早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

組織力

2005年11月30日 04時14分43秒 | 読書

「係長…!今現場で頑張ってもらっているパートのおばさんの事、もう一年の雇用延長を上にお願いしてもらえませんか。」
「わかった…」

「ひろし、パートさんの事だけれど、例外は認められないそうだ。」
「係長、おばさん、これだけ頑張ってくれているんです。何とか功労という意味で何とかならないもんでしょうか?」

「やっぱりダメだったよ!ひろし」
「そうですか…!係長!お骨折りありがとうございました。」

 係長は人事管理との協議の中でパートのおばさんの事について雇用延長の話を出さなかった。係長自身の昇格をアピールするためだ。そして再度のひろしからの願いも、係長自身のアピールをするだけで、パートの存在すら眼中に無かった。
 しかし、係長は「わかった」と言ったひろしにパートさんのことをどう伝えようかと思っていた矢先、ひろしから「お骨折りありがとうございました。」と頭を下げられ、係長は心の中に寒い風が吹くのを感じた。そして係長自身の昇格も成就できず腐った気持ちで係長はひろし達の光景を見つめている。
「おばさん申し訳ありません。おばさんの努力に報いることが出来ず言葉がありません。」
「いいえ、ひろしさん…!いつもいつも良くしてくれてありがとうございます。私はあなたの元で働かせてもらって楽しかったです。」
「私こそ、おばさんと仕事できて嬉しかったです。また遊びに来てくださいね。」
「ひろしさん。私たちパートの方をいつも向いてくれていたのはあなただけでした。ひろしさんは立派な方です。あなたのような人と一緒に仕事が出来て心から感謝しています。」

 この一部始終を見ていた係長には全く理解できない世界の光景であったのだろう。
「パートのおばさんくらい…!。ひろし、あいつ馬鹿じゃないの…!」
 頑張れ早起き鳥Please your click !


 
 仕事ってさ、やっぱり勝ち負けが出て来るんだよね。
 だけど勝負が決まってそれで終わりじゃない。結果がでた時の態度なり行動なりが重要なんだ。どういうことかというと、たとえば勝った時は、
「皆さんのおかげです。皆さんが居たから勝てたんだし、頑張れました。」
「あの時みんなの支えがあったから私は勇気付けられました。」
とかいって頭を下げる。
 それから自分が負けた時は
「君はすごいな、どうしてあんなことが出来たんだい?」
「参りましたあのテクニックを私にも伝授して下さい。」
というように素直に頭を下げる。
勝った方、負けた方がこうやってやり取りが出来るようになると、互いに競い合う仕事から、共に作り出す”共創”に変わってくる。
 これが出来るようになってくると組織力ってものが全然違ってくる。そしてその経験が精神的な成功と経済的な成功の基礎になっていく。
   斉藤一人 15歳からの成功哲学 小俣治朗

人気ブログに参加中!ワンクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練習再開

2005年11月29日 02時44分08秒 | 水泳
県マスターズ水泳大会のレース後1週間の休息となり、昨日から練習を再開した。やっぱり水の中は良いね…!嬉しくなってきます。水着になってプールの中に入ると本来の自分に戻ったような気になる。昼間の憂さが飛んでいくようだ…!
頑張れ早起き鳥Please your click !


平泳ぎのストリームライン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

斉藤一人の成功哲学

2005年11月28日 04時09分50秒 | 読書

「ひろし!おまえ良いコート着ているな…!」
「ありがとう。この秋新しく買ったんだ。」
「良いよな、おまえは金に苦労してないみたいだし…。俺なんていつもピーピー言ってる」
「裕次郎、良いこと教えてやろうか。財布の中のお金におまじない…!」
「いいよ、ばかばかしい、そんなこと…。」
と裕次郎はひろしの話を聞こうとしなかった。
ひろしの新しいコートはユニクロで買ったもの、裕次郎が思うほど高価なものではなく、とてもリーズナブルな買い物だったのだが、着こなしやいつも小奇麗にしていることがリッチに見えたのだろう。
■財布の中のおまじない
 福沢諭吉の肖像画の頭を財布の奥のほうにいつも入れておく。
 きちんと全てのお札を綺麗に同じ方向に並べてておく。
 お札がなかなか財布から出ていきません。
 頑張れ早起き鳥Please your click !


 
「カネは天下の回りもの」って言うけれど、いつまでも回っているものだと思っちゃいけないよ。いくら儲かっていても、それは運があるからなんで、力があるからじゃないんだ。お金に嫌われるような使い方をしているとやがてお金に逃げられるぞ。
   斉藤一人 15歳からの成功哲学 小俣治朗

人気ブログに参加中!ワンクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エチゼンクラゲ

2005年11月27日 08時01分13秒 | Weblog
東シナ海の水温上昇と海水の富栄養化がもたらしたというエチゼンクラゲが大発生!信じられないような繁殖力と増殖力によって日本沿岸は日本海を中心に太平洋岸にも恐怖のクラゲが猛威を奮っている。
なぜ、被害が発生源である東シナ沿岸でなく日本海沿岸でダメージを与えるのか…?神の怒りを受けるべきは東シナ沿岸地域ではないのか。理不尽な神様の振る舞いに納得がいかない…!今後東シナ海の環境悪化は益々深刻となり日本近海はクラゲで埋め尽されてしまう…。神さまはなにを考えているのか?
 頑張れ早起き鳥Please your click !


越前クラゲからのメッセージは?

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

超能力を使いこなす

2005年11月26日 02時51分00秒 | 読書

自分にとって不思議な力を最近感じる
■目覚ましが要らなくなった。
何時に寝ても自分にとって一番都合の良い時間に目が覚めてそして全然眠たくない。
■困ったことが起こらない。
気持ち悪いくらいに災いが起こらない。なんでかな…!
ヒヤッとする交通事故を何度も回避できている。
■ツイてる。
混んでいるはずの駐車場に行っても空いてない事が一度もない。信号待ちもいつも回避している。不思議だな。それに今ツキまくっているとそう思える。

今年不愉快なことは水泳の試合にことごとく惨敗していることだけだ。でも決して困ったことではない、新しい仲間と親しくなれたし、ますます水泳が好きになったし、生涯現役と目標も出来た。身体をいたわる練習方法も考えるきっかけになった。逆に惨敗が良かったのかもしれない。
 頑張れ早起き鳥Please your click !


 
 ニワトリにカルシュウムを与えなかったら殻がついていないぶよぶよの膜だけの卵を産むようになる。次にカルシウム(Ca)の元素記号上に一つ手前のカリウム(K)を餌の中に混ぜて与えたら一ヵ月後になんと全てのニワトリがカルシウムのついた(殻)のつい卵を産むようになった。
 この実験から「鳥の体の中で原子変換がなされている!」事が証明された。
 もともと核融合というのは8000℃くらいの温度でないと起こらない現象です。ニワトリは体温39℃ほど、その温度でカリウムがカルシウムに変換してしまうということは宇宙の奇跡!
 私たちの身体は原子変換が出来るというものすごい奇跡のかたまりらしい。
それを動物は意識しませんが、人間は唯一、意識しながらできるという、動物界の最頂点に君臨する動物なのです。
■「バカ」だの「アホ」だの言われた時に、ニッコリ笑って
「嬉しい、私にとってその言葉はエネルギー源です。」という原子変換装置をセットすれば良い。
   究極の損得勘定 小林正観

人気ブログに参加中!ワンクリックを!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加