早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

恩と怨

2005年02月28日 01時52分14秒 | 読書
 恩を受けたら恩を返し、怨みを受けたら怨みを返すというように、恩と怨をはっきり分けることは君主の執るべき道ではない。徳を受けて報いるべきはいうまでもない。
 さて怨みになると自ら人に怨まれるに至った原因をよく考えてその元を怨むべきである。
【怨みを受けたらその原因を怨め】
 まことこの世において怨みに報いる怨みをもってしたならばついに怨みの息むことはことがない。怨みを捨ててこそ怨みは息む。これは永遠の真理である。
【裁きは神にあり】
どんな仕打ちを受けても自分でやり返す必要は無い。善きも悪しきも神が裁いて下さる。
言志晩録


 「怨んで怨まれて]なんと殺伐とした言葉だろうか…。でもこの言葉をいつも腹にかかえて生きて来たようなそんな気がする。「怨む、恨む、憾む」少しずつニュアンスが違うのかも知れないけれど、今日を限りに捨てようこの感情を…!もし人様から怨まれる事あれば100%自分に原因ありと反省する事にする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

才より量をとる

2005年02月27日 05時10分07秒 | 読書
 人は才能があっても度量が無ければ人を包容する事はできない。反対に度量があっても才能が無ければ事を成就する事が出来ない。ところで、才と量との二つを兼ね備える事ができないとしたら、いっそ才能を捨てて、度量のある人物になりたい。

【大臣・大将の適格者】
 山中の岩屋の中に棲み世を超越した心を持っている者こそ、内閣に列して天下の動きに任じ、立派な政治をとることができる。また礼儀を心得て身を謹みて心を和ませる音楽の才能に秀でた人こそ、始めて大軍を統率する大将に適任である。功名を貪るものは大臣としては不適当、勇気一点張りの人は大将に不適任であると言わざるを得ない。
言志晩録
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

インターバルトレーニング

2005年02月26日 03時44分12秒 | 水泳
肩の具合が少しずつ良くなって、クロールが出きるようになって来ました。昨日の練習はトータル1500m!50メートル4本を1分30秒サイクル、1分20秒サイクル、1分15秒サイクル、1分10秒サイクル。とインターバルを少しずつ短縮させて練習した。1分30秒サイクルでは余裕!最後ではあごが上がってしまいました。憶えておきたい練習メニューでした。
 この間半分以上クロールで泳げることができました。でもあまり無理をしないように頑張りたいと思います。

中高年のための水泳! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人の長所を視るべし

2005年02月26日 03時26分59秒 | 読書
 いつも人を視るにはその人の優れているところを見て、欠点を視ない方がよい。
短所を視れば自分が彼に勝っているのでおごりの心が生じ自分の修養に利するところが無い。
人の長所を視れば彼が自分に優っていることがわかりこれに刺激され励まされ、自分を磨くことになり、自分には誠に有益である。

和の一字。治乱を一串す
 同僚が互いに心を協せ、互いに敬い、互いに和し、衷心から誠をもって接する事が寛容である。
ただ和の一字は国が治まっている時も、乱れを治す時にも一貫して大切なのである。
言志晩録
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書を著す

2005年02月25日 02時50分47秒 | 読書
本を著述するのは、ただ自分が喜びを感ずればそれで良い事で、始めから人に示す気持ちがある必要は無い。
【学は一生の大事】
少年時代に学んでおけば、壮年になってそれが役に立ち何事か為す事ができる。
壮年時代に学んでおけば、老年になっても気力の衰えることがない。
老年になっても学んでおれば見識も高くより多く社会に貢献できるから
死んでからもその名を忘れることは無い。
「学ばざればすなわち老いて憂う。」
言志晩録


 まさにこのブログは人に示す気持ちなど毛頭無く、自分自身喜びを感じて毎日投稿しているところです。投稿して自分のブログを読み返して見て、ホワ~ンと心が暖かくなる毎日を過ごしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加