早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

またもや戦争勃発

2014年07月31日 05時49分05秒 | 読書



1939年まで,森林は

さしたる被害も被らなかった。

がその年、第二次世界大戦がはじまった。

自動車はまだ、木炭ガスで走っていたので

木材が大量に必要になった。


そこでまず、

1910年に植えたカシワから

伐採の手がつけられた。

しかし、あのあたり

自動車道から遠すぎたので

会社は採算があわぬとみて

あきらめた


老人はなにも知らなかった。

そこから30キロも離れたところで

あいかわらず、しごく平和に

仕事をつづけていたので


第一次大戦同様、第二次大戦も

ただ黙々と木を植えつづけた


  「木を植えた男」 
   ジャン・ジオノ原作 
   フレデリック・バック 絵 寺岡 襄 訳
                     




人気ブログランキングへ




開発による自然破壊ばかり考えていたが

最も大きな自然破壊,戦争を忘れていた

一刀両断、問答無用の戦争による破壊

そして戦争という大義名分による森林伐採


なんとも痛ましい

ブフィエのミッションを考えると

あきれかえってしまう人間のエゴ


でも森林伐採から救われたのである

採算が合わないほどの山奥であったこと

ブフィエはそれさえも予測していたのだろうか


人間が暮らすところから

できるだけ遠いところ...!

自分の一日の種を植えるという作業

遠いという気の遠くなる作業


ブフィエは最大最高の天敵は人間だ

としっかりと認識して

種を植える場所を綿密に考えていたのかもしれない


     早起き鳥



人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国の保護区に指定された森

2014年07月30日 05時01分42秒 | 読書



1933年に、ある森林監視員が

ブフィエ氏を訪ねた。

自然の森をまもるために、

外ではけっして火を焚かぬように、と。


1935年に、今度は政府の派遣団が

自然林の視察にやってきた。

この森を,国の保護区に指定し

炭焼きのための伐採を禁じた。


それほど、若くすこやかに育った木々の美しさは

人々の心を魅了してやまなかった。


わたしの友人に森林管理の役人がいて

その派遣団にも参加していた。

友人と二人で歩いてきたところは

すでに6,7メートルの高さの木々で

被われていたが、

1913年頃は全くの荒れ地だった。


  「木を植えた男」 
   ジャン・ジオノ原作 
   フレデリック・バック 絵 寺岡 襄 訳
                     




人気ブログランキングへ




木を植えて来た

男の成果がやっと実を結び

辺り一帯、全くの

荒れ地だった大地が見事に花咲いた

そんな森に現れ、

権限を使って、ああだこうだという役人


でも保護区にしたり、

男の友人の働きにより

森の管理人を3人も任命して

木を植える男の支援


こういう、本当の意味の

仕事をしている役人がいたことを

本当に嬉しく思う


でもブフィエは

そんなこと考えることもなく

いくつになってもただひたすら

木を植え続けている

はたらき蜂がただひたすら

花の蜜を巣に運び続けるように

気の遠くなる話だ


見事な森が生まれると

つぎは人々の欲がうずめき

利権、賄賂や嫉妬...のような

悪がはびこって来ることもあり

これからどうなるのか

ちょっと心配になってくる



     早起き鳥



人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言葉を失うほどの孤独のなかで...!

2014年07月29日 04時52分03秒 | 読書



ある年、ブフィエは

1万本ものカエデを植えた。

ところが苗は全滅し、

彼は絶望のふちに立たされた。


1年経って、カエデはあきらめ、

ふたたび、ブナの木を植えはじめたて、

ようやく、カシワ以上にうまく育てた。


このたぐいまれな不屈の精神を思うとき、

それがまったく孤独のなかで

鍛えられたのだとういことを

けっして忘れてはなならない。


晩年にかけて、

ほとんど言葉を失うほどの孤独の中で


  「木を植えた男」 
   ジャン・ジオノ原作 
   フレデリック・バック 絵 寺岡 襄 訳
                     




人気ブログランキングへ




1万本のカエデの種を植える

この意味を考えてみると

家から出て歩いて植える場所にいく

この本では10キロ以上も離れたところ

3時間以上かかるのではないだろうか


そして鉄の棒で穴をあけて種を植え

土を盛って、水をやるのだろうか...!

これを1万回、

まさに気の遠くなる話しである


その結果、苗は全滅

絶望のふちに立つというよりも

ばかばかしく、この作業に

どれだけの時間と費用をかけたことだろう


全滅を目のあたりにして的確に評価を行う

気を取り直し、つぎはブナに変更

そして、カシワ以上に育つ成功をとげる


言葉では簡単だが、

ブフィエの精神力のたまものというか

彼の仕事は神が与えた天命としか言いようがない


さらに、そのすべてのミッションが

言葉を失うほどの孤独のなかで...!

この言葉に身震いがする

でもきっと植える種や芽が出た苗と

心の中で、

会話していたと思わずにいられない


     早起き鳥



人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日常という闇にまぎれて

2014年07月28日 04時49分39秒 | 読書



風が種をまきちらし、

水がふたたび涌き出すと

柳は芽をふきかえした。


小さな牧場や菜園や花畑が次々に生まれて

生きる喜びがよみがえった。


ただ、変化はとてもゆるやかにあらわれたので

日常という闇にまぎれて

人々を驚かすことはなかった。


19210年以来、わたしは

1年とおかずエルゼアール・ブフィエを訪ねた。

彼は、あいかわらず

迷いも疑いも持たぬと見えたが...。

ああ、神の苦しみは神のみぞ知る。


  「木を植えた男」 
   ジャン・ジオノ原作 
   フレデリック・バック 絵 寺岡 襄 訳
                     




人気ブログランキングへ




人とはなんとつごうの良いもの

ブフィエの苦労など知る由もなく

自然の気まぐれ程度に思っていることだろう

長い年月の間にかわる自然の変化は

人々の認識の外にあるということだろう


ブフィエのここに至る苦悩を想うと

空しさを感じたこともあるだろうし

絶望と向き合ったことも、

さらに人の助けを必要としたことも...!


そんな苦しみの中で

志と情熱で将来の勝利をものにするため

日々の努力を1日1日刻んでいったのだろう


心に改めてご苦労様と

ブフィエをねぎらいたい...!

     早起き鳥



人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木を植える男の偉業...!

2014年07月27日 06時21分43秒 | 読書



あのブナの木までが

わたしの肩にふりかかるほどの高さになって

みわたす限りに広がっていた。


カシワの森も、

動物たちにかじられるにまかせた歳月を

りっぱに耐え、密生していた。


さらに村ぞいに降りていくと、

小川のせせらぎにきたあたった。

人々の記憶によれが

そこはいつも干上がっていたはず。


とすれば、これはまさしく

ブフィエ氏の努力のたまもの。


  「木を植えた男」 
   ジャン・ジオノ原作 
   フレデリック・バック 絵 寺岡 襄 訳
                     





人気ブログランキングへ




荒野になる以前、遠い昔には

この荒れ野もとうとうを流れる

川の水が豊富で

人々の暮らしも潤い豊であったことだろう


でもいつ頃か、僅かな水を得るに

雨水をため置くなどという

厳しい環境に変遷していった


この反省にたって、二度と

開発の名のもとによる

自然破壊は断じて行ってはいけない

とよりいっそう、人々は想う


でもひとたび、壊れた秩序や自然を

早々簡単にもとに戻すこと

だれがその強い意志を持ち続けることができようか!


ブフィエという男の人となりがうれしい

そして自分も今まさに同年代

同じことなどできようがないけれど

ブフィエの爪の垢でもいただきたい


     早起き鳥



人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加