早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

逆らわないで!

2005年05月30日 02時01分03秒 | 読書
私達は皆平等です。そして宇宙とは私達お互い同士の関係です。
宇宙はただ一種類の実体からできていて、その一つ一つが生命を持ち、
一つ一つが自分の存在の仕方を自分で決めている。
宇宙は無限ですべてが一体で神聖です。
あなたは宇宙のどこにいるのでしょう。
自分にあまり厳しくしてはいけません。
少しばかり自分自身に愛をあげれば
その愛はどんどん大きくなって行くでしょう。
自分の目指す通りになれば素敵だが、
そうならないのも、それはそれでよいものだ。
という態度さえ持ち続けることができれば、
あなたの人生は大丈夫です。

頑張れ早起き鳥 Please your click !

「さからわないこと」
 あなたの心の中で何事にも抵抗するのを止めるということです。
 何にも捉われず、愛に基づいて行動し、自分が気持ちよく
 幸せに感じることをすればいいのです。
「今のあなたのままでできる限り愛しなさい」
「あるがままを愛しなさい」
 あなたが今いるところに平安を見つけられなかったら、
 どこに彷徨っていけば平安は見つかるのでしょうか?
「自分を愛しなさい」

怠け者のさとり方 
人気ブログに参加中!ワンクリックを!


 僕もあいつも同じ身体の一部、僕が心臓であいつが肺、どっちが偉いのかな?どちらも無いと生きられない。でもやっぱり脳が一番偉いのかな…!いや身体をめぐる血の方が偉いんじゃない。身体を作る臓器も血液も神経も筋肉も皮膚もみんな一緒で神聖だよね。一細胞レベルになればみんな同じ遺伝子を持つ一つの宇宙の構成組織!そう考えればあいつが気に入らないと言っても、それはそれでその人の生き方があるんだから、逆らわないでおこう!全く正反対の働きをする細胞があったところでそれはそれなりの意味があるわけで、それを気にしても仕方が無いんだよね。ちょっとわかって来たかな。
頑張れ早起き鳥 Please your click !


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感動力

2005年05月29日 02時44分23秒 | 読書
・初めて会った人にとびきりの笑顔で「こんにちは!」
・アイコンタクト!目を合わせて最高の笑顔であいさつ!
・両手でモノを受け渡し、両手で手を振ってバイバイ!
・子供さんには目の高さなって笑顔で「こんちには!」
「序破急」:はじめ、中、終わり、起承転結、問題点、解決策、証拠提示。
すべてはラストシーンの驚きや感動を最大化するためにストーリーを作っていく。
「せっかく」生まれてきたのだから、自分を最大限表現しなきゃ「もったいない」
「せっかく」やるのだから楽しくなければ「もったいない」
「せっかく」あるのだから使わなければ「もったいない」
何かを持っているのに、それを使って楽しまないという法はありません。
人生は短いのだから思う存分楽しまなきゃ…!
プラスのストローク:私はあなたの存在をはっきり認めていますよ。
マイナスのストローク:叱る、怒る、叩く、非難する、馬鹿にする。
人間が一番辛いのはマイナスのストロークではなく、「無視されること」
その無視されることを「ディスカウント」という。

頑張れ早起き鳥 Please your click !



 「誉める!」「ねぎらう!」「祝う!」「喜ぶ!」
誰の人生にも他人がわかりえない、それはそれは辛いいろんな出来事があると思います。
「それでもなお」生きていく
「それでもなお」人をはげまし
「それでもなお」笑っていこう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一流と超一流の差

2005年05月28日 02時06分34秒 | 水泳
ジャグジーの中でストレッチ!温かいお湯とバブルの強いマッサージ効果が全身をリラックスさせてくれる。このまま居眠り、練習なんかしたくないな…!と怠け心が脳裏をかすめる。怠け心を振り払い、練習を意識してのストレッチで筋肉をほぐす。さあ、そろそろ気合が入ってきた。練習は楽では無い。かなりの運動量で練習後の疲労感は相当なものである。昨日は練習量はトータル1500mと軽めのメニューでよかったななんて一人で納得だった。クラブメイトとの練習は楽しい!若い人も中高年もみんな良い顔している。練習に来て良かったなとつくづく思う。
【今日の練習】
・25mダッシュ:前半キックだけのダッシュ、後半プルを加えてスイムダッシュ!
 (キックダッシュのリズムに合わせたスイムダッシュは未経験のピッチ。練習効果は大)
・プルはバタフライ、キックはクロールといろんなバリエーションの体験
 (楽しい、気分転換だった、しっかり水をキャッチすることが大切)

頑張れ早起き鳥 Please your click !


プールで泳いでいる時、なぜか仕事の事、家族の事、何もかも忘れる事ができる。水の中の環境がすべてを頭から取り除いてくれる、忙しい時、嫌なことがあった時、辛い時、憂いの時こそ、プールの水と水泳が心を癒してくれる。そんなことを泳いでいてふと思った。

【一流と超一流の違い】
動きの中で自分を磨いていく世界がプロの世界
走りながら変身していくヒーローのように
常に上を先を意識し精進する
何かを突き抜けた先にあるものが
超一流の世界……!


目線は高く!頭は低く!
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慈悲の心!

2005年05月27日 02時55分08秒 | 読書
人生で壁にぶつかるのは当たり前、
その壁を痩せ我慢しながら乗り越えようとすることが
逆に言えば人間を成長させてくれる。
誰だって嫌だと思うことはやりたくない。
でもやらなければ前に進めないとするなら
やらなければならないでしょう。
そこを我慢できるかできないか、
それが壁を乗り越えられるかどうかの分かれ道かも…!

最悪の状況の中で希望を見つけ出す。それが人生なのでは!
どんなに苦しくても、絶望するな!

放っておくようで放っておかん
放っておかんようで放っておく
叱るようで叱らない
叱らないようで叱る
 「人の育て方」

蔵のザイより、身のザイ優れたり
身のザイより、心のザイ第一なり
お金より健康な身体、さらには健康も大切だけれど、
慈悲の心を持つほうがもっと大切…!

自分にとっと「この人はいい人なんだ」っていうのが良い人
たとえささやかでも良いから自分で光る喜びを教えることが大切
「自灯明法灯明」
「ああ命って永遠に続いている。その中に自分がいる。」
私たちは目に見えない大きい力に導かれながら、
あるがままに生かされ、死んでいく!


鬼刑事僧侶になる 大島龍穏   頑張れ早起き鳥 Please your click !

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あきらめる!

2005年05月26日 03時23分33秒 | 読書
私が死んだらいつも店の前で托鉢をしているお坊さんにお経を上げてもらっておくれ!
お坊さんは紫や紺の衣を着てキラキラに着飾っているお坊さんが偉いんじゃないんだよ。
だれもありがたがらないお経をひたすらあげているお坊さんの方が尊いんだよ。
「いつ死んでもいい」ような状態で毎日を生きていればかなり心豊かに毎日を生きていけるのではないか…。大病して大きな挫折をした人が人に優しくなるのはそのため、つまり死を覚悟した時点で欲がなくなるのです。
 あきらめることも人生にとっては重要なことです。
「あきらめる」って言うのは「明らかにものを極める」という意味だそうです。
「財布を落としたのは私の不注意だったこれは普段だらしなくしている自分に対して天からの罰が下がったのだ。5万円でよかった。自分のお金でよかった。」徹底的に貧乏を味わってみる。そのために血だらけになってもなんとしても乗り越えようとする勇気を持ちましょう。この時に逃げるようだとそれから先は逃げの人生になってしまいます。
20歳代で困難にぶつかった時の解決策は「情熱」
30歳代で必要なのは「知恵」
40歳代で必要なのは「経験」
50歳代では困難という壁自体を楽しむ「余裕」です。

鬼刑事僧侶になる 大島龍穏   頑張れ早起き鳥 Please your click !


 お金にしろ、名誉にしろ、仕事にしろ、友達にしろ何であれ、あきらめてなんか欲しくないです。自分の権利ってあるじゃないですか。ここまで頑張ってきた成功報酬って考え方にたてば当然の権利だと思います。まして他人様から言われるならいざ知らず、自分からあきらめるなんてとても納得できない…!
 でも、もしあきらめられる人がいたとするとその人は「困難という壁自体を楽しむ余裕」を持っている人なんでしょうね。「明らかにものを極めた」人なんでしょうね。素晴らしい人だと思います。自分の事しか考えない殺伐とした世の中で欲を捨て、謙虚に、目立たず、心豊かに生きる。
 実は現実にそういう人がいる。なんとビックな心を持った素晴らしい人でしょう。この世は捨てたものじゃないですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加