早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

いじめられやすい民族…?

2011年01月30日 04時50分56秒 | 読書





ユダヤ人と日本人は、

いじめられやすい民族だという。

まったく有り難くない共通点がある。

いじめはまた、成功の代償であろう、

毛色が違った者が成功すると

強く妬まれるものだ。

もちろんこの二つの民族には

大きな違いもある。

日本の固有な信仰である神道は

多神教であるが、

どのような宗教でも包容する

ということで寛大である。

それに対してユダヤ教は

一神教であって、

極めで独善的である。

 「富と成功の秘訣」 マーヴィン・トケヤー 
                訳 加瀬英明
 









ユダヤ人は自己主張が強く、
はっきりとした個性によって
生きているのに対して、

日本人はつねに周囲に溶け込もうと
努めており、和を重んじる。

ある意味、日本人は
目立たず控えめである。

こんなに控えめな国なのにどうして、
世界からいじめられる歴史を

背負ってきたのかと思う。
それも徹底的にやられてきた。

そして今、経済的にもまた虐げられ、
苦しい状況にある…!

でも、なぜか、少しずつ
こんな苦しい状況さえも幸せに思う
人が増えてきているように思う。

どんなに貧しくて、オシャレなど、
とてもできないけれど、

身だしなみだけは、きちんとして、
一日一日を刻んでいる。

そんな人を目にすると
まだまだすてたものじゃない!

そんなふうにも思う。

  早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



◆◆現在7位◆◆


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人だけが資源だった国!

2011年01月29日 04時07分52秒 | 読書




私は、ユダヤ人が

いわれのない差別を

受けてきたと言った。

確かに、いつの時代であっても、

邪悪な指導者や

一部に邪悪な人々がいるものの、

邪悪な民族などあるはずがない。

これは圧迫するほうについても、

圧迫されるほうについても

同じことが言える。

ユダヤ人も日本民族も、

天然資源に恵まれたわけではなかった。

人だけが資源だった。

そこで、ユダヤ人と日本人が

このように大きく成功してきたのは

教育によるものである。

 「富と成功の秘訣」 マーヴィン・トケヤー 
                訳 加瀬英明
 









ユダヤと日本、
歴史的にも民族的にも
まるで異なっているにも関わらず、

この二つ民族のあいだには
驚くほど似ているところがあるようだ。

日本の徳川300年と言うのは
世界と隔絶の孤立した暮らしを営んできた、

そしてユダヤは迫害や差別によって
閉じ込められた暮らしを余儀なくされてきた。

しかしそういう暮らしの中でも
教育というものについては

世界のどの国にも劣ることのない
質の高い教育を行ってきており

民族の上昇志向は驚くほど強く、
個人にしろ、組織社会にしろ、
社会的地位を高める事に努力してきた。

この教育こそ、二つの民族にとっては
永遠の公共事業なんだと思う。

天然資源の乏しい国にとって
人だけが唯一の資源なのかもしれない。

  早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



◆◆現在7位◆◆


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貴重な不便さ!

2011年01月28日 03時54分03秒 | 読書




しばしば、不便さを感じることも、

人づくりの重要な手段である。

不便さのなかにこそ、

人間として尊い基本が存在している。

特に幼年期には不便さを

体験することによって、

人としての基礎的な能力を

強めることができるし、

それだけ逞しくなるものだ

 「富と成功の秘訣」 マーヴィン・トケヤー 
                訳 加瀬英明
 









便利快適のこの世の中にあって、
不便な事って感じなくなってきた。

子供の頃を思い出すと
一番不便な事は通学、

40分以上も歩いて通った気がする。
もちろん、町内の子ども達が
一緒に集団登校である。

あの昔の不便さがあったればこそ、
今の自分の体力があるような気がする。

今は両親が車で送ってくれるが、
かんがえもの、なのかもしれない。

  早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



◆◆現在6位◆◆


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記憶と暗記

2011年01月27日 03時48分26秒 | 読書






私の学校では

暗記を重視している。

論理的な良い文章を暗記することが、

もっとも効果的だ。

今日では、幼年期や少年期に

難しいものを暗記させるのは

不要な負担をかけるという批判があるが、

長じた後に

幼い日を振り返ってみて、

暗記を強制されたことを

必ず感謝するものだ。

 「富と成功の秘訣」 マーヴィン・トケヤー 
                訳 加瀬英明
 









今自分にできる
手っ取り早く可能な能力といえば
暗記して記憶することだろうか…!

何度も何度も原稿を音読して
明日のプレゼンにそなえる。

原稿を記憶した上で
自分の熱い想いを伝えられたら最高だ。

出来ばえ、評価は別として、
この一連の作業、

年齢と共に煩わしくなるけれど、
記憶と暗記、

さほど老化による、
能力低下は体力ほど感じない。

人の名前とか新しい記憶は
かなり落ちているが

古い記憶はさほど
落ちていない気がする。

そして暗記力、
若い時はもっとも苦手ではあったが、

今もそんなに変わらない気がする。

  早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



◆◆現在6位◆◆




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間という貴重な財産

2011年01月26日 03時39分08秒 | 読書






時間ほど大きな可能性を

秘めているものが他にあるだろうか。

人にとって時間は、

もっとも貴重な財産だ。

そして、人はみな平等に

時間を与えられている。

賢者も愚者も、

金持ちも貧乏人も、

同じ量の時間しか与えられていない。

人にとって時間は

もっとも大きな武器だ。

 「富と成功の秘訣」 マーヴィン・トケヤー 
                訳 加瀬英明
 









自分自身、物欲と便利快適を
求めて、あくせくと
忙しい日々を送っている。

そして生まれるであろう
大切な時間…!

ところがまったく余裕がない。
とっても不思議な気がする。

物欲などは再現が無く果てしなく、
満足することがない。

結果的に不安にさいなまれ、
人との比較において

時間の余裕が
消えてしまうのかもしれない。

時間に追われることなく、
支配されることなく、
浪費することなく

大切な時間という財産を
支配したいものだ。

  早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



◆◆現在6位◆◆




コメント
この記事をはてなブックマークに追加