げて歩きたい。

正絹の着物など、箪笥の肥し…。

若い人のジーンズ感覚で着物でお出かけ!

料亭と言わず、スーパーにも散髪屋にも

ああ、着物のあの人

ちょっと長めの裾に雪駄、

小脇に抱えた革のブックカバーの本

小粋な渋いおじさん! 素敵

        早起き鳥



ブログランキング
読者の皆様、御支援ありがとうございます。
お蔭様で高順位を維持させてもらっています。
◆◆現在24位◆◆


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人が訪ねやすい場所が老後は最適

2009年01月28日 04時05分13秒 | 読書


年をとっても、

いつも訪ねて来てもらいたいと考えたら、

訪ねて行きたいと思うと同時に

簡単に来ることのできる場所に住むべきである。

大人にも子供にも魅力ある盛り場であれば、

黙っていても来てくれる。

遊びに来たついでにとか買い物をした後にとか、

頻繁に立ち寄ってくれる可能性も高い。

銀座に住めば喫茶店にでも入るような気持ちで、

お茶を飲んで休憩をするために来てくれるのは間違いない。

年を取った身にとって、

それは大いなる慰みになると同時に良い刺激にもなる。

 「老後は銀座で」 山崎 武也著







たまに都市圏に出張して地下鉄にでも乗ろうものなら、

息ぐるしてく、早く田舎に帰りたいと思う。

飲むなら田舎で飲みたい。だから、

できるだけ早い電車で都会とおさらばする。

 でも昔、田舎で住み始めたころには、

8時の最終バスに自分一人、

バスの窓に映る自分の姿に、悲しくなった。

人恋しさに都会への出張が待ち遠しかったものだ。

なんと自分勝手なことか…!

その時々で気持ちが全く異なる。

住むところは齢を重ねて、

そこそこ地域貢献も済めば

住み続ける必要はなさそうだ…。

ましてや退職金で住宅を購入するなんて

やめておこう…。

        早起き鳥



ブログランキング
読者の皆様、御支援ありがとうございます。
お蔭様で高順位を維持させてもらっています。
◆◆現在24位◆◆


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀座に歩いていける場所に住む…!

2009年01月27日 03時52分51秒 | 読書


居住は購入であれ賃貸であれ、

比較的多額の出費を覚悟しなくてはならないが、

その便利の良さを考えれば十分に元がとれるはずだ。

居住スペースは狭くても、

銀座を自分の居間や食堂それに庭に見立ててみればよい。

喫茶店やホテルのラウンジは居間になり

レストランや料理屋は食堂になり、

舗道は庭になる。

それらすべてのグレードは一流である。

しかもバラエティーに富んでいるので、

飽きることもない。

 「老後は銀座で」 山崎 武也著







東京で暮らしたことはないけれど、

銀座で暮らしている人はどんな人だろう。

でも今不動産のサイトで銀座地域を検索してみると

10数万も出せば狭くても賃貸物件がたくさんあるようだ。

ちょっと魅力を感じてしまった。

これから先、不動産不況になってまだまだ掘り出し物の物件が

でてくるやもしれない。

軽い気持ちで一度、住んで見るのも面白いかもしれない。

銀座の早起き鳥とは粋だな…。

        早起き鳥




ブログランキング
読者の皆様、御支援ありがとうございます。
お蔭様で高順位を維持させてもらっています。
◆◆現在24位◆◆


コメント
この記事をはてなブックマークに追加