早起き鳥 

【未明混沌】今日もきっと良いことあるような…!

醜い家鴨を母は受け入れようと...!

2014年03月31日 03時18分53秒 | 読書









「他の子供さんはずいぶん

みんな器量好しだねえ、

あの一羽の他は、みんなね。

お母さんがあれだけ、

もう少しどうにか

善くしたらよさそうなもんだのに」


「あれは全くのところ、

器量好しではございませぬ。

しかし誠に善い性質をもっておりますし、

泳ぎをさせますと、

他の子供たちくらい、

いやそれよりずっと上手にいたします。


私の考えますところでは、

あれも日が経ちますにつれて、

美しくなり、たぶん、

からだも小さくなることでございましょう。

あれは卵の中にあまり長く

入っておりましたせいで、

からだつきが普通に

出来上がらなかったのでございます


  「醜い家鴨の子」 アンデルセン 著
     





人気ブログランキングへ




他人から批判される我が子のハンディ

そしてその子自身が

そのコンプレックスにどう立ち向かうのか


何をもって器量よしというのか

みんなと同じような容姿が器量というなら、

飛び抜けて変わっていれば

それは不器量なのか


でもそれはどう考えても醜いのだろう

この生まれ落ちた現実をどう思うのか

この子家鴨君本人に

インタビューしてみたい

どう考えていいかさえわからないだろう...!



どことなく知っている童話も

少し掘り下げて読んだことなどない

こういう機会を通じて読み返し、

子供への読み聞かせも大切


そして大人自身の理解というか

僕は、この童話との再会をよろこびたい


     早起き鳥










人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七面鳥じゃなくて良かった...!

2014年03月30日 03時46分22秒 | 読書









「まあ何て上手に足を使う事ったら!

それにからだもちゃんと真っ直ぐに立ててるしさ。

ありゃ間違いなしに私の子さ。


よく見りゃ、あれだってまんざら

そうみっともなくないんだ。

グワッ、グワッ

さあ、みんあ私についておいで

これから偉い方々のお仲間入りをさせなくちゃ。

だからお百姓さんの裏庭の方々に紹介するからね。


でもよく気をつけて私の傍を離れちゃいけないよ。

踏まれるから。

それに何より第一に猫を用心するんだよ。」


  「醜い家鴨の子」 アンデルセン 著
     





人気ブログランキングへ




あの器量のよくない子家鴨も

生まれてみんなと一緒に水に入り

一緒に泳ぐようになり、

本当によかったと安堵のお母さん家鴨


このさきの展開に目がはなせない

この子家鴨はどうなるのだろう?

お母さんが我が子ではないことを悟るのか

あまりの器量やデキの悪さに愛想が尽きるのか


器量の良し悪しは別として、

他の兄妹とちがう疎外感

我が子と信じて疑わない母親の

その子家鴨への想いはどうなのだろう

その子家鴨自身の想いはどうだろう...!


     早起き鳥










人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家鴨じゃなく七面鳥だったらどうするのか?

2014年03月29日 03時00分51秒 | 読書









どれ私にその割れない卵を見せて御覧。

きっとそりゃ七面鳥の卵だよ。

私もいつか頼まれて

そんなのをかえした事があるけど、

出てきた子達はみんな、

どんなに気を揉んで直そうとしても

どうしても水を恐がって仕方がなかった。


私あ、うんとガアガア言ってやったけれど、

からっきし駄目!

何としても

水に入れさせる事ができないのさ。


まあもっと良く見せてさ、

うん、うん、こりゃあ間違いなし、

七面鳥の卵だよ。


悪いことはいわないから、

そこに放ったらかしときなさい。

いそいで早く他の子供に

泳ぎでも教えた方が良いよ。


  「醜い家鴨の子」 アンデルセン 著
     






人気ブログランキングへ




七面鳥だとの指摘に

この母親の行動が印象的

ひょっとしたら家鴨ではないかもしれない

きみ悪さに動揺せず

もうすこし卵がかえるのを待つ

その心がまた、すごいこと


突然変異の可能性だって否定できない

もう少しじっと待つことを選択した


七面鳥だったら

どうするつもりだったのだろう

ここはインタビューしてみたいところである


七面鳥だったとしても

この家鴨のお母さんなら

面倒をみつづけると思う


同じ巣にいた卵

神様からの授かりもの...!


     早起き鳥










人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

醜い家鴨の子...!

2014年03月28日 03時26分15秒 | 読書









とうとうやっと一つ、殻が裂け

それから続いて、他のも割れてきて

めいめいの卵から

一羽ずつ生き物が出てきました。

そして小さな頭をあげて

「ピーピー。」と鳴くのでした。


突然母親は

「何だね、お前達

これだけが全世界だと思っているのかい。


まあそんな事は

あっちのお庭を見てからお言いよ。

何しろ牧師さんの畑の方まで

続いているって事だからね。


だが、私だってまだ

そんな先の方までは行った事がないがね。

では、もうみんなそろったろうね。」


と言いかけて、

「おや!一番大きいのがまだ割れてないでるよ。

まあ一体いつまでまたせるんだろうねえ、

飽き飽きしちまった」


  「醜い家鴨の子」 アンデルセン 著
     






人気ブログランキングへ




醜い家鴨の子供だと思った鳥が

実が美しい白鳥だったというお話

アンデルセンの「醜い家鴨の子」

暫く醜い家鴨の子になってみよう

まずは孵化する前


他の兄妹とちがってなかなか孵化しない子を

どんな気持ちで母親は待つのだろう...?

大きいから孵化が遅いのか

何かほかの原因なのか

親とすれば心配なところ


いつまで待たせるんだろうなと

言葉はきついけれど

お母さんであること

生きとし生けるも共通の想い


その一つを残してその場を離れるなど

というようなことは決してしないで欲しい


最近の世相では一部

不心得なお母さんもいるらしい

でもそれはそれなりの原因あるとはいえ

理解できない事も

多く伝えられているのが悲しい...!


家鴨のお母さん、顔晴って

そして醜い家鴨の子が守られますように


     早起き鳥










人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大成功ありて誇らず…!

2014年03月27日 02時57分34秒 | 読書









昔の賢人には

国家のために大成功の

ある大事業をした人もあった。


それを自らはさして大した仕事とも思わず、

ただぼんやりと軽いもやが、

ふんわりと浮いた雲の

ようだとして誇らなかった。


自分は昔にこんな人がいたと聞いている。

今はこんな人は夢でなければ見られない。


  「言志後禄」 佐藤 一斎 著
     


 



人気ブログランキングへ




自分のしたことを

良くも良くなくても誇らしく語りたい

これだけ頑張って来たんだと!


そして目に見える功績あるなら

孫末代の誉れとたたえ

鼻をより高くして

誇らしげに生きたい


昔の賢人とは書き物を残したわけでもなく

ただ飄々といきて、天寿を全うし

いろいろな言葉や教えは

お弟子さんが書きものに記して

今に伝えてられているようだ


賢人はたしかに偉い人

そしてそれに匹敵する

お弟子さんの功績たるや凄まじい


両者とも、目立たず、誇らず、淡々と

長い悠久のなかで語り継がれ

未だ人々のこころのなかで生き続けている

すごい人がいるものだ。


     早起き鳥










人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加